パンフレット

採用パンフレットの作り方とメリット!デザインのコツやおすすめ制作会社を紹介!

優秀な人材を集めたい」「求職者からの応募率をアップさせたい」そのような悩みには、採用パンフレットの制作がおすすめです。

インターネットが普及した現在、採用パンフレットには意味がないと感じている方もいるかもしれませんが、意外にも多くの活用シーンがあります。

求職者に選ばれる面白い採用パンフレットを作れば、広く興味を持ってもらうことができるでしょう。そこで今回は採用パンフレットに関する以下の項目を解説していきます。

この記事でわかること
  • 採用パンフレット制作がおすすめの会社
  • 採用パンフレットの特徴・効果
  • 採用パンフレットを作るメリットデメリット

求職者に好印象を与える表紙のデザインのポイントなども解説していきますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

採用パンフレット制作におすすすめの会社3選

ここからは、採用パンフレット制作におすすめできる会社を厳選して3社紹介します。

採用支援実績が豊富であるため、ノウハウを活かして求職者に効果的なアピールが可能ですよ。

株式会社ONE

株式会社ONE

おすすめポイント
  • 400以上の媒体を使い、採用活動をサポート!
  • サイトへの掲載料が割引になる特別なキャンペーンもご用意!
  • 代理店への手数料は一切なし!

株式会社ONEは、採用アウトソーシング(RPO)支援をはじめとする採用に関わるサービスを展開している会社です。

採用支援で蓄積したノウハウを活かして、求職者に魅力的に見えるパンフレットを制作することが可能です。

採用パンフレット以外にも、以下のようなツールの作成も依頼できます。

株式会社ONEで制作を依頼できるツール
  • 会社概要パンフレット
  • 採用説明会やセミナーなどで使用するチラシ・ポスターなどの紙面デザイン
  • 動画や漫画の制作
  • Webプロモーション

印刷物とWeb媒体の両面から求職者に企業の魅力をアピールできます。

 オーダーメイドプランから費用を抑えたプランまで、企業のニーズに合わせてプランを考えてくれる点も魅力です。
運営会社 株式会社ONE
独自の強み
  • リスティング広告などを使った集客
  • Webアクセス解析
  • 漫画制作
  • 一気貫通サポート
  • オーダーメイドプラン

事業内容

採用アウトソーシング(RPO)支援/人材採用事業/Web制作・クリエイティブ事業/パートナー事業/勤怠管理システム

料金の目安

内容に応じて要相談
拠点 東京/愛知/大阪/宮城

株式会社リフコム

株式会社リフコム

株式会社リフコムは、東京都中央区の制作・印刷会社です。主に印刷物の企画・制作・印刷、ホームページ制作までワンストップで提案しています。

豊富な制作・印刷実績があることも、株式会社リフコムの強みです。設立以来、約50年間にわたる歴史があり、大手企業・官公庁から個人事業まで幅広い制作を担当しています。

事前訪問で悩みや要望にきめ細かく対応してくれるので安心です。
運営会社 株式会社リフコム
独自の強み
  • 企画・制作から印刷・折込までワンストップで対応
  • 大手企業・官公庁から個人事業まで豊富な制作・印刷実績
  • 事前訪問打合せ可能
事業内容 制作サービス(企画・デザイン)/印刷サービス(印刷・加工)
料金の目安 非公開(見積もり無料)
拠点 東京

株式会社ファインプロス

株式会社ファインプロス

株式会社ファインプロスは、印刷物の作成からWebサイト、動画の制作まで採用を促進するさまざまなツールを制作している会社です。

パンフレットだけではなく、カタログやポスターの依頼もできますよ。

ヒアリング内容から、プランナーとデザイナーがチームとなって企画・提案してくれます。

電子ブック翻訳オリジナルイラスト写真撮影もオプションで追加することが可能です。

 Webサイト制作も同時依頼すれば、コストを削減しつつ印刷物に載せきれない情報を掲載することができます。
運営会社 株式会社ファインプロス
独自の強み
  • 求人広告のプロが母集団形成をサポート
  • スポットの代行プランも有り
  • パッケージプランとカスタマイズプランの選択が可能
  • Indeedの運用も依頼可能

事業内容

企業広告の制作(会社案内/パンフレット/カタログ)/ WEBサイト制作 動画制作(採用案内/会社紹介/サービス紹介) /転職エージェント事業

料金の目安

ページ数により異なる

例)4ページ/二つ折り:25万円~

拠点 東京

採用パンフレットとは?基本情報と特徴を解説!

選ばれる採用パンフレットとは?

採用パンフレットは、求職者に対して企業の魅力や情報を伝える採用手法のひとつです。紙媒体のリーフレットや冊子のものなどがあります。

 パンフレットとして物理的に形に残っていることで、いつでも確認がしやすいという特徴があります。

インターネットが普及する以前は、採用パンフレットが採用手法のメインとして用いられてきました。

最近では、インターネットの公式HPで採用サイトを制作して求職者を募る会社もあります。

しかし、インターネットが普及した現在でも採用パンフレットは説明会などで有効活用されています。

採用パンフレットと似ているものとして、会社案内があります。両者は掲載する情報に違いがあります。

採用パンフレットの特徴

選ばれる採用パンフレットとは?

まず、採用パンフレットの掲載内容を見てみましょう。

採用パンフレットの掲載内容
  • 会社情報
  • 代表あいさつ
  • 社員インタビュー
  • 企業の歴史や理念
  • 採用コンセプト・募集要項
  • 社風
  • 福利厚生

会社案内とは違い、採用に関する情報が掲載されています。

 入社を考える求職者向けに作られているため、求職者が知りたい情報が多くあることが特徴です。

このように、一見すると似ているように感じる企業案内と採用パンフレットには、利用目的に大きな違いがあるのです。

例えば新卒向けの採用パンフレットなら、学生目線で理解しやすい構成・文章で作成されています。

会社案内の特徴

選ばれる採用パンフレットとは?

次に、会社案内の掲載内容を見てみましょう。

会社案内の掲載内容
  • 会社概要
  • 企業理念
  • 沿革
  • 代表のあいさつやメッセージ
  • 業務・サービス・取り扱い商品の紹介

会社案内は新規顧客の開拓などを目的として作られており、会社の全体像を知ることができます。

会社自体の情報を知ることはできますが、志望意欲を向上させることは難しいかもしれませんね。

採用パンフレット制作の効果

採用パンフレットを作ることで、どのような効果が見込めるのでしょうか。それぞれを見ていきましょう。

採用パンフレットの効果
  1. 入社後の定着率アップに貢献する
  2. 求職者の志望意欲を向上できる
  3. リマインド効果が期待できる

①入社後の定着率アップに貢献する

採用パンフレットの効果

会社の雰囲気や社風などを伝えることができるため、求職者の入社後のギャップを無くすことができます。

 内定辞退・退社を防ぎ、入社後の定着率アップに貢献することが可能です。

社内の写真や従業員のインタビューを効果的に掲載すれば、より入社後のイメージが沸きやすいでしょう。

②求職者の志望意欲を向上できる

採用パンフレットの効果

会社の魅力を求職者に伝えることができれば、志望意欲を向上することができます。

会社説明会の際に配布すれば、興味を持ってもらうことができるでしょう。

福利厚生などの求職者が企業に直接聞きにくい情報を掲載すれば、「この会社で働きたい」と感じてもらえるかもしれません。

③リマインド効果が期待できる

採用パンフレットの効果

説明会の帰り道や帰宅後など目に付く場所にパンフレットがあれば、何度も企業のことを思い出してもらえるでしょう。

無意識に記憶に残ることで、親しみが沸き応募までのハードルを下げることができます。

検索が必要なインターネットの採用サイトにはない、リマインド効果が期待できます。

面白い・選ばれる採用パンフレットのデザイン

面白い採用パンフレット例(デザイン・表紙・社員紹介)

採用パンフレットはどの企業も力を入れて制作しています。言わば、企業の顔とも言えるでしょう。

 数ある企業から自社を選んでもらうためには、面白い採用パンフレットを作ることがおすすめです。

ここからは、面白いパンフレットを作るコツを解説します。

面白い・選ばれるパンフレットを作るコツ
  1. デザインにこだわる
  2. キャッチコピーを作る
  3. 写真を効果的に使う
  4. 社員紹介を掲載する
  5. クオリティーの高い制作会社を選ぶ

①デザインにこだわる

面白い採用パンフレット例(デザイン・表紙・社員紹介)

デザインひとつで受け手の印象は大きく左右されます。企業のイメージに合ったデザインにすることで、より深く会社の雰囲気を理解してもらうことが可能です。

デザインの例としては、以下のようなものがあります。

デザインの例
  • 多彩な色使いで多様性を表現する
  • 紙の材質で高級感を演出する
  • 漫画を使い分かりにくい内容を伝えやすく工夫する
  • インパクトのある表紙で中を開かせる

ただし、遊び心やウケ狙いの要素があまりにも多すぎる場合、本当に伝えたい内容が伝わらない可能性があるため注意が必要です。

適度に面白さを演出し、求職者の興味を引くことが大切です。

②キャッチコピーを作る

面白い採用パンフレット例(デザイン・表紙・社員紹介)

企業のキャッチコピーは、経営理念に基づいてブランディングを意識して制作されています。企業の特徴を一言で言い表したものです。

印象に残るキャッチコピーは、求職者に興味を抱かせる入り口となります。

 ありきたりなものよりも、目を引く面白いキャッチコピーを作ることが大切です。

ここでは、具体的な企業のキャッチコピーを一部紹介します。

企業のキャッチコピーの例
  • お、ねだん以上。ニトリ:株式会社ニトリ
  • でかける人を、ほほえむ人へ:株式会社西部ホールディングス
  • 心と心で、つながる未来へ:ワタミ株式会社

魅力的なキャッチコピーを考えて、他の企業と差をつけましょう。

③写真を効果的に使う

面白い採用パンフレット例(デザイン・表紙・社員紹介)

会社の雰囲気を伝えるには、写真が効果的です。プロのカメラマンに依頼すれば、魅力的な写真を撮影してくれるでしょう。

写真は文字よりも視認性が高く、記憶に残りやすい特性を持っています。

求職者の心に確実に届けるためには、職場内や従業員の顔などを積極的に掲載して情報の可視化を図ることが大切です。

 文章だけでは伝えきれない雰囲気を伝えてアピールしましょう。

④社員紹介を掲載する

面白い採用パンフレット例(デザイン・表紙・社員紹介)

会社で働いている社員を紹介するのも効果的でしょう。

 社員の1日に密着してみたり、休日の過ごし方や趣味などを掲載したりと、人柄が伝わるような社員紹介を掲載すれば親近感を持ってもらえます。

ターゲットの年齢層に近い社員を選ぶと、より親近感が湧きますね。

⑤クオリティーの高い制作会社を選ぶ

面白い採用パンフレット例(デザイン・表紙・社員紹介)

採用パンフレットのクオリティーは、選ぶ制作会社によっても大きく左右されます。

 複数社を比較して自社に合ったパンフレットを制作してもらえる会社を見つけましょう。

豊富なノウハウを持った会社であれば、企業が抱える悩みや細かい相談にも乗ってもらうことが可能です。時間をかけて選びましょう。

公式HPで制作実績を見るのもおすすめです。

採用パンフレットの活用シーン

採用パンフレットの活用シーン

最近ではインターネットやSNSを活用したものなど、採用手法は多様化しています。紙媒体であるパンフレットの活用シーンはあるのか、気になる方もいるでしょう。

ここからは、採用パンフレットならではの活用シーンを紹介します。

採用パンフレットの活用シーン
  1. 会社説明会・採用イベントで配布
  2. 学校に設置してもらう
  3. PDF・デジタルブックとしてWeb上に後悔する

①会社説明会・採用イベントで配布

採用パンフレットの活用シーン

会社説明会や採用イベントは時間が限られており、求職者に魅力を伝えきることが難しいです。そんな時に採用パンフレットがあれば、採用に関する細かい点を伝えることができます。

 合同説明会などでは求職者はたくさんの企業の話を聞くため、企業の情報を覚えきれないこともあるかもしれません。

また、パンフレットを渡す際に求職者と会話ができるきっかけ作りになるメリットもあります。

採用パンフレットがあれば、帰宅後の落ち着いたタイミングでゆっくり見返してもらえますね。

②学校に設置してもらう

採用パンフレットの活用シーン

新卒採用などの場合、学校に採用パンフレットを設置してもらえば学生の認知度を高めることができます。何度も表紙を見かければ、いつの間にか記憶に残るでしょう。

 CMや広告を打つよりも低価格でターゲットにダイレクトに宣伝をすることができます。

この方法であれば、知名度の低い企業であっても学生に広く知ってもらうことができますね。

③PDF・デジタルブックとしてWeb上に公開する

採用パンフレットの活用シーン

採用パンフレットの活用方法は紙媒体に限りません。PDFやデジタルブックとしてインターネット上で公開することが可能です。

 直接手渡しができない場面でも有効に活用できるので、遠方の求職者へもアピールとしても効果的でしょう。

オンライン説明会の際にメールで送付することもできます。

採用パンフレットのメリット

採用パンフレットを使うことは、企業にとってどのようなメリットがあるのでしょうか。企業目線から解説します。

企業目線のメリット
  1. 企業の魅力を伝えることができる
  2. 求職者の疑問を解決できる
  3. 宣伝効果が期待できる

①企業の魅力を伝えることができる

【企業目線】採用パンフレットのメリット

堅い印象を与える会社案内とは違い、採用パンフレットは親しみやすいデザインで求職者の心を掴むことができます。

 企業の魅力をアピールすることで、志望意欲を向上させることも可能です。

パンフレットでは、以下の情報を掲載することが効果的です。

パンフレットで伝えられる企業の魅力
  • 企業理念
  • 代表挨拶
  • 従業員インタビュー
  • 事業内容
  • 過去の実績
  • 福利厚生

会社で実際に働く従業員のインタビューや福利厚生は、入社後の理解を深めるために役立ちます。

会社案内では伝えきれない魅力をダイレクトにアピールしましょう。

②求職者の疑問を解決できる

【企業目線】採用パンフレットのメリット

求職者が企業に聞きづらい福利厚生についてや残業、職場の雰囲気を載せることで、疑問を解決する手助けとなります。

仕事の1日の流れなどを掲載すれば、入社後のライフスタイルのイメージが沸きやすいでしょう。

Q&Aや従業員へのインタビューなどがあれば、より具体的にアピールすることができます。

 求職者目線に立った情報がたくさん掲載できるので、安心感を与えることができるでしょう。

③宣伝効果が期待できる

【企業目線】採用パンフレットのメリット

パンフレットを求職者が持ち歩けば、自然と多くの人の目に触れることになります。

友人や家族に見せれば記憶に残り、大きな宣伝効果が期待できるでしょう。

求職者が家にパンフレットを持ち帰れば、ふとしたタイミングで目に付くため、定期的に自社を思い出してもらうきっかけづくりの効果もあります。

採用パンフレットのデメリット

採用パンフレットの良さが分かったところで、次はデメリットについて解説します。

デメリット
  1. 増刷などの手間や費用がかかる
  2. 求職者が紛失してしまう可能性がある
  3. 情報更新のたびに印刷し直す必要がある

①増刷などの手間や費用がかかる

採用パンフレットのデメリット

インターネットサイトとは違い、パンフレットには配布できる数に限りがあります。説明会などで配りきってしまった場合、増刷の依頼をする必要があります。

説明会を開催するたびに在庫を確認して増刷をかけるのは手間に感じてしまう方もいるでしょう。

全ページカラーのものや高級な紙質を使っている場合、費用もかさんでしまいます

 在庫を抱えておくだけのスペースも必要です。

②求職者が紛失してしまう可能性がある

採用パンフレットのデメリット

リマインド効果が期待できる採用パンフレットですが、求職者が紛失してしまえば見返すことができません。

パンフレットを見たいタイミングでその場にない時にも見返せないデメリットがあります。

一方、インターネットの採用サイトなら検索すればいつどこでも見ることができるため、利便性は劣ってしまいます。

③情報更新のたびに印刷し直す必要がある

採用パンフレットのデメリット

採用情報や会社の情報を更新するたびに、パンフレットの内容を修正して新たに印刷し直す必要があります。古い情報が掲載されたパンフレットは全て捨ててしまわなければなりません。

毎年情報を更新する場合には、その都度印刷をかける必要があるため手間と費用がかかってしまいます。

また、古い写真の使いまわしも求職者に良い印象を与えることができません。

 定期的に内容を見返して更新する必要があります。

よくある質問

おすすめの採用パンフレット制作会社は?
株式会社ONEがおすすめです。行っている事業も幅広いため、予算やニーズに合わせて選ぶと良いでしょう。
採用パンフレットとは?
求職者に対して企業の魅力や情報を伝える採用手法のひとつです。紙媒体のリーフレットや冊子のものなどがあります。
取引先向けに作られた会社案内とは違い、企業の魅力や採用情報を掲載することができます。
採用パンフレットの特徴や効果は?
パンフレットとして物理的に形に残っていることで、あとから確認がしやすいという特徴があります。
会社の雰囲気や社風などを伝えることができるため、入社後の定着率アップに貢献するなどの効果があります。
選ばれる面白い採用パンフレットを作るコツは?
企業のイメージに合ったデザインにこだわる・印象に残りやすいキャッチコピーを作る・社員紹介を掲載するなどがおすすめです。
クオリティの高い制作会社に依頼するのも良いでしょう。
採用パンフレットの活用シーンは?
会社説明会・採用イベントで配布すれば、求職者に帰宅後にも見返してもらうことができます。
PDF・デジタルブックとしてインターネット上に公開して、オンライン説明会などでメール送付することもできます。
企業目線で見る採用パンフレットのメリットは?
企業の魅力を伝えることができる、福利厚生や会社内容などの求職者の疑問を解決できるなどのメリットがあります。
求職者がパンフレットを持ち歩けば多くの人の目に触れるため、宣伝効果が期待できます。
求職者目線で見る採用パンフレットのメリットは?
会社の雰囲気を知ることができます。企業には聞きずらい福利厚生や残業などについて知ることができる点もメリットでしょう。
会社についてしっかりと理解が深まるため、入社後のミスマッチを防ぐことができます。
採用パンフレットのデメリットは?
パンフレットを全て配布した場合、増刷などの手間や費用がかかってしまう点がデメリットです。
会社の情報や採用についての情報を更新をするたびに修正して印刷し直す必要がある点もデメリットとなるでしょう。

まとめ

採用活動には欠かせない採用パンフレットについて、特徴や効果について解説しました。会社説明会や学校に設置してもらうなどの活用シーンがあります。

選ばれる面白い採用パンフレットを作るコツとしては、キャッチコピーや表紙のデザイン、社員紹介にこだわることが大切です。

制作側だけでなく、実際にパンフレットを目にする求職者のメリットも理解すれば、より魅力的な採用パンフレットが仕上がるでしょう。

今回解説した内容を参考に、企業が求める人材に出会うため、魅力的な採用パンフレットを制作してみてください。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事