高卒におすすめの転職エージェント5選!求人数比較ランキングも紹介

高卒におすすめの転職エージェント7選!求人数比較ランキングも紹介

高卒だけど転職エージェントは利用できる?」「高卒におすすめの転職エージェントはある?」そんな疑問をもつ人もいるのではないでしょうか。

転職エージェントは、もちろん高卒でも利用可能です!

しかし、自分に合った転職エージェントでないと、思うようなサポートが受けられないこともあるかもしれません。

そこで今回は、高卒におすすめの転職エージェントや、転職エージェントの活用ポイントについて詳しく解説していきます。

この記事でわかること
  • 高卒におすすめの転職エージェント
  • 公開求人数の多い高卒におすすめな転職エージェントランキング
  • 高卒の人が転職エージェントの活用ポイント

高卒で転職を検討しているという人は、ぜひ参考にしてみてください。

高卒でも転職エージェントを利用できる?

パソコン操作をするスーツ姿の男性

転職エージェントとは、求人紹介や面接対策といったサポートを提供するサービスのことです。

転職エージェントは大卒以上の方を対象としたサービスだと思っている人もいるかもしれませんが、高卒の方が利用できる転職エージェントもあります。

 大切なのは、自分の状況に合った転職エージェントを選択することです。

まずは、高卒の方におすすめの転職エージェントから確認していきましょう。

どの転職エージェントでもいいというわけではなく、高卒の方にも対応しているサービスを選ぶことが大切です。

高卒におすすめの転職エージェント7選

リクルートエージェント

リクルートエージェント

おすすめポイント
  • 業界最大級の保有求人数
  • 転職業界に詳しいキャリアアドバイザーがサポート
  • 転職ノウハウなどもチェックできる

業界最大級の求人を保有しているのがリクルートエージェントの大きな特徴です。公開求人も多いものの、非公開求人はさらに多く、選択肢が広くなるでしょう。

 転職業界に詳しいキャリアアドバイザーが転職のすべてをサポートしてくれるため安心です。

応募書類の添削や面接対策はもちろん、独自分析した企業情報を提供してもらうこともできます。

面接などで伝えるポイントなどを教えてくれるため、転職成功率が高まるでしょう。

運営会社 株式会社リクルート
主なサービス(機能)
  • 求人検索
  • エージェントサービス
  • 転職サポートツール
公開求人数※2022年3月11日時点 172,110件
対応エリア 全国

出典:リクルートエージェント

マイナビエージェント

マイナビエージェント

おすすめポイント
  • キャリアアドバイザーは各業界の専任制
  • 丁寧なヒアリングでマッチング力が高い
  • 全国各地に拠点があり直接面談も可能

マイナビエージェントのキャリアアドバイザーは、各業界の専任制となっています。

企業への営業担当であるリクルーティングアドバイザーが会社の雰囲気を共有してくれるため、求人票だけではわからない情報をチェックできるのもポイントです。

 会社と求職者への丁寧なヒアリングにより、マッチング力の高さにも定評があります。

時間外や土曜日でも相談することができるため、仕事をしながらの転職活動もスムーズです。

全国各地に拠点があるので、直接相談したい人にもいいでしょう。

運営会社 株式会社マイナビ
主なサービス(機能)
  • 求人検索
  • エージェントサービス
  • 転職サポートツール
公開求人数※2022年3月11日時点 34,840件
対応エリア 全国

出典:マイナビエージェント

doda

dod

おすすめポイント

dodaは転職サイト転職エージェント、どちらの使い方もできるサービスです。

公開求人も業界最大級ですが、エージェントサービスであればさらに非公開求人も検索することができます。

 転職活動が初めて、どうすればいいのかわからないという場合は、エージェントサービスを利用するのがおすすめです。

転職活動の疑問や悩みを解消する転職オンライン予備校を毎月開催しているため、まずはここから活用してみるのもいいでしょう。

転職活動に役立つコラムなどが充実しているため、転職するか悩んでいる人の参考にもなるはずです。

運営会社 パーソルキャリア株式会社
主なサービス(機能)
  • 求人検索
  • エージェントサービス
  • 転職サポートツール
公開求人数※2022年3月11日時点 125,672件
対応エリア 全国

出典:doda

マイナビジョブ’20s

マイナビジョブ20's

おすすめポイント
  • マイナビグループの20代専門転職支援サービス
  • 専任キャリアアドバイザーによるサポート
  • 適性診断で自分を分析

マイナビジョブ’20sは、マイナビグループ唯一の20代専門転職支援サービスです。20代の若手の人材を求めている求人との出会いをサポートしてくれます。

 担当してくれるのは、若手の転職事情を熟知した専任アドバイザー。書類の添削や面接対策、日程調整などをしてくれます。

信頼性の高い適性診断を受けることができるのも、マイナビジョブ’20sに登録する大きなメリットです。自己分析の助けになるでしょう。

これまで知らなかった自分の強みを発見することができるかもしれません。

運営会社 株式会社マイナビ
主なサービス(機能)
  • 求人検索
  • エージェントサービス
  • 転職サポートツール
公開求人数※2022年3月11日時点 2,632件
対応エリア 全国

出典:マイナビジョブ’20s

就職shop

就職Shop

おすすめポイント
  • 未経験者向け求人に特化
  • 既卒、フリーター、高卒がターゲット
  • 書類選考なし面接からスタート!

就職shopは、主に既卒、フリーター、高卒向け求人を多く取り扱っている対面型の転職支援サービスです。

 求人は未経験者が対象となっており、書類選考無しで面接からスタート。職歴や学歴に自身のない方も安心して転職活動を進めることができます。

また、紹介先の企業は全て直接訪問して取材した求人であるため、労働環境、職場の雰囲気、教育体制など入社前に概要を把握することが可能です。

未経験から正社員を目指している方、書類選考無しで面接を受けたい方におすすめです。

サービスはすべて無料!まずは会員登録をしましょう!

運営会社 株式会社リクルート
主なサービス(機能)
  • エージェントサービス
  • 就活支援サポート
  • 求人紹介
公開求人数※2022年6月29日時点 10,000件以上(非公開求人を含む)
対応エリア 首都圏・関西中心

参照:公式サイト

DYM就職

DYM転職

おすすめポイント
  • 第二新卒・既卒・フリーター・ニートがターゲット
  • 正社員求人が中心
  • 書類選考なしで面接に進める求人もある

DYM就職は、第二新卒・既卒・フリーター・ニートといった、社会人経験の少ない方をサポートする転職エージェントです。

公開求人は少ないものの、保有求人のほとんどが非公開求人で、転職エージェントを利用すれば未経験歓迎や研修制度が充実している優良企業求人をチェックすることができます。

 正社員求人がメインのため、正社員として働きたい人にもおすすめです。

企業との強いつながりがあるため、書類選考なしで面接まで進める求人もあります。

エージェントが二人三脚でサポートしてくれるため、安心して転職活動を進めることができます。

運営会社 株式会社DYM
主なサービス(機能)
  • 求人検索
  • エージェントサービス
  • 転職サポートツール
公開求人数※2022年3月11日時点 43件
対応エリア 全国

出典:DYM就職

安定のお仕事

おすすめポイント
  • 20代の未経験転職専用エージェント
  • フリーター、第二新卒、非大卒向け求人多数
  • IT系資格を無料で取得できる

安定のお仕事は、フリーター、第二新卒、非大卒の転職に特化した転職エージェントです。

 未経験転職のプロである専任アドバイザーが、書類添削や面接対策まで無料でサポートしてくれます。

安定のお仕事では、内定取得率98%定着率95%の安心の実績を誇ります。

また、合格率100%の実績がある資格対策講座を無料で提供。実務に役立つパソコン操作や、DX時代の必須スキルであるネットワーク、サーバー関連資格の取得を目指すことができます。

フリーターや派遣社員から正社員になりたい方におすすめのエージェントです!

運営会社 株式会社安定のお仕事(MAPグループ
主なサービス(機能)
  • 求人検索
  • エージェントサービス
  • 転職サポートツール
公開求人数※2022年3月11日時点 1万件以上
対応エリア

高卒向け転職エージェント|公開求人数比較ランキング

※記事内で紹介した転職サイトの公開求人数を比較し、多いものから順にランキング形式でご紹介します。
※情報は2022年3月11日時点のものです。最新情報とは異なる可能性があります。

1位:リクルートエージェント(公開求人数:172,110件)

リクルートエージェント

おすすめポイント
  • 業界最大級の求人数を保有
  • 転職業界に詳しいキャリアアドバイザーがサポート
  • 転職ノウハウなどもチェックできる

2位:doda(公開求人数:125,672件)

doda

おすすめポイント
  • 転職サイトと転職エージェント両方の機能
  • 転職オンライン予備校を毎月実施
  • 転職サポートツールが充実

3位:マイナビエージェント(公開求人数:34,840件)

マイナビエージェント

おすすめポイント
  • キャリアアドバイザーは各業界の専任制
  • 丁寧なヒアリングでマッチング力が高い
  • 国各地に拠点があり直接面談も可能

【転職の参考に】高卒の平均年収を解説

お金

高卒と大卒の年収を、年齢ごとに分けて表にまとめました。

 高卒の平均年収は約300万円ほどであり、日本の平均給与461万円よりも100万円以上差があります。また、20〜24歳までの高卒と大卒の年収を比較すると、約40万円も差があることがわかります。

学歴社会の風潮はなくなりつつあるものの、年齢を重ねるごとにその差は広がり、生活をしていくうえで学歴による年収差はかなり大きいと言えるでしょう。

少しでも年収を上げたい方は、資格を取得してスキルアップを目指すか、転職をして条件のいい企業を見るけることをおすすめします!
年齢階級 高卒の年収 大卒の年収
20~24歳 236万3,400円 273万3,600円
25~29歳 260万7,600円 309万3,600円
30~34歳 279万1,800円 353万5,200円
35~39歳 300万7,800円 398万0,400円
40~44歳 319万9,800円 442万0,200円
45~49歳 340万3,800円 481万4,400円
50~54歳 347万3,400円 545万1,600円
55~59歳 352万6,200円 538万6,800円
60~64歳 284万4,600円 411万1,800円

参照:厚生労働省の「令和2年賃金構造基本統計調査 結果の概況『学歴別』

高卒の転職におすすめの業界を紹介

名刺を出すスーツ姿の男性

ここでは、高卒の転職におすすめの業界を紹介します。こちらで紹介する業界は、求人数が多く比較的転職しやすい業界です。

高卒の転職におすすめの業界
  • IT業界

  • 飲食業界

  • 運送業界

  • 公務員

  • 介護業界

それぞれ、みていきましょう。

IT業界

高卒の転職におすすめの業界1つ目は「IT業界」です。IT技術は私たちの生活には欠かせないインフラとなっています。

 そんな中でIT技術者の人手不足が騒がれている現状があります。IT業界は学歴ではなくスキルを重視する傾向があるため、高卒でもITのスキルを磨けばチャンスはあるでしょう。

また、IT業界はリモートワークにも対応しやすい業界であることから、ライフワークバランスを大切にできるといった魅力もあります。

IT業界はオフィスワークがメインなため、体力面に不安がある人でも安心できる環境で仕事ができます。

飲食業界

高卒の転職におすすめの業界2つ目は「飲食業界」です。飲食業界は慢性的な人手不足のため、高卒の転職では狙いやすい業界になります。

ただ、ブラック企業も多いので、評判や口コミをしっかりとチェックすることが大切です。

飲食店で働くためには、国家資格である調理師免許を持っていると転職に有利に働きます。

運送業界

 高卒の転職におすすめの業界3つ目は「運送業界」です。ドライバーも慢性的な人手不足であるため、高卒でも採用されやすいのが特徴です。

ドライバーは都心や田舎を問わずに働くことが可能なため、手に職をつけることで、どのエリアに住んでも就職に困らないでしょう。

ドライバーの人材を募集している企業は多く、人材獲得のために福利厚生を充実させている企業は少なくありません。

ドライバーは一人でも仕事ができるため、コミュニケーションが苦手な方にもおすすめの職種です。

公務員

高卒の転職におすすめの業界4つ目は「公務員」です。高卒でも条件を満たすことで、公務員を目指せます。

高卒で目指せる地方公務員には「事務職」や「技術職」、国家公務員には「刑務官」や「入国警備官」があります。

公務員試験に合格する必要がありますが、安定した仕事に就きたい人は公務員試験に挑戦するのもよいでしょう。

公務員の場合、高卒では就けない職種があるので注意しましょう。

介護業界

 高卒の転職におすすめの業界5つ目は「介護業界」です。

介護業界は未経験者を歓迎している求人が多いため、高卒で異業種からチャレンジしやすい業界と言えます。未経験からでも、入職後に研修などが充実しているので、介護職としての専門性を高めることができます。

日本は高齢化社会なので、今後も介護の需要が鈍化することはないでしょう。

高卒が転職する際のポイント・コツを解説

人差し指と電球ブロック

高卒の転職は、大卒の転職に比べると難しい傾向があるため、高卒で転職する際のポイントを把握しておくことは重要です。

ここでは、高卒が転職時に意識するポイントを解説します。これから転職を考えている高卒の方は、ぜひ参考にしてください。

高卒が転職する際のポイント
  • できるだけ早めに転職する

  • 誰にも負けない絶対的なスキルを身につける

  • 転職エージェントを利用する

それぞれ、具体的に解説します。

できるだけ早めに転職する

高卒が転職する際の1つ目のポイントは「できるだけ早めに転職する」ことです。転職は年齢が若いほうが有利に働きます。高卒で転職する際、大卒がライバルになることは珍しくありません。

 20代前半をターゲットとした転職であれば、高卒は大卒よりも4年はやく社会人を経験しているため、スキル面で有利に働くでしょう。

そのため、高卒で転職する場合はできるだけ早めに行動することをおすすめします。

誰にも負けない絶対的なスキルを身につける

高卒が転職する際の2つ目のポイントは「誰にも負けない絶対的なスキルを身につける」ことです。学歴の差を埋めるためには、絶対的なスキルを身につけることは必須と言えます。

例えば、プログラミングや動画編集などは学歴関係なく、スキルのみで評価されます。そのため、ある業界への転職を考えるならばその業界に必要となるスキルを身につけておきましょう。

待遇の良いIT企業への転職を叶えたいのなら良質なポートフォリオを作成することは必須です。

転職エージェントを利用する

高卒が転職する際の3つ目のポイントは「転職エージェントを利用する」ことです。高卒が転職する場合、1人で転職活動をしても、良い転職先を見つけることは現実的ではありません。

 1人で転職活動をするのではなく、転職エージェントを利用しましょう。

転職エージェントでは、あなたに合った求人を紹介してくれるとともに、書類添削や面接のアドバイスなど手厚い転職サポートを受けられます。

そのため、初めて転職する方でもアドバイザーの転職サポートのもと、安心して転職活動を進めることができます。

高卒に強い転職エージェントを利用するとよいでしょう。

高卒の転職に強い転職エージェントの選び方

パソコン

高卒OKの求人が多い転職エージェントを使う

転職エージェントの中には、高卒のサポートを行っていないケースもあります。

 断られてしまうと転職のモチベーションそのものが下がるため、高卒OKの転職エージェントを選びましょう。

高卒でも応募できる求人を多数持つ転職エージェントであれば、断られてしまう心配もなく、安心して利用することができます。

高卒をターゲットにしている転職エージェントなら、転職活動も効率的に進められるでしょう。

自分の状況に合わせた転職エージェントを選ぶ

一概に高卒というくくりであっても、社会人経験の有無は異なるでしょう。総合型の転職エージェントは、基本的に社会人経験がある人が対象です。

 高卒で社会人経験がない、もしくは少ない場合は、フリーターや社会人未経験でも利用可能なサービスを選びましょう。

高卒であっても、社会人経験が長い場合総合型の転職エージェントでも問題ありません。

社会人経験が少ない場合は、未経験歓迎・研修制度が充実といった求人を多く扱う転職エージェントがベストです。

高卒が転職エージェントを利用するメリット

求人検索

転職活動をすべてサポートしてくれる

転職が初めて、高校のときに学校のサポートを受けて就職活動したのみという場合、転職活動の進め方にも戸惑うかもしれません。

 転職エージェントは転職活動におけるすべての工程をサポートしてくれるのが特徴です。

求人の提案はもちろん、応募書類の添削、面接対策などを受けることができるのも、転職エージェントを利用するメリットのひとつ。

書類選考が通過しやすいようなアドバイスや、面接でされやすい質問などをしっかりサポートしてくれます。

転職活動について相談したい、不安があるといった人は、手厚くサポートしてくれる転職エージェントがおすすめです。

転職活動への不安を相談できる

相談

高卒での転職は不利なのではないか、そう思って不安になることもあるかもしれません。

 転職を支援している転職エージェントは、高卒の転職サポートの実績もあり、有益なアドバイスがもらえるはずです。

不安を相談する場所があるのは、転職活動を進めるうえで心強い支えになるでしょう。

スキルや経験を客観的に判断してくれる

転職活動において重要となるのは、自分の強みを企業に伝える自己アピールに力を入れることです。ただし、自分のスキルや経験についてよくわからないという人も少なくないでしょう。

 自分の強みを客観的に判断してくれるのは、転職エージェントを利用する大きなメリットです。

同年代や同業種の人と比較した位置づけや、転職市場での評価について、アドバイザーが判断し教えてくれるでしょう。

これまで気がつかなかった自分の強みに出会い、思いよらない求人が見つかる可能性があります。

高卒でも応募できる求人を提案してくれる

相談

転職サイトで求人検索をした場合、募集要項が大卒以上という求人が含まれることもあるでしょう。本当に応募できる求人だけに絞れないことには、時間のロスにもなります。

 転職エージェントの場合、高卒者の応募できる求人のみ提案してくれるため、より効率的です。

応募できる求人の中から比較検討できるため、求人探しがスムーズになります。

給与交渉や退社、内定後のサポートもある

転職エージェントは、内定後のサポートまで充実しているのも、メリットのひとつ。

 具体的には、内定先企業との給与交渉や円満退社の方法、内定後のサポートといったことが挙げられます。

通常であれば給与交渉するケースは少ないため、アドバイザーが代行してくれるのはうれしいポイントです。また、円満退社のアドバイスをしてもらえるため、今の会社の退職も安心です。

内定後に困ったことがあったときに転職エージェントを頼ることができますよ。

高卒が転職エージェントを最大限活用するポイント

パソコンを操作する人

自分に合った転職エージェントでも、サービスをしっかり活用できないと効果は半減です。転職エージェントを最大限活用する方法を押さえておきましょう。

ポイント①スキルや経験は偽りなく伝える

「今のスキルや経験に自信がない」などという理由から、つい事実を盛ったりした嘘の情報をアドバイザーに伝えてしまうことがあるかもしれませんが、それはNGです。

 適切な求人を紹介してもらえなくなってしまうため、必ず正直に伝えるようにしましょう。

「実務経験がある」と伝えたが実は少しやったことがあるくらいだったなど、場合によっては内定取り消しに至ってしまったケースもあります。

経歴やスキルに関する嘘をついて内定になると、あとで自分が苦しむことになるかもしれません。

ポイント②希望条件は明確にしておく

メモ

業界や業種に加えて、転職で叶えたい希望の条件をはっきりさせておきましょう。

明確にしておきたい希望条件の一例
  • 希望勤務地
  • 希望年収
  • 年間休日
  • 残業の有無
  • 今後やってみたい仕事

上記のような条件をきちんと伝えておくことで、アドバイザーも求人を提案しやすくなります。希望の条件や仕事の価値観などがわからないといった場合には、自己分析してみるのがおすすめです。

 自己分析をサポートしてくれるサービスを提供している転職エージェントもあります。

すべての条件を満たす求人に出会うのは難しいため、条件の中で優先順位をつけておくのもいいかもしれません。

ポイント③担当者との相性も重要

転職エージェントは1人に対し1人のアドバイザーが担当につくのが基本です。担当者との相性も、転職活動がスムーズに進むかどうかを左右するポイントになります。

いい担当者の一例
  • 求人や転職を押しつけない
  • 希望に合った求人を提案してくれる
  • 志望業界への深い知識がある
  • 今後のキャリアプランも一緒に考えてくれる
  • 年収・面接日などの交渉力がある

上記に当てはまり、話しやすい、相談しやすいと感じたら、相性が良い証拠でしょう。

反対に、相性が悪い担当者の場合、失敗につながる可能性が高い、時間がもったいないといったデメリットが挙げられます。

 相性が良くないと感じたら、他の担当者に変えてもらう、もしくは他の転職エージェントを利用するのがいいでしょう。

また、担当者の勧めのままに決めるのではなく、すべてにおいて自分が主導権を持つことも大切です。

転職は自分の人生においても重要な分岐点です。自分の意思を第一にして転職活動を進めましょう。

ポイント④複数の転職エージェントを併用する

握手

転職エージェントはひとつに絞らず、複数登録して利用するのがおすすめです。

 各エージェントの独占求人があるため、複数登録することで選択肢の幅が広がります。

担当になるアドバイザーとの相性も転職活動に影響するため、いいアドバイザーを比較検討しやすくなるでしょう。

情報収集できる場所が広がることで、転職の成功率を高めることにもつながります。

高卒の転職についてよくある質問

高卒でも転職エージェントを利用できる?
転職エージェントとは、求人紹介や面接対策といったサポートを提供するサービスであるため、大卒以上のサービスと思っている人もいるかもしれませんが、高卒の方が利用できる転職エージェントもあります。
高卒におすすめの転職エージェントは?
高卒におすすめの転職エージェントは、リクルートエージェント、マイナビエージェント、doda、マイナビジョブ’20s、就職shop、DYM就職などがあります。
高卒の平均年収は?
高卒の平均年収は300万円ほどと言われています。日本の平均年収461万円と100万円以上差があることから、少しでも年収をあげたい方は資格を取得するか、転職をして条件の良い企業を見つけることが良いでしょう。
高卒の転職におすすめの業界は?

高卒の転職におすすめの業界は、IT業界、飲食業界、運送業界、公務員、介護業界があげられます。

高卒が転職する際のポイントは?
高卒が転職する際のポイントとしては、できるだけ早めに転職する、誰にも負けない絶対的なスキルを身につける、転職エージェントを利用することがあげられます。
高卒の転職に強い転職エージェントの選び方は?
高卒の転職に強い転職エージェントの選び方は、高卒OKの求人が多い転職エージェントを使う方法と、自分の状況に合わせた転職エージェントを選ぶ方法があげられます。
高卒が転職エージェントを利用するメリットは?
高卒が転職エージェントを利用するメリットとしては、転職活動をすべてサポートしてくれること、転職活動への不安を相談できること、スキルや経験を客観的に判断してくれること、高卒でも応募できる求人を提案してくれること、そして給与交渉や退社、内定後のサポートもあることがあげられます。
高卒が転職エージェントを最大限活用するポイントは?
高卒が転職エージェントを最大限活用するポイントはスキルや経験は偽りなく伝えること、希望条件は明確にしておくこと、担当者との相性が良いこと、複数の転職エージェントを併用することがあげられます。

まとめ

今回は、高卒の方の転職エージェントについて解説しました。高卒の方でも転職エージェントは利用可能ですが、サービスによっては対象外といったケースもあります。

転職エージェントには、条件の良い非公開求人の紹介、自己分析のサポート、書類添削や面接対策など、転職に役立つメリットがたくさんあります。

高卒の方を対象とした転職エージェントを利用すれば、しっかりサポートしてもらうことができるでしょう。

記事内では高卒の方向けに無料で利用できる転職エージェントを紹介したため、これらのサービスを最大限活用して、希望の転職を実現してみてください。

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事