転職活動のやり方は?20代・Uターン・第二新卒に分けて紹介

転職活動のやり方は?20代・Uターン・第二新卒に分けて紹介

これから転職活動を行うにあたって、どのようなやり方をすれば良いのか分からない人もいるでしょう。

やり方を理解しておけば、やみくもに転職活動するよりも効率よく希望する職場に出会えます。

本記事では、一般的な転職活動のやり方について以下の項目を解説します。

この記事でわかること
  • 転職活動のやり方
  • 【Uターン向け・20代向け・第二新卒向け】転職のコツ・やり方
  • 転職を始めるタイミング!転職のメリット・デメリットは?

自分に合った転職活動のやり方・コツを選んで、転職を成功させましょう!ぜひ参考にしてみてくださいね。

転職活動のやり方とは?自己分析の方法など解説

画像

これから転職活動をする上で、どのようなやり方をすれば良いのか不安に思っている方もいるでしょう。まずは、転職活動の主なやり方について解説します。

1.情報収集

転職をする上で、情報収集が大切です。鮮度の高い情報をたくさん収集すれば、自分に合った質の高い求人を見つけることができます。

情報収集先としておすすめなのは、転職サイトと転職エージェントです。

転職サイト
  • インターネットサイトを通じたサービス
  • 掲載された求人を比較し、転職サイトを通じて応募ができる
  • 履歴書添削サービスなどを受けることが可能
転職エージェント
  • 対人型のサービス
  • キャリアアドバイザーと個別に面談を行う
  • 経歴や希望条件などから求人の紹介を受けられる
  • 書類の作成や面接練習などのサポートを受けることが可能

多くのサービスでは登録無料なので、どちらも登録すればより手厚いサポートを受けられるでしょう。

求人票の見るべき項目

求人票のみるべき項目

たくさんの求人の中から希望に合った条件の職場を見つけるためには、どのような点に注目すれば良いのでしょうか。求人票で見ておくべき主な項目は以下の通りです。

見るべき項目
  • 仕事内容が詳しく書かれているか
  • スキルアップ研修など教育体制はしっかりしているか
  • 社風は自分に合っているか
  • 企業はどのような働き方を求めているか
  • 目指せるポストなど
  • 転勤の可能性
  • 平均残業時間
  • 海外出張の頻度
  • 有給取得率

上記の内容が詳しく書かれている求人は、信用度が高いと言えます。またサイトによっては、実際に働いている社員のリアルな意見を見られるものもあります。

会社の雰囲気を知るためにも、これらの内容はしっかりと見ておきましょう。

2.自己分析をする

自己分析をする

企業にしっかりと自分をアピールするため、強み・弱みを見つけることが大切です。

 転職サイトによっては、自己分析サービスが利用できます。

また、自己分析は自分自身だけではなく、第三者の意見も取り入れてみて下さい。自分では気付けなかった強みを発見できるかもしれません。

転職エージェントと面談をするうちに、アピールポイントが見つかる場合もありますよ。

履歴書・職務経歴書の作成

履歴書は、書き方によって選考に影響が出やすい大切な書類と言えます。同じ能力の人でも、履歴書の書き方によっては企業からのイメージも変わるでしょう。

 履歴書などの提出書類は、誤字・脱字なく丁寧に記入しないといい加減な人柄だと思われてしまい、不利に働く可能性があります。

転職サイトによっては、履歴書添削サービスを行っているところもあります。

面接の通過率を上げるためにも、添削サービスなどを積極的に利用するようにしましょう。

3.求人に応募

求人に応募

履歴書が完成したら、いよいよ求人に応募します。送付前に、応募する求人が自分にあっているかどうか今一度確認してください。

自分に合った求人かどうかを判断するポイントとしては、以下の通りです。

求人の見るべきポイント
  • 職種
  • 勤務地
  • 業種
  • 勤務条件
  • 給料

転職エージェントによっては、求職者が伝えにくい給与交渉なども代行してもらえることがあります。

気になる点がある場合には、一度エージェントに相談するのも良いでしょう。

4.面接対策

面接前には、当日のマナーやふるまいについて対策を練ることが大切です。志望動機や退職理由などは聞かれる可能性が高いので、前もって回答を用意しておきましょう。

転職エージェントでは、アドバイザーが面接指導を行っているものもありますよ。

緊張して失敗してしまうことのないように、予行演習をしておきましょう。

 当日の面接では、スーツを着用し清潔感のある髪型やメイクを心掛けて下さい。

5.内定・退職の手続き

内定・退職の手続き

無事内定をもらったら、引継ぎなど退職の手続きを開始します。会社から引き止めを受けることもあるかもしれません。

退職時期などは会社と相談して、迷惑のかからないタイミングを見極めましょう。

退職書類などの提出も、退職前にしておけばスムーズです。退職届のほか、健康保険証・制服の返却なども忘れずに行いましょう。

【Uターン向け!】転職を成功させるコツ・やり方

地方都市へのUターンの場合、大手の転職エージェントは地方都市にも拠点を設けているため、利用するメリットがあります。

Uターンの転職サイト利用で注意すべきポイント

都会から地方へのUターンの場合、同じ仕事内容でも年収が下がってしまう場合があります。

ただし、地方は都会ほど生活費がかからないメリットがあるため、年収が下がっても生活ができる可能性があります。

 Uターン後の生活をイメージしつつ、求人を探すと良いでしょう。

地方の求人情報はインターネットで入手できます。また最近では、面接をオンラインで行う企業も増えています。

入社前には実際に地方に赴き、土地の雰囲気などを確かめておくと安心です。

【20代向け!】転職を成功させるコツ・やり方

エージェント交代

社会人になり、がむしゃらに仕事をする中で、今後のキャリアについて考えることもあるでしょう。

20代には、今だからこそ新しい職種に挑戦できるメリットがあります。キャリアアップを図りたいと思ったら、思い切って転職活動してみましょう。

20代が転職で注意すべきポイント

中途採用ではスキルや即戦力が求められる場合があります。20代前半は第二新卒として応募ができます。

しかし、20代後半はキャリアアップは狙えますが、採用要件が広い分、ライバルが多いデメリットがあります。

面接の限られた時間の中で、しっかりと自分の強みをアピールすることが大切です。就職してから、想像と違っていたということのないようにしましょう。

【第二新卒向け!】転職を成功させるコツ・やり方

第二新卒の転職には、キャリアアップを成功させるサポート体制が充実した転職サイトがおすすめです。未経験歓迎の求人だけではなく、今までの経験が生かせる求人も比較してみましょう。

第二新卒が転職サイトを利用する際に注意すべきポイント

一度会社を退職している人の場合、面接ではその理由を聞かれる場合が多いです。

 良い印象を与えるためにも、退職理由はそのまま話すのではなく、できるだけポジティブな形に整理しておきましょう。

志望動機キャリアプランに一貫性を持たせることも、企業に誠実さ熱意を伝える大切なポイントです。

応募企業に不信感を持たれないためにも、転職先が決まる前に辞めない方が良いでしょう。

転職活動を始めるタイミング

転職を考え始めてから実際に活動を始めるには、どのタイミングがベストなのでしょうか。転職を始めるタイミングについて詳しく見ていきましょう。

ライフステージによって異なるタイミング

ライフステージ

今、自分がどのライフステージにいるかによっても、適切なタイミングは変わってきます。

例えば、自由が効き、経済的にも収入に応じて節約などの対応が可能な独身時代であれば、比較的フットワーク軽く転職ができます。

一方、結婚・出産、家族ができてからの転職は、経済的な面も考慮しつつ慎重に行動する必要があります。

 30代後半から40代以上の高キャリア、マネージャー、管理職クラスの転職は、急いで決めてしまうと年収が下がってしまう可能性があります。

年収が下がらないためにも、焦らずじっくりと時間をかけて求人を比較するのが良いでしょう。

在職中に転職活動をする場合

在職中に転職活動

基本的には、転職活動は在職中がおすすめです。しかし、在職中であることのデメリットも当然あります。メリットとデメリットをそれぞれ見ていきましょう。

メリット

最大のメリットとしては、収入が途切れないことが挙げられます。

転職が上手くいかない場合は最悪現職に残れるため、メンタル面や経済面でも安心です。このため、焦らずじっくりと希望する求人を探せるメリットがあります。

その他、応募企業に不信感を持たれない、ブランクを空ける必要がないなどもメリットです。

デメリット

在職中のデメリットとしては、転職活動に十分な時間を取ることができない点です。希望する企業が平日のみの面接しか行っていない場合、日程の調整が大変になります。

休みが取りにくい仕事の場合には、面接対策がなかなかできないのも大きなデメリットです。

退職後に転職活動をする場合

退職後に転職活動

転職が決まるまでの間に生活できる十分な資金がある場合には、退職してから転職活動をしようと考えている方もいるでしょう。

退職後に転職活動をするメリットとデメリットをそれぞれ紹介します。

メリット

退職後に転職活用を行う最大のメリットとしては、十分な時間が取れることです。突然の面接の連絡でも、柔軟に対応することができるでしょう。

転職フェアへの参加や求人を探す時間も取れるので、存分に転職活動に専念できます。引継ぎなどの心配もないので、内定後に即出勤も可能です。

人によっては、次の就職までの間にリフレッシュ期間を作っても良いでしょう。

デメリット

仕事をしていない期間があると、収入が途絶えてしまいます。

 転職活動が長引くと生活が困窮する可能性があります。

転職先が思うように決まらなければ、経歴にブランクが出てしまうデメリットもあります。

メンタル面でも焦りが出てきてしまうので、希望とは違う求人のオファーを受けてしまう恐れもあります。

退職の時期

退職の時期

現在勤めている企業から退職するベストなタイミングはいつが良いのでしょうか。ボーナスを受け取ってから退職したいという人が多いのは、生活を考える上では当然です。

しかし、ボーナスの時期よりも早めに内定が決まった場合、転職先の企業と入社時期を相談する必要があります。

 新しい職場と良好な人間関係を結ぶためにも、ボーナスだけにとらわれず、慎重に退職時期を考えましょう。

退職後に転職活動期間をおく場合には、十分な生活資金を用意しておかなければ、生活に不安を感じてしまいます。

退職から次の入社までに、どのくらいの期間がかかるのかを割り出し、必要な資金を計算しましょう。

転職にかける平均の期間はどれくらい?

転職にかける平均の期間は3ヶ月〜半年程度と言われています。ここでは、転職活動の流れをご紹介します。

1ヶ月目:自己分析をする

転職を決意してからの最初の1ヶ月は、自己分析に充てましょう。

 「退職したい理由は?」「転職して何を実現したい?」「自分の強みは何なのか?」この3点を軸に、しっかりと自己分析することが大事です。

この段階をおろそかにすると、転職活動中に軸がぶれてしまい、望んでいない会社に転職してしまう危険があります。そのため、最初の1ヶ月はしっかりと自己分析をしましょう。

自己分析をする中で、本当に転職すべきなのかを考えてみるものよいでしょう。

2ヶ月目:業界研究・企業研究

続いて、業界研究・企業研究を行います。業界のトレンドの変化は激しいです。転職を考えている業界の現在のトレンドや採用ニーズを研究しておきましょう。

また、競合他社も徹底的に調べ上げて、自分が最も活躍しやすい会社や、自分のようなタイプを必要とする会社をピックアップしておくと、今後の流れがスムーズに進みます。

 自己分析後に、業界・企業研究を行うことで、どのような会社で自分が活躍できそうか分かってきます。

3ヶ月目:書類作成・求人応募・書類選考

自己分析、業界研究・企業研究によって、自分が応募したい業界や会社が絞り込めてきます

 そしたら、いよいよ履歴書・職務経歴書の作成や求人への応募に入ります。書類選考を通すうえで、書類の完成度は重要です。

志望動機は、同業種であってもその会社の特徴を踏まえて書く必要があります。誠意と熱意がしっかりと伝わる内容を書きましょう。

履歴書や職務経歴書は、誤字脱字もみられます。作成後は、内容はもちろんのこと、誤字脱字がないかもチェックしましょう。

4ヶ月目以降:面接・内定獲得

書類選考が通ると、次は面接です。一般的な面接は、一次面接・二次面接を経て、内定がもらえます。ただし、1回の面接だけの会社もあれば、3回以上面接を行う場合もあり、会社によって様々です。

 転職にかかる期間は、自己分析から内定獲得まで、最短でも4ヶ月とみておきましょう。

退職の仕方を詳しく解説

ようやく、内定をもらっても最後の山場があります。それが、「退職交渉」です。もしも、退職交渉がうまくいかない場合は、新しい会社への入社日に影響が出てしまいます。

そのため、退職交渉は揉めることなく、スマートに終わらせることが重要です。ここでは、退職の仕方を詳しく解説します。

まずは、直属の上司に退職の意思を伝える

まずは、直属の上司に退職の意思を伝えます。事前にアポイントを取り、二人で話ができる場所を確保しましょう。

退職の話を始める際は、「突然で申し訳ございません」と切り出し、「退職させて頂きたく、お時間頂戴しました」と伝えましょう。

 ここでは、「退職を検討している」など、あいまいな表現はしないほうがよいです。というのも、あいまいな表現だと退職の決心がついていないと判断され、引き留められる可能性があります。

「退職する決心がついている」と意思表示をはっきりさせることが重要です。

さらに、気をつけたいことは、必ず直属の上司に伝えることです。例えば、直属の上司が課長であるのに、その人を飛び越えて、部長や社長に直接伝えるのはおすすめしません。

上司との信頼関係が崩れて、退職交渉がスムーズに進まない可能性があるとともに、退職日までの仕事がやりづらくなります。

よって、まずは、直属の上司に退職する意思をはっきり伝えましょう。

 退職日が決定していない段階で、同僚や先輩、後輩に退職することを伝えるのはNGです。退職日が正式に決まってから伝えるようにしましょう。

納得してもらえる退職理由を伝える

退職は円満に終わらせるのがベストです。そのためには、納得してもらえる退職理由を伝える必要があります。

 人間関係や業務内容が嫌だ、などマイナスな理由を伝えると「部署の異動を検討するから、退職しないでほしい」と引き留められる可能性があります。

引き留められたからと言って、部署の異動が実現するかどうか分かりません

しかしながら、「かねてから〇〇に挑戦したい思い、転職を決意しました」など前向きな理由を伝えれば、引き留められることはないでしょう。

引き留められることを防ぐために、前向きな退職理由を伝えることが大事です。

また、転職先から入社日が決まっていたとしても、伝え方には注意が必要です。

「引継ぎはしっかりと行う旨、急なお願いではありますが、〇月〇日までに退社させて頂きたいです」と気遣いつつ、伝えるようにしましょう。

退職願・退職届を提出

上司に退職の意思を伝え、承認されたら、退職願を提出します。そして、退職願が受理され、正式退職日が決まったら退職届を提出します。

退職願・退職届に書く退職理由は「一身上の都合により」と記入しましょう。

退職願・退職届は会社によって書式が違います。書類を書く前に、あらかじめ就業規則を確認しておきましょう。

引継ぎをしっかり行う

円満退社をするためには、引継ぎをしっかりと行うことが大事です。上司や同僚にできるだけ迷惑をかけないように引き継ぐようにしましょう。

対応していた業務やプロジェクト、顧客情報など、引継書としてまとめておきます。

引継ぎは、時間がかかる業務なため、しっかりとスケジュール管理をして、退職日の数日前には完了するように設定しおきましょう。

 業務の引継ぎは揉める可能性があります。トラブルが起きないようにしっかりと準備しましょう。

退職当日

退職当日は、ほとんどの業務が片付いているはずです。会社支給の備品の返却あいさつが中心となります。

当日の夕方頃から、上司や同僚へあいさつ回りをしましょう。あいさつ回りでは、ネガティブなことには触れず、これまでの感謝の気持ちや今後の活躍を祈る気持ちを伝えれば充分です。

あいさつ回りの際は、感謝の意を込めて、お菓子を配ることをおすすめします。

転職成功のためにはまず適職診断を受けてみよう

今の仕事は本当に自分に合っているのかな...という悩みをお持ちの方も多いのではないでしょうか。仕事を辞めたい・辛いと感じる方の多くが、今の仕事に向いていないと感じているでしょう。

そんな方は適職診断を受けることをおすすめします。
適職診断でわかること
  • 自分に向いている・適している仕事
  • 自分に合っている会社の環境・社風
  • 自分の性格・パーソナリティ

転職サービスdodaでは、会員登録をするだけで、すぐにこの適職診断を無料で受けることができます。

 あなたに合っている社風を分析し、適している会社名も教えてくれますので、転職のイメージも膨らみやすいでしょう。

dodaの適職診断では自分に向いている仕事が以下のような形で表示されます。無料の診断とは思えないほど、誰にでも詳しくわかりやすい診断結果が出てきますので、ぜひ受けてみましょう。

dodaキャリアタイプ診断

また自分の性格の分析では以下のような診断結果を見ることができます。簡単な質問に答えるだけなので、手軽に受けることができるでしょう。

doda適職診断



これらの診断結果は転職活動の面談や、企業選びにも利用することができます。転職の成功率もアップするでしょう。

また、現在の収入に不満・不安がある人は同じくdodaの年収査定を受けてみましょう。こちらも簡単な質問に答えるだけで、現在のあなたの適正年収がわかりますよ。

適正年収が現在の年収より高ければ、他の企業への転職で年収がアップするチャンスです。ぜひ一度受けてみましょう。

転職を考えたらまず登録!おすすめ転職エージェント・サイト

リクルートエージェント

リクルートエージェント

            おすすめポイント
            • 公開求人数・非公開求人数ともに業界最大級
            • 様々な職種・業種を取り扱っているので、希望の転職先に出会える可能性が高い!
            • 求職者の年収相場などを提示してくれるキャリア査定サービスを利用できる!
            • 完全無料

            リクルートエージェントは公開求人数は116,339件、非公開求人数は174,516件業界最大級の求人を持つ転職エージェントです。

             保有している求人数が多いので、取り扱っている職種・業種の種類も多いです。希望する職種・業種が見つからないといった心配はまずないでしょう。

            全国の求人を取り扱っていますので、日本のどこからでも利用可能です!

            また、自分のスキルではどの程度の年収の求人を目指せばいいのかわからない…という人にはキャリア査定サービスがおすすめです。

            あなたの今までの職歴などから、おすすめの転職市場・適正年収・キャリアプランを診断してくれます。
            ※2021年6月30日現在
            運営会社 株式会社リクルートキャリア
            主なサービス(機能)
            • エージェントサービス
            • 職務経歴書エディター
            • 面接力向上セミナー
            • 担当者面談
            公開求人数※2021年6月30日時点 116,339件
            拠点 全国対応可

            丸の内/北海道/東北/横浜/静岡/中部/関西/京都/神戸/岡山/広島/九州

            Uターンにおすすめの転職サイトは「doda」

            doda

            dodaは、7万件を超える豊富な求人数を誇るサイトです。レジュメビルダーでは、ガイドに沿って入力するだけで簡単に職務経歴書が作成できます。

            アプリをダウンロードすれば、求人の紹介・各種情報のプッシュ通知で転職活動をサポートしてもらえます。出展企業が300社以上の転職フェアでは、厳選企業と即面談が可能です。

            全て無料で参加できるので、積極的に活用しましょう。
            運営会社 パーソルキャリア株式会社
            公開求人数※2021年4月13日時点 77,250件
            得意分野・特徴 全職種に対応
            機能
            • 転職エージェントサービス
            • キャリアタイプ診断
            • Web履歴書
            • スカウトサービス

            ※出典:公式サイト(https://doda.jp/)

            第二新卒におすすめの転職サイトは「キャリトレ」

            キャリトレ

            キャリトレは、若者の転職に特化したサイトです。希望に合った求人案件をAIが知らせてくれるレコメンド機能では、効率的に求人を見つけることができます。

            「挑戦したい20代」をキャッチフレーズとしているだけあって、キャリアアップを狙う第二新卒にもおすすめの求人が多数あります。

            職務経歴書の書き方講座や気になる求人の合格診断など、面接を通過するためのアドバイスが豊富な点も魅力です。
            運営会社 株式会社ビズリーチ
            公開求人数※2021年4月13日時点 非公開
            得意分野・特徴 新規登録者の73%が20代※公式ページ参照
            機能
            • 自動マッチング
            • レコメンド機能

            ※出典:公式サイト(https://www.careertrek.com/)

            20代におすすめの転職サイトは「マイナビ転職」

            マイナビ転職

            マイナビ転職は、20代の初めての転職でも安心のサポート体制が充実したサイトです。専属のスタッフに、応募や面接に関する企業との連絡を代行してもらえます。

            履歴書の添削や面接の練習も無料で受けられるだけでなく、企業から直接スカウトが届く場合もあります。

            転職ノウハウセミナーも無料なので、ぜひ参加しましょう。
            運営会社 株式会社マイナビ
            公開求人数※2021年4月13日時点 12,747件
            得意分野・特徴 全職種に対応
            機能
            • 履歴書の書き方
            • 職務経歴書サンプル
            • 転職フェア

            ※出典:公式サイト(https://tenshoku.mynavi.jp/)

            転職活動に関するよくある質問

            転職活動のやり方とは?
            転職を効率的に進めるためには、情報収集が大切です。希望する求人を見つけたら自己分析を行い、アピールポイントを見つけます。面接前には履歴書添削や面接対策をしっかり行えば、内定を勝ち取ることができるでしょう。
            20代が転職を成功させるためには?
            初めての転職の場合には、転職サイトの履歴書添削サービスや面接指導などのサポートを受けることがおすすめです。自身のキャリアプランを考え、今後どのような仕事をしていきたいのか見つめ直しましょう。
            Uターン転職を成功させるコツは?
            都会から地方へのUターンの場合、年収にギャップがある場合があります。一方、都会と比べて生活のためのコストがかからないメリットもあるので、Uターン後の生活をイメージして転職活動を行うことが大切です。
            第二新卒が転職を成功させるコツは?
            若者向けの求人が豊富な転職サイトを利用することがおすすめです。資格や実績をアピールできれば、キャリアアップが期待できます。面接で話す時には、志望動機とキャリアプランに一貫性を持たせるようにしましょう。
            転職活動を始めるタイミングは?
            自由が利き経済的にも収入に応じた節約ができる独身時代か、結婚や出産などで家族ができたタイミングの転職ではタイミングが異なります。退職後に転職活動をする場合には十分な生活ができる資金を用意しておきましょう。
            転職活動をする時の注意点は?
            一人だけで転職活動をするのではなく、転職サイトに登録することがおすすめです。非公開求人などサイトでしか知ることのできない情報を手に入れることができます。転職先の情報収集も入念に行いましょう。
            新型コロナウィルスが流行する中での転職活動の進め方は?
            2020年4月頃には先行きの不透明さから求人数が一時的に減少しました。しかし、現在でも求人を行っている企業は数多くあります。中にはオンライン面談など、感染対策を行っている企業もあります。

            まとめ

            今回は、転職のやり方について解説しました。

            基本的な流れは同じですが、20代・Uターン・第二新卒によって注意点やおすすめ転職サイトは異なります。20代や第二新卒は、若者向けの求人を多数保有しているサイトがおすすめです。

            一方、Uターン転職の場合には、地方の求人情報も網羅している転職サイトを利用するのが良いでしょう。

             転職を始めるタイミングとしては、経済的な面を考慮しても退職前に行うのがベストです。

            しかし、仕事が忙しく転職活動の時間が取りにくいなどのデメリットもあるので、生活資金に余裕がある場合には退職後に転職活動をするのもおすすめです。

            転職に焦りは禁物なので、じっくりと自分の希望に合った転職先を見つけてくださいね。
            こちらの記事も合わせて読みたい
            ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
            ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
            ・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
            ・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
            ・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
            おすすめの記事