女性向け転職サイトランキング!面接での服装や適職診断など紹介

女性向け転職サイトランキング!面接での服装や適職診断など紹介

女性は結婚や出産などライフワークバランスを考えながら仕事をしなければなりません。転職を考えている女性の中には、子育てに協力的な企業を探している方もいるでしょう。

女性の転職活動は、20代・30代・40代の年代によって方法や悩みなどが異なります。

そのため、年齢に応じて適切な転職サイトを選ぶことが大切です。

女性が正社員を目指すのは厳しいのではと不安になりがちでが、女性でも正社員として長く働ける職場はあります。そこで、今回は女性の転職に関する以下の項目をご紹介します。

この記事でわかること
  • 女性におすすめの転職サイト
  • 転職サイトランキング
  • 職種の選び方
  • 適職診断について
  • 面接での服装やメイク
  • 女性に人気の転職先

女性で転職を考えている方はぜひ参考にしてみてくださいね!

女性におすすめの転職サイト5選

女性の転職におすすめできる転職サイトを厳選して5紹介します。女性向けのサポートやこだわり条件検索など、利用しやすいサービスが豊富です。

パソナキャリア(女性)

パソナキャリア(女性)は、女性の活躍支援に特化したサービスを提供する「女性活躍推進コンサルティングチーム」を開設しています。

希望するキャリアや条件に合わせて柔軟な支援を受けられ、結婚・出産・育児など、女性特有の悩みを相談しやすい環境が整っています。

働く女性支援のサポートセミナーも無料で定期的に開催されているので、積極的に活用しましょう。
運営会社 株式会社パソナ
公開求人数※2021年4月17日時点 32,064件
得意分野・特徴
  • 年齢別転職ノウハウ
  • ファッションと仕事の時短術セミナー
  • えるぼし認定企業特集
機能
  • 求人検索
  • エージェントサービス
  • スカウト
  • キャリアカウンセリング

※出典:公式サイト(https://www.pasonacareer.jp/woman/)

エン転職WOMAN

エン転職WOMAN

エン転職WOMANは、エン転職の姉妹サイトです。女性採用を積極的に行う企業を取り揃えています。

「出産・育児支援制度あり」「時短勤務OK」などのこだわり条件検索機能があります。

転職についての疑問に答える転職Q&Aでは、基礎知識から転職活動についての悩みまで、幅広く取り扱っていいます。初めての転職活動でも安心して活用できるでしょう。

運営会社 エン・ジャパン株式会社
公開求人数※2021年4月17日時点 2,266件
得意分野・特徴
  • 働く日本の女性を元気にするブログ
  • 女性向けの検索条件
機能
  • 転職Q&A
  • 転職ノウハウ

※出典:公式サイト(https://employment.en-japan.com/woman/)

マイナビ転職「女性のおしごと」

マイナビ転職「女性のおしごと」

マイナビ転職「女性のおしごと」は、オンキャリ系とオフキャリ系に分かれた女性人気キーワードで求人が探せます。

30代の女性が活躍している企業もピックアップして紹介しているので、結婚・出産を見据えた転職ができます。

面接時の髪型・ネイルなどの身だしなみ講座やメイク動画など、女性の転職に役立つノウハウが豊富に紹介されています。
運営会社 株式会社マイナビ
公開求人数※2021年4月17日時点 45,950件
得意分野・特徴
  • 初めての女性の転職ノウハウ
  • 女性の転職お役立ちコンテンツ
  • 女性のための転職Q&A
機能
  • エージェントサービス
  • 履歴書添削サービス
  • 面接対策
  • サポート期間は無期限

※出典:公式サイト(https://tenshoku.mynavi.jp/woman/)

type女性の転職サイト

女の転職type

type女性の転職サイトは、女性の転職サイト総合満足度No.1※1を誇るサイトです。人気のある求人を業種別にランキングで見ることができます。

「正社員で長く働きたい女性のための転職サイト」をうたっており、女性が安心して働ける環境の企業を厳選して紹介しています。

未経験歓迎や土日休みなどの条件はもちろん、「育児との両立OK」や「女性管理職有」など、女性ならではのこだわり条件検索機能が便利です。

※1 2021年1月(株)市場開発研究所調査、1都3県、22-39歳、女性、勤め人を対象。(求人まとめサイト、有効回答数50未満のサイトは対象外)

運営会社 株式会社キャリアデザインセンター
公開求人数※2021年4月17日時点 1,633件
得意分野・特徴 第二新卒OKなどの20種類の条件で検索可能
機能
  • 職務経歴書の書き方講座
  • 自己PRの書き方講座
  • 女の転職“実例”カタログ

※出典:公式サイト(https://woman-type.jp/)

とらばーゆ

とらばーゆ

とらばーゆは、経験を活かしたい方からキャリアチェンジ、子育てブランクがある方など、幅広い女性の転職をサポートするサイトです。

全国各地の女性に人気の職種・希望条件・仕事内容から検索ができます。検索項目が多いため、自分にマッチした求人を見つけやすいでしょう。

職種ごとの転職トレンドや転職占いなど、他のサイトにはない面白いコンテンツも魅力です。
運営会社 株式会社リクルートジョブズ
公開求人数※2021年4月17日時点 2,581件
得意分野・特徴
  • 転職占い
  • U29プロジェクト
  • 働く女性のトレンドリポート
機能
  • 新着求人情報メール
  • お仕事相性診断
  • 転職ノウハウ

2021年4月17日時点 ※出典:公式サイト(https://toranet.jp/t/r/T100010s.jsp)

女性におすすめの転職サイトランキングTOP3

ここからは、本記事で紹介した女性におすすめの転職サイトの中から求人数が多い順にTOP3を紹介します。幅広い業種で求人検索を行いたい方は、ぜひ参考になさってください。

※2021年4月17日時点の情報なので、最新の情報とは異なる可能性があります。

1位:マイナビ転職「女性のおしごと」(求人数:45,950件)

マイナビ転職「女性のおしごと」

独自の特徴
  • 初めての女性の転職ノウハウ
  • 女性の転職お役立ちコンテンツ
  • 女性のための転職Q&A
  • 身だしなみ講座やメイク動画

2位:パソナキャリア(女性)(求人数:32,064件)

パソナキャリア

独自の特徴
  • 年齢別転職ノウハウ
  • ファッションと仕事の時短術セミナー
  • えるぼし認定企業特集
  • 働く女性支援のサポートセミナー

3位:とらばーゆ(求人数:2,581件)

とらばーゆ

独自の特徴
  • 転職占い
  • U29プロジェクト
  • 働く女性のトレンドリポート
  • 毎週2回求人情報が更新

【20代・30代・40代の女性別】職種の選び方は?

女性は年代によっても仕事の選び方が異なります。ここからは、年代別に職種の選び方を紹介します。自分の年齢と照らし合わせて、自分に合った職種を選択しましょう。

20代女性の職種の選び方

20代女性の職種の選び方

20代女性の強み
  • 若さとやる気で企業にアピールできる
  • 未経験でも転職しやすい
  • 吸収スピードが早い

20代のうちは実務経験や資格がなくても若さやる気でアピールできる年代です。

 企業は長期で働ける人材をじっくり育てることを考えているので、未経験でも転職しやすいでしょう。

また、20代ならではの柔軟さ吸収力の高さもプラスに評価されやすいです。

事務系の仕事が人気ですが、給料の良さを求めるなら営業職もおすすめです。

30代女性の職種の選び方

30代女性の職種の選び方

30代女性の強み
  • スキルや資格が活かせる
  • 即戦力になれば年収アップも期待できる
  • 社会人としてのマナーが身についており、仕事を1から教える必要がない

30代になると、即戦力になるかを求められます。20代と違い、これまでのスキル資格が役に立つでしょう。

 全く分野の違う職種よりも、少しでも前職の経験が活かせる職種がおすすめです。

例えば、営業の経験がある方は営業事務に転職するなど、関連のある職種がスムーズです。

社会人としてのマナーも身についており、人材育成の手間がかからないのも大きなメリットです。

40代女性の職種の選び方

40代女性の職種の選び方

40代女性の強み
  • 人生経験・社会経験が豊富
  • 状況に応じて臨機応変に対応できる
  • 子育てが落ち着いて自由がききやすい

子育てが終わるまで専業主婦であった方やパートで働いていた方は、正社員を目指すことに後ろ向きになっている方もいるでしょう。

 40代で正社員になることは決して難しいことではありません。

20代や30代に比べると社会経験や人生経験がある40代は、コミュニケーション能力経験値の高さを評価してもらえます。

資格がない方は、自分のどのような点が強みとしてアピールできるのか考えてみましょう。

転職の面接で女性の服装は?

転職の面接では、スーツの着用が基本です。服装に指定が無かった場合でも、スーツスタイルであれば無難でしょう。派手な格好やラフなスタイルで行くと、企業に良い印象を持ってもらえません。

スーツが無い方は無地のジャケットとスカートなど、常識のある範囲の服装を心がけましょう。

スーツの色や柄は?

スーツの色や柄

スールの色味は、黒、紺、グレー、ベージュなどがあります。顔映りの良いものを選ぶことがおすすめです。柄に関しては、どの色味であっても無地もしくはそれに近いものを選びましょう。

細かいチェック柄であれば問題ありませんが、ストライプやチェックなどの派手なものは避けましょう。

スカートは長さに注意!

スカートの長さは、立っている時にひざが隠れる程度が理想です。面接前には鏡でしっかりと確認しておきましょう。

 スカートの長さは、短くても長くても、だらしない印象を与えてしまいます。

また、優しい雰囲気を出すなら、Aラインスカートもおすすめです。逆に、タイトなものはできるだけ避けた方が良いでしょう。

営業職などで活発な印象を与えるなら、パンツスーツもおすすめです。

髪型やメイクは?

髪型やメイク

髪型やメイクであっても、清潔感があることが大切です。髪は暗めの色で、長髪の方はまとめておきましょう。

 メイクは、明るい表情を作るための最低限のものにとどめておくことが大切です。

まつげエクステつけまつげは派手な印象を与えてしまう可能性があるため、あまりおすすめできません。また、コンタクトは色なしのものを選びましょう。

適職診断とは?適職診断導入のサイトはどこ?

やりたい仕事が見つからない、自分に向いている仕事や職種が何か分からないという方もいるでしょう。

 自分がどの職業に向いているか迷ったときには、転職サイトの適職診断がおすすめです。

登録は不要、簡単な質問に答えるだけで、無料で適職診断をしてもらえます。

自分では発見できなかった特徴や、向いている仕事を見つけられるかもしれませんよ。

とらばーゆ:お仕事相性診断

スクショ

9つの質問に答えるだけで、適職キーワードが現れ、おすすめな職種を紹介してもらえます。基本の性格についても分析してもらえるので、心理テスト感覚で手軽に利用できます。

type女性の転職サイト:いい仕事ミイつけよう診断

スクショ

11の質問に答えるだけで、適職を診断してもらうことができます。経験職種から活かせるスキルを見出してくれるので、違う業種に挑戦したい方は参考になるでしょう。

女性が正社員を目指すのは厳しい?

結婚・出産・子育てなど、女性はライフステージが変わるに伴って働き方も変化します。子育て期間中は仕事を休む方もいるでしょう。

女性が正社員を目指すのは世間的になるのが難しいと言われていますが、果たして本当なのでしょうか。女性の正社員率などを参考に現状をチェックしていきましょう。

女性の正社員率は?

女性の正社員率は?

総務省が2021年に発表した「労働力調査※1」によれば、女性の正規雇用の比率は、働く女性全体の46.5%となっており、半数以下です。※1出典:総務省「労働力調査」(https://www.stat.go.jp/data/roudou/sokuhou/tsuki/pdf/gaiyou.pdf)

それに対して男性は、78.2%が正規雇用労働者なので、女性が正社員として働くのは、男性と比べると難しいと言えます。

ですが、最近では女性の働き方に理解のある企業も増えてきているので、以前よりは正社員として働くのも難しく無くなってきています。

女性は出産や育児で一度仕事を辞めるざるを得ないケースもあります。

女性の労働率を年齢で見ると、30代前後で一度労働率が下がります。これは「M字カーブ」と言い表されており、政府も対策に乗り出しています。※2

※2出典:男女共同参画局(https://www.gender.go.jp/about_danjo/whitepaper/h25/zentai/html/honpen/b1_s00_02.html)

M字カーブとは?

女性の就業率を見る上でよく用いられるのがM字カーブ曲線です。

年齢別に女性労働率をグラフで見ると、20代後半から30代前半で下がり、アルファベットのM字を描くようなグラフになるため、M字カーブと呼ばれています。

M字になる理由としては、結婚・出産を機に仕事を休み、子育てが落ち着いた頃に復職する女性が多いことが挙げられます。

しかし、最近では共働き世帯も多くなり、離職しない女性が増えているため、以前に比べるとM字のくぼみは浅くなってきました。

女性が正社員を目指すなら正社員求人率の高い転職サイトがおすすめ

転職サイトがおすすめ

女性が正社員を目指すなら、正社員の求人率が高いサイトを利用することがおすすめです。そのメリットとしては、単に正社員の求人数が多いだけではありません。

 専門スタッフも今まで数々の女性を正社員登用に導いた経験と実績があるため、より具体的なアドバイスを受けることができます。

転職サイトによっては、以下のように正社員求人率を掲載しているものもあります。

例えば、type女性の転職サイトは正社員求人が約80%以上と公式ページで紹介しています。

正社員求人が多ければ選択肢も広がります。さまざまな条件から、自分に合った職場を見つけられるでしょう。

女性は転職サイトと転職エージェントどっちがおすすめ?

どっちがおすすめ?

転職時に便利な転職サイトと転職エージェントですが、どちらが良いのでしょうか。それぞれの特徴から、自分に合ったものを選ぶことが大切です。

転職サイト
  • サイトに掲載された求人を見て、自分で転職活動を行う
  • 登録すればスカウトを受けられることがある
  • 転職ノウハウなどのコンテンツが見れる
  • 履歴書添削サービスが利用できる
転職エージェント
  • 専門のアドバイザーと面談すれば希望に合った求人を紹介してもらえる
  • 言いづらい給与交渉などを代行してくれる
  • 面接練習などを無料で受けられる

転職サイトはエージェントを介さずに自分で転職活動を行う必要があるため、転職活動に慣れている方や自分のペースで動きたい方におすすめです。

一方、転職エージェントは、応募から内定に至るまで専門のアドバイザーのサポートが受けられます。転職に慣れていない人にも安心です。

どちらが向いているかは状況によっても異なりますが、どちらも気になる人は両方に登録しても良いでしょう。

両方を利用しながら、比較してどちらをメインにするか選ぶのも良い手段ですよ。

女性の転職先として人気の職業は?

ここでは、女性の転職先として人気の職業をご紹介します。転職先を悩んでいる方は参考にしてください。

女性の転職先として人気の職業
  • 営業職
  • 事務職
  • マーケティング
  • 公務員
  • コンサルタント

ひとつずつ、みていきましょう。

営業職

女性の人気の転職先として、「営業職」が挙げられます。営業職が人気なの?と思われる方は多いかもしれません。

 人気の理由としては、「どこでもやっていけるスキルが身につく」「男女格差が少ない」などです。確かに、営業職はどの会社にも必ず存在する部署であり、「結果が全て」と捉える企業が多いです。

そのため、営業職のスキルを身につけておけば、今後の転職にも困ることはありません。キャリアアップを目指したい方に人気なのが営業職なのです。

バリバリ働きたい、どこでも活躍できるスキルを身につけたい方は営業職を目指すと良いでしょう。

事務職

「事務職」も人気があります。なぜなら、事務職はワークライフバランスが優れた職種だからです。結婚している女性や子供がいる女性は、家事や育児で毎日が忙しくなります。

そのような方に、事務職はちょうどよい業務量なのです。また、どこの会社にも事務職はあるので、安定している職業とも言えるでしょう。

事務職はプライベートを充実させたい方に、おすすめの職業です。

マーケティング

「マーケティング」も人気のある職種です。世の中を見渡すと女性向けの商品が溢れていませんか?

マーケティングは会社経営の重要な要素であるとともに、女性ならではの思考が求められます。そのため、女性が活躍している場合が多いです。

どんな商品を誰にどのような価格でいつ売り出すかなどクリエイティブな要素が求められるため、やりがいを感じやすい職種でもあります。

 マーケティング部門では積極的に女性を採用している企業が多いです。

公務員

「公務員」も女性に人気の職業です。人気の理由としては、福利厚生の良さにあります。公務員は安定していることはもちろんのこと、育児休暇の取得もしやすいです。

しかしながら、公務員試験に合格しなければいけないため、公務員への転職難易度は民間企業に比べれば高いと言えます。

公務員は仕事と家庭を両立させたい方にはピッタリの職業です。

コンサルタント

「コンサルタント」はキャリア志向の強い女性から人気の職業です。コンサルタントは営業職と同じように、結果が求められます。そのため、男女の格差が関係なく、やりがいを感じやすい職業です。

とはいえ、未経験歓迎の求人は少ないので、転職難易度が高いと言えるでしょう。

 人気のある職業にはそれなりの理由があります。なりたい職業が見つからない方は、今回紹介した職業への転職をご検討ください。

子持ちの女性が転職を成功させるコツは?

女性にとって子供が生まれると、ライフステージが変わり、その影響は仕事にも及びます。子供がいると、仕事に100%注ぐことはできません。

とはいえ、育児と仕事の両立のため、転職を考えている方もいることでしょう。ここでは、子持ちの女性が転職を成功させるコツをご紹介します。

子持ち女性が転職を成功させるコツ
  • 経験が活かせる職場を探す
  • 想定される子供関連の質問はしっかりと用意しておく
  • できるだけ自宅から近い職場を選ぶ

それぞれ、解説しますね。

経験が活かせる職場を探す

経験が活かせる職場を探しましょう。なぜなら、未経験分野に転職すると仕事と育児に消耗してしまうからです。

 子育てしながら仕事をするとなると、勤務時間や業務内容に制限がかかります。そんな中で、未経験の業務となると、精神的負担が大きいです。

経験が活かせる仕事であれば、慣れていることもあり、大きな労力は必要ありません。精神的にも時間的にも余裕を持って、仕事に取り組めます。

経験した職業であれば、成果も出しやすいですよ。

想定される子供関連の質問はしっかりと用意しておく 

ワーママの転職であれば、想定される子供関連の質問はしっかりと用意しておきましょう。なぜなら、面接時に必ずこの手の質問がされるからです。

企業は子育てで業務に支障が出るのを嫌います。「子供が小さいようですが、仕事に支障はありませんか?」と質問することでしょう。

このような質問には、以下のポイントを押さえて回答してください。

ポイント
  • 子供を保育園に預けているとともに、夫や家族がサポートしてくれるから仕事に支障はない

  • 急な休みをお願いすることもあるが、家族のサポートがあるため、最小限に留める

子供関連の質問には、できるだけポジティブな理由を用意しておきましょう。

できるだけ自宅から近い職場を選ぶ

転職後に長く仕事を続けたければ、できるだけ自宅から近い職場を選びましょう。通勤時間が短い方が、消耗を防げますし、子供に何かあった際はすぐに駆けつけることができます。

ワーママの片道通勤時間は59分という調査結果があります。よって、片道59分以下の通勤時間であれば、許容範囲と言えるでしょう。

とはいえ、ワーママにとってはできるだけ自宅からは近い職場の方がストレスを感じにくいと思います。

 転職できたとしても、子育てとの両立が難しく、辞めてしまっては意味がありません。できるだけ長く働くためには、負荷をかけすぎない程度に働くことが大事です。

女性の転職でありがちな失敗とその対処法

ここでは、女性の転職でありがちな失敗とその対処法について紹介します。

女性の転職にありがちな失敗4選

まずは、女性の転職にありがちな失敗を4つ選びました。

女性の転職にありがちな失敗4選
  • 情報収集が少ない
  • 仕事の内容で転職してしまう
  • 結婚と同じタイミングで転職してしまう
  • 途中で諦めてしまう

それぞれ、見ていきましょう。

情報収集が少ない

    情報の収集が少ないと出会える求人も減ってしまうので、失敗するリスクを上げてしまいます。

    仕事の内容で転職してしまう

      やりたい仕事かどうかは重要なポイントですが、それだけで転職先を選ぶのは危険です。やりたい仕事だとしても、休日出勤や残業が当たり前だと嫌になる可能性があります。

      結婚と同じタイミングで転職してしまう

        結婚と同じタイミングで転職するのはおすすめしません。企業側としては、すぐに産休を取られるのではないかと勘ぐられてしまいます

        途中で諦めてしまう

        不採用ばかり続くと「もう無理かも」と挫折してしまいがちです。途中で諦めてしまうと年齢も重ねてしまい、転職が不利になります。

        転職活動に挫折しそうなときは、なぜ転職をしたいのかを自問自答してみるとよいでしょう。

        女性の転職でありがちな失敗への対処法

        次に、女性の転職でありがちな失敗への対処法を紹介します。

        女性の転職にありがちな失敗への対処法
        • 広く情報収集をする
        • 仕事の内容だけでなく、年収や福利厚生も確認する
        • 結婚を考えているなら、結婚の1年前に転職する
        • 全体のスケジュールを把握し、計画的に転職をする

        それぞれ、解説しますね。

        広く情報収集する

        転職は情報収集が大切です。一つのサイトだけなく、複数の転職サイトやエージェントに登録して広く情報収集をしましょう。

        複数のサービスに登録することで、出会える求人の数も増えます。

        仕事の内容だけでなく、年収や福利厚生も確認する

        仕事内容だけで選ぶのではなく、年収や福利厚生もしっかり確認しておくことをおすすめします。

          結婚を考えているなら、結婚の1年前に転職する

          結婚を考えているなら、結婚する1年前を目処に転職しましょう。女性はどうしてもライフイベントの変化の影響を受けやすいです。福利厚生が整っていない会社への転職は難しいと思います。

          全体のスケジュールを把握し、計画的に転職をする

          転職活動を始める前に、全体のスケジュールを確認しましょう。そして、「いつまでに転職するのか」を定めて、計画的に転職活動をすることが大事です。

          目標を決めずに、のんびりと転職活動をするのは失敗の元です。

          女性の転職の進め方を解説

          次に、女性の成功しやすい転職の進め方を解説します。

          成功しやすい転職の進め方

          1.転職のスケジュールを把握する

          2.自己分析と業界分析を行う

          3.転職サイトや転職エージェントに登録する

          4.書類作成は丁寧に行う

          5.気になる企業には積極的に応募する

          6.面接は志望度の高い企業から

          それぞれ、解説しますね。

          転職のスケジュールを把握する

          転職活動を始める前に、転職全体のスケジュールを把握しましょう。一般的に転職活動のスケジュールは以下のとおりです。

          転職のスケジュール

          ①自己分析・情報収集(期間1~2ヶ月)

          ②応募・選考(期間1~2ヶ月)

          ③内定・退職(期間1.5~2ヶ月)

          転職活動は最低でも3ヶ月はかかるという認識でスケジュールを組んでいきましょう。

          自己分析と業界分析を行う

          自己分析と業界分析を行うことも大事です。具体的な内容は以下のとおりです。

          自己分析と業界分析で取り組むこと
          • スキルや経験の棚卸し
          • 転職の目的を明確化する
          • 競合他社の情報収集

          など

          特に「転職の目的を明確化する」ことは重要です。ここがぶれてしまうと失敗する可能性が上がります。転職の軸をしっかりと決めてから転職活動に入るようにしましょう。

          転職サイトや転職エージェントに登録する

          情報収集や求人へのアクセスのために、転職サイトや転職エージェントに登録をしましょう。

          転職サイトのメリットは自分のペースで転職活動ができることです。そして、転職エージェントのメリットは企業選びや面接のアドバイスをもらえたり、日程調整を代行してもらえたりします。

          どちらも無料で利用できるので、求人の母数を増やすために両方登録しておくことをおすすめします。

          書類作成は丁寧に行う

          履歴書や職務経歴書の作成は丁寧に行いましょう。というのも、これらは書類選考を通す上で大事な書類です。書きあがったら、第三者に添削してもらい、ブラッシュアップすると良いでしょう。

          また、履歴書に添付する顔写真はプロのカメラマンに撮影してもらうことをおすすめします。プロに撮ってもらったほうが、悪目立ちを防ぎ、好印象を与える仕上がりになります。

          提出前には、書類に誤字脱字がないかを必ずチェックするようにしましょう。

          気になる企業には積極的に応募する

          気になる企業には積極的に応募をしましょう。書類選考の通過連絡は早くて翌日、遅いと1ヶ月以上かかる場合があるからです。

          また、書類選考の通過率は30%程度と言われています。転職は人生の転機ですから、受けられる範囲で様々な会社に応募することをおすすめします。

           10社以上を目安に応募しましょう。

          面接は志望度の高い企業から

          スケジューリングのポイントとして、志望度の高い企業から面接を受けることをおすすめします。第3志望の企業から内定が出ても、「第一志望の選考中だから」と返事を保留することはできません。

          また、志望度低い企業を断ったばかりに、結局どこの企業からも内定がもらえなかったら、元も子もないです。よって、面接は志望度の高い企業から受けることをおすすめします。

          「志望動機」「転職したい理由」「前職での経験・実績」については言語化できるようにしておきましょう。

          よくある質問

          女性におすすめの転職サイトは?
          女性の採用を積極的に行っている企業を多く取り扱うサイトがおすすめです。産休・育休の取得実績などが掲載されているものであれば、より比較しやすいでしょう。女性向けのこだわり条件検索があれば便利です。
          女性におすすめの転職サイトランキングは?
          今回は求人数が多い順で転職サイトを紹介しました。全国各地の求人を保有しているサイトは地方へのUターンを考えている方も利用しやすいメリットがあります。未経験歓の求人が多ければ選択肢は広がるでしょう。
          20代・30代・40代の女性別の職種の選び方は?
          20代は出産を見据えて休暇を取りやすい企業が良いでしょう。30代は育児との両立ができる残業の少ない企業がおすすめです。40代は、子育てブランクがあってもOKな企業が復帰しやすいでしょう。
          転職の面接で女性の服装は?
          基本的にはスーツがおすすめです。スーツがない方は、清潔感のある服装を心がけましょう。髪の毛は暗めの色で長髪の方はまとめておくと明るい印象になります。メイクはナチュラルなものがおすすめです。
          転職サイトの適職診断とは?
          転職サイトによっては、自分に合った職種が診断できる適職診断が用意されています。質問に答えるだけで簡単に答えが出るので利用してみてください。無料で診断できるので職種に迷っている方におすすめです。
          女性が正社員を目指すのは厳しい?
          確かに女性は男性に比べて出産・育児で休暇を取らなければならず、子育てのブランクから正社員に復帰するのは大変でしょう。しかし、最近では共働き世帯も増え、女性の働き方に理解のある企業はあります。
          女性は転職サイトと転職エージェントどっちがおすすめ?
          転職活動に慣れている方や自分のペースで活動したい方は転職サイトがおすすめです。一方、履歴書添削サービスや面接指導などのサポートを受けながら転職活動をしたい方は転職エージェントが良いでしょう。

          まとめ

          女性の転職でおすすめの転職サイトについてランキングで紹介しました。20代・30代・40代でも、職種の選び方は異なります。

           共働き世帯が増えた最近では、女性の働き方に理解のある企業も増えてきました。

          このため、以前よりは女性でも正社員として働けるようになってきています。適職診断などを活用して、自分に合った仕事に転職しましょう。

          また、面接での服装は、スーツ清潔感のある服装がおすすめです。メイクはつけまつげなどはせず、ナチュラルメイクを心がけると好印象です。

          転職活動に慣れている方は転職サイトを、手厚いサポートを受けたい方は転職エージェントを利用しましょう。

          転職サイトを賢く活用して、希望の条件に合った職場を見つけて下さいね。
          こちらの記事も合わせて読みたい
          ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
          ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
          ・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
          ・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
          ・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
          おすすめの記事