年収500万の手取り額は?生活レベルや年収アップのポイントも解説

年収500万の手取り額は?生活レベルや年収アップのポイントも解説

より年収を多くするため、就職や転職活動に力を注ぐ人は少なくありません。生活するうえでお金の確保は必須であり、家族を持つなど将来を見据えるとより重要性は増してきます。

収入アップを目指して、年収500万円を目標にしている人もいるかもしれません。

そこで今回は、年収500万円の手取りはどれくらいになるかを解説し、実家暮らしや一人暮らしの場合など、さまざまなシーンに合わせた生活レベルについても紹介します。

この記事でわかること
  • 年収500万の手取り額
  • 年収500万の生活レベル
  • 年収500万を目指せる仕事

年収500万を目指すためのポイントや、年収アップにおすすめの転職エージェントも紹介するため、ぜひ参考にしてみてください。

年収500万ボーナスなしで月の手取りはどれくらい?

年収500万ボーナスなしで月の手取りはどれくらい?

日本の平均年収は、国税庁によると男性567万円・女性280万円で、全体としては461万円(※)と発表されています。年収500万円は、日本の全体平均よりも少し上回る数字です。

年収500万円が額面として、そこから社会保険料・住民税・所得税などの税金を引くと、だいたい手取りは400万円前後となります。つまり、月の手取りは約33万円ほどです。

なお、ボーナスなしの手取りとなるうえ、社会保険料や住民税などは人により異なることから、一つの目安として捉えておきましょう。

※:国税庁

年収500万の生活レベルとは

年収500万の生活レベルとは

実家暮らしの場合

実家暮らしの場合、仮に月々10万円を生活費として親に預けていたと仮定した場合、年収500万円の月の手取りが33万円とすると約23万円が残ります。

 23万円が手元に残れば交際費・娯楽費など好きに使えるお金はもちろんのこと貯金も可能なため、随分と余裕のある生活が送れるでしょう。

仮に趣味などに1ヶ月で10万円程度使ったとしても13万円は残るため、単純に1年間貯め続けると156万円ほど貯金できることになります。

実家暮らしはそこまで出費がないため、結婚や子どもが産まれるなど将来のために貯金をしやすいでしょう。

一人暮らしの場合

年収500万の生活レベルとは

一人暮らしをすると実家にいるよりも出費は多くなるため、月々手元に残る金額も変わってきます。一つの目安として、必要な金額を設定してシミュレーションし、イメージを持っておきましょう。

一人暮らしで必要なお金
  • 家賃:100,000円
  • 食費:20,000円~30,000円
  • 通信費:3,000円
  • 光熱費:5,000円
  • 交際費・娯楽等:50,000円

これらを合計すると、188,000円となります。年収500万円で月の手取りが約33万円で計算すると、手元に残る金額は142,000円です。

年収が500万円あれば、たとえ一人暮らしでもそれなりに余裕のある暮らしが送れるでしょう。

夫婦の場合(子どもなし)

年収500万の生活レベルとは

夫婦の場合は、食費や光熱費を単純に一人暮らしの倍として計算し、家賃についても高くなると想定してシミュレーションをしてみましょう。

夫婦2人暮らしの場合
  • 家賃:130,000円
  • 食費:50,000円
  • 通信費:3,000円
  • 光熱費:10,000円
  • 交際費・娯楽等:50,000円

多めに見積もって計算すると、月々243,000円が支出となります。年収500万円の手取り33万円の場合は、約87,000円が手元に残る結果です。

あくまで家賃や食費等は目安に過ぎませんが、手取りが月々33万円となれば比較的余裕を持って暮らせます。

夫婦の収入を合算するとさらに生活に余裕がうまれ、将来のため・子どものための貯金額も多くなるでしょう。

ファミリー世帯の場合

年収500万の生活レベルとは

ファミリー世帯の場合、総務省によると1世帯ごとの毎月の支出は約27万円(※)とされています。

 これをもとにシミュレーションをすると、年収500万円で毎月の手取り33万円の場合、手元に残る金額は6万円程です。

妻が専業主婦となる場合は、そこまで毎月余裕があるとは言えません。何か想定外の出費があれば、赤字に転じる可能性もゼロではないでしょう。

しかし、共働きとなればそれなりに家計として余裕が生まれます。パートとして働いてくれるだけでも、子どもの将来のために貯金をすることも不可能ではありません。

※:総務省統計局

年収500万でできることは?

年収500万でできることは?

貯金

年収500万円があれば、毎月それなりに貯金をして過ごせます。実家暮らしではもちろんのこと、仮に一人暮らしをしている場合でも月々10万円以上の貯金は十分可能です。

 相当お金遣いが荒く浪費癖がある人を例外とすれば、特に貯金を意識せずお金を使っていてもいくらか残るくらいの余裕はあります。

多めに見積もり一人暮らしでだいたい毎月18万円ほど使ったとしても、年収500万円の手取りは33万円ほどになるため約15万円は手元に残ります。

結婚

年収500万でできることは?

年収500万円あれば、結婚をすることは十分可能です。夫婦共働きでなくても手取り33万円ほどあれば、2人での生活はそれなりに余裕を持って送れます。

一人暮らしの場合と違い家賃や食費、光熱費などは高くなりますが、仮に月々24万円ほど必要と仮定しても9万円ほどは手元に残ります。

将来のために貯金も可能な余力があるため、配偶者の収入があればさらに生活には余裕が生まれるでしょう。

マイカー購入

年収500万円あれば、マイカーを購入することも夢ではありません。もちろん数千万円の高級車となれば厳しいケースも考えられますが、一般的な価格帯であれば一括購入も可能となるでしょう。

 貯金額にもよりますが、ローンを組むことなくキャッシュでの支払いが実現できる年収と言えます。

また、車は購入するだけでなく維持費もかかります。ガソリン代や車検などの費用を踏まえたとしても、年収500万円あれば問題なく乗り続けられるでしょう。

マイホーム購入

年収500万でできることは?

年収500万円であれば、人生で最も大きな買い物と言っても過言ではないマイホームの購入も不可能ではありません。

職業など安定性も考慮してローン審査は実施されるため一概には言えませんが、日本の平均年収461万円(※)よりも高いことを踏まえると可能性はあると言えます。

 最近では低価格で購入可能な住宅も登場しているため、実家暮らしが長く結構な金額を貯め込んでいた人の場合は、頭金もそれなりに用意でき審査通過の期待が高まります。

住宅ローンは配偶者の収入も踏まえて融資可能か否かを判断する場合もあるため、年収500万円で厳しい場合は夫婦の収入を合算する方法も頭に入れておきましょう。

※:国税庁

子育て

年収500万でできることは?

子どもの人数や年齢などによっても変わってきますが、仮に一人であれば年収500万円で子育ては十分可能です。

総務省によると2人以上の1世帯あたりの支出は毎月およそ27万円(※)とされています。年収500万円の手取りは月33万円となるため、だいたい6万円が手元に残る計算です。

 残りが6万円となれば月によっては余分な出費が重なり厳しい場合も考えられますが、夫婦共働きとなれば余力が生まれます。

配偶者の収入も合算すれば、子どもが2人いても生活できる金額になる可能性は十分にあり得るでしょう。

※:https://www.stat.go.jp/data/kakei/sokuhou/tsuki/index.html

年収500万を目指せる仕事とは?

年収500万を目指せる仕事とは?

弁護士

弁護士は高年収が得られる仕事であり、厚生労働省による発表では平成27年時点で1,085,9000円(※)となります。

年収500万円の2倍近くなることから、安定した生活を送れる職業の一つと言っても過言ではありません。

経験を積み独立することで、さらなる高収入が期待できる仕事となります。

※:賃金構造基本統計調査の職種別賃金額

証券会社

年収500万を目指せる仕事とは?

証券会社とは、株式の売買をする際に窓口となる会社のことです。高年収を獲得できる仕事として、就職・転職を希望する人は少なくありません。

国内でも大手となる証券会社である「野村証券」の平均年収は、有価証券報告書によると2021年3月31日現在で14,146,131円(※1)となります。

日本の平均年収461万円(※2)と比較すると、いかに高年収であるかがわかる金額です。

※1:野村ホールディングス株式会社 有価証券報告書
※2:国税庁

不動産

年収500万を目指せる仕事とは?

不動産業界は実力主義という傾向があり、成果をあげれば給与に跳ね返ってくるため高年収が狙えます。

国内大手となる「住友不動産株式会社」の有価証券報告書によると、2021年3月31日現在で平均年収は6,690,574万円(※)です。

年収500万円を160万円ほど上回る金額となるため、それなりに有意義な生活が送れるでしょう。

※:「住友不動産株式会社」有価証券報告書

公務員

公務員は安定して給与を得ることができ、将来的に安泰という印象を抱いている人が多いのではないでしょうか。

公務員と言ってもさまざまな職種があるため、ここでは看護師の平均年収について見ていきましょう。看護師の平均年収は、厚生労働省によると平成27年時点で約832万円(※)と発表されています。

 看護師は資格取得職といい、専門分野で働く職員に該当します。地方公務員の試験を受ける必要があり、受験資格として国家資格・免許が必要などハードルは高いです。

安定して働けるうえ、看護の仕事はニーズが高く将来性もあることから就職・転職の際に注目する人は少なくありません。

※:賃金構造基本統計調査の職種別賃金額

大企業の社員

年収500万を目指せる仕事とは?

大企業の社員として働くことで、年収500万円以上は狙いやすくなります。大企業と言っても数多くあるため、ここでは例としてパナソニックの平均年収について見ていきましょう。

有価証券報告書によると、パナソニック社員の平均年収は2021年3月31日現在で7,439,769円(※)です。

※:「パナソニック」有価証券報告書

専門職

専門職とは資格やスキルを活かして働ける仕事であり、例として挙げるとコンサルタントが該当します。

知名度の高いコンサル会社である「マッキンゼー・アンド・カンパニー」の平均年収は、有価証券報告書の提出がないためopenworkの情報によると約1,216万円(※)です。

年収500万円を大きく上回り、余裕のある暮らしが送れる年収と言えるでしょう。

※:openwork

女性で年収500万を目指せる仕事は?

女性は男性に比べて年収が低い傾向にありますが、昨今では給料や役職での男女差が徐々に是正されて、女性も高年収を狙えるようになってきています。

ここでは、年収500万円を超える代表的な仕事を紹介します。

女性で年収500万円を超える代表的な職業

①弁護士

②公認会計士

③コンサルタント

④システムエンジニア

⑤看護師

それぞれ、みていきましょう。

①弁護士

弁護士は高年収のイメージが強い職業ではないでしょうか。実際のところ、男性弁護士の平均年収は1000万円以上、女性弁護士は500万円以上と言われています。

 男女で差がありますが、女性弁護士はサンプル数が少ないため、実際はこれほどの差が開いているとは言い切れません。

とはいえ、弁護士は司法試験への合格が必須で専門的な知識が求められるため、難易度が高いです。

参照元:弁護士転職.jp

②公認会計士

公認会計士は企業の監査と会計を専門分野とする職業で、監査業務・税務業務・コンサルティング業務に大別されます。女性公認会計士の平均年収は30代で600万円強と言われています。

日本全体の平均年収は400万円台のため、公認会計士の年収がいかに高いか分かります。とはいえ、公認会計士になるには、難関である公認会計士試験の合格が必須です。

公認会計士の資格は難易度が高く、多くの労力を投じる必要があります。

③コンサルタント

コンサルタントも年収500万円以上を狙えます。コンサルタントはさまざまな分野があり、年収500万円を超える職種は以下のとおりです。

コンサルタントの分野
  • 業務改革コンサルタント(平均年収642万円)
  • リスクコンサルタント(平均年収591万円)
  • 戦略経営コンサルタント(平均年収576万円)

    コンサルタントは実力主義の世界です。成果次第で年収が変わってきます。

    ④システムエンジニア

    システムエンジニアは、システム開発においてクライアントのヒアリングや要件定義仕様書の作成などを行う職種です。

    下流工程のプログラマーよりも年収が高い傾向があり、女性のシステムエンジニアの平均年収は500万円以上です。男女差が少ないことから、スキルがあれば高い年収が目指せるでしょう。

     システムエンジニアになるには、プログラミングスキルの習得は必須です。

    参照元:https://www.creativevillage.ne.jp/53221

    ⑤看護師

    看護師は女性がメインで働く職種の中では平均年収が高めで、450万円〜500万円で推移します。看護師は激務であるため、タフでないと務まりません。

    とはいえ、需要が高く復職しやすい職業であるため、子育てがひと段落してから仕事に戻りやすいことがメリットです。

    看護師になるには、看護学校のカリキュラムを修了して、看護師国家試験に合格する必要があります。

    参照元:看護roo

    年収500万円を目指すためのポイント

    年収500万円を目指すためのポイント

    昇進する

    昇進することで年収もアップする可能性があることから、いかに日々の業務をきちんと遂行し、社内評価を上げられるかが重要です。

    管理職に就くと高年収が期待できる企業は少なくないため、成果をあげることや企業にとって必要な人材であることを認めてもらう必要があります。

    資格を取得してスキルアップする

    年収500万円を目指すためのポイント

    資格を取得することで自身のスキルがアップし、業務に活かすと年収アップに繋がる場合があります。

    年収500万円を目指せるおすすめの資格
    • 弁護士
    • 公認会計士
    • 税理士
    • 一級建築士
    • 中小企業診断士

    合格率が低く資格取得難易度の高いものもありますが、高年収の仕事に就ける可能性が期待できるでしょう。

    副業をする

    年収500万円を目指すためのポイント

    最近では副業を認めている企業も多いため、単純に収入をアップして年収を上げる方法もあります。

     自宅などで気軽に取り組めるクラウドソーシングやブログ等によるアフィリエイト、運動にもなる配達などがおすすめです。

    帰宅してからや土日を活用するなど、多様な働き方に対応している仕事も少なくないため、副業として向いている仕事を探してみましょう。

    転職する

    今の給料に満足がいかない場合は、転職をして年収アップを図る方法もおすすめです。

    転職エージェントを活用するとプロのアドバイスを受けながら充実した活動が送れるため、ぜひチェックしておきましょう。

    キャリアアドバイザーによる面接対策や書類の添削など、プロ目線でのアドバイスが受けられます。

    年収アップを目指すなら適正年収を調べてみよう

    年収をアップさせたいときには、まず自分の市場価値を知るために、自分の適正年収を調べましょう。適正年収が今の年収よりも高ければ、転職で年収アップをさせることができるでしょう。
    dodaの年収査定サービスでは、無料会員登録後、簡単な項目に答えるだけで、自分の適正年収がわかります。


    dodaの会員186万人のビッグデータを分析し、適正年収を教えてくれるので、かなり正確な数字だと言えるでしょう。
    dodaの年収査定では以下の項目が表示されます。


    dodaの年収査定でわかること
    • あなたの適正年収
    • 今の年収からいくらアップするか
    • あなたの適正年収と同じ条件の求人

    表示される診断結果のサンプルは以下になっています。査定時間はおよそ3分なので、スキマ時間に利用可能です。

    年収査定

    また、今の年収との差は以下のような形で表示されます。dodaは転職エージェント・サイトのサービスも展開していますので、査定後すぐに求人探しを始めることができます。

    年収査定

    自分の今の年収に不満を感じている方も多いのではないでしょうか。そんな方はぜひ一度自分の適正年収を調べてみましょう。年収アップの近道になりますよ。

     

    年収アップを目指す人におすすめの転職エージェント3選

    リクルートエージェント

    リクルートエージェント

              おすすめポイント
              • 公開求人数・非公開求人数ともに業界最大級
              • 様々な職種・業種を取り扱っているので、希望の転職先に出会える可能性が高い!
              • 求職者の年収相場などを提示してくれるキャリア査定サービスを利用できる!
              • 完全無料

              リクルートエージェントは公開求人数は116,339件、非公開求人数は174,516件業界最大級の求人を持つ転職エージェントです。

               保有している求人数が多いので、取り扱っている職種・業種の種類も多いです。希望する職種・業種が見つからないといった心配はまずないでしょう。

              全国の求人を取り扱っていますので、日本のどこからでも利用可能です!

              また、自分のスキルではどの程度の年収の求人を目指せばいいのかわからない...という人にはキャリア査定サービスがおすすめです。

              あなたの今までの職歴などから、おすすめの転職市場・適正年収・キャリアプランを診断してくれます。
              ※2021年6月30日現在
              運営会社 株式会社リクルートキャリア
              主なサービス(機能)
              • エージェントサービス
              • 職務経歴書エディター
              • 面接力向上セミナー
              • 担当者面談
              公開求人数※2021年6月30日時点 116,339件
              拠点 全国対応可

              丸の内/北海道/東北/横浜/静岡/中部/関西/京都/神戸/岡山/広島/九州

              マイナビエージェント

              マイナビエージェント

              おすすめポイント
              • 第二新卒など20代向けの求人が豊富!
              • サポート体制が手厚く、面倒見の良さが評価されている!
              • 非公開求人は10万件以上!自分にぴったりの求人を紹介してもらえる!
              • 完全無料

              マイナビエージェントは20代や第二新卒の転職実績が豊富な転職エージェントになります。もちろん20代だけではなく30代以上の年代の方も利用することができますよ。

               転職成功に向けてキャリアアドバイザーから手厚いサポートを受けることができます。初めての転職をする方に特におすすめです。

              公開求人数は2万件以上、非公開求人数はなんと10万件以上保有しています。キャリアアドバイザーとの面談を通してあなたにぴったりの求人を紹介してくれるでしょう。

              初めて転職をする方、未経験業種への転職に挑戦したい方はマイナビエージェントがおすすめです。
              運営会社 株式会社マイナビ
              主なサービス(機能)
              • エージェントサービス
              • 履歴書添削サービス
              • 面接対策
              • サポート期間は無期限
              公開求人数※2021年6月30日時点 27,390件
              拠点 全国対応可

              京橋/新宿/神奈川/北海道/宮城/名古屋/京都/大阪/兵庫/福岡

              ビズリーチ

              ビズリーチ

              おすすめポイント
              • 3分の1以上の求人が年収1,000万円超え
              • 企業からのスカウトの中には面談が確約されたものも!
              • 経験豊富なヘッドハンターからアドバイスをもらえる!

              ビズリーチは、即戦力を求める求人が多い点が特徴です。管理職や専門職、次世代リーダー、グローバル人材などの即戦力・ハイクラス人材に特化しています。

              企業や求人のレベルも他のエージェントと比べて高めと言えるでしょう。

              年収1000万円以上の求人も多く保有しているため、年収アップも期待できるでしょう。有料会員になれば、全てのスカウトや求人の閲覧ができます。

              運営会社 株式会社ビズリーチ
              主なサービス(機能)
              • エージェントサービス
              • タレント・ハイクラス会員制度
              • ヘッドハンター
              • スカウト
              公開求人数 72,762件※2022年4月1日時点
              拠点 東京/首都圏拠点(渋谷)/関西/名古屋/福岡

              よくある質問

              年収アップを目指すためのおすすめ転職エージェントは?
              大企業との繋がり期待できるうえ、保有求人数が多いリクルートエージェントやマイナビエージェント、dodaなどの大手転職エージェントがおすすめです。
              年収500万ボーナスなしで月の手取りはどれくらい?
              500万円が額面とすると、そこから社会保険料・住民税・所得税などの税金が引かれて手取りは400万円前後となります。月換算にすると、手取りはだいたい33万円ほどです。
              年収500万の生活レベルとは?
              実家暮らしや一人暮らしでも、年収500万円があれば十分余裕のある暮らしができます。夫婦2人暮らしや子どもがいる場合でも、生活費を引いたうえで手元にお金が残る可能性があります。夫婦共働きとなれば、さらに余裕は生まれるでしょう。
              年収500万でできることは?
              貯金・結婚・マイカー購入・マイホーム購入など、さまざまなことが可能です。また、子育ても十分できる金額なため、贅沢はできなくとも一般家庭並みの生活は送れます。
              年収500万円は日本の平均と比較して高い?低い?
              日本の平均年収は、国税庁によると461万円と発表されています。そのため、年収500万円は国民の平均より約40万円ほど多い金額です。
              年収500万を目指せる仕事とは?
              弁護士や証券会社勤務、あるいは不動産などさまざまな仕事があります。各企業の平均年収は有価証券報告書などで調べられるため、参考としてリサーチしておきましょう。
              年収500万円を目指すためのポイントは?
              資格を取得してスキルアップを図る、あるいは転職をするなどが挙げられます。転職エージェントを使えば自分に最適な仕事を紹介してくれるうえ、内定獲得後は年収交渉をしてくれるなど手厚いサポートを受けられるためおすすめです。

              まとめ

              この記事では、年収500万円の手取りはどれくらいか、実家暮らしや一人暮らしの場合など、さまざまなシーンに合わせた生活レベルについて解説しました。

              年収500万円の手取りは約400万円となり、月に換算すると約33万円です。実家暮らしや一人暮らしなど、さまざまなシーンで十分余裕を持った生活が送れるレベルと言えるでしょう。

              年収500万円を目指すには、副業や転職エージェントを活用して今より高年収となる仕事に就くという方法があります。

              今回の記事を参考にしながら、転職エージェントを上手く活用して年収アップを目指してみてください。

              ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
              ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
              ・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
              ・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
              ・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
              おすすめの記事