公務員へ転職するには?役立つスキルやおすすめ転職サイトも紹介

公務員へ転職するには?役立つスキルやおすすめ転職サイトも紹介

地方公務員は約270万人※1、国家公務員は約60万人※2と、公務員職に就いている人は多くいます。

公務員と言えば安定した職業で、将来を見据えても安心して働けることから良い印象を持っている人は少なくないでしょう。

公務員を目指して転職を希望する人も多いです。

そこで今回は、公務員の転職について詳しく紹介します。

この記事でわかること
  • 公務員におすすめの転職サイト
  • 公務員への転職に役立つ資格・スキル
  • 公務員に転職して良かったと感じるケース・後悔するケースの例
  • 志望動機

公務員の職種や年齢制限についても解説しますので、ぜひ参考にしてみてください。

※1https://www.soumu.go.jp/iken/kazu.html 

※2https://www.gyoukaku.go.jp/koumuin/iken/houkokusankou.pdf

公務員への転職におすすめな転職サービス比較表

公務員の転職には転職エージェント・サイトなど、転職サービスの利用がおすすめです。特に転職エージェントは非公開求人の紹介や、年収交渉の代行を行ってくれます。

まずは当サイトイチオシの転職サービスの比較表をご紹介します。
リクルート
エージェント
doda
マイナビ
エージェント
リクナビNEXT
リクルートエージェント
doda
マイナビエージェント
リクナビNEXT
公開求人数
126,888
95,691
28,631
52,814
非公開求人数
188,037
35,646
109,408
-
対象年代
20代〜50代
20代〜50代
20代〜30代
20代〜50代
対応エリア
全国
全国
全国
全国
得意分野
総合求人
総合求人
第二新卒など
20代の求人
総合転職
イチオシ機能
年収交渉の代行
年収交渉の代行
年収査定診断
未経験職種への
転職サポート
リクナビNEXTだけの独占求人が多い!

公務員への転職におすすめの転職サイト・エージェント6選

リクルートエージェント

リクルートエージェント

            おすすめポイント
            • 公開求人数・非公開求人数ともに業界最大級
            • 様々な職種・業種を取り扱っているので、希望の転職先に出会える可能性が高い!
            • 求職者の年収相場などを提示してくれるキャリア査定サービスを利用できる!
            • 完全無料

            リクルートエージェントは公開求人数は116,339件、非公開求人数は174,516件業界最大級の求人を持つ転職エージェントです。

             保有している求人数が多いので、取り扱っている職種・業種の種類も多いです。希望する職種・業種が見つからないといった心配はまずないでしょう。

            全国の求人を取り扱っていますので、日本のどこからでも利用可能です!

            また、自分のスキルではどの程度の年収の求人を目指せばいいのかわからない…という人にはキャリア査定サービスがおすすめです。

            あなたの今までの職歴などから、おすすめの転職市場・適正年収・キャリアプランを診断してくれます。
            ※2021年6月30日現在
            運営会社 株式会社リクルートキャリア
            主なサービス(機能)
            • エージェントサービス
            • 職務経歴書エディター
            • 面接力向上セミナー
            • 担当者面談
            公開求人数※2021年6月30日時点 116,339件
            拠点 全国対応可

            丸の内/北海道/東北/横浜/静岡/中部/関西/京都/神戸/岡山/広島/九州

            doda

            doda

            おすすめポイント
            • 多くの求人数から検索できる
            • エージェントに求人を紹介してもらえる
            • スカウトを活用して転職活動ができる

            公務員求人は約200件あり、毎週月曜日と木曜日に更新されるため今まで知らなかった求人に出会える期待が持てます。

            そして、dodaでは専門スタッフとなるエージェントに求人を紹介してもらうことが可能です。

            転職のプロがしっかりサポートしてくれます。利用料は無料なので気軽に活用できるでしょう。

            さらに、スカウトサービスを活用すると直接オファーを受け取ることができ、面接の確約を得られる場合があります。スキルや経験に合った仕事が見つかりやすくなるため、ぜひ活用してみましょう。

            運営会社 パーソルキャリア株式会社
            公開求人数※2021年7月3日時点 87,452件
            公務員公開求人数※2021年7月3日時点 197件
            得意分野・特徴
            • 全国各地の求人検索
            • 転職ノウハウ
            • 転職イベントの開催
            主な機能
            • エージェントサービス
            • スカウト
            • パートナーエージェントサービス

            出典:https://doda.jp/

            マイナビエージェント

            マイナビエージェント

            おすすめポイント
            • 第二新卒など20代向けの求人が豊富!
            • サポート体制が手厚く、面倒見の良さが評価されている!
            • 非公開求人は10万件以上!自分にぴったりの求人を紹介してもらえる!
            • 完全無料

            マイナビエージェントは20代や第二新卒の転職実績が豊富な転職エージェントになります。もちろん20代だけではなく30代以上の年代の方も利用することができますよ。

             転職成功に向けてキャリアアドバイザーから手厚いサポートを受けることができます。初めての転職をする方に特におすすめです。

            公開求人数は2万件以上、非公開求人数はなんと10万件以上保有しています。キャリアアドバイザーとの面談を通してあなたにぴったりの求人を紹介してくれるでしょう。

            初めて転職をする方、未経験業種への転職に挑戦したい方はマイナビエージェントがおすすめです。
            運営会社 株式会社マイナビ
            主なサービス(機能)
            • エージェントサービス
            • 履歴書添削サービス
            • 面接対策
            • サポート期間は無期限
            公開求人数※2021年6月30日時点 27,390件
            拠点 全国対応可

            京橋/新宿/神奈川/北海道/宮城/名古屋/京都/大阪/兵庫/福岡

            リクナビNEXT

            リクナビNEXT

            おすすめポイント
            • 高精度AIが最適な求人を選択してくれる
            • 企業からオファーを受けられる
            • 転職の成功ノウハウが学べる

            テレビCMが頻繁に放送されており、知名度も高い転職サイトです。

             毎週水曜日と金曜日に新着求人情報が更新されるため、マメにチェックしておきましょう。

            独自の高精度AIが求職者をトータル的に分析し、その結果をもとに求人を選び抜いてくれます。そのため、時には意外な出会いがあるかもしれません。

            企業側からダイレクトに応募の打診が入る場合もあり、検索では調べられなかった仕事が見つかる可能性もあります。

            転職の成功ノウハウも紹介されているため、活動に不安を抱えている人はぜひ目を通してみましょう。

            運営会社 株式会社リクルート
            公開求人数※2021年7月3日時点 51,149件
            公務員公開求人数※2021年7月3日時点 109件
            得意分野・特徴
            • 転職成功ノウハウ
            • 女性の転職
            • 在宅勤務特集
            • 限定公開求人を検索
            主な機能
            • 求人検索
            • オファー
            • 気になるリスト
            • グッドポイント診断
            • アプリの提供

            出典:https://next.rikunabi.com/?leadtc=top_logo

            公務in

            公務in

            おすすめポイント
            • 公務員求人を豊富に扱っている
            • 公務員試験の情報を紹介している
            • 掲載無料により新たな求人との出会いに期待できる

            国家公務員や地方公務員などの試験情報や募集求人を掲載している、公務員試験情報サイトです。

            公務員の求人を専門に扱っているサイトは珍しいため、転職を考えている人は多いに活用できるでしょう。

            なお、公務inでは求人掲載無料のキャンペーンを開催しており、今後も求人数は伸びることが期待できます。

            今まで見たことがない新たな仕事に出会える可能性もあるため、随時情報はチェックしておきましょう。

            運営会社 株式会社peko
            公開求人数※2021年7月3日時点 3,765件
            公務員公開求人数※2021年7月3日時点 3,765件
            得意分野・特徴
            • 国家公務員求人
            • 地方公務員求人
            • 公務員試験情報の掲載
            主な機能
            • 求人検索
            • お役立ち情報の提供
            • 公式Twitter

            出典:https://koumu-in.jp/ ※キャンペーン期間は未定

            ニフティ転職

            ニフティ転職

            おすすめポイント
            • パートナーサイトの求人を一括で検索できる
            • 新着求人も続々と入ってくるため理想の仕事を見つけやすい
            • 転職特集企画が組まれている

            ニフティ転職は、パートナーサイトから求人を一括で検索できる点が特徴です。

            typeやはたらいく、とらばーゆなど全7サイトがパートナーとなります。

            多くのサイトの求人が集まっていることから理想の仕事を見つけやすく、かつ新着求人も続々と入ってくるため随時チェックしておきましょう。

            また、転職特集企画が組まれ掲載されているため、公務員求人に関する情報が出た際は参考にしてみてはいかがでしょうか。

            運営会社 ニフティライフスタイル株式会社
            公開求人数※2021年7月3日時点 273,933件
            公務員公開求人数※2021年7月3日時点 191件
            得意分野・特徴
            • 女性の転職
            • 中高年の転職
            • 外資系の転職
            主な機能

            大手サイト求人を一括検索

            出典:https://tenshoku.nifty.com/

            転職を考える前に基本情報を確認!公務員とは?職種・資格をご紹介

            ここからは、公務員の種類や応募できる採用枠転職に役立つ資格・スキルなどを解説していきます。

            公務員の種類

            公務員と一言で言っても、実はいくつか種類があります。公務員の中でも種類によって、仕事内容や役割は異なります。

            国家公務員

            公務員とは(職種・資格など)

            国家公務員とは、国の機関で働く人のことを指します。

            各省庁や関連機関などで国の公務を担当している、いわゆるスペシャリストです。

            そして、国家公務員の中でも一般職と総合職に分けることができます。

            一般職と総合職
            • 一般職:行政職員
            • 総合職:財務省・外務省・経産省・警察庁など

            地方公務員

            公務員とは(職種・資格など)

            地方公務員は、都道府県や市区町村などで勤務する職種です。

            公務員希望者の中でも地方公務員として働きたいという人は多くいます。

            特に特に地方公務員の中でも市区町村への勤務に需要があるようです。

            地方公務員の種類
            • 一般職:都道府県・市区町村の教育や警察部門
            • 特別職:地方公共団体の知事や副知事・地方議会の議員長など

            公務員の採用枠

            公務員とは(職種・資格など)

            公務員に転職する上で、一般枠社会人枠があります。それぞれの特徴はどういったものなのでしょうか。

            一般枠
            • 大学卒業程度枠
            • 年齢制限があり基本的には30歳前後
            • 国家公務員試験の受験資格は30歳未満
            社会人枠
            • 民間企業で働いていた人が公務員になれる制度
            • 30歳以上で5年程度の職務経験を求められる場合が多い
            • 一般枠と違い専門試験はない場合が多い

            公務員になる上で、自分がどちらに該当するかを事前に把握しておきましょう。

            公務員への転職で役立つ資格・スキル

            公務員とは(職種・資格など)

            公務員へ転職する際、どういった資格があれば有利に働くのでしょうか。

            有利に働く資格
            • 宅地建物取引士
            • FP関連
            • 中小企業診断士
            • 英語検定
            • TOEIC

            そして、地域住民とのやり取りで円滑に物事を運ぶためのコミュニケーション能力や、公文書を作成するスキルなども求められます。

            また、スムーズに業務を進めるためには、根回しをする能力に長けていることが強みになる場合もあります。

            前もって他部署や関係者に先の話しをしておくことで、効率良く物事が運べますね。

            公務員へ転職してよかったと感じるケース

            ここからは、公務員に転職してよかったと感じるケースについて、いくつか例を紹介しましょう。

            よかったと感じる例
            1. 休日はきちんと休める
            2. ノルマがない
            3. 倒産やリストラがない

            ①休日はきちんと休める

            公務員に転職してよかったと感じるケース

            公務員になると、休日はしっかりと休める点は大きなメリットです。オンとオフをきっちりつけられる点は、公務員の特権だと言えるでしょう。

            休日とはいえ、民間企業の場合は、休みの日でもやり切れなかった仕事で予定が埋まってしまうことは少なくありません。

            また、女性の場合は有給休暇も取りやすく、子育てがしやすい環境です。産休や育休なども整っているため、後々に復帰してから仕事と家庭の両立もできます。

            ②ノルマがない

            公務員に転職してよかったと感じるケース

            民間企業で働いている場合、職種にもよりますがノルマに追われることは少なくありません。

             特に営業職の場合、毎月の目標値に届かなければ、上司から指導を受けたり賞与に影響を及ぼしたりすることもあるでしょう。

            一方で公務員の場合は、ノルマという数字に追われることがないためプレッシャーから逃れられます。

            楽な仕事ではありませんが、ノルマに追われる心配がないため精神的負担が軽減されるのではないでしょうか。

            ③倒産やリストラがない

            公務員に転職してよかったと感じるケース

            公務員が働く職場は国が運営しているものです。そのため、基本的には倒産することはなく、リストラもありません

             ただし、法を犯すことは解雇等の対象となるため、何をしても職を失うことはないとは限りません。

            定年まで安定して働けることから、将来的にも安心して過ごせる点は公務員のメリットです。

            公務員は退職金も大きいため、長く勤め上げれば老後の生活も困ることはほとんどないでしょう。

            公務員へ転職して後悔するケース

            次に、公務員に転職して後悔するかもしれないケースについて、いくつか例を紹介します。

            後悔してしまう例
            1. サービス残業がある
            2. 効率的ではない業務が多い
            3. 民間に比べて年功序列が根付いている

            ①サービス残業がある

            公務員へ転職して後悔するケース

            「公務員は残業がないから楽」と考えている人は注意が必要です。

            一般的には残業なく時間通りの勤務と認識されていることがほとんどですが、残業もあります。

            また、残業代の予算を超過した分はいわゆる「サービス残業」となるため、肉体的な疲労が溜まる可能性は否めません。

            ②効率的ではない業務が多い

            公務員へ転職して後悔するケース

            民間企業のようにITや業務効率化に関して、公務員は遅れを取っています。そのため、効率の悪い面倒な業務が多い点はデメリットと言えるでしょう。

            民間企業で作業の効率化を最優先に考えていた人にとっては、ストレスになってしまうかもしれません。

            ③民間に比べて年功序列が根付いている

            公務員へ転職して後悔するケース

            古くからの風習がなかなか変わらない点は、公務員の良いところでもあり変わるべき部分と言えます。

            年功序列は民間企業よりも根付いているため、若くして実績を挙げていてもなかなか昇進できないことは少なくありません。

            民会企業よりも成果が評価されにくいため、モチベーション維持が苦しくなる可能性があります。

            公務員への転職を成功させるコツ

            ここでは、公務員への転職を成功させるコツをご紹介します。

            公務員への転職を成功させるコツ
            • 事前リサーチをしっかりと行う
            • 一般教養対策を行う
            • 論文対策を行う
            • 予備校を活用する
            • 民間企業で得た経験を公務員としてどのように活かすか明確にする

            事前リサーチをしっかりと行う

            公務員への転職を成功させるには、まずは事前リサーチをしっかり行いましょう。なぜなら、民間への転職と違い、公務員への転職は複雑だからです。

            公務員には国家公務員と地方公務員があります。どちらも試験内容や日程が異なるため、自分がなりたい職種のリサーチをしっかりと行っておくべきです。

            なりたい職種が決まったら、その職種の過去問、自治体、日程、昨年の受験状況など、徹底的にリサーチしましょう。

            一般教養対策を行う

            公務員試験には一般教養を問う試験があります。一度社会人になると、学生時代に学んだことは忘れている可能性が高いです。再度、一般教養を勉強し直す必要があります。

            難易度は高卒から大卒程度ですが、こちらも受ける職種によって変わってくるのでしっかりとリサーチしておくようにしましょう。

            一般教養の対策として、書籍や予備校を活用することをおすすめします。

            論文対策を行う

            公務員試験には論文試験があります。民間企業からの転職となると論文試験は、難しく感じるかもしれません。というのも、民間企業では論文を採用に取り入れているところは少ないです。

            そのため、書き方が分からない人は多いと思います。

             論文は、テーマが与えられ、そのテーマについて時間内に書きあげなければいけません。論理的な文章力や感性が問われます。

            社会人では、長い文章を書く機会が多くありません。よって、論文を苦手とする方は非常に多いのです。書籍や予備校でしっかりと対策を行っておきましょう。

            誤字脱字も減点対象になるので、文章を書き終えた後は、しっかりと見直すようにしましょう。

            予備校を活用する

            公務員への転職を成功させるためには、予備校を活用しましょう。社会人として働いている中での独学は、モチベーションの維持が難しいです。

            予備校では、最新の情報を提供してくれるだけなく、過去問を分析し、その年の傾向や対策をしっかりと伝授してくれます。

            また、独学では難しい論文対策や面接対策にも抜かりありません。さらに、一緒に勉強する生徒もいますので、モチベーションアップに繋がります。

            予備校はコストがかかりますが、その分のリターンは大きいです。本気で公務員への転職を望んでいるならば、予備校は活用すべきでしょう。

             民間企業から公務員への転職は対策することが多くて不安になると思います。予備校を活用すれば、合格までの指針を示してくれるため、初心者でも学習に迷走することはありません。

            民間企業で得た経験を公務員としてどのように活かすか明確にする

            公務員へ転職する場合、民間企業で得た経験を公務員としてどのように活かすかを明確にしておきましょう。「公務員は楽そう」「倒産の心配がない」このような理由はNGです。

            採用する側も、民間企業で得たあなたの経験を求めています。そのため、自分の経験をどう活かしていくべきか明確にしておきましょう。

            面接では自分を雇うことで、どのようなメリットがあるのかをしっかりと伝えることが重要です。

            公務員へ転職する際の志望動機の書き方

            ここからは、公務員へ転職する際の志望動機の書き方について、ポイントを解説します。

            志望動機の書き方
            1. 公務員としてのビジョンを明確にする
            2. 民間との違いを書く
            3. 今までの経験をどう活かせるかを書く

            ①公務員としてのビジョンを明確にする

            公務員に転職する際の志望動機の書き方

            公務員として働く上で、自分は国や地域のためにどういった貢献をしたいかというビジョンを明確にすることが重要です。

            当然ですが、採用する際はモチベーションが高く、役に立つ人が求められます。

            採用してから、どういった活躍が期待できるかをイメージしてもらいやすい志望動機がベストです。

            ②民間との違いを書く

            公務員に転職する際の志望動機の書き方

            大前提として、民間と公務員の違いは営利目的であるかそうでないかです。

            そのため、提供するサービスの違いを踏まえてアピールすることが求められます。

            民間のように特定の人に対してサービスを提供したいという限られたニーズを追うのではなく、地域の人すべてに対してサービスを届けたいという想いを伝える方が良いでしょう。

            ③今までの経験をどう活かせるかを書く

            公務員に転職する際の志望動機の書き方

            民間企業で働いていた時の経験や身に付けたスキルを、いかに公務員として活かせるかを伝えることは非常に重要です。

            例えば、営業職で働いていたい人の場合は、身に付けたコミュニケーション能力で地域の人と積極的に対話ができる点は魅力的と言えるでしょう。

            公務員は外部の人とコミュニケーションを取りながら物事を進めていくことが多いため、求められる能力です。

            また、問い合わせ対応をしていた場合は、地域住民からの電話に対して円滑に対応できる丁寧かつ親身に案内ができるなどは人材として欲しいと感じてもらえる可能性があります。

            公務員へ転職するには年齢制限がある

            ここからは、公務員への転職時に注意したい年齢制限について解説していきます。

            国家公務員一般枠試験の上限は30歳

            公務員に転職するには年齢制限がある

            国家公務員の一般枠試験は、基本的に年齢の上限が30歳未満と設定されています。

             中には30歳以上でも受験できる試験もあるため事前に確認しておきましょう。

            なお、社会人枠の場合は30歳以上でも受験可能ですが、中には40歳未満という制限付きのものもあります。

            年齢に関しては細かく分かれているため、希望する公務員の職種試験の応募条件は必ず確認しておきましょう。

            地方自治体は30歳以上限定という場合がある

            公務員に転職するには年齢制限がある

            一方で、地方公務員の場合は30歳以上でなければ受験できない試験もあります。

            上限を設けているのは一般的に少なくありませんが、下限が決まっていることは珍しいため理解しておきましょう。

            また、民間企業での職歴経験が5年以上、あるいは10年程度までなど制限が設けられている場合もあります。

            上限年齢がない場合もある

            そして、国家公務員・地方公務員ともに経験者採用の場合は、年齢に対して上限を設けていない場合もあります。

             年齢の上限を撤廃している自治体が増加している傾向にあるため、今後は受験できる資格を持つ人の幅が広くなるかもしれません。

            【よくある質問】公務員への転職は難しい?

            公務員におすすめの転職サイトは?
            リクナビNEXTがおすすめです。高精度AIがあなたに合った最適な求人を選択してくれるため、自分では思いもしなかった意外な出会いがあるかもしれません。また、公式サイトでは転職の成功ノウハウも紹介されており、転職活動時の情報収集にも役立つでしょう。
            公務員の種類とは?
            公務員には国の機関で働く国家公務員と、都道府県や市区町村などで勤務する地方公務員があります。また、公務員試験には一般枠と社会人枠があるため、自身がどちらに該当するか事前に調べておきましょう。
            公務員への転職は難しい?
            公務員には応募条件に年齢制限が定められているため、条件に該当しなければ応募ができないという点で難しさを感じるかもしれません。経験者採用の場合は上限年齢がない場合もあるため、応募時にはよく確認しておきましょう。また、これまでの経験やスキルをアピールできれば高く評価される可能性もあるため、転職サイトを活用しながら自分に合った公務員職の求人を探してみてください。
            公務員に転職する際の志望動機の書き方は?
            公務員として何をしたいか、しっかりとビジョンを明確にすることが重要です。また、地域の人すべてに対してサービスを届けたいという民間企業との違いや、今までの経験を活かせるかを書くことも魅力的な人材と認識してもらうために必要となります。
            公務員になるには年齢制限がある?
            国家公務員とと地方公務員、そして試験の受験枠により異なりますが、上限が30歳や逆に30歳以上でなければ受験資格がないなどがあります。一方で上限が設定されていない場合もあるため、希望する種類の年齢制限についてリサーチしておきましょう。
            公務員へ転職して後悔することはある?
            昔ながらのやり方で仕事を進めることから、効率の悪さは民間企業よりも浮き彫りになっているでしょう。また、年功序列があるため、若くしての昇進が難しい点が挙げられます。
            公務員への転職で役立つ資格やスキルは?
            宅地建物取引士やFP関連、英語検定などは活躍するために所持することで有利に働くでしょう。また、地域住民とのやり取りを円滑に進めるため、コミュニケーション能力は必要なスキルと言えます。

            まとめ

            この記事では、公務員に転職する上でおすすめの転職サイトを紹介し、転職に役立つ資格・スキル志望動機を書く際のポイントなどを解説しました。

            公務員は安定して働けるため、将来を考えても安心です。また、しっかりと休めることやノルマがないなど、民間に比べて精神的に楽になる点もあるでしょう。

            しかし、一方で昇進がしにくいこと、サービス残業が多いなどの後悔する点もあります。

            転職を考えている人は豊富な公務員求人を扱っている転職エージェント・サイトを活用することで、理想に近い働き方に出会えるでしょう。

            こちらの記事も合わせて読みたい
            ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
            ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
            ・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
            ・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
            ・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
            おすすめの記事