未経験でも営業に転職しやすい理由は?おすすめエージェントも紹介

未経験でも営業に転職しやすい理由は?おすすめエージェントも紹介

営業はさまざまある職種の中で、特に求人数が多い仕事です。各企業において自社の商品を売る・知ってもらう上で欠かせない存在だと言えるでしょう。

成果を実感しやすく給与に繋がるなどの理由から、チャレンジしたいと考える人は少なくありません。

そこで今回は、営業への転職について詳しく解説します。

この記事でわかること
  • 未経験でも営業へ転職しやすい理由
  • 営業への転職に向いている人・向いていない人の特徴
  • 営業に転職するメリット・デメリット

おすすめの転職エージェント転職サイトも紹介しますので、ぜひチェックしてみてください。

営業とは?転職を考える前に仕事内容やスキルを確認!

まずは、営業の仕事内容やスキルについて解説していきましょう。

営業の仕事内容

営業とは(仕事内容・スキルなど)

営業とは、さまざまな商材を販売する仕事です。売るものには「有形」と「無形」に分けられます。

有形と無形とは
  • 有形:手に取れるもの(車・住宅・食品・電化製品)
  • 無形:目に見えないもの(コンサルティング・保険・広告宣伝)

有形の場合は購入する側が実際に手に取れることから、売る商品を見てもらいながら説明できます。

有形商材は、営業未経験の人でも比較的売りやすい点が特徴です。

一方で、無形の場合は目に見えないサービスを提供すると言えるため、興味を惹くための販売スキル・話術が必要です。

営業職の顧客

営業の顧客は、主に以下のような分け方があります。

顧客の分け方
  • 法人・個人顧客
  • 新規・既存顧客

法人・個人顧客

営業とは(仕事内容・スキルなど)

営業の顧客には、大きく分けて「法人」「個人」があります。法人営業は企業が相手となるため、売るモノの価格は比較的高めです。

成約まで時間を要する場合は多いですが、大きな成果をあげられます。

一方で、個人を相手にしている営業の場合は契約までの期間が短くスムーズに成約まで進めます。

しかし、単価が低いため成約数が必要になることや、顧客に合わせて動かなければならず、夜遅くに出向いて説明するなどの苦労もあります。

新規・既存顧客

営業とは(仕事内容・スキルなど)

営業先として、「新規」「既存」に分けることもあります。新規は今まで取引がない相手であるため、時間をかけて関係を築くことが重要です。

成約に持ち込めると、達成感を得られるでしょう。

一方で、既存先は関係維持を重視するため、新規ほど達成感は得られにくいかもしれません。しかし、信頼関係を築けていれば、新たな案件を持ち込むと成約に繋がる可能性を大いに秘めています。

営業に必要なスキル

営業とは(仕事内容・スキルなど)

営業という職種で働くにあたって、未経験でも転職できる可能性はあります。ただし、成果をあげるためには以下のようなスキルが必要です。

営業に必要なスキル一例
  • コミュニケーション能力
  • ヒアリング能力
  • クロージング能力
  • 臨機応変な対応力
  • 自己分析力
  • タイムマネジメント能力

人とのやり取りとなるため、コミュニケーション能力は欠かせません。また、顧客の要望を正確に聞き出すためのヒアリング能力も必要です。

そして、最適な提案ができるクロージング能力も、営業で働く上で非常に重要となります。

コミュニケーション能力に長けており、そこに要望を聞き出す力・提案力が備わると顧客から信頼される可能性が高いです。

また、思いもよらぬトラブルに対して臨機応変な対応ができる能力や自己分析力、生産性を上げるためのタイムマネジメント能力も必要でしょう。

未経験でも営業へ転職しやすい理由

未経験でも営業へ転職しやすい理由

結論から言うと、営業未経験でも転職は可能です。

職種によっては未経験者では応募するできない場合もあるため、間口は広いと言えるでしょう。

では、なぜ営業は未経験でも転職できるのか、その理由について迫っていきます。

未経験でも転職できる理由
  1. 求人数が多いため選択肢が広い
  2. 資格を求められない場合が多い
  3. 商材の知識は入社してからも学べる

①求人数が多いため選択肢が広い

未経験でも営業へ転職しやすい理由

営業は多くの求人数を誇るため、転職する際の選択肢が広いです。そのため、確実とは言えませんが一般的には転職しやすい職種とされています。

求人数が多いということは、それだけビジネスシーンで求められている仕事と言えます。

営業はベンチャーから大手など、幅広い企業で求められる人材となるためチャンスは多いです。

②資格を求められない場合が多い

未経験でも営業へ転職しやすい理由

営業が転職しやすいと言われる理由に、特に資格は必要ない点が挙げられます。

職種によっては資格必須といった場合があり、転職する際に苦労することも少なくありません。

もちろん営業経験が豊富であれば転職の際に有利ですが、多くの企業では特に条件を求めていないため、比較的幅広い人がチャレンジできる仕事と言えます。

③商材の知識は入社してからも学べる

未経験でも営業へ転職しやすい理由

営業として働く上で扱う商材については、入社してから学ぶことができます。そのため、事前に知識は必要ないため未経験でも転職しやすいです。

全員が同じスタートを切るため、例えば営業未経験でも募集する傾向にあります。

いくら営業経験がなくても、入社してから扱う商材について意欲を持って学ぶことで、そのモノの良さを知れます。

良さに気付くと顧客に売り込む際にしっかりと魅力を伝えられるめ、成約へ繋がる可能性も高まるでしょう。

営業への転職に向いている人・向いていない人の特徴

ここからは、営業への転職に向いている人・向いていない人の特徴をご紹介します。

向いている人

営業への転職に向いている人・向いていない人の特徴

営業への転職に向いているのは、主に以下のような人です。

営業に向いている人
  • 時間管理がきちんとできる人
  • 人と話すのが好きな人
  • 相手の立場に立って物事を客観的に考えられる人
  • 記憶力が良い人
  • コツコツと努力を続けられる人

営業は、顧客とアポイントメントを取って自社の商品やサービスを販売します。

よって、きちんと時間管理をするスキルや相手の立場で物事を考えられる人が向いているでしょう。

また、なかなか結果につながらなくても、時間をかけて相手と関係を築きコツコツと努力を続けられる人も営業職に適していると考えられます。

向いていない人

営業への転職に向いている人・向いていない人の特徴

反対に、営業への転職に向いていないのは主に以下のような人です。

営業に向いていない人
  • 人と話すのが好きではない人
  • 清潔感のない人
  • 体力に自信のない人

営業では顧客と話す機会が多いため、人と話すのが好きではない人にとっては苦痛に感じるかもしれません。

また、清潔感のない人は相手に不快感を与えてしまうため、営業に向いているとは言いにくいでしょう。

さらに、営業では一日に何件ものアポイントメントが入ることもあるため、時には一日中歩き回らなければならない日もあります。

よって、体力に自信のない人にもあまり向いていないでしょう。

営業に転職するメリット・デメリット

営業に転職するメリット・デメリット

ここからは、営業に転職するメリット・デメリットについて解説しましょう。

メリット

メリットには、主に以下のようなものがあります。

営業に転職するメリット
  1. 達成感を得やすい
  2. 成績が評価に繋がりやすい
  3. インセンティブがあると高収入が期待できる
  4. コミュニケーション能力が向上する

①達成感を得やすい

営業に転職するメリット・デメリット

営業は成績を可視化しやすいため、成果をあげることで達成感を得やすいです。

やりがいを感じられると、仕事に対するさらなるモチベーションアップに繋がりますね。

また、実際に自分で出向いて商材等を売り込むため、顧客の満足度が分かりやすいのも特徴です。貢献していることを肌で感じられる点も、働きがいに繋がるでしょう。

②成績が評価に繋がりやすい

営業に転職するメリット・デメリット

営業は数ある職種の中でも成績が評価に繋がりやすいのが特徴です。営業成績が優秀であれば高評価を得られるため、昇進への期待が持てるでしょう。

 成績優秀者となれば、勤務歴や年齢に関係なく昇進する点は営業のやりがいとなる部分です。

各企業でも、20代や30代前半と若い世代で役職についている人は少なくありません。

③インセンティブがあると高収入が期待できる

営業に転職するメリット・デメリット

基本給とは別にインセンティブがある場合は、高収入が期待できます。また、企業によっては出来高制の場合があり、成績を上げれば上げるほど高収入が見込めるのです。

頑張りはしっかりとお金に代わるため、さらなる成果をあげようというモチベーションアップに繋がりますね。

ぜひ営業への転職をする際は、基本給とは別にインセンティブについてもチェックしておきましょう。

④コミュニケーション能力が向上する

営業に転職するメリット・デメリット

営業では法人・個人を問わず、人とのやり取りが発生します。そのため、働いているうちに自然とコミュニケーション能力を養えるのです。

商品を売る際に魅力を伝えることが重要となるため、プレゼン力も自然と鍛えられています。

人との繋がりが大切な仕事となるため、信頼関係を築くための力を身に付けられるでしょう。

デメリット

デメリットには、主に以下のようなものがあります。

営業に転職するデメリット
  1. 仕事量が多い
  2. 勤務時間が不規則になりやすい
  3. 転勤・異動の可能性がある

①仕事量が多い

営業に転職するメリット・デメリット

営業では、顧客とのアポイントメントや商品販売のほかにも、商品に関する知識を勉強したり商談相手の情報を集めたりとさまざまな仕事があります。

また、日報や報告書、社内向け資料の作成も必要なため、仕事量が多く忙しいことがデメリットとして挙げられます。

②勤務時間が不規則になりやすい

営業に転職するメリット・デメリット

アポイントメントによっては、勤務時間が不規則になる可能性もあります。

相手の都合に合わせる必要があるため、時には休日出勤や残業をしなければならないケースもあるでしょう。

不規則な生活が続くと体調を崩してしまう恐れもあるため、体調管理は特に重要です。

③転勤・異動の可能性がある

営業に転職するメリット・デメリット

勤務先によっては、全国に複数の支店があり転勤・異動を命じられる可能性があります。よって、転勤をせずに長く働き続けたいと考えている人にとっては、デメリットになってしまうかもしれません。

営業職の平均年収を解説

マイナビエージェントを参考にすると、営業職の平均年収は450万円ほどです。

国税庁が発表した「令和2年分 民間給与実態系統調査」によると、日本の給与所得者の平均年収は433万円ほどのため、営業職の平均年収はやや高めといえます。

 ただし、ほとんどの営業職は売上成績が給与に反省されるため、平均年収より大幅に高い人も存在します。

中小企業で実績がある営業マンの年収が大企業の役員以上である場合や、1,000万円以上である場合もあるでしょう。それでは、営業職における職種別・世代別の平均年収を紹介します。

営業職の職種別平均年収

マイナビ転職よると、営業職における職種別平均年収のランキングは下記のとおりです。

営業職の職種別平均年収ランキング(トップ3)
  1. 海外系営業職
  2. 医療系営業職
  3. ソフトウェア系営業職

では、各職種について解説します。

1位:海外系営業職

海外系営業職の平均年収は、約507万円です。日本国内だけでなく海外で活躍する海外系営業職では、英語などの語学力が必要になります。

 海外系営業職の給与が高い理由としては、取引する商品の金額が高く、営業担当者へのバックもその分だけ多くなるためです。

フランス語やスペイン語、中国語など話せる言語が多いほど、携われる業務の幅が広くなるため収入は高くなります。

海外系営業職に転職するには、応募する企業が取り扱っている商品にもよりますが、ビジネスレベルの英語力や何かしらの営業経験が重要です。

2位:医療系営業職

医療系営業職の平均年収は、約489万円です。医療系の商品を取り扱っている営業職は、高額な歩合が設けられていることが多いため、年収が高くなる傾向にあります。

医療系営業職は既存営業である場合が多いため、新規開拓系の営業より成約率が高めです。ただし、営業だけでなく、接待や社内試験が定期的におこなわれるため、一般的な営業職より作業が多くなります。

医療に関する専門的な知識が必要になりますが、過去に営業経験があれば転職する際に有利です。

3位.ソフトウェア系営業職

ソフトウェア系営業職の平均年収は、約462万円です。

 まだスキルや経験が浅い20代の平均年収は375万円ほどですが、30代になると502万円、40代で603万円と徐々に金額が上がっていきます。

ソフトウェア系営業職へ転職するには、サービスや広告など、無形商材の営業経験が重要です。

営業職の世代別平均年収

営業職の給与は世代によって、バラつきがあります。以下が営業職での世代別平均年収です。

営業職での世代別平均年収
  • 20代:340~420万円
  • 30代:350~470万円
  • 40代:400~585万円
  • 50代:515~620万円
  • 60代:320~620万円

営業職では、50代が給与のピークとなっています。また、同じ世代でも職種や成績によって給与が大きく異なる点も営業職の特徴です。

営業職への転職で使える志望動機例文

営業職の志望動機例文

転職活動をするにあたって、志望動機の内容は重要です。ここでは、営業職への転職で使える志望動機例文について、営業職経験者と営業未経験者に分けて解説します。

営業経験者の志望動機例文

営業経験者が転職する際の志望動機例文を紹介します。 まず志望理由を端的に伝え、前職での営業経験を実績含めてアピールするのがポイントです。

例文

私は、インフラを通じて地域に貢献する貴社の営業職として、活躍したいと思い、志望いたしました。

前職では、広告会社の営業として約5年間務めてきました。顧客の売上目標を達成するために、顧客の要望を聞き、最適な提案をすることを心がけてきました。

その結果、顧客の売上はアップし、前年比120%の成果が得られました。また、顧客との信頼関係も構築できました。

貴社では、これまでの営業で培った顧客志向を活かし、地域の要望にヒアリングし、地域にとって最適な提案をする営業職として活躍していきたいと思います。

前職で得た営業実績は、具体的な数値を用いて記載しましょう。

営業未経験者の志望動機例文

営業未経験者の志望動機例文

営業未経験者が転職する際の志望動機の例文を紹介します。営業職として働きたい理由や、これまで得たスキルや知識についてエピソードを含めて記載するのがポイントです。

例文

私は、これまでの経験を活かし、よりシビアに実力を問われる貴社の営業職として活躍したいと思い、志望いたしました。

前職では人材業界の営業事務を約2年間務めていました。見積書の作成や、メールや電話対応などを行う中、取引先とやり取りする機会もありました。

メールで連絡をとる際は、相手に伝わりやすい文章作成を心がけ、内容によっては電話でコミュニケーションを図るなど心がけてきました。

営業職を目指したいと思ったのは、営業事務で培った経験を活かしながら成果が目に見える営業として働きたいと思ったからです。

貴社では、これまでの経験や人材業界に対しての知識を活かしながら、顧客の要望を引き出し最適なサービスを提供する営業として活躍していきたいです。

同業界で得た知識をどのように活かしていけるのか具体的に記載しましょう。

営業職への転職で使える自己PR例文

営業職への転職で使える自己PR例文

自己PRは、応募先の企業に自己アピールができる非常に重要な場です。ここでは、営業職への転職で使える自己PR例文を営業経験者と営業未経験に分けて解説します。

営業経験者の自己PR文

営業職経験者が転職する際の自己PR例文を紹介します。前職で努力してきたこと身につけたスキルを織り交ぜながら、作成するのがポイントです。

例文
私の強みは、顧客の立場に寄り添った提案力を持っているところです。前職では、約5年間Webサイトの提案営業を行ってきました。
同様の競合他社は多かったため、商談での高い提案力が求められる環境でした。
提案するまでに顧客のWebサイトを調査するだけでなく競合サイトと比較した上での改善点を洗い出すなど、事前準備に力を入れてきました。
実際の提案の際には、顧客の要望をヒアリングしつつ顧客の要望に合ったWebサイトの提案を行うように心がけてきました。
貴社に入社した際には、これまで培ってきた提案力を活かし、相手のニーズに沿った提案をし実績に結び付けていきたいと思っています。

これまでの営業経験で得たスキルについてエピソードを用いて記載しましょう。

営業未経験者の自己PR文

営業未経験者の自己PR文

営業未経験者が転職する際の自己PR例文を紹介します。前職で得たスキルを営業としてどのように活かせるのかを記載するのがポイントです。

例文
私の強みは、立場や考え方が違う人と上手くコミュニケーションがとれるところです。前職では、食品メーカーの営業事務として約5年間従事してきました。
主に営業部をサポートする立場でありながら、取引先企業や社内の他部署の社員と連絡をとりながら業務を行ってきました。
業務を進めるにあたってコミュニケーションは重要で、相手の立場や考え方に寄り添った上で進めることを心がけてきました。
貴社では、これまで培ってきたコミュニケーション能力を活かし、顧客の立場や考え方に沿ったコミュニケーションを円滑にとっていきたいと思っています。

未経験であっても活かせるこれまで得たスキルを積極的にアピールしましょう。

営業職の転職事情を解説

営業職は、ほかの職種により新型コロナウイルス感染症の影響が少ないといえます。コロナ渦前に比べて多少は求人数が減っているものの、有効求人倍率は平均より高く、転職での年収も上昇傾向です。

有効求人倍率とは、企業からの求人数(有効求人数)を、公共職業安定所(ハローワーク)に登録している求職者(有効求職者)で割った値です。

それでは、営業職の転職事情を解説します。

営業職の有効求人倍率は高い

営業職は企業の売上に直接関係する業種のため、不況下でも求人が大幅に減ることは基本的にありません。とはいえ、新型コロナウイルス感染症の拡大にともない求人数は減少傾向にあります。

しかし、厚生労働省が発表した「職業別一般職業紹介状況」では、令和3年1月の営業職の有効求人倍率は1.63倍と高い数値です。現在では、コロナショックで減少した営業職の求人が徐々に増えています。

特に、IT・情報・通信業界の求人数は増加しています。

求められる即戦力

従来、営業職では顧客と直接対面し商品をアプローチしたり、信頼関係を築いたりする方法が一般的でした。

しかし、現在では顧客と直接対面せずとも顧客ニーズや課題の分析・把握をし、顧客に合わせた営業方法をおこなう方法が広がっています。

よって、営業職は職種を問わず、営業経験やマネジメント経験がある即戦力のニーズが高いといえるでしょう。

しかしながら、営業職の離職率は高いため、ほかの仕事と比べて未経験者の採用も積極的におこなっています。

 営業職の採用では、やる気や積極性、粘り強さ、即戦力となり得る自分の強みをしっかりとアピールすることが大切です。

営業職を目指す方におすすめの転職エージェント3選

リクルートエージェント

リクルートエージェント

おすすめポイント
  • 営業の求人数が多い
  • キャリアアドバイザーが最適な求人を提案してくれる
  • 充実した転職サポートを受けられる

リクルートが提供する転職エージェントで、営業の求人数が多い特徴があります。

24,000件ほどの求人があるため、自分の求める理想の仕事を見つけやすいです。

業界に詳しいキャリアアドバイザーが多く在籍しており、営業に転職する上での希望を丁寧にカウンセリングし、要望・スキルに沿った最適な求人を紹介してくれます。

また、求人紹介だけでなく提出書類の添削面接対策、独自に分析した業界の企業情報を提供してくれるなど、トータル的な手厚いサポートを受けられます。

運営会社 株式会社リクルート
主なサービス(機能)
  • 求人紹介
  • 非公開求人の提供
  • 面談の実施
  • 面接対策
  • 志望企業への推薦
公開求人数※2021年7月3日時点 116,955件
営業の公開求人数※2021年7月3日時点 24,400件
拠点

東京/西東京/宇都宮/さいたま/千葉/横浜/京都/大阪/神戸/名古屋/静岡/北海道/東北/岡山/広島/福岡

※全国の求人に対応

出典:https://www.r-agent.com/

doda

doda

おすすめポイント
  • 働きたい企業の環境や条件を細かく選べる
  • 非公開求人を含む多くの求人から最適なものを提案してくれる
  • 直接オファーが届くスカウトサービスが利用できる

dodaでは自分が理想とする働き方を指定した上で検索できます。例えば、週休2日制や残業20時間未満、上場企業や定着率95%以上など、細かいリサーチが可能です。

 非公開のものも含む数多い営業求人から、求職者に最も合うものを転職プロが提案してくれます。

また、自分からアプローチをするだけでなく企業からオファーが届くスカウトサービスも利用可能です。自分の市場価値を知るきっかけにもなるため、ぜひ活用してみましょう。

運営会社 パーソルキャリア株式会社
主なサービス(機能)
  • 非公開求人の紹介
  • 専門スタッフによるプロ目線での求人紹介
  • 面接のスケジュール調整
  • 書類・面接手続きのサポート
  • スカウトサービス
公開求人数※2021年7月3日時点 87,452件
営業の公開求人数※2021年7月3日時点 16,546件
拠点

丸の内/北海道/東北/横浜/静岡/中部/関西/京都/神戸/岡山/広島/九州

※全国の求人に対応

出典:https://doda.jp/

マイナビエージェント

マイナビエージェント

おすすめポイント
  • 20代に信頼されている転職エージェントナンバーワン
  • 求職者に合わせた最適な求人を提案
  • 模擬面接や書類の添削などによる徹底的なサポート

マイナビが提供する無料の転職支援サービスで、20代に信頼されている転職エージェントNo.1に輝いています。

キャリアアドバイザーは求職者に合わせた最適な求人を見つけ出し提案してくれるため、理想の働き方が実現しやすいでしょう。

キャリアアドバイザーが転職状況のヒアリングも丁寧に実施し、活動プランも一緒に考えてくれます。

また、模擬面接書類の添削といったサポートもしてくれるため、転職経験が浅い人にとっては安心です。

運営会社 株式会社マイナビ
主なサービス(機能)
  • 求人紹介
  • 書類添削
  • 模擬面接の実施
  • 企業担当アドバイザーによるバックアップ
公開求人数※2021年7月3日時点 27,466件
営業の公開求人数※2021年7月3日時点 5,014件
拠点

京橋/新宿/神奈川/北海道/宮城/名古屋/京都/大阪/兵庫/福岡

※全国の求人に対応

出典:https://mynavi-agent.jp/ ※公式サイト

営業職を目指す方におすすめの転職サイト3選

リクナビNEXT

リクナビNEXT

おすすめポイント
  • 毎週水曜日と金曜日に新着求人が届く
  • 限定公開求人が探せる
  • 企業からのオファーが受けられる

毎週水曜日と金曜日に新着求人が届くため、自分の求める企業を発見できる可能性が期待できます。

大手からベンチャーまで、さまざまな企業求人が毎週届くため理想の仕事探しが楽しくなります。

また、限定公開求人の検索もできるため、今まで見たことがない仕事に出会えるかもしれません。

そして、企業からオファーが届くサービスも提供しており、オファーでしか紹介していない非公開求人もあるため、ぜひ活用しましょう。

運営会社 株式会社リクルート
公開求人数※2021年7月3日時点 51,149件
営業の公開求人数※2021年7月3日時点 8,707件
得意分野・特徴
  • 転職成功ノウハウ
  • 女性の転職
  • 在宅勤務特集
  • 限定公開求人を検索
主な機能
  • 求人検索
  • オファー
  • 気になるリスト
  • グッドポイント診断
  • アプリの提供

出典:https://next.rikunabi.com/?leadtc=top_logo

マイナビ転職

マイナビ転職

おすすめポイント
  • 転職ノウハウが学べる
  • 転職フェアを開催
  • スカウトサービスが利用できる

転職を成功に導くためのノウハウを学べるため、転職初心者におすすめです。

転職活動の始め方から書類の準備、面接対策などトータル的にノウハウを学べます。

定期的に転職フェアを開催しており、キャリア相談適職診断などが受けられるため、ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。

 また、マイナビ転職ではスカウトサービスを提供しており、希望条件や経験、スキルなどを見て興味を持った企業からオファーが届きます。

企業からアクションを起こしてくれることで、今までなかった新たな出会いも期待できるでしょう。

運営会社 株式会社マイナビ
公開求人数※2021年7月3日時点 14,644件
営業の公開求人数※2021年7月3日時点 4,095件
得意分野・特徴
  • 転職ノウハウ
  • 転職フェア
  • 大手・優良企業の求人特集
主な機能
  • スカウトサービス
  • WEBセミナー
  • 適性診断

出典:https://tenshoku.mynavi.jp/

エン転職

エン転職

おすすめポイント
  • 総合満足度4年連続ナンバーワン
  • エンだけの掲載求人がある
  • 積極採用を実施している企業特集をチェックできる

テレビCMでもお馴染みのエン転職は、総合満足度4年連続No.1に輝いている実績があります。

エン転職だけに掲載されている求人が多数あるため、他のサービスでは見つけられない仕事と出会える点はメリットです。

エン独自の求人は、全体の約80%を占めていますよ。

また、積極採用を実施している企業特集が組まれているため、転職成功率を上げるためにもチェックしておきましょう。

運営会社 エン・ジャパン株式会社
公開求人数※2021年7月3日時点 6,533件
営業の公開求人数※2021年7月3日時点 1,936件
得意分野・特徴
  • 詳細な求人情報の提供
  • 無料で応募企業の面接情報を提供
主な機能
  • 転職ノウハウ
  • 転職Q&A

出典:https://employment.en-japan.com/ ※公式サイト

よくある質問

営業におすすめの転職エージェントは?
リクルートエージェントがおすすめです。約24,000件もの営業求人があるため、選択肢の広さから理想に近い仕事を見つけやすいでしょう。業界に詳しいアドバイザーもサポートしてくれるため、ぜひ活用してみてはいかがでしょうか。
営業におすすめの転職サイトは?
リクナビNEXTがおすすめです。営業求人が多く、選択肢は大変広いため、条件に合った求人を探しやすいでしょう。また、スカウトサービスを利用すると企業からオファーが届くため、より好条件の求人と出会えるかもしれません。
営業の主な仕事内容は?
商材を売ることが主な仕事内容です。顧客は法人や個人があり、その中でも新規や既存などに分けられています。とにかく人と関わり商品やサービスを売ることが使命です。
営業には転職しやすい?
求人数が多く比較的選択肢が広いため、内定を勝ち取れる可能性は高いでしょう。また、特に資格も必要としないためチャレンジしやすい業界となります。
営業に転職するメリットは?
成績を可視化しやすいことから、達成感を得られやすいです。また、企業によっては成績が評価に繋がり昇進や昇給がしやすい場合もあります。インセンティブがあれば高収入が見込める点も営業の魅力です。
営業未経験でも転職できる?
扱う商材は基本的に入社してから学ぶため、未経験でも転職可能です。求人募集欄にも「未経験歓迎」と記載されている場合が多いため、ぜひチェックしておきましょう。
営業に必要なスキルは?
コミュニケーション能力やヒアリング能力、クロージング能力などが求められます。また、臨機応変な対応力や自己分析力なども顧客に信頼してもらうために必要です。

まとめ

この記事では、営業への転職について、仕事内容や求められるスキル、おすすめの転職エージェント・転職サイトなどを解説しました。

営業で扱う商材は基本的には入社してから学ぶため、未経験でも転職しやすい業界です。

経験がなくてもコミュニケーション能力ヒアリング能力などは求められるため、身に付けておくと転職で有利になるでしょう。

今回解説した内容を参考に、転職エージェントや転職サイトを活用して営業への転職を目指してみてはいかがでしょうか。

関連記事

こちらの記事も合わせて読みたい
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事