転職を考えるきっかけは?20代・30代・40代の転職理由を紹介

転職を考えるきっかけは?20代・30代・40代の転職理由を紹介

転職をしようと決意するのはどのタイミングなのか、他の人の転職のきっかけについてはなかなか聞く機会はありません。

転職をしたいけれどあと一歩の勇気が出ず、他の方の経験談を聞いてみたいという方もいるでしょう。

転職のきっかけは、20代・30代・40代の年代によってもさまざまです。女性は出産や育児によってライフステージが変化するため、男性よりも転職を考える機会は多いでしょう。

今回は、転職を考えるきっかけや成功するコツ、おすすめの転職サイトを紹介します。Uターン転職についても解説するので、転職を悩んでいる方は参考にしてください。

転職を考えるきっかけで多い理由6選

転職のきっかけは年齢や環境によってもさまざまです。転職理由にはネガティブなものが多い一方、自分の能力を試したいという意欲的な理由もあります。

それぞれのきっかけについて、詳しく見ていきましょう。

キャリアアップがしたい(20代・30代)

転職 きっかけ 理由

20代や30代の方に多く見られる理由です。自分のやりたい仕事をするために、キャリアアップできる環境を求めて転職を決意する方が多いようです。

 「今の会社では学べることがなくなってしまった」という40代の方も、キャリアアップを目指して転職に踏み切ることがあります。

将来に向けてよりスキルを磨きたい方は、キャリアアップを目指す方法のひとつとしてハイクラス向け転職サイトを利用するのも良いでしょう。

「今の職場でキャリアアップができそうか、今一度考えてみるのも良いですね。」

人間関係がうまくいかない(20代・30代・40代)

転職 きっかけ 理由

20代から40代まで、世代を問わずによく見られる理由の一つに、職場の人間関係が挙げられます。

 特にコミュニケーションが必要な職種である場合、人間関係が悪いとストレスが溜まってしまいます。

病気になって働けなくなる前に、転職を考えることが大切です。

自分がなじめそうな雰囲気の職場であるかどうか確かめるために、入社前には職場見学をしてみましょう。

給与や待遇に不満がある(20代・30代・40代)

転職 きっかけ 理由

世代を問わず多くの方を悩ませるのが、労働に見合わない低い給与や待遇ではないでしょうか。

どれだけ働いても、給与水準の低い職種・業界では年収を上げるのは難しいですよね。

業務量に対して給料が見合っていない、サービス残業などが多い場合には不満を覚えることもあるでしょう。

 他の企業で働く同世代よりも極端に年収が低い場合は、思い切って転職を考えるのもひとつの方法です。

会社の将来性に不安を覚えた(30代・40代)

転職 きっかけ 理由

勤続年数が長くなり、会社の経営状況にも目を向ける機会の増えてきた30代や40代の方に多い転職理由です。

 リストラされて無職になってから求人を探し始めていては、生活が成り立たなくなる可能性があります。

よって、会社の経営状況が良くない、業界自体が縮小しているなどと会社の経営に不安を感じたら、将来を見越して転職をするのも一つの手です。

将来性を求めて転職するなら、IT業界のように急成長している業界への転職がおすすめですよ。

教育制度が整っていない(20代)

転職 きっかけ 理由

これからスキルを磨いて活躍したいと考えている20代など若手世代に多い理由です。

 入社したものの毎日の業務に追われて必要な教育が受けられない場合、いつまで経ってもスキルを磨くことができません。

そればかりか、いつの間にか同世代に追い抜かれてしまうこともあるかもしれません。

資格取得支援や表彰式など教育制度が整っている企業に転職できれば、モチベーションもアップするでしょう。

「仕事探しの際は、教育制度も要チェックですね。」

Uターンがしたい(30代・40代)

転職 きっかけ 理由

将来や定年後の生活について考え始める30代、40代によく見られる理由です。中には、都会で就職したものの、生まれ育った地元で活躍したいと考え直す20代の方もいるでしょう。

 新型コロナウイルス感染予防対策として、以前よりもリモートワークの環境が整っている企業は増えています。

地元なら親のサポートを受けながら子育てをしたり、自然豊かな環境で生活できたりと、都会にはないさまざまなメリットがあります。

都会で得たスキルを評価してくれる地方の企業もありますよ。

女性が転職を決意するきっかけ2選

転職 きっかけ 女性

読者の中には転職を考えている女性の方もいるでしょう。そこで、女性の転職理由・きっかけを紹介します。ぜひ確認してみてください。

出産や育児・結婚

女性特有の転職理由のひとつが、出産や育児・結婚による環境の変化です。

ディップ株式会社が発表した「性別&世代別転職した理由-」によると、男性の転職理由は「給与・労働環境」が上位を占めているのに対して、女性の転職理由には「結婚・出産・育児」が上位にランクインしていました。

同調査では結婚・出産・育児を転職理由に挙げた女性は全体の25%です。出産や育児や結婚は、環境が変わるきっかけになりえます。

私生活の変化に伴い転職を決意する女性が多いようですね。

※参照:https://www.office-hatarako.net/contents/pr/2016/0120/

労働環境

転職の理由として、労働環境への不満を挙げる女性も多くいます。dodaが2018年に発表した転職理由ランキングでは、女性の転職理由の2位に「残業が多い/休日が少ない」がランクインしました。

一方で、男性に目を向けると「残業が多い/少ない」は、同ランキングの4位です。女性の方が男性より、ワークライフバランスを重視する傾向にあると言えます。

ちなみに、同調査での女性の転職理由1位は「ほかにやりたい仕事がある」でしたよ。

※参照:https://doda.jp/guide/reason/2018/003.html

女性が転職を成功させるコツ

転職 きっかけ 女性

ここからは、女性が転職を成功させるポイントを紹介します。転職のコツを押さえて、希望の企業にしっかり自分をアピールしましょう。

女性向けの転職サイトを使う

以下のような女性向けの転職サイトを利用することもおすすめです。

女性向け転職サイトの例
  • 女の転職type
  • マイナビ転職女性のおしごと
  • エン転職WOMAN
  • 日系WOMANキャリア

いずれも女性の採用を積極的に行っている企業を取り扱っているので、女性向けの求人を探しやすいというメリットがあります。

女性に人気の高い事務職や秘書などの求人も多いため、希望に合った求人を見つけることができるかもしれません。

面接では熱意をアピールしよう

転職 きっかけ 女性

入社後に結婚や出産を控えている場合、家族からのサポートが受けられることや将来の計画をアピールできれば、企業の不安を解消できるかもしれません。

長期に渡って働きたいことをアピールし、今後企業でどのようにキャリアを積んでいきたいかなどを具体的に説明できれば熱意が伝わるでしょう。

また、転職前にスキルアップできる機会があれば、積極的に活用することがおすすめです。

「資格取得支援やセミナーなどがあれば、ぜひ参加してみてください。」
 他の人が持っていない資格や経験があれば、ライバルに差をつけることができます。

専門性を身に付けておけば、子育てから復帰する時にも企業から採用されやすくなるでしょう。

【20代編】転職成功のコツ

20代は、大きな実績がなくとも転職に成功するチャンスはあります。なぜなら、20代はスキルよりも仕事に関する熱意やポテンシャルが評価されることもあるからです。

また、他の年代と比べても転職しやすく、未経験の業界でも採用されやすいメリットがあります。

入社後には、将来を見据えてしっかりと教育をしてもらえるでしょう。

第二新卒としての転職活動も可能

転職 きっかけ 20代

新卒から3年以内であれば、第二新卒として転職活動をすることも可能です。第二新卒は新卒や既卒とは違い、社会人経験を1度でも経験しています。

 最低限のビジネスマナーが身についており、新たに1から教える必要がないため、企業にとっても採用しやすいメリットがあります。

前職の社風に染まっていないため、柔軟に対応できる点も強みであると言えるでしょう。

転職活動が初めての方は転職エージェントの活用がおすすめ

転職 20代 きっかけ

20代は社会経験も浅く、転職活動が初めての方も多いでしょう。何から始めれば良いのか分からない場合は、転職エージェントへの相談がおすすめです。

転職エージェントでは、キャリアアドバイザーが求人の紹介から内定までしっかりとサポートしてくれます。

 転職の悩みも相談できるので、一人で活動するよりも効率良く進められるでしょう。

【30代・40代編】転職成功のコツ

30代・40代の転職では、20代とは違い経験やスキルが求められます。これまでの社会人生活で培ったコミュニケーションスキルやマネジメント経験が評価され、採用につながるケースもあります。

 企業が何を求めているのかをしっかりと把握して転職活動をすることが大切です。

今までのスキルをうまくアピールできなければ、不採用が続いてしまう可能性もあります。

全くの未経験よりも、スキルを生かせる職種がおすすめ

転職 30代・40代

年齢を重ねるごとに、未経験の職種への転職は難しくなります

少しでも内定をもらえる可能性を高めるには、全くの未経験の職種を選ぶよりも、これまでのスキルを生かせる職種が良いでしょう。

 アピールできるポイントがあれば、未経験よりも採用される可能性は高まります。

「例えば、営業経験のある方が営業事務に転職するなどの場合が当てはまります。」

アピール方法が分からない時は転職エージェントに相談

転職 30代・40代

自分の強みが分からずどのようにアピールをすれば良いか分からない方は、キャリアアドバイザーに相談することがおすすめです。

 転職エージェントでは、今まで数々の求職者を採用に導いてきたプロの客観的な意見がもらえます。

「自分では気づいていなかった強みを見つけることが出来るかもしれませんよ。」

【Uターン】転職成功のコツ

Uターン転職とは、地方出身で都会に就職した方が、再び地元に戻って転職することを言います。

 都会で働いて得た仕事のノウハウを生かし、地域の活性化に貢献できる魅力があります。

コロナ禍でリモートワークが増える中、地方への移住を検討している方もいるでしょう。ここからは、Uターン転職について解説していきましょう。

Uターン転職のメリット

転職 Uターン

Uターン転職には、以下のようなメリットがあります。

Uターン転職のメリット
  • 生まれ育った場所で仕事に集中できる
  • 子育てなどで親の協力が得られる
  • 物価が安く、生活費を抑えられる

地元に戻れば土地勘があるため、不便を感じることなく仕事に集中できるメリットがあります。また、実家の近くに住めば、子育てなどにおいて家族の協力を得ることも可能です。

近くに頼れる親族がいれば、子供の急な病気などの際にも心強いでしょう。
 その他、地方は都会に比べて物価が安いため、金銭的にも負担が減るメリットもあります。

Uターン転職を成功させるコツ

転職 Uターン

Uターン転職を成功させるためには、なるべく早い段階で準備を始めることが大切です。地方によっては、求人数自体が少ないこともあります。

 移住を決めてから求人を探しても、期限までに決まらない危険性があります。

地方の転職に特化した転職サイトを活用したり、転居先のハローワークなどを利用するなど、早いうちから情報収集をしておきましょう。

全国の求人を保有している大手転職サイトを利用するのもおすすめです。

 地方に拠点があれば、地元の鮮度の高い情報を教えてくれます。

大手転職サイトによっては、Uターン転職希望者向けセミナーを開催していることもあるのでチェックしてみてください。

転職のきっかけを面接ではどう話す?

面接では必ずと言っていいほど、転職理由を聞かれます。なぜなら、入社後に活躍する人材なのかどうかを見極めたいからです。

 「うちに入社後、短期間で辞めてしまわないか?」「問題を起こす人ではないか?」などのリスクを転職理由で判断します。そのため、ネガティブな転職理由では絶対に受かることはできません。

面接では、「入社後は長く働いてもらいたい」という面接官の気持ちを踏まえ、転職のきっかけを上手に伝える必要があります

では、転職のきっかけは、どのように話せば好印象を持たれるのでしょうか。ここでは、面接で転職理由を上手に伝えるためのポイントを紹介します。

面接で転職理由を上手に伝えるためのポイント
  • ポジティブな転職理由で締める
  • 志望動機と転職理由には一貫性を持たせる
  • なぜこの会社なのか?を明確にする

ひとつずつ、みていきましょう。

ポジティブな転職理由で締める

前の会社で不満があったとしても、転職理由は必ず前向きに表現しましょう。ネガティブな転職理由を話しすぎると、愚痴ように聞こえてしまい、悪い印象を持たれてしまいます。

リクルートが転職を実現した方に行った調査によると、「転職を考えたきっかけ」は以下のような理由が挙げられました。

転職を考えたきっかけ
  • 会社の将来に不安を感じた
  • 年収アップを目指したい
  • 時間的・精神的なゆとりを求めて
  • 上司や同僚と合わなかった
  • 評価に納得がいかなかった
  • 現状よりも良い条件の求人を見つけたから
  • 希望しない部署への異動や転勤

出典:リクルート | 第31回転職世論調査

    調査結果から、ネガティブな理由が多いです。とはいえ、ネガティブな理由を主張しすぎるのはよくありません。

    例えば、給与に不満があった場合でも、「成果を正当に評価してくれる実力主義の会社に転職したい」と伝えれば、ポジティブな印象に変わります。

    本音はネガティブな理由だとしても、面接では話しすぎないことがポイントです。

     ネガティブな理由をポジティブな理由に変換するように心がけましょう。

    志望動機と転職理由には一貫性を持たせる

    志望動機と転職理由には一貫性を持たせましょう。転職先でのキャリア設計までを考えての転職理由だと説得力が増すとともに、面接官からの好感度もアップします。

    そのためには、前向きな退職理由と転職先の業界・職種で将来はどのようになりたいかを明確にしておくことが重要です。面接までに言語化できるように用意しておきましょう。

    志望動機と転職理由が結びついていると、将来を深く考えたからこその転職と見なされ、印象が良くなります。

    なぜこの会社なのか?を明確にする

    競合他社が多数ある中で、なぜこの会社なのか?を明確にしておきましょう。この質問は面接で聞かれる可能性が高いわりに、答えにくい質問でもあります。

     ただ、ここは正直に伝えて良いと思います。その会社の商品が好きで、商品開発に携わりたいのであれば、それは充分なきっかけとしてみなされるはずです。

    また、ホームページには企業理念や沿革が掲載されているので、共感する部分があれば、そちら伝えましょう。

    なぜこの会社なのか?を回答するために、ホームページのチェックは必須です。

    Uターン転職を考えるきっかけ3

    近年、Uターン転職が盛んです。Uターン転職を実現する方は、どのようなきっかけなのでしょうか?ここでは、Uターン転職を考えるきっかけについて紹介します。

    Uターン転職を考えるきっかけ
    • 家庭の事情のため
    • 生活環境を変えるため
    • 地元に貢献したいため

    それぞれ、解説しますね。

    家庭の事情のため

    家庭の事情のため、Uターン転職を考える方は多いようです。生まれ育った故郷を離れて働いた結果、やはり故郷に戻りたくなるのでしょうね。

     結婚を機に故郷に戻る、親と同居をする、子供が生まれて妻の実家の近くに住居を構えるなどの理由もあれば、親の介護が必要でUターンする方もいます。

    理由は人それぞれでありますが、故郷に戻り、実家の近くに住むことは安心感や満足感につながってくるようです。

    生まれ育った街が好きな方にとって、Uターンすることは珍しいことではありません。

    生活環境を変えるため

    生活環境を変えるため、Uターンを選ぶ方もいます。「都会の生活が合わない」「自然が多い環境で子供を育てたい」など、ライフステージの変化をきっかけにUターンを考えるケースです。

    地方は都会よりも生活コストが安いため、長い将来を見据えてUターン転職をする方もいらっしゃいます。

    地方は、自然が多く、混雑や渋滞も少ないので、ストレスフリーな生活を送れますよ。

    地元に貢献したいため

    地元に貢献したいため、Uターン転職をする方もいます。都会で身に付けたスキルや経験を活かし、生まれ育った故郷に貢献していきたいと考える方も少なくありません。

     近年では、Uターンに特化した転職サイト・エージェントがあります。Uターンを考えている方にはおすすめのサービスです。

    転職を考えるきっかけに!適職診断を受けてみよう

    今の仕事は本当に自分に合っているのかな...という悩みをお持ちの方も多いのではないでしょうか。仕事を辞めたい・辛いと感じる方の多くが、今の仕事に向いていないと感じているでしょう。

    そんな方は適職診断を受けることをおすすめします。
    適職診断でわかること
    • 自分に向いている・適している仕事
    • 自分に合っている会社の環境・社風
    • 自分の性格・パーソナリティ

    転職サービスdodaでは、会員登録をするだけで、すぐにこの適職診断を無料で受けることができます。

     あなたに合っている社風を分析し、適している会社名も教えてくれますので、転職のイメージも膨らみやすいでしょう。

    dodaの適職診断では自分に向いている仕事が以下のような形で表示されます。無料の診断とは思えないほど、誰にでも詳しくわかりやすい診断結果が出てきますので、ぜひ受けてみましょう。

    dodaキャリアタイプ診断

    また自分の性格の分析では以下のような診断結果を見ることができます。簡単な質問に答えるだけなので、手軽に受けることができるでしょう。

    doda適職診断



    これらの診断結果は転職活動の面談や、企業選びにも利用することができます。転職の成功率もアップするでしょう。

    また、現在の収入に不満・不安がある人は同じくdodaの年収査定を受けてみましょう。こちらも簡単な質問に答えるだけで、現在のあなたの適正年収がわかりますよ。

    適正年収が現在の年収より高ければ、他の企業への転職で年収がアップするチャンスです。ぜひ一度受けてみましょう。

    おすすめの転職サイト5選

    転職を考えている方におすすめの転職サイトを厳選して5社ご紹介します。

    リクルートエージェント

    リクルートエージェント

    リクルートエージェントは、転職支援実績No.1の転職サイトです。業界を熟知したキャリアアドバイザーが、希望やスキルに合った求人を紹介してくれます。

    キャリアプランの設計から求人応募、内定後の手続きまで一貫してサポートしてくれるので安心です。
     キャリアアドバイザーは、自分では言いづらい給与や待遇などの条件交渉を代行してくれます。

    インターネットに掲載されていない非公開求人も多く保有しているので、質の高い求人を紹介してもらえるでしょう。

    運営会社 株式会社リクルート
    主なサービス(機能)
    • エージェントサービス
    • 職務経歴書エディター
    • 面接力向上セミナー
    • 担当者面談
    公開求人数※2021年5月2日時点 110,306件
    主な拠点 東京/西東京/宇都宮/さいたま/千葉/横浜/京都/大阪/神戸/名古屋/静岡/北海道/東北/岡山/広島/福岡

    ※出典:公式サイト

    doda

    doda

    dodaは、20歳~34歳の若手・中堅層の登録が約70%を占める転職サイトです。

     業界や職種ごとの専任担当制をとっているため、専門性を生かしたアドバイスがもらえます。

    エージェント機能のほかに企業から直接オファーがもらえるスカウト機能もあるため、効率よく求人を探せるでしょう。

    スマホから簡単に求人が検索できる便利なdodaアプリもありますよ。
    運営会社 パーソルキャリア株式会社
    主なサービス(機能)
    • エージェントサービス
    • スカウト
    • パートナーエージェントサービス
    • 転職ノウハウ
    • 転職Q&A
    公開求人数※2021年5月2日時点 79,664件
    主な拠点 丸の内/北海道/東北/横浜/静岡/中部/関西/京都/神戸/岡山/広島/九州など

    ※出典:公式サイト

    マイナビ転職

    マイナビ転職

    マイナビ転職は、履歴書添削や面接ノウハウ、Webセミナーなどの転職サポートが充実している転職サイトです。

    以下のように、ニーズの高い専門サイトを併設しています。

    専門サイト
    • マイナビ転職 グローバル
    • マイナビ転職 ITエンジニア
    • マイナビ転職 エンジニア求人サーチものづくり
    • マイナビ転職 女性のおしごと

    業界未経験歓迎の求人から管理職求人まで、スキルに合わせた求人を取り扱っています。

    運営会社 株式会社マイナビ
    主なサービス(機能)
    • 社員インタビュー
    • カジュアルWeb面談
    • 転職フェア
    • 転職ノウハウ
    • スカウト機能
    公開求人数※2021年5月2日時点 13,232件
    主な拠点

    北海道/青森/宮城/東京/神奈川/千葉/愛知/静岡/滋賀/京都/大阪/岡山/愛媛/福岡/熊本/沖縄など

    エン転職

    エン転職

    エン転職は、3年連続利用者満足度No.1の評価を受けている実績のある転職サイトです。

     求人情報に加え、社員・元社員の口コミも掲載しているのでリアルな会社の姿が分かります。

    誰に役に立つ仕事かを軸に探せる働きがい検索など、独自の検索サービスでさまざまな角度から仕事を探せますよ。

    コロナ禍における求職者の全力応援宣言を行っており、特設ページを設置して中途採用に意欲的な企業の求人情報を提供しています。

    運営会社 エン・ジャパン株式会社
    主なサービス(機能)
    • エージェントサービス
    • スカウト
    • パートナーエージェントサービス
    • 転職ノウハウ
    • 転職Q&A
    公開求人数※2021年5月2日時点 6,358件
    主な拠点 東京/埼玉/千葉/神奈川/愛知/大阪/福岡

    ※出典:公式サイト

    ビズリーチ

    ビズリーチ

    おすすめポイント
    • 3分の1以上の求人が年収1,000万円超え!
    • 企業からのスカウトの中には面談が確約されたものも!
    • 優秀なヘッドハンターからのアドバイスがもらえる!

    ビズリーチは、管理職や専門職などのハイクラス人材に特化した転職サイトです。

     厳選された企業と直接コンタクトを取ることができるので、スムーズに転職活動を進められます。

    ヘッドハンターからのスカウトを待つだけでなく、自分でヘッドハンターを検索して選べる独自サービスも提供しています。

    使い方次第でさまざまな方法の転職活動ができる点は、ビズリーチならではの魅力でしょう。

    運営会社 株式会社ビズリーチ
    主なサービス(機能)
    • プラチナスカウト
    • 求人検索
    • ヘッドハンター情報閲覧・検索
    • プレミアムステージ
    • 転職コラム
    公開求人数※2021年5月2日時点 52,707件
    主な拠点

    東京/大阪/愛知/福岡/静岡/広島

    出典:公式サイト

    よくある質問

    おすすめの転職サイトは?
    年代やスキルによってもおすすめできるものは変わります。さまざまな職種から検討したい方は総合型の転職サイトが良いでしょう。
    一方、専門がある程度決まっている方は特化型の転職サイトがおすすめです。
    転職・退職を考えるきっかけで多い理由は?
    人間関係やスキルアップなどを理由に転職を考える方が多いようです。
    会社の将来性や給与・待遇に不満がある場合もあります。ネガティブな理由をうまく変換させることが成功のコツです。
    20代で初めての転職を決意した時に成功させるコツは?
    20代のうちは社会人経験が浅く、スキルが不十分であるため伸びしろがあることをアピールしましょう。
    熱意や誠実さを伝えることが大切です。自ら学ぶ姿勢を見せれば、将来性があると判断してもらいやすいでしょう。
    30代・40代でキャリアアップ転職を成功させるコツは?
    経験やスキルを積んだ30代・40代は、今までの経験やコミュニケーションスキルなどで即戦力であることをアピールできます。
    企業から高い評価をもらえれば、責任のある役職を任せてもらえるかもしれません。
    Uターン転職を成功させるコツは?
    生まれ育った土地で活躍したいと考えている方は、地元の求人を豊富に取り扱う転職サイトを利用しましょう。
    入社を決める前に、実際に企業に足を運んで周辺の状況や会社の雰囲気を掴んでおくことがおすすめです。
    女性の転職は難しい?
    結婚している方は出産や育児などを考える必要があるため、おのずと働く条件が多くなってしまいがちです。
    転職活動を始める前に仕事に生かせる資格を取得しておくと、キャリアアップ転職も実現するかもしれません。

    まとめ

    転職を考える理由やきっかけは実にさまざまです。20代・30代・40代でも価値観は異なり、人によって転職で重視するものは変化します。

    年代によって持っている強みは異なるので、経験や将来性をしっかりとアピールし、自分の強みを企業に伝えることが大切です。

    また、女性は出産や育児などを見据えてライフプランを立てる必要があります。転職を決意したら、転職サイトで情報収集を始めてみましょう。

    仕事に役立つ資格の取得も、自分自身のアピールポイントになるためおすすめです。

    今回解説した内容を参考に、転職エージェントを活用しながら理想の転職を目指してみてはいかがでしょうか。

    こちらの記事も合わせて読みたい
    ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
    ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
    ・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
    ・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
    ・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
    おすすめの記事