警察官から転職するメリット・デメリットは?主な転職先も紹介

警察官から転職するメリット・デメリットは?主な転職先も紹介

警察官は国民の安全を守る、日本において必要不可欠な職業といっても過言ではありません。

安定した給与のもと働ける仕事ではありますが、他業界への転職を希望する人も少なくないのです。

そこで今回は、警察官向け転職エージェント5選をピックアップし特徴を紹介していきます。

この記事でわかること
  • 警察官の主な転職先
  • 警察官が転職するメリット・デメリット
  • 警察官におすすめの転職エージェント

また、転職エージェントを活用することがおすすめな理由についても触れていくため、ぜひ参考にしてみてください。

警察官の転職先は?

警察官の後ろ姿

警察官として働いていたい人が転職する先として、主に以下が挙げられます。

転職先一例
  • 消防士や市役所など他の公務員
  • 警備員
  • 介護士
  • スポーツインストラクター
  • 営業

公務員として勤務していただけに、その経験を活かして他の公務員へ転職するという選択肢があります。やはり、安定している点は公務員のメリットです。

また、警察官のキャリアを活かして警備員として働く、未経験でも取り組みやすい介護士や営業として働く人も少なくありません。

警察官時代に体を動かしていた・鍛えていた経験を活かして、スポーツインストラクターとして働くこともおすすめです。

警察官が転職するメリット

立っている警察官

ワークライフバランスが整いやすい

警察官から転職をすることで、ワークライフバランスが整いやすい点は大きなメリットです。警察官として勤務していると、事件・事故が起きた際の対応に時間がかかることは少なくありません。

 長時間拘束されることで、プライベートの時間を失いワークライフバランスが崩れることが想定されます。

その点、民間企業に転職すると基本的に平日勤務土日祝日休みとなるため、仕事とプライベートをきちんと分けてバランスを保てます。

精神的負担が軽減される

警察官の後ろ姿

責任感が欠如するという訳ではありませんが、警察官よりも民間企業に勤務する方が、良い意味で緊張感を軽減して日々を過ごせるでしょう。

もちろん社風にもよりますが、警察官ほどの上限関係なく仕事に打ち込める点は転職するメリットです。

急な呼び出しがかかりにくいという点も、精神的負担の軽減に繋がります。

副業ができる

警察官は、原則として副業禁止です。そのため、本業以外で収入を得ることは難しいため、なかなか収入アップを図れません。

 民間企業に転職すると副業を認めているところが多いため、副収入を得られる可能性が高まります。

今ではクラウドソーシングなど、自宅など好きな場所で取り組める副業が増えています。短期バイトも充実しているため、収入アップを目指すことは警察官から転職するメリットです。

警察官が転職するデメリット・後悔したこと

警察官の横顔

年収ダウンの可能性がある

警察官から転職することで、年収が下がってしまう可能性は否めません。転職先の給与状況にもよるため、事前にきちんと確認しておきましょう。

主な対策

対策としては、民間企業に勤務するメリットでもある「副業可」を活かし、本業とは別で稼ぎ所を確保することで年収をある程度は確保できます。

空いた時間をうまく活用すれば、副業で月に10万円を稼げる可能性も十分あります。

民間企業に馴染めない恐れがある

話している人物のシルエット

警察官として働いていた人は、営利目的である民間企業の雰囲気になかなか馴染めない可能性はゼロではありません。

社風にもよりますが人との付き合い方も、警察官とは大きく変わる場合があります。

主な対策

民間企業でもそれぞれ社風には違いがあるため、事前に転職エージェントなどを活用して情報収集する、企業説明会などに参加し雰囲気を掴んでおくことで、転職後のギャップを軽減できます。

給与・雇用の安定性を失った

紙幣を持つ手

警察官は公務員となるため、倒産することはありません。また、給与が支払われないといった事態もほぼありえないでしょう。

その点、民間企業では業績によるリストラ、あるいは減給などはあり得る話です。給与・雇用の安定性を失ってしまう点は、警察官から転職するデメリットと言えます。

主な対策

倒産についてはどの企業にもあり得ることですが、やはり業績が安定している大企業に転職することは、リストラ・減給の可能性軽減に繋がります。

退職金がなくなった

紙幣を持つ手

警察官として勤務していると、多額の退職金を手にできます。そのため、老後の備えとしても貯蓄できる点はメリットです。

しかし、民間企業に転職すると退職金がもらえない、あるいは少ないといった事態は十分に考えられます。

主な対策

転職前に、企業の福利厚生をきちんと確認して退職金の有無を確認しましょう。もし退職金が出ない場合は、高年収となる企業に勤務し貯金しておくなどの対策が必要です。

早くに転職しておけば良かった

仕事をする人

警察官にこだわるのではなく、早めに転職をしておけば良かったと後悔している人も少なくありません。

警察官は安定を手にできるため魅力的な仕事ではありますが、民間企業に転職することでストレス軽減や仕事へのやりがいなど、日々が充実するという声も寄せられています。

主な対策

転職エージェントを活用し、民間企業に転職する準備をしておきましょう。また、警察官と民間企業の違いを知るためにも、転職フェアイベントに参加して実情を知ることもおすすめです。

警察官が転職を考える理由は?離職率も解説

社会的信用度の高い警察官ですが、辞めたいと思っている人も一定数はいるようです。警察官が転職を考える理由は何なのでしょうか。また、警察官の離職率についても解説します。

警察官が転職を考える理由
  • 拘束時間が長く、体力的・精神的にきつい
  • 家庭と仕事のバランスが取りにくい
  • 給与が低い。キャリア組、ノンキャリア組で出世に違いがありすぎる
  • 上下関係が厳しく、人間関係がうまく築けない

それぞれ、みていきましょう。

拘束時間が長く、体力的・精神的にきつい

警察官が転職を考える理由のひとつとして、拘束時間が長く体力的・精神的にきついことです。

 警察官は事件や事故が発生すると勤務時間通りに帰宅できないことがあります。この不規則な勤務形態に嫌気が差す人が多いようです。

さらに、事件解決後でも事務処理等のため、拘束時間が長くなります。

警察官は景気に左右されない職業ではありますが、勤務時間が不規則になりがちです。

家庭と仕事のバランスが取りにくい

警察官は、家庭と仕事のバランスが取りにくいです。予定通りに帰れないことが多く、特に小さい子供のいる警察官にとっては家庭がギクシャクする原因になってしまいます。

今の時代は、男性でも家庭を優先したい人が増えてきているため、転職を選ぶのでしょう。

給与が低い。キャリア組、ノンキャリア組で出世に違いがありすぎる

警察官は長い拘束時間の割に給与が低いと言われています。また、キャリア組とノンキャリア組で出世に差がありすぎることで、やる気を失い、転職する人は少なくありません。

ノンキャリア組は巡査からのスタートとなり、どんなに出世しても課長クラスが限界のようです。

キャリア組は人事スピードが速く、警部補としてスタートする場合が多いようです。

上下関係が厳しく、人間関係がうまく築けない

警察官の職場は古い体育会系気質で上下関係が厳しいと言われています。そのため、高圧的な先輩も珍しくありません。男性中心の社会でもあるため、女性にとってはストレスが溜まることが多いようです。

 ネガティブな転職理由ですが、面接ではネガティブなことは言わずにポジティブな理由に変換するようにしましょう。

警察の離職率について

では一体、警察官の離職率はどれくらいなのでしょうか?結論から言うと、警察官の離職率は1%(※1)とそこまで高くありません。

平成29年の調査によると、全国の警察官の数が約26万人で、普通退職者の数は2,728人でしたので、単純計算すると1%です。

全職種の離職率は15%と言われているので、警察官は離職率が低いことが分かります。

警察官は社会的地位も高く、給与も安定していることが離職率の低い要因かもしれません。

警察官から転職するには転職エージェントの活用がおすすめ

笑顔の男性

警察官から転職するにあたって、ぜひ転職エージェントを活用しましょう。

転職エージェントがおすすめな理由
  • キャリアアドバイザーに求人を紹介してもらえる
  • 応募書類の添削や面接対策などを実施してもらえる
  • 非公開求人に出会える
  • 企業からのスカウトを受けられる場合がある
  • 求人票には載らない情報を収集できる

転職業界を熟知したキャリアアドバイザーによるサポートのもと、内定獲得へ向けて転職活動ができます。そのため、個人で活動するよりも内定率アップが期待できるでしょう。

 各転職エージェントが独自に保有する非公開求人に出会える点も、活用する大きなメリットです。

また、転職エージェントによっては企業からスカウトを受けられる場合があるため、自身の仕事の可能性を広げるきっかけになるかもしれません。

キャリアアドバイザーが独自に分析した企業・業界の情報を共有してもらえる点も、転職エージェントのメリットです。

警察官からの転職におすすめの転職エージェント5選

転職を検討中の方は転職エージェントの利用がおすすめです。転職エージェントは数々の転職を経験してきた転職のプロと二人三脚で転職を進めるサービスです。

完全無料で利用可能ですので、ぜひ登録してみましょう。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

おすすめポイント
  • 各業界を転職事情を熟知したアドバイザーが在籍!
  • 求人数の多さは業界でもトップクラス!
  • 独自に分析した企業・業界情報を提供!

リクルートエージェントでは、各業界の転職事情に精通したキャリアアドバイザーが在籍しているため、転職活動をするうえで有益な情報を常に提供してくれる点が特徴です。

 公開・非公開求人を合わせて30万件以上を保有するため、数は業界のなかでも随一となります。一般公開されていない仕事に出会える可能性もゼロではありません。

アドバイザーが独自に分析した企業・業界の情報も提供してくれます。応募書類の添削や面接対策など、トータル的に転職活動をバックアップするため内定率アップの期待が持てるでしょう。

面接力向上・自己分析セミナーなどの転職イベントも開催されているため、積極的に参加してみましょう。

運営会社 株式会社リクルート
主なサービス(機能)
  • 求人紹介
  • 非公開求人の提供
  • 面談の実施
  • 面接対策
  • 志望企業への推薦
公開求人数※2021年12月9日時点 152,357件(非公開求人203,976件)
対応エリア 全国

出典:リクルートエージェント公式

doda

doda

おすすめポイント
  • 専任制で専門スタッフが転職活動をサポート!
  • 企業担当アドバイザーが企業との交渉を代行!
  • パートナーエージェントサービスにより効率良く転職活動ができる!

業界・業種などの転職事情に精通したキャリアアドバイザーが在籍しており、専任制で求職者を全面的にバックアップしてくれます。LINEで気軽に転職相談ができる点も特徴です。

 求職者側からだけでなく企業からのスカウトという形でアクションを起こせるため、今まで出会っていない企業からオファーが届くかもしれません。

キャリアアドバイザーとは別に採用プロジェクト担当が在籍しており、企業との交渉を代行してくれます。求人票に載らないリアルな企業情報を提供してくれるため、転職活動に役立つでしょう。

国内400社以上・5,000人以上のアドバイザーがサポートするパートナーエージェントサービスも提供しています。

運営会社 パーソルキャリア株式会社
主なサービス(機能)
  • 非公開求人の紹介
  • 専門スタッフによるプロ目線での求人紹介
  • 面接のスケジュール調整
  • 書類・面接手続きのサポート
  • スカウトサービス
公開求人数※2021年12月9日時点 112,376件
対応エリア 全国

出典:doda公式

マイナビエージェント

マイナビエージェント

おすすめポイント
  • 業界専任制でキャリアアドバイザーが在籍!
  • 企業担当アドバイザーによるバックアップも受けられる!
  • 面接・自己PRなどのアドバイスが受けられる転職ガイドを提供!

マイナビエージェントでは、経験豊富なキャリアアドバイザーが業界専任制で在籍しています。希望する転職先の業界に詳しいアドバイザーが付くことで、内定率アップが期待できるでしょう。

 企業担当アドバイザーは、人事担当者とやり取りし求人票に載らない情報を引き出し提供してくれます。仕事内容以外である職場の雰囲気などを知れる点はメリットです。

内定獲得へ向けて重要になる面接や自己PRについて、転職成功ノウハウ・転職ガイドを参考にできます。また、転職相談会も随時実施されているため積極的に参加してみましょう。

エリアに特化したキャリアアドバイザーも在籍しているため、転職したい先の市場を熟知している点も魅力となります。

運営会社 株式会社マイナビ
主なサービス(機能)
  • 求人紹介
  • 書類添削
  • 面接対策
  • Web面談・LINE相談
  • 転職ノウハウの提供
  • テーマ別平均年収ランキングの紹介
公開求人数※2021年12月9日時点 32,732件(非公開求人32,226件)
対応エリア 全国

出典:マイナビエージェント公式

リクルートダイレクトスカウト

リクルートダイレクトスカウト

おすすめポイント
  • 年収800万円~2,000万円の求人を多数保有!
  • ヘッドハンターが代わりに仕事を探してくれる!
  • 企業から直接スカウトを受けられるケースもある!

リクルートダイレクトスカウトは、ハイクラス転職に向いている転職エージェントです。年収800万円~2,000万円の求人を多数保有しており、キャリアアップにも適しています。

 登録すると、2021年7月時点で約300社・3,000名以上いるヘッドハンターが仕事を探してくれます。自分では見つけたことがない企業との出会いに期待できるでしょう。

また、ハイクラスな仕事は一般に公開されていないことが少なくありません。経験豊富なヘッドハンターが非公開求人を紹介し、新たな可能性を見出してくれるきっかけになります。

企業からのスカウトが届くと直接やり取りができるため、転職活動を効率良く進められます。

運営会社 株式会社リクルート
主なサービス(機能)
  • 求人検索
  • ヘッドハンターによる求人紹介
  • スカウトサービス
  • 転職事例紹介
公開求人数※2021年12月9日時点 94,054件
対応エリア 全国

出典:リクルートダイレクトスカウト公式

type転職エージェント

type転職エージェント

おすすめポイント
  • 31万人以上の転職支援実績がある!
  • 専任のキャリアアドバイザーが転職を全面的にサポート!
  • 転職相談会・セミナー・イベントを随時開催!

type転職エージェントは、サービス開始から19年のなかで31万人以上の転職支援をした豊富な実績を持つ点が特徴です。積み重ねたノウハウにより、求職者をサポートしてくれます。

 キャリアアドバイザーは専任制で、応募書類の添削や面接対策など全面的にバックアップしてくれます。業界に精通していることから、有益な情報を提供してくれるでしょう。

無料の転職相談会やセミナーを毎週開催しており、キャリアに関する悩みや疑問などをキャリアアドバイザーが1対1で伺い答えてくれます。業界・業種別など多様なため要チェックです。

利用者の満足度は87%(公式サイトによる)と、高い評価を獲得しています。
運営会社 株式会社キャリアデザインセンター
主なサービス(機能)
  • 求人紹介
  • 応募書類・面接アドバイス
  • 面接日程調整
  • 給与等の交渉
公開求人数※2021年12月9日時点 7,930件(非公開求人15,013件)
対応エリア 全国

出典:type転職エージェント公式

よくある質問

警察官からの転職におすすめの転職エージェントは?
リクルートエージェント、doda、マイナビエージェント、リクルートダイレクトスカウト、type転職エージェントが挙げられます。ハイクラス向けの転職エージェントもあるため、高年収となる仕事との出会いも期待できるでしょう。
転職エージェントを活用するメリットは?
転職業界の動向に詳しいキャリアアドバイザーから、求人を紹介してもらえたり、応募書類の添削や面接対策などを実施してもらえたりする点です。内定獲得率アップに繋がるアドバイスが受けられるため、転職活動を有意義に送れます。
警察官の転職先は?
主な転職先としては、消防士や市役所など他の公務員・警備員・介護士・スポーツインストラクター・営業などです。警察官として経験を活かした仕事に転職する人は少なくありません。
警察官が転職するメリットは?
拘束時間が短くなることから、ワークライフバランスが整いやすい点はメリットです。また、良い意味で緊張感を軽減して日々を過ごせること、副業をして稼げることなども挙げられます。
警察官が転職するデメリット・後悔したことは?
年収がダウンしてしまう、民間企業に馴染めない、給与・雇用の安定性を失ったなどはデメリット・後悔したことの代表例です。対策としては、給与のダウンは副業でカバーする、安定性については比較的リストラや倒産の確率が低い大企業に転職するなどが挙げられます。また、民間企業で働く過ごしやすさから、早めに転職すれば良かったと後悔している人もいるようです。
警察官からの転職方法は?
転職エージェントを活用し、キャリアアドバイザーからのサポートを受ける方法がおすすめです。経歴・希望などを踏まえたうえで、適した求人を紹介してくれます。
転職エージェントの利用に費用は発生する?
基本的に、転職エージェントは無料で利用可能です。なかには有料サービスを提供している場合もありますが、無料で十分活用できます。必要性を感じたときのみ、有料版へのアップデートを検討しましょう。

まとめ

この記事では、警察官向け転職エージェント5選を紹介し、警察官から転職するメリット・デメリットについても解説しました。

豊富な求人を保有している、ハイクラス転職を得意としている転職エージェントがあるため、ぜひチェックしておきましょう。

警察官からの転職はワークライフバランスが整う、ストレスが軽減されるなどのメリットがある一方で、年収ダウンなどのデメリットもあります。

対策として、民間企業では副業可能なところが多いため、副収入を得る方法を検討することも念頭に置いておくことをおすすめします。

転職エージェントを利用しアドバイザーにキャリアプランを相談することで、理想に近い転職が実現しやすいです。

記事内で紹介した転職エージェントは無料で利用できるため、ぜひチェックしてみてください。

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事