キーエンスの転職難易度は?口コミ・評判、成功のコツも詳しく解説

キーエンスの転職難易度は?口コミ・評判、成功のコツも詳しく解説

平均年収でも日本の企業のなかで上位に入ってくることから、キーエンスへの転職を希望する人は少なくありません。

キャリアアップを図るうえでも、転職は非常に有効な手段です。

そこで今回は、キーエンスの転職難易度面接でよく聞かれる内容などを解説します。

この記事でわかること
  • キーエンスの基本情報
  • キーエンスの転職難易度
  • キーエンスの口コミ・評判
  • キーエンスの面接で良く聞かれること

キーエンスへの転職を成功させるコツやおすすめの転職エージェントなども紹介するため、ぜひ参考にしてみてください。

転職の前に基本情報をチェック!キーエンスの企業情報

キーエンスの企業情報

会社名 株式会社キーエンス
創立 1974年5月27日
資本金(2021年3月末時点) 306億3,754万円
主な事業内容 センサ/測定器/画像処理機器/制御・計測機器/研究・開発用 解析機器/ビジネス情報機器
従業員数 8,380名(2021年3月現在)

出典:https://www.keyence.co.jp/

キーエンスでは画像処理機器や制御・計測機器、研究・開発用解析機器などを提供しています。なかでもものづくりの現場を支えることはキーエンスの代表的な事業です。

年収

キーエンスの企業情報

有価証券報告書によるキーエンスで働く社員の平均年収は、2021年3月20日現在で17,517,949円(※)となります。なお、基準外資金及び賞与を含んだ数字です。

約1,700万円となるため、日本人の平均年収に比べて高く高収入な企業と言えるでしょう。

(※出典:https://www.keyence.co.jp/company/financial-info/)

福利厚生

キーエンスは福利厚生が充実しているため、安心して働ける環境が整っています。転職先を選択するにあたって、待遇面を意識する人は少なくありません。

キーエンスの主な福利厚生
借上住宅/地域住宅補助/社員持株会/慶弔金(結婚・出産祝い金など)/退職金(確定拠出年金など)/キーエンスグループ健康保険組合(人間ドック補助など)/自己啓発支援(語学レッスン受講など)/GW・夏季・冬季休暇・有給・慶弔・特別休暇

 

長きにわたって働くうえで福利厚生が充実している点は大きな要素となるため、事前に内容を十分にチェックしておきましょう。

キーエンスへの転職難易度

キーエンスへの転職難易度

結論から言うと、キーエンスへの転職難易度は高いと推測できます。その理由としては、労働時間に見合った給与を支払ってくれるため、高年収である点が大きいです。

 開発力や技術力が高いことから、能力が優れている人材を求めていることも挙げられます。

高年収である点は転職する際に多くの人が注目するポイントであることから、求人倍率も高い傾向にあり競争率は非常に激しいでしょう。

転職先としてどうなの?キーエンスの口コミ・評判

キーエンスで働く人・働いていた人の口コミから評判を調査していきましょう。転職をするにあたって、経験者からの情報は把握しておくべきです。

良い口コミ

キーエンスの口コミ・評判

良い口コミには、以下のようなものがあります。

キーエンスの良い口コミ
  • 勤務時間は短くないが、国の法律を守っており一定以上残業時間が増えることはない
  • 休日出勤も7日以上連続で出金できないなど、働きすぎを防止する仕組みがある
  • カレンダー通りにしっかりと休み、平日にがっつり働くいった感じ

このように、オンとオフの切り替えがきちんとできている印象を受ける口コミが多いです。働きすぎない仕組みが取られている点は、転職するうえで安心感に繋がります。

イマイチな口コミ

イマイチな口コミは、以下の通りです。

キーエンスのイマイチな口コミ
  • 働き方の管理が厳しいため、自由に働きたい人には不向き
  • 実力主義であり販売のプレッシャーをかけられる

このように、実力主義であり販売のプレッシャーをかけられることも少なくないため、営業販売も重い荷物を持ちながら多くの訪問を実施しているとのことです。

また、現代では多様性が一つのテーマと言っても過言ではなく自由な働き方が求められています。しかし、キーエンスは働き方の管理が厳しいという声も見られました。

働き方の自由度を求める人にはあまり向いていないかもしれません。

キーエンスの転職面接でよく聞かれる内容

キーエンスの転職面接でよく聞かれる内容

面接でのやり取りは、キーエンスへ転職する際に内定獲得できるか否かを大きく分ける要素です。受け答えをスムーズにするためにも、事前によく聞かれる内容を把握しておきましょう。

主な質問内容
  • 新規事業に必要なものは?
  • 倫理的思考に必要な要素は?
  • 影響力がある人の特徴を3つ挙げる
  • モチベーションを維持するために工夫していることは?
  • 嫌いなものを好きにさせる説得をする

もちろん面接官や転職する時期などによって質問が異なる可能性はありますが、主に上記は押さえておきたい内容となります。

 多くの場合、キーエンスの面接は1対1で実施されるようです。

面接回数はおよそ2回~3回とされており、1回につき30分~1時間程度となります。

女性の場合は、男性の多い職場だが大丈夫か聞かれることも少なくないようです。

キーエンスへの転職を成功させるコツ

キーエンスへの転職を成功させるコツ

1.企業理念を理解して求められる人材になる

キーエンスの企業理念を理解し、いかに自分がフィットするかが転職成功に重要です。企業が求めている人材にならなければ魅力的な人物と感じてもらえません。

キーエンスの公式ホームページにある代表メッセージから読み取るに、以下を重視していることが推測できます。

重視していると考えられること
  • 付加価値の創造
  • 経営にとって当たり前のことを当たり前に実践する
  • 海外での販売比率を高める

1974年の会社設立以来、付加価値の創造こそが企業の存在意義としており、社会に貢献するという考えのもと一丸となり事業活動に取り組んでいます。

 世にない商品を生み出すことに取り組み続けている点は、キーエンスの大きな特徴です。

経営にとって当たり前のことを当たり前に実践するうえで、盲的意識を持つことが重要としています。

つまり、何のためにその仕事をして何に役立つかをきちんとイメージできる人でなければいけません。

海外での販売比率を高めるという観点から、海外市場を意識したビジネススキルも求められます。

2.転職サイトから求人を探す

キーエンスへの転職を成功させるコツ

転職サイトでキーエンスが求人を募集している可能性があるため、各サイトを検索する方法がおすすめです。

 サイトによっては、ネット上で公開されていない非公開求人として情報を保有している可能性もあります。

転職サイトのなかでも、検索するだけでなくスカウトを受けられる機能を有しているなど、企業側からもアクションを起こせるものは効率良く転職活動ができます。

3.転職エージェントを利用する

転職エージェントを利用すると、転職活動のプロによる求人紹介やアドバイスが受けられるため、自分だけで行動するよりも内定率を高めることに繋がるでしょう。

転職エージェントは応募書類の添削や面接対策など、内定を勝ち取るためのサポートをしてくれるため大変心強いです。

転職エージェントは基本的に無料となるため、複数のサービスを同時に利用できます。

年収アップを目指すなら適正年収を調べてみよう

年収をアップさせたいときには、まず自分の市場価値を知るために、自分の適正年収を調べましょう。適正年収が今の年収よりも高ければ、転職で年収アップをさせることができるでしょう。
dodaの年収査定サービスでは、無料会員登録後、簡単な項目に答えるだけで、自分の適正年収がわかります。


dodaの会員186万人のビッグデータを分析し、適正年収を教えてくれるので、かなり正確な数字だと言えるでしょう。
dodaの年収査定では以下の項目が表示されます。


dodaの年収査定でわかること
  • あなたの適正年収
  • 今の年収からいくらアップするか
  • あなたの適正年収と同じ条件の求人

表示される診断結果のサンプルは以下になっています。査定時間はおよそ3分なので、スキマ時間に利用可能です。

年収査定

また、今の年収との差は以下のような形で表示されます。dodaは転職エージェント・サイトのサービスも展開していますので、査定後すぐに求人探しを始めることができます。

年収査定

自分の今の年収に不満を感じている方も多いのではないでしょうか。そんな方はぜひ一度自分の適正年収を調べてみましょう。年収アップの近道になりますよ。

 

キーエンスを目指す人におすすめの転職エージェント5選

リクルートエージェント

リクルートエージェント

運営会社 株式会社リクルート
主なサービス(機能)
  • 求人紹介
  • 非公開求人の提供
  • 面談の実施
  • 面接対策
  • 志望企業への推薦
公開求人数※2021年8月24日時点 125,001件
対応エリア 全国

出典:https://www.r-agent.com/

業界に精通したキャリアアドバイザーが在籍

キーエンスを目指す人におすすめ転職エージェント5選

リクルートエージェントにはさまざまな業界に精通したキャリアアドバイザーが在籍しており、一人ひとりに最適な厳選した求人を紹介してくれます。

 求人を紹介してくれるだけでなく、提出書類の添削や面接対策も実施してくれるため、不慣れな人でも安心です。

独自に分析した業界や企業の情報を提供してくれるため、プロならではの目線でキーエンスの魅力や内定に向けた対策を提案してくれるでしょう。

多くの非公開求人を保有

2021年8月24日時点で、公開求人は125,001件あります。それだけでも非常に多いですが、リクルートエージェントでは非公開求人を185,910件も保有しているのです。

他には公開されていない仕事が多くあると期待できるため、例えばキーエンスの求人でリクルートエージェントだからこそ出会えるものがある可能性はゼロではありません。

doda

doda

運営会社 パーソルキャリア株式会社
主なサービス(機能)
  • 非公開求人の紹介
  • 専門スタッフによるプロ目線での求人紹介
  • 面接のスケジュール調整
  • 書類・面接手続きのサポート
  • スカウトサービス
公開求人数※2021年8月24日時点 94,635件
対応エリア 全国

出典:https://doda.jp/

doda専門スタッフによる手厚いサポートを受けられる

キーエンスを目指す人におすすめ転職エージェント5選

dodaエージェントサービスは、転職者と企業をさまざまな手段でマッチングするサービスです。応募したい求人があれば転職のプロが転職活動をサポートしてくれます。

 転職市場に精通しているプロが転職活動を幅広くサポートし、内定獲得へ向けて二人三脚で歩んでくれるのです。

キャリアアドバイザーが転職者に寄り添い、プロジェクト担当は企業の人事と同じ視点に立ち、それぞれの立場から経歴・希望に合った求人を紹介してくれます。

主なサポート内容
求人紹介/面接の日程調整/書類の書き方アドバイス/面接対策

豊富な経験とプロならではの目線から、キーエンスが求める人材になる手伝いをしてくれる心強い存在です。

スカウトサービス・パートナーエージェントサービスを提供

スカウトサービスでは企業から直接オファーを受けられるため、キーエンス側からスカウト限定の面接確約オファーが届く可能性があります。

 名前や生年月日などの情報は企業・人材紹介会社に公開されないため、在職中でも安心して転職活動に取り組める点は特徴です。

また、パートナーエージェントサービスといい、400社以上の転職エージェントから多彩なスカウトメールが届くサービスも提供しています。

一般の求人サイトに掲載されていない非公開求人も多数取り扱っている点は魅力です。

マイナビエージェント

マイナビエージェント

運営会社 株式会社マイナビ
主なサービス(機能)
  • 求人紹介
  • 書類添削
  • 模擬面接の実施
  • 企業担当アドバイザーによるバックアップ
公開求人数※2021年8月24日時点 28,337件
対応エリア 全国

出典:https://mynavi-agent.jp/

各業界に精通したプロフェッショナル力

キーエンスを目指す人におすすめ転職エージェント5選

各業界・企業情報に精通したプロフェッショナル力の高いキャリアアドバイザーが在籍しており、培ったノウハウをもとに転職者を専任制でサポートします。

 すべてのキャリアアドバイザーがさまざまな業界の転職事情に詳しいため、他業種・他業界の紹介も可能です。

また、リクルーティングアドバイザーが担当している企業へ足を運び、徹底的に情報収集してくれる点も特徴となります。

企業側の求める⼈物像や業務の特徴などを随時確認してくれるため、キーエンスが求める人物像になるためのきっかけを運んできてくれるのです。

キーエンスの知りたい情報について、リクルーティングアドバイザーが共有してくれるかもしれません。

転職活動をトータルサポートしてくれる

マイナビエージェントでは模擬面接や応募書類の添削など、徹底した転職活動のサポートを実施しています。

 書類ではどの部分が注目されるか、面接は話す速度や強弱など、客観的に様々な観点でアドバイスを実施しているのです。

各企業を担当しているリクルーティングアドバイザーからの意⾒も参考にして面接対策がされるため、苦手意識を持っている人にとっては心強いサポートと言えるでしょう。

JACリクルートメント

JACリクルートメント

運営会社 株式会社 ジェイエイシーリクルートメント
主なサービス(機能)
  • 求人紹介
  • スカウト・求人オファー
  • レジュメ添削
  • 面接対策
  • 個別転職面談
  • ビジネスセミナーの実施
公開求人数※2021年8月24日時点 11,448件
対応エリア 全国

出典:https://www.jac-recruitment.jp/

総勢約800名のコンサルタントが転職をサポート

キーエンスを目指す人におすすめ転職エージェント5選

JACリクルートメントには、各業界や職種に特化した総勢約800名のコンサルタントが所属しています。各業界出身のコンサルタントもいるため、専門的な知識を有している点が特徴です。

 経験や能力について専門的な知識をもとに理解し、最適な求人を紹介してくれます。

保有する求人のうち約60%は非公開となるため、JACリクルートメントだからこそ出会える仕事があるかもしれません。

転職活動におけるノウハウを提供

転職活動の進め方からレジュメの書き方マニュアル、さらには面接対策マニュアルなど、転職における幅広いノウハウを提供しています。

転職活動の経験が浅い人にとっては、事前に知識を付けるための情報収集が可能です。

自分自身で学べる機会を設けている点も、JACリクルートメントの特徴と言えます。

レバテックキャリア

レバテックキャリア

運営会社 レバテック株式会社
主なサービス(機能)
  • 求人紹介
  • キャリア相談
  • 書類添削
  • 面接対策
  • 年収交渉
  • 入社日調整
公開求人数※2021年8月24日時点 14,183件
対応エリア 全国

出典:https://career.levtech.jp/

エンジニアに特化した転職エージェント

キーエンスを目指す人におすすめ転職エージェント5選

レバテックキャリアはエンジニアに特化して15年もの期間にわたり転職サポートを実施しているため、希望条件をしっかり把握しつつベストなキャリアの選択肢を提供してくれます。

 アドバイザーは年に約3,000回以上企業を訪れリアルな情報を常に把握しているため、初回提案での内定率は90%(※公式サイトによる)と高い数値です。

キーエンスの求める人材について把握し、転職者にきちんと情報を共有してくれるでしょう。

求人紹介やキャリア相談などトータル的にサポート

マンツーマンで転職活動を徹底的にサポートしてくれるため、不慣れな人でも安心して取り組めます。

求人紹介だけでなくキャリア形成の相談や書類添削・面接対策など、トータル的なサポートにより内定獲得へ一緒に歩んでくれる点が特徴です。

内定獲得後も、年収交渉や入社日調整などのサポートをしてくれます。

キーエンスを目指す人におすすめの転職サイト3選

リクナビNEXT

リクナビNEXT

運営会社 株式会社リクルート
公開求人数※2021年8月24日時点 52,871件
得意分野・特徴
  • 転職成功ノウハウ
  • 女性の転職
  • 在宅勤務特集
  • 限定公開求人を検索
主な機能
  • 求人検索
  • オファー
  • 気になるリスト
  • グッドポイント診断
  • アプリの提供
対応エリア 全国

出典:https://next.rikunabi.com/

AI技術を駆使した高度な仕組みで仕事に出会える

キーエンスを目指す人におすすめ転職サイト3選

日本最大級の求人情報量とAI技術を駆使した高度な仕組みにより、一人ひとりに合った仕事との出会いが期待できます。

 今まで気づけなかった求人と引き合わせてくれる可能性にも期待できるため、新たな扉を開くきっかけ作りになるかもしれません。

毎週水曜日と金曜日に求人情報が更新されるため、マメにチェックしておくことをおすすめします。

企業からの誘いを受けられる

例えばキーエンスなど気になる企業を「気になる」に登録することで、企業側から連絡がくる場合があります。

転職者・企業ともに興味を持ち合っていることになるため、採用までスムーズに進む可能性が期待できるのです。

企業の欲しい人材像にマッチした場合にもオファーが届く上、オファーでしか紹介されない非公開求人もあります。

ビズリーチ

ビズリーチ

運営会社 株式会社ビズリーチ
公開求人数※2021年8月24日時点 63,099件
得意分野・特徴
  • 高年収求人
  • プロフェッショナル人材向け求人
  • 職務経歴書作成のアドバイス
主な機能
  • スカウト
  • 転職成功談
  • 転職コラム
対応エリア 全国

出典:https://www.bizreach.jp/

優良企業や優秀なヘッドハンターからスカウトが届く

キーエンスを目指す人におすすめ転職サイト3選

ビズリーチに登録すると、優良企業や約4,600人いる優秀なヘッドハンターからスカウトが届きます。

 そのスカウトをきっかけに、高年収となる求人などへのキャリアアップが図れるのです。

企業やヘッドハンターと直接コンタクトが取れるため、効率的・主体的に転職活動をしたい、スカウトを受け取ることで自身の市場価値を測りたい人には最適なサービスです。

転職に役立つ情報も提供

職務経歴書の書き方や転職成功談など、役立つ情報を提供しています。いかに企業の興味を惹けるかが転職活動では重要となるため、ぜひチェックしておきましょう。

スカウト数を増やす工夫も紹介されているため、効率良く転職活動をするうえで把握することをおすすめします。

リクルートダイレクトスカウト

リクルートダイレクトスカウト

運営会社 株式会社リクルート
公開求人数※2021年8月24日時点 74,636件
得意分野・特徴
  • ハイクラス求人の案内
  • 非公開求人検索
主な機能
  • 求人紹介
  • スカウト
対応エリア 全国

出典:https://careercarver.jp/

登録後はスカウトを待つだけ

キーエンスを目指す人におすすめ転職サイト3選

リクルートダイレクトスカウトに登録したらスカウトを待つだけで、約300社・3,000名以上(※2021年7月時点)のヘッドハンターが代わりに仕事を探してくれます。

 自分では探せなかった仕事と出会える可能性があるため、転職活動の幅が広がるでしょう。

リクルートが運営するハイクラス求人に特化したエグゼクティブ向け転職サービスであるため、高年収な仕事が多くあります。

非公開の仕事に出会える可能性がある

ハイクラスな仕事は一般に公開されないことが少なくありません。その点、リクルートダイレクトスカウトではヘッドハンターが最適な求人を紹介してくれるため可能性が広がるのです。

企業からのスカウトもあり直接コンタクトが取れるため、効率的な転職活動ができます。​

よくある質問

キーエンスを目指す人におすすめの転職エージェントは?
リクルートエージェントがおすすめです。大手の転職エージェントはサポート内容も充実しているため、キーエンスの内定獲得へ向けて二人三脚で歩んでくれるでしょう。
キーエンスを目指す人におすすめの転職サイトは?
企業からのオファーが受けられるリクナビNEXTがおすすめです。転職者だけでなく企業からのオファーが受けられる点は大きな魅力です。
キーエンスへの転職難易度は?
転職難易度は高く、簡単に内定を勝ち取れる企業ではないと推測できます。その理由が、労働時間に見合った給与を支払い高年収であるためです。また、開発力や技術力が高いことから、能力が優れている人材を求めていることも挙げられます。
キーエンスの口コミ・評判は?
実際に働いている人の口コミでは、仕事をするときはする・休むときはしっかりと休むといった、オンとオフの切り替えがきちんとできている印象を受けます。しかし、一方では働き方の管理が厳しく多様性がないというイマイチな声もあるため把握しておきましょう。
キーエンスの転職面接でよく聞かれる内容は?
新規事業に必要なものや倫理的思考に必要な要素、影響力がある人の特徴を3つ挙げるなどが多いようです。また、嫌いなものを好きにさせるよう説得するという内容も、面接では多く出るという情報があります。
キーエンスへの転職を成功させるコツは?
企業理念を理解して、求められる人材になることが重要です。いかに自分がキーエンスは欲しいと考えている人物像とフィットするかは、内定獲得の鍵となるでしょう。自分一人での転職活動が難しい場合は、転職エージェントなどの利用をおすすめします。
キーエンスの平均年収は?
有価証券報告書によると、キーエンスで働く社員の平均年収は2021年3月20日現在で17,517,949円です。高年収となるため、転職先企業として候補に入れている人は少なくありません。

まとめ

この記事では、キーエンスの転職難易度や面接でよく聞かれる内容、おすすめの転職エージェントなどを紹介しました。

転職難易度は高く、理由としては労働時間に見合った給与がきちんと支払われ高年収であることが挙げられます。

面接では新規事業に必要なものや倫理的思考に必要な要素、そして嫌いなものを好きにさせるよう説得するという内容を聞かれる傾向にあるため、事前に把握しておきましょう。

キーエンスへの転職は、転職サイトや転職エージェントなどを活用し、プロのサポートを受けながら内定獲得を目指す方法がおすすめです。

記事内で紹介した内容を参考にしながら、自分に合ったサービスを見つけてみてください。

こちらの記事も合わせて読みたい
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事