コンサル業界に強いおすすめ転職エージェント9選!選び方も解説!

コンサル業界に強いおすすめ転職エージェント10選!選び方も解説!

コンサル業界20代前半の若手世代でも安定した給与を期待できるため、転職を目指している方は多いでしょう。

しかし、それだけ高給な仕事であれば転職は難しいというイメージを持ってしまうかもしれません。

その際は、自分一人で転職活動をするのではなくエージェントにサポートしてもらう方法がおすすめです。

そこで今回は、コンサル業界に強いおすすめ転職エージェントをピックアップして紹介します。

この記事でわかること
  1. コンサル業界に強いおすすめの転職エージェント
  2. おすすめ転職エージェントの評判・口コミ
  3. 各転職エージェントの特徴
  4. 転職エージェントの選び方
  5. コンサル業界で求められるスキル

サービスを利用すべきかを判断する選び方のポイントについても解説しますので、ぜひ参考にしてみてください。

コンサル業界に強いおすすめ転職エージェント比較表

アクシスコンサル
リクルート
エージェント
ビズリーチ
コトラ
ムービンストラテジックキャリア
リクルート
ダイレクトスカウト
ランスタッド
パソナキャリア
エンワールド
JACリクルートメント
リクルートエージェント
ビズリーチ
リクルートダイレクトスカウト
パソナキャリア
公開求人数
-
126,888
約127,000
約12,542
-
74,970
-
36,890
約10,000以上
約12,138
非公開求人数

全体の約77%

188,037
116,752
-

全体の約79%

非公開

全体の約80%

13万件以上
-
全体の約60%
対象年代
20代~50代
20代〜50代
30代〜50代
20~50代以上
20代~40代
30代〜50代
20代~50代以上
20代〜50代
-
30代~50代
対応エリア
全国
全国
全国
関東圏、愛知、大阪、福岡、海外
首都圏中心
全国
全国、海外
全国
全国
全国
得意分野

コンサル業界

総合求人
ハイクラス求人
金融、IT、コンサル
コンサル業界
ハイクラス求人
高年収、外資転職
総合求人
外資、グローバル転職
ハイクラス
ミドルクラス転職
イチオシ機能
転職と併せ
「独立支援」も提供
年収交渉の代行
企業やヘッドハンターからのスカウトサービス
充実したアフターフォロー
コンサル独特の
書類・面接対策を実施
必要事項を記入後はヘッドハンターからのスカウトを待つだけ
トップコンサルタントによる各業界に特化した転職支援
キャリアアドバイザーの親身なサポート体制
入社後のキャリア構築までを提案
総勢約1,200名の
コンサルタントが在籍

コンサル業界に強いおすすめ転職エージェント10選

アクシスコンサルティング

アクシスコンサルティング

おすすめポイント
  • 経験や思考に合わせた最適なキャリアプランを提案
  • 非公開求人が約77%あるため、知らなかった仕事に出会いやすい
  • 企業別の書類・面談対策を実施

コンサル業界に精通しているキャリアアドバイザーが、一人ひとりの経験や思考に合わせて最適な求人紹介をしてくれます。

コンサル業界に入ってからもキャリアアップを実現できるよう一緒に考えてくれるため、大変心強いですね。

創業から17年間で約5,000名のコンサルタントを支援してきた実績から、安心して任せられる点も特徴と言えるでしょう。また、扱っている求人の約77%は、非公開求人です

 他ではなかなか出会えない求人を保有しているため、新たな発見も少なくないでしょう。

コンサル業界との強いパイプにより、アクシスだからこそ分かる企業別の採用動向に合わせて書類・面接対策を実施してくれます。

公開求人数
主なサービス内容
  • 求人紹介
  • コンサル業界についてレクチャー
  • 独立支援
  • 書類・面談対策
  • 企業インタビューの提供
運営会社 アクシスコンサルティング株式会社

出典:https://www.axc.ne.jp/ ※公式サイト

リクルートエージェント

リクルートエージェント

おすすめポイント
  • 非公開求人は業界最大数の10万件以上
  • 書類の添削や面接対策など、充実した転職サポート
  • 完全無料

リクルートエージェントは、大手株式会社リクルートのサービスであり、その知名度から高い信頼と実績を持っています。

非公開求人は10万件以上あり、業界最大数であることも特徴です。

 非公開求人は転職エージェントがインターネット上に掲載していない非公開求人のことで、自分では見つけられないレアな求人が見つかります。

また、リクルートエージェントは各業界に精通した実績豊富なキャリアアドバイザーが自分の希望条件やスキルに沿った求人を紹介してくれます。

求人紹介後には、提出書類の添削や面接対策などのサポートも行っていますよ。
転職時だけでなく、入社後の年収や給料の交渉も担当のキャリアアドバイザーが代行してくれるので、自分からは言い出しにくい条件に対するアフターフォローも充実しています。
公開求人数※2022/2/1時点 161,027件
主なサービス内容
  • 求人紹介
  • エージェントサービス
  • 職務経歴書エディター
  • 面接力向上セミナー
  • キャリアアドバイザーと面談
運営会社 株式会社リクルート

出典:※公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

おすすめポイント
  • 企業やヘッドハンターと直接コンタクトが取れる
  • 職務経歴書を見てヘッドハンターからスカウトが届く
  • 10,000件を超えるコンサル求人を保有

「選ばれた人だけのハイクラス転職サイト」というキャッチフレーズの通り、年収1,000万円を超える求人を多数掲載しています。

転職のプロフェッショナルであるヘッドハンターが約4,600人登録しており、求職者に直接スカウトが届く点が特徴です。

企業を含めコンサル業界に精通するプロからのスカウトがあるため、自分の市場価値を知れるとも言えるでしょう。

職務経歴書の書き方をアドバイスしてくれるため、コンサル業界に求められる要素を踏まえた上で面接等に挑めます。

 コンサル業界の求人はおよそ12,000件となり多く保有しているため、今まで出会えていなかった仕事と巡り合えるチャンスもあるでしょう。
公開求人数※2021年6月24日現在 58,283件
主なサービス内容
  • 企業からのスカウト
  • 職務経歴書の書き方アドバイス
運営会社 株式会社ビズリーチ

出典:https://www.bizreach.jp/ ※公式サイト

コトラ

コトラ

おすすめポイント
  • 個別企業の求人状況を提供してくれる
  • 経験・スキル・希望を伺ったうえで最適な求人を紹介
  • 面接官の特徴を踏まえたうえで面接アドバイスをしてくれる

コトラでは、スペシャリストやハイクラスな人材を希望する企業求人を多く扱っています。コンサル業界の動向や各企業の求人状況など、最新のものを提供してくれるため適切な活動が可能です。

業界に精通しているアドバイザーが、人それぞれ異なるコンサル経験スキル、そして働き方などの希望を踏まえ、マッチする最適な仕事を紹介してくれるでしょう。

アドバイザーとのやり取りは、対面はもちろん電話でも実施していますよ。

また、各企業によって異なる面接官の特徴を踏まえたうえで、内定を獲得するための面接アドバイスをしてくれます。

 無事に内定をもらい入社してからも、3ヶ月間は無料でアフターフォローサービスを1回受けられるためサポートの質は高いです。
公開求人数※2021年6月24日現在 9,591件
主なサービス内容
  • 面接対策
  • 最新の動向などの情報提供
  • 職務経歴書の書き方アドバイス
  • 面接アドバイス
運営会社 株式会社コトラ

出典:公式サイト

ムービンストラテジックキャリア

ムービンストラテジックキャリア

おすすめポイント
  • コンサルティング業界出身者がサポートしてくれる
  • コンサル独特の書類・面接対策を実施
  • 非公開求人も豊富に扱うため新たな出会いがある可能性が高い

在籍しているキャリアアドバイザーはコンサル業界出身というだけあり、適切な転職支援を提供してくれます。20年以上に渡ってコンサル業界への転職に携わっているため、ノウハウも豊富です。

コンサルに対してのプロ意識が高いスタッフとなるため、求職者と真摯に向き合い徹底的にサポートしてくれます。

元コンサルタントだからこそ得られる、表には出ない業界の最新情報を提供してくれる点も特徴です。コンサル業界独特の視点から、書類・面接対策を実施してくれる点も魅力と言えるでしょう。

 扱っている求人のうち約79%が非公開求人となるため、今まで出会えなかった仕事・企業とのマッチングも期待できます。
公開求人数
主なサービス内容
  • 求人紹介
  • 書類対策
  • 面接対策
  • ビジネススキル指導
運営会社 株式会社ムービン・ストラテジック・キャリア

出典:https://www.movin.co.jp/ ※公式サイト

リクルートダイレクトスカウト

リクルートダイレクトスカウト

おすすめポイント
  • 登録後はスカウト待つスタイル
  • ヘッドハンターが適切な求人を検索してくれる
  • 非公開求人を保有しており新たな出会いが期待できる

リクルートが提供するハイクラス転職・求人サービスです。ヘッドハンターが仕事を提案してくれるため、自分では探せなかった意外な企業との出会いが期待できます。

 2020年10月時点で、約2,500名以上のヘッドハンターが在籍しています。

また、リクルートダイレクトスカウトに登録をすると、企業は求職者の匿名となるレジュメを見ることが可能です。その中から、興味を持った人がいるとスカウトが届きます

コンサル業界の求人は、最低年収600万円から検索できるためハイクラスな転職に期待が持てるでしょう。

アクションを起こすだけでなく、企業側からのオファーがあるため、それにより評価されたと認識でき転職活動に対して前向きになれます。

公開求人数※2021年6月24日現在 70,328件
主なサービス内容
  • 求人紹介
  • スカウト
運営会社 株式会社リクルート

出典:公式サイト

ランスタッド

ランスタッド

おすすめポイント
  • 目先だけでなく5年後・10年後を見据えたキャリアプランを提案
  • 専任のエージェントは転職活動を手厚くサポート
  • 面接対策や書類添削による的確なアドバイスを実施

経験豊富なエージェントが専任となり、コンサル業界への転職活動を手厚くサポートしてくれます。

目先の転職成功だけでなく、5円後・10年後のコンサル業界の動向も踏まえて、どうキャリアアップをしていくかプランを提案してくれる点は大変魅力的です。

また、専任のエージェントは面接対策や書類添削にも定評があり、コンサル業界が求める人材となるための指導をしてくれます。

公開求人数※2021年6月24日現在 8,002件
主なサービス内容
  • 求人紹介
  • キャリアプランの提案
  • 面接対策
  • 書類添削
運営会社 ランスタッド株式会社

出典:公式サイト

パソナキャリア

パソナキャリア

おすすめポイント
  • キャリアアドバイザーによる手厚い転職サポート
  • リクルーティングアドバイザーによる企業が求める人材ニーズの提供
  • スカウトサービスの提供

パソナキャリアには、コンサルティング業界を専任とするキャリアアドバイザーが在籍しており、豊富な知識と経験で転職を成功へと導いてくれます。

キャリアアドバイザーは求職者専任で付くため気軽に相談可能です。

また、リクルーティングアドバイザーという企業の求める人材ニーズや求人の特徴を随時収集するプロも在籍しており、より充実した転職活動が実現するでしょう。

さらに、スカウトサービスに登録することでキャリアアドバイザーから予期しない仕事の提案をしてもらえるため、自分からのアクションでは出会えなかった求人が見つかる場合もあります。

公開求人数※2021年6月24日現在 35,163件
主なサービス内容
  • キャリアアドバイザーによる求人紹介
  • 応募書類の書き方伝授
  • 模擬面接の実施
  • 企業との日程調整や交渉
  • 企業からの面接オファー
  • スカウトサービス
運営会社 株式会社パソナ

出典:公式サイト

エンワールド

エンワールド

おすすめポイント
  • 入社後のキャリア構築までを提案
  • 業界専門のコンサルタントがサポート
  • 外資系へのチャレンジにも精通

コンサル業界を専門とするコンサルタントが在籍しており、入社までのサポートはもちろん、それ以降のキャリア構築も踏まえて一人ひとりに最適な提案をしてくれる点が特徴です。

一人ひとりと密に連絡を取り合い、目標・要望・スキルを把握したうえで最適な転職先を紹介しています。

また、コンサルタントは親身になり相談に乗ってくれ、無理に転職を薦められる心配もありません。チームで取り組み情報を共有し、求職者の求める仕事が見つかるまで手厚くサポートしてくれます。

さらに、多国籍企業との繋がりがあることから、外資系へのチャレンジ提供も実施しており活躍の幅を広げるには最適です。

求人数※2021年6月24日現在 909件
主なサービス内容
  • 求人紹介
  • 長期的なキャリア構築を見据えた提案
  • 面接等への対策指導
運営会社 エンワールド・ジャパン株式会社

出典:公式サイト

JACリクルートメント

JACリクルートメント

おすすめポイント
  • 総勢約1,200名のコンサルタントが在籍しており手厚くサポート
  • 外資系や海外進出企業への転職チャンスも提供
  • 30代~50代向けの求人を豊富に扱っている

総勢約1,200名となるコンサルタントが在籍しており、コンサル業界に精通しているプロが多いため最適な転職を実現しやすいです。

求人の紹介はもちろん、内定を勝ち取るための面接対策などに尽力してくれますよ。

また、外資系や海外進出企業とのパイプがあることから、活躍の場を広げたい人にも最適な求人紹介が可能です。

コンサルタントは企業への直接訪問、コンサル業界の文化や風土、事業戦略などを把握しているため、信頼して活動を任せられるでしょう。

求人数※2021年6月24日現在 7,713件
主なサービス内容
  • 求人紹介
  • スカウト
  • 面接対策
運営会社 株式会社ジェイエイシーリクルートメント

出典:公式サイト

アサイン

アサイン

おすすめポイント
  • ビズリーチのSランク・Aランクのエージェントがサポート
  • 中長期的な転職支援
  • コンサル出身者のケース面接対策
  • ビズリーチコンサル部門最優秀賞受賞

アサインは一人ひとりと向き合うスタイルの転職エージェントで、ビズリーチコンサル部門最優秀賞受賞などの実績を誇っています。

 ビズリーチのSランク・Aランクのエージェントが在籍しているため、担当者のハズレがなく質が良い点が最大の特徴です。

求人の紹介は初回面接以降なので、丁寧にヒアリングを重ね、効果的なキャリアを検討した上での求人を紹介してくれます。

中長期的な転職サポートは、転職後のキャリア支援も手厚くサポートしてくれます。
求人数※2022年3月24日現在 非公開
主なサービス内容
  • 求人紹介
  • ヘッドハンティング
  • 面接対策
  • 個別面談・カウンセリング
運営会社 株式会社アサイン

後悔しない転職を!おすすめ転職エージェントの口コミ・評判

サラリーマン/ギークリー 評判

ここではコンサルタントにおすすめの転職エージェントの口コミ・評判を紹介します。ここでは当サイトおすすめの転職エージェント、アクシスコンサルティングとビズリーチを紹介します。

アクシスコンサルティング

入念な面接対策

業界と求人状況の説明応募先の選定方針が理論に基づいていました。特に、面接対策が非常に秀逸だったという印象です。具体的な質問項目を情報収集していただいたものを開示していただき、事前に想定問答の練習をしました。

相手に寄り添った対応
落ち着きがあって、まずは相手の状況をしっかり聞いてから案件を紹介しようという姿勢がありました。特に押し付けることもなく、状況に合わせて案件を紹介してくれたので今後もお願いしてみようと思いました。
自分に合う求人の紹介
チャレンジ案件、ストライクゾーンの案件を中心に理由も加えて提示いただいたので、自分の経歴と今後も自分を必要としてくれる企業や働きやすい環境があるのかもしれないという希望を感じ安心した。

ビズリーチ

スピーディーな対応
ビズリーチに登録したところ、すぐにスカウトがきました。面談自体はとても和やかな雰囲気で、自分の経歴や今後のキャリアを考えてどういった方向性が良いのか、普通に一緒に検討していくような感じでした。
知名度いよる信頼性
ヘッドハンターは親身に接してくれますし、自分のキャリア第一優先で求人の詳細を確認してくれ、面接ではどのような点に注意するかを細かくメールで教えてくれました。良い求人やビズリーチ上の評価が高かったので、信頼して連絡を取り合うようになり、良い転職先が見つかったのだと思ってます。
スカウトメールをきっかけに転職成功
転職エージェントの質も高く、私にヒアリングすることで、私の市場価値をしかりと判断してくれたのも良かったです。ビズリーチにして良かったところは、企業からダイレクトにスカウトメールが来ることでした。実際に、私もスカウトメールがきっかけで転職に成功しました。

コンサル業界に強い転職エージェントの選び方

コンサル業界に強い転職エージェントは数多くあります。

各サービスによって強みがあるため、どこに登録をすれば良いか迷ってしまう人も少なくないでしょう。

ここからは、コンサル業界に強い転職エージェントの選び方について見ていきます。

転職エージェントの選び方
  1. コンサルファーム内部情報の保有量で選ぶ
  2. 業界出身アドバイザーの在籍の有無で選ぶ
  3. 面接対策の手厚さで選ぶ

①コンサルファーム内部情報の保有量で選ぶ

コンサル業界に強い転職エージェントの選び方

コンサル業界ならではの情報をどれだけ保有しているかは、エージェント選びで非常に重要です。いかに専門性に特化しているかは、転職活動をサポートしてもらうためにも意識しましょう。

表に出ていない情報を知り得ていることは、その業界に精通している証拠でもあります。

転職後も「想像と違った」というギャップがあれば、離職率を高めることにも繋がりかねません。

②業界出身アドバイザーの在籍の有無で選ぶ

コンサル業界に強い転職エージェントの選び方

コンサル業界経験のあるアドバイザーが在籍している転職エージェントを選びましょう。

業界経験があるからこそ、自身の体験も交えつつ最適な紹介・アドバイスをしてくれます。

また、これから自分が進もうとする世界の事情を体験者から聞くことで、不安点などを払拭することにも繋がります。

③面接対策の手厚さで選ぶ

コンサル業界に強い転職エージェントの選び方

面接は企業にできる最大のアピールの場と言っても過言ではありません。

コンサル業界ならではの面接練習を繰り返し実施することで、落ち着いて面接当日を迎えるでしょう。

転職エージェントによっては、コンサル業界の面接の動向に詳しいアドバイザーが在籍していますので、ぜひ調査しておきたいポイントです。

コンサルの転職事情を解説

コンサルティング業界の転職市場、求人数、企業のニーズなどについて解説します。

コンサル業界の転職市場動向
  • コロナ禍以降求人数は減少|2021年に入り回復傾向
  • コンサル経験者など即戦力のニーズが高まりを見せている
  • 求人は経験者の中途採用が中心、未経験者採用は少数

コロナ禍以降求人数は減少|2021年に入り回復傾向

コンサル 求人回復傾向

新型コロナウィルスの影響もあり、コンサルティング業界も一時的に求人数が減少していましたが、2021年に入り一部企業で中途採用の案件数が増え、全体として求人数は回復傾向にあります。

 求人数が回復しているのは主に中途採用ですが、未経験者採用を再開する企業も多くはないものの、徐々に出てきています。

また、分野によって採用に意欲的な部門がはっきりしており、元々求人案件の多かったIT・DX・CRM・EC関連をはじめ、金融、ライフサイエンス、通信、建設などの分野の求人も増えています。

SaaS化の流れもあり、デザイン関連に精通した人材を求める企業も多く、芸術系出身者向けの求人数も増えています。

コンサルティング職は「高学歴の一部の優秀な人材が受ける」というイメージが強いですが、最近は幅広い分野の専門性の高い人材が求められる傾向にあります。

コンサル経験者など即戦力のニーズが高まりを見せている

コンサル 即戦力

従来、コンサルティング業界は第二新卒採用が活況でしたが、現在は即戦力になるシニアコンサルタントレベル以上の人材の需要が高まりを見せています。

 転職市場をみるとシニアコンサルタントクラスのニーズはコロナ禍以降高く、転職を成功させる方の数も増えてきています。

また、コンサルタントは激務で知られますが、今まで時間的・物理的に転職活動が難しかったハイキャリア層も、コロナ禍以降web面接が可能になったことから、転職活動を進めやすい状況にあります。

即戦力を求める企業・コンサルティングファームのニーズを満たせる能力・実績のある方にとっては、転職を成功させるチャンスが多い状況と言えるでしょう。

求人は経験者の中途採用が中心、未経験者採用は少数

コンサル 経験者

企業やコンサルティングファームの主なニーズが即戦力となる経験者にあることから、求人は中途採用が中心となっています。

 ポテンシャル採用の意味合いが強い新卒・未経験者採用の求人数は、現状まだ少ない傾向にあります。

また、コロナ禍以降コンサルタントの業務も在宅勤務やリモートが基本となり、オンラインによるコミュニケーションでも顧客との信頼関係を築ける人や、ITに精通した人材が求められるようになってきています。

未経験者採用はまだ少ない状況にありますが、IT分野の知見がある方は、その知見を武器に転職活動を進めることで活路が拓ける可能性があります。

コンサル業界の年収の相場は?

ここでは、コンサル業界の平均年収や、国内・外資系コンサルティングファームの年収の相場について解説します。

コンサル業界の平均年収・年収の相場
  • コンサル業界の平均年収
  • 代表的な国内コンサルティングファームの年収
  • 代表的な外資系コンサルティングファームの年収

コンサル業界の平均年収

コンサル 年収

大手転職情報サイトdodaが、2020年12月7日に公開した「平均年収ランキング」によると、コンサルティング業界(※)の平均年収は全体で601万円となっています。
※「専門職(コンサルティングファーム/専門事務所/監査法人)」

 dodaは毎年同様の調査を実施していますが、コンサル業界全体の平均年収を2019年と2020年で比較すると、27万円のUPとなっています

年代別のデータを見ても、他の業種・職種と比較して平均年収は高く「コンサル業界は年収が高い」と言われるのも納得の結果とと言えるでしょう。

年代 平均年収
20代  497万円
30代 652万円
40代 705万円
50代~ 770万円

ただし、コンサルタントは「戦力/経営コンサルタント」「リスクコンサルタント」「組織/人事コンサルタント」などの種類があり、領域ごとに年収に大きな差があることも覚えておきましょう。

「コンサルティング業=高収入」ではありませんが、平均年収が高く、領域によっては全業種・職種の中でもトップクラスの年収が見込めるのも事実です。

代表的な国内コンサルティングファームの年収

コンサル 国内コンサルティングファーム

代表的な国内コンサルティングファームの平均年収は以下の通りです。

企業名 平均年収
フロンティア・マネジメント株式会社 1080万円
ドリームインキュベータ 1040万円
野村総合研究所 975万円
ベイカレント・コンサルティング 833万円
株式会社シグマクシス 677万円

出典:「コンサルタント」企業一覧 社員クチコミと就職・転職リサーチ OpenWork

国内の主要コンサルティングファームの平均年収額は900万円を超えており、大手商社やメディア企業と同等クラスの給与額となっています。

代表的な外資系コンサルティングファームの年収

コンサル 外資系コンサルティングファーム

代表的な外資系コンサルティングファームの平均年収は、以下の通りです。

企業名 平均年収
A.T カーニー株式会社 1427万円
ボストンコンサルティンググループ 1369万円
マッキンゼー・アンド・カンパニー日本支社 1216万円
デロイトトーマツコンサルティング合同会社 922万円
アクセンチュア株式会社 867万円

出典:「コンサルタント」企業一覧 社員クチコミと就職・転職リサーチ OpenWork

アメリカに本拠地を置くコンサルティングファームが主ですが、非常に高額の報酬が支払われるアメリカ本国と比較すると、日本国内の給与水準に即した年収額となっています。

転職の参考に!コンサル業界で求められるスキルとは?

転職の参考に!コンサル業界で求められるスキルとは?

コンサル業界で求められるスキル
  • コミュニケーションスキル
  • ヒアリングスキル
  • プレゼンテーションスキル
  • 論理的思考力
  • 問題解決能力
  • 精神力
  • 提案力

コンサルタントはクライアント企業の経営課題を明確にし、戦略の見直しや改善を行います。その中で、クライアントとの円滑なコミュニケーション能力は不可欠です。

 加えて、相手の要望を把握し、課題の解決に向けた論理的思考力が求められます。

また、一度案件を引き受けたからには、その解決法を見つけなければなりません。そのプレッシャーが精神的にダメージを加えてしまうことがあるかもしれません。

立ちはだかる難問に打ち勝つためには、メンタルの強さが必要でしょう。

コンサル業界への転職でエージェントを利用するメリット

コンサル業界への転職でエージェントを利用するメリット

コンサル業界は、他業界と比較して転職エージェントの重要性が高い傾向にあります。ここでは、転職エージェントを利用するメリットを解説します。

転職でエージェントを利用するメリット
  • 非公開・独占求人の情報を提供してくれる
  • 応募先に応じた転職支援・選考対策をしてくれる
  • 転職希望先に対して推薦してくれる

非公開・独占求人の情報を提供してくれる

コンサルティングファームは、採用にかかるコストや労力を最小限に抑えるため、応募者の一次振り分けに転職エージェントを活用する傾向にあります。

 コンサルティングファームが転職エージェントに、「自社のニーズに適した優秀な人材の選考・紹介」を依頼している、とイメージすればわかりやすいですね。

そのため、コンサル業界の優良求人の大半は非公開求人、または特定の転職エージェントだけが保有する独占案件となっています。

コンサル業界への転職では、非公開求人や独占求人の情報をどれだけ効率よく集められるかが、成功の鍵を握ります。

応募先に応じた転職支援・選考対策をしてくれる

コンサル サポート

コンサルティング業界の選考は、他の業界と同様に「書類選考→面接」という流れとなるのが一般的です。

しかし、必要書類や選考基準などが他業種と異なるケースが多く、応募先のコンサルティングファームごとに異なる選考対策をする必要があります。

 どんなに実績や能力があっても、応募先に応じた選考対策を行わないと、書類選考や面接に落ち続けてしまう恐れがあります。

この選考対策で心強い味方となるのが、転職エージェントのキャリアアドバイザーです。

キャリアアドバイザーはコンサルティングファームの求める人材や業界のニーズを把握しているため、応募先にあわせて適切な転職サポート・選考対策をしてくれます。

また、コンサル業界の選考では必要書類として、履歴書・職務経歴書の他に「志望動機書」の提出が求められるケースが大半です。

この志望動機書の対策も非常に重要ですが、キャリアアドバイザーは履歴書・職務経歴書とあわせ、志望動機書の作成や添削もサポートしていますので、ぜひ活用しましょう。

転職希望先に対して推薦してくれる

コンサル 推薦

転職エージェントを経由して企業に応募する場合、担当のキャリアアドバイザーやコンサルタントが、企業に対して推薦状を書いてくれます。

一般的に、この推薦状によって書類選考通過率が大幅に変わることはないとされていますが、コンサル業界の場合は話が違ってきます。

 コンサルティング業界の場合、転職エージェントに応募段階の選考を任せているケースが多いため、「推薦がある=面接をする価値のある人材」と判断される可能性が高い傾向にあります。

また、コンサル業界に精通したキャリアアドバイザーは、応募先のコンサルティングファームに合わせ、適切な推薦状を作成する知識やスキルも持っています。

コンサル業界への転職では、推薦状の質も書類選考に影響する傾向にあります。推薦状の内容を充実させるためにも、担当との信頼関係を大切にすることをおすすめします。

コンサル業界の仕事内容を解説

コンサルタントは、ある分野への深い知識や経験をもとに、課題を抱えているクライアントに対して、解決策を提示する仕事です。

大企業から中小企業まで、クライアントが抱える様々な課題を解決する必要があり、高いスキルや経験が求められます。特に最近では、専門分野に特化したコンサルタントが増えてきています。

ここでは、コンサルタントの仕事内容をカテゴリーに分けて解説します。

戦略系コンサルティングファーム

戦略系コンサルティングファームはクライアントの経営上の課題を発見し、解決策を提示する企業です。経営者のような企業の上層部とのやりとりが多く、コンサルタントに支払われる報酬も高額です。

代表的な企業に「アクセンチュア」「マッキンゼー・アンド・カンパニー」があります。

戦略系コンサルは労働環境が厳しいと言われており、タフでないと務まりません。

IT系コンサルティングファーム

IT系コンサルティングファームはITを切り口として、クライアントの課題を解決する企業です。課題の解決だけではなく、システム構築や運用指導などを行うコンサルティングファームもあります。

ここ数年で、ITコンサルタントの需要は増えてきており、今後の発展が期待できます。

代表的な企業に「スカイライトコンサルティング」「ウルシステムズ」があります。

人事系コンサルティングファーム

人事系コンサルティングファームは、人と組織の課題解決をコンサルタントします。教育や福利厚生など企業内部に対して、働きかけることが特徴です。

代表的な企業に「マーサージャパン」「ウイリス・タワーズワトソン」があります。

人事系コンサルティングファームは、企業の変革期に携わることができ、大きなやりがいが得られやすいです。

金融系コンサルティングファーム

金融系コンサルティングファームは、資金調達やM&A案件などを提案し、企業の価値を向上させる役割を担います。

 金融や会計、法務などの専門知識が必要で、国際情勢には常に意識を向けなければいけません。

代表的な企業に、「PwCアドバイザリー」「みらいコンサルティング」があります。

シンクタンク系コンサルティングファーム

シンクタンク系コンサルティングファームは、大手企業や金融機関の調査案件を多く扱う企業です。

実際には、「経済調査」「官公庁向けのリサーチ」「マネジメントコンサル」「ITコンサル」といった仕事を行います。

代表的な企業に、「NTTデータ経営研究所」「三菱UFJ リサーチ&コンサルティング」があります。

総合系コンサルティングファーム

総合系コンサルティングファームは、企業のトップから一般社員のそれぞれの階層に対しての事業戦略の策定や業務課題のサポートをします。

部分的でなく、全体的にコンサルティングをするのが特徴です。代表的な企業に、「デロイトトーマツコンサルティング」「アクセンチュア」があります。

総合系コンサルティングファームでは分野別に特化したコンサルタントがチームを作って対応します。

コンサル業界へ未経験で転職することは可能?

20代であれば、未経験からコンサル業界へ転職することはできます。なぜなら、コンサル業界ではポテンシャル採用を実施しているからです。

 未経験であっても、論理的思考力、プレゼンスキル、交渉力、ビジネス知識があると、優秀な人材と判断されるでしょう。

では、どんな人がコンサルタントに向いているのか、またコンサル業界への転職を成功させる方法を紹介します。

30代以降は高いレベルのスキルや実績がないと未経験からの転職は難しいでしょう。

コンサルタントに向いている人

コンサルタントに向いている人の特徴は以下のとおりです。

コンサルタントに向いている人
  • ビジネスへの好奇心が強い人
  • 論理的思考力をもとに、アウトプットが得意な人
  • 世の中に影響力を与えたいという志向が強い人
  • 実力主義で評価を得たい人
  • 人の意見を傾聴できる人
  • 仕事が好きで、仕事のためならハードワークを厭わない人
  • クライアントやチームメンバーと良い人間関係が築ける人

コンサルタントは年収が高く、憧れやすい職種ではありますが、ハードワークになりがちというデメリットもあります。

そのため、コンサルタントは「ハードワークを厭わずに、自分から率先して動ける人」が向いていると考えてよいでしょう。

上記に該当する20代の人は、是非ともコンサル業界にチャレンジしてみてください。

コンサル業界への転職を成功させる方法

未経験からコンサル業界への転職を成功させるには、個人応募よりも転職エージェントの利用をおすすめします。

 なぜなら、転職エージェントは応募企業の出題傾向を把握しているため、万全の状態で面接に臨むことができるからです。

個人応募の場合では、求人情報やホームページに掲載されている情報しか知ることができません。少しでも内定獲得率を上げたい人は、転職エージェントを利用しましょう。

本記事では、コンサルティングファームに強い転職エージェントを紹介しています。

よくある質問

コンサル業界に強いおすすめの転職エージェントは?
コンサル業界の求人を多く取り扱うビズリーチがおすすめです。転職のプロであるヘッドハンターも約4,600人在籍しており、求職者に直接スカウトが届きます。年収1,000万円を超える求人も多数掲載しているため、キャリアアップを目指せる可能性もあるでしょう。
転職エージェントではどういったサポートをしてもらえる?
その人に合った求人の紹介や面接対策、書類添削などさまざまです。また、各転職エージェントによってもサービス内容は異なります。中には企業からオファーが届く制度を導入しているエージェントもあります。
コンサル業界に強い転職エージェントの選び方は?
コンサル業界についての情報をどれだけ保有しているか、もともと業界で働いていた経験があるアドバイザーがいるかは重視すべき点です。いかに精通しているかで、求める情報の正確性や供給量が変わってきます。
コンサル業界の特徴はある?
人気職種の一つとなっているおり、年々成長している業界です。年収アップも見込めることから転職希望者も増加傾向にあります。
コンサル業界に進む上で転職エージェントを利用するメリットは?
自分だけでは知り得ない、コンサル業界ならでの書類の書き方や面接対策ができることです。また、転職エージェントでは非公開求人を扱っている場合があるため、登録したから出会えた求人もあるでしょう。
転職エージェントは無料で利用できる?
基本的には無料で利用できます。中には、より手厚いサポートを受けるために有料となる場合もあるため、事前にチェックは必要です。
コンサル業界未経験でも内定を得られる?
はい、未経験でも募集している求人はあります。もちろん経験者の方が有利にはなりますが、未経験の方でもキャリアアドバイザーが内定獲得へ尽力してくれますので可能性は十分にあるでしょう。

まとめ

この記事では、コンサル業界に強いおすすめ転職エージェントや、転職エージェントの選び方について解説しました。

各転職エージェントで特徴は異なるため、登録先を決める際は「いかに業界内部の情報を保有しているか」「業界経験のあるアドバイザーが在籍しているか」を重視しましょう。

また、コンサル業界ならではの書類の書き方や面接傾向なども知っていると、より内定獲得への道が開けます。

今回解説した内容を参考に、転職エージェントを活用してコンサル業界への転職を目指してみてはいかがでしょうか。

こちらの記事も合わせて読みたい
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事