転職活動の流れは?転職サイト・転職エージェントそれぞれ解説!

転職活動の流れは?転職サイト・転職エージェントそれぞれ解説!

これから転職活動を始めたいけど、何から始めたら良いのか、これからどうして行けばいいのかと不安に思う方も多いでしょう。転職活動の大まかな流れを理解しておけば効率的に活動できます。

 転職活動は一人で行うよりも、転職サイトや転職エージェント、ハローワークを活用するとスムーズです。

今回は、転職活動の流れ最適なタイミング転職前の準備からスムーズに進めるためのコツに至るまでを解説します。

この記事で分かること
  • 【転職支援サービス別】活動の流れ
  • 転職の平均期間
  • 転職の最適なタイミング
  • 転職前に準備すべきこと
  • 転職活動をスムーズに進めるコツ
  • 年収を上げるための裏技
  • おすすめの転職エージェント
おすすめの転職エージェントなどもご紹介しているので、転職を考えている方はぜひ参考にしてくださいね。

転職活動の流れとは?

初めての転職活動は、何から始めたら良いのか戸惑うことも多く、流れがわからず不安に思う人も少なくありません。転職活動は、一体どのような流れで進んでいくのでしょうか。

ここでは転職活動の主な流れについて、順番に見ていきましょう。

情報収集・自己分析

情報収集・自己分析

まずは、求人情報の収集自己分析を行いましょう。

 自己分析をすると、転職をする目的や理由、転職によって実現したいことが整理され、求人を探しやすくなります。

なお、転職の主な目的としては、以下のようなものがあります。

転職の目的
  • 年収を上げたい
  • スキルを身に付けたい
  • プライベートを大切にしたい
  • 良い環境で働きたい

上記のうち、どれを重要視しているかを考えてみましょう。その次に、いつまでに転職するかなど、転職のスケジュールを設定します。

長期戦にならないよう、内定をもらう目安や退職・入社の時期を明確にしておくことも大切です。

情報収集先

転職活動では、情報収集が大切です。希望する職種の求人情報をたくさん集められれば、その分だけ選択肢は広がります。求人に関する情報収集先としては、主に以下の3つがあります。

転職エージェント
  • 人材紹介サービスのひとつ
  • 転職エージェントが相談に乗ってくれる
転職サイト
  • 求人が多数掲載されているサイト
  • スカウトメール・オファーメールが届くことがある
ハローワーク
  • 公共職業安定所と呼ばれ、主に職業紹介事業を行っている
  • 職業訓練を受けられる

上記のサービスは、全て無料で利用できます。特徴がそれぞれ異なるので、自分にあったサービスを利用すると良いでしょう。

より効率的に動きたいという方は、複数のサービスを活用することもおすすめです。

求人に応募・面接

求人に応募・面接

ある程度情報収集が終わり、自己分析ができたら、履歴書・職務経歴書を作成しましょう。それぞれの書類の内容は以下の通りです。

履歴書 自分をオフィシャルに表す書類
職務経歴書 経験・資格・スキルを表す書類
ポートフォリオ 実力や主張を伝える書類

履歴書・職務経歴書に加え、クリエイティブな職種の方はポートフォリオもあるとより自分をアピールできます。

 どの書類も企業からの印象を左右する大切な書類なので、アピールポイントを丁寧に記入することが大切です。
なお、履歴書などの大切な書類にミスや漏れがある人は、仕事でもミスが多いのではと思われ、不採用になってしまう可能性があります。

書類が完成したら、間違いがないかしっかりと確認しましょう。

内定・退職手続き

無事内定をもらったら、現在働いている職場の退職手続きを行います。引継ぎを上司と相談の上、円満に退職できるよう努めましょう。

また、新しい勤務先からの労働条件確認書をもらったら、条件が正しいかきちんと確認しておく必要があります。

疑問点がある場合には転職エージェントに相談してみましょう。

【転職エージェント編】転職活動の流れ

【転職エージェント編】転職活動の流れ

転職エージェントとは、人材紹介サービスのひとつです。

 面談を元に、専任のコンサルタントが自分に合った企業を探してくれます。

他では手に入らない非公開の求人に出会えることもあり、転職を検討するならまずは登録してみると良いでしょう。

また、転職エージェントでは、書類審査や面接の通過率を上げるサポート機能も無料で提供しています。

自分では言いづらい給料交渉や面接のスケジューリングの代行など、転職に関するさまざまな相談にのってくれますよ。

転職エージェントでの転職の流れは?

【転職エージェント編】転職活動の流れ

転職エージェントを利用する一般的な流れ
  1. 転職エージェントサービスに登録する
  2. 転職エージェントからメールや電話が来る
  3. 対面もしくはWEB上で面談する
  4. 求人紹介してもらう
  5. 求人に応募する
  6. 企業と面接する
  7. 内定をもらい入社する

転職エージェントでは、登録すると担当者から連絡が来て、転職先の希望やスキル、資格についなどの詳しいヒアリングが行われます。

担当者がヒアリングした内容をもとに、転職エージェントが求人を探し、紹介してくれるシステムです。

 転職エージェントに登録しないと紹介してもらえない、非公開求人も紹介してもらえます。

また、面接対策履歴書添削などのサービスを利用すれば、転職の成功率を上げられるので、積極的に利用しましょう。

転職エージェント利用で注意すること

サポートの質に満足できるかどうかは、担当者のスキル次第です。担当者によっては相性次第でサービスの質が変わることもあるでしょう。

 自分一人で動くのとは違い、担当者との調整が手間なこともあります。

面談をで希望条件のすり合わせを行う、随時くる連絡に対応するなども必要です。

【転職・求人サイト編】転職の流れ

転職サイトとは、求人がたくさん掲載されたサイトのことです。自分で求人を探し、応募する必要があります。

 求人の応募や面接日時の調整も全て自分で行うので、自由に動けるメリットがあります。

その他の機能としては、転職ノウハウ適性・適職診断などがあり、自分の評価の確認が可能です。

また、登録するだけでスカウトメール・オファーメールが届くことがあります。

転職サイトでの転職の流れは?

【転職・求人サイト編】転職の流れ

転職サイトを利用する一般的な流れ
  1. 転職サイトに登録する
  2. 転職サイトにある求人を検索する、または企業からスカウトが届く
  3. 自分の希望にあった求人に応募する
  4. 書類選考・面接をする
  5. 内定をもらい入社する

転職サイトでは、自分で自分の希望にあった求人を検索し、応募します。また、サイトに登録した情報で企業からスカウトが届く場合もあります。

書類作成や面接対策なども自分で行う必要があるので、転職に慣れていたりビジネスマナーが身についていたりする人におすすめです。

転職サイト利用で注意すること

転職エージェントとは違い、全ての作業をひとりで行わなければならないデメリットがあります。

 自分で求人情報の管理をしなければならず、仕事をしながらでは大きな負担になります。

情報収集の面でも、求人を見ただけではブラック企業かどうかの判断が難しく、ひとりでは限界を感じる場合もあるでしょう。

おすすめはエン転職!

エン転職

エン転職は、4年連続顧客満足度No.1の転職サイトです。直接取材による充実した情報提供で、職場のリアルな意見を知ることができます。

登録すれば、書類選考免除などのスカウトが届くこともあります。

応募した企業の面接時にチェックする内容を事前に教えてもらえるので、準備をしっかり行えるでしょう。

※2018年~2020年オリコン顧客満足度調査転職サイト第一位

運営会社 エン・ジャパン株式会社
主なサービス(機能)
  • 転職Q&A
  • 転職ノウハウ
得意分野・特徴 全業種に対応
公開求人数※2021年4月14日時点 約6,358件

※出典:公式サイト(https://employment.en-japan.com/)

【ハローワーク編】転職の流れ

ハローワークは公共職業安定所と呼ばれ、主に職業紹介をする事業のことです。国によって運営されており、民間の職業紹介事業者とは区別されます。

ハローワークには、以下のようにいくつか対象者別の種類があります。

ハローワークの種類
  • 新卒応援ハローワーク
  • わかものハローワーク
  • マザーズハローワーク
  • ふるさとハローワーク

なお、ハローワークで受けられるサービスは、職業の紹介だけではありません。

 ハローワークでは失業保険などの手続きや、職業訓練などの事業も行っています。

失業保険を申請すれば、次の仕事が見つかるまでの手当てが受けられる可能性もあります。

失業保険の申請には期日が決められていたり必要書類があったりするので、失業保険が必要な人は前もってハローワークに相談に行くのも良いでしょう。

ハローワークでの転職の流れは?

【ハローワーク編】転職の流れ

ハローワークを利用する一般的な流れ
  1. ハローワークに行く(予約不要)
  2. 求人申込書に記入する
  3. 窓口で「ハローワークカード」を受け取る
  4. 専用端末で求人を検索
  5. 窓口で相談・応募
  6. 企業と面接
  7. 内定をもらい入社

ハローワークでは、直接ハローワークに行く必要がありますが、予約は不要です。

失業保険の申請や、職業訓練なども行っているので、退職して次の仕事を探している場合には、なるべく早くハローワークに行くと良いでしょう。

また、窓口の職員は応募する企業の情報なども教えてくれます。

面接対策や書類作成のアドバイスももらえるので、積極的な利用がおすすめです。

ハローワーク利用で注意すること

地域密着型で、主に掲載される求人情報は管轄する地域のもののため、大手の求人が少ないデメリットがあります。

また、開庁時間が限られており、原則8時30分から17時15分までの間に利用しなければなりません。

 土日祝日は基本的に利用できないので、平日が仕事の方は利用しづらいのが難点です。

転職にかける平均期間はどれくらい?

初めて転職活動する人にとっては、「転職にどれくらいの期間がかかるのか」を不安に感じることでしょう。

ここでは、転職にかかる平均期間を紹介します。

転職にかける平均期間は「3~6ヶ月」

転職にかかる平均期間は「3~6ヶ月」です。一般的な転職の流れは以下のようになります。

転職準備・書類作成 約2週間

求人応募・面接

約2ヶ月
内定・退職 約1ヶ月半

まず、最初にやることは「転職準備・書類作成」で、約2週間かかります。具体的には、「自己分析」「業界分析」「転職サービスへの登録」「履歴書・職務経歴書の作成」を行います。

履歴書や職務経歴書は誤字脱字がないように丁寧に作成しましょう。

次に、求人応募・面接に入ります。この期間はだいたい2ヶ月とみておけばよいでしょう。求人応募に関しての目安は以下がおすすめです。

求人応募の目安

1社の内定:7~8社

2社の内定:15社

書類選考の通過率は30%と言われています。気になる企業には積極的に応募した方がよいです。

面接に合格すると内定がもらえますが、次は退職の準備をしなければいけません。この期間が約1ヶ月半です。「退職交渉→引き継ぎ→退職」の順に進めます。

 転職にかかる期間は最短でも3ヶ月が一般的です。こちらのスケジュール感で準備をしましょう。

転職を長引かせないコツ

転職にかかる期間は「3~6ヶ月」と言われているものの、実際は人それぞれです。中には1年以上かかる人もいます。

しかしながら、あまりにも転職が長引いてしまうと大きなストレスを抱えるはずです。以下にて、転職を長引かせないポイントを紹介します。

転職を長引かせないポイント
  • 転職の目的をはっきり決めておく
  • ゴールを明確にしておく
  • 粘り強く複数応募する

まずは、転職の目的をはっきりと決めておきましょう。「年収を上げる」「挑戦したい仕事がある」など、転職の目的は人それぞれです。

目的がぶれてしまうと、応募すべき企業が絞り込めずに、転職が長引いてしまいます。

そして、ゴールを明確にしておくべきです。長らく転職活動を続けるのは、メンタル面に大きな負担がかかります。「この期間で転職をする」と決めてしまい、計画性を持って進めていきましょう。

 また、可能性を狭めずに複数の求人に応募しましょう。複数応募をして、何社か受かったとしても、その後に1社に絞り込めばよいのです。

転職が長引く人に限って、応募が少ない傾向があります。複数応募をすると、スケジュールを圧迫するデメリットがありますが、数を打ったほうが内定を獲得しやすいです。

転職の目的に叶っている求人があれば、積極的に応募することをおすすめします。転職が長引いてしまったときは、転職の目的やアピールするポイントなど、マインド面を見直しましょう。

転職の最適なタイミングはいつ?

今では、転職が当たり前になり、いつ転職しようか悩んでいる人は多いと思います。転職の最適なタイミングはあるのでしょうか?

ここでは、転職の最適なタイミングについて紹介します。

キャリアアップのための転職に有利なのは社会人5~6年目

キャリアップのための転職に有利とされるのは、社会人5〜6年目と言われています。なぜなら、キャリア採用では「3年以上の経験あり」と条件を設定する企業が多いからです。

最初の3年を乗り越えると、一定のスキルを積んだ人材とみなされます。

キャリアアップの転職を実現するためには、「前職の苦労をどうやって乗り越えたのか」「前職でどのような成果を残したのか」を言語化しておくことが大事です。

 現職に不満のある社会人5~6年目の人はキャリアアップ転職をするチャンスです。

未経験分野に転職したい人は社会人3年目までがおすすめ

未経験の業界や職種にチャレンジしようと考えている方は、社会人3年目までに転職することをおすすめします。近年、「第二新卒」という採用枠を持つ企業が増えてきました。

 第二新卒では新卒と同じような待遇でキャリア採用を行います。採用基準は企業によって異なりますが、一般的に社会人経験3年目までが第二新卒の対象です。

とはいえ、社会人経験3年目を過ぎてしまった人でも諦める必要はありません。

第二新卒でなくても、未経験OKの求人はたくさん存在します。未経験分野だとしても、自分がその分野に対する熱意があるならば、積極的にチャレンジしましょう。

未経験分野に転職したい人は、本記事で紹介している転職エージェントを使ってみてください。

ボーナスを受け取ってから転職したほうがいい

転職をするならボーナスを受け取ってから、退職できるよう調整した方がよいです。

「ボーナス転職」という言葉が存在するほど、ボーナスのタイミングを見計らって転職する人は多いです。

ただし、転職への思いが強く、タイミングなど関係ないという人は気にする必要はありません。あくまでも、ボーナスをもらっておきたい人は、ボーナスを受け取ってから退職したほうがお得です。

 ボーナスをもらってから退職したい場合は、印象を悪くしないよう丁寧に退職交渉を行いましょう。

転職前に準備しておくこと

転職前に準備しておくこと

実際に転職活動を始める前に、どのような準備をしておけばよいのでしょうか。ここでは、転職活動前の準備について解説します。

転職活動のスケジュールを立てる

いつまでに転職をするのか期限を決めないと、ダラダラと無駄な時間を費やすことになってしまいます。効率良く活動するためにも、大まかなスケジュールを立てましょう。

長期化すると、モチベーションが下がり、求人を妥協してしまうこともあるでしょう。
内定までの一般的な流れ
  1. 企業への応募
  2. 面接
  3. 内定
  4. 現在の仕事を退職

上記の工程をだいたい3カ月程度で完了できるのが理想です。複数社受ける時は、タイミングがかぶるので管理が大変になる場合があります。

資格取得・資金準備

希望する職種にスキルが必要な場合には、転職活動前に資格を取得することも大切です。資格があればスキルややる気をアピールでき、即戦力として採用される可能性も高まります。

また、転職時には、資金も必要です。面接へ行くための交通費や新しいスーツ代、美容室などの費用がかかります。

何度も企業まで面接に行けば、その分交通費がかさみます。資金にはある程度余裕を持っておきましょう。
 会社を辞めてから転職活動をするなら、なお生活費を確保しておく必要もあります。

転職活動は時間だけでなくお金もかかります。突発的に行うのではなく、計画的に進めるようにしましょう。

転職活動をスムーズに進めるためのコツ

スムーズに進めるためのコツ

転職活動をスムーズに進めるためにはどのような点に注意すれば良いのでしょうか。スムーズに進めるためのコツについて解説します。

自己分析は徹底して行う

理想の職場を見つけるためには、まずは自分としっかり向き合うことが大切です。自分の強みや希望する仕事は何かを見つめ直す必要があります。主な自己分析の内容としては、以下の通りです。

自己分析の例
  • 自分には何ができるのか
  • 自分がしたいことは何か
  • 自分のスキルは何か
  • 自分の性格について
  • 今までの経験から活かせること

自己分析を怠ると、面接時に志望動機がうまく言えないなど転職活動を効率良く進められません。

 自分自身のアピールポイントが分からないと、企業に良い印象を与えることも難しくなってしまうでしょう。

自己分析と言葉だけ聞くと難しいように感じるかもしれません。まずは自分を客観視することから始めてみましょう。

転職サイトの自己分析ツールがおすすめ!

転職活動をスムーズに進めるためのコツ

自己分析には、転職サイトや転職エージェントの自己分析ツールの活用がおすすめです。例えばリクナビNEXTでは、18種類の強みのうち5つを診断する「グッドポイント診断」を用意しています。

診断結果は8568通りの中から最も自分に近いものが抽出されます。
グッドポイント診断の例
  • 親密性(じっくりつきあう)
  • 冷静沈着(いつでもクール)
  • 受容力(広く受け入れる)
  • バランス(全体を考える)
  • 決断力(迷わず決める)

すでに自分でも分かっていた納得の強みもあれば、意外に感じる強みもあるかもしれません。リクナビNEXT以外にも、以下のようなサイトで自己分析ツールを利用できます。

マイナビ転職 ジョブリシャス診断
doda キャリアタイプ診断
リクルートエージェント 3分!年収診断

上記のサイトは全て無料で利用できるので、ぜひ活用してみてください。

やみくもに複数社に応募しない

転職活動をスムーズに進めるためのコツ

早く内定をもらおうと焦ってしまうと、やみくもに複数社に応募してしまうことがあります。仕事をしながらの転職活動は、時間の捻出にかなり苦労するでしょう。

面接のたびに有給休暇を取得したり、休日に書類の作成や面接の練習などをすれば負担がかかってしまいます。

効率的に動くためにも、応募する企業はある程度絞ることがおすすめです。応募する企業が絞れると、企業に合わせた対策も打ちやすいというメリットがあります。

応募する企業を絞ることで、自身のアピールの軸なども明確にしやすくなるでしょう。

面接対策・練習をしっかりと行う

面接が決まったら、当日に向けて面接対策・練習を行う必要があります。面接時に応募書類の内容を覚えていないと、やる気がないと判断されかねません。

応募書類の内容を繰り返し音読して、記憶しておけば当日焦ることもないでしょう。

「想定質問」に答える練習も大切です。特に退職理由志望動機などは聞かれやすいです。

あらかじめ聞かれそうな質問を考えておけば、しっかりと受け答えができますよ。

転職エージェントの面接対策がおすすめ!

転職活動をスムーズに進めるためのコツ

面接対策には、転職エージェントの面接対策サービスがおすすめです。模擬面接や面接指導など実績的なサポートが受けられます。なお、面接対策を行っている転職エージェントは、以下の通りです。

面接対策を行っている転職エージェント
  • リクルートエージェント
  • マイナビエージェント
  • doda
  • パソナキャリア

退職理由など、質問されて返答に困る内容は、答え方をアドバイザーに相談しておきましょう。

年収を上げる裏技をチェック!

年収を上げる裏技は、転職エージェントに利用することです。「リクルートエージェント」は完全無料で利用可能な転職エージェントです。利用者の6割以上が年収アップを達成しています。

※https://www.r-agent.com/service/data/

 キャリアアドバイザーは企業に年収交渉を行ってくれます。自分の希望を内定が出る前にキャリアアドバイザーに伝えておきましょう。希望を踏まえてアドバイザーが求人を提案してくれます。

リクルートエージェントは非公開求人の多さも魅力です。非公開求人は一般的に公開すると応募が殺到してしまう好条件の求人である場合が多いです。

約10万件の非公開求人の中から希望の年収にあった求人を紹介してくれます。選考対策も手厚いので、内定獲得の可能性も広がるでしょう!
リクルートエージェント
おすすめポイント
  • 公開求人数・非公開求人数ともに業界最大級
  • 様々な職種・業種を取り扱っているので、希望の転職先に出会える可能性が高い!
  • 求職者の年収相場などを提示してくれるキャリア査定サービスを利用できる!
  • 完全無料

転職の流れを理解したら登録しよう!おすすめ転職エージェント3選

リクルートエージェント

リクルートエージェント

            おすすめポイント
            • 公開求人数・非公開求人数ともに業界最大級
            • 様々な職種・業種を取り扱っているので、希望の転職先に出会える可能性が高い!
            • 求職者の年収相場などを提示してくれるキャリア査定サービスを利用できる!
            • 完全無料

            リクルートエージェントは公開求人数は116,339件、非公開求人数は174,516件業界最大級の求人を持つ転職エージェントです。

             保有している求人数が多いので、取り扱っている職種・業種の種類も多いです。希望する職種・業種が見つからないといった心配はまずないでしょう。

            全国の求人を取り扱っていますので、日本のどこからでも利用可能です!

            また、自分のスキルではどの程度の年収の求人を目指せばいいのかわからない...という人にはキャリア査定サービスがおすすめです。

            あなたの今までの職歴などから、おすすめの転職市場・適正年収・キャリアプランを診断してくれます。
            ※2021年6月30日現在
            運営会社 株式会社リクルートキャリア
            主なサービス(機能)
            • エージェントサービス
            • 職務経歴書エディター
            • 面接力向上セミナー
            • 担当者面談
            公開求人数※2021年6月30日時点 116,339件
            拠点 全国対応可

            丸の内/北海道/東北/横浜/静岡/中部/関西/京都/神戸/岡山/広島/九州

            マイナビエージェント

            マイナビエージェント

            おすすめポイント
            • 第二新卒など20代向けの求人が豊富!
            • サポート体制が手厚く、面倒見の良さが評価されている!
            • 非公開求人は10万件以上!自分にぴったりの求人を紹介してもらえる!
            • 完全無料

            マイナビエージェントは20代や第二新卒の転職実績が豊富な転職エージェントになります。もちろん20代だけではなく30代以上の年代の方も利用することができますよ。

             転職成功に向けてキャリアアドバイザーから手厚いサポートを受けることができます。初めての転職をする方に特におすすめです。

            公開求人数は2万件以上、非公開求人数はなんと10万件以上保有しています。キャリアアドバイザーとの面談を通してあなたにぴったりの求人を紹介してくれるでしょう。

            初めて転職をする方、未経験業種への転職に挑戦したい方はマイナビエージェントがおすすめです。
            運営会社 株式会社マイナビ
            主なサービス(機能)
            • エージェントサービス
            • 履歴書添削サービス
            • 面接対策
            • サポート期間は無期限
            公開求人数※2021年6月30日時点 27,390件
            拠点 全国対応可

            京橋/新宿/神奈川/北海道/宮城/名古屋/京都/大阪/兵庫/福岡

            ビズリーチ

            ビズリーチ

            おすすめポイント
            • 3分の1以上の求人が年収1,000万円超え
            • 企業からのスカウトの中には面談が確約されたものも!
            • 経験豊富なヘッドハンターからアドバイスをもらえる!

            ビズリーチは、即戦力を求める求人が多い点が特徴です。管理職や専門職、次世代リーダー、グローバル人材などの即戦力・ハイクラス人材に特化しています。

            企業や求人のレベルも他のエージェントと比べて高めと言えるでしょう。

            年収1000万円以上の求人も多く保有しているため、年収アップも期待できるでしょう。有料会員になれば、全てのスカウトや求人の閲覧ができます。

            運営会社 株式会社ビズリーチ
            主なサービス(機能)
            • エージェントサービス
            • タレント・ハイクラス会員制度
            • ヘッドハンター
            • スカウト
            公開求人数 72,762件※2022年4月1日時点
            拠点 東京/首都圏拠点(渋谷)/関西/名古屋/福岡

            転職活動でよくある質問

            転職活動の流れは?
            まずは転職の目的・理由を整理することが最も大切です。ある程度希望の条件が明確になったら、転職サイトなどで情報収集を行います。その後、求人に応募し面接を受けます。内定がもらえたら退職の手続きをしましょう。
            転職エージェントで転職を成功させるコツは?
            転職エージェントは人材紹介サービスのひとつです。自分に合った企業を見つけ出す、非公開求人に応募できる、面接の通過率を上げてくれるなどのメリットがあります。これらのサポート機能を積極的に活用しましょう。
            転職サイトで転職を成功させるコツは?
            自分で求人を探し応募する必要があります。日程調整なども全て自分で行うため、スケジューリングが大切です。企業からのスカウトを受けられることもあるので、複数の転職サイトへの登録がおすすめです。
            ハローワークで転職を成功させるコツは?
            ハローワークでは、求人情報の紹介の他に職業訓練なども行っています。スキルを身に付けたい方は、職業訓練を受講後転職活動をすることがおすすめです。開庁時間が決まっているので注意してください。
            転職前に準備しておくことは?
            転職活動のスケジュールを立てる、スキルや資金を用意するなどが大切です。効率よく活動しなければ、長期化してしまいモチベーションが下がる原因にもなります。面接に何度も行く場合には交通費などがかかります。
            転職活動をスムーズに進めるためのコツは?
            アピールポイントを明確にするためにも自己分析はしっかりと行いましょう。自分の性格やスキルを洗い出すことが大切です。その他、面接対策をしっかりと行う、やみくもに複数応募しないなどがあります。
            転職を行う上での注意点は?
            たくさんの求人情報を集めるためにも、転職サイトには複数登録することがおすすめです。自己分析などは転職サイトのツールを使うことがおすすめです。面接前には、転職エージェントの面接対策も利用しましょう。

            まとめ

            今回は、転職の流れや手順についてわかりやすくご紹介しました。転職活動は、転職サイト転職エージェントなど、転職活動をサポートしてくれるサービスを利用するのがおすすめです。

            転職の意思が固まったら、まずは転職の流れを理解しましょう。流れを理解していれば、転職までに必要なことがわかるのでスムーズに転職活動が行えます。

             転職活動が長期化してしまうと、モチベーションが下がるだけではなく、求人を妥協してしまう可能性もあります。

            転職サイトや転職エージェントなどでは、無料で自己分析を行えるサービスを提供しています。

            様々なサービスをフル活用して、理想の職場を手に入れてくださいね。
            こちらの記事も合わせて読みたい
            ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
            ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
            ・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
            ・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
            ・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
            おすすめの記事