リクルートダイレクトスカウト(旧キャリアカーバー)の評判は?

リクルートダイレクトスカウト(旧キャリアカーバー)の評判は?

もっとスキルを生かせる企業で働きたいと考えている方もいるでしょう。そのような場合には、質の高い求人が豊富なリクルートダイレクトスカウト(旧キャリアカーバー)がおすすめです。

一球入魂スカウトやヘッドハンター、エージェントなど、さまざまなサービスが利用できます。

そこでこの記事では、リクルートダイレクトスカウトに関する以下の項目をご紹介します。

この記事でわかること
  • 特徴
  • 口コミ・評判
  • ビズリーチとの違い
  • 利用のメリット・デメリット

キャリアアップとしての転職を考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

リクルートダイレクトスカウトの特徴は?一球入魂スカウトとは?

リクルートダイレクトスカウト

株式会社リクルートキャリアが運営する転職サービスです。ハイキャリア向けの求人を多数抱えており、年収アップが目的で転職をしたい方にぴったりです。

ハイキャリ向けの転職サービスとして「ビズリーチ」とよく比較されます。

エージェントサービスに加え、スカウトサービスも利用でき転職活動をスムーズにしてくれる仕組みが整っているところが、メリットとして挙げられます。

運営会社 株式会社リクルートキャリア
公開求人数※2021年4月19日時点 63,457件
特徴 年収800万円~2,000万円求人多数
職種 全職種に対応
対応エリア 全国+海外(アジア・欧米・その他)
主なサービス(機能)
  • エージェントサービス
  • 一球入魂スカウト
  • ヘッドハンティングサービス
  • 担当者選択サービス
拠点 東京/西東京/宇都宮/さいたま/千葉/横浜/京都/大阪/神戸/名古屋/静岡/北海道/東北/岡山/広島/福岡

それでは、ここからリクルートダイレクトスカウトの特徴をそれぞれ見ていきましょう。

一球入魂スカウト

一球入魂スカウトとは、ヘッドハンターから限られた会員に送られるレアなスカウトのことです。スキルや経験がヘッドハンターに認められたことを意味します。

一球入魂スカウトで届く求人には条件が比較的良いものが多く、良い待遇で転職することができるでしょう。

 

 通常のスカウトよりも価値が高いため、メールが届いたらしっかり内容をチェックしましょう。

年収800万円~2,000万円の求人が多数

画像

ハイクラスな求人が多いため、年収600万円以上の求人から自由に選ぶことができます。実際に、転職決定年収は平均900万円以上を誇っています。

求人検索画面でも、年収の下限は600万円からとなっています。
 中には5,000万円以上の求人もあるので、年収アップが期待できるでしょう。

非公開求人も保有!

公開求人だけではなく、一般では見られない非公開求人も保有しています。一般的に、ポジションが高い求人であるほど、社名を非公開にしている割合が上がる傾向にあります。

事業戦略への影響が強い高いポジションほど、ヘッドハンターに依頼して社内外含め、極秘に採用を進めるケースが多いことが理由です。

 

 中には、面談後にしか紹介されないレアな求人もあるので、自分で転職活動をするよりも効率的でしょう。

リクルートダイレクトスカウト(旧キャリアカーバー)の口コミから見る評判について

リクルートダイレクトスカウト(旧キャリアカーバー)の口コミから見る評判について

リクルートダイレクトスカウトを利用した方からの評判はどのようなものなのでしょうか。今回は「みん評」に寄せられた口コミから、良いものと悪いものをそれぞれ紹介します。
参考サイト

良い口コミ

まずは、リクルートダイレクトスカウトを利用して良かったという方の口コミを見てみましょう。

良い口コミ
  • 自分でヘッドハンターを選べるので効率よく動けた
  • 年収アップに成功した
  • 担当スタッフの丁寧なサポートが受けられる
  • ハイクラスな求人が多く、良い待遇で転職できた
  • 全て無料で利用できるのが良い
  • 納得いくまで求人を吟味することができた

今回、数ある口コミの中でも利用して良かったという意見が多数を占めており、ほとんどの方が年収アップに成功しているようでした。

求人は噂通りハイクラスなものが多く、スキルや経歴のある方にとっては良い待遇で転職ができたようです。

 

悪い口コミ

画像

良い口コミがある一方で、悪い口コミも紹介します。

悪い口コミ
  • 20代後半の転職ではハードルが高すぎた
  • スキル不足で応募できない求人が多かった

ハイクラスな求人の取り扱いがメインのため、スキルがあまりない状態の転職活動には向いていないようです。20代の第二新卒の転職などにはおすすめできないことが分かります。

ビズリーチとの違いは?料金やサービスを比較!

画像

リクルートダイレクトスカウトと同じくハイクラスな求人を多く取り扱う転職エージェントに、ビズリーチがあります。

運営会社 株式会社ビズリーチ
公開求人数※2021年4月19日時点 52,707件
得意分野・特徴 ハイクラス向けの求人
機能
  • プラチナスカウト
  • 求人検索
  • ヘッドハンター情報閲覧・検索

リクルートダイレクトスカウトとビズリーチにはどのような違いがあるのか、項目ごとに比較してみましょう。

公開求人数

画像

まずは、それぞれの公開求人数を比較してみましょう。

リクルートダイレクトスカウトの公開求人数 63,457件
ビズリーチの公開求人数 52,707件

※2021年4月19日時点の情報なので、最新の情報とは異なる可能性があります。

両者には約1万件ほど差があります。しかし、求人の内容はそれぞれ違っています。

ビズリーチは、年収の下限が300万円からとなっているので、掲載されている求人の年収にも差がありますね。

 

 リクルートダイレクトスカウトの方がより報酬の高い求人を取り扱っていると言えるでしょう。

サービスの利用料金

画像

リクルートダイレクトスカウトは全てのサービスを利用できますが、ビズリーチは全ての機能を利用するには有料会員になる必要があります。ビズリーチの有料会員は、以下の2種類があります。

タレント会員 30日間
税込3,278円
ハイクラス会員 30日間
税込5,478円

ビズリーチで1,000万円以上の求人に応募するには、ハイクラス会員になる必要があります。

 費用をかけずに転職をしたい人にとっては、完全無料のリクルートダイレクトスカウトが向いているでしょう。

サービス内容

画像

リクルートダイレクトスカウトは、ヘッドハンターからスカウトを受けることができますが、ビズリーチも同じようなスカウト機能があります。スカウトの内容は、以下の通りです。

リクルートダイレクトスカウトのスカウト
  • 一般的なスカウト
  • 一球入魂スカウト
ビズリーチのスカウト
  • 一般的なスカウト
  • プラチナスカウト

選ばれた会員のみが受けることができるという点では、どちらも希少価値の高いスカウトである点が共通しています。

異なる点として、一球入魂スカウトはヘッドハンターからのみ送付されるのに対し、プラチナスカウトは企業からのスカウトもあります。

 

また、企業からのプラチナスカウトは面接が確約されており、書類選考が免除される点に違いがあります。この点、ビズリーチのスカウト機能に分があると言えます。

ビズリーチとの併用もおすすめ

画像

双方にメリット・デメリットがあるため、どちらを選べばいいか迷ってしまうでしょう。そのような時には、併用して活用することがおすすめです。

違う求人を取り扱っているため、選べる求人の幅が広がります。

ただし、登録サイトが増えると求人の管理が大変になるデメリットもあります。無理のない範囲で賢く活用しましょう。

【ヘッドハンターも有り】リクルートダイレクトスカウトのメリット

【ヘッドハンターも有り】リクルートダイレクトスカウトのメリット

ここで気になるのはリクルートダイレクトスカウトを利用するメリットです。それぞれ項目別に解説します。

自分でヘッドハンターを探せる

通常のヘッドハンター機能がある転職サイトは、スカウトを受けるまで待つ必要があります。一方、リクルートダイレクトスカウトは自分でヘッドハンターを検索することが可能です。

検索できる条件は、以下の通りです。

ヘッドハンターの検索機能
  • 業界の経験年数
  • 得意な業種
  • 得意な職種

自分の希望する条件に合ったヘッドハンターのプロフィールが表示されたら、相性の良さそうなヘッドハンターに連絡してみましょう。

自分で相手を検索できるので、納得して相談することができます。

豊富なハイキャリア求人から選べる

画像

リクルートダイレクトスカウトは管理職以上のハイクラスな求人を多く取り扱っています。最低年収は600万円からなので、年収アップが期待できるでしょう。

 2021年4月19日現在の公開求人で年収5,000万円以上の求人は814件あります。

高い年収の求人が豊富に選べる点はリクルートダイレクトスカウトの強みです。リクルートダイレクトスカウトが取り扱っている職種は以下の通りとなっています。

選べる職種
  • IT・インターネット
  • メーカー
  • 商社
  • 流通・小売・サービス
  • コンサルティング
  • マスコミ・メディア
  • エンターテインメント
  • 金融
  • 建設
  • 不動産

豊富な職種から選ぶことが可能です。また、日本国内の企業だけでなく、外資系企業の求人も取り扱っています。

自分のスキルを最大限に生かせる求人を見つけましょう。

スカウトを受けることができる

画像

経歴を登録することで、ヘッドハンターからスカウトを受けることができます。一回登録しさえすればあとは待つだけ。普段仕事が忙しい方には便利な機能です。

スカウトには、一般的なスカウトと受け取れるのが限定されている一球入魂スカウトの2種類があります。

一球入魂スカウトは希少価値が高く、ヘッドハンターの熱量が高いスカウトです。スカウト通知が届いたら、スカウトの形式がどちらなのか、しっかりと確認しておきましょう。

顧問求人スカウトとは?

リクルートダイレクトスカウトでは、顧問求人スカウトサービスを開始しました。顧問求人とは業務委託の求人のことです。

長年培ってきた知識や経験を生かして「企業を支援する人材」を求める企業からの求人です。
 最近では、シニア層に限らず、若手・中堅のハイキャリア層が副業として「業務委託」で働く人も増えています。

長期的で多様なキャリア構築を考えている方は、一度検討してみることをおすすめします。

企業からのスカウトはない?リクルートダイレクトスカウトのデメリットとは

企業からのスカウトはない?リクルートダイレクトスカウトのデメリットとは

メリットがたくさんある一方で、どのようなデメリットが挙げられるのでしょうか。それぞれ深堀りして解説します。

スキルや経験がないと選べる求人が少ない

 基本的にハイキャリア求人を取り扱っているため、未経験歓迎の求人などの取り扱いはほとんどありません。

そのため、社会人経験の少ない第二新卒には向いていないと言えるでしょう。

スキルに自信がない方も、選べる求人が少ないかもしれません。

このサービスは、ある程度経験を積んだ人材がスキルアップを目指すうえで利用するものだと理解しておきましょう。企業に売り込める経験があまりない方のアピールポイントとして、資格を取得することもおすすめです。

 得意分野の資格を取得すれば、企業に一定の知識があることをアピールできます。

資格を取る過程でスキルも身につくうえ、求職者としてのやる気を示すことにもつながるでしょう。

スピーディーに転職活動をしたい方には不向き

画像

企業からスカウトを受けることはなく、ヘッドハンターからの連絡を待つ必要があります。そのため、急いで転職をしたい方にとっては時間がかかってしまう点がデメリットに感じるでしょう。

ハイキャリア求人なので、年収アップを目指すためにもじっくりと求人を厳選することをおすすめします。
 ヘッドハンターは自分でも検索して選ぶことが可能です。プロフィールなどを見て自分と相性のよさそうなヘッドハンターを探してみるといいでしょう。

職務経歴書の添削サービスや面接指導は行っていない

リクルートダイレクトスカウトのデメリットのひとつとして、履歴書・職務経歴書の添削サービスや面接指導を行っていないことが挙げられます。

転職が初めての方にとって応募書類の内容や面接は不安なことが多いでしょう。
 そのため、リクルートダイレクトスカウトはどちらかと言えば転職に慣れている方に向いていると言えます。

添削サービスや面接指導を受けたい場合には、他のサイトも併用して登録することがおすすめです。

リクルートダイレクトスカウトの利用の流れ

リクルートダイレクトスカウトの登録からスカウトが来るまでの流れを紹介します。

リクルートダイレクトスカウトの利用の流れ

ステップ①無料会員登録

ステップ②登録情報の入力

ステップ③スカウトを待つ

順番にみていきましょう。

ステップ①無料会員登録

まずは、リクルートダイレクトスカウトの公式ホームページから、無料会員登録を行います。

登録はメールアドレスもしくはfacebookアカウントからも可能です。あなたの登録しやすい方法を選択しましょう。

ステップ②登録情報の入力

続いて、登録情報の入力に移ります。以下の情報を入力しなればいけません。

  • 会員情報
  • レジュメ

具体的な入力内容は以下のとおりです。

会員情報への入力内容
  • 氏名
  • 生年月日
  • 性別
  • 都道府県
  • 直近の年収
  • 直近の業種・職種

「直近の年収」に関しては、手取りでなく総支給額を入力してください。なお、上記は入力必須項目なので、すべて入力しなければ登録できません。

氏名と生年月日は、スカウトの返信、求人への応募、相談を行わない限り公開されないので、ご安心ください。

会員登録が終わると、次にレジュメの登録を行います。具体的には以下の内容を入力します。

レジュメへの入力内容
  • 学校種別(大卒・大学院卒)
  • 学校名
  • 学部・学科
  • 卒業年月
  • 英語レベル
  • 連絡先
  • 経験社数
  • 企業名
  • 部署名・役職
  • 在籍期間
  • 職務内容
  • 保有資格
  • 希望条件

ここで登録するレジュメは、ヘッドハンターが企業の求めている条件に適しているか判断を行う際の重要な資料になるため、しっかりと入力しましょう。

リクルートダイレクトスカウトはハイキャリア案件を数多く取り扱っています。ハイキャリア案件は即戦力を求めるため、「経験・職務内容」は漏れなく入力することをおすすめします。

 「英語レベル」に関してはTOEICで700点程度であれば、「ビジネス英会話」を選択してよいでしょう。

希望条件はできるだけ絞った方が、自分の理想とマッチする求人が紹介されることが多くなります。

ステップ③スカウトを待つ

登録情報の入力が完了すると、ヘッドハンターからのスカウトが届く状態に変わります。レジュメはいつでも変更が可能なので、スカウトがあまり来ないと感じたら、レジュメを見直しましょう。

リクルートダイレクトスカウトの求人応募はスカウトを待つだけでなく、自分から求人検索をしてヘッドハンター経由で求人応募することが可能です。

理想の求人を見つけたら、ヘッドハンターと連絡を取り、積極的に応募してみましょう。

リクルートダイレクトスカウトの活用のコツ

リクルートダイレクトスカウトはハイキャリア案件が多く、ある程度経験を積んだ人でなければ扱いが難しい転職エージェントサービスです。

そのため、ユーザー側も賢く利用しないと良い転職活動ができないでしょう。ここでは、リクルートダイレクトスカウトの活用のコツについて解説します。

リクルートダイレクトスカウトの活用のコツ
  • 一球入魂スカウトは見逃さない
  • スカウトが来ない場合は、原因を探る
  • 担当コンサルタントを自分で選ぶ
  • 同じ案件には複数のサービスから応募しない

それぞれ、解説しますね。

一球入魂スカウトは見逃さない

リクルートダイレクトスカウトには、「一球入魂スカウト」というレアなスカウトがあります。

こちらは、レジュメを見たヘッドハンターが「ピッタリな企業がある」と判断された場合に届くスカウトサービスです。

 面接が確約されるわけではありませんが、ヘッドハンターの本気度が高いスカウトのため、転職成功確率も上がります。

一球入魂スカウトが届いたら、必ず目を通すようにしましょう。

一球入魂スカウトが届くということは、あなたの市場価値の高さを示しています。

スカウトが来ない場合は、原因を探る

もしスカウトが来ない場合は、原因を探りましょう。スカウトが来ないからといって、退会するのは勿体ありません。

 スカウトが来ない原因としては、「レジュメの内容が薄い」「経験やスキルが不足している」ことが考えられます。

よって、レジュメの内容を充実させたり、他社の転職サービスを併用したりして、うまく対処することが大事です。

経験やスキルが足りないと感じたら資格取得を目指すのもありです。

担当コンサルタントを自分で選ぶ

リクルートダイレクトスカウトには「担当コンサルタントを自分で選べる」という特徴があります。というのも、他社の転職サービスでは一方的に担当者が付けられることがほとんどです。

いざ担当が付いたものの、相性が合わない、明らかに新人といったケースが起こりがちです。

リクルートダイレクトスカウトでは2000名を超えるコンサルタントの中から、実績や経験などのプロフィールを閲覧した上で、指名ができます。

そのため、数人と相談してみて、しっくり来るコンサルタントとタッグを組むことが可能です。

 無料で相談できるため、気になった方には、積極的にコンタクトをとりましょう。

同じ案件には複数のサービスから応募しない

リクルートダイレクトスカウトはハイキャリア求人が多いため、複数の転職サービスの利用を考えている方は多いと思います。

そこで、注意が必要なのは、同じ案件には複数のサービスから応募しないことです。別のサービスで同じ案件に応募すると、企業からコンサルタントに連絡が入ります。

良かれと思い、紹介した求人が別のサービスからも応募されてしまうと、コンサルタントとしてはあまり良い気がしません。

また、企業からも自己管理能力がない人と判断されてしまいます。よって、複数のサービスから応募しないようにしましょう。

リクルートダイレクトスカウトのエージェントサービスについて

画像

リクルートダイレクトスカウトでは、約300社の転職エージェントと提携しています。提携先の会社は以下の通りです。

提携先の転職エージェント
  • 株式会社パソナ
  • マイケル・ペイジ・インターナショナル・ジャパン株式会社
  • アデコ株式会社 Spring転職エージェント
  • フォースタートアップス株式会社
 リクルートダイレクトスカウトでは、毎年転職支援実績を元に活躍した転職エージェント及びヘッドハンターを表彰しています。

転職エージェントサービスは、マイページで管理することができます。

厳選ヘッドハンターとは

画像

よりレベルの高い厳選した質の高いヘッドハンターを公式サイトで特集しています。以下のような経歴を持ったヘッドハンターです。

厳選ヘッドハンター
  • ハイクラス×地方Iターンが得意のヘッドハンター
  • 消費財マーケットで25年間働いた実績のあるヘッドハンター
  • デジタルマーケティング業界の有料企業を得意とするヘッドハンター
  • 日系大手メーカーで35年勤務実績のあるヘッドハンター

前職での勤務歴が長く、実績のあるヘッドハンターばかりです。上記のような経歴を持つヘッドハンターに無料で相談できるのは心強いでしょう。

ヘッドハンターの年齢はさまざまで、女性も在籍しています。

自分の転職したい業界で豊富な経験を持つヘッドハンターを見つけてください。

 現在リクルートダイレクトスカウトでは約2,000名を超えるヘッドハンターが在籍しています。

スカウトを待つのも良いですが、一度検索してみることをおすすめします。

リクルートダイレクトスカウトとの併用がおすすめ!転職エージェント3選

リクルートダイレクトスカウトとの併用がおすすめ!転職エージェント3選

転職エージェントは複数登録することをおすすめします。複数登録することで、様々な求人に出会うことができますよ。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

            おすすめポイント
            • 公開求人数・非公開求人数ともに業界最大級
            • 様々な職種・業種を取り扱っているので、希望の転職先に出会える可能性が高い!
            • 求職者の年収相場などを提示してくれるキャリア査定サービスを利用できる!
            • 完全無料

            リクルートエージェントは公開求人数は116,339件、非公開求人数は174,516件業界最大級の求人を持つ転職エージェントです。

             保有している求人数が多いので、取り扱っている職種・業種の種類も多いです。希望する職種・業種が見つからないといった心配はまずないでしょう。

            全国の求人を取り扱っていますので、日本のどこからでも利用可能です!

            また、自分のスキルではどの程度の年収の求人を目指せばいいのかわからない...という人にはキャリア査定サービスがおすすめです。

            あなたの今までの職歴などから、おすすめの転職市場・適正年収・キャリアプランを診断してくれます。
            ※2021年6月30日現在
            運営会社 株式会社リクルートキャリア
            主なサービス(機能)
            • エージェントサービス
            • 職務経歴書エディター
            • 面接力向上セミナー
            • 担当者面談
            公開求人数※2021年6月30日時点 116,339件
            拠点 全国対応可

            丸の内/北海道/東北/横浜/静岡/中部/関西/京都/神戸/岡山/広島/九州

            マイナビエージェント

            マイナビエージェント

            おすすめポイント
            • 第二新卒など20代向けの求人が豊富!
            • サポート体制が手厚く、面倒見の良さが評価されている!
            • 非公開求人は10万件以上!自分にぴったりの求人を紹介してもらえる!
            • 完全無料

            マイナビエージェントは20代や第二新卒の転職実績が豊富な転職エージェントになります。もちろん20代だけではなく30代以上の年代の方も利用することができますよ。

             転職成功に向けてキャリアアドバイザーから手厚いサポートを受けることができます。初めての転職をする方に特におすすめです。

            公開求人数は2万件以上、非公開求人数はなんと10万件以上保有しています。キャリアアドバイザーとの面談を通してあなたにぴったりの求人を紹介してくれるでしょう。

            初めて転職をする方、未経験業種への転職に挑戦したい方はマイナビエージェントがおすすめです。
            運営会社 株式会社マイナビ
            主なサービス(機能)
            • エージェントサービス
            • 履歴書添削サービス
            • 面接対策
            • サポート期間は無期限
            公開求人数※2021年6月30日時点 27,390件
            拠点 全国対応可

            京橋/新宿/神奈川/北海道/宮城/名古屋/京都/大阪/兵庫/福岡

            ビズリーチ

            ビズリーチ

            おすすめポイント
            • 3分の1以上の求人が年収1,000万円超え
            • 企業からのスカウトの中には面談が確約されたものも!
            • 経験豊富なヘッドハンターからアドバイスをもらえる!

            ビズリーチは、即戦力を求める求人が多い点が特徴です。管理職や専門職、次世代リーダー、グローバル人材などの即戦力・ハイクラス人材に特化しています。

            企業や求人のレベルも他のエージェントと比べて高めと言えるでしょう。

            年収1000万円以上の求人も多く保有しているため、年収アップも期待できるでしょう。有料会員になれば、全てのスカウトや求人の閲覧ができます。

            運営会社 株式会社ビズリーチ
            主なサービス(機能)
            • エージェントサービス
            • タレント・ハイクラス会員制度
            • ヘッドハンター
            • スカウト
            公開求人数 72,762件※2022年4月1日時点
            拠点 東京/首都圏拠点(渋谷)/関西/名古屋/福岡

            よくある質問

            リクルートダイレクトスカウトの特徴は?
            ハイクラスな求人を取り扱うサイトです。2021年4月19日現在の公開求人数は63,457件で、国内や外の求人を保有しています。年収800万円から2,000万円台の求人が揃っており、年収アップが期待できます。
            リクルートダイレクトスカウトの一球入魂スカウトとは?
            誰にでも届く一般的なスカウトとは違い、送信回数が限定されている希少価値の非常に高いスカウトのことです。ヘッドハンターから経験やスキルが備えられていると判断されたということです。
            リクルートダイレクトスカウトの口コミから見た評判は?
            良い口コミが圧倒的に多く、ほとんどの方が年収アップに成功しています。ハイクラスな求人が多いため、しっかり吟味して選ぶことができます。一方、スキル不足の方は選べる求人が少ないようです。
            ビズリーチとの違いは?
            ビズリーチは全ての機能を利用するには有料会員になる必要があります。一方、リクルートダイレクトスカウトは全て無料で利用が可能です。どちらもハイクラスな求人を取り扱っているため、両方契約することも良いでしょう。
            リクルートダイレクトスカウトのメリットは?
            自分でヘッドハンターを探して指名できるので、相性の良い担当を見つけることができます。自分で求人を探しつつスカウトを受けることもできるため、安心してじっくり転職活動ができる点も魅力です。
            リクルートダイレクトスカウトのデメリットは?
            スキルや経験がない新卒や第二新卒の方は利用しにくいデメリットがあります。履歴書・職務経歴書などの応募書類の添削サービスがない点も、初めて転職活動をする方にとっては不安に感じることがあるでしょう。
            リクルートダイレクトスカウトのエージェントサービスは?
            職務経歴書を登録することで、ヘッドハンターからスカウトを受けることができます。将来を見据えたキャリア形成のサポートを受けられるので、これからの働き方を検討しながら活動ができるでしょう。

            まとめ

            キャリアアップを目指すなら、リクルートダイレクトスカウトがぴったりでしょう。今回は、特徴や口コミから見る評判について解説しました。

            独自のヘッドハンター検索機能やスカウトサービスも用意されています。ビズリーチとは違い、全てのサービスに料金がかからない点もメリットであると言えるでしょう。

            エージェントサービスをうまく活用して、面接の通過率をアップさせましょう。リクルートダイレクトスカウトでスキルアップ転職を成功させてくださいね。

            こちらの記事も合わせて読みたい
            ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
            ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
            ・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
            ・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
            ・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
            おすすめの記事