30代平均年収

30代の平均年収はどのくらい?男性・女性の中央値も解説!

30代になると「自分の収入は一般的に見て多いのだろうか?」と、同年代の平均年収が気になる方もいるでしょう。

同じ30代であっても、前半・後半で違いがあります。

そこで今回は、30代の平均年収に関する以下の項目をご紹介します。

この記事でわかること
  • 【男性・女性別】30代の平均年収
  • 年収を上げたい30代におすすめの転職エージェント・サイト
  • 東京の平均年収が高い理由
  • 30歳で平均年収700万円稼ぐ人の割合

30代の方は、最後まで読んで同世代の平均値や中央値を大まかに把握してみてください。職種別平均年収ランキングもご紹介するので、平均年収に関する理解がグンと深まるでしょう。

【職種別】30代の平均年収ランキング

【職種別】30代の平均年収ランキング

30代になると、会社の主戦力としてさまざまな仕事を任されるようになることも多くなってきます。

 経験を積み、スキルを伸ばせばその後の昇進にも大きく関わってくるでしょう。

30代は体力もあり、ハードスケジュールもまだまだこなせる年代です。

ここではdodaが行った調査に基づき、30代の平均年収を高いものから順にランキング形式でご紹介します。

職種別・30代の平均年収一覧表

専門職※コンサルティングファーム/専門事務所/監査法人 652万円
企画/管理 523万円
技術職(IT/通信) 511万円
営業 500万円
金融系専門職 498万円
技術職(電気/電子/機械) 496万円
技術職(建築/土木) 459万円
技術職(メディカル/化学/食品) 442万円
クリエイティブ 412万円
販売/サービス 362万円
事務/アシスタント 346万円

出典:https://doda.jp/guide/heikin/age/

職業別に年収を比較すると、専門的な知識や技術を要する職種は平均年収が高い傾向にあることが分かります。

専門職とは?仕事内容をご紹介

【職種別】30代の平均年収ランキング

上記のデータの中で最も平均年収が高い専門職には、主に次のような職業があります。

専門職の例
  • 会計コンサルタント
  • 財務アドバイザリー
  • 戦略/経営コンサルタント
  • リスクコンサルタント
 転職で年収アップを目指す方は、平均年収の水準が高い職種を選ぶのが良いでしょう。

平均年収の水準が高い職種は業界自体の年収ベースが高いことも多いため、比較的給料が上がりやすいと考えられます。

【男性・女性別】30代の平均年収

次に、30代サラリーマンの平均年収を男性・女性別で紹介します。

30代は性別によっても働き方が異なるため、男女別に比較することで同世代の収入を正確に把握できますよ。

30代男性の平均年収

【男性・女性別】30代の平均年収

まずは、30代男性の平均年収です。

男性30代前半の平均年収 男性30代後半の平均年収
470万円 528万円

出典:https://www.nta.go.jp/publication/statistics/kokuzeicho/minkan2018/pdf/001.pdf

このように、同じ30代でも、前半・後半によって平均年収が異なります

前半・後半で平均年収に差があるのはなぜ?

30代の年収を分けるポイントは職種や業界によっても異なります。しかし、大まかな共通点としてはマネジメント経験が挙げられるでしょう。

 30代になると、部下を抱えて指導や管理業務を任される可能性も高まります。

スキルや経験も豊富であるため、責任のある役職に任されるようになるかもしれません。

仕事ぶりが評価されると年収の額にも影響があるため、30代前半よりもより経験を積んだ30代後半の方が年収が高くなると考えられます。

30代女性の平均年収

【男性・女性別】30代の平均年収

次に、30代女性の平均年収を見てみましょう。

女性30代前半の平均年収 女性30代後半の平均年収
315万円 314万円

出典:https://www.nta.go.jp/publication/statistics/kokuzeicho/minkan2018/pdf/001.pdf

このように、女性の場合は前半・後半による差はほとんどありません。

男性と比較して平均年収が低い傾向にある理由としては、女性は結婚・出産などのライフイベントをきっかけに退職をする方が多いことが挙げられるでしょう。

 子供がある程度大きくなれば時間に余裕ができ、再び働き始める女性が増える傾向にあります。

30代女性の平均年収が低い理由

【男性・女性別】30代の平均年収

男性と比べて平均年収が低い理由には、主に次のものが考えられます。
女性の平均年収が低い主な理由
  • 非正規雇用が多い
  • 育児休暇などを取得して休む期間があるため
  • ライフワークバランスを考えた働き方が必要なため

女性は、出産や育児などで一時的に休職をしたり、ライフワークバランスを意識して勤務時間を調整したりする人が多いため、平均年収が下がりやすいと考えられます。

同じ職種でも、性別によって差がありますね。

30代女性の収入アップは難しい?

【男性・女性別】30代の平均年収

女性は家事との両立が必要であるため、残業が難しく、給料を上げるのが困難な場合もあります。

 しかし、女性であってもスキルと経験を積めば年収アップを成功させることは可能です。

転職の際には、手厚いサポートが受けられる転職エージェントの活用がおすすめです。

転職エージェントを活用すれば、今まで気付かなかった自分の強みをプロの目線で発見してもらえるかもしれません。面接の日程調整なども代行してもらえるため、家事が忙しく時間が取れない方でも安心です。

30代男性・女性の年収の中央値

30代男性・女性の年収の中央値

次に、男性と女性の年収の中央値を見ておきましょう。

30代男性の年収の中央値 30代女性の年収の中央値
30代前半:275万円
30代後半:305万円
30代前半:236万円
30代後半:241万円

出典:https://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/chingin/kouzou/z2019/dl/14.pdf

年収の中央値とは、対象者の年収全体のほぼ真ん中の数字を導き出す方法です。

 平均年収の場合、極端に低い・高い数字が平均値に影響を及ぼすことがあります。

一方、中央値を使うと極端な事例を外してデータを取ることが可能です。

30代の平均値・中央値はどちらを見るべき?

30代男性・女性の年収の中央値

同じ人が対象であっても、平均値と中央値では結果に差があり、極端な事例を省いたデータを見ることができるという点では、平均的な年収の金額を知りたい場合は中央値を見るのがおすすめです。

 ただし、女性はアルバイト・パートなどの非正規雇用も含まれているため、全体的に男性よりも低めの結果が出ていることを理解しておきましょう。

年収700万円以上を稼ぐ30代の割合

年収700万円以上を稼ぐ30代の割合

年収の目安として、年間700万円以上稼ぐことを目標にしている方もおられるかもしれません。

家族構成や居住地の物価などにもよるものの、年収700万円を稼ぐことができれば生活に余裕が生まれ、貯金や自由に使えるお金も拠出できるでしょう。

年収700万円以上稼ぐ30代の割合

年収700万円以上を稼ぐ30代の割合

ここでは、総務省統計局のデータをもとに、年収700万円以上稼ぐ人の割合を男女別にご紹介します。

出典:http://statresearch.jp/

年代/性別 年収700万円以上の割合
30代前半/男性 3.7%
30代後半/男性 9.2%
30代前半/女性 0.5%
30代後半/女性 0.7%

このように、年収700万円以上稼ぐ人は一定数いるものの、その割合は全体的に見ても低いといえるでしょう。

平均年収が高い職種への転職だけでなく、勤続年数を増やしたり資格手当を受け取るなどの方法も考えてみてください。

年収をアップさせたい30代は年収査定がおすすめ!

年収をアップさせたいときには、まず自分の市場価値を知るために、自分の適正年収を調べましょう。適正年収が今の年収よりも高ければ、転職で年収アップをさせることができるでしょう。
dodaの年収査定サービスでは、無料会員登録後、簡単な項目に答えるだけで、自分の適正年収がわかります。

dodaの会員186万人のビッグデータを分析し、適正年収を教えてくれるので、かなり正確な数字だと言えるでしょう。
dodaの年収査定では以下の項目が表示されます。
dodaの年収査定でわかること
  • あなたの適正年収
  • 今の年収からいくらアップするか
  • あなたの適正年収と同じ条件の求人

表示される診断結果のサンプルは以下になっています。査定時間はおよそ3分なので、スキマ時間に利用可能です。

年収査定

また、今の年収との差は以下のような形で表示されます。dodaは転職エージェント・サイトのサービスも展開していますので、査定後すぐに求人探しを始めることができます。

年収査定

自分の今の年収に不満を感じている方も多いのではないでしょうか。そんな方はぜひ一度自分の適正年収を調べてみましょう。年収アップの近道になりますよ。

年収を上げたい30代におすすめの転職エージェント5選

まずは、30代におすすめの転職サイトを厳選して5つご紹介します。キャリアを活かせる求人が豊富にそろっているため、ぜひ利用してみてください。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

おすすめポイント
  • 公開求人数・非公開求人数ともに業界最大級
  • 様々な職種・業種を取り扱っているので、希望の転職先に出会える可能性が高い!
  • 求職者の年収相場などを提示してくれるキャリア査定サービスを利用できる!
  • 完全無料

リクルートエージェントは、豊富な求人数と転職支援のサポートが受けられる転職サイトです。約10万件の非公開求人を保有しているため、条件に近い求人を探しやすいでしょう

 キャリアアドバイザーが経歴やスキルをヒアリングして、強みを引き出す手伝いをしてくれます。

今まで出会えなかった質の高い求人を紹介してもらえるかもしれません。

30代向けのリーダー・幹部職、部長職/課長職(シニアマネジャー)、経営を支える社長クラスのハイレベルな求人が多数掲載されています。

公式サイト

運営会社 株式会社リクルート
主なサービス(機能)
  • エージェントサービス
  • 職務経歴書エディター
  • 面接力向上セミナー
  • 担当者面談
公開求人数※2021年5月4日時点 110,832件
拠点 東京/西東京/宇都宮/さいたま/千葉/横浜/京都/大阪/神戸/名古屋/静岡/北海道/東北/岡山/広島/福岡

doda

doda

おすすめポイント
  • 大手から中小企業・ベンチャー企業まで幅広い求人を用意!
  • キャリアアドバイザーが企業との交渉をしてくれる!
  • ユーザーにあった求人を提案してくれる!
  • 年収査定で自分の給与相場がわかる!
  • 完全無料!

dodaは、エージェント機能やスカウト機能など、転職が効率化する機能が豊富な転職サイトです。

 公式サイト内の転職ガイドでは、転職成功者の平均年齢が32歳である理由などが解説されているため、参考にしてみてください。

エージェントのサポートを受けつつスカウトを待つことができるので、効率的です。

また、dodaにはダウンロードしてすぐに使えるニーズ別の履歴書テンプレートなど、転職活動で便利に使えるツールが満載です。活動状況に応じて使い分けましょう。

運営会社 パーソルキャリア株式会社
主なサービス(機能)
  • エージェントサービス
  • スカウト
  • パートナーエージェントサービス
  • 転職ノウハウ
  • 転職Q&A
公開求人数※2021年5月4日時点 79,664件
主な拠点 丸の内/北海道/東北/横浜/静岡/中部/関西/京都/神戸/岡山/広島/九州

ビズリーチ

ビズリーチ

おすすめポイント
  • 3分の1以上の求人が年収1,000万円超え!
  • 利用者の約3人に2人が年収アップの実績あり!
  • 企業からのスカウトの中には面談が確約されたものも!
  • 優秀なヘッドハンターからのアドバイスがもらえる!

ビズリーチは、転職者の6割が35歳以上の即戦力・ハイクラス人材に特化した転職サイトです。

 コラムには、30代の転職成功談や年収アップ成功談がたくさん掲載されています。

自分のスキルや経験に興味を持ったヘッドハンターや、企業の採用担当者から直接スカウトが届きます。大手企業や外資系への転職に強いという実績もあります。

自分が想像していなかった職種・ポストからスカウトが届き、結果的に年収アップに繋がったというケースが非常に多いようです。

また、通常の会員とは異なり、年収1,000万円以上のハイクラス求人を含む全ての求人に応募できる有料のプレミアムステージ会員も用意されています。利用目的に応じて検討しましょう。

公式サイト

運営会社 株式会社ビズリーチ
主なサービス(機能)
  • プラチナスカウト
  • 求人検索
  • ヘッドハンター情報閲覧・検索
  • プレミアムステージ
  • 転職コラム
公開求人数※2021年5月4日時点 52,707件
主な拠点

全国対応可

東京/大阪/愛知/福岡/静岡/広島

リクルートダイレクトスカウト

おすすめポイント
  • 年収800万円以上の求人多数!なかには年収2000万円を超える求人も
  • 年収1,000万円超えの求人数は約6万件以上!
  • 大手リクルートが提供する一流の転職サポートを受けられる!

リクルートダイレクトスカウトは、年収800万円以上のハイクラスな求人を多く取り扱うミドル向けの転職サイトです。優秀なヘッドハンターが、あなたに合った求人を探して提案してくれます。

登録した氏名などの個人情報は、匿名でヘッドハンターのみに公開されるので安心ですね。

転職事例では、転職を成功させた30代の方の体験談が多数掲載されているので、活動の息抜きに見れば参考になるでしょう。

 独自の顧問求人スカウトサービスも開始されています。
運営会社 株式会社リクルート
主なサービス(機能)
  • エージェントサービス
  • 一球入魂スカウト
  • ヘッドハンティングサービス
  • 担当者選択サービス
公開求人数※2021年5月4日時点 63,457件
主な拠点 東京

パソナキャリア

パソナキャリア

おすすめポイント
  • パソナキャリアを使って年収アップした人は6割以上!
  • エージェントの質が良い!
  • 全国から利用可能!

パソナキャリアは、豊富な転職ノウハウを持っており、利用者の転職後の年収アップ率は67.1%です

企業のニーズと求職者の希望の双方を理解した上で求人を紹介するため、高いマッチング力が期待できるでしょう。

30代で年収700万円以上を目指すなら、経理・人事・法務向けの「アドバイザー逆指名サービス」もおすすめです。

 スマートフォンから、自分に合う管理部門専門アドバイザーを簡単に選ぶことができます。

公式サイト

運営会社 株式会社パソナグループ
主なサービス(機能)
  • キャリアアドバイザー
  • スカウト機能
  • 書類添削
  • 退職交渉
  • 面接対策
公開求人数※2021年5月4日時点 52,707件
主な拠点

北海道/東北/関東/甲信越/東海地区/北陸/近畿/中国/四国/九州/沖縄

東京の30代平均年収が高い理由

東京の平均年収が高い理由

東京都の平均年収は、地方に比べると高い傾向にあります。その理由としては、主に次のものが挙げられるでしょう。

東京の平均年収が高い理由
  • 日本の首都であり、さまざまな大手企業が集まっている
  • 人口密度が高い

東京は首都であるため、企業にとっては、地方よりも東京に会社を構えた方が商売しやすいようです。実際に東京に本社を置く企業は多く、さまざまな企業が東京に集まります。

人口密度が高く顧客が多いことも理由のひとつとなっています。

しかし、東京は年収が高い一方で、地方に比べると物価も高いデメリットがあります。

 物価が高い分家賃も高く、地方と比較すると生活費が余分にかかってしまいます。

年収の高さだけで東京を選ぶと、結果的に手元に残るお金は変わらないということもあり得ます。

したがって、転職の際は生活などの面も視野に入れておきましょう。

30代は要チェック!年収別(給与別)の手取り額

企業からもらう給料には、「給与」「手取り」などという言葉が使われることがあります。ここでは、それぞれの違いを理解しておきましょう。

年収(給与)別の手取り額もまとめていますので、ぜひ目を通してみてください。

給与とは?

給与と手取りの違い

給与とは、使用者(会社など)から支払われる労働の対価全てのことを言います。

 基本給のほか固定残業手当などの各種手当やボーナスも含まれています。

お金として受け取る場合だけではなく、現物支給されたものに関しても給与とみなされる点に注意が必要です。

例えば、ボーナスとして自社製品を支給された場合などが当てはまります。

手取りとは?

お金

手取りとは、給与のうち自分が自由に使えるお金として受け取る金額のことをいいます。実際に口座に振り込まれるなどして手元に入るお金のことです。

給与と似ていますが、所得税や社会保険料などの金額が差し引かれた金額を指します。

 自由に使えるお金を増やしたいなら、節税などで手取りを増やす方法を考えましょう。

年収別の手取り額

ここまで紹介した通り、給与と手取り額は異なります。そのため、年収別の手取り額が知りたい方も多いのではないでしょうか。

年収 手取り額の目安※居住地の住所などにより金額が変わります。
年収300万円 240万円
年収400万円 317万円
年収500万円 391万円
年収600万円 463万円
年収700万円 531万円
年収800万円 594万円
年収900万円 657万円
年収1000万円 720万円

手取り額を把握しておくと生活水準もイメージしやすそうですね。

よくある質問

30代向けのおすすめの転職サイトは?
今までのスキルや経験が生かせるハイクラス向けの転職サイトがおすすめです。
専門がある程度決まっている場合には、総合型の転職サイトよりも特化型の転職サイトの方が求人の選択肢が広がるでしょう。
30代の平均年収が高い職業は?
専門職、金融系専門職、企画・管理職などが高い傾向にあります。
男女別30代の平均年収は?
国税庁のデータによると、男性では30代前半は470万円、30代後半は528万円です。
女性の場合は30代前半が315万円、30代後半が314万円です。
30代の年収の中央値は?
厚生労働省によると、30代男性の中央値は前半で275万円、後半で305万円です。
30代女性の中央値は前半で236万円、後半で241万円です。
東京の平均年収が高い理由は?
東京の平均年収が高い理由としては、大企業が集中していることが挙げられます。
実際に、企業の多くが本社を東京に構えています。ただし、物価が高いため生活費も高くなる傾向にある点に注意が必要です。
30代で年収700万円を稼ぐ人はどのくらい?
総務省統計局のデータによると、30代の男女の中で年収700万円を稼ぐ割合が最も高いのは、30代後半男性の9.2%です。反対に、最も低いのは30代前半女性の0.5%です。
給与と手取りの違いは?
給与とは、会社から労働者に支払われるお金全体のことを指します。一方、手取りとは自分が自由に使えるお金として実際に受け取る金額のことをいいます。

まとめ

30代の平均年収や中央値について、職種別と男性・女性別で紹介しました。同じ30代でも、前半・後半でも差があります。

自分がどの辺にいるのか、同世代はどのくらいもらっているのかを把握できたのではないでしょうか。年収700万円以上を目指したい場合は、昇進や転職がおすすめです。

また、東京の平均年収は高いですが、地方と比べると物価も高いので、必ずしも生活水準が上がるとは限りません。

今回解説した内容を参考に、転職を考えている方は転職サイトを活用しながら、条件に合った求人を探してみてください。

こちらの記事も合わせて読みたい
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事