リクルートエージェントの評判は?面談や求人について徹底解説

リクルートエージェントの評判は?面談や求人について徹底解説

リクルートエージェントは、求人数も多くサポート体制が充実している大手転職エージェントです。特に、独自に抱えている「非公開求人」の数が多く、求職者にとって幅広い選択肢があるのが魅力です。

そんなリクルートエージェントの利用を検討している方も多いのではないでしょうか。

そこでこの記事では、リクルートエージェントに関する以下の項目をご紹介します。

この記事でわかること
  • リクルートエージェントの特徴
  • 面談の準備
  • リクルートエージェントが持っている求人
  • リクルートエージェントをおすすめしたい人

転職エージェント選びに迷っている方はぜひ参考にしてください。

20代から評判が良い!リクルートエージェントの特徴

リクルートエージェント

まず初めに、リクルートエージェントが「評判が良い」と言われる理由ついて深堀りして解説します。他の転職エージェントにはない独自の特徴もあり魅力たくさんです。

それでは、それぞれ紹介します。

転職支援実績No.1

転職支援実績No.1

リクルートエージェントは、転職支援実績No.1を誇るサイトです。業界でも最大級の求人数が魅力のひとつとなっています。

特に、一般には公開していない非公開求人数も多く、優良企業の求人を見つけることができるでしょう。

 

充実した転職サポートでは、実績が豊富なアドバイザーから的確なアドバイスをもらうことができます。

 転職が初めての20代でも安心して利用することができるでしょう。

厚生労働省「人材サービス総合サイト」における無期雇用および4カ月以上の有期雇用の合計人数(2019年度実績)2020年6月時点

厳選非公開求人数10万件以上

厳選非公開求人数10万件以上

リクルートエージェントには、公開求人非公開求人の2種類があり、特に非公開求人数の多さが特徴です。以下の表では、それぞれの求人数を比較しています。

公開求人数 108,107件
非公開求人数 144,902件

※2021年4月時点の情報なので、最新の情報とは異なる可能性があります。

求人数は、多いほど選択肢は広がります。

 

公開求人だけで10万件以上、非公開求人は14万件以上も保有しています。豊富な求人の中から自由に選べるので、自分に合った求人を見つけ出すことができるでしょう。

他社との求人数の比較

他社との求人数の比較

先程説明したように、リクルートエージェントは業界最大級の求人数を誇っています。一方で、他社の求人数はどうなのでしょうか。各社の公開求人数は以下のとおりです。

公開求人数の比較
  • マイナビエージェント:24,691件
  • パソナキャリア:31,462件
  • doda:77,398件
  • ビズリーチ:52,300件

※2021年4月時点の情報なので、最新の情報とは異なる可能性があります。

上記のサイトと比べても、リクルートエージェントは圧倒的な求人数であることが分かります。

専門コンサルタントがフルサポート

リクルートエージェントでは、求職者ごとに専門コンサルタントが面接から内定に至るまでをトータルでサポートしています。

利用できるサービス
  • 転職エージェント担当者との面談
  • 書類添削や面接対策
  • 面接力向上セミナー
  • 年収・給料の交渉代行

これらのサービスは全て無料で利用できます。どんどん活用していきましょう。

転職エージェント担当者との面談

サービスのひとつに、転職エージェントとの面談があります。面談と聞くと堅苦しいイメージを持つ方もいるでしょう。

しかし、リクルートエージェントの面談は個室でリラックスした状態で行うことが可能です。履歴書の用意があれば、よりスムーズにすすむでしょう。

面談では、今後のキャリアプランを一緒に考え、転職活動の方針を決めます。

エージェントに退職理由や転職目的を正直に話したとしても、そのまま企業に伝わるわけではありません。

 ネガティブな理由である場合、企業への伝え方やアピール方法のヒントを得るきっかけになることもあります。

書類添削や面接対策

書類添削や面接対策

応募書類などの書類の添削、また面接のコツなどを教えてもらえます。経験豊富なアドバイスを参考にすれば、選考の通過率が上がるでしょう。

数多くの転職事例を知っている転職エージェントだからこそ、アドバイスは実践的なものが多いです。

 

面接で特に大事なのは「自分をどれだけアピールできるか」という部分です。担当エージェントからは、自分のアピールポイントの効果的な伝え方を教えてもらうことができます。

面接の限られた時間で最大限アピールするためには、実経験に基づいたアドバイスがきっと役に立つでしょう。

面接力向上セミナー

リクルートエージェントでは、面接の必勝ノウハウを伝授してもらえる面接力向上セミナーを開催しています。

面接は苦手だという人のために、実際の面接をもとにした「シミュレーション」や不採用理由を元にポイントを整理した「レクチャー」を受けられます。

コツを教えてもらうだけでなく、シミュレーション体験することで、当日どのように振る舞えば良いのかを知れますね。

 

年収・給料の交渉代行

年収・給料の交渉代行

転職活動の中でも給料や勤務地などの「条件面」の交渉を進んで行いたい方は少ないでしょう。

リクルートエージェントでは、そんな言い出しにくい条件面の交渉を担当のキャリアアドバイザーに代行してもらうことが可能です。

 アドバイザーは企業の採用の背景や経緯を把握しています。そのため、すり合わせる条件の内容やタイミングなどを詳しく教えてもらうことが可能です。

内定後に年収の交渉をすると、最悪の場合内定取り消しにつながることもあります。

年収やこだわりの条件がある場合には、早いタイミングでアドバイザーに相談しておきましょう。

 

また、面談の段階で最低条件希望条件を明確にしておくこともポイントです。

リクルートエージェントの利用の流れ

リクルートエージェントの利用の流れ

ここではリクルートエージェントの利用の流れを解説します。

リクルートエージェントの利用の流れ
  • リクルートエージェントの申込みから面談までの流れ
  • 面談をスムーズに進めるために準備しておきたいこと

リクルートエージェントの申込みから面談までの流れ

リクルートエージェントの申込み・会員登録は、公式サイトからいつでも行えます。申込みから面談までの流れは以下の通りです。

申込みからサービス利用までの流れ
  1. 転職支援サービス申込み(会員登録)
  2. 「転職に期待すること」の入力
  3. 「プロフィール情報」の入力
  4. 面談日程調整・サービス利用開始

転職支援サービス申込み後、メールで「サービス利用開始の連絡」が届きます。このメールが到着したタイミングで、リクルートエージェントのサービスが利用可能となります。

 「サービス利用開始の連絡」のメールには、サービス利用に必要な「マイページID」と「仮のパスワード」が記載されています。

メールの到着と前後して、キャリアアドバイザーから面談の日程調整に関する連絡(電話)も入るので、事前に質問しておきたいことなどをまとめておくとスムーズです。

リクルートエージェントでは、土日祝日の面談対応もしています。平日忙しく面談が難しいという場合は、土日祝日の面談について気軽に相談してみましょう。

面談をスムーズに進めるために準備しておきたいこと

面談をスムーズに進めるために準備しておきたいこと

面談をスムーズに進めるため、事前に担当者へ職務経歴書や履歴書を送付しておくことをおすすめします。

 面談当日は履歴書・職務経歴書を基にして、キャリアの棚卸しやキャリアカウンセリングが実施されます。

基本的に「履歴書・職務経歴書は面談日当日に持参」と案内されますが、事前に送付しておくと前日までに担当者が内容を把握できるため、当日書類確認の時間を短縮できます。

事前に履歴書・職務経歴書を送付しておくと、面談日に書類の添削もしてもらえます。

リクルートエージェントの口コミ・評判を解説

リクルートエージェントの口コミ・評判を解説

転職活動でリクルートエージェントを実際に利用した方は、どのような感想を抱いているのでしょうか?ここでは、ネット上で確認できる良い口コミ・悪い口コミを紹介します。

リクルートエージェントの口コミ・評判
  • リクルートエージェントの良い口コミ
  • リクルートエージェントの悪い口コミ

リクルートエージェントの良い口コミ

求人数が多い
保有求人数が業界最大級ということで登録しましたが、確かに他社では案内のなかった求人が多く、希望に合った求人を複数紹介してもらうことができました。
自分に合った求人を紹介してもらえた
紹介された求人は、未経験職種でも自分の職歴やスキルを活かせる企業が数多く、視野を広げて検討することができました。
担当者の対応が親身で安心できた
担当者の方は、初回面談の時から親身な対応をしてくださり、私の希望や転職理由にしっかり耳を傾けてくれました。前職を不本意な理由から退職したことを説明すると「それは大変でしたね」と真剣に話を聞いてくださり、とても心が軽くなったのを覚えています。
キャリアや経験をしっかり分析してもらえた
転職先の希望があいまいな状態で相談をしましたが、私のキャリアや経験を細かく分析した上、とても幅広い求人を紹介してくださいました。
サポートが手厚く、情報をたくさん提供してもらえた
的確な求人を投げてくれるだけでなく、企業側にweb面接のセッティングを打診してくれたり、企業側の求める人物像や社風などの情報を提供してくれたりと、手厚いサポートをしてもらえました。

良い口コミは、求人数の多さやアドバイザーの対応・サポートの良さについて触れたものが多い印象でした。

アドバイザーについては、初回相性の悪い担当者に当たったが、変更を申し出たところ、良い担当者にサポートしてもらえた、といった口コミも目立ちました。

リクルートエージェントの悪い口コミ

リクルートエージェントの悪い口コミ

希望条件に合わない求人ばかり紹介された
求人数や求人の案内は多いが、希望条件に合わないものばかり紹介されて残念に思いました。
担当者が紹介したい求人を押しつけられた
担当者はアドバイザーというより営業といった感じで、こちらの希望は無視して、自分が押し込みたい企業の求人ばかりぐいぐい提案してくるのでガッカリしました。
担当者の対応が雑だった
アポイントの日に連絡をしてこない、メールの返信がないなんてことが多く、対応が雑すぎて「うーん」という感じです。1人で複数の会員を担当しているといっても、ちょっとどうかと思う。
面談を一方的にキャンセルされた
面談の事前アンケートを送ったところ、面談の日程を決める前に「あなたに紹介できる案件はないので、面談はキャンセルさせてください」と断られました。
適当な理由をつけて紹介を断られた
「あなたの希望職種は契約社員採用が多く、正社員専門のウチでは紹介できない」といった旨の説明がありましたが、さすがに適当すぎるだろうとあっけにとられました。

悪い口コミは、アドバイザーの対応の悪さ・雑さが目立つ印象です。営業成績重視のあまり、求職者の希望をないがしろにする担当者に対する不満も見られました。

担当者を変更して状況が改善したという口コミも多いので、担当者の対応に疑問を感じたら、すぐに担当変更を申し出ることをおすすめします。

リクルートエージェントの面談内容

リクルートエージェントの面談では、どのような話をするのでしょうか。事前に準備するものや心構えなどを解説します。

面談前に準備すること

面談前に準備すること

面談前には、以下の用意をしておけばスムーズに進めることができます。

履歴書・職務経歴書をあらかじめ送付しておく

自分の経歴やスキルについて事前に把握してもらえば、面談の際に一から説明する必要がなくなります。時間を有効活用するためにも、履歴書職務経歴書はあらかじめエージェントに送付しておきましょう。

希望条件などを伝えておく

転職先に求める希望条件や、転職で希望することを面談前に伝えておけば、当日までに要望に合わせた求人を担当者が探してくれます。

実際の求人票を見ながら相談ができるので、具体的な条件のすり合わせをすることができるでしょう。

 

当日の持ち物・服装

当日、特に必要なものはありませんが、質問用のメモと筆記用具は持って行くようにしましょう。服装に関しては、スーツである必要はありません。

 ただし、ラフすぎる格好はアドバイザーの印象を左右するのでやめておきましょう。

清潔感のある服装を心がけることが大切です。

面談で話す内容

面談で話す内容

アドバイザーと行う面談の目的は、求職者の希望やスキル、経歴や強みなどを明確にして、求職者とアドバイザーで情報を共有することです。

 他の転職者に比べて自分はどうなのか、アドバイスをもらうこともできます。

担当エージェントと信頼関係を築けば、自分では気付けなかった強みやアピールポイントを見つけてくれるかもしれません。

面談の流れ

面談な主な流れは以下の通りです。

面談の流れ
  1. お互いの自己紹介
  2. 経歴、スキルなどアピールポイントを見つける
  3. 転職理由や目的を共有
  4. 希望条件の確認
  5. 求人の紹介

まずはアドバイザーと求職者がお互いに自己紹介するところから面談が始まります。職務経歴書をもとに経歴や仕事の内容などを掘り下げて整理し、求職者の経験やキャリアの棚卸しを行います。

仕事観、価値観などを明確に話すと良いでしょう。

 

年収や勤務時間、休日、勤務スタイル、福利厚生など、転職先に求める具体的な希望条件を伝えます。 その後、アドバイザーから豊富な求人情報の中で、求職者に合った求人情報の紹介を受けます。

リクルートエージェントの求人について

リクルートエージェントにはどのような求人が掲載されているのでしょうか。まずは、求人には、主に公開求人非公開求人の2つがあります。

公開求人とは

公開求人とは

公開求人とは、誰でも見ることのできる求人ことです。転職を検討したときにすぐに調べることができるメリットがあります。

非公開求人の一部は、転職エージェントに申し込み、アドバイザーの紹介を受けないと応募できないものもあります。

 

一方、公開求人は自分でも応募できるためスピーディーに動くことができるでしょう。

非公開求人とは

転職エージェントが自社のサイトやHPなど、インターネット上に掲載していない非公開の求人のことを言います。

サイトに登録しなければ見ることができない求人情報です。

 

非公開求人は、企業名募集職種仕事の内容などを一般に公開していません。そのため、これまで探しても出会えなかった求人が見つかることもあります。

項目別の検索

項目別の検索

リクルートエージェントでは、転職エージェントの紹介を待たずに自分で求人を探すこともできます。以下のような項目別で膨大な求人の中から自分に合った求人を探し出すことが可能です。

業界から探す
  • IT・通信業界
  • Web・インターネット業界
  • 機械・電気業界
  • 化学
  • 商社
  • 物流・運輸業界
  • 小売・卸売
  • サービス業界
  • エンタメ業界
  • マスコミ・広告業界
  • コンサルティング業界
  • 金融
  • 不動産
  • 建設業界
勤務地で探す
  • 海外
  • 北海道
  • 東北
  • 関東
  • 中部・東海
  • 関西
  • 中国・四国
  • 九州・沖縄
スキルから探す
  • 公認会計士
  • 中小企業診断士
  • 簿記
  • 臨床検査技師
  • 語学検定
  • 電気工事士
  • SEO
こだわり条件から探す
  • 外資系企業
  • 公開・上場企業
  • 従業員数1000人以上
  • 英語を活かす
  • 転勤なし
  • 未経験でも可

また、資格経歴などの条件付きでの検索にも対応しています。空いた時間に活用してみてください。

【専用アプリも!】リクルートエージェントの活用方法

【専用アプリも!】リクルートエージェントの活用方法

リクルートエージェントをより効果的に活用するためには、どのような点に気を付ければよいのでしょうか。活用方法を紹介します。

気になっていることは本音で

転職エージェントには、気になることはどんどん相談することがおすすめです。企業と面接した感触を伝えれば、より希望に沿った求人を探してくれます。

スケジュールに関することや、希望条件に関することで変化があった場合は、必ず転職エージェントに報告をしましょう。

 

 変化に合わせて、転職活動のプランを修正してもらうことができます。

その他、「じっくり転職をしたい」「たくさんの求人を紹介してほしい」「具体的なアドバイスがほしい」などの相談も可能です。

サポート機能をフル活用する

サポート機能をフル活用する

書類添削や面接対策など、サポート機能はできるだけ活用すれば面接の通過率を上げることができます。転職フェアにも積極的に参加しましょう。

条件にこだわりがある方は、交渉代行をお願いすることがおすすめです。

 

自分一人で転職活動をする時にはないメリットと言えるでしょう。

アプリでさらに効率的に活動できる

リクルートエージェントでは、専用のアプリをリリースしています。iPhoneとAndroidどちらのスマホでもインストール可能です。アプリでは、主に以下の機能を使うことができます。

職務経歴書の作成

テンプレートからスマホだけで簡単作成することができます。職務経歴書作成の手間や時間が大幅に削減できるため、忙しい方におすすめです。

こだわり条件の検索機能

こだわり条件の検索機能

転勤なしの正社員など、こだわり条件で検索をすることが可能です。

 気になる企業はお気に入りボタンを押せば、後から見直すことができます。

履歴書・職務経歴書チェックサービス

アプリ上で履歴書・職務経歴書を作成し担当者へメール添付して添削依頼をすることができます。数日中にはアドバイスが記載されたメールが返信されるので、忙しい方にも便利です。

リクルートエージェントがおすすめな人

リクルートエージェントがおすすめな人

リクルートエージェントはどのような方に向いているのでしょうか。以下で、リクルートエージェントがおすすめな人を紹介します。

初めての転職で丁寧にサポートして欲しい人

これまで多くの転職者のサポートを行ってきたため、転職に関するノウハウが豊富です。コンサルタントの教育体制がしっかり整っていることもあり、どの担当者でも丁寧にサポートしてくれます。

 転職理由や希望条件をもとに、より希望に合った求人を紹介してもらえるでしょう。

Uターンを考えている人

リクルートエージェントは全国に求人があるため、都内の転職だけでなく地方での転職を希望しているUターンの方も利用できます。

全国の要所に拠点を置いているので、直接コンサルタントと面会して相談することも可能です。

もし近くに拠点がなくとも、電話やメールでの転職相談や対策も行ってもらえます。

リクルートエージェントの拠点は、以下の通りです。

北海道・東北地方
  • 札幌
  • 仙台
関東地方
  • 東京(丸の内・立川)
  • さいたま
  • 千葉
  • 横浜
  • 宇都宮
中部・東海地方
  • 静岡
  • 名古屋
関西地方
  • 京都
  • 大阪
  • 神戸
中国・四国地方
  • 岡山
  • 広島
九州
  • 福岡

北海道から九州に渡るまで、至る場所に拠点を置いています。面接指導や面談時にも安心です。

面接が苦手な人

面接が苦手な人

無料で参加できるセミナーでは、面接官の立場をシミュレーション体験することによって、企業が求める人物像が把握できます。

よくある不採用理由をもとにポイントを整理して伝えてくれるので、当日失敗せずに済むでしょう。

 

面接の相手である面接官側の気持ちを知ることで、より応募先に適した応答の対策がしやすくなるメリットもあります。ぜひ利用しましょう。

よくある質問

リクルートエージェントはなぜ20代から評判が良い?
他の転職エージェントサイトと比較しても、圧倒的な求人数の多さが挙げられます。履歴書添削サービスや面接指導などのサポート体制が充実している点も魅力です。初めての転職でも安心して利用できるでしょう。
リクルートエージェントの特徴は?
転職支援実績No.1を獲得している、非公開求人が10万件以上ある、専門コンサルタントがフルサポートなどの特徴があります。全てサポートは無料で利用できるので、積極的に活用しましょう。
リクルートエージェントの面談内容は?
求職者の希望やスキル、経歴や強みなどを明確にし、求職者とキャリアアドバイザー双方で情報を共有することが目的です。履歴書・職務経歴書をあらかじめ送付しておけば、当日の面談がスムーズに進むでしょう。
リクルートエージェントの求人について
誰でも見ることのできる公開求人と、登録しなければ見ることのできない非公開求人があります。これまで探しても出会えなかった求人が見つかることもあるでしょう。業界や職種から項目別に検索することが可能です。
リクルートエージェントの活用方法
企業に情報が漏れる心配はないので、転職エージェントに気になることは何でも本音で相談しましょう。転職フェアも無料なので参加することがおすすめです。年収・給料の交渉代行もお願いすることができます。
リクルートエージェントのアプリは?
スマホだけでテンプレートから簡単に職務経歴書を作成することができます。「転勤なし」などこだわり条件の検索機能を使えば、20万件以上の求人から自分に合った求人を見つけることができるでしょう。
リクルートエージェントがおすすめな人は?
初めての転職で丁寧にサポートして欲しい人や、Uターンを考えている人、面接が苦手な人などにおすすめです。全国の求人を取り扱っているため、地方への移住を考えている方も現地の求人を知ることができます。

まとめ

リクルートエージェントの特徴について解説しました。

「記事のまとめ」
  • 面談内容では、希望やスキル、経歴や強みなどを明確にして、アドバイスをもらうことが可能
  • 求人は業界・勤務地・スキルなどからも探せる
  • 専用アプリを使えば場所や時間を選ばず、より効率的に活用することが可能
  • 面接が苦手な人や丁寧なサポートを求める方におすすめ

    総合的に見て質の高いサービスが魅力のリクルートエージェント。初めての転職の時にも安心できるのが、20代から評判が良い理由の一つと言えるでしょう。

    リクルートエージェントを活用して、理想の職場を見つけましょう。

    こちらの記事も合わせて読みたい
    ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
    ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
    ・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
    ・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
    ・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
    おすすめの記事