未経験でコンサルに転職できる?成功のコツやおすすめエージェントも紹介

未経験でコンサルに転職できる?成功のコツやおすすめエージェントも紹介

近年コンサルティング業界はビジネスシーンで存在感を高めており、人材を募集している企業も少なくありません。そのため、転職を希望する人も増加傾向にあります。

しかし、未経験でもコンサル業界に挑戦できるか気になる人もいるかもしれません。

そこで今回は、コンサル業界未経験でも転職できるか、そしてコンサル業界に強い転職エージェントなどを解説します。

この記事でわかること
  • コンサルの業務内容
  • コンサル業界への転職に役立つ資格
  • コンサル業界に強い転職エージェント

コンサル業界への転職で後悔しないためのポイントも紹介するため、ぜひチェックしておきましょう。

転職の前に基本情報を確認!コンサルの業務内容とは?

コンサルの業務内容とは?

コンサルの仕事内容は、企業や機関などの依頼に対し解決に向けて支援することです。依頼内容は各社・業界により異なるため幅広い知見が求められます。

コンサル業界の種類
  • 戦略系/経営上の戦略策定やアドバイス
  • 総合系/依頼が多種多様なため領域ごとに分けられている
  • 財務系・FAS/M&Aや財務に関連した課題解決
  • 人事系/経営者の報酬制度設計・給与制度の改革など
  • 医療系/中長期ビジョンや戦略構築支援など
  • 再生系/経営状態が良くない企業に対する立て直し

各企業のビジネスを、より成功と言えるよう底上げすることがコンサルの役目です。課題に対する改善策を、依頼企業とチームになり提案・実施していきます。

コンサル業界の転職事情

仕事

良い転職を叶えるためには、その業界の転職事情を把握した上で、転職活動をするのが賢明でしょう。

ここでは、コンサル業界の転職事情について解説します。

中途採用が中心であるが、未経験採用も行なっている

コンサル業界は中途採用が中心で、未経験採用も積極的に行なっています。なぜなら、コンサル業界は人材の流動性が高く、退職する人が多いからです。

コンサル会社への平均在籍期間は3年〜4年と言われています。終身雇用を前提とした日本の働き方とは大きく異なっているのです。

そのため、コンサル業界は中途採用を積極的に行なっている企業が多いです。中途採用でも決して経験者のみを採用するわけではありません。

コンサル業界では高い専門性が求められるため、未経験だとしても特定分野に強みがあれば採用される可能性はあります。

 他業界から転職する場合は3〜10年経験を積んで、30代前半までにコンサル業界へ転職するのが一般的です。

転職難易度は高い

コンサル業界への転職難易度は高いと言えます。なぜなら、コンサル業界は人気である上に、高い専門性が求められるからです。

中には、弁護士や医師からコンサル業界に転職する事例があります。このように、コンサル業界は高い専門性が身についていないと転職することは難しいです。

コンサル業界への転職を目指すなら、現職で専門性を身につけてから行動するのが良いでしょう。

コンサル業界への転職は20代〜30代前半が適している

話し合う女性

コンサル業界への転職は20代〜30代前半が適しています。コンサル業界というと年齢よりも実力で評価する印象が強いと思います。

しかし、30代後半〜40代となると平均年収が高くなり、より専門的なスキルがある人材を狙うため、狭き門となるのが現状です。

よって、市場価値のある20代〜30代前半で会社に貢献できる能力があれば高い確率でコンサル業界に転職できるでしょう。

年齢ではなく実力で評価することは外資系企業の特徴です。

コンサル転職は未経験でも失敗しない?

コンサル転職は未経験でも失敗しない?

コンサル業界は未経験でも転職可能です。しかし、経歴が重視される職種となることを理解しておきましょう。

依頼先となる各企業の課題を解決するためには、事業会社の企画部門や事業開発部門での業務経験があることは重要です。

 各企業のトップたちが解決できない問題を担うことになるため、十分な知識や提案力が求められます。

今まで企業の運営等に関わってこなかった場合はコンサル力が身についているとは言い難いでしょう。

よって、現実的には未経験での転職は難しいかもしれません

コンサル業界に強い転職エージェント8選

リクルートエージェント

リクルートエージェント

コンサル業界に詳しいアドバイザーが在籍しており、転職に役立つ情報を共有してくれます。面接対策の実施や独自に分析した業界の情報を提供してくれる点も特徴です。

 コンサル業界求人は約6,400件あり、未公開求人も別であるため選択肢は非常に広いでしょう。

求職者のスキルや希望に合った仕事をプロ目線で厳選し紹介してくれるため、充実した転職活動を送れます。

内定後の年収交渉や入社日の調整などもサポートしてくれるため、安心して新たなスタートを切れるでしょう。
運営会社 株式会社リクルート
主なサービス(機能)
  • 求人紹介
  • 非公開求人の提供
  • 面談の実施
  • 面接対策
  • 志望企業への推薦
公開求人数※2021年7月14日時点 118,277件
コンサル公開求人数※2021年7月14日時点 6,395件
対応エリア 全国

出典:https://www.r-agent.com/

パソナキャリア

パソナキャリア

2019年~2022年のオリコン顧客満足度調査にて、4年連続お客様満足度ナンバーワン(※)に輝いている転職エージェントです。

 20代・30代・40代が転職に成功する秘訣を紹介しているため、満足いく結果を出すためにも参考にしてみましょう。女性向けの転職情報も提供されています。

専任のキャリアアドバイザーが求職者のスキルを踏まえて、最適な求人を紹介。また、マンツーマンでの書類添削もしてくれるため大変心強いです。

企業に言いにくい年収交渉についても、求職者に代わってキャリアアドバイザーが確認してくれます。
運営会社 株式会社パソナ
主なサービス(機能)
  • 求人紹介
  • 応募書類の書き方伝授
  • 模擬面接の実施
  • 企業との日程調整や交渉
  • 企業からの面接オファー
  • スカウトサービス
公開求人数※2021年7月14日時点 35,647件
コンサル公開求人数※2021年7月14日時点 318件
対応エリア 全国

出典:https://www.pasonacareer.jp/
※出典:https://career.oricon.co.jp/rank_shoukai/

アクシスコンサルティング

AXISコンサルティング

コンサルに特化している転職エージェントで、未経験からのチャレンジもしっかりとサポートしてくれる点が特徴です。

 コンサルタントのキャリアを熟知しており、経験や思考に合わせて最適なキャリアプランを提案してくれます。

コンサル業界に特化していることから企業との強いパイプを持っており、書類や面接対策を企業別にアドバイスしてもらうことが可能です。

多くの非公開求人を扱っているため、アクシスコンサルティングだからこそ出会える仕事も少なくないでしょう。
運営会社 アクシスコンサルティング株式会社
主なサービス(機能)
  • 求人紹介
  • コンサル業界についてレクチャー
  • 独立支援
  • 書類・面談対策
  • 企業インタビューの提供
公開求人数※2021年7月14日時点
コンサル公開求人数※2021年7月14日時点
対応エリア 全国

出典:https://www.axc.ne.jp/

リクルートダイレクトスカウト

リクルートダイレクトスカウト

リクルートが提供するハイクラス転職・求人サービスです。登録をしてからスカウトを待つだけと使い方は非常に簡単で、高収入となる仕事を多数用意しています。

 転職事例も紹介されており、かつ担当したヘッドハンターも掲載しているため転職活動をする際にチェックしておきましょう。

ハイクラスな求人ほど一般公開されないことが多い傾向にありますが、そのような仕事も経験豊富なヘッドハンターが求職者の経歴を見て紹介してくれます。

大手企業の求人も保有しているため、キャリアアップを希望する人にもおすすめです。
運営会社 株式会社リクルート
主なサービス(機能)
  • 求人紹介
  • スカウト
公開求人数※2021年7月14日時点 71,057件
コンサル公開求人数※2021年7月14日時点 5,685件
対応エリア 全国

出典:https://careercarver.jp/

ムービン

ムービン

20年以上に渡りコンサルティング業界への転職をサポートしており、その豊富な実績と経験から求職者にとって最適な仕事を提案してくれます。

 コンサル業界専門となるため圧倒的な業界知識を有しています。元コンサル出身者だからこそとなる、表には出ない情報提供が可能な点も特徴です。

コンサルティングファーム別の書類・面接対策も実施しているため、独自の対策を講じられることから内定獲得の可能性も高まるといえるでしょう。

専任のコンサルタントが、入社してからも慣れない環境へのアドバイスをしてくれます。
運営会社 株式会社ムービン・ストラテジック・キャリア
主なサービス(機能)
  • 求人紹介
  • 書類対策
  • 面接対策
  • ビジネススキル指導
公開求人数※2021年7月14日時点
コンサル公開求人数※2021年7月14日時点
対応エリア 全国

出典:https://www.movin.co.jp/

ビズリーチ

ビズリーチ

これからの時代は自身の市場価値を高めることが重要という考えのもと登録するだけで優良企業や一流ヘッドハンターから直接スカウトが届く仕組みを取っています。

 コンサル求人は約10,000件保有しているため、他では扱っていない企業の仕事と出会える期待が持てるでしょう。

高年収求人も多数掲載しており、年収1,000万円以上となるものは3分の1以上を占めています。

企業やヘッドハンターからスカウトが届くたび、自身の市場価値を感じられるため転職意欲も高まります。
運営会社 株式会社ビズリーチ
主なサービス(機能)
  • 企業からのスカウト
  • 職務経歴書の書き方アドバイス
公開求人数※2021年7月14日時点 59,824件
コンサル公開求人数※2021年7月14日時点 9,818件
対応エリア 全国

出典:https://www.bizreach.jp/

JACリクルートメント

JACリクルートメント

「30代~50代で後悔しない転職を」がテーマの転職エージェントです。転職活動に役立つ企業インタビューを掲載しており、求人票では知り得ない情報を提供しています。

 コンサル業界に精通したアドバイザーが、厳選したスカウト求人を紹介してくれるため充実した転職活動を送れるでしょう。

WEB上では伝えきれない戦略的観点からの情報提供も実施しており、アドバイザーが直接企業と連絡を取って社風や社内の雰囲気などを伝えてくれます。

国内大手や外資系、海外進出企業などJACだからこそ紹介できる厳選求人が豊富です。
運営会社 株式会社ジェイエイシーリクルートメント
主なサービス(機能)
  • 求人紹介
  • スカウト
  • 面接対策
公開求人数※2021年7月14日時点 11,256件
コンサル公開求人数※2021年7月14日時点 321件
対応エリア 全国

出典:https://www.jac-recruitment.jp/

エンワールド・ジャパン

エンワールド・ジャパン

外資系やグローバル企業でのキャリア・転職を実現するエージェントです。求職者一人ひとりに合わせたアプローチで、最適な仕事に出会うためのチャンスを広げてくれます。

 面接の準備や心構えなど、転職のプロセスも徹底的にサポートしてくれる点が特徴です。

入社後活躍というミッションがあり、転職してから就業開始後も継続的にフォローアップを実施し活躍するための支援をしてくれます。

コンサル業界に精通したスペシャリストが転職をサポートしてくれるため、はじめての場合も安心です。
運営会社 エンワールド・ジャパン株式会社
主なサービス(機能)
  • 求人紹介
  • 長期的なキャリア構築を見据えた提案
  • 面接等への対策指導
公開求人数※2021年7月14日時点 910件
コンサル公開求人数※2021年7月14日時点 17件
対応エリア 全国

出典:https://www.enworld.com/

コンサル業界への転職で有利になる資格

ここでは、コンサル業界への転職で有利になる資格について解説します。

難易度が高いものもありますが、未経験でもチャレンジしやすい資格もあるので、コンサル業界への転職を意識したらぜひチェックしてみてください。

有利になる資格
  1. 公認会計士・税理士
  2. 英語資格(TOEIC・英検)

①公認会計士・税理士

コンサル業界への転職で有利になる資格

会計系コンサルタントとして活躍するにあたり、公認会計士の資格は転職で有利に働く可能性があります。

 クライアントの利益を生む戦略を考えるうえで、大いに活用できる資格であることが求められる理由です。

Taxの専門家となる税理士資格を持っている場合も、企業の再生に一役買えるということで転職において良い評価を与えられる可能性を秘めています。

②英語資格(TOEIC・英検)

ビジネスシーンはグローバル化が進んでいるため、英語力は極めて重要です。海外企業とのやり取りが発生することも踏まえると、企業にとって必要な人材と言えるでしょう。

今後、さらなる事業進出として外資系企業との連携を検討している場合も、転職先で活躍できる可能性があります。

海外拠点を持つ企業の場合は、現地駐在といったチャンスが訪れるかもしれないため、重要な能力と言えますね。

コンサル業界への転職で後悔しないためのポイント

最後に、コンサル業界への転職で後悔しないためのポイントについて解説します。

後悔しないためのポイント
  1. 泥臭い仕事であると理解しておく
  2. 年功序列の意識は持たない

①泥臭い仕事であると理解しておく

コンサル業界への転職で後悔・失敗しないために押さえるべき点

コンサル業界は「エリートが働く華々しい世界」というイメージを持っている人も多いのではないでしょうか。しかし、実際は泥臭い仕事と言っても大げさではありません。

 クライアント企業へ出向く、深夜まで情報収集・分析をして提案できるようまとめるなど、厳しい業界であると理解しておく必要があります。

イメージだけで転職を決めてしまうと実際とのギャップに苦しむ可能性があるため、事前に働き方についてリサーチしておきましょう。

②年功序列の意識は持たない

コンサル業界は若い年代で責任あるクラスの肩書きを持っている人は少なくありません。基本的に年功序列はなく実力主義の世界と言えるでしょう。

アサインされた業務のリーダーが年下ということは十分考えられるため、年下から指示を受けることもしばしばあります。

 年功序列を重んじる業界にいた人にとっては先進的にストレスとなる可能性は否めないため、事前に業界の常識を知っておきましょう。

【コンサル未経験でも安心】転職エージェントの利用のコツ

握手

転職エージェントは賢く利用することで、理想の転職が叶いやすくなります。ここでは、コンサル業界未経験の方へ転職エージェントを利用するコツを解説します。

コンサル転職において転職エージェントを利用するコツ
  • 転職時期は「今すぐにでも」と答える

  • レスポンスはなるべく早めに行う

  • 経歴を偽らない

  • 推薦状は必ず確認する

  • 複数の転職エージェントを利用する

それぞれ、見ていきましょう。

転職時期は「今すぐにでも」と答える

転職エージェントに登録するとアドバイザーと面談をすることになりますが、転職時期は「今すぐにでも」と答えるようにしましょう。

 なぜなら、転職エージェントは転職に積極的なユーザーを優先する傾向があるからです。

転職エージェントは求職者を企業に紹介し内定が出ると報酬が入る仕組みになっているため、転職に積極的なユーザーを優先せざるを得ません。

そのため、転職時期は「今すぐにでも」と答えて、転職に積極的である姿勢を見せておきましょう。

レスポンスはなるべく早めに行う

アドバイザーのメールへの返信や報告はなるべく早く対応するようにしましょう。

前述したとおり、転職エージェントは転職に積極的であるユーザーを優先する傾向があります。

レスポンスが早いことで、アドバイザーへのアピールに繋がります

逆に、レスポンスが遅くなってしまうとやる気のない人だと判断されてしまい、求人の紹介件数が減る可能性があります。

 転職エージェントをうまく利用するには、アドバイザーとの信頼関係を構築することが重要です。

経歴を偽らない

50代で転職エージェントを利用する人

転職エージェントに登録する際に、経歴を偽ることは厳禁です。コンサル業界のように転職難易度が高い場合は、経歴詐称の悪知恵が働くかもしれません。

偽った経歴で転職活動を続けたとしても、どこかでメッキが剥がれ、経歴詐称が発覚した場合は転職エージェントを退会させられます。

もし、偽った経歴で転職できたとしても、「いつかバレるかも」と不安を抱えながら働くことになりますし、経歴詐称が発覚したら大きなトラブルになりかねません。

そのため、経歴を偽ることは絶対にしないでください。

推薦状は必ず確認する

転職エージェントでは、応募時に求職者の強みや転職理由などを記載した推薦状を提出します。

 応募前に、推薦状は必ず確認しましょう。なぜなら、必ずしも推薦状と自分の希望が合っているとは限らないからです。

推薦状はあくまでも応募書類の補足として使用されるため、推薦状の作成に力を入れないアドバイザーは少なくありません。

自分の希望と推薦状の記載事項が異なる場合、面接に支障が出ます。そのため、応募前に推薦状は必ず目を通しておきましょう。

応募前に「推薦状を確認させてください」と声をかけるようにしましょう。

複数の転職エージェントを利用する

複数の転職エージェントを利用することも大切です。複数の転職エージェントを利用すべき理由は以下のとおりです。

複数の転職エージェントを利用する理由
  • アドバイザーの比較ができる

  • 各エージェントの非公開求人を閲覧できる

このように転職エージェントを複数利用することで、各エージェントの強みを享受できます。

転職エージェントは2〜3社利用するのが一般的です。

よくある質問

コンサル業界に強いおすすめの転職エージェントは?
求人数が多く選択肢が広いリクルートエージェントがおすすめです。コンサル業界に詳しいアドバイザーが求人紹介や年収交渉をしてくれるため、初めての転職活動でも安心して進めることができるでしょう。
コンサルの業務内容は?
コンサルティングファームにより細かい仕事内容は異なりますが、大きくは企業や機関などの依頼に対し解決に向けて支援することが主な業務内容です。クライアントの悩みを解決するため、改善策や戦略をチームになり提案・実施していきます。
コンサル業界未経験での転職は難しい?
未経験でも転職は可能ですが、コンサル経験がない場合は事業会社の企画部門や事業開発部門での業務経験があることは重要です。基本的には経歴が重視される職種であると理解しておきましょう。
コンサル業界への転職に活かせる資格は?
コンサルティングファームにより異なる場合もありますが、利益を生むための戦略を考えるうえで活用できる公認会計士や税理士資格は有利に働く可能性があります。また、ビジネスシーンのグローバル化に伴い、英語に関する資格も有していると良いでしょう。
コンサル業界への転職で後悔しないためには?
華々しい世界と考えず、クライアントの依頼に応えるため分析や情報収集に追われる、泥臭い仕事と理解しておくべきです。また、年功序列の考えが薄い業界であるため、年下の人から指示やきつい言い方をされる場合があることも覚悟しておきましょう。
転職エージェントの選び方は?
保有する求人数のチェックも重要ですが、コンサル業界に精通するキャリアアドバイザーがどれだけ在籍しているかも確認しておきましょう。元コンサル出身でキャリアアドバイザーとして働く人も少なくないため、業界のさまざまな情報を提供してもらうためにも見逃せないポイントです。
転職エージェントを活用するメリットは?
自分自身では気づけない強みやスキルを、転職のプロからの目線で発見してアピールポイントに繋げられること、非公開求人を紹介してもらえることなどが挙げられます。転職活動を全面的にサポートしてくれるため、希望に沿った仕事に出会える可能性は高まるでしょう。

まとめ

この記事では、コンサル業界に強い転職エージェントや保有しておくと有利になる資格、未経験でも挑戦できるかどうかなどを解説しました。

コンサル業界への転職は未経験でも可能ですが、経験者に比べると知識やスキルが劣ってしまうため、良い人材であることをアピールするためにも、公認会計士や英語資格などの保有をおすすめします。

コンサル業界に強い転職エージェントもあるため、業界の情報を多く引き出し収集するためにもチェックしておきましょう。

こちらの記事も合わせて読みたい
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事