40代の転職は厳しい?成功のコツや転職しやすい職種を詳しく解説

40代の転職は厳しい?成功のコツや転職しやすい職種を詳しく解説

年齢を理由に転職を躊躇している人は多いかもしれません。特に40代を超えてからの転職は一般的には難しいとされており、転職へと一歩踏み出すのに迷いが出るのは当然です。

しかし、実際には人材不足で40代の採用を積極的に行っている業界もあります。

そこで今回は、40代の転職の現実や、40代が転職しやすい職種、40代で転職を成功させるコツなどをご紹介します。

この記事を読んでわかること
  • 40代の転職事情
  • 40代、未経験でも転職しやすい職種
  • 40代の転職を成功させるコツ

40代の転職におすすめの転職エージェントも紹介するため、年齢を理由に転職を迷っている方は、ぜひ参考にしてみてください。

40代の転職事情は?

40代の転職実情は?

一般的に40代の転職は、20代、30代と比較すると厳しいといわれています。

企業側は、同等のポテンシャルの応募者の中から採用するときに、扱いやすく、適応能力が高い若手を選ぶ傾向にあるからです。

 ただし、経験値の高さを理由に40代を積極採用する業界もあるため、諦める必要はありません。

20代、30代、40代の正社員雇用状況は以下の通りです。

20代 57.8%
30代 74.4%
40代 52.6%

中途採用で正社員雇用率が最も高いのは30代となっていますが、40代でも20代とほぼ同様の正社員雇用率があるのがわかります。

即戦力や実践力を期待して40代を好んで採用する企業や職種もあります。

出典:マイナビ「中途採用業務の実績調査」

40代未経験での転職が厳しいといわれる理由

40代未経験での転職が厳しいといわれる理由

40代になると、未経験の転職は一気に厳しくなるといわれています。ここでは、その理由と改善案をご紹介していきます。

1.企業側が扱いにくい

40代で未経験の応募者の場合、企業側が現場での扱いにくさから採用をためらうシーンが多くなります。

未経験者には業務を行いながら、一からその業界や業種の基礎知識を教え込む必要があり、その教育係が年下になることも少なくありません。

教える社員側がやりにくさを感じることを懸念して、40代の採用を見送ることも考えられます。

面接などでは、スキルだけでなく、前職でも良好な人間関係を築いてきたこと、年齢問わずコミュニケーションがとれることを具体的にアピールすると良いでしょう。

2.転職による年収アップが期待できなくなる

40代未経験での転職が厳しいといわれる理由

40代の転職が難しいといわれる原因は採用側だけでなく求職者側にもあります。

転職による年収アップを期待するあまり、初任給や初年度年収に強いこだわりをもつ人が多くなるのが40代です。

 エントリーできる求人の幅が狭くなり、転職のハードルを自ら上げてしまっている人が多くいます。

前職での年収は、これまでの実績の証です。転職先の企業ではまだ何も実績がないため、転職による一次的な年収ダウンは想定内と心得ましょう。

入社後に実績をあげることで、昇級、昇格のチャンスが訪れます。

40代・未経験でも転職しやすい職種

中途採用活動を行う企業の中には、異なる業界の手法を取り入れることでビジネスをさらに発展させたいと考えている場合があります。

その場合、企業が求める種類の知識が豊富であれば、業界を問わず今までの経験が活かせるかもしれません。

ここでは40代未経験でも転職しやすい職種と、おすすめの資格を紹介します。

営業

40代・未経験でも転職しやすい職種

営業職は、年齢よりも成果が重視される仕事です。そのため、応募企業に貢献できる人材だと認められれば、即戦力として未経験でも採用される可能性が十分にあります。

 取り扱う製品や客層によっては、40代の方が契約に繋がるため、40代未経験歓迎の求人も多いです。

また、営業職には以下のような資格が役立ちます。

営業職のおすすめ資格
  • ファイナンシャルプランナー
  • マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)
  • TOEIC

業界によって、おすすめの資格は異なります。40代の営業職を積極採用している「保険会社」や「不動産業」「証券会社」などでFPは有利に働きます

プレゼンが必要な営業の場合はMOS、グローバル企業ならTOEICもおすすめです。

セレモニー関連

お通夜、お葬式に関連する仕事は、未経験からでも年齢を問わずに挑戦できます。

若さよりも落ち着きや人生経験の豊富さが求められる仕事のため、40代、50代の中高年層の採用が活発な業種です。

セレモニー関連のおすすめ資格
  • 葬祭ディレクター
  • 仏事コーディネーター
  • 仏教葬祭アドバイザー

必須の資格はありませんが、実務経験を積んだ上でさらなるキャリアアップを目指して、資格取得をするのもおすすめです。

なかでも国家資格である葬祭ディレクターは、資格保持者に担当してもらいたいと希望を出すお客様もいるほど、セレモニー関連業界ではニーズのある資格です。

ドライバー

40代・未経験でも転職しやすい職種

ネット通販が一般化している今、荷物を配送するドライバーのニーズは高まっています。40代は若手よりも運転技術も高いと見なされ、40代、50代の積極採用している企業も多いです。

運転手のおすすめ資格
  • 中型自動車運転免許
  • 大型自動車運転免許
  • けん引免許

一般的な配送業では、中型免許があれば重宝されます。

けん引免許は「普通・大型・大型特殊免許を所持した18歳以上」が受験資格となり、資格保持者は仕事によっては大型トラックドライバーよりも高収入が期待できます。

仕事の幅を広げるためには中型以上の資格取得がおすすめです。

介護職

超高齢社会の日本において、介護職は年齢問わずニーズが高くなっています。介護施設や事業所での人手不足は深刻で、40代で未経験の転職でも歓迎される職種です。

 現場で実務経験を積みながら介護について学べ、資格を取得すればキャリアアップも見込めます。

介護職への転職には、以下のような資格が役立つでしょう。

介護職のおすすめ資格
  • 介護職員初任者研修
  • 介護職員実務者研修
  • 介護福祉士

難易度が比較的低い「介護職員初任者研修」の資格をとることで、仕事の幅が広がります。国家資格である介護福祉士は、実務経験3年以上が受験資格です。

体力は必要ですが、年齢や経験を活かして活躍できる職種です。

飲食業界

40代・未経験でも転職しやすい職種

飲食店などの接客は、40代でも未経験からはじめられます。求人数も多く、シフトは融通が利きやすいため、自分のライフスタイルに合わせて職場を選べるのも魅力です。

飲食のおすすめ資格
  • 調理師
  • 栄養士、管理栄養士
  • 野菜ソムリエ

調理師免許がなくても飲食店で働くことは可能ですが、転職の際に資格保持者が優遇される場合があります。

栄養士や野菜ソムリエなど専門知識があれば、職場によっては資格手当として給与アップも期待できます。

接客に苦手意識がなく、コミュニケーションをとるのが好きな人は採用されやすいでしょう。

工場・製造

工場、製造業の作業員は、年齢、性別に関係なく人材を歓迎しています。職歴やスキルに自信がない人、人とコミュニケーションをとるのが苦手な人にもおすすめです。

 同じ作業の繰り返しが苦にならない、真面目でコツコツタイプの人が採用される傾向にあります。

工場や製造業に役立つ資格は、主に以下の通りです。

工場・製造のおすすめ資格
  • 溶接技能者
  • フォークリフト運転技能者
  • 危険物取扱者

業界によって必要な資格は異なります。工場や製造業で必要な資格は技術を身につけるだけでなく、現場でその技術を磨き上げることが可能です。

資格と高い技術を手に入れれば転職だけでなく、独立などのキャリアアップが見込めます。

勤務条件や待遇が安定していて残業が少ない職場が多く、仕事に慣れれば働きやすい職種といえます。

【40代】転職のよくある失敗例・対策

【40代】転職のよくある失敗例・対策

40代の転職の失敗は、実は年齢のせいだけではありません。ここでは40代で転職を成功させるために、よくある失敗例をご紹介します。

40代のよくある失敗例
  • 中高齢の転職事情を理解していない
  • プライドが高い
  • 諦めが早い

中高齢の転職事情を理解していない

中高齢の中途採用では、とにかく即戦力であることが求められます。

40代の転職では20代に見られる、ポテンシャル採用は全く通用せず、企業が求める人材かどうかのマッチングのみが重視されます。

 40代の転職活動では、頑張ります!などの熱意だけの応募は通用しません。

40代で転職を成功させるためには、自分の強みが活かせる企業の求人にエントリーするのが先決です。

スキルのマッチングが期待できない未経験での転職の場合は、待遇面で多少の妥協は必要になるでしょう。

プライドが高い

【40代】転職のよくある失敗例・対策

20代、30代の求職者と40代以降の求職者の決定的な違いは、プライドの高さです。

無駄に高いプライドが転職の邪魔をしてしまうという失敗が多くみられます。40代の転職においては、実績も強みになりますが、それと同時に謙虚さも必要です。

時には過去の実績を忘れて、1からスタートすることも大切ですね。

諦めが早い

40代の転職活動で多いのが、根気が足りず早々に条件を下げるなどの妥協をして、失敗するケースです。

内定を焦ってむやみに条件を下げても、入社後後悔することになります。

 40代での転職活動は、平均よりも長くかかる可能性を視野に入れましょう。

入社後自分が本当に納得できるかどうかまでしっかり考えてから、妥協する条件を決めるのがおすすめです。

我慢強く自分に合った条件の応募をし続けることが重要ですよ。

40代の転職を成功させる5つのコツ

40代の転職を成功させる5つのコツ

では、実際にどうすれば40代での転職を成功に導けるのでしょうか。ここでは、転職を成功させるための転職活動のコツを5つご紹介していきます。

40代の転職を成功させるコツ
  1. 前職などの経験が活かせる職種を選ぶ
  2. 人材不足が懸念される職種を選ぶ
  3. 正社員にこだわらない
  4. 優先したい条件を絞り込む
  5. 転職エージェントを利用する

1.前職などの経験が活かせる職種を選ぶ

未経験であっても、今までの仕事で得たスキルや人脈など、前職の経験が活かせる職種を選ぶと良いでしょう。

業界知識として共通しているものがある、ビジネスのターゲット層が類似している、など仕事をする上で教える必要のない分野があるだけで、育成期間が短くなります

未経験でも、即戦力となるスキルが多ければ多いほど採用確率がアップするでしょう。

2.人材不足が懸念される職種を選ぶ

40代の転職を成功させる5つのコツ

人材不足の業界では、人材確保のための採用活動が活発です。

 スキルや年齢などを問わず、とにかく人手を増やしたい、スキルはその後身につけてくれればいい、という求人も多くあります。

早めに内定をもらいたい、経験する中で知識やスキルを身につけたい、と言う人は、慢性的に人材不足の職種をターゲットにするのがおすすめです。

介護、ドライバー、警備の仕事は人材不足が懸念されているため、転職しやすい業界でもあります。

3.正社員にこだわらない

業種や職種にこだわるのであれば、正社員ではなく、まずはアルバイト雇用からスタートさせるのもひとつの方法です。

正社員になることを目標にすると、仕事への意欲やスキルアップへの熱意が高まり、アルバイトであっても、人事担当者の目に留まりやすくなります。

アルバイトの求人の中には「将来的に正社員雇用あり」という募集要項が多く見られます。

4.優先したい条件を絞り込む

40代の転職を成功させる5つのコツ

まずは、自分が優先したい条件の絞り込みを行いましょう。

 あれもこれもと欲張ると、応募資格が高くなり、エントリーさえできないハイクラス求人しかヒットしなくなります。

条件には優先順位をつけておき、上位3つは絶対妥協をしない、など自分でルールを決めておくと、転職活動が長期化しても気持ちがブレることが少なくなります。

求人サイトでは通勤時間、年収、働き方などさまざまな条件で求人検索ができます。

5.転職エージェントを活用

自分に合った転職エージェントを活用して、長期スパンで転職と向き合いましょう。

 40代の転職は内定まで時間がかかるのが一般的です。

転職活動が長期化してひとりではくじけてしまいそうな時、転職のプロであるエージェントの支えがあれば、乗り越えることができます。

まずは、自分のスタイルに合った転職エージェント探しから始めるのが転職成功への近道です。

エージェントにはそれぞれ得意分野があり、中高齢の転職や、女性の転職に強いものもあります。

【40代向け】転職エージェントを利用するメリット

机の上で手を組むスーツ姿の男性

転職エージェントを利用するからには、利用するメリットを把握しておくことが重要です。40代で転職エージェントを利用するメリットは以下のとおりです。

40代で転職エージェント利用するメリット
  • 非公開求人を紹介してもらえる

  • 転職サポートを無料で受けられる

  • キャリアアドバイザーが推薦状を書いてくれる

ひとつずつ、みていきましょう。

非公開求人を紹介してもらえる

転職エージェントを利用すると40代向けの非公開求人を紹介してもらえます。非公開求人は良質な案件が多く、実績が豊富な40代には魅力に感じるでしょう。

企業が非公開にする理由は以下のとおりです。

企業が非公開にする理由
  • 採用をスムーズに進めるため

  • 競合他社に知られたくないため

  • 採用を急いでいるため

企業側としては非公開求人にすることによって、効率的な採用活動ができます。

なぜなら、人気の求人には応募が殺到して一人一人の対応に膨大なコストがかかるからです。そうならないように、非公開求人として掲載する狙いがあります。

 また、非公開求人にすることで競合他社に知られることなく、採用活動ができます。特に管理職などの採用では、社内外に情報が漏れることに敏感な企業は少なくありません。

さらに、非公開にすることで転職エージェントが企業側の求める人材をピックアップするため、採用の手間を大幅に防げます。

このように、転職エージェントを利用することで、比較的条件や待遇の良い非公開求人にアクセスできるのです。

一般的に転職エージェントの求人の約6割が非公開求人と言われています。

転職サポートを無料で受けられる

バスドライバーの平均年収

転職エージェントは無料で利用できます。転職エージェントの成功報酬は、求職者の内定が決まった場合に採用する企業側が支払うモデルになっています。

そのため、求職者はお金を払う必要がありません。転職エージェントでは以下のようなサポートを無料で受けられます。

転職エージェントで受けられるサービス
  • 書類作成のアドバイス・添削
  • 推薦状の作成
  • 模擬面接
  • 求人紹介
  • 企業との日程調整
  • 条件交渉
  • 退職時のアドバイス
  • 入社後のサポート

転職エージェントを利用するだけで、上記のサービスが無料で受けられます

また、年齢にあったサポートをしてくれるので、40代で初めて転職エージェントを利用する方でも安心して利用できます。

キャリアアドバイザーが推薦状を書いてくれる

転職エージェントを利用すると企業への応募の際に、キャリアアドバイザーが推薦状を書いてくれます。

 推薦状とは、履歴書や職務経歴書だけでは伝わらない求職者の情報を書いて、応募書類を補足するものです。

推薦状の質はキャリアアドバイザーによって変わってきます

あなたの強みが伝わらない推薦状を作成される可能性もあるので、企業への応募前に推薦状は必ず確認しましょう。

「推薦状を確認させてください」と自分から言わない限り、推薦状を見ることはできません。

40代におすすめの転職エージェント3選

リクルートエージェント

リクルートエージェント

おすすめポイント
  • 完全無料で利用できる
  • 業界最大級の求人数
  • 20代~50代まで幅広い年齢層の転職支援実績
  • キャリアアドバイザーからの推薦を受けられる

リクルートエージェントは、圧倒的な求人数を誇る、転職支援実績が豊富な転職エージェントです。対象としている年齢層も幅広いため、40代向けの求人も多く見つかります。

 求人数の多さは業界最大級で、さまざまな職種の中から応募先を選びたい人におすすめです。

一般には公開されない非公開求人の中には、大手優良企業や、人気が高い求人が多数含まれます。

登録することで、非公開求人への応募ができますよ!

運営会社 株式会社リクルート
主なサービス(機能)
  • 求人紹介
  • 書類添削、面接対策
  • 交渉代行
公開求人数※2021年9月26日時点 130,398件
対応エリア 全国

出典:https://www.r-agent.com/

doda

doda

おすすめポイント
  • 完全無料で利用できる
  • 非公開求人が豊富
  • 大手、ベンチャー、地元企業などさまざまな求人
  • スカウトサービスで企業から直接オファー

dodaは、豊富な非公開求人件数を誇る転職エージェントです。

 女性の転職支援にも強く、女性専用の求人検索ページもあります。

サイトコンテンツの充実ぶりが評判で、仕事の実態や転職情報を解説する職種図鑑では、全100種類の職種について解説されています。

まず自分がどんな職業につきたいか、適性があるかどうかなど、コンテンツ利用で探るのもおすすめです。

運営会社 パーソルキャリア株式会社
主なサービス(機能)
  • 求人紹介
  • スカウト機能
  • 書類添削、面接対策
公開求人数※2021年9月26日時点 134,240件
対応エリア 全国

出典:https://doda.jp/

リクルートダイレクトスカウト

リクルートダイレクトスカウト

おすすめポイント
  • 完全無料で利用できる
  • 40代の転職に強い
  • 年収アップが期待できる
  • 未経験業界への転職サポート

キャリアカバーは、ハイクラス転職に特化した転職エージェントです。ほかの転職サイトでは有料会員限定で紹介しているような希少なハイクラス求人を無料で検索できます。

 異業界転職の実績も豊富なので、40代から未経験分野への転職にも積極的に挑戦してみたい方にもおすすめです。

無料登録するだけで非公開求人の案内やヘッドハンターからのスカウトが届くこともあり、納得のいく求人に出会えるまで無料で利用できます。

実績豊富なヘッドハンターが3,000名以上在籍していますよ!

運営会社 株式会社リクルート
主なサービス(機能)
  • 求人紹介
  • スカウトサービス
  • ヘッドハンターの指名
公開求人数※2021年9月26日時点 54,789件
対応エリア 全国

出典:https://careercarver.jp/

よくある質問

40代の転職事情はどうなのか?
40代の転職は20代や30代に比べると厳しいと言われています。ただし、実績が豊富だったり、スキルが高かったりすると即戦力として採用されるため、諦める必要はありません。
40代の転職が難しいと言われる理由は?
「企業が扱いにくい」「年収アップが期待できない」ことが挙げられます。40代となると上司が年下になる可能性があり、教える社員はやりづらさを感じるでしょう。また、未経験職種に転職した場合、年収アップは期待できません。
40代の未経験でも転職できる職種はあるのか?
「営業」「介護職」「飲食業界」「工場・製造」などの職種は人手不足もあり、40代でも転職しやすい職種と言えるでしょう。
40代の転職の失敗例と対策は?
失敗例としては「中高年の転職事情を理解していないこと」が挙げられます。40代はとにかく即戦力が求められる年齢です。熱意だけでは転職できません。自分の経歴とスキルを活かせる業界・職種であれば良い転職ができるでしょう。
40代の転職を成功させるポイントは?
「前職の経験を活かせる職種を選ぶ」「人手不足の職種を選ぶ」「転職エージェントを活用する」などが挙げられます。年収を上げる転職をしたければ、前職の経験を活かせる職種を選ぶのは必須でしょう。また、転職エージェントを利用すると転職のプロからサポートを受けながら転職活動することができます。
40代が転職エージェントを利用するメリットは?
「非公開求人にアクセスできる」「転職サポートが受けられる」などが挙げられます。転職サイトのように自分で求人を探したり、企業と日程調整したりする必要がないので、忙しい方こそ転職エージェントを利用すべきでしょう。
40代におすすめの転職エージェントは?
「リクルートエージェント」「doda」「リクルートダイレクトスカウト」がおすすめです。リクルートエージェントとdodaは取り扱い求人が豊富でサポートも充実しています。リクルートダイレクトスカウトはハイクラス転職に特化しているので、自分のスキルに自信のある方は利用するとよいでしょう。

まとめ

今回は、40代の転職についてご紹介しました。年齢がネックで転職に一歩踏み出せなかった人も、40代の転職が難しい理由や改善策などがわかれば、前向きに転職を考えられるのではないでしょうか。

まずは自分がやりたいこと、やれることを明確にするため、転職エージェントに相談をしてみましょう。

転職のプロが「転職」というゴールに向かって、将来に悩む人を一からサポートしてくれます。

ひとつの情報に偏らないためにも、転職エージェントは複数掛け持ち登録するのがおすすめです。記事内で紹介した転職エージェントは無料で利用できるため、ぜひチェックしてみてください。

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事