手取り20万円の額面年収は?生活費の目安や収入アップのポイントも解説

手取り20万円の額面年収は?生活費の目安や収入アップのポイントも解説

就職活動や転職活動する際には、さまざまな条件から自分に合った会社を選びますが、希望に合った給料がもらえるかどうかも重要です。

求人情報に給料20万円と書いてあったのに、実際に給料をもらったら思っていたより少なかった…とならないよう、額面と手取りの違いを理解する必要があります。

とはいえ、給料の計算は難しいイメージがあるため、どうやって見極めればいいか分からないと困ってしまいますよね。

そこで今回は、手取り20万円を実現するために、何を基準にしてが探せばいいかを詳しく解説します。

この記事わかること
  • 手取り20万円の年収や額面との違い
  • 手取り20万円の生活費内訳
  • 手取り20万円の仕事
  • 手取り20万円から収入アップを目指す方法

手取り20万円からさらに収入アップを目指して転職したい人におすすめの転職エージェントも紹介するため、ぜひ参考にしてみてください。

手取り20万円の年収は?額面20万円との違い

手取り20万円の年収は?額面20万円との違い手取り20万円を可能にするには、額面との違いを把握することが大切です。ここでは、手取り20万円と額面20万円の違い、手取り20万円の年収目安について見ていきます。

手取り20万円・額面20万円の違い

求人情報に記載されている給料は、額面(総支給額)です。

額面は基本給に、資格手当・通勤手当・残業手当・休日出勤手当てなど各種手当をプラスされています。

 しかし、正社員として働く人は、所得税・住民税・健康保険料などを給料から天引される「控除」を考慮しなければならず、額面を満額もらえるわけではありません。

額面から控除を差し引いた金額を、手取りと言います。つまり、求人情報に額面20万円と記載があった場合は、そこから控除を差し引いた金額が手取りとなります。

手取り20万円を目指すのであれば、額面は20万円以上必要です。

さらに、控除額は各種手当の種類と家族構成や年齢でも異なることを覚えておきましょう。

手取り20万円の人の年収の目安

手取り20万円の年収は?額面20万円との違い額面から控除される金額は、家族構成や手当の種類によって変わるため個人差がありますが、手取りの年収目安は総支給額の75~85%程度です。

 よって、手取り20万円にするには月給額面24万円~26万円程度が目安になります。

額面24万円の場合は手取りが約18万円~20万円、額面26万円で19万~22万程度を目安にするといいでしょう。

年収で見た場合は、ボーナスなしの月給のみであれば額面24万円で288万円ですが、ここに夏と冬のボーナス2ヶ月分ずつがプラスされると、額面年収は336万円となります。

ただし、ボーナスの有無でも変わりますし、ボーナスがどのくらいもらえるのかによっても額面年収が異なるため注意が必要です。

紹介した例はあくまでも目安ですので、自身の手当やボーナスに合わせて計算してください。

手取り20万円の生活費内訳(家賃・貯金など)

「手取り20万円ではどのような生活ができるの?」と気になる人も多いでしょう。

ここでは、都心に住む一人暮らし夫婦二人暮らしの一般的な生活を例に、それぞれの家賃や貯金などの生活費内訳を紹介します。

一人暮らしの場合

手取り20万円の生活費内訳(家賃・貯金など)一般的に家賃は給料の3割程度に抑えるのが理想と言われています。手取り20万円の場合では約6.5万円を目安としておくよ良いでしょう。

 生活するには家賃の他にも、水道代や電気代などの光熱費、食費、通信費や交際費などがあり、さらには日用品・消耗品や貯金など何かとお金がかかるものです。

一人暮らしの生活費について、食費は給料の15%が理想とされるので手取り20万円では3万円となります。

総務省の家計調査データを元に、一人暮らしの電気・ガス・水道などの光熱費、日用品や消耗品、通信費を各1万円とした場合ここまでの合計で12.5万円です。

月々の生活では、娯楽費や交際費、貯金などもかかることもあるため、それを考えると残り7.5万円でやりくりしなければいけません。

内訳 費用
家賃 65,000円
食費 30,000円
光熱費 10,000円
通信費 10,000円
雑費(衣類・日用品などの消耗品) 25,000円
娯楽費・交際費 20,000円
貯金 30,000円
残り 10,000円

ただし、住むエリアや生活スタイルによっては、さらに生活費が高くなる可能性があります。

また、毎日外食したり飲みに行ったりすればさらにお金がかかるので、どこかを削らないといけません。

生活が苦しい場合は、携帯電話の契約プランなどの見直しもポイントになりますね。

出典:https://www.e-stat.go.jp/dbview?sid=0003000773

夫婦二人暮らしの場合

手取り20万円の生活費内訳(家賃・貯金など)夫婦二人は、一人暮らしよりも月々に必要な生活費が高くなります。

家賃は月給の3割が理想としましたが、「二人暮らしだから広い部屋に住みたい」と考える場合、家賃の予算を75,000円上げたとしても都心で満足のいく物件を見つけるのは難しいかもしれません。

 共働きであればもう少し家賃に余裕が出ますが、妻が専業主婦の場合は家賃を大幅に上げるのはリスクが大きいでしょう。

また、食費を3万で抑えるには自炊が必須であり、さらに通信費・雑費・娯楽費・交際費を2人分としてもかなり切り詰めないと足りなくなる可能性もあります。

郊外に住むと都心まで通勤するのに交通費がかかりますが、会社から交通手当が支給されることを前提としているので今回は生活費に含めずに内訳を考えてみましょう。

内訳 費用
家賃 75,000円
食費 40,000円
光熱費 15,000円
通信費 15,000円
雑費(衣類・日用品などの消耗品) 20,000円
娯楽費・交際費 20,000円
貯金 10,000円
残り 5,000円

このように、妻が専業主婦で郊外に賃貸物件を借りるとしても、手取り20万円では思うようにお金を残せないかもしれません。

 この例では貯金を10,000円としていますが、他にも固定費があったり急な出費があったりすると、貯金できない月も出てくる可能性があります。

手取り20万円で夫婦二人暮らしは節約すれば可能ですが、相当切り詰めないとどこかで無理が生じる可能性は否定ないでしょう。

いずれ子どもを持つ予定がある、車を持ちたい、各種保険に入りたいという場合は、どこかで見直しが必要です。

夫婦の場合は、将来のライフプランも視野に入れて生活を見直したいですね。

手取り20万円できついと感じることは?

手取り20万円できついと感じることは?手取り20万円での生活では、どのようなときにきついと感じるのか気になる人も多いと思います。ここからは、実際に手取り20万円で生活した場合にきついと感じることを5つ紹介します。

手取り20万円できついと感じること
  1. 貯金ができない
  2. 欲しいものを買えない
  3. 外食ができない
  4. 遊びに行けない
  5. 急な出費があると家計が苦しい

実生活を想像しながらチェックしてみてください。

1.貯金ができない

一人暮らしでも夫婦二人暮らしでも、手取り20万円では節約しないと毎月ギリギリです。将来のために月々貯金をしたいのであれば、相当切り詰めないといけません。

 外食をせず自炊にしたり通信費を安くするために格安SIMにしたりしても、貯金に回せる分が限られてしまいます。

なんとか切り詰め貯金しても月々わずかしか貯金できないため、なかなか残高が増えずきついと感じる人は少なくないようです。

想定外の出費があると貯金から出すことになるため、貯金できない月もあるかもしれません。

2.欲しいものを買えない

手取り20万円できついと感じることは?手取り20万円でなんとか生活できたとしても、欲しいものを買う余裕がないのが現実です。

固定費は削れないので削るとすれば雑費や交際費ですが、それでも手取り20万円ではコツコツと貯めてから買うか、欲しいものを我慢するしかありません。

友達や周囲の人が欲しい物を買って嬉しそうにしている姿を見たときは、きついと感じてしまう人も多いでしょう。

3.外食ができない

手取り20万円で生活費を切り詰めるためには、自炊が基本です。

 一人暮らしでは一人分を作るよりも買ったり外食したりする方が気楽かもしれませんが、毎日のこととなると意外にお金がかかります。

「せめてランチくらいは同僚と一緒に外で楽しみたい」と思っても、1,000円以上のランチを高いと感じてしまうこともあるでしょう。

たとえ1食がワンコインで済んでも、毎日だと週に3,000円、月に12,000円程度かかるので家計を圧迫します。手作り弁当を食べることが多くなり、外食を控えるしかありません。

仕事帰りにカフェに立ち寄るとしても1杯300円~500円かかりますし、サイドメニューを注文すれば1,000円前後になることもあります。

外食だけでなく、気軽にお茶をするのも負担になるかもしれませんね。

4.遊びに行けない

手取り20万円できついと感じることは?

手取り20万円の一人暮らしでも夫婦二人暮らしでも、工夫すれば固定費に交際費や娯楽費を盛り込むことは可能です。

 しかし、毎日遊びに行ったり休みを利用して旅行に行ったりするのは難しいでしょう。

同僚や友達から誘われても、遊びに行くお金がないことを理由に断る機会が増えてしまいます。遊びに行きたいのにお金がないので行きたくても行けないのは、精神的にも辛いでしょう。

皆は楽しそうにしているのに自分だけ我慢しなければいけないのは、残念な気持ちになりますよね。

5.急な出費があると家計が苦しい

上記でも紹介したように、手取り20万円では切り詰めて生活しても残るのはわずかです。

普通に生活する分にはなんとかなっても、冠婚葬祭や怪我や病気で病院にかかったり、家電が壊れて買い直しが必要など急な出費があったりすると家計を圧迫します。

前もって必要とわかっていれば、なんとかやりくりして貯めておけますが、そうではない場合には貯金に手を付けるしかありません。

経済的な不安は精神的負担にもつながりやすいため、余計にきついと感じてしまうでしょう。

手取り20万円の仕事は何がある?

手取り20万円の年収は300〜400万円と言われています。年収300〜400万円を超えるには、どのような仕事をすればよいのでしょうか。

30代以降であれば、役職の関係で手取り20万円は難しいものではありません。しかしながら、「20代から手取り20万円以上稼ぐ」となると、仕事を選ぶ必要があります。

この章では、「20代でも手取り20万円以上が狙える仕事」について紹介します。

20代で手取り20万円以上が狙える仕事
  • 営業職
  • ITエンジニア
  • コンサルタント

それぞれ、みていきましょう。

営業職

20代から手取り20万円以上を狙える職種として、営業職があります。営業職は、成果報酬型の給与形態がほとんどです。

工場作業員や介護職は、いくら頑張ったところで、月々の給料は変わりません。しかしながら、営業職は会社の売上に貢献した分、給料も上がるのです。

モチベーションが高く行動力がある20代であれば、営業職は向いていると思います。

 また、営業職は未経験からスタートしやすい職種です。未経験からでも、能力があれば手取り20万円以上を稼ぐことは難しくないでしょう。

さらに、営業職は転職に強いです。基本的にどの会社にも営業職は存在しますよね。そのため、営業スキルを身につけると今後の仕事に困ることはないでしょう。

20代から手取り20万円以上を目指したい方は営業職に転職することをおすすめします。

営業職は自分の成績次第でいくらでも高収入を得ることができます。

ITエンジニア

ITエンジニアも、20代から手取り20万円以上を狙えます。なぜなら、営業職同様で、実力に応じていくらでも給料アップが狙えるからです。

dodaの調査によると、SE/プログラマーの20代の平均年収は363万円、プロジェクトマネージャの20代の平均年収は463万円となっており、20代でも手取り20万円以上を稼ぐのは可能です。

さらなる給料アップを狙うなら、プログラマーとして開発経験を積んで、SE→プロジェクトマネージャへの昇格を目指すことをおすすめします。

 また、プログラミングスキルは、汎用性があり副業に強いです。本業での収入が物足りないと感じた場合は、クラウドソーシングで仕事を受注することができます。

よって、ITエンジニアは会社に依存せず個人の力で稼げることもあり、稼げる額は青天井と言えるでしょう。

ITエンジニアの中でも、AIに関わるエンジニアは特に年収が高いと言われています。

コンサルタント

コンサルタントは平均年収が高い職種です。dodaによると全体の平均年収が601万円、20代の平均年収が497万円となっています。

コンサルタントも営業職やITエンジニアと同様、成果報酬型の給与形態です。そのため、コンサルタントになれば、手取り20万は余裕で超えると考えてよいです。

ただし、専門的な知識が求められるため、転職するのは簡単ではありません。

現在、専門的な知識がありながらも「会社から正当な評価を受けていない」「給与に不満がある」と感じる方は、コンサルタントを目指してみるのは良い選択でしょう。

 成果報酬型は実力主義でありながらも、高い年収が望めます。

手取り20万円から収入アップを目指すための4つの方法

手取り20万円から収入アップを目指すための4つの方法手取り20万円で生活がきついと感じるのであれば、収入アップを目指すという手もあります。収入アップを目指す4つの方法について順番に見ていきましょう。

収入アップを目指す方法
  1. 昇給・昇進を目指す
  2. 資格取得などスキルアップをする
  3. 副業をする
  4. 今よりも給料の高い仕事に転職する

できることからチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

1.昇給・昇進を目指す

今は手取り20万円でも、昇給・昇進のチャンスがあリ、チャンスをものにできれば給料がアップする可能性はあります。

 会社によっては社員のモチベーションを高めるために、積極的に等級制度を導入しているところもあります。

会社による違いはあるものの、等級制度があり社内試験が受けられるのであれば大いに活用しましょう。

見事試験に合格して等級が上がれば、今よりも給料アップが見込めます。

2.資格取得などスキルアップをする

手取り20万円から収入アップを目指すための4つの方法仕事に有利な資格や役立つ資格を取得していると、資格手当がもらえます。また、会社によっては資格取得を条件に昇給を約束しているところもあるようです。

資格を取得することで自身のスキルアップにもつながり、仕事の幅が広がれば今よりもできる仕事が増え、収入アップにつながるでしょう。

3.副業をする

昇給・昇進のチャンスがなく、資格取得も難しいときは、副業という選択肢もあります。

 現在は働き方改革で、本業に支障をきたさない範囲であれば副業を認めている会社も増えています。

副業にもいくつか種類がありますし、得られる収入は少ないこともありますが、月に数万円でも増えれば今よりは生活が楽になるでしょう。

ただし、会社によっては副業を禁止しているところもあるので、勤務先の就業規約を事前に確認してください。

4.今よりも給料の高い仕事に転職する

手取り20万円から収入アップを目指すための4つの方法

今の仕事を続けていても収入アップが見込めないのであれば、思い切って給料の高い仕事への転職を検討しましょう。

 ただし、先に今の会社をやめてしまうと、すぐに次の仕事が見つからなかったとき収入が途絶えてしまいます。

ただし、転職しても必ず収入がアップするという保証はないので、きちんと計画を立てて慎重に見極めてください。

自己都合での退職は、2カ月以上失業手当がもらえませんので注意が必要です。

手取り20万円から転職を目指す際のポイント

手取り20万円から転職を目指す際は、いくつか注意したいポイントがあります。ここでは、転職を成功させるポイントを4つ紹介します。

転職を目指す際のポイント
  1. 将来性のある業界を選ぶ
  2. これまでの経験を活かせる仕事を選ぶ
  3. 金額だけで判断しない
  4. 転職エージェントを活用する

行動を起こしてから後悔しないよう、しっかりとポイントをチェックしてください。

1.将来性のある業界を選ぶ

手取り20万円から転職を目指す際のポイント

手取り20万円からそれ以上の収入を目指すのであれば、将来性のある業界をおすすめします。とはいえ、将来性をどうやって見極めればいいか分からない人も多いでしょう。

 将来性を見極めるポイントは、社会的なニーズが高いこと、社会情勢に合わせて働き方を変えられる・選べることです。

また、社会的ニーズが高くても、一時的では不安が残ります。社会的なニーズが高く、且つ持続性があることも大切です。

例えば、高齢社会では福祉業界などが当てはまりますね。

2.これまでの経験を活かせる仕事を選ぶ

収入アップを見越して転職しても、畑違いの分野で右も左も分からない会社では実力を発揮できない可能性があります。

転職するのであれば、これまで自分が積み重ねた経験やスキルを活かせる仕事を選びましょう。会社が求めるスキルや経験があると、転職活動に有利です。

即戦力になる人材を求めている求人があれば転職成功の可能性も高まります。

3.金額だけで判断しない

手取り20万円から転職を目指す際のポイント

手取り20万では生活に余裕がないという理由で転職を考える際、どうしても給料や待遇に目が行きがちです。

 初めは今より給料が安くても、スキルや経験が認められ成果につながれば、短期間で昇給の可能性もあるかもしれません。

金額だけで判断するとせっかくのチャンスを失う可能性がありますし、選択肢も限られがちです。

転職後はどのくらいで給料アップが見込めるかを確認しておくと安心ですね。

4.転職エージェントを活用する

転職を考えているのであれば、転職エージェントの活用をおすすめします。

働きながらの転職活動はスケジュール調整が難しく、希望の求人も見つからないかもしれません。先に仕事をやめてしまうと、次の仕事が見つからないとき路頭に迷う可能性もあります。

 転職エージェントは、希望する条件の求人を探して紹介してもらえますし、面接やスケジュール調整も代行してもらえるので、働きながら転職先を探せるのがメリットです。

また、自分では言い出しにくい給料や待遇面の交渉も代行してもらえます。

何より無料で登録・利用できるので、費用の心配はありません。

手取り20万円から収入アップを目指すならまずは年収査定を受けてみよう!

年収をアップさせたいときには、まず自分の市場価値を知るために、自分の適正年収を調べましょう。適正年収が今の年収よりも高ければ、転職で年収アップをさせることができるでしょう。
dodaの年収査定サービスでは、無料会員登録後、簡単な項目に答えるだけで、自分の適正年収がわかります。


dodaの会員186万人のビッグデータを分析し、適正年収を教えてくれるので、かなり正確な数字だと言えるでしょう。
dodaの年収査定では以下の項目が表示されます。


dodaの年収査定でわかること
  • あなたの適正年収
  • 今の年収からいくらアップするか
  • あなたの適正年収と同じ条件の求人

表示される診断結果のサンプルは以下になっています。査定時間はおよそ3分なので、スキマ時間に利用可能です。

年収査定

また、今の年収との差は以下のような形で表示されます。dodaは転職エージェント・サイトのサービスも展開していますので、査定後すぐに求人探しを始めることができます。

年収査定

自分の今の年収に不満を感じている方も多いのではないでしょうか。そんな方はぜひ一度自分の適正年収を調べてみましょう。年収アップの近道になりますよ。

 

手取り20万円からの収入アップを目指す人におすすめの転職エージェント3選

リクルートエージェント

リクルートエージェント

            おすすめポイント
            • 公開求人数・非公開求人数ともに業界最大級
            • 様々な職種・業種を取り扱っているので、希望の転職先に出会える可能性が高い!
            • 求職者の年収相場などを提示してくれるキャリア査定サービスを利用できる!
            • 完全無料

            リクルートエージェントは公開求人数は116,339件、非公開求人数は174,516件業界最大級の求人を持つ転職エージェントです。

             保有している求人数が多いので、取り扱っている職種・業種の種類も多いです。希望する職種・業種が見つからないといった心配はまずないでしょう。

            全国の求人を取り扱っていますので、日本のどこからでも利用可能です!

            また、自分のスキルではどの程度の年収の求人を目指せばいいのかわからない...という人にはキャリア査定サービスがおすすめです。

            あなたの今までの職歴などから、おすすめの転職市場・適正年収・キャリアプランを診断してくれます。
            ※2021年6月30日現在
            運営会社 株式会社リクルートキャリア
            主なサービス(機能)
            • エージェントサービス
            • 職務経歴書エディター
            • 面接力向上セミナー
            • 担当者面談
            公開求人数※2021年6月30日時点 116,339件
            拠点 全国対応可

            丸の内/北海道/東北/横浜/静岡/中部/関西/京都/神戸/岡山/広島/九州

            マイナビエージェント

            マイナビエージェント

            おすすめポイント
            • 第二新卒など20代向けの求人が豊富!
            • サポート体制が手厚く、面倒見の良さが評価されている!
            • 非公開求人は10万件以上!自分にぴったりの求人を紹介してもらえる!
            • 完全無料

            マイナビエージェントは20代や第二新卒の転職実績が豊富な転職エージェントになります。もちろん20代だけではなく30代以上の年代の方も利用することができますよ。

             転職成功に向けてキャリアアドバイザーから手厚いサポートを受けることができます。初めての転職をする方に特におすすめです。

            公開求人数は2万件以上、非公開求人数はなんと10万件以上保有しています。キャリアアドバイザーとの面談を通してあなたにぴったりの求人を紹介してくれるでしょう。

            初めて転職をする方、未経験業種への転職に挑戦したい方はマイナビエージェントがおすすめです。
            運営会社 株式会社マイナビ
            主なサービス(機能)
            • エージェントサービス
            • 履歴書添削サービス
            • 面接対策
            • サポート期間は無期限
            公開求人数※2021年6月30日時点 27,390件
            拠点 全国対応可

            京橋/新宿/神奈川/北海道/宮城/名古屋/京都/大阪/兵庫/福岡

            ビズリーチ

            ビズリーチ

            おすすめポイント
            • 3分の1以上の求人が年収1,000万円超え
            • 企業からのスカウトの中には面談が確約されたものも!
            • 経験豊富なヘッドハンターからアドバイスをもらえる!

            ビズリーチは、即戦力を求める求人が多い点が特徴です。管理職や専門職、次世代リーダー、グローバル人材などの即戦力・ハイクラス人材に特化しています。

            企業や求人のレベルも他のエージェントと比べて高めと言えるでしょう。

            年収1000万円以上の求人も多く保有しているため、年収アップも期待できるでしょう。有料会員になれば、全てのスカウトや求人の閲覧ができます。

            運営会社 株式会社ビズリーチ
            主なサービス(機能)
            • エージェントサービス
            • タレント・ハイクラス会員制度
            • ヘッドハンター
            • スカウト
            公開求人数 72,762件※2022年4月1日時点
            拠点 東京/首都圏拠点(渋谷)/関西/名古屋/福岡

            転職についてのアンケート調査

            ワークファンではユーザーの皆様に信頼度の高い情報を提供することを目標し、独自のアンケート調査を行いました。アンケート項目は以下の通りです。

            アンケート項目
            • 転職活動で苦労したか
            • 転職して感じたメリット
            • 転職して感じたデメリット

            ぜひ参考にしてみてください!

            Q1:転職活動に苦労しましたか?(直近の転職活動であてはまるものをお選びください)

            転職活動に苦労しましたか?(直近の転職活動であてはまるものをお選びください)

            アンケート調査結果
            パーセンテージ(100%) 票数(433)
            スムーズに進められた 45.7% 198
            どちらともいえない 34.4% 149
            苦労した 19.9% 86

             

            アンケートの結果、スムーズに進められたと答えた人は45.7%、苦労したと答えた人は19.9%という結果となりました。

            全体の約2割が転職活動に苦労していて、1人で転職を行うのは難しいと考えられます。また、仕事を続けながら次の職場を探すとなると、活動できる時間も限られてきます。

            転職エージェントでは面接日程から書類添削まで手厚いサポートが充実しています。

            転職活動をスムーズに勧めたい方は転職エージェントがおすすめです。

            Q2:転職をして感じたメリットは何ですか?

            Q7:転職をして感じたメリットは何ですか?

            アンケート調査結果
            パーセンテージ(100%) 票数(433)
            労働時間・福利厚生などの労働条件の改善 15.0% 65
            給料があがった 14.3% 62
            仕事のモチベーションがあがった 14.1% 61
            人間関係が改善した 11.1% 48
            キャリアアップした 7.2% 31
            特にない 27.9% 121
            その他 10.4% 45

             

            アンケートの結果、特にないと答えた方が27.9%、労働時間・福利厚生などの労働条件の改善が15%給与のアップが14.3%という結果となりました。

            残業がなかったり、給料が上がったりするなどの待遇改善は自身のやる気にも繋がります。

            今の仕事に少しでも不満が有る方は、転職を検討することをおすすめします。

            Q8:転職をして感じたデメリットは何ですか?

            Q8:転職をして感じたデメリットは何ですか?

            アンケート調査結果
            パーセンテージ(100%) 票数(433)
            給料が下がった 19.9% 86
            人間関係が良くない会社だった 9.0% 39
            労働時間・福利厚生などの労働条件 8.8% 38
            キャリアアップが達成できない 5.8% 25
            仕事のモチベーションがさがった 2.5% 11
            その他 6.5% 28
            特にない 47.6% 206

             

            アンケートの結果、特にないが47.6%と半数を締めていることがわかりました。

             転職エージェントを利用すれば、自分の希望条件にあった求人をエージェントの方が探してくれるため、転職したあとのミスマッチが生まれにくくなります。

            転職後に後悔したくない方は、しっかりと下調べをすることをおすすめします。

            アンケート調査についての概要

            アンケート調査の概要
            調査目的 転職に関するアンケート
            調査対象者数 441
            調査方法 インターネットリサーチ
            調査実施会社

            株式会社ジャストシステム

            ファストアスク

            調査実施期間 2021年12月
            アンケート調査の詳細

            よくある質問

            20代の平均年収はどれくらい?
            dodaのデータによると、20代全体の平均年収は348万円です。 男性では371万円、女性は321万円となっています。
            手取りと額面の違いとは?
            額面は会社からあなたに支払われた給料のことです。ここから、社会保険料や所得税、住民税などが天引きされた金額が手取りです。一般的に、「手取り=額面×0.8」と言われています。
            手取り20万円の場合、額面はいくら必要?
            「手取り=額面×0.8」から、額面25万円を目安にするとよいでしょう。
            手取り20万円だと家賃はいくらが妥当?
            一般的に家賃は手取りの3割以内と言われています。そのため、6.5万円までが妥当と言えるでしょう。
            手取り20万円できついと感じることは?
            手取り20万円だと、「貯金ができない」「欲しいものを買えない」など経済的な不安が大きいようです。経済的な不安は精神的負担につながるので、よりきつく感じてしまうのでしょう。
            手取り20万円から収入をアップさせる方法とは?
            手取り20万円から収入をアップさせるには、「昇給・昇格を目指す」「資格を取得してスキルアップする」「副業をする」「今よりも給料の高い仕事に転職する」が無難です。
            手取り20万円から転職を目指すには?
            手取り20万円から転職を目指すには、本記事で紹介した転職エージェントを活用しましょう。転職エージェントでは、転職のプロがあなたの希望に沿った求人を紹介してくれます。

            まとめ

            今回は、手取り20万円と額面20万円の違いや、生活費内訳や実際の生活状況について解説しました。

            手取り20万円を少ないと感じるか、十分と感じるかは人それぞれです。どうしても手取り20万円では生活がきついと感じているのであれば、収入アップを目指したり副業したりという解決策もあります。

            現在働いており手取り20万円ではきついと感じている人は、思い切って転職を検討してはいかがでしょうか。

            転職活動に不安なときは、転職エージェントがおすすめです。

            専任のアドバイザーによる手厚いサポートは、一人での就職活動に不安なときにも心強い味方になってくれます。

            疑問や不安がある場合は、登録前に相談することもできます。記事内で紹介した転職エージェントはいずれも無料で利用できるので、ぜひ活用して転職を成功させましょう。

            ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
            ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
            ・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
            ・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
            ・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
            おすすめの記事