楽天への転職は難易度が高い?評判・平均年収・必要な英語力も徹底解説!

楽天への転職は難易度が高い?評判・平均年収・必要な英語力も徹底解説!

世界中で幅広いサービスを展開している楽天株式会社は、大手企業の一つであり、転職先としても人気があります。平均年収や口コミ・評判が気になる方も多いのではないでしょうか。

後悔しない転職のためには、会社の特徴や仕事内容をしっかりと理解しましょう。今回は、楽天に転職した人の口コミ評価福利厚生平均年収について紹介します。

この記事で分かること
  • 楽天の基本情報
  • 楽天の仕事内容
  • 楽天に転職した方の口コミ・表か
  • 楽天の平均年収
  • 楽天の転職に必要なスキル
  • 年収アップの方法
  • 楽天の面接内容
  • 楽天の福利厚生
  • 楽天に転職したい方向け転職エージェント
  • 楽天の研修プログラム
  • 楽天の転職難易度

転職の難易度や、英語や資格などの必要スキルについても解説するので参考にしてみてください。

転職は情報集めから!楽天の基本情報を確認!

楽天とは

楽天は、1997年に創業しました。「グローバル イノベーション カンパニー」であり続けることを目指し、さまざまなビジネスを展開しています。

通販サイトとして知られる楽天市場は、大手ネットショッピングモールとして国内で売り上げを伸ばし続けています。

楽天とは、織田信長の経済政策として有名な「楽市・楽座」からきています。

日本国内に限らず、世界でもアジア太平洋、ヨーロッパ、南米アメリカなど世界30カ国・地域でビジネスを展開しています。

 70超のサービス展開で、世界15億超のユーザーが利用する巨大なネットワークは独自の強みです。

どの業種への転職を目指す?楽天の仕事内容をご紹介

楽天の仕事内容とは、大きく次の4種類があります。それぞれを解説しましょう。

楽天の仕事内容
  1. ビジネス職(営業、コンサルティング)
  2. エンジニア職
  3. クリエイティブ職
  4. コーポレート職

①ビジネス職(営業、コンサルティング)

楽天 仕事内容

ビジネス職は、クライアントに対して営業やコンサルティングを担当する仕事です。広告プランニングや企画提案、新規事業提案などを中心に行います。

中途採用で内定を獲得するには、営業経験が重視されるといわれています。

主な配属先の事業内容は次のとおりです。

ビジネス職の配属先事業内容
  • インターネットサービス
  • FinTech
  • デジタルコンテンツ
  • 通信など

楽天グループのサービスに関わる職種すべてが配属対象となります。

②エンジニア職

楽天 仕事内容

エンジニア職は、所属によって仕事内容が異なります。楽天グループ全体の組織力を強化させるためのサービスの構築や、自らが所属するカンパニーの事業開発を担当します。

募集されている主な職種は次のとおりです。

エンジニアの主な応募職種
  • アプリケーションエンジニア
  • プロデューサー
  • インフラエンジニア
  • セキュリティーエンジニア
  • テクノロジーマネジメント
  • 開発サポート

給与は専門知識や経験、実力によって個別に設定されます。

③クリエイティブ職

楽天 仕事内容

クリエイティブ職は、エンジニア職と同じく所属によって仕事内容が異なります。

グループ全体をクリエイティブの側面から高めるための業務や、『楽天市場』『楽天トラベル』など、自分が担当する事業の課題解決を目指します。

求められる専門性は非常に高いと考えられます。

④コーポレート職

楽天 仕事内容

コーポレート職とは、幅広い業務を行って会社全体の舵取りを担う職種を指し、エンジニア職と同じく所属先によって仕事内容が異なります。

たとえば、楽天グループ全体を支えるコーポレート職には次のような基幹部門が存在します。

基幹部門
  • 財務
  • 経理
  • 法務
  • 総務
  • 人事

大規模なサービスを展開する場合には、独自にコーポレート部門を設置することもありますよ。

楽天に転職した方の口コミ・評価!後悔した声はある?

楽天に転職した方の評判は、一体どのようなものなのでしょうか。今回はインターネット上に寄せられた口コミから、良いもの・悪いものをそれぞれ紹介します。

楽天に転職した社員の良い評判・口コミ

楽天 評判

楽天に転職して良かったという社員の口コミを紹介します。

良い口コミ
  • 男女分け隔てないが、他の企業と比べれば働きやすい
  • 社員の士気が高く、成長も実現できる
  • やりたいと言えばやらせてくれる社風が、モチベーション向上につながっている
  • 有休が自由に取れるため、ライフワークバランスが取りやすい
  • 日々の業務のパフォーマンス次第で、責任のある仕事を任せてもらえる

会社の雰囲気が良く、仕事が好きな方はどんどん能力を伸ばしていける環境であるという口コミが多いようです。

 口コミからも分かるように社員の士気が高いため、お互いに切磋琢磨に成長を続けることができるでしょう。

実力を評価されたい方にとってはぴったりの環境ですね。

楽天に転職した社員のイマイチな評判・口コミ

楽天 評判

楽天に転職したが、イマイチだったという口コミも紹介します。

悪い口コミ
  • 社員の数が多いため、競争が激しいと感じた
  • 会社のスピード感についていけなかった
  • 仕事にのめり込みすぎて、プライベートの時間が取れなかった
  • 上司との相性が合わず、怒られることが多かった
  • TOEICの点数が低く昇給できなかった

年功序列ではなく実力主義であるため、スキルを伸ばさなければ思うように出世できない可能性があります。

 会社の風土になじめずに辛いと感じてしまう方もいるようです。

英語が苦手な方や、競争が苦手な方は向いていないかもしれません。

転職の判断材料に!楽天の平均年収はいくら?

楽天に転職を考える際、多くの方が気になるのは年収です。楽天の平均年収はどのくらいなのでしょうか。

楽天の平均年収

お金

楽天の有価証券報告書によれば、2020年度の平均年収は745万円です※1

 過去5年間の平均年収は724万円であるため、2020年度も例年と同水準の給料が支払われていると考えられます。

なお、国税庁の調査によれば、日本の正社員の平均年収が503万円※2です。

平均よりもかなり高い水準であることが分かりますね。

※1doda「楽天グループ株式会社の平均年収、給与情報
※2国税庁「民間給与実態統計調査:令和元年分

楽天は徹底された成果主義

眼鏡

楽天は徹底された成果主義を取っており、平均年収はあくまで目安です。

30代であっても、結果を出して評価されれば役員報酬をもらうことも可能です。

したがって、上位クラスになれば年収1,000万円以上を目指せる可能性もあります。

ランク制度あり

楽天では、その年度の営業成績などで給与を決定するランク制度を設けています。ランクは、次の6段階に分けられます。

ランク制度
  • AAA
  • AA
  • A
  • BBB
  • BB
  • B

それぞれのランクは、楽天が提唱している五つの成功コンセプトに基づいて決定されます。

 社員の学歴や年齢、勤続年数などは考慮されにくい傾向にあるといわれています。

年功序列ではなく、能力・成果に対し正当な評価を受けられるでしょう。

一人ひとりの能力や成果をきちんと評価し、パフォーマンスに応じて賞与にも反映されるため、実力を付ければ格付けの階段をステップアップできるでしょう。

楽天の転職に必要なスキル・英語力

楽天に転職するために必要なスキルには、どのようなものがあるのでしょうか。

入社を希望する職種のスキル

楽天 転職 英語

楽天では、大きく分けてビジネス職(営業、コンサルティング)、エンジニア職、クリエイティブ職、コーポレート職の4種類があることは先ほどもお伝えしました。

それぞれの職種で中途での内定を勝ち取るには、職種に応じた相応のスキルが必要です。

例えば、エンジニア職ならエンジニアとしてのスキルが必須です。

たとえば、ビジネス職なら営業やコンサルティングのスキルを必要とされます。

 希望の配属先がある場合は、入社前にアピールポイントを見つけておきましょう。

英語力

楽天 転職 英語

楽天に入社するには、英語力が必要です。入社後には英語を使ったコミュニケーションが必須となるためです。よって、英語力を客観的に示せるようTOEICの受験をおすすめします。

ただし、ビジネス職とエンジニア職はTOEICスコアを持っていなくてもエントリーができます。

TOEICスコアが選考結果に直接影響することはありません。

 ただし、内定獲得後は入社までに800点を取得する必要があります。

内定後は、TOEICスコアの800点獲得を目指して楽天からサポートを受けられるため、ご安心ください。

年収アップを目指すならまずは適正年収を調べてみよう!

年収をアップさせたいときには、まず自分の市場価値を知るために、自分の適正年収を調べましょう。適正年収が今の年収よりも高ければ、転職で年収アップをさせることができるでしょう。
dodaの年収査定サービスでは、無料会員登録後、簡単な項目に答えるだけで、自分の適正年収がわかります。


dodaの会員186万人のビッグデータを分析し、適正年収を教えてくれるので、かなり正確な数字だと言えるでしょう。
dodaの年収査定では以下の項目が表示されます。


dodaの年収査定でわかること
  • あなたの適正年収
  • 今の年収からいくらアップするか
  • あなたの適正年収と同じ条件の求人

表示される診断結果のサンプルは以下になっています。査定時間はおよそ3分なので、スキマ時間に利用可能です。

年収査定

また、今の年収との差は以下のような形で表示されます。dodaは転職エージェント・サイトのサービスも展開していますので、査定後すぐに求人探しを始めることができます。

年収査定

自分の今の年収に不満を感じている方も多いのではないでしょうか。そんな方はぜひ一度自分の適正年収を調べてみましょう。年収アップの近道になりますよ。

 

楽天の面接では何を聞かれる?

楽天の面接では、何を聞かれるのでしょうか。ここでは、「志望動機」「あなた自身について」「将来のビジョンについて」「楽天に対する質問」に分けて紹介します。

志望動機について

志望動機については以下のような質問が想定されます。

転職動機の質問例
  • なぜ楽天を志望するのか
  • 楽天が第一志望か
  • 経歴から〇〇事業を志望しなかったのはなぜか
  • 当社選考に落ちたらどうするか
  • 同業他社がある中で、なぜ楽天なのか
  • 転職理由

    楽天の面接では志望動機が重視されるため、志望の本気度入社意思については詳細に聞かれると思います。

    志望動機は必ず聞かれます。スラスラ話せるように、しっかり用意しておきましょう。

    あなた自身について

    楽天の面接では、あなた自身に関する質問もされます。想定される質問は以下のとおりです。

    あなた自身に関する質問例
    • あなたの強みは何か
    • その強みを楽天の仕事にどう活かしていけるか
    • 英語に対して苦手意識はないか
    • 海外で仕事をすることに抵抗はあるか
    • チームで成果を出すためにどんな役割を果たすか

      楽天は社内の公用語が英語です。そのため、英語のスキルがなければ、転職は厳しいでしょう。

      楽天社員のTOEICの平均スコアは800点以上と言われています。

      将来のビジョンに関する質問

      楽天の面接では、将来のビジョンに関することも聞かれます。

      将来のビジョンに関する質問
      • 楽天で働く中で、どんな人間になりたいか
      • 今後、楽天をどういう企業に変えていきたいか
      • あなたの将来像に向けて、今からどんな取り組みをするか

        楽天の採用ページに三木谷社長の以下のメッセージが掲載されています。

        「どうすれば達成できるか」を考え、そしてまた挑戦する。そこに、ビジネスの面白さがある。

        楽天 採用HP トップページ

        楽天では、上記のような目標意識を高く持って働くことが求められます。あなたが入社後にどんな仕事をし、何を成し遂げたいのか、しっかりとイメージしておきましょう。

        楽天が目指すビジョンとあなたが目指すビジョンが同じ方向であれば、高い評価を得られるでしょう。

        楽天に対する質問

        楽天に対することも聞かれます。具体的には以下のとおりです。

        楽天に関する質問
        • 楽天の強み、弱みはなにか
        • 三木谷社長に対してどんな印象か
        • 他のECサイトと比較して、楽天市場はどう捉えるか
        • 楽天主義に共感できるか

          三木谷社長や楽天主義について聞かれることがあるようです。楽天のホームページに詳細が掲載されています。自分の考えや共感できるポイントをまとめておきましょう。

           楽天はアントレプレナーシップ(起業家精神)を大切にしています。目標に向かって能動的に仕事をする意識が大事です。

          楽天への転職で使える!志望動機例文

          ここでは、楽天への転職で使える志望動機例文を紹介します。楽天で志望動機を書く際のポイントは以下のとおりです。

          楽天の志望動機を書く際のポイント
          • 楽天のホームページを読み込む
          • ホームページで気になった情報を志望動機に落とし込む

          それぞれ、みていきましょう。

          楽天のホームページを読み込む

          志望動機を書くにあたって、企業のホームページをしっかりと読み込んでおきましょう。面接官は、競合があるなかで、「なぜ楽天なのか」を確認したいからです。

          楽天のような巨大企業の場合は、企業情報、ブランド方針、企業理念、社長のメッセージなど多くの情報を確認することができます。

          「なぜ楽天なのか」を言語化するためにも、ホームページをしっかりと確認しておきましょう。

           楽天だけでなく、ヤフーやAmazon等の競合を分析することもおすすめします。

          ホームページで気になった情報を志望動機に落とし込む

          ホームページで気になった情報をみつけたら、志望動機に落とし込みましょう。

          「企業理念に共感した」「世界に広がるビジネス展開に参加したい」のように拾い集めた情報と自分の志望動機をつなげて考えてみてください。

          集めた情報を整理し志望動機を書くためのポイントは以下の通りです。

          ポイント
          • 結論から伝える
          • 今までの経験と志望動機を調和させる
          • 入社後にどんな仕事がしたくて、どのように貢献できるか伝える

            「〇〇に共感して御社を志望しました」のように結論から伝えて、理由を述べるときれいな流れになります。

            また、今までの経験と志望動機を調和させて入社後にどのような貢献ができるのかを言語化しておきましょう。

            「自分にはこのようなスキルや経験があるので、このような仕事に従事したい」と本音を伝えておくと企業側とのミスマッチを防げます。

            楽天への志望動機例文

            では、上記の内容を踏まえて、楽天への志望動機例文を紹介します。

            楽天 志望動機例文

            私は貴社でアプリケーションエンジニアの仕事を志望しております。

            とくに「楽天ブックス」のような膨大な書籍を扱う、開発業務に携わりたいです。

            私自身、仕事は前向きにチャレンジしていくことをモットーにしています。

            企業見学をした際に、貴社で働く人々が「向上心」「チャレンジ精神」「探究心」に満ち溢れていて、とても魅力的に感じました。

            前職では開発エンジニアとして、中〜大規模金融システムの開発に携わってきました。

            開発する上で、多国籍の方とコミュニケーションを取ることも多く、様々な価値観を学びました。

            この経験をもとに、御社のアプリケーション開発に携わっていきたいと考えております。

            上記の例文では、結論から入り、楽天のどの仕事に携わりたいのかが明確になっています。また、楽天に転職したいと思ったきっかけや、前職での経験にも触れているところが、良い点です。

            志望動機は長くなりすぎず、分かりやすい内容で伝えることが大事です。

            楽天の福利厚生を解説

            楽天の福利厚生は「金銭的なサポートだけではなく、社員の暮らしと心身の健康をしっかりと提供すること」を目指しています。

            ここでは、楽天の福利厚生を「SUPPOT」「SERVICE」「EVENT」3種類に分けて紹介します。

            世界に名だたる大企業として、福利厚生も多方面で充実していますよ。

            SUPPORT

            楽天では、従業員をSUPPORTする制度が整っています。具体的には以下のとおりです。

            SUPPORT
            • 通勤交通費(月65,000円まで)
            • 従業員持株会制度
            • スポーツクラブ法人会員
            • ビザサポート
            • リロケーションサポート
            • 仕事と育児・介護の両立支援サポート
            住宅手当や退職金は出ないので注意しましょう。とはいえ、楽天では仕事育児・介護の両立支援サポートが充実しています。具体的には以下のとおりです。
            仕事と育児・介護の両立支援サポート
            • 社内託児所・授乳室の設置
            • ベビーシッター法人との契約
            • オープンファミリーデーの実施
            • 結婚休暇
            • 妊娠中の通院休暇
            • 産前産後休暇
            • 配偶者出産休暇
            • 育児休暇
            • 子の看病休暇
            • 時差出勤制度
            • 在宅勤務制度
            • 出産育児一時金
            • 出産祝い金

              楽天では仕事と育児・介護の両立を支援する制度が充実しているため、子供が生まれても安心して働ける環境が整っていると言えるでしょう。

              SERVICE

              楽天に入社すると以下のようなSERVICEが受けられます。

              SERVICE
              • カフェテリア(朝食・昼食・夕食無料)
              • ライブラリ(個人学習スペース)
              • コンビニエンスストア
              • クリムゾンクラブ(有料レストラン)
              • フィットネスジム(有料)
              • ヘアサロン(有料)
              • ランドリーサービス(有料)
              • マッサージ&鍼(有料)

              楽天では、3食無料のカフェテリアを利用できます。従業員の健康維持と社内のコミュニケーションを活発化させることを目的にしているようです。

              こちらを利用すれば、食費が抑えられるとともに、料理に時間をかけることもなくなるので、仕事に集中できますね。

              また、体を動かしてリフレッシュできるように、ジムも完備されています。

               社内にはコンビニがあり、楽天カードや楽天ペイ、楽天Edyでの支払いが必要になります。

              EVENT

              楽天では、社員同士の交流を深めるために、以下のようなEVENTを行っています。

              EVENT
              • クラブ活動
              • 納会
              • ファミリーデーなど

              楽天は経済的な福利厚生よりも、育児や介護、健康維持への福利厚生が充実していると言えます。

              転職後の教育は?楽天の充実した研修プログラム

              楽天では、全社員が格付に応じて研修を受ける権利が与えられます。研修プログラムについては、次の3種類があります。

              楽天の研修プログラム
              1. 階層別研修
              2. ビジネススキル研修
              3. Englishnization Next

              ①階層別研修

              楽天 研修

              階層別研修では、組織で活躍するために必要なスキルや知識を身に付けることができます。レベルに応じて、次の4段階の研修が用意されています。

              研修内容
              1. 新卒社員・キャリア採用社員向け研修
              2. 後輩の成長を支援するメンター研修
              3. 成長を高めるコンピテンシー開発
              4. 個と組織を育てるマネジメント研修

              新人から、ある程度キャリアを積んだ人向けのものまであり、しっかりと必要な学びを得ることが可能です。

              ②ビジネススキル研修

              楽天 研修

              ビジネススキル研修では、単に知識をインプットするだけではなく、集合研修や体験型の研修にも力を入れています。

               社員同士で経験を共有して、切磋琢磨しあいながら成長できます。
              研修内容
              1. 思考系トレーニング
              2. ビジネスの定石系トレーニング
              3. リーダーシップ系トレーニング

              ビジネスの基本をしっかりと習得できるプログラムですね。

              ③Englishnization Next

              楽天 研修

              Englishnization Nextでは、英語の読み書きだけではなく、スピーキングやクロスカルチャーを重視したより実践的な教育を行っています。

              研修内容
              1. 対話型オンラインプログラム
              2. Cross-cultural Management
              3. グローバルリーダー育成

              ビジネスに必要な英語をしっかりと学んで、活躍の幅をさらに広げることができるでしょう。

              英語は将来的にも必要なスキルです。グローバルに活躍するためにも、研修を通して身に付けていきましょう。

              楽天への転職難易度

              男性

              2021年5月現在、楽天の公式サイトでは、さまざまな職種の求人情報を掲載しています。したがって、選考に通過すれば楽天への転職も可能です。

              転職難易度は高い傾向

              結論から述べると、一般的に難易度は高いと考えられます。転職の難易度が高いと考えられる主な理由は、次の3つです。

              難易度が高い理由
              • 実務経験を必要とするケースが多い
              • 海外からも有能な応募者が集まる
              • 大手企業出身のライバルもいる

              上記でも解説したように、楽天では高い英語力を求められます。また、世界有数の大手企業であるため、中途採用枠にも世界各国から応募者が集まることもあります。

              転職エージェントの有効活用がおすすめ

              会社

              上記で解説したように、楽天の中途採用は実務経験を要する職種も多く、未経験での転職は難しいといえるでしょう。

               しかし、これまでのキャリアやスキルをしっかりとアピールすることができれば、転職できる可能性はゼロではありません。

              よって、転職エージェントなどのサービスを活用しながら、自分の強みを生かせる職種を探してみるのも良いでしょう。

              楽天に転職したい方におすすめ!転職エージェント3選

              楽天のような大企業に転職したい方には、非公開求人を紹介してくれる転職エージェントがおすすめです。

              まずは、おすすめの転職エージェントを厳選して3社紹介します。

              リクルートエージェント

              リクルートエージェント

                        おすすめポイント
                        • 公開求人数・非公開求人数ともに業界最大級
                        • 様々な職種・業種を取り扱っているので、希望の転職先に出会える可能性が高い!
                        • 求職者の年収相場などを提示してくれるキャリア査定サービスを利用できる!
                        • 完全無料

                        リクルートエージェントは公開求人数は116,339件、非公開求人数は174,516件業界最大級の求人を持つ転職エージェントです。

                         保有している求人数が多いので、取り扱っている職種・業種の種類も多いです。希望する職種・業種が見つからないといった心配はまずないでしょう。

                        全国の求人を取り扱っていますので、日本のどこからでも利用可能です!

                        また、自分のスキルではどの程度の年収の求人を目指せばいいのかわからない...という人にはキャリア査定サービスがおすすめです。

                        あなたの今までの職歴などから、おすすめの転職市場・適正年収・キャリアプランを診断してくれます。
                        ※2021年6月30日現在
                        運営会社 株式会社リクルートキャリア
                        主なサービス(機能)
                        • エージェントサービス
                        • 職務経歴書エディター
                        • 面接力向上セミナー
                        • 担当者面談
                        公開求人数※2021年6月30日時点 116,339件
                        拠点 全国対応可

                        丸の内/北海道/東北/横浜/静岡/中部/関西/京都/神戸/岡山/広島/九州

                        マイナビエージェント

                        マイナビエージェント

                        おすすめポイント
                        • 第二新卒など20代向けの求人が豊富!
                        • サポート体制が手厚く、面倒見の良さが評価されている!
                        • 非公開求人は10万件以上!自分にぴったりの求人を紹介してもらえる!
                        • 完全無料

                        マイナビエージェントは20代や第二新卒の転職実績が豊富な転職エージェントになります。もちろん20代だけではなく30代以上の年代の方も利用することができますよ。

                         転職成功に向けてキャリアアドバイザーから手厚いサポートを受けることができます。初めての転職をする方に特におすすめです。

                        公開求人数は2万件以上、非公開求人数はなんと10万件以上保有しています。キャリアアドバイザーとの面談を通してあなたにぴったりの求人を紹介してくれるでしょう。

                        初めて転職をする方、未経験業種への転職に挑戦したい方はマイナビエージェントがおすすめです。
                        運営会社 株式会社マイナビ
                        主なサービス(機能)
                        • エージェントサービス
                        • 履歴書添削サービス
                        • 面接対策
                        • サポート期間は無期限
                        公開求人数※2021年6月30日時点 27,390件
                        拠点 全国対応可

                        京橋/新宿/神奈川/北海道/宮城/名古屋/京都/大阪/兵庫/福岡

                        ビズリーチ

                        ビズリーチ

                        おすすめポイント
                        • 3分の1以上の求人が年収1,000万円超え
                        • 企業からのスカウトの中には面談が確約されたものも!
                        • 経験豊富なヘッドハンターからアドバイスをもらえる!

                        ビズリーチは、即戦力を求める求人が多い点が特徴です。管理職や専門職、次世代リーダー、グローバル人材などの即戦力・ハイクラス人材に特化しています。

                        企業や求人のレベルも他のエージェントと比べて高めと言えるでしょう。

                        年収1000万円以上の求人も多く保有しているため、年収アップも期待できるでしょう。有料会員になれば、全てのスカウトや求人の閲覧ができます。

                        運営会社 株式会社ビズリーチ
                        主なサービス(機能)
                        • エージェントサービス
                        • タレント・ハイクラス会員制度
                        • ヘッドハンター
                        • スカウト
                        公開求人数 72,762件※2022年4月1日時点
                        拠点 東京/首都圏拠点(渋谷)/関西/名古屋/福岡

                        リクナビNEXT

                        リクナビNEXT

                        リクナビNEXTは、2022年4月末時点の会員登録者数が1,043万人と日本最大級を誇る転職サイトです。次のような大企業の求人も取り扱っています。

                        リクナビNEXTで掲載されている主な大企業の求人
                        • チョーヤ梅酒株式会社
                        • 株式会社星野リゾートホールディングス
                        • マニュライフ生命保険株式会社
                        • タカラスタンダード株式会社
                        • 東京都交通局

                        人材業界大手のリクルートグループのネットワークを生かして、さまざまな企業の求人を取り揃えています。

                        ※出典:公式サイト

                        運営会社 株式会社リクルート
                        主なサービス(機能)
                        • スカウト機能
                        • 気になるリスト
                        • 転職成功ノウハウ
                        • グッドポイント診断
                        • 働き方検索
                        公開求人数※2022年4月1日時 49,154件
                        拠点

                        東京

                        他の求人誌やサイトには掲載されていない優良企業や大企業の求人に出会えるチャンスも多いでしょう。[/aside]

                        ※出典:公式サイト

                        運営会社 株式会社パソナ
                        主なサービス(機能)
                        • 求人検索
                        • エージェントサービス
                        • スカウト
                        • キャリアカウンセリング
                        • 面接対策
                        公開求人数※2022年4月1日時点 33,144件
                        拠点 東京/大阪/名古屋/横浜/静岡/広島/福岡をはじめとする全国47都道府県

                        ビズリーチ

                        ビズリーチ

                        おすすめポイント
                        • 3分の1以上の求人が年収1,000万円超え
                        • 企業からのスカウトの中には面談が確約されたものも!
                        • 経験豊富なヘッドハンターからアドバイスをもらえる!

                        ビズリーチは、即戦力を求める求人が多い点が特徴です。管理職や専門職、次世代リーダー、グローバル人材などの即戦力・ハイクラス人材に特化しています。

                        企業や求人のレベルも他のエージェントと比べて高めと言えるでしょう。

                        年収1000万円以上の求人も多く保有しているため、年収アップも期待できるでしょう。有料会員になれば、全てのスカウトや求人の閲覧ができます。

                        運営会社 株式会社ビズリーチ
                        主なサービス(機能)
                        • エージェントサービス
                        • タレント・ハイクラス会員制度
                        • ヘッドハンター
                        • スカウト
                        公開求人数 72,762件※2022年4月1日時点
                        拠点 東京/首都圏拠点(渋谷)/関西/名古屋/福岡

                        よくある質問

                        楽天への転職は難易度が高い?
                        実務経験を求められることや、海外からも有能な応募者が集まることから考えても、楽天への転職は難易度が高いと考えられるでしょう。
                        しかし、自分の強みをしっかりとアピールできれば、楽天へ転職できる可能性はあります。
                        転職エージェントを活用しながら、自分のキャリアを生かせる職種を見つけてみてください。
                        楽天の仕事内容は?
                        楽天の仕事内容としては、大きくビジネス職(営業、コンサルティング)、エンジニア職、クリエイティブ職、コーポレート職の4つがあります。
                        中途採用で内定を獲得するには、ある程度の専門性の高いスキルが必要と考えられます。
                        楽天に転職した方の口コミの良い評価は?
                        「社員の士気が高く成長が実現できる」「モチベーションの向上につながる社風」「有休が自由に取れるためライフワークバランスが取りやすい」などの口コミが多いようです。
                        楽天に転職した方の口コミのイマイチな評価は?
                        「社員の数が多いため競争が激しい」「会社のスピード感についていけなかった」などの意見がありました。
                        実力主義であるため、スキルを伸ばさなければ思うように出世できないと感じる人もいるようです。
                        楽天の平均年収はどのくらい?
                        楽天の有価証券報告書によれば、楽天の平均年収は745万円です。ただし、楽天は徹底された成果主義を取っており、平均年収はあくまで目安です。
                        上位クラスになれば、年収1,000万円以上になることもあります。
                        楽天に転職するのに必要なスキルは?
                        一部職種によって異なる部分もありますが、基本的には英語力が必須です。入社までにTOEIC800点の取得が求められます。
                        内定を勝ち取るためにも、応募前から語学力を身に付けておくとアピールポイントになるでしょう。
                        楽天の研修プログラムは?
                        楽天では、全社員が格付に応じて研修を受ける権利が与えられます。「階層別研修」「 ビジネススキル研修」”Englishnization Next”の3種類の研修が用意されています。

                        まとめ

                        楽天について、口コミ・評価や福利厚生、平均年収などをご紹介しました。口コミからは、やる気があればどんどん成長できる環境であるという前向きな意見が多かったです。

                        一方、求められるレベルも高いため、会社の雰囲気に合わなかったと後悔している方も一部いました。

                        楽天の平均年収は、日本の正社員の平均年収よりも高いことが特徴です。しかし、徹底した成果主義を取っているため、平均年収はあくまで目安です。

                        よって、きちんと成果を出していれば年収アップも期待できますが、パフォーマンスによっては思いどおりに昇給できない可能性もあります。

                        また、英語力を示せるTOEICスコアや難易度の高い資格を持っていれば転職の際に有利でしょう。楽天への転職を考える方は、大企業の求人を多く取り扱う転職エージェントがおすすめです。

                        内定率をアップさせるための書類添削などのサポートが無料で受けられます。転職の際には企業についてしっかりと理解して、戦略的に転職活動を進めましょう。

                        こちらの記事も合わせて読みたい
                        ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
                        ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
                        ・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
                        ・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
                        ・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
                        おすすめの記事