転職のベストタイミングを目的別に解説!退職を伝える時期も紹介

転職のベストタイミングを目的別に解説!退職を伝える時期も紹介

「働く環境を変えたい」「収入アップを図りたい」などのさまざまな理由から、転職を考える人は年間で数百万人いると言われています。

転職を人生のリスタートと捉えて、気持ちを高ぶらせている人も多いでしょう。

しかし、転職する際はどのタイミングが良いか迷っている人も少なくありません。実は、転職をするのにおすすめしないタイミングもあるのです。

そこで今回は、転職のタイミングに関する以下の項目をご紹介します。

この記事でわかること
  • キャリアアップのための転職にベストなタイミング
  • キャリアチェンジのための転職にベストなタイミング
  • 上司へ転職・退職を相談するタイミング
  • おすすめの転職エージェント

転職には向かない悪いタイミングもご紹介しますのでぜひ参考にしてみてくださいね。

【キャリアアップ】転職するベストタイミング

【キャリアアップ】転職するベストタイミング

キャリアアップとは、能力を向上させ経歴を高めることです。

転職する理由として、今よりも上を目指したいという想いから行動に移す人は少なくありません。

ここからは、キャリアアップを目指して転職する際のベストタイミングについて解説します。

一般的には入社3年未満が好ましい

【キャリアアップ】転職するベストタイミング

転職するタイミングとして、入社してから3年未満がベストと言われています。その理由は以下の通りです。

入社3年未満がベストな理由
  • 第二新卒に分類されるため
  • 忍耐力に欠けると判断されにくいため

第二新卒の明確な定義はありませんが、一般的には新卒で入社をしてから3年未満の求職者を指します。

第二新卒は一度就職をして社会を知ったこと、かつ年齢的には若いことなどから転職市場において需要が高いと考えられます。

社会人経験なしの新卒よりも仕事の基本が分かっていることから、各企業が第二新卒を人材として欲している傾向にあります。

企業の立場から見ると、経験こそあまりないものの即戦力になり得る存在なため、獲得に積極的です。第二新卒を歓迎する求人も多くなっています。

求人が出やすい時期を狙う

【キャリアアップ】転職するベストタイミング

年間を通して、求人が出やすい時期があります。

 転職をする際、いかに選択肢となる求人が多いかは非常に重要です。

一般的に求人が出やすい時期を見ていきましょう。

求人が出やすい時期
  • 2月~3月
  • 8月~9月

求人が出やすい時期の特徴として、会社内で人事異動等が多い点が挙げられます。つまり、人材確保が重要となる時期は転職するチャンスがあるタイミングと言えます。

人員を確保できていた部署に空きが出る時期は、転職するタイミングとして要チェックです。

また、採用活動が落ち着いた4月~夏頃も、企業によっては急な人材不足に陥るケースはゼロではありません。よって、求人情報は小まめにチェックしておきましょう。

実績を出したタイミングも狙い目

【キャリアアップ】転職するベストタイミング

実績をあげることで、転職活動において各企業にアピールできるポイントが増えます。

 つまり、転職の成功率が高くなるといっても過言ではありません。

また、実績をあげて管理職に就くことができれば、転職時に管理職採用へ応募が可能です。

収入アップなどが狙えるため、転職のベストタイミングだと言えるでしょう。

管理職としてある程度の期間勤めてから転職をする方が、各企業から実績が認められて優秀な人材と認識してもらいやすくなります。

30代の場合はなるべく早めが良い

【キャリアアップ】転職するベストタイミング

30代は各企業で言うところの中堅に分類されます。そして、30代中頃から後半になると社会での実績も積んでいるという認識のもと、転職において能力を求められることは少なくありません。

30代での転職は、役職に就いているか・どれほどのスキルを持っているかなどを見られる傾向にあります。

実績が十分にない場合は、まだまだ経験不足という点も考慮し、実績を求められにくい若手のうちに転職活動をするのも一つの手です。

【キャリアチェンジ】転職するベストタイミング

【キャリアチェンジ】転職するベストタイミング

キャリアチェンジとは、今まで経験したことがない業界あるいは職種に転職することです。

新たな世界へ進むためそれなりの決心も必要であり、かつ成功するためにもタイミングは非常に重要となるでしょう。

キャリアチェンジをする最適なタイミングは、一般的には30歳までと言われています。その理由について見ていきましょう。

30歳までと言われる理由
  • 新たな環境に飛び込みやすいため
  • 転職先企業の習慣にストレスを感じにくいため
  • 社会経験が多くなく、先入観なく素直に吸収しやすいため

30代に突入すると前職での経験を積んでいる分、新たな環境に飛び込みにくくなります。ましてや未経験の職種や業界ともなれば当然でしょう。

今までの習慣を変えやすい点も、まだ経験が浅い20代だからこそと言えます。

また、社会経験が浅いからこそ、先入観なく初の業界のノウハウ等を吸収しやすいでしょう。

転職を考えるタイミング

転職を考えるタイミング

人間は基本的に新たなものに挑戦する際、億劫に感じてしまうことは少なくありません。

しかし、転職をするということは今までと違う環境に進むことを意味します。

では、多くの人は今の環境を捨てて、なぜ転職を考えるのでしょうか。ここからは、転職を考えるタイミングについて紹介します。

転職を考えるタイミング
  1. 労働環境に不満が生まれた時
  2. キャリアアップを意識した時
  3. 異業種へチャレンジしたい時
  4. 結婚によりライフスタイルが変化する時

①労働環境に不満が生まれた時

転職を考えるタイミング

働いている環境に対して不満があると、転職をして今よりも良い状態で働きたいと考えるでしょう。

労働環境は人生の充実度に大きく関わるため、不満が生まれると方向転換を検討する人は少なくありません。

②キャリアアップを意識した時

転職を考えるタイミング

年収アップを狙いたい、自分の能力を活かすためにステップアップしたいなど、キャリアアップを図るために転職を考える人は多いです。

今の仕事にやりがいを感じている人ほど、より高いレベルで働きたいと考えるようです。

③異業種へチャレンジしたい時

他にやりたい仕事がある、異業種へ移ることで金銭面が変わるなどの理由から転職を検討する人がいます。

未経験でも積極的に募集している求人も多数あり、人生をリスタートする気持ちで転職する人も少なくありません。

④結婚によりライフスタイルが変化する時

    転職を考えるタイミング

    女性の場合は、結婚をすると妊娠・出産・子育てといった今までとは違う人生設計が必要です。

    つまり、転職をして環境を変えざるを得ないとも言えます。

    育児支援が充実している会社や女性に優しい労働環境となる会社を選ぶなど、子どものためにも転職を考える人も多いようです。

    転職するのに悪いタイミングはある?

    転職するのに悪いタイミング

    転職するにあたり、おすすめしないタイミングについても見ていきましょう。

    おすすめしないタイミング
    • 転職繁忙期の前
    • 転職してすぐの時期
    • 景気が悪いとき
    • 女性の場合はライフイベントも意識

    一般的に転職繁忙期と言われる3月~4月前は、仕事を求める人が少ないため求人数が減少します。理想の仕事に出会える可能性は低いため、避けた方が良いでしょう。

    転職をして間もないタイミングも、企業に「長続きしない人」という印象を与えかねないため注意が必要です。

    企業は採用したら長く真面目に働いてくれる人を求めます。そのため、仕事を転々とするイメージを与えないことが重要です。

    また、景気が悪い時は各企業の経営も苦しい状態と想定できます。

     つまり、人材確保に積極的とは言えないため転職するタイミングとしてはおすすめしません。

    そして、女性の場合は結婚・妊娠・出産・育児といったライフイベントにより働き方は変わるため、意識しておきましょう。

    上司に転職・退職を相談するタイミング

    上司に転職を相談するタイミング

    転職を決意したら、会社の上司に退職時期の相談・報告をする必要があります。

    今の会社にとって迷惑をかけない退職時期を選ぶことが社会人として必要です。

    ここでは、上司に相談・報告するタイミングや転職理由の使え方について見ていきましょう。

    一般的には1ヶ月前~3ヶ月前に報告

    上司に転職・退職を相談するタイミング

    退職の意思は、転職をする1ヶ月前から3ヶ月前に報告するのが一般的です。余裕を持って報告をしなければ、自分の業務の引継ぎや会社の人員確保に支障をきたす可能性もあります。

    自分は去る身だからと言って、無責任な対応をとってはいけませんね。

    また、会社により就業規則があるため、退職する場合の対応もチェックしておきましょう。

    転職理由の伝え方

    上司に転職を相談するタイミング

    上司に伝える際は、ただ「転職するため辞めます」と事実だけを伝えるのではなく、相談ベースで切り出す方がスムーズです。

    また、転職理由は会社の不満を伝えるのではなくポジティブなものにすることで、上司も快く背中を押してくれるでしょう。

    転職先に給与交渉をするタイミング

    求職票には正確な給与は記載されておらず、「○○円~○○円」と幅を持たせて書かれているケースは少なくありません。

    ここからは、給与交渉をするタイミングや交渉時の注意点について見ていきましょう。

    一般的には内定後の面談時に相談

    転職の際に給与交渉をするタイミング

    一般的には、内定後に企業の採用担当者に相談することが望ましいです。

     内定獲得をすることで面接のタイミングよりは相談しやすい立ち位置になることが理由として挙げられます。

    内定後には、仕事に関する詳細を説明する「オファー面談」が設けられることもあるため、給与について相談してみましょう。

    面接時に伝えることも

    転職の際に給与交渉をするタイミング

    面接時に何か質問はあるか問われたタイミングで、給与の話題を持ち出すのもありです。

    内定後に詳細を決めることがほとんどなので答えを得られない場合もあります。

    その際は、給与面について聞くだけでなく仕事内容等の不明点を挙げつつ、どこかでさり気なく金銭面の話題を入れ込むと相手に悪い印象を与えずに済むでしょう。

    給与交渉時の注意点

    転職先に給与交渉をするタイミング

    給与交渉をする際は、転職する業界の平均年収を把握しておきましょう。

     応募した企業の給与水準を知っておくことも重要です。

    あまりに的外れな給与交渉は相手の印象を悪くしかねないため、事前にリサーチしておきましょう。

    年収を上げる裏技をチェック!

    年収を上げる裏技は、転職エージェントに利用することです。「リクルートエージェント」は完全無料で利用可能な転職エージェントです。利用者の6割以上が年収アップを達成しています。

    ※https://www.r-agent.com/service/data/

     キャリアアドバイザーは企業に年収交渉を行ってくれます。自分の希望を内定が出る前にキャリアアドバイザーに伝えておきましょう。希望を踏まえてアドバイザーが求人を提案してくれます。

    リクルートエージェントは非公開求人の多さも魅力です。非公開求人は一般的に公開すると応募が殺到してしまう好条件の求人である場合が多いです。

    約10万件の非公開求人の中から希望の年収にあった求人を紹介してくれます。選考対策も手厚いので、内定獲得の可能性も広がるでしょう!
    リクルートエージェント
    おすすめポイント
    • 公開求人数・非公開求人数ともに業界最大級
    • 様々な職種・業種を取り扱っているので、希望の転職先に出会える可能性が高い!
    • 求職者の年収相場などを提示してくれるキャリア査定サービスを利用できる!
    • 完全無料

    おすすめの転職エージェント3選

    リクルートエージェント

    リクルートエージェント

    おすすめポイント
    • 業界最大級の非公開求人数を誇っている
    • 各業界に詳しいキャリアアドバイザーが在籍している
    • 転職相談だけの利用も可能

    リクルートエージェントには、多くの公開求人だけでなく一般サイトに掲載されていない数十万にも及ぶ非公開求人があります。

    今まで見たことない求人に出会える可能性があるため、新たな扉を開ける可能性に期待できます。

    在籍しているキャリアアドバイザーは各業界に詳しく実績も豊富です。そのため、求職者の希望やスキルに沿った求人を厳選して紹介してくれます。

    また、相談だけの利用も可能なため、ゆくゆくは転職する予定だが現状は意志が固まっていない人にもおすすめです。

    求人数※2021年6月23日現在 115,885件
    サービス内容
    • 求人紹介
    • キャリアアドバイザーのサポート
    • 非公開求人の提供
    • 面談の実施
    • 面接対策
    • 志望企業への推薦
    運営会社 株式会社リクルート

    出典:https://www.r-agent.com/ ※公式サイト

    doda

    doda

    おすすめポイント
    • キャリアアドバイザーがプロの視点でサポートしてくれる
    • 採用プロジェクト担当が企業との交渉を担当してくれる
    • 新着求人が豊富

    専任のキャリアアドバイザーが付き転職をサポートしてくれます。カウンセリングから求人の紹介、履歴書の書き方面接のアドバイスなどトータル的にプロの目線で成功へと導いてくれる点は特徴です。

    自分では気づけない強みや可能性の発見など、新たな活躍の場を見つけられるきっかけになる場合もありますよ。

    また、採用プロジェクト担当が企業の採用担当者とやり取りをして、求める人物についてリサーチしており、求人票には載らない情報を引き出します

    面接日程の調整や応募書類の提出などを代行し、企業との交渉もしてくれるため大変心強いでしょう。

    求人数※2021年6月23日現在 85,287件
    サービス内容
    • 非公開求人の紹介
    • 専門スタッフによるプロ目線での求人紹介
    • 面接のスケジュール調整
    • 書類・面接手続きのサポート
    • スカウトサービス
    運営会社 パーソルキャリア株式会社

    出典:https://doda.jp/

    マイナビエージェント

    マイナビエージェント

    おすすめポイント
    • プロの視点で最適な求人を紹介してくれる
    • キャリアアドバイザーは業界専任制となるプロフェッショナル集団
    • 非公開求人が8割を占めるため新たな発見が多い

    転職のプロであるキャリアアドバイザーが、求職者一人ひとりにカウンセリングを実施して最適な求人を紹介してくれます。

    キャリアアドバイザーは業界専任制であり、元々業界出身者も多数在籍しているため特徴を掴んでいる、まさにプロフェッショナル集団です。

    それぞれの業界ならではとなる面接対策や、適切な書類の書き方などを提案してくれます。

    また、非公開求人が8割を占めているため、なかなか出会えない仕事が見つける可能性もあるでしょう。

    求人数※2021年6月23日現在 26,985件
    主なサービス内容
    • キャリアアドバイザーによる求人紹介
    • 書類添削
    • 模擬面接の実施
    • 企業担当アドバイザーによるバックアップ
    運営会社 株式会社マイナビ

    出典:https://mynavi-agent.jp/ ※公式サイト

    【よくある質問】転職するなら何月がいい?

    転職する際に利用すべきおすすめの転職エージェントは?
    求人数が多くキャリアアドバイザーも多く在籍しているdodaがおすすめです。実績豊富で、各業界に詳しい点も内定獲得を得やすい理由となります。
    キャリアアップを図るために転職するタイミングは?
    入社してから3年未満であれば、第二新卒という枠組となるため企業に求められやすいです。また、ある程度実績があれば良い人材と認識されやすく、管理職についていれば転職活動の幅も広がるでしょう。
    キャリアチェンジを図るために転職するタイミングは?
    30歳になるとスキルや実績を求められるため、20代の社会経験が浅いうちに新たな業界へチャレンジする方が好ましいです。
    転職するなら何月がいい?
    求人が出やすい2月~3月、あるいは8月~9月が良いでしょう。人事異動が多い時期は各企業で人材の確保に追われるため、転職の成功率も高くなりやすいです。
    転職を考えるべきタイミングは?
    今の働き方に不満を覚えたとき、キャリアアップを図りたいときなどが挙げられます。また女性の場合は結婚のタイミングで先のことを想定して行動に移すべきとも言えます。
    上司に転職を相談するタイミングは?
    一般的には1ヶ月~3ヶ月前には、転職を考えていると相談ベースで話しをすべきです。各企業の就業規則にもよるため一概には言えませんが、余裕を持って報告することで人材確保や引継ぎがきちんとできます。
    転職する際に給与交渉をするタイミングは?
    基本的には内定獲得後のオファー面談時が良いでしょう。内定獲得後の方が企業に提案もしやすくなります。

    まとめ

    この記事では、転職するタイミングについて解説しました。

    自身の事情によるタイミングも当然ありますが、やはり求人が多くなる時期に転職をする方が内定率も高くなるためおすすめです。

    また、上司への相談・報告についても余裕を持って1ヶ月~3ヶ月前にすることで、印象を悪くせずに新たなスタートに踏み出せるでしょう。

    自分一人では転職活動が不安な場合は、プロの力を借りられる転職エージェントを利用してみてはいかがでしょうか。

    こちらの記事も合わせて読みたい
    ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
    ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
    ・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
    ・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
    ・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
    おすすめの記事