広告業界への転職は未経験にも可能?後悔しないためのポイントも解説

広告業界への転職は未経験にも可能?後悔しないためのポイントも解説

広告業界と言えば、最近ではドラマでもピックアップされることがあり、華々しい世界というイメージを持っている人も少なくないでしょう。

また、自分の携わったものが世に出て多くの人の目に触れていることから、やりがいを感じられる仕事でもあります。

広告業界への転職を考えている人もいるのではないでしょうか。

そこで今回は、広告業界への転職について主に以下の項目を解説します。

この記事でわかること
  • 未経験でも広告業界へ転職できる?
  • 広告業界への転職で役立つスキル・資格
  • 広告業界への転職で後悔しないためのポイント
  • 広告業界におすすめの転職エージェント・転職サイト

広告業界の仕事内容も紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

未経験でも広告業界へ転職できる?

結論から言うと、広告業界は未経験でも転職可能です。ここでは、未経験でも転職ができる理由や、おすすめの職種について解説していきましょう。

SNSの影響により未経験でも若い世代は重要がある

未経験でも広告業界へ転職できる?

最近では、SNSによる拡散は多くの人に商品を知ってもらう重要な手段となっています。

TwitterやInstagramなどで、インフルエンサーを活用した広告活動に力を入れている会社も少なくありません。

SNSは若い世代の方が敏感であることから、広告業界未経験でも年齢により挑戦できる幅は広がります。

よって、世のトレンドをSNSからキャッチできる20代~30代前半の世代は、未経験でも需要があると言えるでしょう。

インターネット広告営業がおすすめ

未経験で広告業界へ転職できる?

広告業界未経験の場合、インターネット関連の広告営業がおすすめです。その理由は、業界未経験でも営業やIT関連の経験を重視して採用する企業が多い傾向にあるからです。

広告会社での中途採用について、PR会社やマスコミ関連では以前の業界経験者が有利になる傾向があります。

未経験者歓迎の求人は多くあり、かつ以前の経験を活かせる場合も少なくないため積極的に応募することを心掛けましょう。

転職を考える前に確認!広告業界の仕事内容

ここからは、広告業界の仕事内容や主な職種について解説していきます。

広告代理と制作関連がある

広告業界の仕事内容

広告業界で働くにあたり、大きく分けると広告代理制作関連会社に勤務するものがあります。それぞれの特徴について表にまとめていますので、ご確認ください。

広告代理の主な業務内容 制作関連の主な業務内容
  • TVCMへの広告出稿
  • インターネットへの広告出稿
  • 販促活動
  • マーケティング支援
  • ブランド構築
  • PR商品の打ち合わせ
  • 広告商品の把握
  • クライアントの要望通りに広告を作成

このように、同じ広告業界の仕事でも内容は異なります。

自分がどの業務に携わりたいかを事前に整理することが重要ですね。

広告業界の職種

広告業界の仕事内容

広告業界には、どのような職種があるのでしょうか。代表的なものを上げていきます。

広告業界の主な職種
  • 美容関連
  • 広告営業
  • 制作関連
  • マーケティング

美容関連業務はビューティーアドバイザーとも呼ばれ、美に関する提案・アドバイスをすることが主な業務です。

第一線としてお客さまへの接客はもちろん、バックヤード業務もあります。

そして、広告営業についてはクライアントの窓口になり、企画内容や予算に合わせたプラン検討や提案、さらにはスケジュール調整も業務です。

制作関連については、TV・雑誌・インターネットなどの広告制作に関わる業務が多くあります。

 制作関連は、広告業界での経験が求められる職種です。

マーケティングについては、イベント会社やPR会社などで企画の方向を決めるための市場のリサーチ分析をすることが、主な業務内容となります。

広告業界への転職に必要なスキル

ここからは、広告業界への転職に必要なスキルについて解説します。

必要なスキル
  1. コミュニケーション能力
  2. トレンドに敏感であること
  3. 数字への苦手意識がないこと

①コミュニケーション能力

広告業界への転職に必要なスキル

コミュニケーション能力は、営業や広告企画などさまざまなシーンで求められます。特に営業の場合は企業が相手となるため、前職で営業経験があれば存分に活かせるでしょう。

 コミュニケーション能力が高ければ、クライアントとのやり取りもスムーズに進められ、良い印象を持ってもらいやすいです。

営業の場合はクライアントからのスケジュールに合わせて動くことも少なくないため、フットワークが軽いことも求められます。

②トレンドに敏感であること

広告業界への転職に必要なスキル

広告業界での仕事は、トレンドの最前線に触れられるというメリットがあります。つまりは、トレンドに敏感であることは業界で活躍するために必要な能力と言えるのです。

最新のトレンドをキャッチして提供する側となるため、幅広い業界や広告、メディアに対する知識が求められます。

流行りを探るためにも時代の特徴を活かしてSNSのチェックを習慣化させ、常にトレンドを探るための行動力・探求心は広告業界において必要なスキルとなるでしょう。

③数字への苦手意識がないこと

広告業界への転職に必要なスキル

広告業界では数字が重要になります。特に、営業であれば成果を数字で分かりやすくクライアントに伝える必要があるからです。

 データの分析をする能力も求められるため、数字に苦手意識を持っていると成果をきちんと伝えにくくなります。

事前にスキルを有していることで、仕事に対し短期間で馴染み業界の業務に慣れる可能性が高いです。

広告業界の転職事情を解説!

ここでは、広告業界の転職市場の動向、求人数、企業のニーズなどについて解説します。

広告業界の転職市場の動向
  • コロナ禍の影響も落ち着き求人数は回復傾向
  • web系の知見を持つ人材のニーズが高い

コロナ禍の影響も落ち着き求人数は回復傾向

広告業界 求人数

コロナ禍以降、販管費を削減する企業が増えたことにより、マスメディアや紙媒体を中心に、広告業界は大きなダメージを受けました。これにより、広告業界は全体的に採用を絞る流れとなり、求人数は一時減少傾向にありました。

しかし、世界的なwithコロナの風潮の広がりを受け、広告業界も回復傾向にあり、求人数も徐々に増えてきています。

 新型コロナウィルスの影響が少なかったインターネット広告関連企業を中心に、広告業界全体で求人数はコロナ禍以前の水準に戻りつつあります

また、新型コロナウィルスの影響による「巣ごもり需要」に適応したEC事業に特化したメディアなどは、コロナ禍以降も業績を伸ばし、中途採用にも積極的な傾向にあります。

コロナ禍以降の状況に適応できなかった一部メディアや広告代理店は、いまだ採用に消極的な面も見られます

web系の知見を持つ人材のニーズが高い

広告業界 web知見 人材

電通発表の「2020年 日本の広告費」によると、インターネット関連の広告費は2007年以降右肩上がりとなっており、企業も今まで以上にネット広告へ注力すると予測されます。

 コロナ禍以前からBtoCの企業ではwebに知見のある人材の需要は高い傾向にありましたが、コロナ禍以降、広告業界全体でインターネットに精通した人材のニーズが高まりを見せています。

また、販管費の削減を目的とした「広告の内製化」を進める企業も増加しており、web広告の設計から運用、データ分析などに知見のある人材も、市場価値が高いと判断される傾向にあります。

従来のテレビCMにような広告だけでなく、インターネット時代に適した「新しい広告」にも対応できる人材が求められています。

広告業界で活躍するためには、常にトレンドをとらえるためにアンテナを張ることが重要とされてきました。

しかし、今後は「日常的にどれだけインターネットに慣れ親しんでいるか」「ネットのトレンドに敏感に反応できるか」といった点も、広告業界への転職においては重視されると言えるでしょう。

広告業界への転職で有利になる資格

広告業界への転職で有利になる資格

例え広告業界未経験でも、有していることで転職で有利になる資格はいくつかあります。資格名と活かせるシーンについて見ていきましょう。

Googleアナリティクス個人認定資格

GoogleAnalyticsを使用してサイト分析ができる知識を有する資格。

Yahoo!プロモーション広告プロフェッショナル認定資格

Yahoo!広告の知識について、運用するツール、コンサルティングなどの知識を有する資格。

Web解析士

データ整理や専用ツールを使いネットユーザーの心理を明らかにする資格。

未経験でも転職成功率を少しでも高めるため、広告業界で活かせる資格について事前に把握し試験合格を目指してみましょう。

広告業界への転職で後悔しないためのポイント

最後に、広告業界への転職で後悔しないためのポイントをいくつか解説します。

ポイント
  1. 残業が発生する可能性は高いと理解しておく
  2. 離職率が高い業界であると認識しておく
  3. 無茶な要求をする顧客を避けるため、事前調査を行う

①残業が発生する可能性は高いと理解しておく

広告業界への転職で後悔しないためのポイント

広告業界は、常に締め切りに追われている仕事といっても過言ではありません。そのため、残業を余儀なくされることは少なくないのです。

 クライアントとのやり取りがスムーズにいくとも限らないため、本来の業務時間を超過することは覚悟しておいた方が良いでしょう。

スケジュールは余裕を持って組まれることがほとんどですが、もちろん企業により感覚は違うためメンタル面・体力面での疲労は避けられない場合もあります。

②離職率が高い業界であると認識しておく

広告業界への転職で後悔しないためのポイント

広告業界は最先端のトレンドに触れていることから華々しい世界をイメージしがちですが、実は離職率が高い業界としても知られています。

長く働くためにも事前に業界の特徴は収集する必要があります。

残業が多いという激務な点も、業界を離れる人が多い理由の一つでしょう。

③無茶な要求をする顧客を避けるために事前調査を行う

広告業界への転職で後悔しないためのポイント

クライアントによっては、無茶な納期を要求してくる、要望が現実的ではないなど無理難題を強いられることもあります。

転職先を選ぶ際は、事前にクライアントの質について調査することが重要です。

クライアントの要望にできる限り応えることは重要ですが、あまりにも無理を強いられる場合は負担となってしまうかもしれません。

広告業界におすすめの転職エージェント3選

マイナビエージェント

マイナビエージェント

マイナビエージェントでは、転職状況のヒアリングや一人ひとりに合わせた求人紹介など、最適なプランをプロ目線で提案してくれます。

広告業界に詳しいアドバイザーが専任で付いてくれるため、転職活動に慣れていない人でも安心です。

 専任アドバイザーによるサポートはもちろん、企業担当アドバイザーが人事担当とやり取りをして求人票にはない情報を提供してくれます。

応募書類の添削模擬面接などトータル的に転職活動をバックアップしてくれるため、内定獲得の期待が膨らむでしょう。

転職回数や年代別による転職ポイントも紹介されています。
運営会社 株式会社マイナビ
主なサービス(機能)
  • 求人紹介
  • 書類添削
  • 模擬面接の実施
  • 企業担当アドバイザーによるバックアップ
公開求人数※2021年7月7日時点 27,515件
広告の公開求人数※2021年7月7日時点 266件
拠点

京橋/新宿/神奈川/北海道/宮城/名古屋/京都/大阪/兵庫/福岡

※全国の求人に対応

出典:https://mynavi-agent.jp/

リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは業界最大級の非公開求人数を誇る転職エージェントで、他では見つからない仕事に出会える可能性が高いです。

広告業界に強いキャリアアドバイザーも在籍しており、最適な転職活動プランを提案してくれます。

 独自に分析した業界・企業情報の提供など、充実したサポートを提供している点が魅力です。

今すぐ転職を考えていない場合は相談だけでも可能なため、今後の動きを踏まえて早めに利用することをおすすめします。

すべてのサービスが無料なので、気軽に相談・利用可能です。
運営会社 株式会社リクルート
主なサービス(機能)
  • 求人紹介
  • 非公開求人の提供
  • 面談の実施
  • 面接対策
  • 志望企業への推薦
公開求人数※2021年7月7日時点 116,699件
広告の公開求人数※2021年7月7日時点 1,484件
拠点

東京/西東京/宇都宮/さいたま/千葉/横浜/京都/大阪/神戸/名古屋/静岡/北海道/東北/岡山/広島/福岡

※全国の求人に対応

出典:https://www.r-agent.com/ ※公式サイト

マスメディアン

マスメディアン

マスメディアンは、マーケティングやクリエイティブ職種に特化した転職エージェントです。広告関連のノウハウを有しており、転職に役立つ業界情報を提供してくれます。

 経営者や人事担当から、直接人材に関する相談や非公開の依頼を保有することもあり、他ではない求人を提案してもらえる可能性があります。

面接アドバイスや給与・入社日等の調整・交渉までサポートしてくれるため安心です。

人材を欲している企業情報を収集できる「積極求人特集」もありますよ。
運営会社 株式会社マスメディアン
主なサービス(機能)
  • 求人紹介
  • 条件交渉
  • 面接アドバイス
公開求人数※2021年7月7日時点 2,979件
広告の公開求人数※2021年7月7日時点 741件
拠点

東京/大阪/愛知/福岡

※全国の求人に対応

出典:https://www.massmedian.co.jp/

広告業界におすすめの転職サイト3選

doda

doda

求人検索はもちろん、dodaの専門担当者が求職者に合った仕事を紹介してくれるエージェントサービスも提供しています。また、スカウトによる企業からのオファーを受けることも可能です。

 エージェントサービスでは、広告業界専門スタッフが経歴・希望に合った求人を紹介してくれるため理想の働き方が実現しやすいです。

仕事の紹介だけでなく、面接対策日程調整書類の添削などトータル的にサポートしてくれます。

毎週2回求人情報は更新されるため、マメにチェックしておきましょう。
運営会社 パーソルキャリア株式会社
公開求人数※2021年7月7日時点 87,702件
広告の公開求人数※2021年7月7日時点 3,085件
得意分野・特徴
  • 全国各地のさまざまな職種の求人を検索可能
  • 求人紹介(非公開求人含む)
  • 面接のスケジュール調整をしてくれる
  • 書類・面接手続きのサポートを受けられる
主な機能
  • スカウトサービス
  • パートナーエージェントサービス

出典:https://doda.jp/

リクナビNEXT

リクナビNEXT

リクナビNEXTはリクルートが提供する転職サイトで、求人を見つけるだけでなく企業からのオファーを待つこともできます。

 気になるリストに登録すると企業から直接メッセージが届き、書類選考がなしになる場合もあるため活用すべきです。

憧れだった企業の目に留まる可能性があるため、自分からアピールできる点はリクナビNEXTの大きな特徴と言えるでしょう。

リクナビNEXT独自のノウハウを活かした転職診断も提供されているため、ぜひ試してみましょう。
運営会社 株式会社リクルート
公開求人数※2021年7月7日時点 51,247件
広告の公開求人数※2021年7月7日時点 1,473件
得意分野・特徴
  • 転職成功ノウハウ
  • 女性の転職
  • 在宅勤務特集
  • 限定公開求人を検索
機能
  • 求人検索
  • オファー
  • 気になるリスト
  • グッドポイント診断
  • アプリの提供

出典:https://next.rikunabi.com/?leadtc=top_logo

マイナビ転職

マイナビ転職

マイナビ転職は、求人検索はもちろん希望条件に沿った企業からオファーが届くスカウトサービスや、WEB履歴書添削など魅力的なサポートが提供されています。

 登録した情報に沿って、興味を持った企業から直接応募のオファーが届くため、思いもよらない出会いがあるかもしれません。

転職ノウハウセミナーも無料で開催されており、自身を持って活動をするうえで必要な情報をキャッチできます。

検索条件を細かく設定できる点も、マイナビ転職の特徴です。
運営会社 株式会社マイナビ
公開求人数※2021年7月7日時点 14,560件
広告の公開求人数※2021年7月7日時点 106件
得意分野・特徴
  • 転職ノウハウ
  • 転職フェア
  • 大手・優良企業の求人特集
機能
  • スカウトサービス
  • WEBセミナー
  • 適性診断

出典:https://tenshoku.mynavi.jp/

よくある質問

広告業界におすすめの転職エージェントは?
全国的な規模の仕事を紹介しているマイナビエージェントがおすすめです。業界に精通するキャリアアドバイザーが在籍しているため、よりリアルな情報を得られるでしょう。
広告業界におすすめの転職サイトは?
求人数の多さから、dodaがおすすめです。dodaではプロからの求人紹介も受けられるため、充実した転職活動を送ることができるでしょう。
広告業界の仕事内容は?
主な仕事内容は、広告の出稿や販促活動、PR商品の打ち合わせなどが挙げられます。会社や職種により扱う内容は異なるため、事前に自分が進みたい道を整理したうえで転職先を選びましょう。
未経験でも広告業界へ転職できる?
広告業界は未経験でも転職可能です。業界未経験でも時代の象徴でもあるSNSに敏感な若い世代、コミュニケーション能力が求められることから、以前に営業経験がある人は転職で有利になる可能性が高い傾向にあります。
広告業界への転職で必要なスキルは?
人との関わりが深いため、コミュニケーション能力は必須と言えるでしょう。時代の流行を捉える能力も求められるため、いかにトレンドに対して敏感であるかも求められます。
広告業界への転職で有利になる資格は?
サイト分析ができるGoogleアナリティクス個人認定資格やWeb解析士などを有していると、転職で有利に働く可能性があります。Yahoo!広告の知識を問われる資格であるYahoo!プロモーション広告プロフェッショナル認定資格もチェックしておきましょう。
広告業界への転職で後悔しないために知っておくべきことは?
納期に追われる仕事であるため、残業が多くなることは覚悟しなければいけません。クライアントによっては無茶な依頼を受けることもあるため、クライアントの質についても事前にリサーチしておくことも必要です。

まとめ

この記事では、広告業界におすすめの転職エージェントや転職サイトを紹介し、広告業界に役立つスキル・資格などを解説しました。

広告業界は未経験でも、トレンドに敏感である若い世代、スキルを活かせる営業経験者などは企業から魅力的な人材と感じてもらえる可能性があります。

ただし、残業が発生する可能性や離職率が高い業界であることなどいくつかの注意点もあるため、転職を後悔しないためにも事前にチェックしておきましょう。

広告業界に強い転職エージェントや転職サイトを活用して、希望に沿った企業と出会えるよう転職活動を進めてみてくださいね。

こちらの記事も合わせて読みたい
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事