ドライバーにおすすめ転職・求人サイト9選!後悔しないためのポイントも紹介

ドライバーにおすすめ転職・求人サイト9選!後悔しないためのポイントも紹介

未経験でも高収入が狙えることから、ドライバーへの転職を検討している人は多いのではないでしょうか。

しかし、転職して後悔することがないか不安に思う人もいるかもしれません。

そこで今回は、ドライバーへの転職におすすめの転職サービスや、ドライバーの転職事情、平均年収などを詳しく解説します。

この記事でわかること
  • ドライバーへの転職におすすめの転職サービス
  • ドライバーの転職事情
  • ドライバーの平均年収
  • ドライバーの転職に最適な時期
  • ドライバーの転職に後悔しないためのポイント

ドライバーへの転職に必要なスキルも解説しますので、ぜひ参考にしてみてください。

【大型ドライバー】おすすめの転職エージェント4選

リクルートエージェント

リクルートエージェント

おすすめポイント
  • 公開求人数・非公開求人数ともに業界最大級
  • 様々な職種・業種を取り扱っているので、希望の転職先に出会える可能性が高い!
  • 求職者の年収相場などを提示してくれるキャリア査定サービスを利用できる!
  • 完全無料

リクルートエージェントは、書類添削年収交渉面接対策などさまざまなサポートを行っている転職エージェントです。

 業界でも最大級の非公開求人を保有しているため、今まで知らなかった仕事を見つけられるかもしれません。

ドライバー関連の業界に精通したキャリアアドバイザーが希望に沿った最適な求人を紹介してくれるため、転職活動に慣れていない人でも安心です。

拠点も全国各地にあるため、各エリアの特性を熟知したアドバイザーからサポートを受けられますよ。
運営会社 株式会社リクルート
主なサービス(機能)
  • 求人紹介
  • 非公開求人の提供
  • 面談の実施
  • 面接対策
  • 志望企業への推薦
公開求人数※2021年7月13日時点 117,870件
ドライバー公開求人数※2021年7月13日時点 338件
対応エリア 全国

出典:https://www.r-agent.com/

doda

doda転職エージェント

おすすめポイント
  • 転職エージェント・サイト・スカウトの3つの機能を自由に使える!
  • 企業との年収交渉を代行してくれる!
  • 4割以上の取り扱い求人が年収500万円超え!
  • 完全無料

1,000件近いドライバー求人を扱っており、5名以上採用・未経験歓迎といったものは少なくありません。高収入を狙えるドライバー求人もあります。

 業界に詳しいdoda専門スタッフが仕事を紹介してくれるため、自分の希望を積極的に伝えていきましょう。

スカウトサービスといい、求職者の経験やスキルに興味を持った企業から直接オファーが届くサービスもあるため、書類選考をスキップして面接確約も可能です。

毎週求人情報は更新されているため、マメにチェックすると理想の求人を見つけられる可能性が高まりますね。
運営会社 パーソルキャリア株式会社
主なサービス(機能)
  • 非公開求人の紹介
  • 専門スタッフによるプロ目線での求人紹介
  • 面接のスケジュール調整
  • 書類・面接手続きのサポート
  • スカウトサービス
公開求人数※2021年7月13日時点 89,493件
ドライバー公開求人数※2021年7月13日時点 952件
対応エリア 全国

出典:https://doda.jp/

マイナビエージェント

マイナビエージェント

おすすめポイント
  • 第二新卒など20代向けの求人が豊富!
  • サポート体制が手厚く、面倒見の良さが評価されている!
  • 非公開求人は10万件以上!自分にぴったりの求人を紹介してもらえる!
  • 完全無料

マイナビエージェントは20代や第二新卒の転職実績が豊富な転職エージェントになります。もちろん20代だけではなく30代以上の年代の方も利用することができますよ。

 転職成功に向けてキャリアアドバイザーから手厚いサポートを受けることができます。初めての転職をする方に特におすすめです。

公開求人数は2万件以上、非公開求人数はなんと10万件以上保有しています。キャリアアドバイザーとの面談を通してあなたにぴったりの求人を紹介してくれるでしょう。

初めて転職をする方、未経験業種への転職に挑戦したい方はマイナビエージェントがおすすめです。
運営会社 株式会社マイナビ
主なサービス(機能)
  • エージェントサービス
  • 履歴書添削サービス
  • 面接対策
  • サポート期間は無期限
公開求人数※2021年6月30日時点 27,390件
拠点 全国対応可

京橋/新宿/神奈川/北海道/宮城/名古屋/京都/大阪/兵庫/福岡

ドライバーズエージェント

ドライバーズエージェント

運輸業界を専門にする転職エージェントです。新潟県内のバスやトラック、タクシーなど公共交通機関や物流ネットワークを支える業界への転職をサポートしてくれます。

 運輸業界のさまざまな求人を多数掲載しており、条件に合った検索が可能です。

仕事の紹介はもちろん、応募書類の作成支援面接対策といったサポートも実施しています。

業界で働いている人の声や注目企業のインタビューなども掲載されているため、情報収集をしておきましょう。
運営会社 アデコ株式会社
主なサービス(機能)
  • 求人紹介
  • 企業への紹介
  • 面接対策
  • 運輸業界情報の提供
公開求人数※2021年7月13日時点 396件
ドライバー公開求人数※2021年7月13日時点 396件
対応エリア 新潟県

出典:https://www.drivers-agt.jp/

【大型ドライバー】おすすめの転職サイト3選

クリエイト転職

クリエイト転職

クリエイト転職は社員求人専門の転職サイトです。物流・運輸・タクシー・バスといった業種の求人をおよそ900件近く保有しているため、理想の仕事に出会えやすいです。

 毎週土曜日に求人情報は更新されるため、随時チェックしておきましょう。

500人アンケート「みんなのホンネ」では、実際に転職をした人の満足度などを知れるため情報収集に最適です。

履歴書の書き方や面接対策など、参考にできるコンテンツが充実しているため目を通しておきましょう。
運営会社 株式会社クリエイト
公開求人数※2021年7月13日時点 6415件
ドライバーの公開求人数※2021年7月13日時点 855件
得意分野・特徴
  • ドライバー求人
  • 500人アンケート
  • 履歴書の書き方紹介
主な機能
  • 求人お気に入り登録
  • 検索条件保存
対応エリア 全国

出典:https://www.job-terminal.com/

エン転職

エン転職

日本最大級の転職サイトで、2018年~2021年オリコン顧客満足度調査「転職サイト」にて利用者満足度4年連続1位に輝いています。

 エン転職だけの掲載求人が約80%を占めているため、ここでしか出会えない仕事が多い点は特徴です。

積極採用企業コーナーが設けられており、5名以上の採用を公表している企業があるため内定を獲得するためにもチェックしておきましょう。

毎週月曜日と木曜日に求人は更新されるため、マメに確認することで良い仕事に巡り合える可能性が増します。
運営会社 エン・ジャパン株式会社
公開求人数※2021年7月13日時点 5,867件
ドライバー公開求人数※2021年7月13日時点 202件
得意分野・特徴
  • 詳細な求人情報の提供
  • 無料で応募企業の面接情報を提供
機能
  • 転職ノウハウ
  • 転職Q&A
対応エリア 全国

出典:https://employment.en-japan.com/ 
※出典:https://career.oricon.co.jp/rank-job-change/

ドラEVER

ドラEVER

ドライバー求人を専門に扱っており、その数は約2,600件と豊富な保有数を誇ります。

 月給40万円以上の求人特集も組まれており、高収入を目指す上で要チェックとなるサイトです。

スカウト登録をすることで企業から直接オファーが届くため、自らのアクションだけでないことから効率の良い転職活動ができます。

1クリックで複数の求人に一括応募できる機能もあるため、気になる仕事には積極的に応募しましょう。
運営会社 株式会社ドラEVER
公開求人数※2021年7月13日時点 2,566件
ドライバーの公開求人数※2021年7月13日時点 2,566件
得意分野・特徴
  • ドライバー求人
  • 物流・運送業全般に関する情報提供
  • 月給40万円以上求人特集
  • カスタムデコ車求人
主な機能
  • オファー
  • 一括応募
対応エリア 全国

出典:https://doraever.jp/

【タクシードライバー】おすすめの転職エージェント3選

転職道

転職道

全国のタクシー求人を案内しており、業界のプロが一人ひとりに最適な求人を探してくれるため、サポート体制は非常に手厚いです。

 365日24時間メール相談にも対応しているので、タクシー会社の選び方や求人探しなどで疑問があれば気軽に相談することができます。

今注目のタクシー会社を5社ピックアップして紹介しているコーナーも設けられているため、仕事探しの際は参考にしてみましょう。

積極採用中のタクシー会社も複数紹介されているため、転職先を選ぶ際に参考にしてみてください。
運営会社 株式会社日本総合ビジネス
主なサービス(機能)
  • 求人検索
  • 無料転職相談
  • 求人動画紹介
  • LINEでの転職相談
  • タクシー業界コラム
公開求人数※2021年7月13日時点 542件
対応エリア 全国

出典:https://www.tenshokudou.com/

タクQ

タクQ

タクシー専門の無料転職支援サービスで、大手企業の求人も多数保有しています。タクQから応募して転職すると入社祝い金がもらえる点は大きな特徴です。

 無料転職相談を実施しており、業界に詳しい担当者が最適な求人を紹介してくれます。

大手タクシー会社出身のスタッフが転職サポートの対応をしてくれるため、業界を熟知していることにより質の高いサービスを受けられるでしょう。

入社後も安心の無料相談を実施しているため、悩みや不安があれば気軽に相談できますよ。
運営会社 株式会社しごとウェブ
主なサービス(機能)
  • 入社祝い金の支給
  • 無料転職相談
  • 求人紹介
  • 転職サポート
  • 面接への交通費支給
公開求人数※2021年7月13日時点 456件
対応エリア 全国

出典:https://www.taxi-qjin.com/

ドライバーズワーク

ドライバーズワーク

タクシードライバー専門の求人情報サイトで、転職エージェントが一人ひとりに合った最適な職場を紹介してくれます。

 およそ1,600件もの求人数を誇る上、非公開求人も多数扱っているため他では見つからない仕事と出会える可能性もあります。

在籍しているキャリアアドバイザーはタクシー業界に精通しているため、業界未経験の人でも安心してサポートを受けながら転職活動ができます。

応募先企業との日程調整代行や面接対策、条件交渉など全面的な転職支援を実施しています。
運営会社 株式会社ミライユ
主なサービス(機能)
  • 求人紹介
  • 転職成功ガイドの提供
  • タクシーコラム
  • キャリアアドバイザーによる支援
公開求人数※2021年7月13日時点 1,661件
対応エリア 全国

出典:https://www.drivers-work.com/

ドライバーの転職事情

ドライバーの転職事情

高給なイメージから人気を集めているドライバーという職種には、意外にもさまざまな種類があります。

主な種類
  • トラックドライバー
  • タクシードライバー
  • バスドライバー
  • 送迎ドライバー

上記の中でも、小型や大型などさらに細かく分類でき、それに応じて必要な免許の種類も変わってきます。

そして、いくつかあるドライバー求人の中でも特にトラック運転手の就業状況は不足傾向にあり、2028年度には約278,000人が不足するという予測が立てられています。

人が不足しているということは、それだけ企業としては人材確保に積極的であると言えますね。

これらの数値から大変な人手不足ということもあり、未経験歓迎とする求人は各サイトにて多数掲載されています。

※出典:https://www.mlit.go.jp/seisakutokatsu/content/001363927.pdf

ドライバーの平均年収はどれくらい?

ドライバーの平均年収はどれくらい?

ドライバーの平均年収はどれくらいなのでしょうか。ここでは、「大型トラック」「タクシー」「バス」に分けて、年代別に紹介します。

トラックドライバーの平均年収

大型トラックドライバーの平均年収は455万円(※)と言われています。各年代の平均年収は以下のとおりです。

年代 平均年収
20~24歳 386万円
25~29歳 410万円
30~34歳 447万円
35~39歳 464万円
40~44歳 478万円
45~49歳 478万円
50~54歳 472万円
55~59歳 461万円

(※):求人ボックス

タクシードライバーの平均年収

タクシードライバーの平均年収は343万円(※)です。各年代の平均年収は下表をご覧ください。

年代 平均年収
20~24歳 374万円
25~29歳 452万円
30~34歳 389万円
35~39歳 394万円
40~44歳 407万円
45~49歳 392万円
50~54歳 392万円
55~59歳 371万円

(※):求人ボックス

バスドライバーの平均年収

ドライバーの平均年収はどれくらい?

バスドライバーの平均年収は460万円(※)と言われています。各年代の平均年収は以下のとおりです。

年代 平均年収
20~24歳 389万円
25~29歳 415万円
30~34歳 445万円
35~39歳 443万円
40~44歳 474万円
45~49歳 494万円
50~54歳 508万円
55~59歳 508万円

(※):求人ボックス

ドライバー平均年収の比較

「大型トラックドライバー」「タクシードライバー」「バスドライバー」の3職種で平均年収を比較すると以下のとおりです。

職種 平均年収
大型トラックドライバー 455万円
タクシードライバー 343万円
バスドライバー 460万円

平均年収が一番高いのは、バスドライバーであることが分かりました。また、バスドライバーは年齢に応じて、平均年収が上がってくる特徴もあります。

とはいえ、ドライバーは歩合制であることが多いため、頑張り次第で年収を上げることは可能です。

ドライバーへの転職に最適な時期はいつ?

ドライバーへの転職に最適な時期はいつ?

前述のとおり、ドライバーは慢性的な人手不足で、未経験者の採用は多数行っています。

 また、ドライバー採用の多くは、30歳以下などの年齢制限を設けていません。そのため、ドライバーへの転職は他業界に比べて、門戸が開かれていると言えるでしょう。

とはいえ、未経験よりも免許を持っていた方が転職に有利ですし、繁忙期は避けたほうがよいです。

ここでは、ドライバー職として人気のある、「トラック」「タクシー」「バス」の3職種で、転職に最適な時期を紹介します。

運転に自信があり、ドライバーに興味があるならば、是非ともチャレンジしましょう。

トラックドライバーへの転職に最適な時期

トラックドライバーは大幅な人手不足なため、免許さえもっていれば、転職はしやすいです。しかしながら、以下の時期は繁忙期なため、未経験から転職する場合は避けたほうがいいでしょう。

運送業界の繁忙期
  • 年末年始
  • 引っ越しシーズン(3月15日~4月15日)
  • 夏場(6月20日~8月20日)

上記の時期は忙しくなります。繁忙期は、教育が雑になりがちです。繁忙期以外のタイミングで入社したほうが丁寧な指導が受けられると思います。

 トラックドライバーは中型以上の自動車免許が必要です。取得しておけば、転職活動がスムーズに進みます。

タクシードライバーへの転職に最適な時期

タクシードライバーへの転職に最適な時期

タクシードライバーになるためには以下の条件をクリアする必要があります。

ドライバーになるための条件
  1. 普通自動車第二種免許の所得
  2. 地理試験に合格する(東京・神奈川・大阪でタクシードライバーになる方のみ)

上記の条件をクリアすれば、転職活動を有利に進められます。普通自動車第二種運転免許は「21歳以上」かつ「普通免許等保有3年以上」であれば、誰でも受験資格が得られます。

 また、東京・神奈川・大阪のような都市部でタクシードライバーになるためには、地理試験に合格しなければいけません。

地理試験が必要なエリアは以下のとおりです。地理試験の詳細についてはURLをご確認ください。

東京都 23区、武蔵野氏、三鷹市 http://www.tokyo-tc.or.jp/driver/geography.html
神奈川県 横浜市、川崎市、横須賀市、三浦市 http://kanagawa-tc.or.jp/driver/examination.html
大阪府 大阪市、池田市、箕面市、茨木市、高槻市、摂津市、島本町、豊中市、吹田市、東大阪市、八尾市、守口市、門真市、堺市、高石市、泉大津市、和泉市、忠岡町 http://www.osaka-tc.or.jp/ag_study.php

タクシードライバーの地理試験は、40問の問題が出題され、32問以上の正解で合格となります。

バスドライバーへの転職に最適な時期

バスドライバーも基本的に免許を取得したらすぐに転職するのが最適です。バスには「路線バス」「観光バス」「高速バス」「送迎バス」などがあります。

これらのドライバーになるために、必要な資格は「大型自動車第二種運転免許」です。大型自動車第二種運転免許の受験資格は以下の通りです。

大型自動車第二種運転免許の受験資格
  • 21歳以上であること
  • 普通自動車免許以上を取得済であること
  • 免許を取得して通算3年以上経過していること

    基本的に、バスドライバーへの中途採用の条件は「大型二種自動車運転免許を所持していること」とされています。

    本気でバスドライバーになりたければ、必ず取得すべき免許です。

    バスドライバーnaviから大型二種免許を取得できる教習所が掲載されているので、興味のある方はご覧ください。

     ドライバーは全国的に人手不足のため、免許さえ取得していれば、未経験だとしても転職可能です。

    ドライバーへの転職に後悔しない方法

    ドライバーへの転職に後悔しない方法

    ドライバーへの転職を果たしたとしても、思い描いていた業界と違ったり「自分には合わない」と感じたりと、後悔してしまう可能性もあります。

    そこで、ここではドライバーへの転職に後悔しないための方法として、いくつかのポイントを紹介します。

    後悔しないためのポイント
    1. ドライバーに向いている要素を整理する
    2. 体力的にきついことを理解しておく
    3. 拘束時間が長いことを覚悟しておく
    4. 一人の時間を有意義にする方法を探す

    ①ドライバーに向いている要素を整理する

    ①ドライバーに向いている要素を整理する

    まずは、自分がドライバーに向いている要素を探して整理しましょう。

    例えば車の運転が好きであったり、一人で黙々と働くことが好きであったりと何でも良いですよ。

    そもそも運転が苦手な場合はドライバーに向いていないと言えるため、いざ転職をして高給であったとしても長く続かない可能性が懸念されます。

    ②体力的にきついことを理解しておく

    長時間運転をすることは業種によって少なくないため、疲労が溜まりやすいことを理解しておきましょう。

    トラックドライバーの場合は荷積みや荷下ろし、長時間の運転で体に疲労が蓄積しやすいと予想できます。

    重たい荷物を持つことも少なくないため、トラックドライバーのような種類によっては腰痛がある人には向いていないかもしれません。

    ③拘束時間が長いことを覚悟しておく

    ドライバーへの転職に後悔しない方法

    長距離の配送となる場合は、移動に時間がかかるため必然的に拘束時間も長くなります

     拘束時間が10時間を超えることもあり、運転がメインの場合は疲労との闘いになるでしょう。

    なお、厚生労働省はトラック運転手の1ヶ月あたりの拘束時間は293時間が限度と定めています。

    ※出典:https://www.mhlw.go.jp/new-info/kobetu/roudou/gyousei/kantoku/dl/040330-10.pdf

    一人の時間を有意義にする方法を探す

    タクシー運転手やバスなど接客を伴う場合は別ですが、特に長距離ドライバーの場合は一人の時間が非常に長いです。

    サービスエリアに停車して休息や仮眠を取ることもありますよね。

    一人時間を有意義に過ごせる工夫をすることで、楽しく運転できることに繋がります。好きな音楽を聴く・お気に入りのラジオを探すなど、楽しみを見つけましょう。

    ドライバーへの転職に必要なスキル

    ドライバーへの転職に必要なスキル

    ドライバーへ転職するにあたり、大前提として運転スキルは身に付けておく必要があります。そして、以下のように運転以外にも必要なスキルはいくつかあります。

    求められる能力
    • スケジュール管理力
    • 集中力
    • 体力
    • コミュニケーション能力

    例えば、トラックドライバーの場合は長距離運転となることも少なくありません。決まった時間までに荷物を届けるためのスケジュール管理力が求められます。

     長距離運転は疲労も蓄積されるため、体力があることも重要です。

    また、事故を防止するため集中力も必要な能力と言えるでしょう。集中力を欠いた運転は、トラックやタクシーなど種類を問わず求められます。

    もくもくと運転をするイメージがあるドライバーという仕事ですが、接客をするタクシードライバーは人との関わりがあるためコミュニケーション能力も必要です。

    よくある質問

    大型ドライバーにおすすめの転職エージェントは?
    dodaがおすすめです。業界に精通しているスタッフが在籍しているため、転職活動をしっかりと支援してくれます。スカウトサービスもあるため、登録したスキルや経験をもとに企業からオファーが届く可能性もあります。
    大型ドライバーにおすすめの転職サイトは?
    クリエイト転職やエン転職、ドラEVERなどが挙げられます。中でもドラEVERはドライバー求人専門の転職サイトとなるため、他では扱っていない企業の求人との出会いにも期待できるでしょう。
    タクシードライバーにおすすめの転職エージェントは?
    転職道やタクQ、ドライバーズワークなどが挙げられます。どれもタクシードライバー求人を専門に扱っており、業界に詳しいアドバイザーがサポートしてくれるため有意義な転職活動に取り組めるでしょう。
    ドライバー転職求人の特徴は?
    タクシーやバス、送迎などドライバーと言ってもさまざまな種類があります。その中でもトラックドライバーは人材不足が著しく、2028年度にはおよそ278,000人もの数が足りなくなる状況です。ポジティブに捉えると転職しやすい業界とも言えるため、ぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか。
    ドライバーへの転職に必要なスキルは?
    運転スキルはもちろん、事故を起こさないため集中力も求められます。長時間の運転をした上で荷積みや荷下ろしなどもあるため、体力も必要です。人と関わることもゼロではないため、コミュニケーション能力も有していることが好ましいです。
    ドライバーへの転職は未経験でも挑戦できる?
    未経験歓迎の求人は多くあるため、幅広い人が挑戦できます。ただし、運転する車によっては第一種運転免許以外の免許の保有が必要となる場合もあるため、事前に確認しておきましょう。
    ドライバーに転職して後悔しないためにすべきことは?
    まずはドライバーに向いている要素を整理しましょう。車の運転が好きなことは大切です。体力的にきついこと、拘束時間が長いことなど、いざ働いてからのギャップとならないよう、事前に把握しておくことも重要となります。一人の時間が長い場合もあるため、有意義に過ごせる工夫をすることも必要です。

    まとめ

    この記事では、ドライバー向け転職エージェントやサイトを厳選して紹介し、ドライバーの転職事情平均年収必要なスキルなども解説しました。

    ドライバーといってもトラックやタクシー、あるいはバスなどさまざまであるため、まずは自分が希望する種類を整理しましょう。

    運転をする仕事なので、運転スキルや集中力、体力を身に付けておくと転職してからも業界で活躍できるかもしれません。

    また、良い仕事と出会うためには、業界に精通したアドバイザーが在籍する転職エージェント転職サイトを活用してサポートしてもらう方法もおすすめです。

    ドライバーの求人を専門的に扱う転職エージェントや転職サイトもあるため、いくつかを比較しながら自分に合ったサービスを見つけてみてください。

    こちらの記事も合わせて読みたい
    ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
    ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
    ・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
    ・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
    ・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
    おすすめの記事