50代の転職事情を解説!役立つ資格や転職を成功させるコツも解説

50代の転職事情を解説!役立つ資格や転職を成功させるコツも解説

転職をするにあたって、やはり「年齢は若い方が次へのチャレンジがしやすいのでは」と考える人は少なくありません。

しかし、本当に年齢を重ねてしまうと転職はできないのでしょうか。

そこで今回は、50代での転職にスポットを当てて、現実的に厳しいか否かを解説します。

この記事でわかること
  • 50代の転職が厳しいと言われる理由
  • 50代の人が転職を考えるきっかけ
  • 50代の転職で役立つ資格
  • 50代の転職で求められること

転職を成功させるコツやおすすめの転職エージェントも紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

50代での転職の現実は厳しい?

50代での転職は厳しい?

結論から言うと、50代での転職は現実的に厳しい傾向にあります。その理由は主に以下です。

50代の転職が難しい理由
  • 定年に近い年齢であること
  • 若い世代に比べて給与が高めなため人件費がかかること
  • 加齢による体力の低下

定年に近い年齢である

50代となれば定年が近いため、仮に採用してもすぐに退職となることが挙げられるでしょう。

現在日本の定年は60歳が主流ですが、高年齢者雇用安定法の改定により、2025年4月から65歳定年制がすべての企業の義務化となります。

これにより、チャンスが広がる可能性はゼロではありません。

数年後には今よりも転職しやすくなっているかもしれませんね。

若い世代に比べて給与が高めで人件費がかかる

50代での転職は厳しい?

50代となれば、若い年齢の社員に比べて給与水準は高めに設定されることが少なくありません。つまり、企業にとってはそれだけ人件費がかかってしまうのです。

なるべく人件費を削減したいと考える企業があることから、定年に近い年齢の人を高給で確保するメリットは、あまりないと推測できます。

加齢による体力の低下

50代になると、やはり年齢からくる体力の低下は否めません。若い社員の方がテキパキと働き、フットワークも軽いなど企業にとって戦力となり得るでしょう。

 50代の人は社会での経験が豊富なため戦力にはなりますが、キャリアを積んでいることからプライドが高く扱いづらさを心配する採用担当者も少なくないようです。

経験が裏目に出てしまう可能性も否めないため、転職を考えている人は念頭に置いておきましょう。

50代の人が転職を考えるきっかけ

50代で転職を考える人が抱える理由

会社との相性

勤めている会社との相性が良くない場合、50代でも定年までに転職を考える人は少なくありません。

仕事の内容など労働条件に加え、人間関係や待遇面での不満を理由に転職をする人がいるとのことです。

キャリアプランの変更

50代で転職を考える人が抱える理由

キャリアプランを変更するために、転職を考える人も少なくありません。

日本では男性を中心に長く勤務する雇用キャリアが多いですが、定年を迎えるまでに、他の職種・業界に挑戦してみたいという意欲にかられる人が転職する傾向にあります。

昔から憧れていた職業にチャレンジしたくなった人もおられるのではないでしょうか。

ライフスタイルの変化

単身赴任をしていた人が50代を機に避けて、自宅から通える場所で勤務するため転職をするといった例もあるとのことです。

多少給与が下がったとしても、家族との時間を大切にするため今までのキャリアを活かし、転職をして新たなライフスタイルの形成に励む人が少なくありません。

50代の転職で役立つ4つの資格

50代の転職で有利になる4つの資格

1.税理士

税理士は税金関係を扱うスペシャリストで、経理へ転職する際は大いに役立つでしょう。企業にとって、税理士資格取得者は魅力的な人材としてみられる傾向にあります。

税理士の資格取得難易度は高いですが、50代での転職は年齢的にも厳しいことも踏まえると、持っていてプラス要素となり得るものです。

難関資格ですが、取得後にはキャリアアップも目指せるかもしれません。

2.中小企業診断士

中小企業診断士は国家資格であり、取得難易度は高いものです。しかし、日本の多くは中小企業ということから、資格取得者は魅力的な人材と扱われる可能性があります。

 企業の経営状態を把握し、提案をするといった重要な役割を担うだけに責任感もありますがやりがいも感じられる仕事です。

経営コンサルタントのなかでも中小企業診断士の資格を取得している人は多く、管理職に就いている人も少なくありません。

3.簿記1級

50代の転職で有利になる4つの資格

簿記は、企業にとって不可欠となる帳簿を付けるためのスキルになります。なかでも簿記1級は高い能力を示せるため、50代での転職で役に立ちやすいでしょう。

社会的にニーズが高く、資格取得者は業種を問わず多くの求人から理想の仕事を探せる点が特徴です。

4.宅地建物取引士

国家資格として人気の高いもので、不動産売買や賃貸の仲介に不可欠と言えます。

不動産屋は事務所ごとに従業員5人に対して1人以上の割合で宅地建物取引士を置くよう法律で義務付けられているため、社会的に求められている人材です。

50代の転職で求められること

50代の転職で有利になる4つの資格

専門性

専門性の高い仕事への転職にあたって、その業界に対し知見のある人は有利になりやすいでしょう。

今までの経験から培ってきたスキルが活かせる場合、企業としては即戦力として採用するという考えを持っている場合が少なくありません。

活かせるスキルや経験があれば、積極的にアピールしましょう。

離職率の低さ

50代の転職で有利になる4つの資格

定年まで働くという思いから、離職のリスクが少ないと企業としては採用する方向で考えやすくなります。

せっかくの人材を獲得しても、すぐ辞められるようでは企業としては魅力的な人材とは言えません。

何度も転職をしている人は、また辞めてしまうのではと捉えられる可能性もあるため定着率は重要です。

経験や人脈

50代の転職者に対して企業側が求めることとしては、今までの経験や繋がってきた人脈です。

それらを新たな職場で活かせるか否かは、企業にとって採用を決めるうえで非常に重要な要素と言えるでしょう。

【50代女性・男性】転職を成功させるコツ

50代の転職で有利になる4つの資格

スキルの棚卸をする

今までの経験で得たスキルの棚卸をして、そのキャリアを活かせる仕事を探すことがポイントです。

企業は50代の転職者となれば即戦力を求める傾向にあるため、アピールできる要素を一つでも多く洗い出しておきましょう。

保有する資格を活かせる業界では即戦力となり得るため、仕事探しをするうえで意識しましょう。

サービスや福祉業界に注目する

50代の転職で有利になる4つの資格

50代になると、年齢ゆえに併せ持つ物腰の柔らかさコミュニケーション能力を評価される傾向にあります。

それらから、サービスや福祉の仕事は年齢の高い人に対する需要が高い傾向にあるのです。

 年齢ゆえの能力に加え、仕事で活かせる資格を保有している場合は、未経験やブランクがある人でも魅力的な人材と捉えてもらえる可能性が高まります。

新たな業界でもチャレンジしやすい職種はあるため、ぜひ転職活動の際は把握しておきましょう。

転職エージェントを活用する

転職活動をするにあたって、やはりその道のプロから力を借りることは内定獲得へ向けて極めて重要となります。

50代で転職活動をする場合は、転職エージェントの活用を検討してみましょう。なかでも、以下を意識して利用先を選ぶことをおすすめします。

転職エージェントの選び方
  • 50代での転職実績があるサービスを選ぶ
  • 企業側からスカウトをもらえるサービスを選ぶ
  • 求人数が多いサービスを選ぶ
  • 経験・実績豊富なキャリアアドバイザーが在籍するサービスを選ぶ

50代での転職は、年齢的にやはり難しい傾向にあります。しかし、企業としては即戦力となる経験豊富な人材を求めていることも事実です。

そのため、過去に50代の転職者を支援し、内定へと導いた実績をいかに保有しているかは重要なチェック項目となります。

 自分からだけでなく、企業側からスカウトという形でアクションを起こせる転職エージェントを選ぶことも、内定率を高めるために必要です。

また、求人数が多いことも選択肢を広げることに繋がり、かつ経験・実績豊富なキャリアアドバイザーが多く在籍していることは、有意義な転職活動を送るうえで欠かせません。

50代が転職エージェントを利用するメリット

転職エージェント

前述のとおり、50代の転職は簡単ではないです。例え、転職エージェントを利用したとしても登録時に断られる可能性が否めません。

しかし、50代でも転職エージェントを利用するメリットはあります。ここでは、50代の方が転職エージェントを利用するメリットを解説しますので、ぜひ参考にしてください。

非公開求人にアクセスできる

転職エージェントには他のサービスには掲載されていない非公開求人を取り扱っています。というのも、好条件の案件は転職サイトやハローワークに掲載すると応募が殺到してしまいます。

企業は効率よく採用を進めるために転職エージェントのみに非公開求人を出すケースが多いのです。

そして転職エージェントが取り扱う求人は80%が非公開求人と言われています。つまり、転職エージェントに登録することで、好条件である非公開求人にアクセスすることが可能です。

転職エージェントは無料で利用できるため、複数のエージェントに登録して様々な非公開求人を確認しましょう。

 転職エージェントにも得意とする領域があるため、50代に強い転職エージェントに登録するのがおすすめです。

転職のプロにキャリアを相談できる

不当な要求に屈しない

転職エージェントを利用することで、転職のプロにキャリアを相談することができます。転職の話は、第三者に相談しにくいですよね。

そのため、転職のプロから客観的な意見をもらえるのはありがたいことです。転職エージェントは日頃から多くの転職希望者と接しています。

転職に関する不安や悩みに対して、プロの視点でアドバイスがもらえるのは魅力のひとつと言えるでしょう。

転職エージェントを利用することで、転職の方向性が明確化しますよ。

面倒な手続きを代行してくれる

転職エージェントは応募手続きや日程調整、条件交渉のような、面倒な手続きを代行してくれます。

 企業との連絡は、全て転職エージェントを介したやり取りになるので、企業とは直接やり取りしたくない方にはありがたいメリットでしょう。

また、普段の仕事をしながら、企業と直接やり取りを行うのは労力がかかります。

転職エージェントを利用することで、面倒な手続きを丸投げできるため、効率的に転職活動を進めることができます。

50代におすすめ転職エージェントの選び方

即日退職の流れ

転職エージェント選びは転職活動をする上で非常に重要です。50代におすすめする転職エージェントの選び方は以下のとおりです。

50代におすすめ転職エージェントの選び方
  • 年齢に合ったサービスを選ぶ

  • 求人数が豊富な転職エージェントを選ぶ

  • 複数の転職エージェントを利用する

  • 特化型と総合型は必ず1社ずつ登録する

それぞれ、みていきましょう。

年齢に合ったサービスを選ぶ

転職エージェントには得意とする職種や業界、年齢層があるため、50代の転職に合わないエージェントを利用すると転職がうまくいきません。

50代に特化した転職エージェントを利用すれば、同じ年代の転職サポートを数多く経験したコンサルタントから的確な指導を受けられます。

本記事で紹介している転職エージェントは50代転職にも対応しているので、興味のある方は登録してみてください。

50代に弱い転職エージェントは、登録の段階で断られるケースがあります。

求人数が豊富な転職エージェントを選ぶ

求人数が豊富な転職エージェントを選ぶようにしましょう。例えば、リクルートエージェントは約13万件の公開求人と、約18万件もの非公開求人を扱っています。

このように求人数が豊富なサービスを使った方が、良い転職先を見つけられる可能性が上がります。転職エージェントを選ぶ際は取り扱い求人数をチェックしてみてください。

複数の転職エージェントを利用する

転職エージェント

転職エージェントは複数利用することをおすすめします。複数の転職エージェントを利用するメリットは以下のとおりです。

メリット
  • 複数のコンサルタントからアドバイスがもらえる

  • 各サービスの比較ができる

  • 各サービスの非公開求人にアクセスできる

転職エージェントは得意とする領域が異なります。複数の転職エージェントを利用することでそれぞれの強みを生かした転職活動ができます。

 転職エージェントは2~3社利用するのが良いと言われています。

総合型と特化型は必ず1社ずつ登録する

転職エージェントは総合型と特化型を1社ずつ登録するようにしましょう。

総合型はリクルートエージェントのように、幅広い求人を掲載しているタイプのサービスです。

一方、特化型はJACリクルートメントのように、特定の年齢層や職種を対象にしたサービスを言います。

総合型と特化型を併用することで、各サービスのメリットを享受できるので、バランスの取れた転職活動が実現できます。

 また、50代は管理職を経験されている方が多いので、スカウト機能があるハイクラス向けの転職サイトを利用するのもおすすめです。

50代の転職で使える志望動機例文

50代での転職は簡単ではありません。そのため、志望動機で面接するだけの魅力がある人間だと判断されるように、工夫する必要があります。

ここでは、50代の志望動機の書き方と志望動機の例文を紹介します。

50代の志望動機の書き方

採用される50代の志望動機の書き方として、以下の4点を意識するとよいでしょう。

50代 志望動機の書き方
  • 経験やスキルを簡素に書く
  • 自分の強みをアピールする
  • 強みが活かせる理由を説明する
  • 転職先でどのように活躍できるかを伝える
  • 未経験でも熱意ときっかけを伝える

転職サイトやエージェントに掲載すると、多くの求人が集まり、採用担当者はたくさんの書類をチェックしなければいけません。

長々と書いている志望動機はその時点で弾かれる可能性があります。よって、上記の4点を意識して、簡素にまとめることが重要です。

志望動機は面接で補足することを前提にして、簡素に書くようにしましょう。

50代 志望動機例文

では、前述のポイントを踏まえて、志望動機例文を紹介します。

例文①営業職

30年間営業一筋で、現在は営業部長を務めています。

これまでに30名以上の部下をマネジメントした経験と、チームの士気を上げて目標を達成する統率力が私の強みです。

この度貴社の求人を拝見し、若いメンバーが中心の営業部でのマネジメント業務に経験を活かせると考え志望しました。

例文①はこれまでの経験と強みが簡素に書かれています。採用担当者にもストレスなく、読まれる志望動機です。

また、「管理職としての経験を活かしていきたい」と転職後の展望も書かれているのも良い点です。

例文②介護職未経験

父の介護がきっかけで、介護の仕事をしようと考えました。

これまで約10年、子育てや父の介護をしておりました。

父は貴社のデイサービスを利用していたのですが、貴社に通うことを本当に楽しみしていました。

貴社へ見学に伺った際、利用者さんを楽しませようと手厚いサービスを提供されているスタッフの皆さんに深く感動したことを覚えています。

私も貴社で利用者さんに感謝される介護をしたいと考え、志望致しました。

父の介護経験を活かしながら、一人ひとりが居心地のいい時間を過ごしてもらえるよう尽力します。

例文②は未経験ながらに「なぜその職を選ぶのか」が明確です。また、介護職への熱意も伝わる文章になっています。

志望動機を書いたら、一度転職エージェントの担当者などに添削してもらうことをおすすめします。ブラッシュアップされることで、書類選考を通過する確率も上がりますよ。

【転職の参考に】50代の平均年収を解説

dodaの平均年収ランキング(年代別・年齢別の年収情報2021/12/13時点)によると、50代以上の平均年収は613万円でした。

とはいえ、50代以上ということで60代や70代も含まれます。よって、50代であれば、もう少し年収が変わってくるかもしれません。

ここでは、50代の年収について詳細に解説します。

50代の年齢別平均年収

では、50代の年齢別平均年収をみていきましょう。

年齢 平均年収
全体 男性 女性
50歳 557万円 623万円 419万円
51歳 572万円 644万円 424万円
52歳 585万円 652万円 430万円
53歳 596万円 657万円 429万円
54歳 620万円 677万円 454万円
55歳 627万円 680万円 446万円
56歳 633万円 680万円 432万円
57歳 649万円 695万円 445万円
58歳 683万円 728万円 470万円
59歳 731万円 762万円 479万円

日本全体の平均年収は403万円と言われているので、50代以上の平均年収は150万円以上高いことが分かります。

上表から、50歳以上の男性であれば、年収が600万円を超えることは普通のようです。

50代の職種別平均年収

ここでは、50代の職種別平均年収について紹介します。

職業 平均年収
企画/管理系 794万円
専門職(コンサルティングファーム/専門事務所/監査法人) 738万円
金融系専門職 695万円
技術系(IT/通信) 685万円
営業系 675万円
技術系(電気/電子/機械) 656万円
技術系(メディカル/化学/食品) 577万円
技術系(建築/土木) 558万円
クリエイティブ系 543万円
事務/アシスタント系 425万円
販売/サービス系 413万円

上表から、専門職の平均年収が高い傾向があります。一方で、事務や販売などは500万円以下と、50代にしては低い年収です。

販売/サービス系は全体の平均年収が324万円で、他の職種と比べても低い傾向があります。

50代の転職で年収を上げるのは難しい

50代で転職すると40%の確率で年収が下がる(※)という統計データが出ています。よって、高い専門性やマネジメントスキルを持っていないと、年収を上げる転職は厳しいでしょう。

特に、未経験分野への転職は年収が大幅に下がる可能性があります。上述のとおり、50代は平均年収が613万円と高いです。

 しかし、未経験分野となると若手と同じ扱いを受けてしまうため、年収の低下は避けられません。

また、高い専門性やマネジメントスキルがあったとしても、定年が近いことや加齢による体力低下も否めないので、企業としては同スキルを持った若い人を優先します。

そのため、50代の転職は、年収よりもやりがい職場環境を意識して転職活動をすることがよいでしょう。

人生100年時代と言われる社会になり、目先の年収よりも60歳を過ぎても心地よく働ける企業を選ぶとよいでしょう。
(※)参照元:厚生労働省

50代におすすめの転職エージェント3選

リクルートエージェント

リクルートエージェント

おすすめポイント
  • 完全無料で利用できる
  • 多くの非公開求人を保有
  • 実績豊富なキャリアアドバイザーが転職をサポート
  • 幅広い職種を扱う

約13万件の公開求人と、約18万件もの非公開求人を扱っています。インターネット上にない求人数の多さから、今まで見たことがない求人との出会いも期待できるでしょう。

 転職業界を熟知した経験豊富なキャリアアドバイザーが転職をサポートしてくれるため、50代からでも自分のアピールポイントを見出し最適な仕事を提案してくれます。

職種についても営業・販売や経営・企画、あるいはIT・エンジニアなど、幅広く扱っているため、50代までに培ったキャリアを活かせる仕事が見つかる期待も高まります。

リクルートエージェントが、独自で分析した業界・企業の情報を提供してくれる点も大きな特徴です。
運営会社 株式会社リクルート
主なサービス(機能)
  • 求人紹介
  • 非公開求人の提供
  • 面談の実施
  • 面接対策
  • 志望企業への推薦
公開求人数※2021年9月30日時点 130,153件
対応エリア 全国

出典:https://www.r-agent.com/

リクルートダイレクトスカウト

リクルートダイレクトスカウト

おすすめポイント
  • 完全無料で利用できる
  • ハイクラス求人に特化したエグゼクティブ向け転職サービス
  • ヘッドハンター・企業からスカウトを受け取れる
  • 非公開の仕事に出会える

リクルートダイレクトスカウトは、リクルートが提供するハイクラス求人に特化したエグゼクティブ向け転職サービスです。一人ひとりに合った求人を、ヘッドハンターが紹介してくれます。

 ハイクラス求人を扱うだけに、年齢層の高い人向けの仕事が多数掲載されている点が特徴です。50代の転職事例も紹介されており、内定獲得への期待も高まります。

また、ヘッドハンターだけでなく企業からも直接スカウトを受け取ることが可能です。直接コンタクトが取れることから、効率良く転職活動に取り組めるでしょう。

2021年7月時点で在籍するヘッドハンターは約3,000名以上となり、仕事を探して提案してくれます。
運営会社 株式会社リクルート
主なサービス(機能)
  • ハイクラス求人の案内
  • 非公開求人検索
  • 求人紹介
  • スカウト
公開求人数※2021年9月30日時点 74,828件
対応エリア 全国

出典:https://careercarver.jp/

JACリクルートメント

JACリクルートメント

おすすめポイント
  • 完全無料で利用できる
  • 30代~50代向けの転職エージェント
  • 管理職・技術職・専門職の転職に強い
  • 約800名のコンサルタントが厳選スカウト求人を紹介

JACリクルートメントは、30代~50代向けの転職エージェントです。管理職・技術職・専門職といった、今までの経験を活かせる求人を多数扱っている点が特徴となります。

 約800名のコンサルタントが在籍しており、各職種のプロが多角的に求人を紹介してくれるため、幅広い選択肢から選べる点が魅力です。

求人のスペックだけでなく、社風・部・課・チームの雰囲気など気になる情報も伝えてくれます。50代での転職に不安を抱えている人でも、安心して新たなチャレンジができるでしょう。

国内大手や外資系、海外進出企業などJACリクルートメントだからこそ紹介できる求人を豊富に扱っています。
運営会社 株式会社 ジェイエイシーリクルートメント
主なサービス(機能)
  • 求人紹介
  • スカウト・求人オファー
  • レジュメ添削
  • 面接対策
  • 個別転職面談
  • ビジネスセミナーの実施
公開求人数※2021年9月30日時点 11,583件
対応エリア 全国

出典:https://www.jac-recruitment.jp/

よくある質問

50代におすすめの転職エージェントは?
「リクルートエージェント」は、求人数が多く、転職支援実績豊富なキャリアアドバイザーが、50代でのキャリアチェンジ等を丁寧にサポートしてくれます。50代ならではのアピールポイントを見出し、最適な仕事を提案してくれるでしょう。
同じくリクルートが提供する「リクルートダイレクトスカウト」はハイクラス求人に特化しており、優秀なヘッドハンターが求人を紹介してくれる点が特徴です。50代での転職事例も紹介されており、新たなチャレンジができる可能性を見出してくれます。
「JACリクルートメント」は30代~50代向けの転職エージェントです。管理職・技術職・専門職といった、今までの経験を活かせる求人を多数扱っている点が特徴となります。
50代での転職は現実的に厳しい?
結論から言うと、50代での転職は現実的に厳しい傾向にあります。理由としては、年齢的に定年が近いため、採用に対して億劫になる企業が少なくないことや、若い世代に比べて給与が高めなため人件費がかかることなどです。また、加齢による体力の低下や、今までのキャリアがあるためプライドが高く、扱いづらいのではと不安を抱えている採用担当者がいることも挙げられます。
50代の人が転職を考えるきっかけは?
会社との相性やキャリアプランの変更、ライフスタイルの変化などが挙げられます。なかでも、仕事の内容など労働条件に加え、人間関係や待遇面での不満を理由に転職をする傾向にあるようです。
50代の転職で役立つ資格は?
即戦力として魅力的な人材と捉えられる、税理士や中小企業診断士、簿記1級などが挙げられます。また、不動産業界への転職を希望する場合は、宅地建物取引士もおすすめです。
50代の転職で求められることとは?
業界に対し知見があり、専門性の高さを持っていると即戦力として考えてもらいやすくなります。また、50代ということもあり、離職のリスクが少ない人は企業として採用する方向で考えやすくなる傾向にあると推測できるでしょう。これまでの経験や繋がってきた人脈を活かせるか否かも、企業としては50代の転職者に求める要素です。
50代女性・男性が転職を成功させるコツとは?
今までのスキルを棚卸して、どのように活かせるかを分析しておくことは極めて重要です。また、サービス・福祉といった業界は、年齢が高くても人材として求められている傾向にあるためチャンスがあります。プロのサポートを受けながら、内定獲得へ向けて活動できる転職エージェントもチェックしておきましょう。
50代での転職におすすめの職種は?
年齢ゆえに併せ持つ物腰の柔らかさやコミュニケーション能力を評価される傾向にあることから、サービス・福祉の仕事はおすすめです。さらに、仕事で活かせる資格を保有している場合は、未経験やブランクがある人でも魅力的な人材と捉えてもらえる可能性が高まります。

まとめ

この記事では、50代での転職は現実的に厳しいか否かを解説し、転職で役立つ資格なども紹介しました。

年齢的に定年が近いこともあり、かつ体力の低下などから一般的には転職が難しいと言われています。

しかし、転職で有利に働く資格を取得することで即戦力としてみなされ、内定獲得の可能性は高まることを理解しておきましょう。

転職エージェントを活用し、プロからのサポートを受けながら内定獲得を目指す方法もおすすめです。

記事内で紹介した転職エージェントはいずれも無料で利用できるため、ぜひ50代からの転職活動に役立ててみてください。

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事