未経験におすすめの転職エージェント6選|選び方や活用のコツも解説

未経験におすすめの転職エージェント6選|選び方や活用のコツも解説

これまで経験したことがない異業種にチャレンジしたい」と考えている人もいるでしょう。しかし、未経験職種や異業種への転職活動するにあたっては、さまざまな不安もあるはずです。

未経験職種への転職なら、転職エージェントを利用して転職のプロによるサポートを受けるのがいいでしょう。
そこで今回は、未経験職種への転職に利用したいおすすめの転職エージェントや転職を成功させるポイントをまとめて紹介します。
この記事でわかること
  • 未経験の職種におすすめの転職エージェント
  • 未経験の職種を目指す際の転職エージェントの選び方
  • 未経験の職種への転職で転職エージェントを活用するコツ

未経験の職種を成功させるポイントも解説するため、ぜひこの記事を参考に、未経験職種への転職という希望を叶えてください。

未経験の職種を目指すなら転職エージェントがおすすめ!

求人検索

スキルや経歴により判断される転職市場において、未経験職種への転職の難易度は、どうしても高くなるでしょう。

 未経験職種への転職を目指すなら、転職のプロのサポートを受けることのできる転職エージェントを活用するのがおすすめです。

ここでは、転職エージェントがおすすめな理由について解説していきます。

理由①さまざまなサポートにより内定率が高まる

転職エージェントは、転職活動におけるすべての工程をサポートしてくれるのが大きな特徴です。

転職エージェントによる転職サポート
  • 非公開求人を含む求人の紹介
  • 自己分析をサポート
  • 応募書類の添削
  • 面接対策や模擬面接の実施

利用する転職エージェントにもよりますが、基本的には上記にある4つのサポートを受けることができるでしょう。

相談できる相手がいることは、不安の多い転職活動において大きな安心感につながります。

理由②未経験業界の情報提供してもらえる

打ち合わせ

転職活動において、企業や業界研究はマストですが、自分ひとりで進めるのは難しいこともるでしょう。

 転職エージェントを利用することで、業界の転職事情に精通したアドバイザーから情報を得ることができます。

求人票には記載されていないような企業の雰囲気や内部事情といった情報まで、教えてくれることも少なくありません。

転職活動において、情報はあった方がいいでしょう。転職エージェントを活用することで、得られる情報も多くなります。

おすすめの理由③未経験転職のノウハウがある

転職エージェントは、未経験職種への転職をサポートしている実績があります。

 未経験からの転職サポートに強い転職エージェントであれば、さらに安心です。

転職ノウハウを踏まえたアドバイスを受けることで、転職活動の不安も少なくなるかもしれません。

これまでに未経験職種への転職希望者をサポートしてきた経験をもとに、最適なアドバイスをしてくれるでしょう。

未経験での転職におすすめの転職エージェント6選

リクルートエージェント

リクルートエージェント

おすすめポイント
  • 業界最大級の求人数
  • 各業界に詳しいキャリアアドバイザーによるサポート
  • 独自分析した業界や企業の情報を提供

リクルートエージェントは、保有求人が業界最大級の転職エージェントです。エージェントサービスに登録すれば、保有求人を上回る数の非公開求人をチェックすることができます。

 各業界に詳しいキャリアアドバイザーが、転職についての工程をすべてサポートしてくれます。

提出書類の添削や面接対策に加え、独自に分析した業界や企業情報を提供してくれるので、未経験職種への転職も安心です。

たくさんの求人と転職支援のノウハウがあるリクルートエージェントは、登録するに越したことはありません。

運営会社 株式会社リクルート
主なサービス(機能)
  • 求人検索
  • エージェントサービス
  • 転職サポートツール
公開求人数※2022年3月12日時点 174,148件
対応エリア 全国

出典:リクルートエージェント

マイナビエージェント

マイナビエージェント

おすすめポイント
  • 各業界専任制のキャリアアドバイザーがサポート
  • 求人票だけではわからない企業情報を提供
  • ヒアリングによるマッチング力を強化

マイナビエージェントで求職者をサポートしてくれるのは、各業界専任制のキャリアアドバイザーです。その業界に精通しているため、未経験職種への転職でも安心して頼ることができるでしょう。

 企業への営業担当も求人票だけではわからない企業の雰囲気といった情報を共有してくれます。

求職者と企業双方の希望をしっかりヒアリングすることで、マッチング力を強化しているのも特徴です。

サポート体制も充実しており、転職活動をトータルサポートしてくれます。

運営会社 株式会社マイナビ
主なサービス(機能)
  • 求人検索
  • エージェントサービス
  • 転職サポートツール
公開求人数※2022年3月12日時点 34,977件
対応エリア 全国

出典:マイナビエージェント

doda

doda

おすすめポイント
  • 転職サイトと転職エージェント両方の機能
  • オンライン予備校を毎月実施
  • 転職サポートツールが充実

dodaは、転職サイトと転職エージェント両方の機能が充実した転職サービスです。

保有求人数も業界最大級ですが、転職エージェントを利用すればさらに非公開求人もチェックすることができます。

 転職セミナーや個別相談などのプログラムがあるオンライン予備校の活用もおすすめです。

キャリアタイプ診断や自己PR発掘診断といった転職サポートツールも充実しています。

転職に役立つ情報が多いため、まずは情報収集にdodaの転職サイトを利用するのもいいでしょう。

運営会社 パーソルキャリア株式会社
主なサービス(機能)
  • 求人検索
  • エージェントサービス
  • 転職サポートツール
公開求人数※2022年3月12日時点 126,682件
対応エリア 全国

出典:doda

就職Shop

就職Shop

おすすめポイント
  • リクルートが運営する対面型の転職支援サービス
  • 20代・未経験者歓迎の求人がメイン
  • 求人票だけではわからない情報も提供

就職Shopは、株式会社リクルートが運営する対面型の転職支援サービスです。

既卒やフリーター、新卒、第二新卒などを対象としており、取り扱う求人は、未経験者歓迎の正社員求人ばかりです。

 すべて取材した求人なので、労働環境や雰囲気、教育体制といった情報も提供してもらうことができます。

書類選考を飛ばして面接に進むことができるのも、就職Shopの大きなポイントです。

店舗があるのは、首都圏と関西です。どこも駅から近い行きやすい場所にありますよ。

運営会社 株式会社リクルート
主なサービス(機能)
  • エージェントサービス
  • 転職サポートツール
登録企業数※2022年3月12日時点 10,000社※登録企業数
対応エリア 首都圏・関西中心

出典:就職Shop

ハタラクティブ

ハタラクティブ

おすすめポイント
  • 未経験業界への転職をサポートする転職エージェント
  • 適性の高い求人のみ提案
  • 1社ずつ求人に合わせた選考対策

ハタラクティブは、未経験に特化した転職サポートが特徴の転職エージェントです。フリーターやニート、既卒、第二新卒など、20代の転職をサポートしています。

 転職のプロによる客観的な視点から、求職者に適性の高い仕事を厳選して紹介。

複数の求人に同時応募するのではなく、1社ずつ選考対策して進めることで、転職成功率を高めます。

未経験歓迎や教育体制が整った求人をメインに取り扱っているため、未経験業種でも安心です。

運営会社 レバレジーズ株式会社
主なサービス(機能)
  • エージェントサービス
  • キャリアカウンセリング
  • 転職サポートツール
公開求人数※2022年3月12日時点 非公開
対応エリア 全国

出典:ハタラクティブ

DYM就職

DYM転職

おすすめポイント
  • 第二新卒・既卒・フリーター・ニートがターゲット
  • スピード感を持って内定までサポート
  • 書類選考なしで面接に進める求人もある

DYM就職は、第二新卒・既卒・フリーター・ニートを対象とした転職エージェントです。

未経験歓迎・研修制度ありの求人を多数保有しているため、未経験職種への転職を希望する人にも最適でしょう。

 公開求人は少ないですが、DYM就職が保有しているのはほとんどが非公開求人のため、登録後はしっかりと求人検索が可能です。

スピード感を持って内定までサポートしてくれる体制も充実しており、企業とのつながりが深いため、書類選考なしで面接に進める求人もあります。

未経験業種への転職希望者も安心して利用できる転職エージェントでしょう。

運営会社 株式会社DYM
主なサービス(機能)
  • 求人検索
  • エージェントサービス
  • 転職サポートツール
公開求人数※2022年3月12日時点 43件
対応エリア 全国

出典:DYM就職

未経験向け転職エージェントの選び方

クエスチョンマーク

転職エージェントはたくさんあるため、どれを選べばいいかわからないということもあるでしょう。

選ぶときにチェックしたいのは、以下の項目です。

選び方のポイント
  • 求人数を比較する
  • サービスのタイプを比較する
  • サポートの手厚さを比較する

では、ひとつずつ詳しく見ていきましょう。

求人数を比較する

それぞれの転職エージェントごとに、保有している求人数や求人の種類は異なります。

 どの転職エージェントを選ぶかによって、出会える求人が違うことを理解しておきましょう。

求人数が多いということは、選択肢の幅が広いということになり、希望にマッチした求人を見つけやすくなるでしょう。

転職エージェントの求人数は、チェックしておくべきポイントのひとつです。

サービスのタイプを比較する

相談

転職エージェントには、総合型と特化型の2つに分類されます。

転職エージェントの種類
  • 総合型…サポート対象となるのはすべての業界・すべての年齢
  • 特化型…求人の種類や支援する対象などに特化

広くサポートを行う総合型は、扱う求人が多いのが特徴です。それに対して一部の人に向けたサポートに注力する特化型は、総合型に比べると求人数も少ないでしょう。

 未経験職種への転職に特化している転職エージェントもあります。

両方の転職エージェントを使うことで、どちらのサービスのメリットも得ることができるでしょう。

総合型と特化型、それぞれの転職エージェントに登録するのがおすすめです。

サポートの手厚さを比較する

転職エージェントは、利用する転職エージェントによって異なります。未経験からの転職は、アドバイザーから手厚いサポートが受けられる転職エージェントを選ぶのがいいでしょう。

 アドバイザーの面談などのサポートが充実しているかどうかも、チェックしておきたいポイントです。

未経験の転職のノウハウを教えてくれる転職セミナーや無料相談会などを多く開催しているかどうかもチェックしておくといいでしょう。

また、転職エージェントのなかには、ビジネスマナー講座や入社後のフォローまでサポートしてくれるものもあります。

未経験の転職は、サポートしてくれるアドバイザーの質が大きく影響します。

未経験での転職で転職エージェントを活用するコツ

パソコン

転職エージェントは複数登録して併用する

転職エージェントは、ひとつだけでなく複数登録して、併用するのがおすすめです。

複数登録すべき理由
  • 求人の選択肢が広がる
  • アドバイザーの比較検討ができる
  • アドバイザーとの相性が悪かった場合のリスク軽減

転職エージェントごとに保有する求人の内容は異なるため、複数登録することで求人選択の幅が広がります。

 また、アドバイザーの比較検討ができることも、大きなメリットです。

ひとりのアドバイザーしか知らない場合は、こんなものかなと思ってしまうかもしれませんが、複数のアドバイザーにサポートしてもらうことで、違いを感じることができるでしょう。

転職エージェントの複数登録は、転職活動の基本です。

担当者と相性が合わない場合はすぐに変更する

仕事をする人

担当者は事前に選べるわけではなく、どんな人が当たるかはわかりません。

 アドバイザーの質は転職活動に大きく影響します。

担当アドバイザーとの相性が合わないと感じた場合は、できるだけ早くアドバイザーの変更申請を行うのがおすすめです。

良いアドバイザーを見極めるポイント
  • 転職先の希望を理解してくれる
  • 希望に沿った求人を提案してくれる
  • 提案の理由を説明してくれる
  • レスポンスが早い
  • 無理に転職を進めてこない

ただし、対人間のため、相性ももちろん重要です。上記に当てはまっていたとしても、なぜか合わないと感じることもあるかもしれません。

いいと感じたアドバイザーに出会えたら、重点的にサポートしてもらうといいでしょう。

未経験の職種・業界への転職を成功させるポイント

未経験歓迎の求人の場合、同じような未経験の求職者がライバルになります。ここでは、ライバルとなる未経験者と差をつけるポイントを押さえていきましょう。

挑戦したいという意欲を示す

仕事をする人

専門知識やその業界での経験をアピールできない未経験者の場合、「未経験だけどチャレンジしたい!」という強い意欲を示さなければなりません。

 いかに意欲を伝えるかが、勝負を分けるカギとなります。

履歴書や面接でしっかり熱意が伝わるよう工夫する必要があるでしょう。

必要な資格があれば勉強して取得する、ポートフォリオを用意するなど、少しでもアピールできる準備がないか考えてみるのがおすすめです。

努力が見えると、仕事に対する意識の高さとして評価されるはず。資格を取得していなくても、勉強中であることをアピールしましょう。

業界研究や企業リサーチは念入りに

転職において業界研究や企業リサーチは重要ですが、未経験職種への転職なら、特にしっかり事前対策しておきましょう。

 未経験可の求人だからと言って、業界についての知識がなくていいというわけではありません。

就業経験がなくても、本やネットを確認する、働いている人に話を聞くなどして業界研究や情報収集をすることはできるでしょう。

業界研究して面接に臨んでいるという姿勢を示すことで、他の求職者との差別化を図ることができるかもしれません。

これまでのスキルや経験も武器にする

仕事

未経験職種であっても、これまで培ったスキルや経験が評価の対象にならないわけではありません。

 業界や職種が違っても、仕事をするうえで共通するスキルもあるでしょう。

これまでのスキルや経験が今後の仕事でどう活かせるのか・どう活かしていきたいのかを、自分なりに考えて説明できるのがベストです。

社会人経験や仕事への熱意をしっかりアピールできれば、内定につなげることができるでしょう。

まとめ

今回は、未経験職種への転職におすすめの転職エージェントをご紹介しました。

職種への知識や経験がない未経験職種への転職は、転職エージェントの力を借りるのがおすすめです。

転職のプロによる全面的なサポートを受けることが、効率よく転職活動を進めるポイントになります。

これまでの仕事での経験をアピールできない分難易度が高い未経験職種への転職だからこそ、転職エージェントの持つ情報とノウハウを最大限活用しましょう。

今回ご紹介した転職エージェントはいずれも無料で利用できるため、ぜひ自分に合ったサービスを見つけて希望の転職を叶えてください。

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事