JAL(日本航空)の平均年収は?口コミやボーナス事情も詳しく紹介

JAL(日本航空)の平均年収は?口コミやボーナス事情も詳しく紹介

JALは国内大手航空会社で、ビジネスシーン・プライベートにて多くの人に快適な空の旅を提供しています。

その知名度の高さから転職先としても人気が高いです。

そこで今回は、勤務するうえで気になるJALの平均年収や競合他社との比較について紹介します。

この記事でわかること
  • JALの基本情報
  • JALの平均年収
  • 【職種別】JALの平均年収
  • JALの平均年収に対する口コミ・評判

また、残業代やボーナス事情なども解説するため、ぜひ参考にしてみてください。

JAL(日本航空)の基本情報

JAL公式

会社名 日本航空株式会社
本社所在地 〒140-0002
東京都品川区東品川二丁目4番11号 野村不動産天王洲ビル
設立年月日 1951年8月1日
資本金 539,541百万円
主な事業内容 定期航空運送事業及び不定期航空運送事業/航空機使用事業/その他附帯する又は関連する一切の事業
従業員数 13,787人/連結従業員数:36,060人(2021年3月現在)

出典:日本航空株式会社公式

主な事業内容

JALの主な事業として、航空運送事業が挙げられます。国内・国際航空運送事業(旅客、貨物)を営んでおり、連結子会社6社と関連会社1社にて航空運送事業を行っているのです。

 国内線路線数は132、国際線路線数は79となります。日本国内に留まらず世界中をJALの飛行機は飛び回り、人々に快適なフライトを提供しているのです。

なお、航空運送事業における主要な業務・サービスとして以下が挙げられます。

主要業務・サービス
  • 空港旅客サービス
  • グランドハンドリング
  • 整備
  • 貨物
  • 空港周辺事業
  • 旅客販売

その他の事業としては、パッケージ旅行の販売やクレジットカード事業、さらには農業事業やビジネスジェット事業など幅広いサービスを提供しています。

福利厚生

タブレットを操作する人

安心して働くうえで、企業の福利厚生制度の充実度は非常に重要です。転職等を考えている場合、年収とともに事前チェックをする人は少なくありません。

JALでは、2015年度に人財本部内にワークスタイル変革の専門組織を新設し、全社員が今以上にやりがいをもって働き活躍できるよう、意識改革と各種環境整備に継続的に取り組んでいます。

主なワークライフバランス支援制度
産前休職制度、出生休暇、男性の育児休暇、出産特別休暇、育児休職制度、深夜業免除措置、所定労働時間を超えて就業させない制度、所定外労働を制限する制度、子の看護のための休暇制度、配偶者転勤同行休職制度、不妊治療休職制度

上記は全職種に共通する支援制度で、他には業務企画職やパイロット、客室乗務職のみなど、職種別に用意されている点が特徴です。

手厚い支援制度が整っているため、社員にとって安心して働きやすい環境と言えるでしょう。

ワークスタイル変革への取り組みとして、業務を可視化し、なくす・減らす・置き換えに取り組んでいます。

JAL(日本航空)の平均年収

JALの飛行機

JALの平均年収は、有価証券報告書によると2021年3月31日現在で6,784,000円(※1)となります。

日本の平均年収は国税庁によると461万円(※2)と公表されているため、比較するとJALの年収は国民の平均を大きく上回っています。つまり、安定して稼げる企業と言えるでしょう。

※1出典:日本航空株式会社2021年3月期有価証券報告書
※2出典:国税庁ホームページ

新型コロナウイルスの影響を受けている可能性がある

世界中で猛威を振るっている新型コロナウイルスは、旅行業界に大きなダメージを与えています。渡航が禁止されている今、JALの業績も例外ではありません。

業績の悪化は社員の給与に影響も及ぼしていると推測できます。では、過去数年間の有価証券報告書から平均年収の推移を見ていきましょう。

2021年3月期(※1) 6,784,000円
2020年3月期(※2) 8,393,000円
2019年3月期(※3) 8,275,000円
2018年3月期(※4) 8,667,000円
2017年3月期(※5) 8,594,000円

2017年~2021年の3月期を比較すると、800万円代となる2017年~2020年に対して、2021年は600万円台と大幅にダウンしています。

 これは、新型コロナウイルスの影響による業績悪化で、平均年収が下がったと推測できるデータと言えるでしょう。

今後の業績次第では年収が800万円台に戻る、もしくはそれ以上になる可能性もあるため動向に期待です。

日本航空株式会社有価証券報告書URL

【職種別】JAL(日本航空)の平均年収

飛行機の操縦機

ここからは、JALで働く社員の平均年収について見ていきましょう。有価証券報告書での公表はないため、ここではopenworkの情報をもとに紹介します。

出典:openwork

客室乗務員(CA)

客室乗務員として働く社員の平均年収は、およそ458万円です。年収幅は280万円~660万円となっています。

 保安要員として利用者を安全に目的地まで運ぶこと、そして利用者にとって最高のサービスをつくりあげることが客室乗務職の使命です。

提供する食事・飲み物・サービス用品や機内の清掃状況を確認し、気持ちよく利用できるための準備を整えます。快適なサービスを届けられるよう、機長・副操縦士との連携も必要です。

飛行中は食事や飲み物サービスの他、飛行ルートや目的地の説明など利用者一人ひとりに寄り添ったサービスを提供します。

企画

JAL公式

企画職として働く社員の平均年収は、およそ574万円です。年収幅は300万円~810万円となっています。企画職には事務系、数理・IT系、技術系などがあり、それぞれ業務内容は異なります。

業務企画職の地上職事務系では、利用者のニーズや需要動向の予測・分析、それらに応じた商品企画などです。

さらに、営業活動や事業運営に必要な総務・調達・財務・経理・広報・部門ごとの採算管理など多岐に渡ります。

グローバルかつダイナミックなビジネスフィールドでJALを牽引し、新たな価値を創造することが使命です。

総合職

JAL公式

総合職として働く社員の平均年収は、およそ579万円となります。年収幅は340万円~1,000万円となっており、高年収を獲得できる点が魅力の職種です。

総合職は主に事務職と技術職に分けられます。現場で働く人、あるいは整備など裏側で働く人など幅広い業務を担っている職種です。

営業

営業として働く社員の平均年収は、およそ630万円となります。年収幅は400万円~1,200万円であり、各職種のなかでも高い部類となる金額です。

営業は成果をあげれば評価に繋がりやすい点から、高年収を獲得できる職種と言えるでしょう。

JAL(日本航空)の平均年収に対する口コミ・評判

パソコンを操作する人

良い口コミ

JALの良い口コミ
  • 同業他社よりも年収が高いようなので働きがいは感じられる
  • 年次を重ねるとそれなりに給料がもらえる
  • 昇進すると給与が大きくが上がるため頑張りがいがある
  • 若手社員でも上位職へのステップを踏みやすいよう徐々に取り組みがされている
  • 手当が手厚くきちんと給与に反映される

    同じ航空運送事業を営む企業に比べて平均年収が高い設定であることは、社員にとって働きがいに繋がっていると高評価を獲得しています。

     年功序列が色濃いものの、若手社員でも上位職へのステップを踏みやすいよう徐々に取り組みがスタートしているため今後に期待できそうです。

    ある意味、年次を重ねるとそれなりに給料がもらえるという年功序列の社風は、成績がふるわなかった人にとっては安心感にも繋がっている印象を受けます。

    夜勤手当などが手厚くなっている点から、きちんと給与に反映される点も良い評価を獲得している理由です。

    イマイチな口コミ

    パソコンを操作する人

    JALのイマイチな口コミ
    • 年功序列が色濃く成績が良くても飛び級で給与が上がることはない
    • 地上職は決して収入が高くない
    • コロナの影響で賞与を当てにできない
    • 評価基準は厳しい印象

      大企業に多い年功序列な社風について、JALにおいても感じている社員は少なくないようです。成績が良くても飛び級で給与が上がらない点は、意欲に繋がらない要因となっています。

       若手社員の頑張りをきちんと評価する社風に変わりつつあるとの声もあるため、時代とともに年功序列の色は薄くなり実力主義の要素も加わってくるかもしれません。

      あまり年収が高くないという声もあり、これは新型コロナウイルスによる業績悪化が影響していると推測できます。業績が回復し、以前のような年収に戻ることを期待しましょう。

      評価基準が厳しいとの声もあるため、社風が徐々にでも変わり若手社員の意欲に繋がる環境となることに期待です。

      JAL(日本航空)の残業代やボーナス事情

      紙幣

      給与に反映される要素として、残業代やボーナス事情について気にする人は少なくありません。JALはコロナの影響で平均年収が下がっていることもあり、気にすべき点と言えるでしょう。

      残業代について公式ホームページや有価証券報告書などには記載されていないため口コミから調査すると、きちんと超過した時間分は支払ってもらえているとのことです。

       ベースの給与はほぼ変わらない場合、残業代で差が付くとの声もあります。残業をあまりしないよう推奨する企業ではありますが、きちんと手当が付くため安心です。

      なお、総合職については基本給与および残業代のみで形成されるとの声もあるため、可能な範囲で残業をすることで給与アップが見込めそうな印象を受けます。

      賞与については採用情報を見たところ、夏季・年末・期末の年3回が2019年度の実績とされています。

      ただし、コロナウイルスの影響による業績悪化を受けているため、今まで通りに支給されるかと言うと不安を感じる部分です。

      コロナの影響でボーナスは当てにならないとの声も挙がっているため、業績回復による変化に期待といったところです。

      JAL(日本航空)の平均年収を競合他社と比較

      飛行機

      JALは日本が世界に誇る大企業であり、知名度の高さからも転職先としておすすめです。しかし、ここで気になるのは競合他社と比較し平均年収は高いか、低いかではないでしょうか。

      同じ業界で働くのであれば、給与面を意識すると高い方に勤めたいと考える人は少なくありません。競合となるANA・スターフライヤーの平均年収と比較したため紹介します。

      JAL(※1) 6,784,000円
      ANA(※2) 5,637,000円
      スターフライヤー(※3) 5,000,000円

      3社の有価証券報告書による平均年収を比較したところ、JALはANA・スターフライヤーの2社を大きく上回り最も高い金額です。つまり、同業界では安定して稼げる企業と言えます。

       各社コロナによる影響で業績が悪化し、平均年収は下がっている傾向にあります。そのなかで、JALは約670万円という高い水準を維持している点は魅力です。

      なお、上記は有価証券報告書による企業全体の平均金額となるため、あくまで一つの目安として考えておきましょう。

      競合他社と比較して平均年収が高い点は、転職先として多くの人が選択する大きな理由と言っても過言ではありません。

      JAL(日本航空)を目指す人におすすめの転職エージェント3選

      リクルートエージェント

      リクルートエージェント

                おすすめポイント
                • 公開求人数・非公開求人数ともに業界最大級
                • 様々な職種・業種を取り扱っているので、希望の転職先に出会える可能性が高い!
                • 求職者の年収相場などを提示してくれるキャリア査定サービスを利用できる!
                • 完全無料

                リクルートエージェントは公開求人数は116,339件、非公開求人数は174,516件業界最大級の求人を持つ転職エージェントです。

                 保有している求人数が多いので、取り扱っている職種・業種の種類も多いです。希望する職種・業種が見つからないといった心配はまずないでしょう。

                全国の求人を取り扱っていますので、日本のどこからでも利用可能です!

                また、自分のスキルではどの程度の年収の求人を目指せばいいのかわからない...という人にはキャリア査定サービスがおすすめです。

                あなたの今までの職歴などから、おすすめの転職市場・適正年収・キャリアプランを診断してくれます。
                ※2021年6月30日現在
                運営会社 株式会社リクルートキャリア
                主なサービス(機能)
                • エージェントサービス
                • 職務経歴書エディター
                • 面接力向上セミナー
                • 担当者面談
                公開求人数※2021年6月30日時点 116,339件
                拠点 全国対応可

                丸の内/北海道/東北/横浜/静岡/中部/関西/京都/神戸/岡山/広島/九州

                マイナビエージェント

                マイナビエージェント

                おすすめポイント
                • 第二新卒など20代向けの求人が豊富!
                • サポート体制が手厚く、面倒見の良さが評価されている!
                • 非公開求人は10万件以上!自分にぴったりの求人を紹介してもらえる!
                • 完全無料

                マイナビエージェントは20代や第二新卒の転職実績が豊富な転職エージェントになります。もちろん20代だけではなく30代以上の年代の方も利用することができますよ。

                 転職成功に向けてキャリアアドバイザーから手厚いサポートを受けることができます。初めての転職をする方に特におすすめです。

                公開求人数は2万件以上、非公開求人数はなんと10万件以上保有しています。キャリアアドバイザーとの面談を通してあなたにぴったりの求人を紹介してくれるでしょう。

                初めて転職をする方、未経験業種への転職に挑戦したい方はマイナビエージェントがおすすめです。
                運営会社 株式会社マイナビ
                主なサービス(機能)
                • エージェントサービス
                • 履歴書添削サービス
                • 面接対策
                • サポート期間は無期限
                公開求人数※2021年6月30日時点 27,390件
                拠点 全国対応可

                京橋/新宿/神奈川/北海道/宮城/名古屋/京都/大阪/兵庫/福岡

                ビズリーチ

                ビズリーチ

                おすすめポイント
                • 3分の1以上の求人が年収1,000万円超え
                • 企業からのスカウトの中には面談が確約されたものも!
                • 経験豊富なヘッドハンターからアドバイスをもらえる!

                ビズリーチは、即戦力を求める求人が多い点が特徴です。管理職や専門職、次世代リーダー、グローバル人材などの即戦力・ハイクラス人材に特化しています。

                企業や求人のレベルも他のエージェントと比べて高めと言えるでしょう。

                年収1000万円以上の求人も多く保有しているため、年収アップも期待できるでしょう。有料会員になれば、全てのスカウトや求人の閲覧ができます。

                運営会社 株式会社ビズリーチ
                主なサービス(機能)
                • エージェントサービス
                • タレント・ハイクラス会員制度
                • ヘッドハンター
                • スカウト
                公開求人数 72,762件※2022年4月1日時点
                拠点 東京/首都圏拠点(渋谷)/関西/名古屋/福岡

                よくある質問

                JALを目指す人におすすめの転職エージェントは?
                必ず求人が掲載されているとは限りませんが、リクルートエージェントやdoda、あるいはマイナビエージェントといった大手転職エージェントには掲載される可能性が期待できます。非公開求人として独自に保有している場合もゼロではないため、キャリアアドバイザーに相談してみましょう。
                JALの平均年収は?
                JALの平均年収は、有価証券報告書によると2021年3月31日現在で6,784,000円(※1)となります。新型コロナウイルスの影響を受けており、以前に比べて大きく平均年収が下がっている点は気になるところです。しかし、それでも国税庁が発表している日本の平均年収461万円(※2)は大きく上回っているため、さすがは大企業という印象を受けます。
                JALの職種別平均年収は?
                客室乗務員として働く社員の平均年収は約458万円、企画職として働く社員の平均年収は約574万円、総合職として働く社員の平均年収は約579万円、営業として働く社員の平均年収は約630万円です。職種による平均年収は有価証券報告書にて公表されていないため、openworkによる情報を参考にしています。年収幅では1,000万円を超える職種もあるため、高年収を獲得できる期待が持てる企業です。
                出典:openwork
                JALの平均年収に対する良い口コミ・評判は?
                良い口コミとして、「同業他社よりも年収が高いようなので働きがいは感じられる」「年次を重ねるとそれなりに給料がもらえる」「昇進すると給与が大きくが上がるため頑張りがいがある」「若手社員でも上位職へのステップを踏みやすいよう徐々に取り組みがされている」「手当が手厚くきちんと給与に反映される」などがあります。評価制度が整いつつある点は、今後に期待できるポジティブな内容です。
                JALの平均年収に対するイマイチな口コミ・評判は?
                イマイチな口コミには、「年功序列が色濃く成績が良くても飛び級で給与が上がることはない」「地上職は決して収入が高くない」「コロナの影響で賞与を当てにできない」「評価基準は厳しい印象」といったものがあります。新型コロナウイルスによる業績悪化は給与に影響を与えているため、早期の回復が求められます。
                JALの残業代やボーナス事情は?
                残業代について公式ホームページや有価証券報告書などには記載されていないため口コミから調査したところ、働いた分はきちんと反映されるとの声が多く安心です。ベースの給与はほとんど変わらないことから、いかに残業手当を受け取るかがカギになるとの声もあります。ボーナスについては採用情報を見たところ、夏季・年末・期末の年3回が2019年度の実績です。しかし、新型コロナウイルスの影響もありボーナスには期待できないとの声は少なくありません。今後の業績回復に期待です。
                JALの平均年収は競合他社と比較して高い?低い?
                競合となるANA・スターフライヤーの2社と比較したところ、JALは最も高い金額となります。2番目に高いANAと100万円以上の差があることからも、安定して稼げる企業と言えるでしょう。

                まとめ

                この記事では、JALの平均年収や競合他社との比較について紹介し、残業代やボーナス事情なども解説しました。

                新型コロナウイルスの影響を受けているものの、日本の平均年収を大きく上回り安定して稼げる印象です。競合他社と比較しても、大きく上回り金額はトップとなります。

                残業代はきちんと支払われる、ボーナスもコロナの影響はあるものの支給されるなど、さすが大企業といった印象です。

                JALへの転職を目指す場合は、転職エージェントの利用がおすすめです。

                記事内で紹介した転職エージェントはいずれも無料で利用できるため、ぜひ自分に合ったサービスを見つけてみてください。

                ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
                ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
                ・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
                ・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
                ・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
                おすすめの記事