50代におすすめの転職サイト8選|メリットや活用のポイントも解説

50代におすすめの転職サイト8選|メリットや活用のポイントも解説

50代で転職できるのだろうか」「どう転職活動を進めたらいいのかわからない」そんな人もいるのではないでしょうか。転職には年齢は関係ありませんが、50代にもなるとどうしても難しい部分もあるでしょう。

50歳の転職事情やポイントを理解しておくことが、成功のカギです。

そこで今回は、50代の転職についてまとめて解説していきます。

この記事でわかること
  • 50代の転職事情
  • 50代におすすめの転職サイト
  • 50代が転職サイトを使うメリット
  • 50代が転職サイトを活用するポイント

50代の転職で転職サイトを活用するポイントも解説するため、転職を検討している50代の人は、この記事を参考にして転職活動をスムーズに進めてください。

50代でも転職できる?ミドル世代の転職事情とは

仕事をする人

社会経験の長い50代は、若い世代と比べるとどうしても給料が高くなります。思うようなポストに空きが少なく、求人が出にくい傾向にあるでしょう。

 また、企業が50代に求めるのは、即戦力として活躍できる実力。したがって、採用条件も厳しくなります。

50代ともなるとこれまで積み上げてきた経験をもとに、仕事のやり方などが定まっている人も多く、会社になじみにくい、扱いづらいと考える企業もあるかもしれません。

ただし、難しいことは事実ですが、コツを押さえた転職活動ができれば、転職が叶う可能性も充分にあります。

ポイントを押さえた転職活動が、50代の転職を叶えるカギになるでしょう。

50代におすすめの転職サイト5選

リクルートエージェント

リクルートエージェント

おすすめポイント
  • 業界最大級の保有求人
  • 転職業界の求人事情に詳しいキャリアアドバイザーがサポート
  • 独自分析の情報提供など、転職サポートも充実

リクルートエージェントは、求人の保有数が業界最大級の転職エージェントです。公開求人もさることながら、非公開求人も数多く保有しています。

 転職活動のすべての工程をサポートしてくれるのは、転職のプロであるキャリアアドバイザーです。

応募書類の添削や面接対策はもちろんのこと、独自に分析した企業の情報を提供してくれるため、転職活動に役立てることができるでしょう。

たくさんの求人の中から、希望に沿った求人を提案してもらえるでしょう。

運営会社 株式会社リクルート
主なサービス(機能)
  • 求人検索
  • エージェントサービス
  • 転職サポートツール
公開求人数※2022年3月5日時点 170,672件
対応エリア 全国

出典:リクルートエージェント

マイナビエージェント

マイナビエージェント

おすすめポイント
  • 各業界の専任制のキャリアアドバイザー
  • しっかりしたヒアリングで最適な求人を提案
  • サポート体制が充実

マイナビエージェントで主にサポートを担当してくれるキャリアアドバイザーは各業界の専任制となっており、業界の転職事業に精通しているのが特徴です。

また、企業への営業を行うリクルーティングアドバイザーのリサーチにより、求人票だけではわからない会社の雰囲気なども確認することができます。

 求職者と企業への丁寧なヒアリングで、本当にマッチする求人を提案してくれるでしょう。

応募書類の添削から面接対策まで、転職活動をトータルでサポートしてくれるため、転職活動の経験が少なくても安心です。

面談できる場所は全国各地にあるため、直接会って相談したいという人にもいいかもしれません。

運営会社 株式会社マイナビ
主なサービス(機能)
  • 求人検索
  • エージェントサービス
  • 転職サポートツール
公開求人数※2022年3月6日時点 34,840件
対応エリア 全国

出典:マイナビエージェント

doda

doda

おすすめポイント
  • 転職エージェントと転職サイト両方の機能
  • 転職オンライン予備校を毎月開催
  • 診断や書類作成ツールも充実

dodaは転職サイトと転職エージェント両方の機能を持つサービスです。

公開求人数も多いですが、エージェントサービスを利用することで非公開求人も選択肢に加わえることができます。

 転職セミナーや個別相談会などの転職オンライン予備校も毎月開催しているので、相談をしてみたい人にもおすすめです。

エージェントサービスの場合、転職のプロが経歴や希望を踏まえた求人を提案、転職を徹底的にサポートしてくれます。

転職に役立つ読み物も充実しているので、転職を検討中の人にも役立つでしょう。

運営会社 パーソルキャリア株式会社
主なサービス(機能)
  • 求人検索
  • エージェントサービス
  • 転職サポートツール
公開求人数※2022年3月6日時点 125,672件
対応エリア 全国

出典:doda

リクルートダイレクトスカウト

リクルートダイレクトスカウト

おすすめポイント
  • ハイクラス求人に特化した転職サービス
  • 登録後はスカウトを待つだけ
  • 顧問求人スカウトサービスもある

リクルートダイレクトスカウトは、年収600万円以上のハイクラス求人に特化した転職サービスです。登録したあとは、求職者の経験やスキルをチェックした企業からのスカウトを受け取ることができます。

 思わぬ企業からのスカウトがくることもあり、仕事選びの可能性が広がるかもしれません。

知識や経験で企業を支援する顧問求人のスカウトサービスも提供しており、Wワークやパラレルワークを検討している人にもいいでしょう。

経歴に自信があるなら、待ちの姿勢で転職活動を進めることができるリクルートダイレクトスカウトもいいでしょう。

運営会社 株式会社リクルート
主なサービス(機能)
  • 求人検索
  • スカウトサービス
公開求人数※2022年3月7日時点 102,181件
対応エリア 全国

出典:リクルートダイレクトスカウト

JACリクルートメント

JACリクルートメント

おすすめポイント
  • グローバル転職に強みがある
  • 業界専任制で専門性の高いコンサルタント
  • 独自ネットワークによる質の高い求人

JACリクルートメントは、ロンドン発祥の日系転職エージェント。独自のネットワークにより、グローバル転職のサポートに強いのが大きな特徴です。

 業界専任制で各業界に精通している専門性の高いコンサルタントが転職をサポートします。

独自のネットワークによる、大手・外資系・海外進出企業など、質の高い求人も多く、非公開求人を含む多くの求人の中から、希望に合う求人を見つけることができます。

グローバル企業やハイクラス求人への転職を希望するなら、JACリクルートメントもおすすめです。

運営会社 株式会社 ジェイエイシーリクルートメント
主なサービス(機能)
  • 求人検索
  • エージェントサービス
  • 転職サポートツール
公開求人数※2022年3月7日時点 12,711件
対応エリア 全国

出典:JACリクルートメント

【女性向け】50代におすすめの転職サイト3選

type女性の転職Agent

type女性の転職Agent

おすすめポイント
  • 女性に特化した転職エージェントサービス
  • 長年のノウハウで女性の転職サポートに強い
  • 面接メイクアップサービスもある

type女性の転職Agentは、18年以上もの間女性の転職に携わってきた転職エージェントです。専任のアドバイザーが、女性の悩みに寄り添いながら転職をサポートしてくれます。

 長年のサポート実績とノウハウがあり、女性の転職に強いのが大きな特徴です。

公開求人もさることながら、保有求人の8割が非公開求人と、求人の選択肢が広いのもうれしいポイント。面接のメイクや身だしなみに悩む人に向けた、面接メイクアップサービスもあります。

転職についてのさまざまな悩みをキャリアアドバイザーに相談できる、転職個別相談会を活用するのもおすすめです。

運営会社 株式会社キャリアデザインセンター
主なサービス(機能)
  • 求人検索
  • エージェント
  • 転職サポートツール
公開求人数※2022年3月7日時点 7,580件
対応エリア 埼玉、東京、千葉、神奈川

出典:type女性の転職Agent

パソナキャリア

パソナキャリア

おすすめポイント
  • 女性の転職をサポート
  • 女性の希望に合わせた検索も可能
  • 女性が多く活躍している企業特集もある

パソナキャリアは、女性の転職を長年にわたってサポートしてきたパソナグループが運営している転職サービスです。

 女性の転職をたくさんサポートしてきた専門チームが、転職をサポートしてくれます。

残業が少ない、ハイクラス求人、テレワーク可など、女性のよくある希望に合わせた求人検索もでき、求人が探しやすいでしょう。

女性の活躍を支援している企業の紹介記事など、転職についてのコラムも充実しています。

運営会社 株式会社パソナ
主なサービス(機能)
  • 求人検索
  • エージェントサービス
  • 転職サポートツール
公開求人数※2022年3月7日時点 3,477件
対応エリア 全国

出典:パソナキャリア

DYM就職

DYM転職

おすすめポイント
  • スキルや経験が少ない人に特化した転職サービス
  • 正社員への転職をサポートしてくれる
  • 書類選考なしで面接に進める企業もある

DYM就職は、スキルや経験が少ない人に特化した転職サービスです。

未経験歓迎、研修が充実といった正社員求人が豊富なので、子育てがひと段落ついて働きたいと考えている女性にも最適です。

 公開求人は少ないものの、たくさんの非公開求人を保有しているため、選択肢も広いでしょう。

企業とのつながりにより書類選考なしで面接に進める求人もあり、スムーズな転職活動ができるかもしれません。

ブランクが長いなど社会人経験に自信がないなら、DYM就職もいいでしょう。

運営会社 株式会社DYM
主なサービス(機能)
  • 求人検索
  • エージェントサービス
  • 転職サポートツール
公開求人数※2022年3月8日時点 43件
対応エリア 全国

出典:DYM就職

50代の転職で転職サイトを使うメリット

名刺を出すスーツ姿の男性

50代の転職は、転職サイトを有効活用するのがおすすめです。

転職サイトを使うべき理由
  • 働きながら転職活動を進めることができる
  • 自分のペースでじっくり仕事探しができる
  • 非公開求人を紹介してもらえる(エージェント機能がある場合)
  • 市場価値を客観的に判断してもらえる(エージェント機能がある場合)

転職サービスには、求人を検索して自分で応募する転職サイトと、転職のプロに転職活動の工程をサポートしてもらえる転職エージェントに分類することができます。

仕事しながら転職活動するなど転職活動に時間がかけられない場合は、面接日程の交渉などを代行してくれる転職エージェント機能がついたサービスが良いでしょう。

 転職エージェントの大きなメリットは、条件のいい非公開求人を保有していることです。

50代の求人は少ないため、選択肢を広げるためにもエージェント機能がついたものがおすすめです。転職サイトにより保有している求人は異なるため、転職サイトは複数登録するのがいいでしょう。

応募書類や面接で必要な自己分析のサポートもしてくれるため、自分に対する客観的な評価を知ることもできるでしょう。

50代で転職する際の注意点

どっちの道か悩むスーツ姿の男性

前述のとおり、50代は採用条件が厳しいため、転職に苦戦する方が少なくありません。しかし、50代で転職する際に気をつけるポイントを把握しておけば、事前に対策ができます。

ここでは、50代で転職する際の注意点について解説します。

50代で転職する際の注意点
  • 年収ダウンを恐れない
  • 転職先の選択肢を広げる
  • 学ぶ姿勢があることをアピールする
  • なるべく在職中に転職活動をする
  • 転職エージェントは一社に絞らない

それぞれ、具体的に解説します。

年収ダウンを恐れない

50代の転職では、現職よりも年収が下がることを恐れないようにしましょう。

 なぜなら、日本の賃金形態は勤続年数をベースに考えられており、長く勤めている企業であれば高い収入を得ている可能性があるからです。

そして、50代でのキャリア採用は前職の給料が考慮されるとはいえ、年収が確約されるわけではありません。

高い年収を求めると、転職が長期化することが予想されます。とはいえ、一時的に年収が下がったとしても、努力次第では下がった年収を取り戻せます。

そのため、少しでも転職したい気持ちがあるならば年収ダウンを恐れずに行動しましょう。

年収にこだわると、求人の幅が極端に狭くなります。

転職先の選択肢を広げる

50代の転職は難易度が高いので、転職先の選択肢を広げることが大切です。

 「大企業以外はNG」「正社員以外はNG」など条件にこだわってしまうと、転職先が見つかりにくくなります。

例えば、ベンチャー企業や中小企業ならば競争率も高くないため、転職しやすいです。また、自分が興味のある分野で正社員求人がない場合は、非正規社員として転職することを視野に入れましょう。

50代の転職では、自分のこだわりを捨てて、転職先の選択肢を広げることで良い転職につながる可能性があります。

学ぶ姿勢があることをアピールする

看護師の職務経歴書を書く

50代の転職では学ぶ姿勢があることをアピールしましょう。50代ともなると企業からすれば「プライドが高くて扱いにくい」と判断されがちです。

 また、転職先では年下が上司になる可能性があります。

日本は年功序列の会社が多く、年上が部下になると仕事がしにくいと感じる方は少なくありません。

そのため、「この人ならすぐに馴染めそうだな」「学ぶ姿勢がありそうだな」というイメージを持たれると、有利に働くでしょう。

面接でも学ぶ姿勢や謙虚さをしっかりとアピールしましょう。

なるべく在職中に転職活動をする

なるべく在職中に転職活動を行うようにしましょう。転職先が決まる前に辞めてしまうと、収入が無い期間が発生するので、焦りの気持ちが出てきます。

経済的に余裕がなくなると、妥協した求人を選ばざるを得ません。退職してから転職活動に集中したいと思うかもしれませんが、在職中に転職活動をすることはスタンダードなやり方です。

在職中だと経済的な心配をする必要がないため、複数の会社を比較検討できます。

転職エージェントを複数利用する

転職エージェントは一社に絞らず、複数利用しましょう。複数利用するメリットは以下のとおりです。

転職エージェントを複数利用するメリット
  • キャリアアドバイザーの比較ができる
  • 各社の非公開求人に応募ができる
  • 様々な視点からアドバイスがもらえる

転職エージェントは無料で利用できるので、一社だけに絞って転職活動をするのは勿体ないです。転職エージェントは複数利用するようにしましょう。

転職エージェントは2〜3社利用するとよいと言われています。

50代の転職で転職サイトを活用するポイント

パソコンとコーヒーとスマホ

経験のある業界や職種で転職活動をする

50代から未経験の仕事に飛び込むのは、どうしても難易度が高くなります。業界により独自のルールや雰囲気に対応できないこともあるでしょう。

 現在の仕事と同一の業界内、もしくはこれまでに経験のある業界の求人を探すのがおすすめです。

同じ業界でも会社が違えば、環境を一新することができるでしょう。

これまでのスキルや経験を活かせるかどうかを、求人選びのポイントにするといいかもしれません。

年収や役職にこだわりすぎない

仕事

50代の転職で年収や役職にこだわりすぎてしまうと、求人の条件が狭くなってしまうでしょう。

 条件はできるだけ広くして転職活動することが、50代の転職のポイントです。

転職することにより年収がアップするケースももちろんありますが、今現在よりも待遇や役職が低くなる可能性があることも、視野に入れておく必要があります。

どうしても年収やポストを下げたくないのであれば、転職を諦めるという選択肢もあるかもしれません。

何を優先したいかを明確にしてから転職活動を進める必要があるでしょう。

エージェント機能のあるサービスを活用する

50代の転職は難易度が高いため、転職事情に精通した転職のプロの手を借りるのがベストです。

 転職エージェントを活用して、転職活動を徹底的にサポートしてもらうのがいいでしょう。

自分の強みを一緒に探してくれる、面接でチェックされているポイントを教えてくれるなどといった細やかなサポートを受けることが、転職成功への近道です。

担当してくれるコンサルタントとの相性も重要になります。

複数の転職エージェントに登録して、相性のいいコンサルタントを見つけるのがおすすめです。

アピールポイントを相談する

話し合う人

転職活動で大切なことは、自分の強みをしっかりと企業に伝えることです。

 まずは、これまでの経験や保有資格、携わったプロジェクトなどをピックアップしておきましょう。

ただし、ただ並べて記載するだけではなく、きちんと言語化して面接でアピールポイントとして伝える必要があります。

自分でアピールポイントを整理するのが難しいなら、転職エージェントのコンサルタントに相談してみましょう。

コンサルタントが客観的にスキルを見て、どうアピールすべきかを一緒に考えてくれるでしょう。

よくある質問

50代の転職事情は?
50代は給料が高くなるので、若い世代に比べると転職難易度が上がります。しかし、コツを押さえた転職活動ができれば良い転職が叶う可能性があります。
50代の転職で転職サイトを利用するメリットは?
エージェント機能がある転職サイトを利用することで、求人の質が良い非公開求人にアクセスできます。また、企業との日程調整や年収交渉を代行してもらえるのも魅力のひとつです。
50代の転職で転職サイトを活用するポイントは?
「経験のある業界や職種で転職活動をする」「年収や役職にこだわりすぎない」ことが挙げられます。50代から未経験分野に飛び込むのは難易度が高いため、経験のある職種で求人を探すのが良いでしょう。また、年収や役職にこだわりすぎると求人の条件が狭くなってしまうので、注意しましょう。
50代におすすめの転職サイトは?
リクルートエージェント、マイナビエージェント、dodaがおすすめです。これらは大手転職エージェントであるため、転職サポートが充実しており、50代の求人も数多く取り扱っています。
50代におすすめの女性向け転職サイトは?
type女性の転職Agentやパソナキャリアがおすすめです。これらは専任のアドバイザーが女性の悩みに寄り添いあいながら転職サポートをしてくれます。女性の活躍を支援している企業の紹介記事や転職についてのコラムも見ることができます。
50代で未経験職種に転職することは可能か?
50代未経験でも転職できる職種はあります。ただ、年収が下がることは覚悟しましょう。

まとめ

今回は、50代におすすめの転職サイトや、50代の転職で転職サイトを利用するメリット、活用するコツなどを詳しくご紹介しました。

50代の転職活動は、エージェントサービスのある転職サイトを有効活用して、求人の幅を広げるのがベストです。

50代の転職は難易度が高いですが、後悔しないためにもまずは行動あるのみです。転職を悩んでいる場合、相談することで自分の気持ちの整理ができるかもしれません。

転職のプロのサポートを受け、ポイントを押さえた転職活動をすることが、成功への近道になります。

記事内で紹介した転職サイトを参考に、自分に合ったサービスをしっかり活用して希望の転職を叶えてください。

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事