商社に転職するには?必要なスキルやおすすめの転職エージェントも紹介

商社に転職するには?必要なスキルやおすすめの転職エージェントも紹介

「世界を股にかけるような、グローバルな仕事がしたい」という憧れを持つ人も少なくないでしょう。そんな人に人気が高いのが、商社の仕事です。

商社は転職先として、高い人気を誇ります。それと同時に、狭き門でもあります。

今回は、転職を目指すにあたり知っておきたい、商社の仕事内容や重視されるスキルなどをまとめて確認していきましょう。

この記事でわかること
  • 商社の仕事内容と職種
  • 商社で求められるスキル
  • 商社を目指す人におすすめの転職エージェント

商社への転職を目指すなら、この記事を参考にしてみてください。

転職前に知っておこう!商社の仕事とは?

ビルの眺め

総合商社の仕事内容

総合商社の仕事は主に、買い手と売り手の取引を仲介するトレーディングと、販売チャネルの開拓や物流ネットワークづくりなどにより企業価値を高める事業投資2つです。

 国内外に持つネットワークを駆使してメーカーを支える、ビジネスコーディネーターとしての役割を担うため、仕事内容は多岐にわたります。

商社はメーカーと混同されがちですが、メーカーは自社で物を作っている会社です。商社は自社で物を作らず、貿易や国内企業からの調達した商品を販売します。

取り扱う商品の数や種類が膨大のため、ひとつひとつの知識よりも、幅広い知識と提案力が求められるでしょう

専門商社の仕事内容

書類

あらゆる分野を取り扱う総合商社に対し、医療や医薬、食品、機械、繊維など、特定の分野に特化しているのが専門商社です。

総合商社と同じく、買い手と売り手を仲介したり、付加価値をつけて流通させたりするのが専門商社の主な仕事内容です。

専門商社の種類
  • 総合商社系専門商社
  • メーカー系専門商社
  • 独立系専門商社

独自のノウハウやネットワークによる専門性が高く、総合商社が扱えない商品を取引できるケースもあります。

提案力はもちろんのこと、特化している分野に対する深い知識や市場の分析力が求められるでしょう。

商社にはどんな職種がある?

商社での仕事というと、営業をイメージする人が多いですが、さまざまな職種があります。ここでは商社の主な職種について、営業も含めて順に紹介していきましょう。

商社の花形部署でもある営業

商談をする人

一般的な営業の仕事は物を売ることですが、商社での営業はメーカーの商材調達や販売のサポートが主な仕事です。

複数の企業の事業をつないだりネットワークを構築したりと、取引先に出向く時間が多く体力的にもハードでしょう。

英語のスキルも必要な事務

営業に代わり書類作成や電話対応といったデスクワークを担うのが、事務の仕事です。

海外とやり取りするケースもあり、外国語スキルや各国の税関の知識が必要になることもあります。

英語のスキルがあれば、商社で活躍できる可能性も高いですね。

経営戦略を担う事業企画

パソコン

企業運営のための企画を立てたり経営戦略などを考えたりするのが、事業企画です。

今後の方向性を決めたりするマーケティング要素や、改善案を考えるコンサルティングの役割を担うこともあります。

商社に転職するメリット

ビル

海外で活躍するチャンスが得られる

現在、多くの企業が海外でのビジネスチャンスを見出していることを背景に、規模に関わらずどの商社も、海外進出しています。

 日本だけでなく、世界規模でグローバルに活躍したいという人には、イメージ通りの仕事ができる可能性があるでしょう。

海外出張や駐在など、海外を拠点にして働くこともあるかもしれません。

仕事を通じて海外のさまざまな価値観の触れることができるのは、商社で働く大きなメリットです。

大きなビジネスに携わることができる

握手をする人

基本的に商社が扱うのは、大規模なプロジェクトです。ときには数億円規模のお金が動くようなプロジェクトに参加することもあるかもしれません。

大きなビジネスに関わることができるためプレッシャーも大きいですが、その分やりがいや達成感も大きいでしょう。

勤続年数が少なくても、大きなビジネスに携わることもありますよ。

知識を身につけられる

総合商社の場合は幅広い分野の、専門商社であればある分野に特化した商品知識を身につけることができます。

それに加えて、最先端の技術の情報を得たり、市場調査やマーケティング方法を学んだりと、さまざまな知識を身につけることもできるでしょう。

自分のスキルアップにつながる多様なスキルを習得できることは、大きなメリットです。

商社への転職が難しいと言われる理由

クエスチョンと書かれたカード

商社への転職は難易度が高いと言われています。人気のため競争率が高いことはもちろんですが、その他にどんな理由があるのでしょうか。

新卒採用がメイン

商社は新卒採用がメインで、中途採用を積極的に行っていません。その理由は、新卒者をたくさん採用し、長期的に育てる傾向があるからです。

 商社の中途採用者数は、年間数人~数十人と、狭き門となっています。

採用枠が少なく応募者は多いとなると、必然的に優秀な人でないと内定を獲得することは難しいということになります。

中途採用の場合スキルが重視される

スーツと履歴書

中途採用で重視されるのは、専門的なスキルや経験です。総合商社であっても専門商社であっても、ある業界に対する深い知識があると判断されれば、高く評価されるでしょう。

難易度の高い資格を取得しておくなどして、専門スキルを証明するのがおすすめです。

評価につながりやすい主な資格
  • TOIECなど外国語に関する資格
  • 公開会計士などの金融関係の資格
  • プログラミングなどのIT関係の資格
  • 貿易実務検定など貿易関係の資格

現在の仕事で専門スキルやマネジメントスキルを磨くことができるのであれば、まずはそこに注力してスキルを積むのもいいかもしれません。

商社への転職で必要なスキル

辞書

商社で求められるスキルには、どんなものがあるのでしょうか。ここでは、商社への転職に必要とされるスキルについて紹介します。

語学力

グローバルに展開する商社で活躍するには、ある程度の英語力が求められることもあります。TOEIC600点以上を目安として、英語力を身につけておくのがおすすめです。

 ただし、商社で活躍するためには英語ができることは大前提になります。

したがって、英語に加えて中国語やフランス語など、そのほかの言語も習得している人材は、特に重宝されるでしょう。

扱える言語が多ければ、転職時の大きなアピールポイントにもなりますね。

柔軟性

電球を持つ手

市場に新しい価値を提供する商社で求められているのは、枠にとらわれない斬新な考え方ができる人材です。

さまざまな業界において業務範囲が広がっている今、トレーディングの限界が見え始めています。

よって、成長性を見極めたり、時代の流れを汲んだビジネスを考えたりできる柔軟性は、高く評価されるでしょう。

コミュニケーション能力

社内はもちろん仕入先、販売先とやり取りをしながら仕事を進めていく商社において、仕事上最も必要となるのは、コミュニケーション能力です。

ヒアリング力や交渉力、雑談力がないと、仕事を深めていくことができません。

マネジメントスキル

スーツを着た人物

総合商社においては、経営に関わったりプロジェクト全体を俯瞰したりする必要があるため、マネジメントスキルも重要です。

数字に強いことは大前提になるため、簿記やFPの資格を取得するのもおすすめです。

前職でリーダーとしてプロジェクトに携わり成功したなどの経験があると、転職に有利になるかもしれません。

【転職の参考に】商社の平均年収を解説

【転職の参考に】商社の平均年収を解説

商社が人気である理由の一つは年収の高さではないでしょうか。年収の高さは仕事のモチベーションを保つ上でも、大切な要素です。

ここでは、大手総合商社と専門商社の平均年収を解説します。

大手総合商社の平均年収

まずは、大手の総合商社の平均年収をみていきましょう。

企業名 平均年収
三菱商事 1396万円
伊藤忠商事 1383万円
住友商事 1255万円
丸紅 1221万円
三井物産 1213万円
双日 1090万円
豊田通商 997万円

上表から分かるように、大手総合商社の平均年収は1000万円を超えている会社がほとんどです。

大手総合商社では、30代で年収1000万円に到達すると言われています。

年収が高くなる理由のひとつとして、国内だけではなく海外展開していることが挙げられます。また、大手総合商社の大卒の平均初任給は24.5万円です。

全業界の大卒の平均初任給は21万200円のため、大手総合商社の給料は高水準と言えるでしょう。

 年収アップを叶えたい場合に、大手総合商社へ転職することは賢明な判断と言えます。

参照元:https://shukatsu-mirai.com/archives/59766

専門商社の平均年収

次に専門商社の平均年収をみていきましょう。以下、代表的な専門商社の平均年収です。

企業名 平均年収
伊藤忠エネクス 895万円
ミツウロコグループHD 886万円
三洋貿易 875万円
稲畑産業 874万円
長瀬産業 870万円

上記の専門商社の平均年収は大手総合商社と比較すると低い傾向があります。dodaの調査では、2021年の日本全国の平均年収は403万円です。

 この結果より、代表的な専門商社は大手総合商社ほどの高年収は期待できませんが、日本の平均年収より高いことがあります。

専門商社にはそれぞれの企業で強みが異なり、伊藤忠エネクスは燃料・エネルギー、稲畑産業は化学を専門としています。

専門商社への転職を考えている人は、自分が興味のある分野に挑戦するのがよいでしょう。
参照元:https://shukatsu-mirai.com/archives/59766

商社の平均年収が高い理由

商社の平均年収が高い理由

前述のとおり、商社は平均年収が高いことが分かります。なぜ商社の平均年収は高い傾向にあるのでしょうか。ここでは、商社の平均年収が高い理由を解説します。

①ボーナスの支給が多い

商社は他業界に比べて、ボーナスの支給額が多いです。月の基本給であれば、他業界と大きな差があるわけではありません。

しかし、ボーナスとなると、大手総合商社であれば300~500万円ほど支給されると言われています。その分、平均年収も高くなるのです。

商社は、ボーナスの支給が平均年収の大きなウエイトを占めています。

②在庫を持つ必要がないから

商社は仲介業のため、在庫を持たなくても成立するビジネスです。在庫管理は膨大なコストがかかり、頭を悩ます会社は少なくありません。

商社は、在庫管理にかかるコストを人件費にまわすことができます。商社のビジネスモデル上、利益がそのまま給料に直結しやすい仕組みになっています。

自社商品の在庫を持たなくてよいため、商品ロスによる負債の心配を抱える必要もありません。

③海外赴任があるから

商社の平均年収が高い理由として、海外赴任の手厚い手当にあります。商社は海外赴任が多く、海外赴任時の手当ては高額である可能性が高いです。

海外駐在をしているだけで、月給が2倍以上になることもざらです。年収アップを目指したければ、海外赴任を申し出るとよいでしょう。

子供がいる場合は、子供の教育費などを負担してくれる会社もあります。

商社への転職を成功させるコツをご紹介

ハイタッチをする人

商社は新卒採用が主であり、中途採用で内定を獲得するのは難しいと言われています。難易度の高い転職を成功させるためには転職エージェントの利用がおすすめです。

転職エージェントを利用すると、以下のようなメリットがあります。

転職エージェントの主なメリット
  • 自分に合った求人を提案してもらえる
  • 応募書類の添削をしてもらえる
  • 面接対策をしてもらえる
  • 転職に関する相談に乗ってもらえる
  • 年収交渉を代行してもらえる

このように、さまざまなサポートを受けることができます。多くの転職エージェントは無料で登録・利用できるため、これから転職活動を始める人も情報収集のために登録しておくと良いでしょう。

記事内ではおすすめの転職エージェントもご紹介しています。

複数の転職エージェントに登録しよう

転職エージェントは、ひとつだけでなく複数登録するのがおすすめです。転職エージェントの質は、アドバイザーの力量に左右されます。

特に、難易度や人気の高い商社への転職であればなおさらです。

 担当者との相性もあるため、複数の転職エージェントへ登録して、アドバイザーの良し悪しを判断するのも良いでしょう。

また、転職エージェントによって取り扱う求人は異なり、中には「この転職エージェントにしか求人を出していない」という独占求人もあります

ひとつの転職エージェントでは出会える企業も狭まってしまうでしょう。

商社を目指す人におすすめの転職エージェント6選

商社への転職には転職エージェントの利用をおすすめします。転職のプロであるエージェントと二人三脚で転職活動を進めることができますので、転職の成功率もアップさせることができますよ。

商社への転職で使いたい転職エージェントをご紹介しますのでぜひ参考にしてみてくださいね。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

おすすめポイント
  • 非公開求人を含む保有求人数が多い
  • 実績豊富なキャリアアドバイザーが転職をサポート
  • 独自分析した業界・企業情報を提供

株式会社リクルートが運営するリクルートエージェントは、公開求人・非公開求人数を多く持つ転職エージェントです。

登録するとキャリアアドバイザーが面談のうえ、おすすめの求人を提案してくれます。

 求人探しから内定までの工程を転職のプロが手厚くサポートしてくれるので、安心して転職活動を進めることができます。

独自分析した業界・企業情報を提供してくれるなど、充実した転職サポートを受けることができます。全国各地に拠点があるため、対面で相談に乗ってもらいたいという人にもおすすめです。

求人数が多いということは、商社の求人に出会える可能性も高まります。

運営会社 株式会社リクルート
主なサービス(機能)
  • 求人検索
  • エージェントサービス
  • 転職支援ツール
公開求人数※2022年1月25日時点 158,522件
対応エリア 全国

出典:リクルートエージェント

マイナビエージェント

マイナビエージェント

おすすめポイント
  • キャリアアドバイザーは業界ごとの専任性
  • 企業担当アドバイザーがリアルな企業情報を提供
  • 転職回数別・年齢別の転職ポイントも紹介

マイナビエージェントのキャリアアドバイザーは、業種・職種ごとに専任制のチーム編成です。

質の高いキャリアアドバイザーがいるからこそのマッチング力で、転職希望者の選択肢や可能性を引き出してくれます。

 企業の人事に対応する企業担当アドバイザーは、社風や雰囲気、採用のポイントなど求人情報にない情報を提供してくれるため、入社後のミスマッチを防ぐことができます。

応募先によって選考基準が異なるため、企業に合わせた応募書類の添削や面接対策をしてくれるのも、質の高さの理由です。

年収交渉や入社日など、内定した後までしっかりサポートしてもらうことができますよ。

運営会社 株式会社マイナビ
主なサービス(機能)
  • 求人検索
  • エージェントサービス
  • 転職サポートツール
公開求人数※2022年1月25日時点 34,510件
対応エリア 全国

出典:マイナビエージェント

ビズリーチ

ビズリーチ

おすすめポイント
  • 年収1,000万円以上の求人もたくさん
  • 職務経歴書を見た企業からのスカウトが届く
  • 厳選された企業と直接やり取りできる

ビズリーチが取り扱っているのは、経営幹部や管理職といった、高年収求人です。

採用企業との直接のやり取り、もしくはヘッドハンターのサポートという2つのアプローチから、転職活動を進めることができます。

 面談したり直接企業を紹介されたりするのではなく、企業と直接やり取りできるのが、ビズリーチの特徴です。

ビズリーチがおすすめなのは、効率的かつ主体的に転職活動を進めたい人です。スカウトを通して、自分の市場価値を確認することができます。

無料でも利用可能ですが、商社への転職を目指すなら、全てのスカウトを閲覧できる有料プランがおすすめです。

運営会社 株式会社ビズリーチ
主なサービス(機能)
  • 求人検索
  • >エージェントサービス
  • 転職ガイド
公開求人数※2022年1月24日時点 17,100件
対応エリア 全国

出典:BIZREACH

doda

doda

おすすめポイント
  • 非公開求人を含む保有求人数が多い
  • 専門スタッフがたくさんの求人からぴったりの求人を提案
  • スカウトサービスもある

dodaは非公開求人を含むおよそ10万件の求人を持つ転職エージェントサービスです。

転職希望者に寄り添う専任のキャリアアドバイザーと、企業人事担当の採用プロジェクト担当が、それぞれの視点から転職をサポートしてくれます。

 キャリアアドバイザーは、変化の激しい転職市場の動向をしっかり把握。サポート力の高さにも定評があります。

履歴書や職務経歴書のサンプル、キャリアタイプ診断なども用意されており、転職活動についての情報収集にも役立てることができるでしょう。

スカウトサービスを利用すれば、企業から直接連絡がくることも!匿名なので安心です。

運営会社 パーソルキャリア株式会社
主なサービス(機能)
  • 求人検索
  • エージェントサービス
  • 転職支援ツール
公開求人数※2022年1月25日時点 119,065件
対応エリア 全国

出典:doda

リクルートダイレクトスカウト

リクルートダイレクトスカウト

おすすめポイント
  • ハイクラス求人に特化した転職エージェントサービス
  • 匿名レジュメを見た企業からスカウトが届く
  • 顧問求人のスカウトサービスもある

リクルートダイレクトスカウトは、株式会社リクルートが運営する転職スカウトサービスです。

求人数は少ないですが、年収8002,000万円のハイクラス求人を取り扱っているのが特徴です。

 匿名レジュメを登録したら、あとはヘッドハンターや企業からスカウトを待つだけです。

会員登録をすると、非公開求人などの限定情報をチェックすることができます。

自分の価値を評価してくれる企業と出会える可能性がある、これが、リクルートダイレクトスカウトを利用するメリットです。

運営会社 株式会社リクルート
主なサービス(機能)
  • 求人検索
  • エージェントサービス
  • 転職サポートツール
公開求人数※2022年1月29日時点 108,423件
対応エリア 全国

出典:リクルートダイレクトスカウト

JACリクルートメント

JAC Recruitment

おすすめポイント
  • 国内大手・外資系・海外進出企業への転職サポートサービス
  • 3050代の役職者や技術者がターゲット
  • スカウトサービスあり

JACリクルートメントは、ロンドン発祥の日系転職エージェントです。イギリス、ドイツ、アジアなどに持つ独自のネットワークにより、グローバル転職に特化しています。

 30~50代の役職者や技術者を対象とした転職エージェント。 JACリクルートメントにしかない求人もたくさんあります。

グローバル転職に精通したコンサルタントが、文化や風土、企業戦略までを理解して、アプローチ方法を検討してくれます。

連絡は24時間以内を基本に、素早く対応!英文レジュメの作成サポートなどもありますよ。
運営会社 株式会社 ジェイエイシーリクルートメント
主なサービス(機能)
  • 求人検索
  • エージェントサービス
公開求人数※2022年1月29日時点 8,444件
対応エリア 全国

出典:JACリクルートメント

よくある質問

商社への転職におすすめの転職エージェントは?
幅広い求人数に触れたい場合は、リクルートエージェント、マイナビエージェント、dodaがおすすめです。ハイクラス求人にアクセスしたい場合は、ビズリーチ、リクルートダイレクトスカウト、JACリクルートメントを利用するとよいでしょう。
商社の仕事内容は?
主に、買い手と売り手の取引を仲介する仕事です。商社にも総合商社と専門商社があり、扱う商材も変わります。
商社にはどんな職種がある?
一般的に商社の職種には営業・事務・事業企画があります。営業はメーカーの商材調達や販売サポートを行います。事務は書類作成や電話対応などを担います。事業企画は、企業運営のための企画を立てたり、経営戦略を考えたりすることが仕事です。
未経験から商社に転職できる?
未経験から商社への転職は難易度が高いと言われています。なぜなら、人気職種のため競争率が高いことと、新卒採用がメインだからです。未経験から転職するとなるとスキルが重視されます。
商社への転職に必要なスキルは?
商社に転職するにあたって必要なスキルは語学力・柔軟性・コミュニケーション能力・マネジメントスキルです。これらのスキルが長けていると転職に有利に働くかもしれません。
商社への転職に必要な資格は?
商社への転職で評価されやすい資格はTOEIC・公認会計士・貿易実務検定・IT関連の資格です。未経験の場合は、これらの資格を取得してから転職活動することをおすすめします。
商社に転職するメリットは?
海外で活躍するチャンスが得られる、大きなビジネスに携わることができる、知識を身につけられるなどが挙げられます。

まとめ

この記事では、商社への転職について詳しく解説しました。

高いスキルが必要となることや中途採用数が少ないことからも、商社への転職難易度は高めだと言えるでしょう。

一人で転職活動を進めるのが不安な場合は、転職エージェントの活用がおすすめです。

記事内では商社を目指す人におすすめの転職エージェントを紹介ししたため、それぞれの特徴を比較しながら自分に合ったサービスを見つけてみてください。

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事