アクセンチュアへの転職難易度は?年収や評判、成功のコツも解説!

アクセンチュアへの転職難易度は?年収や評判、成功のコツも解説!

アクセンチュアはオフィス・事業所が世界50カ国にあり、社員数は53万7千人を誇る巨大企業です。120カ国以上におけるクライアント数など、グローバルな企業と言えます。

アクセンチュアへの転職を目指している人もいるかもしれませんね。

そこで今回は、アクセンチュアへ転職するにあたって気になる平均年収や転職難易度面接で聞かれる内容などを解説します。

この記事でわかること
  • アクセンチュアの基本情報
  • アクセンチュアの平均年収
  • アクセンチュアへの転職難易度
  • アクセンチュアの採用情報
  • アクセンチュアの転職面接で聞かれやすい内容
  • アクセンチュアに転職しやすい人

おすすめの転職サイト・エージェントもあわせて紹介するため、ぜひチェックしてみてください。

転職の前に基本情報を確認!アクセンチュアの企業情報

アクセンチュア

会社名 アクセンチュア株式会社
設立 1995年12月
資本金 3億5千万円
従業員数 約16,000人(2021年6月1日時点)

出典:https://www.accenture.com/jp-ja

事業内容

アクセンチュアの事業内容は、以下が挙げられます。

主な事業内容
  • ストラテジー
  • コンサルティング
  • デジタル
  • テクノロジー
  • オペレーションズ

120カ国以上で事業を展開しており、オフィス・事業所は世界50カ国以上にあるグローバルな企業です。

年収

アクセンチュアの企業情報

年収は有価証券報告書にて公表されていないため、あくまで情報による推測になりますが、およそ500万円~1,000万円と言われています。

年齢・職種・業務での成果などにより差があるため幅広くなっていますが、基本的には成果をきちんと評価してくれることから、若くても高収入が狙いやすいでしょう。

福利厚生

アクセンチュアは充実の福利厚生となっており、安心して働ける環境が用意されています。さらに、多様な働き方が可能なことや休暇手当なども整っている点は特徴です。

福利厚生
  • 確定拠出年金制度
  • 長期収入所得補償(LTD)
  • 健康サポート
  • ポイント・割引サービス
  • 法人会員及び契約施設・ホテル等の割引特典
働き方
  • フレックス制度
  • 在宅勤務制度
  • 短日短時間勤務制度
休暇手当
  • 有給休暇
  • 残業・休日・深夜勤務手当
  • 私傷病休暇
  • 結婚・出産・忌引休暇
  • リフレッシュ休暇

働くうえでの環境は非常に良いため、長きにわたって気持ちよく勤務できる企業と言えるでしょう。

アクセンチュアの年収を解説

ここでは、アクセンチュアの平均年収について解説します。

アクセンチュアの平均年収

アクセンチュアの平均年収は856万円(※1)となっています。dodaの調査では、コンサルティングファームの平均年収は601万円(※2)でした。

よって、アクセンチュアの平均年収は同業界と比べても高いと言えるでしょう。

その理由としては、アクセンチュアでは「年俸制」のため、成果を残すほど、高く評価され、年収がアップしていくと考えます。

 年俸制は成果主義の会社で取り入れられている給与制度であり、実力によって大きく変動します。

※1:openwork | アクセンチュア株式会社 年収・給与

※2:doda

アクセンチュア 職種別の平均年収

アクセンチュアの職種別平均年収(※3)をみていきましょう。

職種別 年収
コンサルタント 904万円
エンジニア・SE 612万円
アナリスト 564万円
テクノロジー 910万円
ディレクター 747万円
マネージャー 1037万円
営業 688万円
管理 995万円
戦略 1074万円

※3:openwork | アクセンチュア株式会社 年収・給与

アクセンチュアの中で、アナリストは職位が一番低いです。そのため、年収が控えめになっています。新卒や第二新卒で入社するとアナリストからスタートすることが多いようです。

アクセンチュアでは基本的に賞与はもらえませんが、マネージャー以上の役職であれば、賞与がでます。

アクセンチュア 年齢別の平均年収

次に、アクセンチュアの年齢別平均年収(※4)をみてみましょう。

年齢 年収
25歳 574万円
30歳 734万円
35歳 928万円
40歳 1114万円
45歳 1259万円
50歳 1380万円

※4:openwork | アクセンチュア株式会社 年収・給与

年齢とともに、年収がアップしていくことが分かります。dodaによると20代の平均年収は348万円でした。アクセンチュアでは、25歳で574万円に到達します。

他と業界と比較しても、年収が極めて高いと言えるでしょう。

 アクセンチュアには「Up or Out」という制度があります。こちらは、一定の年齢になって成果がなければ、退職しなければいけないという制度です。

アクセンチュアは年収が高い一方で、常に成果が求められる厳しい会社とも言えます。

アクセンチュアは基本的に、毎年給料が上昇する給与制度になっています。

アクセンチュアの転職難易度

アクセンチュアの転職難易度

難易度は高い部類に該当

アクセンチュアは世界各国にオフィスがあるコンサルティングファームです。転職希望者が多く人気があることから競争率は激しく、難易度は高い部類になると言えるでしょう。

もちろん部署や部門などにより差はありますが、世界的企業という点からも簡単に転職ができるとは考えない方が良さそうです。

求められる人材・募集職種

アクセンチュアの転職難易度

アクセンチュアへの転職で求められる人材として、以下が挙げられます。

  • コンサルティングファーム出身者
  • システム開発経験者
  • ITインフラ業務経験者

基本的には経験者を求めていることがわかる内容です。なお、募集職種を見ると積極的に募集をしている印象を受けます。

募集職種一例
ストラテジーキャリア/コンサルティングキャリア/インタラクティブキャリア/テクノロジーキャリア/AIキャリア

 

他にもさまざまな職種で募集をしているため、転職活動時はマメにチェックしておきましょう。

アクセンチュアでは未経験採用も実施している

基本的にはコンサルティングファーム経験者を求めている傾向にありますが、「未経験者歓迎」とする求人を出している場合もあります。

 ポテンシャルを重視していることから、過去の経験は問わずに未経験でも応募可能となっています。

コンサルティングファーム未経験者の価値観は、さらなる会社の発展に必要という考えのもと、未経験者採用も実施しています。

未経験でも、アクセンチュアの転職できる可能性はゼロではありません。

アクセンチュアの求人・採用情報を解説

この章では、アクセンチュアの求人・採用情報を紹介します(2021年11月時点)。たくさんの求人から、以下の3職種をピックアップしました。

アクセンチュアの求人・採用情報
  • データサイエンティスト
  • 戦略コンサルタント
  • セキュリティコンサルタント

上記以外の職種が気になる方は、アクセンチュアの採用情報をご確認ください。

データサイエンティストの求人・採用情報 

データサイエンティストの募集要項は以下のとおりです。

募集職種 データサイエンティスト
応募資格

・機械学習、深層学習、強化学習等の高度な分析手法を駆使したモデリング実務経験

・以下のいずれかの言語/ライブラリを用いたモデリング経験(Python、R、TensorFlow、Theano、Keras、PyTorch、Watson API等)

・ビックデータ基盤技術への理解と大規模データの抽出・加工の経験(Hadoop、Spark、SQL等)

望ましい経験・スキル

・大学、大学院での深層学習・強化学習等の最短分析手法の研究経験

・新規の数理アルゴリズムへの高い感度とリサーチ力、理解力

・チームとしてコラボレーションしての統計解析、モデリングの経験

勤務地 東京、大阪

戦略コンサルタントの求人・採用情報

戦略コンサルタントは以下のような募集要項でした。

募集職種 戦略コンサルタント
募集資格

・大卒以上

・流暢な日本語能力(日本語能力試験N1レベルが望ましい)

・3年以上のコンサルティング業務経験、あるいは事業会社での実務経験

望ましい経験・スキル ビジネスレベルの英語力
勤務地 東京、大阪

セキュリティコンサルタントの求人・採用情報

セキュリティコンサルタントは以下のような内容になっています。

募集職種 セキュリティコンサルタント
応募資格

・原則大学学部卒以上

・流暢な日本語能力(日本語能力試験N1レベルが望ましい)

・社会人経験3年以上

上記に加え、下記いずれかのご経験・知見をお持ちの方

・ITコンサルティング会社、セキュリティコンサルティング会社、セキュリティベンダーでのセキュリティおよびITシステムに関するコンサルティングもしくは企画立案業務

・ITアーキテクト(クラウド、ネットワーク)などテクノロジー領域のコンサルティング

・特定の業界に特化した知見

・セキュリティに関する知見

望ましい経験・スキル

・ISO27000、PCI DSS、FISC安対基準、セキュリティ統一基準群等に準拠したセキュリティ監査の経験

・セキュリティ戦略立案、セキュリティエンタープライズアーキテクチャの策定に関するコンサルティング経験

・セキュリティ製品、ネットワーク製品に関する技術動向調査、製品選定に関する経験

・セキュリティ運用における改善提案、およびその改善提案の定着化推進に関する経験

・海外拠点等を含むGlobalセキュリティシステムの設計・構築・導入・展開経験3年以上

・CISSP、CISA、CISM、IPAセキュリティスペシャリスト、IPAシステム監査技術者等セキュリティに関する資格保持者

・英語コミュニケーション能力

勤務地 東京、大阪

転職先としてどう?アクセンチュアの評判・口コミ

アクセンチュアの評判・口コミ

アクセンチュアの評判を知るため、実際に働いている人の口コミを見ていきましょう。

  • 他国の社員と交流があり、さまざまな価値観や考えを持つ仲間と協議することに魅力を感じている
  • 育児のしやすさがある職番環境で働きやすい
  • 日系大手企業と同等にワークライフバランスが調整しやすくなってきている

    世界各国にオフィスがあることから、さまざまな国の社員と交流を持ち価値観・考えを共有できる点は日系企業ではなかなか味わえない魅力です。

    そして、働く環境についても子育て制度が充実している点から、女性にとっても良い環境であると評価されています。

    口コミを見る限り、社員の満足度は高いという印象を受ける内容です。

    アクセンチュアへの転職で後悔しないために知っておくべきこと

    アクセンチュアへの転職で後悔しないために知っておくべきこと

    アクセンチュアは世界的規模の外資コンサルとなります。高収入のエリート集団という華やかなイメージを抱いている人は少なくありません。

    しかし、資料の作成など華やかなイメージとは離れた仕事も多いことを理解しておきましょう。数年の下積みは覚悟しておかなければいけません。

     資料の作成をする時間は非常に多く、いわゆる裏方的な作業をします。

    業界のイメージからコンサルという職種を勘違いしている人は意外に多いかもしれません。しかし、華やかに見える影には地道な積み重ねがあることを知っておきましょう。

    転職活動の際にアクセンチュアの面接で聞かれる内容

    アクセンチュアの面接で聞かれる内容

    内定獲得において重要となる面接では、以下のことを聞かれる場合があります。面接対策のためにも、ぜひ把握しておきましょう。

    面接での質問内容一例
    • アクセンチュアを志望した理由
    • 今までの実績
    • 将来のビジョン
    • 入社してからの目標
    • 転職理由
    • 大変なことを乗り越える方法

    あくまで一例ではありますが、特殊な質問はない印象を受けます。なかでも、アクセンチュアを志望した理由については聞かれることが多いようです。

    アクセンチュアへの転職で使える志望動機例文

    アクセンチュアへの転職で使える志望動機例文

    コンサルティング会社の中でも人気が高いアクセンチュアに入社するためには、志望動機の工夫が必要です。

    ここでは、アクセンチュアへの転職で使える志望動機例文をコンサルティング経験者、未経験者に分けて紹介します。

    コンサルティング経験者の志望動機例文

    まずは、コンサルティング経験者の志望動機の例文を紹介します。 キャリアを通じて感じてきたコンサルティングの必要性を伝えた上で、どのように活躍していきたいのかを記載するのがポイントです。

    例文

    私はコンサルティング業務を通して日本に貢献する貴社の一員として働きたいと思い、志望いたしました。

    VUCA時代と呼ばれる今こそコンサルティング会社が必要な時代です。社会が目まぐるしく変化する現代だからこそ、顧客の課題や解決策を適切に評価し導く必要があります。

    多くの企業が変化していく必要があると感じていながらも、時間的・人間的制約から、何も行動できていないと感じています。

    そういった顧客に対してこれまでコンサルティングとして培ってきた洞察力や論理的思考力を活かし、貴社で働きたいと思い、この度応募いたしました。

    今後の日本をけん引していく役割として、貴社で即戦力として活躍していきたいと思っています。

    コンサルティング未経験者の志望動機例文

    コンサルティング未経験者の志望動機例文

    つづいて、コンサルティング未経験者の志望動機の例文を紹介します。 ボランティア活動や営業で身につけたスキルや今後伸ばしていきたいスキルを伝えるのがポイントです。

    例文

    私はクライアントの課題解決を行う貴社の一員としてこれまでの経験を活かし働きたいと思い、志望いたしました。

    私は学生時代から人の手助けをすることが好きで、何度か東南アジアの発展途上国での食糧支援のボランティアを行ってきました。

    そこでは先進国からの募金の多くが横領されていることを知り、現場に即した解決策が必要なことを痛感しました。

    その経験は、今の営業でも生かされており、何が顧客にとってベストな解決策なのかを常に考えるように意識しています。

    これまでの私の経験が貴社のコンサルティング業務で活かすことができるのではないかと思い、この度応募いたしました。

    企業から課題を聞き出し、それに関する的確な解決策を提案するコンサルタントとして貴社で活躍していきたいと思っています。

    未経験者であっても活かせるスキルは、積極的にアピールしましょう。

    アクセンチュアへの転職で使える自己PR例文

    認知度の高いアクセンチュアに入社するためには、自己PRの工夫も重要です。ここでは、アクセンチュアへの転職で使える自己PR例文をコンサルティング経験者、未経験者に分けて紹介します。

    コンサルティング経験者の自己PR例文

    コンサルティング経験者の自己PR例文

    コンサルティング経験者の自己PRの例文を紹介します。 これまでコンサルティング業務として身につけたスキルを盛り込み、経験者だからこそ即戦力として働けるという強みを伝えるのがポイントです。

    例文

    私は8年間、コンサルティング会社で働いてきました。私の勤めていたコンサルティング会社では、ITシステムを用いた業務効率化の提案を主に行っていました。

    業務効率化を提案する場合には、顧客と同等もしくはそれ以上に顧客の仕事について理解しなければなりません。

    そのため、顧客の要望だけではなく、仕事の流れや現状の課題という部分に力を入れてヒアリングを実施してきました。

    その結果、担当したクライアントの工数を平均で40%近く削減できました。また、顧客からも「○○さんが担当でよかった」との言葉をいただき、大きなやりがいを感じました。

    貴社では、前職のような業務効率化だけではなく、幅広いフィールドでクライアントの力になるコンサルタントとして即戦力となってまいります。

    コンサルティング未経験者の自己PR例文

    コンサルティング未経験者の自己PR例文

    つづいて、コンサルティング未経験者の自己PRの例文を紹介します。 営業として身につけたスキルをどのように活かせるのかを盛り込みながら、作成するのがポイントです。

    例文

    私は現在、製造業の法人営業として5年間働いてきました。顧客のニーズを聞き出し、それに合った製品を提案することが主な業務です。

    あるプロジェクトの装置を担当した際には、開発段階から顧客と協議を開始しました。まだ開発段階ということもあり、設計仕様も十分に固まっていませんでした。

    そんな中、顧客が何を求めているのか、打ち合わせの中で仕様を明確化していき、最終的に我々の装置の導入に至りました。

    貴社で働く際には、営業で培ったヒアリングスキルと提案力を活かし、顧客のニーズに対してベストな解決策を提案ができるコンサルティングとして活躍していきたいです。

    アクセンチュアに転職しやすい人

    アクセンチュアに転職しやすい人

    求められているマインドを理解している

    アクセンチュアは、企業として・人として進化することに重きを置いている点が特徴です。そのため、転職を成功させるには求められているマインドを理解する必要があります。

    必要なマインド一例
    • 手を抜かず最後までやり切る
    • 常に次のステージを見据えている
    • 信念を持って誠実さを貫ける
    • 立場・関係性を問わず主張ができる
    • 経験・出会いを大切にする

    上記は一部となりますが、求められるマインドを持っていることは企業にとって魅力的な人材となり得るため、評価される可能性に期待が持てるでしょう。

    経験・スキルを有している

    アクセンチュアに転職しやすい人

    職種により求められるスキルや経験は異なる場合はありますが、参考として以下を把握しておきましょう。

    必要な経験・スキル一例
    • コンサルティング経験
    • AI技術等に関する知識と実務経験
    • データ分析に関する知識と実務経験
    • 数理アルゴリズムへの高い感度とリサーチ力
    • 統計解析・モデリングの経験

    ヒューマンスキルも意識

    アクセンチュアに転職するにあたって、実務経験等だけでなくヒューマンスキル、すなわち人として有しておくべき能力もチェックしておきましょう。

    求められる能力
    論理的思考力/タスク管理力/責任感がある/自己管理力/多文化環境での活動に積極的

    ビジネスマンとして持っておくべき事柄と言えるため、決して特別なものではありません。

     

    年収アップを目指すならまず年収査定を受けてみよう

    年収をアップさせたいときには、まず自分の市場価値を知るために、自分の適正年収を調べましょう。適正年収が今の年収よりも高ければ、転職で年収アップをさせることができるでしょう。
    dodaの年収査定サービスでは、無料会員登録後、簡単な項目に答えるだけで、自分の適正年収がわかります。


    dodaの会員186万人のビッグデータを分析し、適正年収を教えてくれるので、かなり正確な数字だと言えるでしょう。
    dodaの年収査定では以下の項目が表示されます。


    dodaの年収査定でわかること
    • あなたの適正年収
    • 今の年収からいくらアップするか
    • あなたの適正年収と同じ条件の求人

    表示される診断結果のサンプルは以下になっています。査定時間はおよそ3分なので、スキマ時間に利用可能です。

    年収査定

    また、今の年収との差は以下のような形で表示されます。dodaは転職エージェント・サイトのサービスも展開していますので、査定後すぐに求人探しを始めることができます。

    年収査定

    自分の今の年収に不満を感じている方も多いのではないでしょうか。そんな方はぜひ一度自分の適正年収を調べてみましょう。年収アップの近道になりますよ。

     

    アクセンチュアを目指す方におすすめ転職エージェント9選

    リクルートエージェント

    リクルートエージェント

    運営会社 株式会社リクルート
    主なサービス(機能)
    • 求人紹介
    • 非公開求人の提供
    • 面談の実施
    • 面接対策
    • 志望企業への推薦
    公開求人数※2021年8月11日時点 125,645件
    対応エリア 全国

    出典:https://www.r-agent.com/

    業界最大級の非公開求人を保有

    リクルートエージェントでは、一般のサイトには掲載されていない非公開求人が2021年8月11日時点で196,292件あり、この数字は業界最大級です。

    他では知り得ない求人なだけに、今まで見たことがないものとの巡り合わせが期待できます。アクセンチュアの求人も含まれている可能性はゼロではありません。
    公式サイトの文言によります。

    業界に精通したキャリアアドバイザーが在籍

    コンサル業界に精通したキャリアアドバイザーが在籍しているため、転職活動をするうえで心強いサポートをしてくれます。

    希望・スキルに沿った求人を紹介してくれるため、効率の良い転職活動を送れるでしょう。

    提出書類の添削や面接対策、独自に分析した情報提供など手厚いサービスが特徴です。

    マイナビエージェント

    マイナビエージェント

    運営会社 株式会社マイナビ
    主なサービス(機能)
    • 求人紹介
    • 書類添削
    • 模擬面接の実施
    • 企業担当アドバイザーによるバックアップ
    公開求人数※2021年8月11日時点 28,174件
    対応エリア 全国

    出典:https://mynavi-agent.jp/

    書類添削・模擬面接で内定率アップ

    転職のプロであるキャリアアドバイザーが、応募書類の添削や面接対策として模擬面接を実施してくれるなど、内定を勝ち取るためさまざまなサポートをしてくれます。

    コンサル業界に通じたアドバイザーが専任となるため、内定率アップがはかれる点はマイナビエージェントの魅力です。

    企業担当アドバイザーもバックアップしてくれる

    キャリアアドバイザーとは別に企業の人事担当者とやり取りをする「企業担当アドバイザー」が在籍しています。

     求人票には載っていない、リアルな企業情報を提供してくれる重要な人物です。

    職場の雰囲気も伝えてくれるため、実際に働きだしてからのギャップを軽減できることに繋がります。

    ビズリーチ

    ビズリーチ

    運営会社 株式会社ビズリーチ
    公開求人数※2021年8月11日時点 61,964件
    得意分野・特徴
    • 高年収求人
    • プロフェッショナル人材向け求人
    • 職務経歴書作成のアドバイス
    主な機能
    • スカウト
    • 転職成功談
    • 転職コラム
    対応エリア 全国

    出典:https://www.bizreach.jp/

    直接スカウトが届く転職サイト

    即戦力の人に直接スカウトが届くというスタイルの転職サイトで、いわば自分の市場価値を知れるきっかけにもなります。

    登録情報を見て企業が魅力を感じた場合、スカウトが届き直接コンタクトを取ることが可能です。

    スカウトを待つだけでなく、求人を検索して応募もできます。

    優秀なヘッドハンターに相談可能

    転職のプロフェッショナルであるヘッドハンターが約4,600人在籍しており、登録者に求人を紹介してくれます。

    ヘッドハンターには転職について相談が可能で、一定の基準を満たしている優秀な人材であるため心強い存在です。求人紹介だけでなく職務経歴書の書き方についても学べます。

    パソナキャリア

    パソナキャリア

    運営会社 株式会社パソナ
    主なサービス(機能)
    • 求人紹介
    • 応募書類の書き方伝授
    • 模擬面接の実施
    • 企業との日程調整や交渉
    • 企業からの面接オファー
    • スカウトサービス
    公開求人数※2021年8月11日時点 36,295件
    拠点 全国

    出典:https://www.pasonacareer.jp/

    4年連続お客様満足度ナンバーワン

    パソナキャリアは、2019年~2022年のオリコン顧客満足度調査にて「転職エージェント」お客様満足度4年連続1位(※)という輝かしい実績を誇ります。

    丁寧なカウンセリングや最適な求人の紹介はもちろん、満足度向上のために取り組んでいること、改善活動が実を結んだ結果と言えるでしょう。
    ※https://career.oricon.co.jp/rank_shoukai/

    専任でキャリアアドバイザーが付いてくれる

    専任のキャリアアドバイザーが付いてくれるため、転職者の強みや経験スキルをきちんと理解したうえでアクセンチュアの求人紹介をしてくれます。

     キャリアアドバイザーが、マンツーマンで書類添削や面接対策をしてくれるため、トータル的に転職をサポートしてくれます。

    企業との交渉も転職者の代わりにしてくれるなど、非常に頼もしい存在です。

    リクルートダイレクトスカウト

    リクルートダイレクトスカウト

    運営会社 株式会社リクルート
    主なサービス(機能)
    • 求人紹介
    • スカウト
    公開求人数※2021年8月11日時点 74,100件
    対応エリア 全国

    出典:https://careercarver.jp/

    登録をしてスカウトを待つだけ

    リクルートダイレクトスカウトはハイクラス向けの転職サービスで、登録するとヘッドハンターが代わりに仕事を探してくれます。

    自分では見つけられなかった仕事も優秀なヘッドハンターが見つけてくれる可能性があるため、非常に頼りにできる存在と言えるでしょう。

    2020年10月時点で、約300社・2,500名のヘッドハンターが在籍しています。

    非公開の仕事に出会える

    アクセンチュアのようなハイクラスな仕事は、一般公開されていないことが少なくありません。そのため、各サイト等では非公開求人として扱っている場合があるのです。

    リクルートダイレクトスカウトではヘッドハンターが非公開の仕事を紹介してくれるため、他では出会えなかった仕事を見つけられる可能性があります。

    アクシスコンサルティング

    アクシスコンサルティング

    運営会社 アクシスコンサルティング株式会社
    主なサービス(機能)
    • 求人紹介
    • コンサル業界についてレクチャー
    • 独立支援
    • 書類・面談対策
    • 企業インタビューの提供
    公開求人数※2021年8月11日時点
    対応エリア 全国

    出典:https://www.axc.ne.jp/

    コンサル業界に強い転職エージェント

    「コンサル転職&ポストコンサル転職のアクシスコンサルティング」というキャッチコピーの通り、コンサルに強い転職エージェントです。

    コンサルタントとしてキャリアアップをしたい、あるいは未経験からコンサル業界に挑戦したい人のサポートも実施しています。

    経験や思考に合わせた、最適なキャリアプランの提案もしてくれます。

    企業別の書類・面接対策ができる

    コンサル業界に強いという特性を活かし、企業別の書類・面接対策に取り組める点は大きな特徴です。

     アクセンチュアの求めるニーズに合わせた書類作成や模擬面接等を実施し、内定率を高める対策を講じれます。

    業界を熟知しているキャリアアドバイザーが在籍しているからこそ成せる、アクシスコンサルティングならではの魅力です。

    レバテックキャリア

    レバテックキャリア

    運営会社 レバテック株式会社
    主なサービス(機能)
    • 求人紹介
    • キャリア相談
    • 書類添削
    • 面接対策
    • 年収交渉
    • 入社日調整
    公開求人数※2021年8月11日時点 13,953件
    対応エリア 全国

    出典:https://career.levtech.jp/

    求人紹介から入社までをトータル的にサポート

    業界に詳しいキャリアアドバイザーがヒアリングを実施し、最適な求人を紹介してくれます。その際、キャリア形成のアドバイスもしてくれるため気軽に相談しましょう。

     書類の添削や面接対策も実施し、1%でも内定確率を上げるためのサポートをしてくれます。

    そして、内定を勝ち取ってからの年収交渉や入社日調整もしてくれるため、最後まで手厚く支えてもらえる点は大きな魅力です。

    サイトに掲載されない特別な求人を紹介

    レバテックキャリアで転職相談すると、サイトには掲載されない特別な求人を紹介してもらえる可能性があります。

    アクセンチュアのような人気企業の求人は、応募殺到による混乱を避けるため、サイト上には載らない「非公開求人」として扱われている場合があるのです。

    レバテックキャリアだからこそ見つけられたという仕事があるかもしれないため、非公開求人にも注目してみましょう。

    doda

    doda

    運営会社 パーソルキャリア株式会社
    公開求人数※2021年8月11日時点 93,546件
    得意分野・特徴
    • 面接のスケジュール調整
    • 書類・面接手続きのサポート
    主な機能
    • 非公開求人の紹介
    • エージェントサービス
    • スカウトサービス
    • パートナーエージェントサービス
    対応エリア 全国

    出典:https://doda.jp/

    スカウトサービスが便利

    スカウトサービスを利用することで、企業からオファーを受けられます。つまり、自分から応募をするだけでなく企業からのアプローチも受けられるのです。

    スカウト限定の面接確約オファーも届くため、書類選考をパスできる可能性もありますよ。

    エージェントサービスも活用できる

    転職サイトとしてだけでなく、doda専門のスタッフによる求人紹介を受けられるエージェントサービスも提供しています。

     転職のプロがサポートをしてくれるため、より充実した活動を送れるでしょう。

    職務経歴書の添削や面接対策など、トータル的にサポートしてくれます。

    Green

    Green

    運営会社 株式会社アトラエ
    公開求人数※2021年8月11日時点 22,527件
    得意分野・特徴
    • IT・Web業界
    • スタートアップ・ベンチャー企業
    • 未経験からのステップアップ
    • 首都圏
    主な機能
    • 求人検索
    • スカウト機能
    • レコメンド機能
    対応エリア 全国

    出典:https://www.green-japan.com/

    人事担当者が直接スカウト

    Greenでは人事担当者が直接スカウトできるため、声がかかると転職成功の可能性は高くなるでしょう。

    実際にGreenを利用する60%の人が、人事担当者からの声がけをきっかけに転職に至っています。

    面接前にカジュアルに会える

    「気になる」をすることで、企業に対して興味があることをアピールできます。すると、気になるをされた企業からアプローチを起こしてもらえる可能性があるのです。

    マッチングによって面接前にカジュアルに会える点は、Greenの大きな特徴と言えます。

    よくある質問

    アクセンチュアへの転職におすすめの転職サイトは?
    dodaがおすすめです。転職サイトでありながらスカウトやヘッドハンターからの紹介を受けられるといった、転職エージェントに近いサービスを提供しているためうまく活用することで効率の良い転職活動を送れるでしょう。
    アクセンチュアへの転職におすすめ転職エージェントは?
    リクルートエージェントがおすすめです。コンサル業界に精通したキャリアアドバイザーは在籍しているため、アクセンチュアを含むコンサル職への転職動向について具体的にアドバイスをもらえるでしょう。
    アクセンチュアの転職難易度は?
    世界各国にオフィスがあるコンサルティングファームで、転職希望者が多く人気があることから競争率は激しく難易度は高いと言えるでしょう。ただし、部署・部門によって難易度が異なる場合はあります。
    アクセンチュアの面接で聞かれる内容は?
    主な質問内容としては、アクセンチュアを志望した理由や今までの実績、そして入社してからの目標・将来のビジョンといった項目が挙げられます。面接は内定獲得において極めて重要なため、事前に情報を把握しアクセンチュアが求める返答ができるよう対策を講じておきましょう。
    アクセンチュアに転職しやすい人の特徴は?
    アクセンチュアは企業として・人として進化することに重きを置いていることから、「手を抜かず最後までやり切る」「常に次のステージを見据えている」といった求められるマインドを理解しておくべきです。また、コンサルティング経験を有していることや、論理的思考力・タスク管理力といったヒューマンスキルを身に付けておくことも転職しやすい人の特徴となります。
    アクセンチュアへの転職で後悔しないために知っておくべきことは?
    外資コンサルという一見華やかなイメージを抱く職種ですが、実はイメージとは慣れた仕事も多いことを理解しておきましょう。資料作成といった裏方的な仕事が多く、下積みが長いことなどへの覚悟が必要です。
    アクセンチュアは未経験でも転職できる?
    アクセンチュアは基本的に経験者を求めている傾向にありますが、未経験者歓迎という求人もゼロではありません。ポテンシャルを重視していることから、過去の経験を問わず未経験でも応募可能な場合があるのです。コンサル業界未経験でも挑戦したい人は、ぜひチェックしておきましょう。

    まとめ

    この記事では、アクセンチュアへの転職難易度平均年収面接で聞かれる内容、転職しやすい人の特徴などを解説しました。

    世界各国にオフィスがあるコンサルティングファームなため、転職希望者が多いことから競争率は激しく難易度は高いと言えるでしょう。

    内定を勝ち取るためには、求められているマインドを理解できているか、必要な経験・スキルを有しているかを念頭に置き転職活動を実施することが大切です。

    面接で聞かれやすい質問を押さえつつ、プロのサポートを受けられる転職エージェントを活用してみましょう。

    今回解説した内容を参考にしながら、アクセンチュアへの転職を視野に入れてみてはいかがでしょうか。

    こちらの記事も合わせて読みたい
    ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
    ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
    ・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
    ・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
    ・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
    おすすめの記事