転職したい人がすべき行動は?スキルがない人向けのポイントも解説

転職したい人がすべき行動は?スキルがない人向けのポイントも解説

「転職をしたいけれどスキルがない」「自分が何をしたいか分からない」と悩んでいる人は多いのではないでしょうか。

確かに、「スキルがなければ転職できないのでは?」と不安になってしまうかもしれません。

そこで今回は、転職したいときにやるべき行動や、スキルがなくても成功するためのポイントなどを解説します。

この記事でわかること
  • 転職したいときに取るべき行動
  • スキルがなくても転職を成功させるためのポイント
  • 転職をした方が良い人・しない方が良い人の特徴

おすすめの転職エージェントも紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

転職したい時にやるべき3つの行動

転職したい時にやるべき3つの行動

転職をしたいときに求人を探すことは当然ですが、それ以外にどういった行動をすれば良いかわからないという人は少なくないでしょう。

何度も転職活動をしている人は別ですが、人生において多く体験しないことなだけに押さえるべき点を把握することは重要です。

多くのライバルに遅れを取らないよう、いざ転職をするとなった際にやるべきことを紹介します。

やるべき行動
  1. 自分の経験を洗い出す
  2. 資格を取得する・スキルを磨く
  3. 転職エージェントを利用する

①自分の経験を洗い出す

転職したい時にやるべき3つの行動

転職をするにあたり、重要なことは企業にとって魅力的な人材であると認識してもらうことです。

 自分にはどういったスキルがあり、過去にどのような経験があるかを洗い出すことで進むべき道が開ける可能性があります。

業界によって求められるスキルや経験は異なります。よって、自分が進みたい道でどんな能力が必要か、それに伴うものを有しているかを分析する必要があります。

自己分析をすることが重要となるため、転職活動をする際は事前にピックアップしておきましょう。

自己分析をする際の基本的な流れは下記です。

自己分析の主な流れ
  1. これまでの仕事内容を書きだす
  2. 前職で培った経験や取り扱っていた商品やサービスなどを思いつく限り出す
  3. 過去の経験から得たスキルを書きだす
  4. 実績を書きだす

得意・不得意を洗い出すなど、些細なことでも良いので自分を見つめ直す意味でも可能限り出していきましょう。

②資格を取得する・スキルを磨く

転職したい時にやるべき3つの行動

転職をするにあたって、魅力的な人材と捉えてもらうためには資格取得やスキルを磨くことが重要です。

例えば、取得することで転職活動が有利になる資格について業種別に見ていきましょう。

職種 有利になる資格
営業
  • マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)
  • TOEIC
  • 営業士
金融
  • ファイナンシャルプランナー
  • ビジネス会計検定試験
経理
  • 日商簿記検定
  • 給与計算検定
IT
  • MCP
  • Microsoft系認定資格
  • シスコ認定技術者資格
建築・住宅
  • 電気主任技術者
  • 不動産鑑定士

あくまで一例にしか過ぎませんが、資格があると企業からすると即戦力になり得る人材なため、内定を勝ち取れるチャンスは広がります。

③転職エージェントを利用する

転職したい時にやるべき3つの行動

転職活動をするにあたり、転職エージェントに登録してプロの力を借りることは有効な手段です。転職エージェントは各業界に精通したキャリアアドバイザーが在籍しています。

 多くの転職エージェントは無料でサービスを利用できます。

転職エージェントで受けられる、主なサポート内容を見ていきましょう。

主なサポート内容
  • 求人の紹介
  • 非公開・独占求人の紹介
  • 面接対策
  • 書類の添削
  • 企業からのオファー

自分一人よりも充実した転職活動を送れることから、ぜひ登録してみてください。

プロ目線で転職活動をサポートしてくれるため、より理想的な企業・求人への転職成功を勝ち取れる可能性が高まります。

したいこと・スキルがない人のための転職成功のポイント

転職成功のポイント(したいこと・スキルがない人向け)

転職はしたいという想いはあるが、「したいことがない」あるいは「スキルがない」といった悩みを抱えている人は少なくありません。

では、どのように転職活動の方向性を定めていけば良いのでしょうか。ここからは、したいこと・スキルがない人が転職活動に成功するための方法を紹介します。

転職成功のポイント
  1. 就きたくない仕事は何かを整理する
  2. 自分が好きなことは何かを考える
  3. 過去に良い評価を得た仕事をピックアップする
  4. 適職診断を実施する

①就きたくない仕事は何かを整理する

女性

したいことがない人は、逆の発想でしたくない仕事をピックアップしてみましょう。

したくないことを洗い出すことで、それ以外の仕事を探すことができ、選択肢が広がります。

したくないことのピックアップ方法は、自分はどういった仕事が苦手なのか、過去の経験からなるべく避けたい職種は何かなどを書き出してみるのがおすすめです。

②自分が好きなことは何かを考える

女性

したいことがない、あるいはわからないとき、またはスキルがないときは自分が好きなことをイメージしてみましょう。すると、自然と進むべき道が見えてくる場合があります。

好きな作業など大きなくくりでも構いません。

過去の経験から、例えば思っていたよりも長く続いた仕事をピックアップする方法もあります。

③過去に良い評価を得た仕事をピックアップする

パソコン

今まで経験してきた仕事の中で、会社や上司、あるいは同僚などから良い評価を得ていたものは「自分の得意分野」だと判断しても良いでしょう。

したいことがない場合は、得意分野への転職を検討してみてはいかがでしょうか。

良い評価を得ることはモチベーションアップにも繋がるため、いざ転職をしても長く続けられる可能性があります。

④適職診断を実施する

転職成功のポイント(したいこと・スキルがない人向け)

したいこと・スキルがない場合は、WEB上で受けられる適職診断を試してみる方法もおすすめです。

適職診断とはその名の通り、自分にはどういった仕事が向いているかを診断してくれるサービスとなります。

各適職診断サービスにより方法は異なりますが、多くの場合は複数の質問がありそれに答えていくだけの簡単なものです。早ければ数分で完了するため、ぜひ実施してみてはいかがでしょうか。

転職したい理由を考えてみることが大事

転職したい「理由」を考えてみることが大事

転職をしたいと考えたきっかけは何か、その理由が重要です。多くの人が転職を考える理由を見ていきましょう。

転職したいと考える理由
  • 仕事が楽しくない
  • 職場環境が悪い
  • 給料が低く金銭面的に厳しい
  • 人間関係が良くない

転職を考える上で重要なのは、充実した日々を送ることです。ほとんどの人は、現状に何か不満があるからこそ転職を考えるのではないでしょうか。

つまり、転職を考えることは自分の人生をより彩るためと言えるでしょう。

転職活動をしたことがない、どう進めていいか分からない時は、転職のプロであるキャリアアドバイザーが在籍する転職エージェントを利用するのもおすすめです。

キャリアアドバイザーによっては企業の採用担当とパイプがあり、求職者をプッシュしてくれる場合もあるため、ぜひご活用ください。

転職したい人が知っておくべき注意点

スーツ

転職活動をするにあたって、知っておくべき注意点を紹介します。

転職における注意点
  1. 在職中に転職活動をする
  2. 職場の同僚や上司にはなるべく伝えない
  3. 気になる企業や求人についてはしっかりとリサーチする

①在職中に転職活動をする

男性

転職活動をする際は、今の仕事と並行して進めるようにしましょう。

実際に転職活動をして他の企業を知るうちに、今の職場は良い環境であると再認識できるケースもあります。

また、転職活動中に仕事がなければ金銭面の圧迫も懸念されます。すぐに転職先が決まるとは限らないため、給与を確保しておくことは重要です。

②職場の同僚や上司にはなるべく伝えない

男性

在職中に転職活動をしていることが誰かから漏れると、社内で孤立する可能性は否定できません。

転職活動は同僚や上司とは違う方向を向いて働いていると認識され、風当たりがきつくなるリスクがあります。

また、同僚や上司に伝えていると、「今の会社が自分には合っている」と気付いた場合に会社に居づらくなってしまう可能性もあるでしょう。

③気になる企業や求人についてはしっかりとリサーチする

パソコン

気になった企業や求人があった場合、きちんとリサーチすることは極めて重要です。

実際に転職をしてから労働環境が悪いことが分かれば、長続きはしにくいでしょう。

求人に応募をするという行動力は決して悪いことではありません。しかし、思い立ったら即行動という安易な考え方では、転職活動が失敗に終わる場合があることも理解しておく必要があります。

転職をした方が良い人・したいと思ってもしない方が良い人

パソコン

ここからは、転職をした方が良い人・しない方が良い人の特徴について解説します。転職すべきかどうか悩んでいる人は、ぜひ参考にしてみてください。

転職をした方が良い人

転職をした方が良い人の特徴は、以下の通りです。

転職をした方が良い人
  1. 適正な評価を得られないと感じる人
  2. 現職ではキャリアアップができないと感じる人
  3. 現状に満足できない人

①適正な評価を得られないと感じる人

お金

会社に貢献しているにも関わらず昇給・昇格を期待できない場合など、適正に評価されていないと感じる人は転職を検討してみるのもおすすめです。

現職での実績を生かして、キャリアアップも目指せるかもしれません。

自分の給与や待遇などを洗い出し、他社ではどのくらいの収入を見込めるのかリサーチしてみると良いでしょう。

②現職ではキャリアアップができないと感じる人

仕事

キャリアアップの意欲があるものの、社内制度や会社の業績により今後の昇進が期待できない場合も、転職を考えるチャンスかもしれません。

自分がどのようにステップアップしていきたいのかを、今一度考えてみてください。

キャリアアップの実現のために不足しているスキルや資格があれば、転職活動と並行して取得しておくと面接時の自己PRにも役立ちます。

③現状に満足できない人

パソコン

「今の仕事では物足りない」「もっと新しいことにチャレンジしたい」など、現状に満足していない人も転職がおすすめです。

仕事に対するやる気や熱意は、面接時に評価されやすいポイントでもあります。

現状に満足できない場合は、どんなことに挑戦したいのかを具体的に整理しておくと転職活動の際にもスムーズに求人が見つかるでしょう。

転職をしない方が良い人

ここからは、転職をおすすめできない人の特徴について見ていきましょう。

転職をしない方が良い人
  1. 職場環境に恵まれている人
  2. 今の仕事でまだ実績を残せていない人

①職場環境に恵まれている人

転職をした方が良い人・しない方が良い人

職場環境に恵まれている場合は、わざわざ転職する必要はありません。もちろん今よりもさらに良い環境の職場もあるでしょう。

しかし、環境が悪くなる可能性がある以上、不用意に行動に移すことはリスクと言えます。

表向きはクリーンな環境をアピールする企業でも、入ってみると残業が多く人間関係も難しいといった危険性があります。

よって、現状に不満をあまり感じていない場合は、転職する必要性はないといえるでしょう。

②今の仕事でまだ実績を残せていない人

転職をした方が良い人・しない方が良い人

今の仕事で十分な実績がない場合は、他に転職してやりがいを求めたいと考えてしまうでしょう。しかし、実績を一つでも残すと、今の仕事にやりがいを感じて楽しくなるかもしれません。

自分に今の仕事が向いている・向いていないを判断する際に、実績の有無は非常に重要なのです。

年収を上げる裏技をチェック!

年収を上げる裏技は、転職エージェントに利用することです。「リクルートエージェント」は完全無料で利用可能な転職エージェントです。利用者の6割以上が年収アップを達成しています。

※https://www.r-agent.com/service/data/

 キャリアアドバイザーは企業に年収交渉を行ってくれます。自分の希望を内定が出る前にキャリアアドバイザーに伝えておきましょう。希望を踏まえてアドバイザーが求人を提案してくれます。

リクルートエージェントは非公開求人の多さも魅力です。非公開求人は一般的に公開すると応募が殺到してしまう好条件の求人である場合が多いです。

約10万件の非公開求人の中から希望の年収にあった求人を紹介してくれます。選考対策も手厚いので、内定獲得の可能性も広がるでしょう!
リクルートエージェント
おすすめポイント
  • 公開求人数・非公開求人数ともに業界最大級
  • 様々な職種・業種を取り扱っているので、希望の転職先に出会える可能性が高い!
  • 求職者の年収相場などを提示してくれるキャリア査定サービスを利用できる!
  • 完全無料

おすすめの転職エージェント3選

リクルートエージェント

リクルートエージェント

おすすめポイント
  • 業界に精通したキャリアアドバイザーが在籍している
  • 相談だけでも利用可能
  • 求人紹介だけでなく面接対策や書類添削も実施

業界最大級の非公開求人を保有していることから、登録すると新たな仕事に出会える可能性があります。

各業界に精通したアドバイザーが在籍しており、求職者の希望やスキルに沿って求人を厳選して紹介してくれます。

また、書類の添削や面接対策など、内定を獲得するために尽力してくれることから、自分一人では成し得られない充実した転職活動を送れるでしょう。

求人数※2021年6月22日時点 116,165件
サービス内容
  • 求人紹介
  • キャリアアドバイザーのサポート
  • 非公開求人の提供
  • 面談の実施
  • 面接対策
  • 志望企業への推薦
運営会社 株式会社リクルート

出典:https://www.r-agent.com/ ※公式サイト

doda

doda

おすすめポイント
  • 毎週新着求人が多数公開される
  • 企業からスカウトを受けられる
  • 転職オンライン予備校を毎月開催

dodaでは毎週月曜日と木曜日に新着求人が多数アップされるため、新たな仕事と出会える可能性が期待できます。

1万求人近くアップされることもあるため、マメにチェックしておきましょう。

また、企業から興味を持った求職者にオファーを出せるスカウト機能も用意しており、スカウトされると書類選考が免除される場合もあります。

毎月「転職オンライン予備校」というセミナーも実施しているため、情報収集には最適な転職エージェントと言えるでしょう。

求人数※2021年6月22日時点 85,786件
サービス内容
  • 非公開求人の紹介
  • 専門スタッフによるプロ目線での求人紹介
  • 面接のスケジュール調整
  • 書類・面接手続きのサポート
  • スカウトサービス
運営会社 パーソルキャリア株式会社

出典:https://doda.jp/

ビズリーチ

ビズリーチ

おすすめポイント
  • 年収1,000万円以上の求人が3分の1以上ある
  • 優秀なヘッドハンターに相談できる
  • 最大限サービスを活用できる有料プランも提供

年収1,000万円以上となる求人を多く取り扱っており、今よりも収入アップを狙いたい人におすすめの転職エージェントです。

ヘッドハンターや企業が職務経歴書を見てスカウトを送ってくるため、自分の市場価値を知れる機会にもなります。

ヘッドハンターに相談をして、プロなりの意見を聞くことも可能ですよ。

また、有料プランを利用するとすべてのスカウトの閲覧・応募ができるため、より充実した転職活動を送れるでしょう。

求人数※2021年6月22日時点 58,168件
サービス内容
  • 企業からのスカウト
  • 職務経歴書の書き方アドバイス
運営会社 株式会社ビズリーチ

出典:https://www.bizreach.jp/ ※公式サイト

【よくある質問】何がしたいか分からない時はどうする?

おすすめの転職エージェントは?
豊富な求人を扱うリクルートエージェントがおすすめです。業界に精通したキャリアアドバイザーが求人紹介から書類の添削・面接対策までしっかりとサポートしてくれるため、安心して転職活動を進められるでしょう。
転職したいときは、どういった考えが必要?
なぜ転職をしたいかを考えてみましょう。人それぞれ理由はありますが、やはり今の仕事にやりがいがない、職場環境に恵まれているが悪いなどは転職を検討するきっかけになります。
転職で何がしたいか分からない時はどうする?
プロである転職エージェントに相談してみることをおすすめします。転職エージェントへの相談は無料となるため、まずは登録して話を聞いてもらってはいかがでしょうか。
転職したい人が知っておくべき注意点は?
在職中に転職活動を始めることです。仮に転職活動中に今の仕事を辞めると、まだ働きたいと思っても後戻りできません。また、すぐに働く先が決まるとは限らないため、転職活動中に金銭面で苦労しないことも意識しましょう。
転職をおすすめできない人の特徴とは?
今の職場環境に恵まれている人は、向上心を持って上を目指したいという強い意志がある場合を除いて、わざわざ転職をする必要はないでしょう。
転職したいときは何をするべき?
今までの経験やスキルを洗い出してみましょう。そうすることで、向いている業界を割り出せる場合があります。また、新たな業界に挑戦する場合はスキルを磨いたり資格を取得したりと、優秀な人材であるとアピールできる要素を持つことが重要です。
未経験の業界でも転職はできる?
もちろん可能です。未経験ということから経験者よりは不利となる可能性は否定できないため、なるべく即戦力となれるよう知識やスキル、資格を有しておくと良いでしょう。

まとめ

この記事では、転職したいときにやるべき行動や、スキルがない人が転職成功を目指すためのポイントなどを解説しました。

まずは自己分析をして、転職する上で自分には何が必要かを洗い出してみましょう。また、必要な能力が見えてきたら資格取得や身に付けるために勉強することも重要です。

なお、スキルがない場合は過去に良い評価を得た仕事をピックアップしてみましょう。評価を受けた仕事は得意分野だと判断できるため、転職先でも活躍できる可能性があります。

一人で転職活動を進めるのが不安なら、転職エージェントの利用もおすすめです。相談だけの利用も可能なため、少しでも転職を意識し始めた場合はぜひ活用してみましょう。

こちらの記事も合わせて読みたい
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事