マーケティングへの転職は未経験でも可能?WEBでの仕事内容なども紹介

マーケティングへの転職は未経験でも可能?WEBでの仕事内容なども紹介

マーケティング業界への志望者は多く、その理由としてはサービス等の開発に関われるためやりがいを感じられることが挙げられます。

未経験からチャレンジしてみたい人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、マーケティング業界には未経験で転職できるかを解説し、おすすめの転職エージェント・サイトについても紹介します。

この記事でわかること
  • マーケティング業界の仕事内容
  • マーケティングに向いている人
  • マーケティング業界におすすめの転職サービス
マーケティング業界への転職に必要なスキルにも触れていきますので、ぜひ参考にしてみてください。

転職の前に基本情報を確認!マーケティング業界の仕事内容

マーケティング業界の仕事内容は?

マーケティングという言葉を耳にしたことがあっても、仕事の内容については理解していていない人は少なくありません。では、どのような業務をする職種なのでしょうか。

主な仕事内容
  • 商品企画
  • 営業企画
  • 市場調査
  • 広告・宣伝
  • 販促手法の考案

簡単に言うと、マーケティングの使命は世間が求めている商品・サービスを提供することです。そのため、市場調査をして企画すること、宣伝活動をすることは欠かせません。

 世の中にあるさまざまな商品は、マーケティングに携わる人の意見が反映されています。

マーケティング業務をする人のことを「マーケター」といい、ビジネスシーンにおいて必要不可欠な存在と言っても過言ではありません。

転職を考える前に確認しよう!Webマーケティングとは?

webマーケティングとは?

Webマーケティングは、Webをメインにマーケティング活動を実施することを意味します。今やWebでのサービス展開・宣伝は必須の時代とも言えるでしょう。

Web上で商品やサービスをアピールするには、Webマーケティングの役割は極めて重要です。

Webマーケティングの役割
  • 提供する商品等を理解して他との差別化を図りオリジナリティを引き出す
  • 商品・サービスの魅力を的確に伝える
  • 提供する商品やサービスがユーザーの求めているものであるかを調査する

Webサイトは運営をするだけでなく、いかにコンバージョンを獲得できるかが求められます。そのためには、多くの人のニーズに応えなければいけません。

提供するサービスの価値を見つけて、ターゲットとしている顧客にきちんと届けることがWebマーケティングの重要な仕事内容となります。

コンバージョンを獲得するには、Webサイトで商品を購入することや、会員登録をしてもらうなどが必要です。

マーケティングは未経験でもできる?大手にも転職可能?

マーケティングは未経験でもできる?大手にも転職可能?

結論から言うと、未経験でもマーケティングへの転職は可能です。未経験歓迎という求人もあるため、新たなチャレンジを考えている人はチェックしておきましょう。

未経験からマーケターになり活躍するステップとしては、まず経験を積むことが重要です。そのため、小規模の企業でマーケターとして業務に携わることをおすすめします。

支援会社に勤務するとクライアントを受け持つことができ、さまざまな業界の知識習得や実績を積む意味でもプラスに働きますよ。

クライアントの要望に対して的確に応え成果をあげることで、自然とマーケターとしての能力が養われていくでしょう。

未経験で大手への転職は難易度が高い傾向にある

マーケティングは未経験でもできる?大手にも転職可能?

キャリアアップをするため大手企業への転職を考えている人は少なくありません。ただし、マーケティング未経験の場合は、いきなり大手への転職は難しい傾向にあります。

 そもそも、大手企業の求人ともなれば未経験で応募できるものが少ないです。即戦力を求めている企業が多いため、未経験では難しいでしょう。

大手への転職が実現する可能性はもちろんゼロではありませんが、スキルを求められる業界であること、かつ求人数が多くないことが難易度を上げている理由です。

マーケティング業界への転職が向いている人の特徴

ここからは、マーケティング業界に向いている人の特徴を紹介します。マーケティング業界への適性があれば、未経験からの転職でも転職先で活躍できるかもしれません。

向いている人の特徴
  1. 数字に強く分析が得意な人
  2. 人と関わることが好きな人

①数字に強く分析が得意な人

マーケティング業界に向いている人の特徴

マーケティング業界で働くにあたり、数字に強いことは必須と言っても大げさではありません。なぜなら、コンバージョンを獲得するためには数値の分析が必要なためです。

さまざまな業界のデータを集計しツールを用いて分析するなど、数字は結果を出す上で大変意味のある材料であるため欠かせません。

 アクセス解析をして、ユーザーが何に興味を示しているか、サービスや商品を売るために何が必要か数字をもとに導き出す必要があります。

②人と関わることが好きな人

マーケターとして活躍するためには、さまざまな部署と連携しつつ商品やサービスを売り出します。そのため、人との関わりが非常に多い職種です。

各部署の考えや希望を踏まえたうえで、世間が求めているものにマッチさせるべく企画・戦略を立てます。つまり、コミュニケーション能力が重要となるのです。

意見を統一させる・まとめることもマーケターに求められるため、人と接することが好きな人は向いているでしょう。

マーケティング業界に強いおすすめ転職エージェント4選

リクルートエージェント

リクルートエージェント

実績豊富なアドバイザーが在籍しているため、マーケティング未経験者でも的確なアドバイスを受けながら転職活動ができます。

 非公開求人も多数保有しているため、リクルートエージェントだからこそ出会える仕事も少なくありません。

マーケティングの求人はおよそ3,000件ほどあり、ここに非公開求人もプラスされるため選択肢は幅広いです。

提出書類の添削や面接対策も実施しているため、トータル的に転職をサポートしてくれます。
運営会社 株式会社リクルート
主なサービス(機能)
  • 求人紹介
  • 非公開求人の提供
  • 面談の実施
  • 面接対策
  • 志望企業への推薦
公開求人数※2021年7月13日時点 117,870件
マーケティング公開求人数※2021年7月13日時点 2,922件
対応エリア 全国

出典:https://www.r-agent.com/

doda

doda

マーケティングの求人を約2,000件扱っており、そのなかからdoda専門の転職スタッフが希望に沿ったものを提案してくれます。専任で担当してくれるため相談もしやすいです。

 採用プロジェクト担当も在籍しており、応募書類の提出や面接日程の調整など、求職者に代わって企業との交渉をしてくれます。

自分自身では気づけない強みやりがいを見つけてくれるため、プロ目線で新たな可能性を引き出してくれるでしょう。

企業から直接オファーを受けられるスカウトサービスも要チェックです。
運営会社 パーソルキャリア株式会社
主なサービス(機能)
  • 非公開求人の紹介
  • 専門スタッフによるプロ目線での求人紹介
  • 面接のスケジュール調整
  • 書類・面接手続きのサポート
  • スカウトサービス
公開求人数※2021年7月13日時点 89,493件
マーケティング公開求人数※2021年7月13日時点 2,277件
対応エリア 全国

出典:https://doda.jp/

マイナビエージェント

マイナビエージェント

はじめて転職する人でも安心できるよう、経験豊富で業界に精通したキャリアアドバイザーがサポートしてくれます。

 アドバイザーは各業界ごとの専任制となるため、マーケティングに詳しい人からのアドバイスを受けながら転職活動が可能です。

企業の人事担当者とやり取りするアドバイザーが在籍しており、求人票ではわからない職場の雰囲気といった情報を提供してくれます。

マーケティング求人はおよそ1,200件あるため、理想の働き方となるものを見つけやすいです。
運営会社 株式会社マイナビ
主なサービス(機能)
  • 求人紹介
  • 書類添削
  • 模擬面接の実施
  • 企業担当アドバイザーによるバックアップ
公開求人数※2021年7月13日時点

27,608件

マーケティング公開求人数※2021年7月13日時点 1,264件
対応エリア 全国

出典:https://mynavi-agent.jp/

マスメディアン

マスメディアン

マスメディアンは、マーケティング・クリエイティブ職種に特化した転職エージェントです。

 キャリアアップ・自己実現を願う転職者と事業成長を目指す企業を繋ぎバックアップしています。

マーケティングの専門的なノウハウを持っているため、求職者のキャリアや転職する企業に合わせた適切なアドバイスをしてくれるでしょう。

面接アドバイスのサポートも実施しており、マーケティング業界ならではの面接対策もアドバイスしてくれます。
運営会社 株式会社マスメディアン
主なサービス(機能)
  • 求人紹介
  • 条件交渉
  • 面接アドバイス
公開求人数※2021年7月13日時点

3,018件

マーケティング公開求人数※2021年7月13日時点 273件
対応エリア 全国

出典:https://www.massmedian.co.jp/

マーケティング業界に強いおすすめ転職サイト4選

リクナビNEXT

リクナビNEXT

マーケティング求人を約1,500件扱っており、未経験歓迎のものも多数あります。新たなチャレンジを考えている人にとっても最適な求人サイトです。

 気になる企業ランキングや企業が求める経験・スキルランキングなども紹介されているため、転職で有利になるためにもリサーチしておきましょう。

「オファーを待つ」という機能では、興味を持ってくれた企業からオファーが届くため、思いもよらない仕事との出会いが期待できます。

気になるリストを活用すると、直接メッセージが届き書類選考なしで面接が受けられる場合もあります。
運営会社 株式会社リクルート
公開求人数※2021年7月13日時点 51,140件
マーケティング公開求人数※2021年7月13日時点 1,487件
得意分野・特徴
  • 転職成功ノウハウ
  • 女性の転職
  • 在宅勤務特集
  • 限定公開求人を検索
主な機能
  • 求人検索
  • オファー
  • 気になるリスト
  • グッドポイント診断
  • アプリの提供
対応エリア 全国

出典:https://next.rikunabi.com/?leadtc=top_logo

ビズリーチ

ビズリーチ

登録するだけで、優良企業やヘッドハンターからスカウトが届くハイクラス転職サイトです。

 スカウトが届くと企業と直接コンタクトが取れるため、効率的な転職活動が可能となります。

転職のプロフェッショナルであるヘッドハンターの登録数は約4,600人であり、気軽に相談できる点も特徴です。

職務経歴書の書き方などのアドバイスも受けられるため、内定獲得へ向けて充実した転職活動が送れますね。
運営会社 株式会社ビズリーチ
公開求人数※2021年7月13日時点 59,622件
マーケティング公開求人数※2021年7月13日時点 3,375件
得意分野・特徴
  • 高年収求人
  • プロフェッショナル人材向け求人
  • 職務経歴書作成のアドバイス
主な機能
  • スカウト
  • 転職成功談
  • 転職コラム
対応エリア 全国

出典:https://www.bizreach.jp/

マイナビ転職

マイナビ転職

マーケティング業界の求人は約900件保有しています。大手・優良企業の求人特集も紹介されているため、キャリアアップをはかりたい人にも最適です。

 職場の雰囲気や働き方からも仕事を探せるため、希望に近い求人を見つけやすくなっています。

転職活動に役立つノウハウも提供されており、はじめて転職する人にとっても知っておくべき情報が満載です。

毎週火曜日と金曜日に求人情報は更新されるため、マメにチェックしておきましょう。
運営会社 株式会社マイナビ
公開求人数※2021年7月13日時点 14,265件
マーケティングの公開求人数※2021年7月13日時点 850件
得意分野・特徴
  • 転職ノウハウ
  • 転職フェア
  • 大手・優良企業の求人特集
主な機能
  • スカウトサービス
  • WEBセミナー
  • 適性診断
対応エリア 全国

出典:https://tenshoku.mynavi.jp/

マーケティング転職.com

マーケティング転職.com

マーケティングを専門に扱っている転職サイトで、大手企業の求人も多数保有しています。

 転職スタイルを選ぶことができ、プロのコンサルタントからアドバイスを受けながらマーケティング職の求人を検索可能です。

マーケティング職の転職に強いJACリクルートメントが運営しているサイトであることから、業界に詳しい点も活用するメリットと言えます。

非公開求人は1,000件以上あるため、利用するからこそ出会える仕事が数多くあるでしょう。
運営会社 株式会社ジェイエイシーリクルートメント
公開求人数※2021年7月13日時点 379件
マーケティング公開求人数※2021年7月13日時点 379件
得意分野・特徴
  • 求人紹介
  • 転職ノウハウ
主な機能
  • 求人検索
  • 転職サポート
  • コンサルタント相談
対応エリア 全国

出典:http://www.marketing-jac.com/

マーケティング業界への転職に必要なスキル・知識

最後に、マーケティング業界への転職に必要なスキル・知識を紹介します。マーケターとして活躍するためにも、ぜひ知っておくと良いでしょう。

必要なスキル
  1. データ分析・プロモーション企画・プレゼンなどのスキル
  2. フレームワーク
  3. プロダクトライフサイクル

①データ分析・プロモーション企画・プレゼンなどのスキル

マーケティング業界への転職に必要なスキル・知識

市場の動向からデータを分析し、その結果をもとに企画を立てる能力は重要です。

魅力的な企画を立てたとしても、それを実行に移せなければ意味がありません。

根拠を提示してどのような狙いで成果に繋げるかを提案するプレゼン力が求められます。

②フレームワーク

フレームワークとは分析ツールや考え方の枠組みのことです。マーケティングにおいて重要となるデータの分析や販売戦略の立案に活用できます。

マーケティングで用いられるフレームワーク
  • 4P:商品企画~販売までの全体像を検討する際に使用
  • 3C:自社の状況を把握する際に使用
  • 7S:戦略を立てる際の7つの要素

それぞれを理解し的確に使い分けることで、マーケターとして企業が求める役割を担えます。

③プロダクトライフサイクル

マーケティング業界への転職に必要なスキル・知識

プロダクトライフサイクルとは、PLCといって商品やサービスの販売から徹底までの周期を意味する言葉です。市場では4つの成長ステージがあると考えられています。

4つの周期
  1. 導入期
  2. 成長期
  3. 成熟期
  4. 衰退期

各ステージに合わせて、適切な戦略を講じることがマーケターの重要な役割です。その際の戦略確認や今後の戦略立案の際に用いられます。

マーケティング職の平均年収を解説

マーケティング職の平均年収は500~600万円ほどと、ほかの業界に比べてやや高めの水準といえます。外資系や大手企業などに勤めると、実力次第では年収1,000万円以上も可能です。

それでは、厚生労働省が発表した令和2年賃金構造基本統計調査をもとに、企業の規模別・年齢別の平均年収を紹介します。

マーケティング職における勤務先の規模別・年齢別の平均年収

マーケティング職の年収は、勤務先の規模が大きくなるほど高くなる傾向となっています。

 10~99人が勤める規模の事務所では平均年収509万円、100~999人規模は平均年収579万円、1,000人以上は平均年収708万円です。

マーケティング職は年齢とともに年収も上がっており、平均年収が最も高い世代は55~59歳の833万円。20~24歳の平均年収が350万円のため、年齢の上昇にともない年収も大幅に高くなるといえます。

マーケティング職における年齢別の平均年収
  • 20~24歳:350万円
  • 25~29歳:464万円
  • 30~34歳:561万円
  • 35~39歳:631万円
  • 40~44歳:675万円
  • 45~49歳:726万円
  • 50~54歳:815万円
  • 55~59歳:833万円
  • 60~64歳:551万円
  • 65~69歳:527万円

マーケティング職の年収の特徴

マーケティング職の給与は、企業の規模や販売する商品によって大きく変動します。マーケティング企画によって売上や利益が大きく異なるため、報酬が高い企業では責任や重圧が大きくなるといえるでしょう。

大企業では、マーケティング職における優秀な人材に1,000万円以上の報酬を渡している場合も少なくありません。

また、初任給や20前半での給与はほかの業界とあまり変わりませんが、戦力となる20代後半から年収が大きく上がる傾向となっています。

これは、マーケティングに関する分析や調査、企画や提案といった業務を少しずつ学んでいき、経験を積むほど携わる仕事が増えるためです。

マーケティング職への転職に有利な資格は?

マーケティング職では専門用語を使用する機会も多いため、転職する前にある程度の知識を付けておくことをおすすめします。知識を証明するために重要となるのが、マーケティングの資格です。

 資格保有者は知識があることを証明できため、転職する際に有利になる可能性があります。特に、未経験からマーケティング職に就きたい方は資格を取得すると同時に知識も身に付けることが可能です。

それでは、マーケティング職への転職に有利な資格を4つ紹介します。

マーケティング・ビジネス実務検定

マーケティング・ビジネス実務検定は国際実務マーケティング協会が運営する検定試験です。

特定の業種や業界にとらわれず共通の知識が問われるため、マーケティングの知識を総合的に身につけたい人におすすめな資格といえます。

 検定はA~C級まであり、C級はマーケティングオペレーション基礎レベルで、これからマーケターを目指す人やマーケティング担当になった人向けのレベルです。

B級はマーケティングオペレーション応用レベルで、業務の運用ができる人向けとレベルとなっています。

A級はマーケティング戦略レベル・マーケティングマネジメントレベルで、戦略立案や意思決定、管理ができる人向けのレベルです。

マーケティング・ビジネス実務検定の受験料
  • C級:6,270円
  • B級:7,480円
  • A級:12,760円

なお、A級とB級・B級とC級の併願も可能となっています。

マーケティング検定

マーケティング検定は、公益社団法人日本マーケティング協会が運営する検定試験で、マーケティングに関する幅広い知識が身につきます。試験のレベルは3級・2級と2種類あり、1級に関してはまだ実施されていません。

3級は初心者レベルで、これからマーケティングに関わる人に向けてマーケティングの基本の習熟度を測定します。

2級は中級者レベルで、社会で活躍するマーケターとして認定できる実力を基準とし、マーケティングの基礎から応用までを測定するレベルです。

試験方式はCBT試験(多肢選択式)を採用しています。

マーケティング検定の受験料
  • 一般申込:2級(9,460円)、3級(6,600円)
  • 日本マーケティング協会会員社・学生:2級(8,360円)、3級(5,500円)

ネットマーケティング検定

ネットマーケティング検定は、株式会社サーティファイが運営しているインターネットマーケティング全般の知識が問われる検定試験です。難易度は初心者レベルで、勉強時間の目安は15時間程度となっています。

 ビジネスの企画や立案に生かすことを目標とする検定ですが、SEOの知識を付けたい人にもおすすめです。

試験では、「Webに関する知識や技術」「ネットマーケティングに関する能力」「ファシリテート能力」「経営戦略と連動したWebブランディング能力」と4つの要件が評価されます。

ネットマーケティング検定の受験料
  • 6,000円

Webリテラシー試験

Webリテラシー試験は、株式会社ボーンデジタルが運営する検定試験です。

 Webに関するディレクター、プロデューサー、デザイナーの3職種の重要な知識を集め、業務上の基本的な知識があるかを試験では問われます。

Webリテラシー試験に合格すると、「社団法人全日本能率連盟登録資格 Web検定 Webアソシエイト」の資格を取得。勉強時間の目安は、15~20時間程度です。

Webリテラシー試験の受験料
  • 11,000円

よくある質問

マーケティングにおすすめの転職エージェントは?
リクルートエージェントがおすすめです。求人数が多く、業界に詳しいアドバイザーが在籍しているなどから、マーケティング業界が未経験の人でも安心して転職活動を進められるでしょう。
マーケティングにおすすめの転職サイトは?
ビズリーチがおすすめです。求人数の多さと企業やヘッドハンターからスカウトを受けられる点は魅力的でしょう。ヘッドハンターも多く在籍しているため、好条件の求人のスカウトが届くかもしれません。
マーケティング業界の仕事内容は?
商品やサービスの企画、そして市場調査を踏まえて世に広めていく計画を立案することです。世間のニーズに応えられる魅力的な商品等を打ち出し販売していくことが求められます。
Webマーケティングとは?
Webをメインにマーケティング活動を実施することです。いかにコンバージョンを獲得できるかを追求し、提供する商品等を理解して他との差別化を図りオリジナリティを引き出すことが主な業務となります。
マーケティング未経験でも転職できる?
未経験でも転職可能です。まずは小規模な支援会社に勤務し、クライアントを受け持ってマーケターとして実績を積むことをおすすめします。
マーケティングへの転職に求められるスキルや知識は?
データ分析・プロモーション企画・プレゼンなどのスキルをはじめ、フレームワークも必要な知識です。また、販売から撤退までの周期を意味するプロダクトライフサイクルについても熟知し、周期に合わせた適切な戦略を講じるスキルが必要となります。
マーケティング未経験でも大手の内定は獲得できる?
大手への転職は不可能ではありませんが、即戦力を求めている傾向にあるため未経験では難しいでしょう。ある程度業界経験を積んでから、大手企業へのチャンレンジを描いておく方が良いです。

まとめ

この記事では、マーケティング業界への転職について、仕事内容やおすすめの転職エージェント・転職サイトなどを詳しく解説しました。

マーケティングは、商品やサービスを世に発表する上で欠かせない職種です。非常にやりがいのある仕事であるため、転職先の業界としてライバルは多いと考えておきましょう。

未経験でも転職は可能ですが、まずは経験を積むこと、そしてプロからのアドバイスを受けながら活動できるエージェントサービスの利用を検討してみてはいかがでしょうか。

こちらの記事も合わせて読みたい
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事