採用サイト 制作

採用サイト制作におすすめの会社5選!費用の目安や作成の流れ・コツも紹介!

採用率をアップさせるなら採用サイトの制作がおすすめです。しかし、採用サイト制作会社は数多くあり、どれを選べば良いのか迷ってしまうでしょう。

強みや費用は会社によって異なるので、予算や利用目的を明確にして選ぶことが大切です。

採用サイト制作のメリット・デメリットについても理解しておけば、サイト制作の判断材料としても役立ちます。

そこで今回は以下の項目について徹底解説をしていきます。

この記事でわかること
  • おすすめの採用サイト制作会社5選
  • 採用サイト制作の費用(料金)相場
  • 制作の流れ
  • 採用サイト制作のメリット・デメリット

採用に悩みを抱えている方はぜひ参考にしてみてください。

採用サイト制作におすすめの会社5選

まずは、採用サイト制作におすすめの会社を厳選して5社紹介します。強みや特徴が異なるので、イメージに合った会社を見つけてください。

株式会社ONE

株式会社ONE

おすすめポイント
  • 400以上の媒体を使い、採用活動をサポート!
  • サイトへの掲載料が割引になる特別なキャンペーンもご用意!
  • 代理店への手数料は一切なし!

株式会社ONEは、中途・バイト・新卒採用まで全領域の採用サイト制作に対応している会社です。全国400以上の取り扱い媒体を持つ実績があります

「Googleしごと検索」への上位表示にも無料で対応しています。

オーダーメイドメニューからテンプレートプランなど、さまざまなプランが用意されています。

 予算や利用目的から、ぴったりのプランを選びましょう。

公式サイト

運営会社 株式会社ONE
事業内容
  • 人材採用事業
  • Web制作・クリエイティブ事業
  • パートナー事業
  • 勤怠管理システム
  • マイナンバー管理システム
費用の目安 プランにより月額5,000円(税込)~
拠点 東京/愛知/大阪/宮城

アイムアンドカンパニー株式会社

アイムアンドカンパニー株式会社

アイムアンドカンパニー株式会社は、ユーザーの視聴覚にダイレクトに作用する魅力あるサイトを制作することに強みを持っています。

選考・内定辞退のようなミスマッチを削減するため、採用ブランディングの理念開発を大切にしています。

就職者にイメージが沸きやすいような企業動画の制作やSNSとの連動など、さまざまな面からアプローチをします。

 既成概念に囚われない画期的な提案が魅力です。
運営会社 アイムアンドカンパニー株式会社
事業内容
  • 企業広告広報制作物の企画・制作
  • ウェブサイトの企画・制作
  • CI計画・VI計画・企業ブランディング
  • PRムービーの企画・制作
費用の目安 非公開
拠点 東京/愛知/大阪/宮城/神奈川

合同会社ファニプロ

合同会社ファニプロ

合同会社ファニプロは、採用広報ツールを得意としている制作会社です。みずほ不動産販売の採用サイトなどの制作実績があります。

制作後も分析ツールを使い、今後の改善や提案などのサポートがあるため安心です。

解決したい採用課題のヒアリングをしっかりと行い、学生と企業のミスマッチを減らすための方法を提案してくれます。

運営会社 合同会社ファニプロ
事業内容
  • 採用サイト制作
  • 採用動画制作
  • 採用パンフレット制作
  • 採用ブランディング
  • 企業ブランディング
  • 企業広報ツール制作
費用の目安 100~200万円(税込)※制作期間/約2~3カ月の場合
拠点 東京

株式会社ビットセンス

株式会社ビットセンス

株式会社ビットセンスは、H.I.Sやコメリ、スタッフサービスなど大手企業の採用サイトの制作実績がある会社です。

さまざまな業界や業種の採用サイトを制作した実績や、豊富なノウハウを持っています。

求職者の意識を変化させる採用ブランディングと、求職者を呼び込むための採用Webマーケティングの両面から最適なプランを提案してくれます。

運営会社 株式会社ビットセンス
事業内容
  • 採用ツールの企画制作
  • Web・映像・DTP・PPTの企画制作
  • 商品・パッケージ
費用の目安
  • 採用パッケージプラン(取材・撮影):528,000円(税込)
  • 採用パッケージプラン(取材・撮影・現行ライティング):792,000円(税込)
拠点 東京/愛知

ANVIE株式会社

ANVIE株式会社

ANVIE株式会社は、高品質な自社採用サイトが誰でも簡単に制作・公開・運用できるサービスを展開しています。

簡単で分かりやすい管理画面であるため、専門知識がなくても即日公開が可能で、自社で運用できます。

公開されたサイトは、indeedをはじめとした求人検索エンジンに自動掲載されます。

 無料デザインと有料デザインが用意されているため、予算に応じて検討しましょう。
運営会社 ANVIE株式会社
事業内容
  • Shopifyを用いたECサイト構築支援、運用支援
  • HRSTUDIOの開発・運営
  • Webサイトの企画・デザイン
  • Webアプリケーション開発
費用の目安
  • スタンダードプラン:737,600円(税込)
  • 画像こだわりプラン:857,600円(税込)
拠点 東京

採用サイト制作の費用(料金)相場

採用サイト制作の費用相場

採用サイト制作の料金相場が大体いくらくらいなのかを知っておけば、予算に合った適切なものを選ぶことができます。

採用サイト制作の費用を比較

今回紹介した会社の料金相場を見てみましょう。

株式会社ONE プランにより月額5,000円(税込)~
アイムアンドカンパニー株式会社 サービス内容によって異なるため、料金は要問合せ
合同会社ファニプロ 100~200万円(税込)
株式会社ビットセンス
  • 採用パッケージプラン(取材・撮影):528,000円(税込)
  • 採用パッケージプラン(取材・撮影・現行ライティング):792,000円(税込)
ANVIE株式会社
  • スタンダードプラン:737,600円(税込)
  • 画像こだわりプラン:857,600円(税込)

会社によって特徴や強みが異なるため、サービス内容や料金には差があります。よって、上記の料金はあくまで目安として比較検討してください。

 採用に関する悩みは企業によってさまざまなので、自社に合ったプランを選ぶことが大切です。

採用サイト制作の費用を左右するポイント

できるだけコストを抑えて採用サイト制作を依頼するためには、料金が変動しやすいポイントを知っておけば安心です。

採用サイト制作の料金・見積が変動しやすい項目
  • 写真・動画撮影
  • イラストデザイン
  • 社員インタビュー・取材

写真・動画撮影

採用サイト制作の費用相場

応募者に対して企業の雰囲気を正しく伝えるために、写真は非常に有効な手段です。文字とは違って、一目見るだけで視覚的に情報を伝えることができます。

伝えたいイメージを固めた上でプロのカメラマンに撮影を依頼すれば、応募率アップにもつながるでしょう。

会社によっては、プランに写真撮影が含まれている場合もありますが、多くの場合は追加のオプション料が必要です。

 写真を依頼するのかどうか、あらかじめ決めておきましょう。

イラストデザイン

採用サイト制作の費用相場

採用サイト制作の上では、サイトデザインが重要です。企業のコンセプトなどをイラストとアニメーションで表現すれば、求職者がサイトを訪れたときの第一印象を身近なものにできます。

データやグラフなどにイラストを取り入れると、一目で伝えたいことを伝えられる効果があります。

イラストで表現したいものがある場合には、オプション料金を確認しておきましょう。

社員インタビュー・取材

採用サイト制作の費用相場

採用サイト制作会社に社員インタビューや取材を依頼することも可能です。代表取締役や実際に働く社員のインタビューを掲載することで得られる効果は、以下の通りです。

社員インタビュー掲載の効果
  • 入社後のイメージが沸きやすい
  • どのような人が働いているのかが分かる
  • 会社の雰囲気を知ることができる
  • エピソードを見て共感が得られる

このように、応募しようか迷っている求職者に対して、不安を解消する効果があります。

しかし、採用サイト制作会社側からすれば、事前準備や当日のインタビュー、記事の編集など手間がかかります

 オプションとして設定している会社も多いので、依頼時にプランに含まれるかどうかを確認しましょう。

採用サイト制作会社の選び方

たくさんある採用サイト制作会社から、どの会社を選べば良いのか迷ってしまうでしょう。ここからは、採用サイトを作成する際に意識したい、制作会社の選び方について解説します。

採用サイト制作会社の選び方
  1. 作成前に丁寧なヒアリングがあるか
  2. ターゲットに合ったサイト制作の提案をしてくれるか
  3. 会社の雰囲気が伝わる写真・動画にこだわっているか

①作成前に丁寧なヒアリングがあるか

採用サイト制作会社の選び方

自社の良さを求職者にしっかりと伝えるには、担当者との制作前の打ち合わせがとても大切です。

自社の強みやアピールポイントを丁寧にヒアリングをしてくれる会社であれば、安心して利用できるでしょう。

採用サイト制作会社自体が、人事や採用の知識が豊富であるかどうかは大切なポイントです。

会社によっては、担当者が元採用担当の経験者である場合もあります。

 担当者に豊富な専門知識があれば、細かい相談にも乗ってくれるでしょう。

②ターゲットに合ったサイト制作の提案をしてくれるか

採用サイト制作会社の選び方

ターゲット若者であるか、中途採用者であるか、シニア層であるかどうかでもサイトのイメージは変わります。

 ターゲットに合った提案をしてくれるかどうかは大切なポイントです。

例えば若者向けの採用サイトなら、学生向けのデザインやSNSと連携するなどがあります

提案を受けた際は、求めているイメージにマッチした内容であるかをしっかりと確認しましょう。

イメージと異なる提案だった場合は、遠慮せずきちんとイメージを伝えましょう。

③会社の雰囲気が伝わる写真・動画にこだわっているか

採用サイト制作会社の選び方

求職者にとって、会社の雰囲気や一緒に働く従業員がどのような人なのかは大切な情報です。

 会社の良い雰囲気が伝わる写真・動画が効果的に掲載されていれば、応募率アップにつながります。

魅せ方は、ターゲットによっても異なります。写真や動画制作に強い会社であれば、ターゲットの目を引くような効果的な映像を用意してくれるでしょう。

自社の魅力・強みをどのようにアピールすれば効果的か、担当者とよく相談しましょう。

採用サイトの作り方・制作の流れ

採用サイト制作はどのような流れで作られるのでしょうか。サイト制作の流れについて、順番に見ていきましょう。

サイト制作の流れ
  1. ターゲットを明確にする
  2. コンセプトを考える
  3. デザインのイメージを考える
  4. 採用サイト制作会社に相談する

①ターゲットを明確にする

採用サイトの作り方・作成の流れ

まずは、募集を行うターゲットが誰であるのか、年齢層などを明確にしましょう。

ターゲットに合った採用サイトを制作すれば自社にマッチした人材を見つけられるので、入社後のミスマッチを防ぐ効果もあります。

採用サイト制作のターゲット例
  • 新卒採用
  • 中途採用
  • アルバイト採用
  • キャリア採用

ターゲットによってもサイトのイメージは全く異なります。採用ターゲットが明確になれば、採用戦略も組み立てやすくなるでしょう。

ターゲットを明確にすると、より求職者の目線に立って考えられるようになりますよ。

②コンセプトを考える

採用サイトの作り方・作成の流れ

ターゲットが明確になったら、次に採用サイトのコンセプを考えましょう。コンセプトの例としては、以下のようなものがあります。

採用サイトのコンセプト
  • マッチングの精度を高めたい
  • 内定辞退率を下げたい
  • 応募率をアップさせたい
  • 優秀な人材を採りたい
  • 女性をたくさん採用したい
  • 費用をかけずに制作したい
  • 経験者をたくさん採用したい

サイトのコンセプトが決まれば、どのような活動をすれば良いのか、どのような採用サイト制作会社に依頼すれば良いのかが明確になります。

 コンセプトは結果を大きく左右するので、慎重に検討しましょう。

例えば女性をたくさん採用したいなら、女性向けの可愛らしいデザインのサイトを作ると、ユーザーの記憶に残りやすいでしょう。

③デザインのイメージを考える

採用サイトの作り方・作成の流れ

最後に、サイトのデザインについて考えます。採用サイトのデザインの例としては、以下のようなものがあります。

採用サイトのデザインの例
  • ユニークで記憶に残るデザイン
  • 温かみがあり、従業員の仲の良さをアピールできるデザイン
  • スタイリッシュでおしゃれなデザイン
  • シンプルで分かりやすいデザイン
  • クスッと笑えるような面白いデザイン

企業のイメージと近いデザインにすれば、入社後のミスマッチを防ぐことができます。

 清潔感がある、落ち着いているなど、求職者がイメージしやすいデザインを心がけましょう。

企業の特徴が分かりやすいキャッチコピーを作るのも効果的ですね。

④採用サイト制作会社に相談する

採用サイトの作り方・作成の流れ

上記の工程が完了すれば、いよいよ採用サイト制作会社に相談します。複数の会社に相談して、特徴や費用を比較・検討しましょう。

自社に合った会社を見つけるためにも、できるだけ複数社に相談するのがおすすめです。

依頼する採用サイト制作会社が決まれば、打ち合わせを行い、サイトを制作していきます。

採用サイトには何を掲載する?

採用サイトの作り方・作成の流れ

掲載すべきコンテンツとして以下の情報を確認される可能性が高いので、あらかじめイメージをまとめておきましょう。

掲載すべきコンテンツ
  1. 募集要項
  2. 選考のプロセス
  3. 代表メッセージ・インタビュー
  4. 社員メッセージ・インタビュー
  5. キャリアパス
  6. 教育制度
  7. 福利厚生
  8. 会社概要

上記のコンテンツがしっかりと掲載されていれば、求職者に会社の雰囲気や特徴をより正確に伝えられるでしょう。

費用を安く抑えたい場合は?

採用サイトの作り方・作成の流れ

費用をかけずに制作をしたい場合は、低価格が売りの採用サイト制作会社を探す必要があります。

 ただし、価格帯だけで制作会社を選んでしまうとイメージ通りのデザインに対応してもらえない可能性もあります。

金額だけで制作会社を選ぶのは要注意ですね。

採用サイト制作のメリット

採用サイトを制作するメリットとしてはどのようなものがあるのでしょうか。

メリット
  1. 応募率をアップさせることができる
  2. 採用にかけるコストを抑えることができる
  3. デザインにこだわることができる

①応募率をアップさせることができる

採用サイト制作のメリット(採用率アップも期待できる?)

写真や動画、社員のインタビューなどを使って求職者に効果的にアピールすることができるでしょう。

 たくさんの求職者が採用ページを見て関心を抱いた場合、応募率アップにつながるかもしれません。

また、ターゲットに明確に訴えることができるため、狙っている層からの応募を集めやすいこともメリットです。

分かりやすい応募ボタンを設置すれば、スムーズに応募へと誘導できますね。

②採用にかけるコストを抑えることができる

採用サイト制作のメリット(採用率アップも期待できる?)

求人広告などを通じて多くのエントリーが届いても、会社にマッチした人材にはなかなか出会えないと悩んでいる企業もあるかもしれません。

 いつまでも採用者が決まらなければ長期的に広告を出し続けなければならず、結果的に費用が膨らんでしまう恐れもあります。

しかし、ターゲットを絞って採用サイトを制作すれば、会社が求める人物像に合った人材が集まりやすいでしょう。

ミスマッチを防ぐことができれば、採用活動の効率化につながります。
 無駄を省くためにも、採用サイトでターゲットを明確にしましょう。

③デザインにこだわることができる

採用サイト制作のメリット(採用率アップも期待できる?)

求人媒体を使って求人を出す場合、ある程度デザインや項目が決められていることがほとんどです。

 掲載できる写真の枚数も限られているため、会社のイメージを全て伝えることができません。

多くの場合で他社の求人と統一されたデザインになるため、伝えられる情報量は限られてしまうでしょう。

一方、採用サイトなら制限なく会社の良さを伝えることができます。デザインも自由に決められるので、求職者によりイメージを伝えやすいメリットがあります。

また、サイト内に社員インタビュー動画や社内を映した動画があれば、より具体的に入社後をイメージできます。

デザインや情報量の制限から解放されるのは、採用サイトの大きなメリットと言えますね。

採用サイト制作のデメリット

採用サイト制作にはたくさんのメリットがあることが分かりました。今度は、制作をするデメリットについても見ておきましょう。

デメリット
  1. コストがかかる
  2. 編集や更新に手間がかかる
  3. 広告を出さなければアクセス数が増えない

①コストがかかる

採用サイト制作のデメリット(費用が掛かる?)

採用サイト制作会社に依頼すれば、制作費用がかかります

 料金はプランやデザインなどによっても異なりますが、本格的なサイトを依頼する場合には高額な費用が必要になることもあります。

採用人数に見合っていない費用をかければ、赤字になってしまうでしょう。したがって、費用対効果を考えて予算を組むことが大切です。

 お互いの認識を合わせておくためにも、依頼前には見積書を作成してもらうことをおすすめします。

複数の会社の見積もりを比較して、予算に合う会社を見極めましょう。

②編集や更新に手間がかかる

採用サイト制作のデメリット(費用が掛かる?)

採用サイトを制作後、自社で管理をする場合には編集や更新に手間がかかってしまいます。

 採用サイト制作会社に管理を依頼することもできますが、管理を代行してもらう場合は別途費用がかかってしまうデメリットがあります。

手間を減らすためにも、できるだけ頻繁に編集をする必要ないシンプルなデザインを依頼しておくのも良いでしょう。

管理方法が分からず古い情報を更新できないまま放置してしまうことがないよう、編集・更新方法についてしっかりとご確認ください。

③広告を出さなければアクセス数が増えない

採用サイト制作のデメリット(費用が掛かる?)

せっかく採用サイトを制作しても、求職者に採用ページがほとんど見られなければ、いつまで経ってもアクセス数の増加につながらない可能性があります。

したがって、アクセス数を増やすためには積極的に広告を出したり、求人媒体を利用したりと工夫が必要です。

例えば株式会社ONEなら、「Googleしごと検索」への上位表示にも無料で対応しています。

よくある質問

採用サイト制作におすすめの会社は?
株式会社ONEなど、豊富な実績と独自のノウハウを持っている会社がおすすめです。
求職者と企業のミスマッチが起きないようなサイト作りを意識した会社なら、内定辞退率を下げることができます。制作実績などを確認してみましょう。
採用サイト制作会社の選び方は?
作成前に丁寧なヒアリングがあるか、ターゲットに合ったサイト制作の提案をしてくれるかなどが大切なポイントです。
会社の雰囲気が伝わる写真・動画にこだわっているかどうかも、応募率アップには重要な点です。
採用サイトの作り方や流れは?
まずはターゲットを明確にして、サイトのコンセプトを考えます。次に、デザインのイメージを決めましょう。
おおまかにイメージが固まったら、採用サイト制作会社に相談します。
イメージ通りのサイトを制作してもらうためにも、複数の会社に相談して費用や担当者の提案などを比較しましょう。
採用サイト制作のメリットは?
自社の雰囲気や強みをアピールできるため、応募率をアップさせることができます。ターゲットを絞った採用サイトを制作することで、結果的に採用にかけるコストを抑えることもできるでしょう。
採用サイト制作のデメリットは?
自社でサイトの管理をする場合には、編集や更新に手間がかかるデメリットがあります。
また、広告を出さなければアクセス数を増やすことができません。制作のためのコストがかかる点もデメリットです。
採用サイト制作は費用が高い?
どのプランで依頼するかによっても費用は変動します。
1からデザインを任せるオーダーメイドプランは手間がかかるため費用が高額になる傾向にあります。
制作後に管理や更新を任せる場合にも、追加で費用がかかるためご注意ください。
採用サイト制作で採用率をアップさせるには?
応募率を増やすことが大切です。広告を出したり求人媒体を利用すれば閲覧数が増えます。
会社の雰囲気が伝わる写真や動画を掲載し、求職者が入社後のイメージを掴みやすいサイト作りが大切です。

まとめ

今回は、採用サイト制作の流れや、採用サイト制作を依頼できるおすすめの政策会社をご紹介しました。強みや費用はそれぞれ異なるので、イメージに合った会社を選びましょう。

選び方としては、ターゲットに合った提案をしてくれるか、丁寧なヒアリングがあるかどうかがポイントです。作り方や流れを把握しておけばスムーズに制作が進みます。

採用サイトを制作すれば、より会社の求める人物像に近い応募者と出会える可能性が高いでしょう。できるだけ費用を抑えてたい場合は、各制作会社の料金プランなどを比較し見積書を作成してもらうのがおすすめです。

今回解説した内容を参考に、魅力的な採用サイトを制作をして、会社のイメージとマッチする人材を集めましょう。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事