教師からの転職は難しい?おすすめの転職先や成功のポイントも解説

教師からの転職は難しい?おすすめの転職先や成功のポイントも解説

教師として働いている人の中には、転職を検討している人もいるでしょう。

しかし、公務員である教師から民間企業に転職するのは難しいと言われており、なかなか一歩踏み出せないという人もいるかもしれません。

難しいのは事実ですが、教師から民間企業への転職は可能です。

そこで今回は、教師から転職するための方法をまとめて解説していきます。

この記事でわかること
  • 教師からの民間企業への転職が難しいとされる理由
  • 教師から転職するための方法
  • 教員免許や経験を活かせるおすすめの職種
  • 教師からの転職におすすめの転職エージェント

転職して現状を変えたいと考えている教師の方は、ぜひ参考にしてみてください。

教師からの転職が難しいと言われる理由は?

黒板

教師から民間企業への転職が難しいと言われているのは、いくつかの理由があります。詳しく見ていきましょう。

教師の給与はほかの年収よりも高いケースが多い

公務員である教師の給与は、年功序列が基本です。

そのため、20代での転職であればそう変わらないかもしれませんが、30代以上にもなると、同年代の民間企業勤めと比べると、公務員である教師の年収の方が高い傾向にあります。

 給与面だけで考えると、安定した高収入を捨てて転職に踏み切れないこともあるでしょう。

民間企業に転職した場合、未経験として扱われることになるケースが多く、今よりも高い収入は見込めない可能性が高くなることは、理解しておく必要があります。

ビジネス経験が乏しいと判断されることがある

スーツを着た男性

民間企業は成果や売上が求められることに対して、教師は子どもへの教育や指導が主な仕事です。

そもそも就活そのものを経験していない人も多く、エントリーシートや履歴書も書いたことがないという人もいるでしょう。

 受け身のスタンスでも業務が成り立つことから、「教師=ビジネス経験が乏しい」というのが、多くの採用担当者の見方です。

中途採用枠に求められるのは、会社に対する即戦力のため、民間企業で必要とされるスタンスやマインドが身に付いていないことは、転職活動の不利になることが考えられます。

転職の時期が限られる

年度の途中に自分の都合で退職することが難しいことも、教師の転職が難しい理由のひとつです。

教師の転職は4月入社を目指すのがベストです。しかし、中途採用の場合、必ず4月採用があるというわけではありません。

中途採用の場合、できるだけ早く転職できる人を求めているケースも多く、タイミングが合わず転職できないことも考えられます。

また、年度のはじめで転職しようと考える人は多く、必然的に競争率も高くなってしまうでしょう。

忙しくて転職活動をする時間がない

校舎

教師は1年中どの時期も何かの行事があります。特に担任を勤めていると、年度の最後まで業務があり、転職活動に割く時間を取ることが難しいということもあるでしょう。

 タイミングを逃すと次の転職は1年後となってしまい、なかなか転職活動に踏み切れない、なんてことも少なくないようです。

転職したい!と思っても、転職活動をする時間を確保できないことには始まりません。

教師からの転職におすすめの転職先

教師の強みは、教員免許を持っていることと、教育に携わってきた経験があることです。そこを活かせる転職先には、どんなところがあるのでしょうか。

ここからは、教師からの転職におすすめの転職先をご紹介します。

塾や予備校の講師

勉強を教える女性

教師はやめたいけど、子どもに教える仕事がしたいという人には、塾や予備校の講師がいいでしょう。業務で似ている部分があるため、転職のハードルが低く、教師の経験やスキルが直結します。

 塾や予備校と学校の違いは、生徒の成績向上への目標が明確だという点です。学習指導により特化していくことが求められるでしょう。

正社員として働きキャリアアップを目指すためには、生徒を集めるためのマーケティングスキルも必要になるかもしれません。

家庭教師

塾や予備校以外に、家庭教師という選択肢もあります。違いは、対象が個人という点です。子どもや保護者への対応は、教師のスキルを活かすことができるでしょう。

 家庭教師として働くには、家庭教師を運営する会社に勤める、家庭教師の登録会社に登録する、個人的に生徒を見つけるといった方法があります。

最近はオンラインで家庭教師することもあり、在宅で仕事ができることもあります。

塾や予備校と同じく、成績向上という目標に向かい、結果を出すことが求められるでしょう。

放課後児童支援員や学童保育員

勉強をする子供

小学校の敷地内や近くにある放課後児童クラブで、放課後児童支援員や学童保育員として働くという選択肢もあります。

 2015年度から、放課後児童クラブ施設には、放課後児童支援員の資格を持った職員を配置することが義務付けられるようになりました。資格のない職員は補助員と区別されています。

教員免許があれば、認定資格研修を修了すれば実務経験なしで放課後児童支援員として勤務することが可能です。

学童保育と塾、両方のサービスを提供している施設もありますよ。

出典:厚生労働省

教育関係の民間企業

塾や予備校、家庭教師で子どもに教える仕事以外にも、教育系出版会社や通信教育会社などで働くという選択肢もあります。

教育関係の会社に事務職員や、教材開発、編集に携わる仕事などがあるでしょう。

教育関係のサービスを提供している民間企業なら、教師の経験を活かすことができるはずです。教員免許保有者を優遇している求人も見つけることができるかもしれません。

トーク力を活かせる営業職

打ち合わせをする人物

人の前に立って授業を行う教師の仕事に携わる中で、プレゼンテーション能力が養われます。プレゼン能力を活かせる営業職を選択するのもおすすめです。

 民間企業においても、プレゼン能力は大きな武器になります。話すことが得意という人は、そこを自分のアピールポイントとして転職活動に役立てるといいでしょう。

営業職であれば、企業の選択肢の幅が広がるのがうれしいポイントです。

教育関係にこだわらず、全く別の業種に挑戦したいという人にもいいかもしれません。

大学職員

教育現場で働きたいのであれば、大学職員として大学に勤務するのもいいでしょう。

 大学職員の仕事は、主に大学を運営するのが役割。サービス業的な立場になることを理解しておきましょう。

所属する部署によっても学生との関わり方は異なりますが、学生に寄り添う力や、カウンセリング力など、教師の経験やスキルを活かせる場面もあるはずです。

ただし、大学職員は人気が高く、採用は狭き門です。そのため、教師を辞職するのは内定をもらった後にするのがいいでしょう。

ひとまず非常勤講師として働く選択肢も

授業風景

教師のままでは転職活動が難しいということであれば、ひとまず非常勤講師として、自分の受け持つ授業のみを行いながら、転職活動をする方法もあります。

 これなら教師を続けながら、比較的自由な勤務体系となり、転職活動を進めやすくなるでしょう。

教える仕事に携わり続けながら転職活動ができるため、塾や予備校など、今後も教える仕事を検討している人におすすめです。

教師からほかの業種への転職を叶える3つのポイント

教師からの転職を成功させるには、いくつか押さえておきたいポイントがあります。ここでは、教師からの転職を叶える3つのポイントを紹介していきましょう。

教員免許や経験が有利になる職種を探す

授業風景

教育分野以外の業種に転職できる可能性ももちろんゼロではありませんが、難易度はどうしても高くなってしまいます。

 教師がスムーズに転職するためには、上記で紹介したような、教員免許やこれまでの教師経験を活かした転職先を探すのがおすすめです。

教師の経験が有利になる職種では、優遇されることも少なくないはず。

教師の仕事で身に付けたスキルを、自分のアピールポイントとして有効活用してみましょう。

民間企業のビジネスマナーを理解する

新卒採用の場合、ビジネスマナーを学ぶ機会が設けられていますが、中途採用の場合はビジネスマナーが身に付いていることが前提です。

 民間企業と学校の職場環境は大きく異なることを踏まえ、ビジネスマナーに自信がないなら、事前に学んでおくのがベストです。

ビジネスマナー研修などを受講して、仕組みやスタンスを理解しておきましょう。

ビジネスマナーが身に付いているかどうかが、採用の分かれ道になることもあるかもしれません。

転職のタイミングを明確にする

時計とカレンダー

転職のタイミングが限定的な教師の場合、「いい求人があれば転職する」というスタンスでは、いつまでたっても上手くいきません。

 転職するタイミングを決めて、それに向けて転職活動を進めていくのがおすすめです。

4月に転職するのであれば、年内には気になる求人を見つけ、年明けごろから書類選考、2月には内定というスケジュールがスムーズでしょう。

転職時期を明確にすることで、いつ何をすればいいかが判断しやすくなります。

教師から転職する際の注意点

注意マーク

民間企業の会社員と違い、教師は学校単位でサイクルが決まっているため、転職時の注意点が多いです。

ここでは、教師から転職するにあたっての注意点を紹介します。

教師から転職する際の注意点
  • 在職中に転職活動をする
  • 年収が下がる可能性がある
  • 退職時期を意識してスケジュールを組む
  • 学校関係者に転職活動のことを口外しない
  • 教員以外の職種に転職したいなら早めに行動する

それぞれ、解説しますね。

在職中に転職活動をする

教師から転職する場合、なるべく在職中に転職活動をするようにしましょう。

 というのも、退職後の転職活動は金銭的にも精神的にも追い込まれる可能性があります。

転職活動は最短でも3ヶ月かかると言われています。そして、誰しもがうまくいくとは限りません。

また、転職活動をしてみたら「教師という仕事も悪くないかも」と心変わりする可能性もあります。そのため、なるべく在職中に転職活動をするようにしましょう。

退職後の転職活動は、その間に行なってきたことを説明する必要があり、曖昧な回答では人事担当者に不信感を抱かれる可能性があります。

年収が下がる可能性がある

教師から転職すると年収が下がる可能性があります。

前述した通り、公務員である教師の給与は年功序列が基本で、30代以上になると同年代の民間企業よりも高い傾向です。

特に教育分野とはあまり関係のない未経験分野への転職では年収が下がることは少なくありません。よって、年収が下がること覚悟して転職活動に臨みましょう。

とはいえ、転職先での業界・職種で結果を出せば教師よりも年収を上げることは可能なので、そこまでネガティブになる必要はありません。

退職時期を意識してスケジュールを組む

教師から転職する場合は、退職の時期を意識してスケジュールを組みましょう。

 なぜなら、教師は学校のシステムで仕事がくくられており、年度の途中で退職すれば、生徒にも他の教員にも迷惑をかけるからです。

また、年度途中に退職することは転職時にも不利に働きます。よって、年度が変わる3月末を狙ってスケジュールを組むことがおすすめです。

転職活動は3〜6ヶ月かかるのが一般的なので、9月頃から始めると良いでしょう。

学校関係者に転職活動のことを口外しない

学校関係者(保護者や生徒など)に転職活動をしていることを口外するのは控えましょう。

 学校関係者に転職活動している噂が広がると仕事に支障がでます。

「転職するから授業が適当に感じる」「僕たちが嫌で転職するんでしょ?」のような軽口を叩かれる可能性が否めません。そのため、学校関係者に転職活動をしていることを口外しないのが得策です。

また、退職を伝える場合は、管理職(校長や教頭)に伝えるようにしましょう。

教員以外の職種に転職したいなら早めに行動する

教員以外の職種に転職したいなら早めに転職活動をするようにしましょう。

自分で起業するならまだしも、転職後も雇われの身として働くなら、年齢が若いことに越したことはありません。

実際に未経験分野での転職市場では、40代よりも30代が、30代よりも20代が有利な傾向があるため、早めに行動して損はありません

「教員という仕事が辛い」「未経験分野に挑戦したい」と思うなら、早めに行動するようにしましょう。

 未経験分野へ転職するならば、「転職理由」を明確にしておくことが大切です。

教師からの転職は転職エージェントの活用がおすすめ!

スーツを着た男性

転職でよく活用されるのは、転職サイトと転職エージェントの2つ。どちらも無料で利用できるのは同じですが、サービス内容には明確な違いがあります。

転職サイトと転職エージェント
  • 転職サイト…求人を検索できるサービス
  • 転職エージェント…転職活動をサポートしてくれるサービス

転職サイトは求人を見つけて応募、企業とのやり取りといった流れを、すべて自分で行わなくてはなりません。

それに対して転職エージェントは、担当のコンサルタントを通して、求人の提案から応募書類の添削、模擬面接など、転職の流れ全般をサポートしてくれます。

 転職したいけどどうしたらいいのか分からないという教師の方は、転職エージェントで転職のプロと二人三脚で転職活動を進めていくのがおすすめです。

転職エージェントでは公開求人のほか、転職サイトでは一般公開されていない非公開求人を紹介してくれることもあります。

非公開求人は質の高い求人が多い傾向に!これまで見つけられなかった求人に出会えることもあるでしょう。

教師からの転職におすすめの転職エージェント5選

リクルートエージェント

リクルートエージェント

おすすめポイント
  • 非公開求人が業界最大級
  • 各業界に精通したキャリアアドバイザーによるサポート
  • 転職サポートが充実

リクルートエージェントは、株式会社リクルートが運営する転職エージェントサービス。公開求人数もさることながら、それを上回る非公開求人数を持っているのが大きな特徴です。

 採用事情に詳しい転職のプロが、キャリアアドバイザーとしてしっかりサポート!スキルや希望を踏まえた最適な求人を紹介してもらうことができます。

応募する求人企業との面談調整や条件交渉もキャリアアドバイザーが代行してくれるため、教師と転職活動の両立にも安心です。

全国に拠点があるため、できれば対面で相談したいという人にもいいかもしれません。

運営会社 株式会社リクルート
主なサービス(機能)
  • 求人検索
  • エージェントサービス
  • 転職サポートツール
公開求人数※2022年1月23日時点 158,139件
対応エリア 全国

出典:リクルートエージェント

doda

doda

おすすめポイント
  • 転職サイトと転職エージェント、両方の機能がある
  • 転職オンライン予備校で疑問を解消
  • スカウトサービスもある

dodaは、転職サイトとしても転職エージェントとしても利用することができます。公開求人数、非公開求人数ともに多く、どちらの機能も優秀です。

 転職オンライン予備校も毎月開催!いろいろなテーマの転職セミナーや個別相談で、転職活動の疑問を解消することもできます。

企業からの直接のオファーを受け取ることのできるスカウトサービスもあり、仕事をしながら効率よく転職活動を進めることもできます。

履歴書や職務経歴書のテンプレートなど、転職をサポートするツールや読み物も充実していますよ。

運営会社 パーソナルキャリア株式会社
主なサービス(機能)
  • 求人検索
  • エージェントサービス
  • スカウトサービス
  • 転職サポートツール
公開求人数※2022年1月20日時点 118,506件
対応エリア 全国

出典:doda

マイナビエージェント

マイナビエージェント

おすすめポイント
  • 初めての転職を徹底サポート
  • 業界ごとの専任アドバイザー制で安心
  • 企業とやり取りする企業担当アドバイザーがバックアップ

マイナビエージェントは、就職や転職のサポートに強い株式会社マイナビが運営する転職エージェントです。

転職サイトとして求人検索もできますが、検索できるのは保有する求人のほんの一部。たくさんの求人をチェックしたいなら、会員登録が必要です。

 会社の雰囲気や働く環境、採用のポイントなど、求人サイトに掲載されていないような情報もチェック可能!後悔しない転職をサポートしてくれます。

業界・職種ごとに専任チームを設けているため、アドバイザーの専門性が高いのも大きなポイントです。

面談場所は全国各地にあり!応募する求人に合わせた対策を検討してくれるため、安心してサポートを任せることができます。

運営会社 株式会社マイナビ
主なサービス(機能)
  • エージェントサービス
  • 求人検索
  • 転職サポートツール
公開求人数※2022年1月23日時点 34,296件
対応エリア 全国

出典:マイナビエージェント

パソナキャリア

パソナキャリア

おすすめポイント
  • 転職者の希望×企業のニーズ、どちらも把握したマッチング力
  • 業界を熟知した専任のアドバイザーがサポート
  • スカウトサービスもある

パソナキャリアは、人材サービスの先駆者としてのノウハウを活かした転職エージェントサービスです。

企業担当のアドバイザーと転職希望者担当のアドバイザーが、それぞれの希望を把握するため、マッチング力が高いのが特徴です。

 専任のアドバイザーが、カウンセリングからマンツーマンの書類添削、模擬面接としっかりサポート。交渉や調整も担当してくれます。

希望を登録すると求人の提案をしてくれるスカウトサービスもあり、転職活動に時間を割けない人にもおすすめです。

パソナキャリアの求人は70%が非公開求人です。ここにしかない求人を見つけることもできますよ。

運営会社 株式会社パソナ
主なサービス(機能)
  • 求人検索
  • エージェントサービス
  • 転職サポートツール
公開求人数※2022年1月23日時点 39,132件
対応エリア 全国

出典:パソナキャリア

type転職エージェント

type転職エージェント

おすすめポイント
  • キャリアアドバイザーが転職を徹底サポート
  • 転職サポートの豊富な実績によるノウハウがある
  • 首都圏の営業職、企画職、メーカーへの転職に強み

type転職エージェントは、東京・神奈川・千葉・埼玉の首都圏を中心とした営業職、企画職、メーカーへの転職に強みがあります。

 求人検索もできますが、掲載されているのは20%のみ。80%が非公開求人となっています。

専任のアドバイザーが、カウンセリングから内定までのすべての工程をサポート。納得できる転職を目指し、転職の悩みや不安に寄り添ってもらうことができます。

営業職、企画職、メーカーへの転職を検討しているのであれば、type転職エージェントを検討しましょう
運営会社 株式会社キャリアデザインセンター
主なサービス(機能)
  • 求人検索
  • エージェントサービス
  • 転職サポートツール
公開求人数※2022年1月23日時点 非公開
対応エリア 首都圏中心

出典:type転職エージェント

よくある質問

教師からの転職が難しいと言われる理由は?
教師は民間企業とは異なる職種であるため、ビジネス経験が乏しいと判断されることがあります。また、業務量が多く転職時期が限られることもあり、転職が難しいと言われています。
教師におすすめの転職先は?
「塾や予備校の講師」「家庭教師」「教育関係の民間企業」「大学教員」がおすすめです。これらは教育業務で培った経験を活かすことができます。
教師から他の業種へと転職を叶える方法は?
教員免許やこれまでの教師経験を活かした転職先を探すのがおすすめです。また、民間企業のビジネスマナーを身に付けていれば、未経験でも採用される確率は上がります。
教師からの転職に転職エージェントがおすすめの理由は?
転職のプロと二人三脚で転職活動を進めることができるからです。転職エージェントでは、求人紹介や書類添削、模擬面接などのサポートを受けることができます。
教師からの転職におすすめの転職エージェントは?
「リクルートエージェント」「doda」「マイナビエージェント」がおすすめです。これらは大手転職エージェントサービスということもあり、取り扱い求人が豊富で、転職サービスも充実しています。
教師が民間企業に転職した時に、教師の経験は役に立つのか?
どの企業にも社員研修があるので、教育スキルはどこでも重宝されます。
転職エージェントの利用に費用は発生するのか?
転職エージェントは無料で利用できます。そのため、2~3社ほど登録しておくとバランスの取れた転職活動ができます。

まとめ

教師から全く職場環境の異なる民間企業への転職は、転職のタイミングや求められるものの違いなどにより、難易度は高くなります。

しかし、転職を心に決めたうえで、しっかりと対策すれば、教師の経験を活かして輝ける場所を見つけることができるでしょう。

民間企業への就職経験がない教師は、転職についての悩みや不安も大きいはずです。そんなときは転職のプロフェッショナルである転職エージェントを活用するのがいいでしょう。

今回の記事を参考にしながら、転職エージェントを最大限活用して教師からの転職という希望を叶えてください。

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事