【第二新卒向け】おすすめの転職エージェント人気ランキング!

【第二新卒向け】おすすめの転職エージェント人気ランキング!

転職を希望する人の中で、転職エージェントを利用している人は数万人いると考えられています。

この人数からも、自分一人では転職活動を上手くできるか分からないと不安を感じている人が多いことが分かるでしょう。

多くの志望者がいる中で激しい争いに勝ち残り内定を獲得するには、プロの力を借りることがおすすめです。

そこで今回は、第二新卒におすすめの転職エージェントをピックアップして特徴を紹介します。

この記事でわかること
  • 第二新卒におすすめの転職エージェント
  • 第二新卒向けの転職エージェントの選び方
  • 第二新卒が大手に就職することはできる?
  • 第二新卒の転職の流れ
  • 第二新卒が転職を成功させるコツ

転職エージェントの選び方や成功させるためのコツも併せて解説しますので、ぜひ参考にしてみてください。

※本記事で紹介する情報はすべて2021年6月17日現在のものです。最新の情報とは異なる可能性があります。

第二新卒におすすめの転職エージェント比較表

リクルート
エージェント
doda
マイナビ
エージェント
レバテックキャリア
パソナキャリア
就職Shop
リクルートエージェント
doda
マイナビエージェント
レバテックキャリア
パソナキャリア
就職shop
公開求人数
126,888
95,691
28,631
12,517
36,890
非公開
非公開求人数
188,037
35,646
109,408
非公開
13万件以上
非公開
対象年代
20代〜50代
20代〜50代
20代〜30代
30代〜50代
20代〜50代
20代
対応エリア
全国
全国
全国
全国
全国
全国
得意分野
総合求人
総合求人
第二新卒など
20代の求人
エンジニア・ITの求人
総合求人
スキルや経験に自信がない人
第二新卒の正社員就職
イチオシ機能
年収交渉の代行
年収交渉の代行
年収査定診断
未経験職種への
転職サポート
IT・エンジニア業界に精通しているので、企業研究が充実しており、内定が獲得しやすい
キャリアアドバイザーの親身なサポート体制
応募した求人は書類選考免除で面接に進める

第二新卒におすすめの転職エージェント7選

リクルートエージェント

リクルートエージェント

おすすめポイント
  • 非公開求人数が100,000件以上ある
  • 実績豊富なアドバイザーが在籍している
  • 転職サポートが充実している

リクルートが運営する転職エージェントで、公開求人116,034件・非公開求人数172,857件と業界最大級の求人数を誇ります。

一般に掲載されていない非公開求人の数が多いため、今まで出会えなかった仕事に出会える可能性があるでしょう。

 各業界に精通しているキャリアアドバイザーが在籍しており、転職を親身になり二人三脚で内定獲得まで歩んでくれます。

 

実績豊富なため求職者の希望に沿った求人を紹介、そして充実したサポートをしてくれるでしょう。

紹介された求人に必ず応募をしなければいけない訳ではなく、自分が求める条件を満たし納得のいくものだけに応募可能です。

公開求人数※2021年6月17日現在

116,034件

主なサービス内容
  • 求人紹介
  • キャリアアドバイザーのサポート
  • 非公開求人の提供
  • 面談の実施
  • 面接対策
  • 志望企業への推薦
運営会社 株式会社リクルート

出典:公式サイト 公式サイト

doda

doda

おすすめポイント
  • 専門スタッフがプロの視点で転職をサポートしてくれる
  • スカウトサービスにより企業からオファーを受けられる
  • さまざまな働き方から仕事を検索可能

公開求人数は80,000件を超えており、非公開求人を合わせると10万件以上となるため、理想に近い求人に出会える可能性は高いでしょう。

専任のキャリアアドバイザーが転職活動を最後までサポートしてくれます。

求人の紹介のみならず履歴書・職務経歴書の書き方や面接のアドバイスなど、トータル的にサポートしてくれるため安心ですね。

そして、dodaではスカウトサービスを提供しており、自分に興味を持ってくれた企業からオファーが届く仕組みも取り入れています。

自分からのアクション・企業からのアクションにより、ベストな転職活動に取り組めるでしょう。

 求人を検索する際は、働き方や職場環境、福利厚生・待遇といったさまざまな角度から理想となるものを見つけられます。
公開求人数※2021年6月17日現在 85,713件
主なサービス内容
  • 非公開求人の紹介
  • 専門スタッフによるプロ目線での求人紹介
  • 面接のスケジュール調整
  • 書類・面接手続きのサポート
  • スカウトサービス
運営会社 パーソルキャリア株式会社

出典:公式サイト

マイナビエージェント

マイナビエージェント

おすすめポイント
  • 各業界の転職事情に通じたキャリアアドバイザーが最適な求人を提案
  • 転職回数別・年代別のサポートを受けられる
  • 企業の人事担当者とやり取りするアドバイザーが在籍

各業界の転職に詳しい経験豊富なキャリアアドバイザーが、一人ひとりに合うベストな求人を紹介してくれます。

また、応募書類の添削模擬面接など、内定獲得のため二人三脚で歩んでくれるため大変心強いです。

もちろんはじめて転職する方へのサポートも充実しており、疑問に対して丁寧に相談に乗ったり回答してくれたりしますよ。

また、公式サイトでは転職回数別・年代別に分けて状況に合わせた転職ポイントを紹介しています。どのような活動をすれば内定を獲得できるかが分かるため、非常に参考になるでしょう。

 各企業の人事担当とやり取りをするアドバイザーが在籍しており、職場の雰囲気や求人票に載っていないリアルな情報を伝えてくれます。
公開求人数※2021年6月17日現在 26,819件
主なサービス内容
  • キャリアアドバイザーによる求人紹介
  • 書類添削
  • 模擬面接の実施
  • 企業担当アドバイザーによるバックアップ
運営会社 株式会社マイナビ

出典:公式サイト

マイナビジョブ20’s

マイナビジョブ20’s

おすすめポイント
  • 専任のキャリアアドバイザーが個別にカウンセリングを実施
  • 自分に興味を持ってくれた企業からオファーが届く
  • 未経験可能求人が豊富

20代・第二新卒向けの転職支援サービスとして、自分らしく働ける場所を探すサポートをしてくれます。

2019年10月1日~2020年9月30日に入社した方の3ヶ月定着率は94.6%となっており、この高い数値からも希望に近い企業にて働けていることがわかるでしょう。

専任のキャリアアドバイザーによる個別カウンセリングが実施され、相談しながら応募先を決めることが可能です。

また、プロフィールを見て興味を持ってくれた企業からオファーが届くため、自分からのアクションだけでは出会えなかった求人に巡り合う可能性もあります。

 未経験でも応募可能な求人も豊富に扱っているため、新たな業界にチャレンジしたい人でも利用しやすいでしょう。
公開求人数※2021年6月17日現在 2,212件
主なサービス内容
  • キャリアアドバイザーによる個別カウンセリング
  • 書類の添削や面接対策の実施
  • 面接の日程調整
  • 企業からのオファー
運営会社 株式会社マイナビワークス

出典:公式サイト 公式サイト

レバテックキャリア

レバテックキャリア

おすすめポイント
  • 初回提案での内定率は90%※1
  • アドバイザーによるマンツーマンでの徹底サポート
  • 自分の市場価値を知れる機能が利用可能

在籍するアドバイザーは年に3,000回以上企業を訪れており※2、現場のリアルな情報を常に把握しています。

 扱っている5,000件を超える求人のなかから最適なものを見つけ出してくれることから、初回提案での内定率は90%※1という高い数値です。

アドバイザーはマンツーマンで転職をサポートしてくれるため、活動に不安を抱えている人も安心して前向きに取り組めますね。

アドバイザーにはLINEで相談ができるため、手軽さもレバテックキャリアの魅力です。

公式サイトでは必要な情報を入力すると自分の市場価値を知れる機能も用意されているため、ぜひ試してみましょう。

公開求人数※2021年6月17日現在 13,277件
主なサービス内容
  • 最適な求人紹介
  • 面接の日程調整
  • 面接対策
  • 書類の添削
  • 電話・オンライン面談
  • 自分の市場価値調査
運営会社 レバテック株式会社

出典:公式サイト ※1-2公式サイト

パソナキャリア

パソナキャリア

おすすめポイント
  • 各業界の専任キャリアアドバイザーが在籍
  • 46万人分の転職ノウハウで充実したサポートを提供
  • 転職後の年収アップ率が67.1%

販売や金融、コンサルティングやITといった各業界の専任のキャリアアドバイザーが在籍しており、最適な求人を紹介してくれます。

パソナキャリアの強みは、46万人分の転職ノウハウにより充実したサポートを無料で受けられる点です。

50,000件以上となる豊富な求人のなかから、希望に沿った企業への内定獲得をサポートしてくれます。また、転職後に年収がアップした人の割合は67.1%となる点も見逃せないデータです。

 企業からのオファーを受けられるサービスも提供しているため、自分に興味を持ってくれたことがわかり転職活動における意欲にも繋がるでしょう。
公開求人数※2021年6月17日現在 35,153件
主なサービス内容
  • キャリアアドバイザーによる求人紹介
  • 応募書類の書き方伝授
  • 模擬面接の実施
  • 企業との日程調整や交渉
  • 企業からの面接オファー
  • スカウトサービス
運営会社 株式会社パソナ

出典:公式サイト ※公式サイト

就職Shop

就職Shop

おすすめポイント
  • 第二新卒向けの求人が豊富
  • 100%直接訪問をして職場環境を取材
  • 書類選考なしで面接へ進める

第二新卒向けの求人を多く扱っており、未経験でも対象となることから新たな業界へのチャレンジもできます。

若者の可能性を信じて育成をしていく企業を紹介してくれるという特徴から、利用者の9割は20代です。

 累計10,000社のなかには、福利厚生が充実しているものや成長途上など、さまざまな企業があり最適な求人を紹介してくれます。

また、アドバイザーは100%直接訪問をして労働環境や職場の雰囲気、教育体制などを事前に調査しているため、入社してからのギャップは少ないでしょう。

書類選考なしで面接に進めるため、今までなかなか顔を合わせて企業の採用担当者と会話ができなかった人にも可能性がうまれます。
公開求人数※2021年6月17日現在 非公開
主なサービス内容
  • 書類選考を免除
  • 求人紹介
  • 面接対策セミナーを実施
運営会社 株式会社リクルート

出典:公式サイト ※公式サイト

第二新卒におすすめな転職エージェント公開求人数比較ランキング

※本記事で紹介した転職エージェントの公開求人数を比較し、求人数に多いものを上位にしています。

※2021年6月17日時点の情報のため、最新情報とは異なる可能性があります。

1位:リクルートエージェント(公開求人数:116,034件)

リクルートエージェント

おすすめポイント
  • 非公開求人数が100,000件以上ある
  • 実績豊富なアドバイザーが在籍している
  • 転職サポートが充実している

2位:doda(公開求人数:85,713件)

doda

おすすめポイント
  • 専門スタッフがプロの視点で転職をサポートしてくれる
  • スカウトサービスにより企業からオファーを受けられる
  • さまざまな働き方から仕事を検索可能

3位:パソナキャリア(公開求人数:35,153件)

パソナキャリア

おすすめポイント
  • 各業界の専任キャリアアドバイザーが在籍
  • 46万人分の転職ノウハウで充実したサポートを提供
  • 転職後の年収アップ率が67.8%

【第二新卒向け】転職エージェントのおすすめの選び方

【第二新卒向け】転職エージェントの選び方

第二新卒の人は、一度就職活動を経験しているが故に難しさを知っているため、転職活動に不安を抱えていることは少なくないでしょう。

内定を獲得する大変さを知っているため、プロの力を借りて活動することにメリットを感じる人も多いようです。

ここからは、第二新卒向けに転職エージェントの選び方を見ていきましょう。

選び方のポイント
  1. 求めるサポートを受けられるか
  2. 希望する職種を扱っている数
  3. キャリアアドバイザーの質

①転職エージェントに求めるサポートを受けられるか

【第二新卒向け】転職エージェントの選び方

転職エージェントを利用する理由として、プロからのサポートを受けることが挙げられます。そして、そのサポートは第二新卒という状況に見合うものでなければいけません。

前職の経験を活かして希望求人に適切にアプローチをしてもらえるかどうかは、転職エージェント選びをする上でとても重要です。

②希望する職種を扱っている数

【第二新卒向け】転職エージェントの選び方

各転職エージェントで、扱っている求人数は異なります。また、自分がどの業界を希望するかによっても、利用するエージェントは変わってくるでしょう。

 どういった業種に精通しているアドバイザーがいるのか、保有する求人はどの業種が多いかなどは事前にリサーチしておくことが大切です。

③キャリアアドバイザーの質

【第二新卒向け】転職エージェントの選び方

キャリアアドバイザーの質により、転職活動は大きく左右されるといっても過言ではありません。

第二新卒の場合は、なぜ転職したいかという理由によっては厳しくジャッジされる可能性もゼロではないでしょう。

いかに質の高いサポートを提供してくれるアドバイザーと出会えるかによって、希望する求人への内定率は変わってきます。

人と人の関係なのでもちろん相性はありますが、やはり第二新卒の転職や就職に精通しているプロが在籍しているエージェントを選ぶことが理想的です。

第二新卒が転職を成功させるコツとやり方

第二新卒が転職を成功させるコツ

第二新卒は新卒と違って一度社会で経験を積んでいるため、企業としては即戦力として欲しい人材と言えます。

しかし、一方で転職する理由によっては厳しい目を向けられる可能性もあるかもしれません。

そこで、ここからは、第二新卒が転職を成功させるコツについて紹介します。理想とする働き方を実現するために、ぜひチェックしておきましょう。

転職を成功させるコツ
  1. 転職後のビジョンを明確にする
  2. 仕事選びで何を優先するか整理しておく

①転職後のビジョンを明確にする

第二新卒が転職を成功させるコツ

なぜ転職をしたいか、そして転職してからどのように活躍をしていきたいかが明確な人ほど、企業にとって魅力のある人物と判断できます。

転職をする目的が定まっている人は、転職後も定着率が高いと言えるため企業にとって良い人材となります。

②仕事選びで何を優先するか整理しておく

第二新卒が転職を成功させるコツ

仕事に対して何を求めているかが整理できている人ほど、理想の転職先が見つかりやすいです。

また、きちんと求めるものが整理できていればミスマッチのリスクも減り、結果的に転職してからも定着率は高くなるでしょう。

 いかに転職する理由とは何かを分析して、どのような求人であれば不満をできる限り払拭できるかが転職成功のカギと言えます。

第二新卒で大手企業に転職することは可能?難しい?

第二新卒で大手企業に転職することは可能?難しい?

中小企業に在籍していた方でも、第二新卒で大手に転職することは可能です。その理由を下記します。

第二新卒でも大手に転職できる理由
  1. 人材が不足している
  2. 前職の勤続年数が少なく、新しい会社の文化に馴染みやすい
  3. 社会人としての基礎が身に付いている

それぞれ、解説しますね。

人材が不足している

全体的に企業の人材が不足しています。厚生労働省によると、毎年30%前後の大学新卒者が3年以内に退職しています。そのため、第二新卒でも、積極的に採用する大手企業が多いのです。

大手企業でも労働人口が減った影響を受けています。

前職の勤続年数が少なく、新しい会社に馴染みやすい

第二新卒は前職での勤続年数が少ない分、新しい会社に馴染みやすいと考えられています。前職で10年以上の経験があると、そこで染みついた方法で業務を進めてしまうかもしれません。

企業も自分の言うことを従順に守る社員がほしいのです。

年齢が若いと、新しい環境にも馴染みやすいです。

社会人としての基礎が身に付いている

第二新卒は、社会人としての基礎が身に付いているため、大手企業に転職しやすい傾向があります。大手企業と言え、社会人としての基礎を再度一から教えるほどの余裕はありません

できるだけ、教育コストは下げたいのです。

 大手企業は教育コストを抑えた上で、柔軟かつ素直に業務を行っている人材を欲しがります。よって、第二新卒はピッタリなのです。

第二新卒の転職の流れを解説!

ここでは、エージェントを利用した第二新卒の転職の流れを解説します。

第二新卒での転職の流れを把握することで、迷走することなく、スムーズに転職活動を進めることができますよ。

第二新卒の転職は以下の流れで進みます。

第二新卒 転職の流れ
  1. 転職エージェントに登録
  2. キャリア面談
  3. 書類作成
  4. 情報提供・求人紹介
  5. 応募
  6. 面談・選考
  7. 内定・退職・入社

ひとつずつ、見ていきましょう。

1.転職エージェントに登録

まずは、転職エージェントに登録しましょう。本記事で紹介している転職エージェントは、第二新卒に強いエージェントばかりです。登録して損はありません。

転職エージェントの登録は無料でできますよ。

2.キャリア面談

転職エージェントに登録後は、担当のキャリアアドバイザーと面談をすることになります。面談は対面、電話どちらでも対応が可能です。

主に、これまでのキャリアやスキル、転職先の希望条件などを聞かれます。面談を通して、転職の目的を明確化しましょう。

面談では、希望条件だけでなく、自分の強みをアピールしましょう。

3.書類作成

面談が終わったら、履歴書や職務経歴書を作成します。この書類は、書類選考を通す上で重要になるので、手を抜かずにしっかりと書くことが大事です。

とはいえ、キャリアアドバイザーがヒアリング内容をもとに、書き方をアドバイスしてくれます。また、書類の添削もしてくれるので、書類作成に慣れていない方でも安心できると思います。

 履歴書・職務経歴書はとても重要な書類です。キャリアアドバイザーからアドバイスをもらった上で、作成することをおすすめします。

4.情報提供・求人紹介

次は、求人の紹介です。主に、面談でヒアリングした情報をもとに、キャリアアドバイザーから希望条件に近い求人が紹介されます。

紹介される求人の中には、非公開求人もあるので、よくチェックしおきましょう。

転職エージェントを利用すると、自分で求人を探す必要がありません。

5.応募

気に入った求人を見つけたら、応募をします。応募をすると、キャリアアドバイザーは企業へ応募書類を提出します。

応募書類のなかには、あなたの人柄や強みをまとめた推薦文も含まれていますよ。

企業側は、渡された書類に目を通して、面接するかどうか判断するのです。書類選考の合否はキャリアアドバイザーからお知らせがきます。

6.面接・選考

無事に書類選考が通ると、いよいよ面接です。面接日については、キャリアアドバイザーが間に入って、日程調整をしてくれます。

企業と直接やり取りをしなくて済むので、心理的に楽ですよね。

キャリアアドバイザーからは面接の対策と傾向のアドバイスをもらえるので、落ち着いて臨むことができるでしょう。

 面接で落ちた場合も、キャリアアドバイザーを通じて、フィードバックをもらうことができます。そのため、次の面接に活かせるのです。

7.内定・退職・入社

内定がもらえると、エージェントを通じて、内定通知がもらえます。内定通知の内容に問題がなければ、退職と入社のスケジュールを立てなければいけません。

 退職交渉はトラブルが生じやすいです。内定が出ても浮かれずに、退職交渉に備えておきましょう。

転職先に入社するまではキャリアアドバイザーがしっかりと対応してくれます。退職や入社のことで、不安がある場合は、遠慮せずに質問してください。

年収や入社日については気を遣う交渉なので、転職エージェントが代行してくれるのは嬉しいですよね。

【よくある質問】転職エージェントを利用するメリットは?

第二新卒におすすめの転職エージェントは?
求人数を多く保有するリクルートエージェントがおすすめです。10万件を超える非公開求人を扱っているため、自分では見つけられなかった好条件の求人と出会える可能性もあります。
第二新卒の転職エージェントの選び方は?
求めるサービスを提供してくれるか、また希望する職種の求人をいかに多く扱っているかは選び方としてキーとなります。希望する業界に精通しているアドバイザーがいる転職エージェントを利用することで理想の活動に繋がりやすいでしょう。
転職エージェントを利用するメリットは?
業界に精通しているプロと二人三脚で内定獲得まで歩めることです。また、書類選考をスキップして面接に進めるサービスを提供する転職エージェントもあるため、企業の愛用担当者と話しをできる可能性も高くなります。
第二新卒が転職を成功させるコツはある?
転職後のビジョンを明確にすることが重要です。なぜ転職をしたいか、転職後にどのような働き方をしたいかが定まっていると、理想に近い求人を見つけられる可能性は高くなります。
第二新卒が転職エージェントを選ぶ際の注意点は?
在籍するアドバイザーのことをあまり調査せずに選ぶことです。一度就職をした経験から根拠のない自信を持ち、アドバイザーに期待せず自分で活動しようという考えは辞めましょう。新卒よりは即戦力として捉えられる可能性はありますが、転職する理由によってはマイナス評価となります。その際、プロからのサポートは極めて重要です。
第二新卒ってどんな人が対象?
第二新卒に定義はありませんが、新卒で入社をしてから3年未満の求職者を意味することが多いようです。各転職エージェントで捉え方が異なる場合もあるため、一度チェックしてみても良いでしょう。
転職エージェントを利用すると必ず内定を得られる?
必ずとは言い切れません。理想とする求人を紹介し、企業にもアピールをして内定獲得まで全力でサポートはしてくれますが、最終的には求職者次第といったところは付きまといます。あくまで、キャリアアドバイザーはサポートしてくれる立ち位置と理解しておきましょう。

まとめ

この記事では、第二新卒におすすめの転職エージェントや公開求人数を比較したランキング、転職エージェントの選び方などを解説しました。

転職エージェントを選ぶ際は、第二新卒向けの求人をいかに扱っているか、理想とするサポートを受けられるかを調査しましょう。

また、以前の経歴を活かして企業にアピールしてくれるかなど、キャリアアドバイザーの質や相性も重要です。

第二新卒が転職を成功させるには、転職後のビジョンが明確であることが挙げられます。仕事に対して何を求めているかを整理した上で、プロの力を借りて有意義な転職活動を送りましょう。

こちらの記事も合わせて読みたい
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事