会議

企業が大量採用を成功させるコツは?メリット・デメリットも解説!

新規事業の立ち上げのための人材や企業の今後を担う若い人材がたくさん欲しいなぁ……

このように企業の成長のために人材の大量確保を検討している採用担当者は多いのではないでしょうか。

しかし、一口に人材確保と言っても、採用したい人数によって適した採用方法はさまざまです。

大量採用を実現したい場合は、採用のタイミングやコツを押さえておくことが大切です。

そこで今回は大量採用に関する次の項目を解説していきます。

この記事でわかること
  • 大量採用を行うべきタイミング
  • 離職者を増やさないためにはどうするべきか
  • 大量採用のメリット・デメリット など

大量採用を検討している企業はぜひ参考にしてみてくださいね。

大量採用とは何?基本情報を確認!

大量採用とは

名前のとおり、一度にたくさんの人材を採用することを指します。正社員に限らず、アルバイトの募集にも使われることがあります。

大量採用を行うのは、決して大企業だけではありません。

求職者の立場から見ると、「一度に大量に採用している会社は離職率が高いのでは?」と不安に感じるかもしれません。

しかし、大量採用はマイナスな要因だけではなく、事業拡大などのポジティブな要因でも行われます。

 よって、大量採用をしているだけで「離職率が高い」「ブラック企業」などと判断してしまうのは危険です。

新規プロジェクトの立ち上げで新たに人材を確保したい中小企業が行うケースもありますよ。

大量採用の人数の目安

大量採用とは

実は、大量採用の具体的な数字について定義があるわけではありません。

ただし、一般的には10名以上の募集などに「大量採用」という言葉が使われることが多いようです。

また、会社の従業員数に対して募集人数が多い場合にも、「大量採用」という表現が使われることもあります。

大量採用の目安
  • 10名以上の募集
  • 従業員の人数に対し採用数が多い場合

例えば、5名程度の従業員数の会社で5名位以上の募集を行うのは大量採用にあたるでしょう。

一度に採用しすぎると教育が追いつかない可能性も……

ただし、従業員数に対してあまりにも多くの人材を集めてしまうと、教育に手が回らない可能性があります。

 従業員数が少ない場合は、数回に分けて段階的に採用するなど、無理のない範囲で募集を行いましょう。

求人の掲載前のポイント

大量採用とは

大量採用の求人を掲載する際は、ターゲットを絞ることから始めましょう。

ターゲットを明確に絞った求人を出していなければ、理想の人物像に合わない応募が増えてしまう可能性があります。

 希望する人材の条件を洗い出し、より希望に合った求職者を獲得しやすい求人媒体を選ぶことが大切です。

大量採用を行うタイミングとは

大量採用が行われるのはどのようなタイミングが多いのでしょうか。ここでは、大量採用を行うタイミングについて解説します。

大量採用のタイミング
  1. ビジネスが好調であるとき
  2. 離職率を見込んで採用したいとき
  3. 若手を育成したいとき

①ビジネスが好調であるとき

大量採用を行うタイミングとは

事業が拡大しており、急きょたくさんの人材が必要となるケースです。例えば、次のような場合が考えられます。

事業拡大で大量採用が必要となる例
  • 新規プロジェクトを立ち上げたい
  • 依頼が多く手が回らない
  • 新たな部署を創設する

企業が急成長の段階になると積極的に採用活動を行い、事業の拡大をする必要があります。

②離職率を見込んで採用したいとき

大量採用を行うタイミングとは

営業など離職率の高い職種の企業が、離職者数を見込んで本来必要な人数よりも多く採用するケースです。

 厳しい研修を経て、最終的に業務内容についていくことのできる人材だけが残ります。

例えば、一般的に離職率が高いと言われているのは、主に以下のような業界です。

離職率が高いと言われている業種例
  • 金融系業界
  • IT業界
  • メーカー業界
  • 不動産業界

離職率の高い業界=離職者数を見込んでいるとは限らない

離職率の高い業界だからと言ってすべての企業が離職者数を見込んだ大量採用だとは限りません。

たとえば、大手企業など規模が大きい企業では全国に事業所を構えているため、必然的に多くの人材が必要となります。

求職者は業界・業種だけで判断するのではなく、各企業の経営状態などもリサーチしましょう。

③若手を育成したいとき

大量採用を行うタイミングとは

会社の将来を見据えて、若手を育成することを考えるケースです。早いうちから人材を大量に育てておけば、会社が大きくなった際にも人材不足を回避できるでしょう。

大量採用で従業員数を増やしておけば、今後入社する下の世代への教育にも重点をおけるようになりますね。

大量採用を成功させるコツ

大量採用を成功させるためにはどのようなポイントがあるのでしょうか。成功のためのコツについて見ていきましょう。

大量採用を成功させるコツ
  1. インターネットを活用
  2. 採用サイトを制作
  3. 合同説明会に参加

①インターネットを活用

大量採用を成功させるコツ

紙媒体の求人広告とは違い、インターネット地域を問わず多くの人が閲覧できるため、広く応募者を募ることができます。

大手の求人サイトには、主に次のようなものがあります。

大手求人サイトの例
  • en転職
  • リクナビNEXT
  • マイナビ転職
  • type転職エージェント

サイトを通して求職者とやり取りができるので、応募管理がしやすい利点もあります。

求人業界のプロからアドバイスが受けられる!

求人サイトを利用すれば、業界のプロである担当者に求人市場や競合他社の動向などの内部情報を教えてもらえるかもしれません。

また、採用に関する悩みを相談すれば、求人業界に詳しいプロならではの目線で問題を解決に導いてくれるでしょう。

入社後の定着率が悪い、応募者とのミスマッチが起きやすいなど、企業ごとに抱えている悩みは異なります。

②採用サイトを制作する

大量採用を成功させるコツ

自社のサイトに採用ページを制作する方法です。デザインが決められている求人サイトとは違い、自由にカスタマイズできるのが魅力です。

企業の雰囲気をより正確に伝えることができるため、入社後のミスマッチを防げるでしょう。

 写真やデザインにこだわれば、競合他社との差別化も可能です。

求人広告と組み合わせると、より高い効果を得られますよ。

採用サイト制作なら、制作会社に依頼するのがおすすめ!

豊富なノウハウを持った制作会社に依頼すれば、ターゲットに響く魅力的な採用サイトを制作してもらえます。

会社や従業員の顔の写真を効果的に掲載すれば雰囲気が伝わり、応募率のアップにもつながるかもしれません。
 制作会社によって強みや特徴は異なるため、予算や利用目的を明確にして自社に合った会社を選びましょう。

③合同説明会に参加する

大量採用を成功させるコツ

転職イベントや合同説明会は、会場に訪れた求職者と実際に交流できる数少ない採用方法の一つです。

特に新卒者の大量採用を検討している場合は、学生が就職活動を行うタイミングに合わせて合同説明会を行うことで、より効率的に採用活動を行えるでしょう。

採用パンフレットを配布すれば帰宅後に見返せるため、リマインド効果も期待できますよ。

企業が大量採用するメリット・デメリット

企業側から見た大量採用の利点は、どのようなものがあるのでしょうか。それぞれを見ていきましょう。

企業目線のメリット

まずは、企業が大量採用を行う主なメリットを解説します。

企業目線のメリット
  1. 人材が不足する前に確保できる
  2. 一度にまとめて教育ができる
  3. 採用コストを減らせる

①人材が不足する前に確保できる

【企業目線】大量採用のメリット・デメリット

現在日本では少子高齢化が進んでおり、将来的に人材不足になることが予想されます。早い段階で優秀な人材を採用しておけば、人材不足を回避することが可能です。

人材が不足してから採用活動を始れば、欠員の穴埋めや人事担当者の確保などで業務量が増えてしまうでしょう。

従業員の負担が増えた結果、新たな退職者を出してしまうことにもなりかねません。

 人手不足になる将来を見据え、早めに活動を進めておくことが大切です。

②一度にまとめて教育ができる

【企業目線】大量採用のメリット・デメリット

バラバラの時期に少しずつ入社すると、その都度教育をする必要があります。

 何度も研修を行わなければならず、教育担当者の時間ばかりが取られてしまうため、効率も悪いでしょう。

一方、大量採用なら一斉にまとめて研修をすることができます。

大量採用をすれば、教育担当者の負担が軽減するだけではなく、企業が教育の進捗状況を管理しやすい利点もあります。

③採用コストを減らせる

【企業目線】大量採用のメリット・デメリット

応募を集めるための求人広告の掲載料は、何度も依頼すれば費用がかさんでしまいます。また、採用のためのセミナーを開催すれば、人件費や施設のレンタル料も必要です。

ほかにも、人材採用には主に次のようなコストがかかります。
採用にかかる主なコスト
  • 求人広告の掲載料
  • セミナー会場費
  • 紹介インセンティブ
  • セミナー用の資料作成費
  • 採用者選考の人件費
  • 合否連絡の人件費・通信費
 人材が不足する度に採用活動を行うと、採用コストがかかってしまうでしょう。

一方、大量採用なら一度の募集で大量に人材を確保できるため、上記のような採用コストを大幅に削減することができます。

企業目線のデメリット

次に、大量採用の主な欠点についても見ておきましょう。

企業目線のデメリット
  1. 面接の時間や人件費がかかる
  2. ひとりあたりのフォロー時間が減る

①面接などの時間や人件費がかかる

【企業目線】大量採用のメリット・デメリット

一度にたくさんの応募者の連絡や面接対応をしなければならないため、採用担当者は面接対応に時間を取られ、通常の業務に手が回らなくなってしまうかもしれません。

また、採用活動が終わるまでの期間は、一時的に採用担当者を増やすなどの対策が必須です。

 よって、採用活動の規模によっては人員コストがかかってしまう可能性もあります。

会社の繫忙期と採用活動が重ならないように注意したいですね。

②ひとりあたりのフォロー時間が減る

【企業目線】大量採用のメリット・デメリット

少人数採用とは違い、一度にたくさんの新人を見なければなりません。その結果、一人ひとりに使える時間は限られてしまいます。

 目を配りきれなくなった結果、信頼関係が築けずに離職してしまう人もいるかもしれません。

したがって、対応できる範囲内で採用することを心掛けましょう。

採用人数によっては、全員に細やかなフォローをするのが難しいかもしれませんね。

大量採用の注意点

大量採用を行う際には、どのようなことに気を付ければ良いのでしょうか。主な注意点について解説します。

大量採用の注意点
  1. 離職率を上げない工夫をする
  2. 応募連絡に対応できる仕組みづくりをしておく

①離職率を上げない工夫をする

大量採用の注意点

大量採用の場合、採用者ひとりひとりとの関係性が希薄になってしまう危険性があります。困ったことがあればいつでも相談できるような雰囲気作りも大切です。

 一人一人に目を配れる余裕を持った人員配置を心掛けてください。

歓迎会や懇親会などを開催して、職場の人間関係を円滑にし愛社精神をはぐくむことが大切です。

研修などの教育体制もしっかりと管理できるよう、前もって準備をしておきましょう。

②応募連絡などに対応できる仕組みづくりをしておく

大量採用の注意点

求人の掲載期間中は、応募連絡や面接対応などが忙しくなります。日ごろの業務をこなしながら対応するのは、従業員にとって負担です。

掲載を開始する前に人員を増やすなど、余裕を持って対応できるような仕組みづくりを考えておきましょう。

求職者からみた大量採用のメリット・デメリット

大量採用を成功させるには、求職者視点に立つことが大切です。求職者側から見た大量採用を行う際の利点・欠点を見ていきましょう。

求職者目線のメリット

まずは、大量採用を行う主な利点について解説します。

求職者目線のメリット
  1. 選考に通過しやすい
  2. 同期が多い
  3. スキルに合った人材配置が期待できる

①選考に通過しやすい

求職者からみた大量採用のメリット・デメリット

募集枠1名などと決められている求人とは違い、即戦力になると判断されれば比較的選考に通過しやすいメリットがあると考えられます。

人数が限定されていない場合には、企業が設定している基準さえクリアすれば内定をもらうことが可能であるといえるでしょう。
 ただし、大量採用をしているからといって、誰でも内定がもらえるわけではありません。

よって、大量採用の求人に応募する場合であっても、応募書類の添削や面接対策はしっかりと行う必要があります。

②同期が多い

求職者からみた大量採用のメリット・デメリット

同じ時期に入社する同期が多いと、共に成長しあえる仲間や戦友と出会うこともできるでしょう。

 新人研修などを通じて多くの動機と知り合えるため、人脈づくりがスムーズになる利点もあります。

同期が1人もいない職場では、すでに出来上がった人間関係の輪に入っていくのが難しいと感じる人もいるかもしれません。

③スキルに合った人員配置が期待できる

求職者からみた大量採用のメリット・デメリット

多くの人が一度に採用される大量採用では、さまざまなスキルを持つ人材が集まります。よって、経験や希望に応じた人員配置がされる可能性も高まるでしょう。

求職者目線のデメリット

次に、大量採用の主なデメリットについても見ておきましょう。

求職者目線のデメリット
  1. 社内の競争に勝つ必要がある
  2. 自分にかけてもらえる教育時間が短い

①社内の競争に勝つ必要がある

求職者からみた大量採用のメリット・デメリット

同じようなスキルを持つ新人が一度にたくさん入社するため、個性が埋もれてしまう欠点があります。

 自分自身に価値を見出せなくなる可能性があります。

大量の同期がいる環境で上司から評価してもらうには、社内競争に勝たなくてはなりません。

他の同期が持っていないような独自のスキルを身に付けるなどして、自分の価値を高めましょう。

②自分にかけてもらえる教育時間が短い

求職者からみた大量採用のメリット・デメリット

大量採用の場合、研修も一斉に行われることが多いです。そのため、必然的にひとりあたりの教育時間は短くなってしまいます。

教育担当者の負担が大きいため、ちょっとした質問をして良いのか迷ってしまうこともあるでしょう。

大量採用するならぜひ利用したい!おすすめ採用代行サービス2選

大量採用を検討中で、自社の採用担当者だけでは手が回らない……という方は採用業務をプロフェッショナルが代わりに行ってくれる「採用代行サービス」を利用するのがおすすめです。

おすすめの採用代行サービスを2つご紹介します。

株式会社ONE

株式会社ONE

株式会社ONEのここがおすすめ!
  • 様々な雇用形態に柔軟に対応!
  • 利用者の企業に合った採用戦略をプロフェッショナルがコンサルティング!
  • セミナーだけ代行など、お任せしたい業務を選べる!

求人広告代理店ONEは新卒・中途・アルバイト、どの雇用形態でも求人代行を依頼することができます。

これまでの採用代行実績は約3,000案件!経験豊富なエキスパートに採用をお任せできます。

採用代行だけではなく、利用者の企業の採用課題にも親身になってコンサルティングしてもらえます。
また、全ての採用フローを任せるのではなく、労力がかかるセミナーや説明会だけお願いしたい……という要望にも応えてくれます。企業によって、お任せするフローは柔軟に対応してもらえます。

面接は自社で行う、など工夫をすれば、内定者が入社後のギャップで離職してしまうリスクを回避することができますね!

株式会社エール

株式会社yell

株式会社エールのここがおすすめ!
  • 採用ニーズに合わせた最適な広告掲載プランを提案!
  • 求人広告掲載後も採用をサポート!プロのノウハウを教えてもらえる!
  • 全国9ヶ所の拠点で、ネットワークが充実

株式会社エールは主にリクルートの求人媒体での広告掲載をサポートしてくれます。

リクルートのリクナビNEXTは掲載開始から平均2週間で約40件の応募が来るという、特に中途採用を狙っている方は要注目の媒体です。

これらのリクルートのサービスで最適な広告掲載プランを採用のプロフェッショナルが提案してくれます。

求人を出した後もサポートを受けられるので、スムーズな採用が可能です。

また、北海道から福岡まで、日本全国に拠点を持っているのも魅力です。それぞれの地域に合った採用の形を提案してくれます。

よくある質問

大量採用とは?
一度にたくさんの人材を採用することを「大量採用」といいます。
正社員に限らず、アルバイト・パートの募集にも使われることもあります。事業拡大などのポジティブな要因でも大量採用は行われます。
大量採用を行うタイミングは?
事業が拡大しており、急きょたくさんの人材が必要となるケースや、企業の将来を考えて若手を育成することを考えるケースがあります。
また、離職率の高い職種の企業が、離職者数を見込んであらかじめ多めに採用するケースもあります。
大量採用の人数の目安は?
大量採用の具体的な数字について決まっているわけではありません。
一般的には、10名以上の募集などに「大量採用」という言葉が使われるケースが多いようです。また、従業員数に対して募集人数が多い時にも使われることがあります。
企業が大量採用を行うメリット・デメリットは?
人材が不足する前に確保できる、一度にまとめて教育ができるなどの利点があります。
一方、面接などの時間や人員の確保にコストがかかることや、ひとりあたりのフォロー時間が減ることなどが欠点として挙げられます。
求職者にとって大量採用の際のメリット・デメリットは?
募集枠1名などと決められている求人と比較すると選考に通過する確率が高いことや、同期が多いなどの利点があります。
その一方で、社内の競争に勝つ必要がある、自分にかけてもらえる教育時間が短いなどが欠点です。
大量採用を成功させるコツは?
インターネットを活用することや、採用サイトを制作することなどがおすすめです。
インターネットを使えば、地域を限定せず多くの人に求人情報を届けることができます。また、合同説明会に参加して魅力をアピールするのも良いでしょう。
大量採用の際の注意点は?
個別にフォローアップをするなど、離職率を上げない工夫をする必要があります。たくさんの応募連絡や面接対応、合否連絡に対応できるように人員を増やすなどの仕組みづくりをしておくことも大切です。

まとめ

今回は、大量採用が行われるタイミングや、企業目線・求職者目線それぞれのメリットとデメリットについて解説しました。

企業にとっては一度にまとめて教育できるなどの利点がありますが、採用者の離職率を上げないために教育体制の工夫が必要です。

大量採用を成功させるためには、求人情報が多くの人の目に触れるようインターネットの活用が効果的でしょう。

また、自社の魅力や個性をより正確に知ってもらうため、採用サイトを制作するのもおすすめです。

転職イベントや合同説明会に参加すれば、求職者と実際に会話をしながら交流することもできます。今回解説した内容を参考に、大量採用を目指して採用活動を進めてみてください。

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事