パナソニックの転職難易度は?口コミ・評判や年収、成功のコツも解説

パナソニックの転職難易度は?口コミ・評判や年収、成功のコツも解説

誰もが知るような大企業に就職したいと考えたことはありませんか?パナソニックは、日本の大手家電メーカーで従業員数も多く、優秀な人材確保に積極的です。

パナソニックへの転職を目指している人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、パナソニックへの転職事情について、転職難易度や口コミ・評判などを詳しく解説します。

この記事でわかること
  • パナソニックの会社概要
  • パナソニックで働く人の口コミ
  • パナソニックへの転職難易度
  • パナソニックの面接で聞かれやすいこと

パナソニックを目指す人におすすめの転職エージェントも紹介するため、ぜひ最後までチェックしてみてください。

転職前に要チェック!パナソニックの基本情報

パナソニック

パナソニックは、主に家電製品の開発、製造、販売を行う日本の企業です。家電を通して、空間や暮らしをより良いものにする工夫を行っています。

創業者は松下幸之助であり、生き方や経営学が書籍として出版されています。

会社名 パナソニック株式会社
設立 1935年(昭和10年)12月15日
資本金 2,590億円
事業内容
  • 家電
  • 住宅
  • 車載
  • B2B
社員数 243,540人

年収

2020年3月31日時点のパナソニックの平均年収は、7,546,379円です。

 難易度の高い配属先や勤続年数を重ねていった場合、平均値を上回ることになるでしょう。

これは、さまざまな職種・年齢を合わせた全体の平均値のため、一概にこの水準を満たすわけではありません。しかし、現在の日本において高給であることは明白です。

これまでのキャリアを活かして年収アップを目指したい人にもおすすめです。

※https://www.panasonic.com/jp/corporate/ir/pdf/Report2019.pdf

主な仕事内容

パナソニック

パナソニックは大手企業のため、さまざまな部署があり、それぞれが人材募集しています。どのような職種があるのが、一例を見ていきましょう。

パナソニックの代表的な職種
  • 経営企画
  • 内部監査
  • 人事
  • グローバル法務
  • 国内営業
  • 研究・開発
  • 回路設計・組込みソフト設計
  • システムエンジニア

パナソニックの仕事内容は、製品に関わる開発や製造、販売するための営業まで幅広くあります。前職での経験を活かせられる職種もあるため、キャリアアップを図る人にもおすすめです。

また、最近ではIoT家電が世間に周知されてきており、今後システムエンジニアや研究開発の需要は増えていくと予想されます。

伸びしろがある分野で活躍できる人材は、需要があるでしょう。

パナソニックの転職難易度

パナソニックの転職難易度

パナソニックは大手企業のため、転職へのハードルが高く感じられることもあるでしょう。パナソニックの難易度は、応募する条件によって異なります。

ここでは、具体的な難易度を見てきましょう。

本社勤務は難易度が高い

パナソニックの直轄部門には、経理や財務のほか、人事や社内情報システムなど企業の運営に関する募集がされています。

どの部門も応募の条件が細かく設定されており、職種によっては必要資格が複数必要なほか、実務経験を問われるものもあります。

 どの部門も基本的に英語のスキルが必須で、TOEICの点数も800点程度は必要だと考えられます。

英語はビジネス英語が堪能であるほか、中国語など多国語話せる人が重宝されます。また、海外赴任もある部署が多いでしょう。

応募時点での条件が多いことから、採用以前に応募までの難易度が高いのが特徴です。また応募しても優秀な人材が集まることから、秀でてたスキルが必要になります。

未経験での応募より、前職からのスキルアップ応募が向いている印象ですね。

地方・子会社勤務も狙い目

パナソニックの転職難易度

パナソニックは、子会社やグループ会社が多く本社以外の勤務も募集されています。希望する部門によっては、本社ではなく子会社、グループ会社の勤務になることもあるでしょう。

 本社以外の会社の方が求人も多く、採用されやすい傾向にあります。

専門性が求められる職種などは実務経験などが必要になることもありますが、本社勤務よりも条件が厳しくないことが多いでしょう。

しかし、地方勤務などになることや、本社と比較して待遇が劣ることや給与が低くなる可能性もあります。

求人が多く応募条件が簡易になった分、採用されやすくなるでしょう。

転職先としてどう?パナソニックの口コミ・評判

パナソニックの口コミ・評判

転職を考えるときは、求人情報や企業サイト以外に口コミをチェックするのもおすすめです。そこで、ここではパナソニックの口コミを以下の5つのポイント別に紹介します。

口コミのポイント
  • 入社後のギャップ
  • パナソニックの企業分析
  • ワークライフバランス
  • 女性の働きやすさ
  • 給与・年収

転職後のイメージをつかむためにも、ぜひ参考にしてみてください。

入社後のギャップ

企業説明通りだった
入社後とくにビックリするようなギャップはありませんでした。面接を担当してくれた人も親切で、会社についていろいろ教えてくれました。
社員を大切にする風潮がある
パナソニックは社員を大切にする風潮があるとのことでした。しかし、最近では早期退職も多い気がします。自分が配属された部署では長く勤めている人も多かったので、部署によるのかもしれません。

パナソニックの企業分析

パナソニックの口コミ・評判

パナソニックの知名度は凄い!
やはりブランド力は企業経営のうえで大事だと思うので、パナソニックの知名度は強みになると思います。
一般的には個人販売がメインと思われていますが、BtoBに強いので今後も事業を伸ばしていくと思います。
ホールディングス化で良し悪し
パナソニックはホールディングス化したことで、別会社として切り離された人も大勢います。伸びない事業は今後売却されていくかもしれません。
しかし、ホールディングス化することでパナソニックは高収益企業として、今後も成績を伸ばすと思っています。

このように、パナソニックの知名度の高さはやはり大きな評価ポイントとなるようです。

ワークライフバランス

休みは部署によりけり
休みのとりやすさなどは、部署によりけりな気がします。全体的には休みも多く、有給もしっかりとれるので良いと思います。
今はテレワークも推奨されていて、抵抗なく受け入れられるのは良いところです。
土日は基本休み
土日は基本休み。公休も多い。有給もとりやすい。以上を踏まえても、かなりワークライフバランスは良い方だと思います。
今はフレックス勤務、在宅勤務などを掛け合わせて勤務している人も多く、休みがとりやすい雰囲気は凄くありがたいです。

女性の働きやすさ

パナソニックの口コミ・評判

産前産後のサポート体制は手厚い
女性の育児に対する理解は、かなりあると思います。産休、育休のほか、復帰後のファミリーサポート体制も充実
子育てに関する福利厚生は、さすが大手企業という印象です。
出産後の女性復帰率が良い
女性は結婚や出産などをきっかけに仕事を辞める人も多い中、わりとたくさんの女性が復帰しているような気がします。
復帰前から復帰を目的としたセミナーが開催されるなど、工夫されています。復帰しやすい職場作りは今後の企業にとって欠かせないと思うので、良い風習だと思います。
男性の育休制度取得はイマイチ
女性は積極的に育休を利用している気がしますが、男性の育休取得に関してはイマイチ浸透していないようです。会社自体は男性の方が圧倒的に多いので、仕方ない気もしますが、もう少し男性も浸透したら良いと思います。

産前産後に充実したサポートを受けられる点は、女性にとっても嬉しいですよね。

給与・年収

評価は5段階
賞与は年2回、昇給は年1回。賞与に関しては役職で大きく変わります。昇進していけば、かなり手厚いと思います。昇給は上司による評価制度で5段階です。
基本給が高い
基本給は高いと思います。主任になるまでは、毎年勝手に昇給していく感じです。上下の差はあまりないと思います。実力があれば若手でも評価されると思います。

日本を代表する一流企業のひとつなので、実力を発揮できれば高収入も期待できそうです。

パナソニックの転職面接で聞かれやすいこと

パナソニックの面接で聞かれやすいこと

パナソニックへの転職を成功させるためには、面接を乗り越える必要があります。ここではパナソニックでの面接について、面接回数や進め方、よくある質問などを見ていきましょう。

パナソニックへの転職面接は複数回実施

パナソニックへの転職では、面接は2回実施されます。書類選考通過後、一次面接を行います。一次面接では、6人ほどの面接官が在席することが多いようです。また、就業後の面接も可能です。

その後、合格者はwebにて適正検査を実施。通過した場合二次面接に進みます。二次面接でも5人程度の面接官が在席するようです。

中途採用も新卒採用もこの流れを取り入れています。

パナソニックの面接で聞かれやすいこと

パナソニックの面接で聞かれやすいこと

パナソニックの面接では、経営基軸を理解することがポイントになります。会社のコーポレート・ガバナンスをよく読み、理解したうえで自己分析をしましょう。

中途採用の転職面接でよく聞かれる内容は、以下の通りです。

パナソニックの転職でよく聞かれること
  • 前職で一番力を入れた業務
  • 前職での苦労経験は?どう対処しましたか?
  • あなたはパナソニックに入って何をしたいですか?
  • パナソニックに対してどのように貢献できますか?
  • 今までの人生で一番悔しかったこと

これらの質問に対し、コーポレート・ガバナンスに基づいた自己分析と回答ができるようにしておく必要があります。回答は、学生時代のことや前職、現職のことを答える応募者が多いとようです。

若手世代では、大学時代に苦労したことなどの経験を問われることもあるようです。

パナソニックの転職で使える志望動機例文

パナソニックの転職で使える志望動機例文

志望動機は、選考をする上で重要視されるポイントです。ここでは、パナソニックの転職で使える志望動機例文について解説します。

SE(システムエンジニア)希望者の志望動機例文

パナソニックのシステムエンジニアへ転職を希望する際の志望動機の例文について解説します。

キャリアを通じて得た知識を伝えた上で、どのように活躍していきたいのかを記載するのがポイントです。

例文

私は日本のIoT化を推進する貴社の一員として働きたいと思い、志望いたしました。前職では、IoTエンジニアとして約5年間勤め、スキルを身につけてきました。プログラミングだけでなく、企画や設計などの工程も担当してきました。C言語やC++、Java、Pythonなどのプログラミング言語などの使用経験もありますので、必ずお役に立てると自負しています。貴社ではプログラミング知識を活かし、積極的にIoTソリューションを推進するシステムエンジニアとして活躍していきたいと思います。

使用経験のあるプログラミング言語は、具体的に記載しましょう。

研究・開発希望者の志望動機例文

研究・開発希望者の志望動機例文

パナソニックの研究・開発への転職を希望する際の志望動機の例文について解説します。ャリアを通じて得た経験を伝えた上で、どのように活かせるのかを記載するのがポイントです。

例文
私は、貴社で女性がより輝ける社会を実現する貴社の一員として働きたいと思い、志望いたしました。
現在は、電化製品における電子部品の性能向上の研究・開発をしています。できる限り電力を抑えて稼働させることを目的に、日々研究を重ねてきました。
貴社の美容家電は、女性の生活シーンを支え続けている美容の必需品であると思っています。
貴社に入社しましたら、これまで培ってきた電化製品の研究・開発の知識を活かし、顧客の求める美容家電の開発を行っていきたいです。

経験してきた研究・開発内容は、具体的に伝えましょう。

パナソニックの転職で使える自己PR例文

パナソニックの転職で使える自己PR例文

自己PRは、自分をアピールできる大切な場です。ここでは、パナソニックの転職で使える自己PR例文を前職の経験別に分けて解説します。

SE(システムエンジニア)希望者の自己PR例文

パナソニックのシステムエンジニアへ転職を希望する際の自己PR例文について解説します。システムエンジニアの経験をどのように活かしていけるのかを明記するのがポイントです。

例文
私の強みは、顧客対応力の高さです。前職では、IT業界でシステムエンジニアとして約3年間勤務してきました。
主に営業DXサービスやアプリケーションの開発に携わり、新機能の開発や既存機能の改善などの設計、実装や運用まで行ってきました。
業務を行う際は、システムの利便性やユーザー体験にこだわり、ユーザーが使いやすいサービスの開発を心掛けてきました。
その結果、開発から半年後にアプリケーションの利用者2,000万人という目標を達成できました。
貴社では、これまで培ってきたスキルを活かし、ユーザー視点に立ったサービスを開発するシステムエンジニアとして活躍していきたいです。

SE経験者であれば、どのような業務を行ってきたのか具体的に伝えましょう。

経営企画希望者の自己PR例文

経営企画希望者の自己PR例文

パナソニックの経営企画への転職を希望する際の自己PR例文について解説します。マーケティングの経験を今後どのように活かしていけるのかを記載するのがポイントです。

例文
私の強みは、分析スキルがあるところです。前職では、化粧品メーカーのマーケティング担当として約7年間勤めてきました。
業務では、3C分析、SWOT分析などのフレームワークを使用し、市場や競合分析を行ってきました。
市場ニーズや顧客ニーズを理解することに注力したことで、結果としてコスメランキングトップ3に入る商品を生み出せました。
これまで培ってきた分析力を活かし、経営企画・戦略を行っていく貴社の一員として活躍していきたいと思っています。

マーケティング経験者であれば、どのような分析スキルがあるのか具体的に伝えましょう。

人事希望者の自己PR例文

パナソニックの人事への転職を希望する自己PR例文について解説します。人事として大切にしていきたいことを伝えるのがポイントです。

例文
私の強みは、コミュニケーション能力があるところです。前職では、人材業界の人事として約3年間勤めてきました。
主に新卒採用に携わり、会社説明会や面接、研修や人材育成などを行ってきました。
説明会や面接では、できるだけ応募者の本音を引き出すための雰囲気作りや伝え方を心掛けてきました。
その結果、私が採用した社員の3年以内の離職率を下げ、社員の定着率アップが図れました。
貴社ではこれまで培ってきたコミュニケーション能力を活かし、貴社に合った優秀な人材を採用できる人事として活躍していきたいです。

人事経験者としての仕事に対する姿勢を伝えましょう。

パナソニックの転職を成功させるコツ

パナソニックの転職を成功させるコツ

パナソニックは大手企業のなかでも人気企業のため、本社勤務希望であれば必然的に難易度は高くなるでしょう。

そのため、パナソニックへの転職を成功させるためには、いくつかコツを押さえておく必要があります。

転職を成功させるコツ
  1. パナソニックのセミナーに参加する
  2. 積極的に募集している職種へ応募する
  3. 未経験ではなく経験を積んでから応募する

では、ひとつずつ解説していきましょう。

1.パナソニックのセミナーに参加する

パナソニックは転職相談会やマッチングセミナーを不定期に開催しているほか、転職エージェントが開催する転職イベントに出展することも珍しくありません。

パナソニックのセミナーに参加することで、社風を肌で感じ取れるほか、採用担当者と面談できる可能性もあります。

 採用担当者だけでなく、希望の職種や部署の社員と会話できるチャンスもあるでしょう。

面談を通すことで、転職時の自己PRや面接内容に深みが増します。また、入社後のミスマッチを防げるかもしれません。

2.積極的に募集している職種へ応募する

パナソニックの転職を成功させるコツ

パナソニックの募集要項は、常に変わっています。そのため、積極的に応募することが成功のコツです。同じ職種や肩書の求人であっても、グループ会社や子会社が異なる場合もあります。

一度応募してダメだった職種でも、会社を変えると通過する可能性もあるでしょう。

積極応募の際は、随時フィードバックをして改善しながら次に生かしましょう。

3.未経験ではなく経験を積んでから応募

パナソニックのような大手企業では、新卒者でない限り即戦力を求めています。そのため、前職での経験や実績、すぐに活かせるスキルが重要です。

未経験の職種に就くことは難しく、応募するのであればそれ相当のスキルや資格が必要となるでしょう。

 資格を保有しているだけでは実践で活かせないこともあるため、実績の方が重要視されます。

パナソニックで就きたい職種がある場合、ほかの企業で経験を積んでから転職する方が成功する可能性が高くなります。時間はかかりますが、未経験で何度もトライするより効率的だと言えるでしょう。

他社で経験を積む場合、パナソニックへの転職に活かせる企業を見極める必要があります。

パナソニックに転職する方法

パナソニックに転職する方法

パナソニックに転職する方法は、大きく分けて2つあります。それぞれの概要を紹介します。

企業サイトからキャリア登録

パナソニックでは、企業ページに求人要項が掲載されています。それぞれをチェックしたうえで、募集したい求人に応募します。そのとき、「キャリア登録」が必要となります。

 キャリア登録の有効期限は1年間です。期限切れの場合は再登録が必要です。

キャリア登録することで求人への応募ができるほか、採用ページに掲載していない職種や、マッチした条件の求人を紹介してもらえます。

キャリア登録者の採用イベントや新規募集などの配信もしているため、まずは登録から始めましょう。

ただし、キャリア登録をしても紹介が確約されるわけではありません。

転職エージェントを利用

パナソニックに転職する方法

転職エージェントとは、転職者と企業の橋渡しをしてくれる転職のプロです。転職エージェントに取扱いのある求人の中から、転職者に合った求人を紹介してくれます。

常にパナソニックの求人がある保証はありませんが、同業種の求人も多いため、未経験の人は転職エージェントを頼る方が安心でしょう。

 転職エージェントのイベントにパナソニックが出展することもあります。

また、転職エージェントでは面接対策や書類添削などのサポートが受けられるため、万全の態勢で転職に挑むことができます。転職経験の浅い人は、まずは登録するのがおすすめです。

複数の転職エージェントを併用しても問題ありません。

年収アップを目指すなら適正年収を調べてみよう

年収をアップさせたいときには、まず自分の市場価値を知るために、自分の適正年収を調べましょう。適正年収が今の年収よりも高ければ、転職で年収アップをさせることができるでしょう。
dodaの年収査定サービスでは、無料会員登録後、簡単な項目に答えるだけで、自分の適正年収がわかります。


dodaの会員186万人のビッグデータを分析し、適正年収を教えてくれるので、かなり正確な数字だと言えるでしょう。
dodaの年収査定では以下の項目が表示されます。


dodaの年収査定でわかること
  • あなたの適正年収
  • 今の年収からいくらアップするか
  • あなたの適正年収と同じ条件の求人

表示される診断結果のサンプルは以下になっています。査定時間はおよそ3分なので、スキマ時間に利用可能です。

年収査定

また、今の年収との差は以下のような形で表示されます。dodaは転職エージェント・サイトのサービスも展開していますので、査定後すぐに求人探しを始めることができます。

年収査定

自分の今の年収に不満を感じている方も多いのではないでしょうか。そんな方はぜひ一度自分の適正年収を調べてみましょう。年収アップの近道になりますよ。

 

パナソニックを目指す人におすすめの転職エージェント5選

リクルートエージェント

リクルートエージェント

おすすめポイント
  • 非公開求人を多数取り扱っている
  • 専門職に特化した転職支援を行う
  • 定期的なオンラインセミナー開催

リクルートエージェントは、転職実績が豊富の信頼できる転職エージェントです。専門職に特化した転職を支援しており、ITやものづくりなどは、パナソニックと通じるところがあるでしょう。

 業界未経験の人は、パナソニックへの転職前に経験を積んでおくのが重要です。

また、定期的にオンラインによる転職セミナーを開催しています。面接力向上やキャリアデザインセミナーなど、自分の状況に応じて参加が可能。

自身の今のレベルを知るためにも、セミナー参加は積極的にしたいですね。
運営会社 株式会社リクルート
主なサービス(機能)
  • 求人紹介
  • 転職支援
  • セミナー開催
  • 書類添削・面接対策
  • 転職ノウハウ
公開求人数※2021年8月31日時点 126,735件
対応エリア 全国

出典:https://www.r-agent.com/

doda

doda

おすすめポイント
  • 転職イベント開催
  • 専門の転職エージェント在席
  • スカウト機能あり

dodaは、2021年8月31日時点でパナソニックの求人を286件取り扱っている転職エージェントです。パナソニックの求人では職種や形態も豊富のため、自分に合った求人を探すことができるでしょう。

 企業サイトと求人がかぶっていることもあるため、注意が必要です。

転職成功に向けて、プロのアドバイザーが書類添削や面接対策も対応してくれます。自分では気づきにくかった長所や自己アピールポイントに気づくきっかけになります。

アドバイザーからは、非公開求人も紹介してもらえますよ。
運営会社 パーソルキャリア株式会社
主なサービス(機能)
  • 求人紹介
  • スカウト機能
  • 書類添削・面接対策
  • セミナー・個人面談開催
  • 内定後支援
公開求人数※2021年8月31日時点 95,691件
対応エリア 全国

出典:https://doda.jp/

マイナビエージェント

マイナビエージェント

おすすめポイント
  • 20代・30代の若い世代が利用しやすい
  • 初めての転職に対して手厚いサポート体制
  • 業界に精通したアドバイザーが専任でサポート

マイナビエージェントは、20代・30代など転職の経験が浅い世代に向けたサポートが手厚い転職エージェントです。また、2021年8月31日時点で148件のパナソニック関連会社の求人も扱っています。

自分の状況に応じたキャリアの設定や求人の紹介をしてもらうことで、今後の働き方にも大きく影響してきます。

 転職のヒアリングから自分にあった転職プランを提案してくれます。

求人紹介だけでなく、書類添削や模擬面接を実施。転職成功に向けてアドバイザーと歩んでいくことができるでしょう。また、アドバイザーは業界に精通している人材が担当してくれます。

就きたい職種に強い担当だからこそ、安心して任せられることができます。

パナソニックの中でもエンジニアやものづくりなど職種が違うため、ありがたいですね!
運営会社 株式会社マイナビ
主なサービス(機能)
  • 求人紹介
  • 転職支援
  • 書類添削・面接対策
  • 転職ノウハウ
  • 相談会開催
公開求人数※2021年8月31日時点

28,626 件

対応エリア 全国

出典:https://mynavi-agent.jp/

パソナキャリア

パソナキャリア

おすすめポイント
  • 大手企業の求人を多数掲載
  • 女性向け求人も多数
  • 転職後年収アップ率67.1%
  • 求人企業の特集や取材内容を掲載

パソナキャリアは、大手企業の求人を多数掲載している転職エージェントです。また、掲載先の企業に出向き、取材したレポートも掲載しています。

 レポートだけでなく採用動画を掲載している企業も多数あります。

女性向けの求人や、海外で働きたい人向けの求人特集など、働き手のニーズに応えた内容が充実。希望の求人に出会いやすくなるでしょう。

転職活動は、業界に詳しい専任転職コンサルタントが担当。キャリアアップや自己実現をサポートしてくれます。

キャリアアップ実績も豊富で、実際に高い年収アップ率を誇っています。
運営会社 株式会社パソナ
主なサービス(機能)
  • 求人紹介
  • 転職支援
  • 書類添削・面接対策
  • セミナー・相談会開催
  • 転職ノウハウ
公開求人数※2021年8月31日時点 36,890件
対応エリア 全国

出典:https://www.pasonacareer.jp/
※公式サイトの文言によります。

ビズリーチ

ビズリーチ

おすすめポイント
  • ハイクラスの求人を取り扱う
  • 4,600人のヘッドハンターが登録している
  • 企業と直接コンタクトをとれる

ビズリーチは年収・スキルともにハイクラスの人をターゲットにした転職エージェントです。求人を出している企業の3分の1は年収1,000万円以上を条件にしています。

その分、転職者に求められるスキルや実績もしっかりしていないといけません。

 条件に合う企業から直接スカウトが届き、ヘッドハンターと交渉していきます。

また、直接企業とやりとりできるため、面接前に対策することも可能です。もちろん、直接のやりとりが苦手な人は、ヘッドハンターを通して連絡がとれます。

ヘッドハンターは、転職者が指名・ブロックすることができます。
運営会社 株式会社ビズリーチ
主なサービス(機能)
  • 求人紹介
  • スカウト機能
  • 転職ノウハウ
  • 企業交渉代理
公開求人数※2021年8月31日時点 63,566件
対応エリア 全国

出典:https://www.bizreach.jp/
※公式サイトの文言によります。

まとめ

今回は、パナソニックへの転職事情について紹介しました。パナソニックは東証一部上場の大手企業のため、倍率も高く難易度の高い転職先といえます。

そのため、実績を積んだうえで応募することや、グループ会社、子会社への転職を視野に入れることも大切です。

グループ会社で実績を残すと、本社へ異動も夢じゃないかもしれませんね!

また、パナソニックへの転職は企業の採用ページから直接応募することもできますが、転職エージェントを利用することも可能です。

転職エージェントでは、書類の添削や模擬面接なども行ってもらえるため、自分の長所や改善点を洗い出すことができます。

 多くの転職エージェントは無料で求人紹介から応募、内定までをしっかりとサポートしてくれるため、転職活動が初めての方でも安心して利用できるでしょう。

今回紹介した転職エージェントを参考にしながら、ぜひ実績を積んでパナソニックへの転職を成功させてくださいね。

こちらの記事も合わせて読みたい
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事