【2022年最新】薬剤師の平均年収ランキング|年代別・職場別に紹介

【2022年最新】薬剤師の平均年収ランキング|年代別・職場別に紹介

同世代の薬剤師の年収はどれくらいなんだろう?」「職場による給料の違いはあるのかな?」そんな疑問を持つ薬剤師もいるのではないでしょうか。

薬剤師の年収は、年齢・都道府県・職場ごとに異なります。

そこで今回は、薬剤師の年収を比較したランキングをご紹介します。薬剤師の年収について、詳しく確認していきましょう。

この記事でわかること
  • 年代・都道府県・職場・職種別の薬剤師年収比較ランキング
  • 薬剤師の年収をアップさせる方法
  • 薬剤師の転職は転職エージェントがおすすめの理由

今の年収に不満がある、年収をアップさせたいと考えている薬剤師の方は、ぜひ参考にしてみてください。

【年代別】薬剤師の平均年収

電卓とクエスチョン

令和2年賃金構造基本統計調査(表番号10)」によると、薬剤師の全国平均給与は394,200円、年間賞与は920,900円で、平均年収は565万円です。

年齢別の違いはあるのかどうか、20代、30代、40代それぞれの平均年収を確認していきましょう。

20代の薬剤師の平均年収

まずは、20代の平均年収です。

平均給与 平均賞与 平均年収
20~24歳 284,100円 54,300円 346万円
25~29歳 304,700円 674,500円 430万円

スキルや経験の浅い20代前半はまだ給与が少ないですが、20代後半にもなると400万円台になるようです。

30代の薬剤師の平均年収

薬剤師

続いて30代の薬剤師の平均年収は以下の通りです。

平均給与 平均賞与 平均年収
30~34歳 330,400円 963,800円 492万円
35~39歳 373,800円 1,056,500円 554万円

ある程度経験も積んだ30代は、500万円前後の年収になり、20台と比べ確実にアップ。薬剤師全体の平均年収にグッと近づくことがわかります。

40代の薬剤師の平均年収

最後に、40代の平均年収を見ていきましょう。

平均給与 平均賞与 平均年収
40~44歳 394,500円 1,036,100円 523万円
45~49歳 416,000円 1,257,600円 624万円

40代は、前半と後半でも大きく差があります。40代後半ともなると管理職につくケースも多く、年収がさらに高くなるようです。

薬剤師は経験やスキルが高まる30代、40代と、確実に平均年収がアップしています。

【職場別】薬剤師の平均年収ランキング

薬と体温計とマスク

薬剤師の就業先は、大きく分けると製薬会社、ドラッグストア、調剤薬局、病院の4つです。当然仕事内容にも違いはありますが、年収にも大きく差が出ます。

今回は、マイナビ薬剤師が扱う求人の平均年収を参考にしながら、薬剤師が活躍できる職場を平均年収の高いランキングで見ていきましょう。

参考:マイナビ薬剤師

1位:製薬会社…平均年収543.2万円

製薬、医薬品卸、治験などを行う一般企業では、MRや臨床開発モニター、創薬研究などに携わる薬剤師もいます。

 製薬会社に勤める薬剤師の平均年収は543.2万円と、4つの職場の中で最も高い額でした。

すべての仕事に薬剤師資格が必須というわけではありませんが、薬剤師としてのスキルや知識を活かすことができます。

製薬は利益率の高い業種という点も、年収の高さに反映されています。高い年収を求めるなら、製薬会社を検討するのもいいでしょう。

2位:ドラッグストア…平均年収512.5万円

薬瓶

ドラッグストアに勤務する薬剤師は、お客様の症状に合わせて市販薬を紹介、使用方法を指導するのが仕事です。

ドラッグストアの中には処方箋を取り扱っているところもあり、調剤薬局のように調剤業務に携わることもあります。

 ドラックストアに勤める薬剤師の平均年収は512.5万円と、製薬会社に次いで年収が高くなっています。

店舗によっては、レジや品出しといった店舗業務を行うこともあり、さまざまな業務をこなす必要があるでしょう。店長やエリアマネージャーなどの管理職に昇格すれば、さらに年収も高くなります。

ただし、店舗の規模や地域による差が大きいため、必ずしも高いわけではありません。

3位:調剤薬局…平均年収488.3万円

処方箋と電話

調剤薬局で働く薬剤師は、処方箋をもとに薬を処方する、患者さんの服薬履歴を管理するのが仕事です。

 調剤薬局の年収は、488.3万円となっています。

調剤薬局は全国にたくさんあるため、働く場所の希望を叶えやすいのが大きな魅力。

調剤薬局によっては夕方までに閉店するところや夜遅くまで対応しているところもあり、勤務時間の幅も広いでしょう。

4位:病院…平均年収434.6万円

病院に勤務する薬剤師は、臨床医療やチーム医療など医療に深く携わることができるのが魅力です。主に院内調剤と病棟薬剤師の2通りの働き方があります。

 病院で勤務する薬剤師の平均年収はおよそ400万円と、ほかの薬剤師よりも低めです。

ただし、薬剤部長など管理職になれば、年収アップも期待できるでしょう。夜勤がある場合、夜勤手当がつくこともあります。

医師や看護師との連携が必要な病院薬剤師ならではの知識を身に付けることのできる職場です。

【都道府県別】薬剤師の平均年収ランキング

お金

職場のある都道府県によっても、薬剤師の平均年収に差があります。

どの都道府県の年収が高いのか、「令和2年賃金構造基本統計調査」を参考に、まずは年収が高かった都道府県TOP5をランキング形式で見ていきましょう。

都道府県別年収ランキングTOP5
  • 1位 山口県…779万円
  • 2位 福島県…737万円
  • 3位 宮城県…677万円
  • 4位 長野県…676万円
  • 5位 青森県…661万円

山口県、福島県においては、平均年収が700万円台と、高い平均額になっています。その他の都道府県でも、平均年収600万円台です。

続いては、年収の低かった都道府県WORST5を確認していきましょう。

都道府県別年収ランキングWORST5
  • 1位 沖縄県…460万円
  • 2位 大分県…479万円
  • 3位 岡山県…505万円
  • 4位 東京都…508万円
  • 5位 鹿児島県…519万円

年収の低い都道府県においては、平均年収400万円台と、TOP5と比べると大きな差があることがわかります。

WORST5の中に東京都が含まれていることからもわかるように、注目すべきは、地方都市での年収が高いという点でしょう。一般的な仕事は都心部の方が年収が高い傾向にありますが、薬剤師の場合は地方での年収の方が高い傾向にあります。

 その理由は都市部には薬剤師が多く、地方では不足していることです。

薬剤師が不足しているエリアでは、薬剤師を確保するため、好条件の求人を出しているケースもあります。

場所にこだわらないのであれば、地方に移住するのも年収アップにつながるひとつの方法です。

【職種別】薬剤師の平均年収ランキング

病院で働くスタッフ続いては職種別薬剤師平均年収ランキングです。「令和2年賃金構造基本統計調査(表番号1)」の結果から、10人以上企業規模の、医師・看護師・診療放射線技師・薬剤師・理学療法士について、ランキング形式で確認していきましょう。

平均給与 平均賞与 平均年収
医師 1,102,300円 1,175,600円 1440万円
薬剤師 394,200円 920,900円 565万円
診療放射線技師 372,900円 1,012,300円 548万円
看護師 338,400円 857,500円 491万円
理学療法士 290,600円 702,300円 418万円

※理学療法士は、作業療法士、言語聴覚士、視能訓練士の平均額。

5つの職種のうち、年収が高い方から順に、医師、薬剤師、診療放射線技師、看護師、理学療法士という結果になりました。

医療に関わる専門職種のうち、医師が断トツトップなのは言うまでもありませんが、次いで年収が高いのは薬剤師です。

職場にもよりますが、医療系専門職種において、薬剤師は比較的好待遇な仕事と言えるでしょう。

薬剤師が年収をアップする方法は?

アップ

今の職場で昇格を狙う

今働いている職場で確実に仕事をこなし昇給や昇格を狙うのも、年収アップにつながるひとつの方法です。

調剤薬局やドラックストアであれば管理薬剤師やエリアマネージャーになる、病院であれば薬局長になるなど昇格することで、給料にも反映されます。

 ただし、役職者の数は限られており、職場によってはポストが少ない、可能性が低いといったこともあるでしょう。

また、昇格することで現在の業務内容に加えて新たな業務が発生するかもしれません。

管理者になる場合は、現場をマネジメントする能力やコミュニケーション能力が伴っている必要があります。

資格を取得して手当を増やす

書籍

資格手当のある職場であれば、資格取得を目指すのもひとつの方法です。手当がつくだけでなく、資格の取得により役職につきやすくなることも考えられます。

薬剤師のキャリアアップとなる資格の一例
  • 認定薬剤師 
  • 専門薬剤師
  • 在宅療養支援認定薬剤師
  • NR・サプリメントアドバイザー
  • 健康食品アドバイザー

現状の仕事に関わる資格を選ぶことが、スキルアップにつながるポイントです。患者さんを薬物療法の面からサポートできるようにもなり、医療チームの一員として高い地位を確立することにもなるかもしれません。

ただし、資格取得のための勉強にはある程度時間もお金もかかります。すぐに年収アップにつながるというわけではありません。

待遇のいい職場に転職する

現在の職場で年収アップが見込めない、時間がかかるといった場合には、今よりも待遇がいい職場への転職も検討してみましょう。

 短期間で年収アップするには、転職が手っ取り早い方法です。

未経験の職種ではなく、これまでの職場のスキルや経験を活かせる職種を選ぶことが、年収アップにつながるポイントです。

現状の職場への不満を解消することにもつながるかもしれません。

薬剤師の年収アップのために取っておきたい資格を解説

転職

薬剤師の年収は他の職種に比べると高い傾向がありますが、より高い年収を狙うためには資格を取得することをおすすめします

ここでは、薬剤師の年収アップのために取っておきたい資格を紹介します。

薬剤師の年収アップのために取っておきたい資格
  • 認定薬剤師
  • 専門薬剤師
  • NR・サプリメントアドバイザー

それぞれ、みていきましょう。

認定薬剤師

認定薬剤師は「認定薬剤師制度」により、一定期間の講習や実技を通じて決められた単位を取得することで最新のスキルや知識を有していると認められた薬剤師のことを言います。

認定薬剤師を取得することで以下のようなメリットがあります。

認定薬剤師を取得するメリット
  1. 医師や看護師、患者からの信頼が上がる
  2. 薬学に関する最新の知識やスキルを習得できる
  3. 人脈が広がり、キャリアアップにつながる
  4. 年収アップの可能性が上がる

    また、認定薬剤師には以下のような種類があります。

    種類
    • がん領域
    • 感染症領域
    • 精神科領域
    • 産婦人科領域
    • 小児科領域
    • 腎臓病領域
    • 糖尿病領域
    • その他

      どの資格も膨大な学習時間と費用がかかります。

       例えば、がん薬物療法認定薬剤師になるには40時間20単位を取得して、がん患者への薬剤管理実績を50症例報告する必要があり、資格取得までの費用は20〜30万円と高額です。

      がん領域を例にしましたが、他の領域も同じくらいの学習時間とコストがかかります。そのため、資格取得を目指すなら、本当に必要なのかよく検討するようにしましょう。

      自分の職場に活かせる領域の資格を取得すれば年収アップの可能性があります。

      専門薬剤師

      看護師の年収の内訳

      専門薬剤師とは、特定の分野において薬物療法などの高い知識と技術を有する者として認められた薬剤師です。

      専門薬剤師を取得することで以下のようなメリットがあります。

      専門薬剤師を取得するメリット
      1. 専門分野で活躍できる
      2. 他の薬剤師よりも高収入が期待できる
      3. 医療チームの一員として働くことができる

      専門薬剤師になるためには認定薬剤師の資格を取得していることが必須条件です。

       その上で、長期的に専門分野の薬物療法に従事していたり、講習会で単位を取得したり、学会で学術論文を発表したりすることで専門薬剤師の資格を得ることができます。

      NR・サプリメントアドバイザー

      薬の説明をする薬剤師

      NR・サプリメントアドバイザーは、サプリメントや保健機能食品のような商品について、個々に合わせた適切な助言や提案ができる能力があることを認める資格です。

       健康志向が高まる近年において、NR・サプリメントアドバイザーの需要は高まっています。

      NR・サプリメントアドバイザーになれば、ドラックストアや薬局などでサプリメントの相談にくる消費者に対して、専門的な視点からアドバイスをすることができます。

      NR・サプリメントアドバイザーを取得するための条件は以下のとおりです。

      取得条件
      • 日本臨床栄養協会に入会すること

      • 研修単位の取得(40単位)すること

      • 認定試験に合格すること

      参照:日本臨床栄養協会

      認定試験の受験料は15,300円となっています。

      カリキュラムはインターネットによる通信講座で進められるので、忙しい方でも取得しやすいおすすめの資格です。

      薬剤師で年収アップを目指すなら転職エージェントがおすすめ

      ハイタッチ

      転職するには転職サイトを活用し自分ひとりで転職を進める方法と、転職をサポートしてくれる転職エージェントを活用する方法があります。

      待遇のいい職場に転職したいなら、薬剤師に特化した転職エージェントを利用するのがおすすめです。

      薬剤師の転職事情に詳しい

      薬剤師に特化した転職エージェントの場合、担当となるアドバイザーはこれまでに薬剤師の転職をたくさんサポートしているはずです。

       薬剤師の転職に精通しているため、よりリアルなアドバイスを受けることができるでしょう。

      薬剤師ならではの転職事情を理解していることに加え、職場についての情報を提供してもらうこともできます。

      求人票の情報だけではわからない、職場の雰囲気や有休消化率、定着率など、参考になる情報を教えてもらうことができます。

      自分のスキルと経験を客観的に判断してもらうことができる

      スキル

      自分のスキルや強みを仕事に活かせれば、やる気やモチベーションも変わるでしょう。しかし、自分のスキルや強みがわからないということもあるかもしれません。

       転職エージェントを利用すれば、スキルと経験を客観的に判断してもらうこともできます。

      転職エージェントのアドバイザーは、これまでたくさんの薬剤師の転職に関わってきた経験から、スキルや経験を客観的に判断し、求人を提案します。

      提案された求人の内容により、あなたの年収相場や市場価値を把握することにもつながります。

      非公開求人を紹介してもらえる

      転職エージェントを利用する魅力のひとつが、非公開求人を紹介してもらえることです。転職エージェントは、誰でも閲覧できる転職サイトには公開していない非公開求人も保有しています。

       公開求人と比較すると、好条件・高年収というのが、非公開求人の特徴です。

      転職エージェントを利用することで、非公開求人が閲覧できたり紹介をしてもらうことができるでしょう。

      また、場合によっては待遇や給与を交渉してもらうこともできます。希望に合わない場合も、アドバイザーに相談してみることで、好待遇になる可能性もあるでしょう。

      年収アップを狙う薬剤師にとって、非公開求人は魅力的ですね。

      応募書類の添削・面接対策のサポートも受けられる

      向かい合って話す女性

      転職経験が豊富であれば問題ないかもしれませんが、転職が初めての場合、応募書類や面接など、それぞれの工程でどうすればいいのかわからないこともあるでしょう。

       転職エージェントでは、応募書類の添削や面接対策を受けることもできます。

      それぞれの職場の採用ポイントを理解している場合、自分のスキルのどの点を押すべきか、気を付けるポイントなど、より具体的なアドバイスをもらうこともできるでしょう。

      やみくもに取り組むよりも、的確なサポートを受けられることで、より効率的に転職活動を進めることができます。

      年収や条件の交渉を代行してもらえる

      応募時に「希望の年収を得られるだろうか?」「希望の条件で勤務できるだろうか?」と不安になる人も多いのではないでしょうか。

       しかし、聞きにくいからと言って分からないままにしておくと、転職後に「こんなはずではなかった」と後悔してしまう恐れもあります。

      転職エージェントを利用すると、年収や雇用形態、待遇など転職後の条件交渉を代行してもらうことが可能です。

      自分では聞きにくい年収や条件を交渉してもらうことで、安心して転職活動を進められるでしょう。

      転職のプロに交渉を代行してもらえるので、心強いですね。

      年収アップを目指す薬剤師におすすめの転職エージェント3選

      薬キャリAGENT

      薬キャリAGENT

      おすすめポイント
      • 全国の提携転職エージェントの求人を一括検索できる転職サイト
      • たくさんの求人の中から希望に合う求人を見つけることができる
      • 会員登録するとおすすめの転職エージェント3社に登録

      提携している転職エージェントの薬剤師の求人を一括検索できるサービスを提供しているのが薬キャリです。

      運営しているのは、医療業界分野に特化したサービスを提供し続けている会社、エムスリーなので薬剤師の求人も探しやすいでしょう。

       検索できる求人数の多さが薬キャリの大きな魅力。たくさんの転職エージェントをチェックする必要がありません。

      求人特集や転職ノウハウといったコラムも充実しており、転職活動に役立てることもできるでしょう。

      自分のペースで転職活動を進めていきたい人に最適です。
      運営会社 エムスリー株式会社
      主なサービス(機能)
      • 求人検索
      • 転職サポートツール
      公開求人数※2022年2月25日時点 46,185件
      薬剤師の公開求人数※2022年2月25日時点 46,185件
      対応エリア 全国

      出典:薬キャリAGENT

      マイナビ薬剤師

      マイナビ薬剤師

      おすすめポイント
      • 薬剤師求人に特化した転職サイト
      • 面談場所が全国各地にある
      • マイナビネットワークを活かした豊富な求人

      マイナビ薬剤師は、薬剤師求人に特化した求人検索と転職エージェントを利用できるサービス。薬剤師専任アドバイザーの情報力と交渉力で、希望の転職を叶えます。

       面談を行う場所は、全国に15拠点。地方転職の場合も安心して利用できるでしょう。

      薬剤師の転職を助けるコラムやツールも充実しており、はじめて転職活動をする薬剤師にもおすすめです。

      転職相談会やセミナーも随時行っているため、転職を考えているけど何から始めればいいかわからないときにもいいでしょう。

      運営会社

      株式会社マイナビ
      主なサービス(機能)
      • 求人検索
      • エージェントサービス
      • 転職サポートツール
      公開求人数※2022年2月25日時点 56,899件
      薬剤師の公開求人数※2022年2月25日時点 56,899件
      対応エリア 全国

      出典:マイナビ薬剤師

      ファルマスタッフ

      ファルマスタッフ

      おすすめポイント
      • 調剤薬局を中心とした薬剤師求人を多数保有
      • 人材派遣も行っておりサポートも充実
      • 全国に相談場所を持つ

      ファルマスタッフを運営しているのは、グループ企業に調剤薬局の大手チェーンを持つメディカルリソース。調剤薬局の求人を中心に、薬剤師の求人を多く保有する転職エージェントです。

       人材派遣にも対応しており、派遣薬剤師のための教育制度や福利厚生も充実しています。

      全国に12拠点展開しており、求人先には直接足を運ぶことに重点を置いているため、求人票だけではわからない職場の様子を教えてもらうこともできます。

      たくさんの求人を保有しており、ハイクラス求人に出会える可能性もあるでしょう。
      運営会社 株式会社メディカルリソース
      主なサービス(機能)
      • 求人検索
      • エージェントサービス
      • 人材派遣
      • 転職サポートツール
      公開求人数※2022年2月25日時点 41,265件
      薬剤師の公開求人数※2022年2月25日時点 41,265件
      対応エリア 全国

      出典:ファルマスタッフ

      よくある質問

      薬剤師の平均年収は?
      「令和2年賃金構造基本統計調査」によると薬剤師の全国平均給与は394,200円、年間賞与は920,900円で、平均年収は565万円です。30代後半から500万円を超えることが分かっています。
      職場別の薬剤師の平均年収は?
      薬剤師の就業先は、大きく分けると製薬会社、ドラッグストア、調剤薬局、病院の4つです。製薬会社の平均年収は543.2万円、ドラッグストアが512.5万円、調剤薬局が488.3万円、病院が434.6万円となっています。
      都道府県別の薬剤師の平均年収は?
      薬剤師の平均年収が高い都道府県は1位が山口県で779万円、2位が737万円で福島県、3位が宮城県で677万円となっています。逆に一番年収が低い都道府県は沖縄県で460万円となっています。
      薬剤師が年収をアップする方法は?
      「今の職場で昇格を狙う」「資格を取得して手当を増やす」ことが挙げられます。ドラッグストアであれば管理薬剤師やエリアマネージャーになる、病院であれば薬局長になることで給料が上がります。また、現在の職場で年収アップが見込めないと感じる場合は転職を検討しましょう。転職であれば短期間で年収アップを期待できます。
      薬剤師の転職で転職エージェントを利用するメリットは?
      薬剤師の転職事情に詳しいアドバイザーから有益なアドバイスをもらえるため、他のサービスを使っている人よりも有利に転職を進められます。また、応募書類の添削や面接対策のサポートも充実しているので、初めての方でも安心して転職活動に臨めます。
      薬剤師の転職で転職エージェントを利用するデメリットは?
      「アドバイザーとのやりとりが面倒」「アドバイザーと合わない」などが挙げられます。アドバイザーにも当たり外れがあります。もし、アドバイザーと合わないと感じたら、担当の変更を申し出ましょう。
      薬剤師の転職でおすすめの転職エージェントは?
      「薬キャリAGENT」「マイナビ薬剤師」「ファルマスタッフ」がおすすめです。これらは薬剤師の求人が豊富で、手厚い転職サポートを受けることができます。この中でも薬キャリAGENTは検索できる求人数の多さが薬キャリの大きな魅力となっていて、全国の提携転職エージェントの求人を一括検索できる転職サイトです。

      まとめ

      今回は、薬剤師の年収比較についてご紹介しました。

      薬剤師の年収は年齢や働く都道府県、職場などによっても大きく変動するため、参考の数値であることを理解したうえで、今のあなたの年収と比較してみるといいでしょう。

      年収アップの方法はいくつかありますが、できるだけ早く年収アップするためには、転職を視野に入れるのもひとつの方法です。

      薬剤師の転職は、薬剤師に特化した転職エージェントを活用するのがいいでしょう。

      記事内では無料で利用できるおすすめ転職エージェントを紹介したため、年収アップを目指して転職を検討している人はぜひチェックしてみてください。

      ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
      ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
      ・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
      ・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
      ・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
      おすすめの記事