薬剤師に人気のおすすめ転職サイト9選!求人数比較ランキングも紹介

薬剤師に人気のおすすめ転職サイト9選!求人数比較ランキングも紹介

転職サイトをはじめとする転職サービスの数は多く、自分が使うべきサイトを見つけるのは大変です。

転職を検討しているけどどの転職サイトを使ったらいいのかわからない」、そんな薬剤師の方もいるのではないでしょうか。

転職サイトには、さまざまな職種の求人を検索できる総合型と、薬剤師の求人を集めた特化型があります。

今回は、総合型と特化型それぞれのおすすめ転職サイトをまとめて確認していきましょう。

この記事でわかること
  • 薬剤師におすすめの転職サイト
  • 薬剤師向け求人数の多い転職サイトランキング
  • 薬剤師が転職を成功させるためのポイント
  • 薬剤師向け転職サイトを利用するメリット

求人数の多い転職サイトランキングやサイトの選び方も紹介するので、転職を検討している薬剤師の方は、ぜひ参考にしてみてください。

【特化薬剤師におすすめの転職サイト6選

薬キャリAGENT

薬キャリAGENT

おすすめポイント
  • 全国の提携転職エージェントの求人を一括検索できる転職サイト
  • たくさんの求人の中から希望に合う求人を見つけることができる
  • 会員登録するとおすすめの転職エージェント3社に登録

提携している転職エージェントの薬剤師の求人を一括検索できるサービスを提供しているのが薬キャリです。

運営しているのは、医療業界分野に特化したサービスを提供し続けている会社、エムスリーなので薬剤師の求人も探しやすいでしょう。

 検索できる求人数の多さが薬キャリの大きな魅力。たくさんの転職エージェントをチェックする必要がありません。

求人特集や転職ノウハウといったコラムも充実しており、転職活動に役立てることもできるでしょう。

自分のペースで転職活動を進めていきたい人に最適です。
運営会社 エムスリー株式会社
主なサービス(機能)
  • 求人検索
  • 転職サポートツール
公開求人数※2022年2月25日時点 46,185件
薬剤師の公開求人数※2022年2月25日時点 46,185件
対応エリア 全国

出典:薬キャリAGENT

マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師

おすすめポイント
  • 薬剤師求人に特化した転職サイト
  • 面談場所が全国各地にある
  • マイナビネットワークを活かした豊富な求人

マイナビ薬剤師は、薬剤師求人に特化した求人検索と転職エージェントを利用できるサービス。薬剤師専任アドバイザーの情報力と交渉力で、希望の転職を叶えます。

 面談を行う場所は、全国に15拠点。地方転職の場合も安心して利用できるでしょう。

薬剤師の転職を助けるコラムやツールも充実しており、はじめて転職活動をする薬剤師にもおすすめです。

転職相談会やセミナーも随時行っているため、転職を考えているけど何から始めればいいかわからないときにもいいでしょう。

運営会社

株式会社マイナビ
主なサービス(機能)
  • 求人検索
  • エージェントサービス
  • 転職サポートツール
公開求人数※2022年2月25日時点 56,899件
薬剤師の公開求人数※2022年2月25日時点 56,899件
対応エリア 全国

出典:マイナビ薬剤師

ファルマスタッフ

ファルマスタッフ

おすすめポイント
  • 調剤薬局を中心とした薬剤師求人を多数保有
  • 人材派遣も行っておりサポートも充実
  • 全国に相談場所を持つ

ファルマスタッフを運営しているのは、グループ企業に調剤薬局の大手チェーンを持つメディカルリソース。調剤薬局の求人を中心に、薬剤師の求人を多く保有する転職エージェントです。

 人材派遣にも対応しており、派遣薬剤師のための教育制度や福利厚生も充実しています。

全国に12拠点展開しており、求人先には直接足を運ぶことに重点を置いているため、求人票だけではわからない職場の様子を教えてもらうこともできます。

たくさんの求人を保有しており、ハイクラス求人に出会える可能性もあるでしょう。
運営会社 株式会社メディカルリソース
主なサービス(機能)
  • 求人検索
  • エージェントサービス
  • 人材派遣
  • 転職サポートツール
公開求人数※2022年2月25日時点 41,265件
薬剤師の公開求人数※2022年2月25日時点 41,265件
対応エリア 全国

出典:ファルマスタッフ

お仕事ラボ

お仕事ラボ

おすすめポイント
  • 薬剤師専門の転職・派遣サービス
  • マッチング精度が高い
  • 職場に逆指名してくれることもある

お仕事ラボを運営しているのは、アイセイ薬局の子会社であるAXIS。薬剤師の転職と人材派遣を行うサービスです。

 転職先の事情を理解したコンサルタントが面談を行い、求職者と職場のミスマッチを極力排除!これがマッチング精度の高い理由です。

希望求人が見つからないときには、コンサルタントが職場に求職者の売り込みをしてくれることもあります。

薬剤師派遣の場合は、スキルアップができるEラーニングサービスや薬剤師賠償責任保険などを利用することもできます。

転職後の相談も受け付けているので、内定後も安心です。
運営会社 株式会社AXIS
主なサービス(機能)
  • 求人検索
  • 人材派遣
  • エージェントサービス
  • 転職サポートツール
公開求人数※2022年2月25日時点 33,861件
薬剤師の公開求人数※2022年2月25日時点 33,861件
対応エリア 全国

出典:お仕事ラボ

薬剤師ワーカー

薬剤師ワーカー

おすすめポイント
  • 1人のアドバイザーが求職者と企業を管理
  • 40代以上の転職にも強い
  • 内定後、仕事を始めてからもサポート

薬剤師ワーカーは、他の転職サービスでは少ない一元管理体制を採用。1人のアドバイザーが求職者と企業の両方を管理するため、転職後のミスマッチを防ぎます。

 職場の様子をアドバイザーが理解しているので、より詳しい情報を提供してもらえるでしょう。

転職についてなんでも相談できる無料の個別相談会は、東京・大阪会場もしくは電話で受け付け。転職活動前の相談もおすすめです。

転職活動中はもちろん、転職後もマンツーマンでしっかりサポートしてくれるため、心強い味方になるでしょう。
運営会社 株式会社トライトキャリア
主なサービス(機能)
  • 求人検索
  • エージェントサービス
公開求人数※2022年2月25日時点 22,728件
薬剤師の公開求人数※2022年2月25日時点 22,728件
対応エリア 全国

出典:薬剤師ワーカー

モノリス

おすすめポイント
  • 定着率94%の実績※公式サイト参照
  • 担当コンサルタントのサポートが手厚い
  • 就業後もサポート

モノリスは、時給・福利厚生での還元率業界高水準を誇る薬剤師・看護師専用の転職エージェントです。

 紹介先での定着率は94%と安心の実績のため、入社後のミスマッチを防ぐことができます。

モノリスではコンサルタントの担当人数は5人までとなっており、一人ひとりにかける時間と対応量が高い点が特徴です。

また、就業後も担当コンサルタントから1年間定期的な連絡が継続され、円滑に働けるようサポート体制が充実しています。

手厚いサポートを受けたい方におすすめです!
運営会社 株式会社モノリス
主なサービス(機能)
  • 求人検索
  • エージェントサービス
  • コンサルティングサービス
公開求人数※2022年2月25日時点 非公開
薬剤師の公開求人数※2022年2月25日時点 非公開
対応エリア 関東・関西エリア

参照:公式サイト

総合型薬剤師におすすめの転職サイト3選

リクルートエージェント

リクルートエージェント

おすすめポイント
  • 業界最大級の保有求人数
  • キャリアアドバイザーが転職をサポート
  • 独自分析した企業情報を提供

リクルートエージェントは、非公開求人数を含む保有求人が業界最大級の転職エージェント。多くの転職希望者が利用しているサービスです。

 転職をサポートしてくれるのは、各業界について詳しいキャリアアドバイザー。実践豊富なので安心してサポートを依頼することができます。

応募書類の添削や面接対策など、転職サポートも充実。内定後も年収交渉や入社日の調整、円満退社といった手続きの代行やアドバイスをしてもらうこともできます。

これまでのサポート経験により、独自に分析した企業情報を持っているのが大きな特徴。転職に役立つ情報を提供してもらうことができます。

運営会社 株式会社リクルート
主なサービス(機能)
  • 求人検索
  • エージェントサービス
  • 転職サポートツール
公開求人数※2022年2月25日時点 169,327件
薬剤師の公開求人数※2022年2月25日時点 261件
対応エリア 全国

出典:リクルートエージェント

マイナビエージェント

マイナビエージェント

おすすめポイント
  • 各業界の専任制のキャリアアドバイザー
  • リクルーティングアドバイザーが企業情報を提供
  • しっかりしたヒアリングによるマッチング力

マイナビエージェントのキャリアアドバイザーは各業界の専任制となっており、業界の転職事情をしっかり把握しています。

さらに、企業の営業担当であるリクルーティングアドバイザーが、求人票だけではわからない情報を提供してくれます。

 企業と求職者へのヒアリングを重視することで、マッチング力を強化しているのがマイナビエージェントの大きな特徴です。

応募書類の添削や面接対策だけでなく、利用回数や期間を問わず夜間や土曜の相談も受け付けており、スムーズな転職活動を徹底的にサポートしています。

全国各地に面談できる場所があるため、直接相談したい人にもいいでしょう。

運営会社 株式会社マイナビ
主なサービス(機能)
  • 求人検索
  • エージェントサービス
  • 転職サポートツール
公開求人数※2022年2月25日時点 34,687件
薬剤師の公開求人数※2022年2月25日時点 136件
対応エリア 全国

出典:マイナビエージェント

doda

doda

おすすめポイント
  • 転職サイトと転職エージェント両方の機能
  • 保有求人数が業界最大級
  • 転職サポートツールの充実

dodaは転職サイトと転職エージェント両方の機能があり、希望に合わせた使い方で活用することができます。

 保有求人数は業界最大級。非公開求人を紹介してもらうためには、転職エージェントの登録が必須です。

転職エージェントの場合、キャリアアドバイザーの担当がつき、強みや可能性を踏まえつつ、転職活動を最後までサポートしてくれます。

キャリアタイプ診断や年収査定、自己PR発掘診断など役立つツールも充実しており、転職すべきか悩んでいる人にもおすすめです。

運営会社 パーソルキャリア株式会社
主なサービス(機能)
  • 求人検索
  • エージェントサービス
  • 転職サポートツール

公開求人数※2022年2月25日時点

125,558件
薬剤師の公開求人数※2022年2月25日時点 219件
対応エリア 全国

出典:doda

【求人数比較】薬剤師に人気のおすすめ転職サイトランキングTOP3

※記事内で紹介した転職サイトの公開求人数を比較し、多いものから順にランキング形式でご紹介します。
※情報は2022年2月25日時点のものです。最新情報とは異なる可能性があります。

1位:リクルートエージェント(公開求人数:169,327件)

リクルートエージェント

おすすめポイント
  • 業界最大級の保有求人数
  • キャリアアドバイザーが転職をサポート
  • 独自分析した企業情報を提供

2位:doda(公開求人数:125,558件)

doda

おすすめポイント
  • 転職サイトと転職エージェント両方の機能
  • 保有求人数が業界最大級
  • 転職サポートツールの充実

3位:マイナビ薬剤師(公開求人数:56,899件)

マイナビ薬剤師

おすすめポイント
  • 薬剤師求人に特化した転職サイト
  • 面談場所が全国各地にある
  • マイナビネットワークを活かした豊富な求人

薬剤師向け転職サイトの選び方は?

パソコン

保有求人の豊富さ

まずチェックしたのは、保有求人の豊富さです。求人の数が多いということは、たくさんの職場の中から希望に合った求人を比較検討できるという、選択肢の広さにつながります

 転職サイトに出ない非公開求人には、応募が殺到するような条件のいい求人も含まれているため、転職エージェントに登録しないとチェックできない非公開求人にも注目です。

薬剤師求人の数は、総合型よりも特化型の転職サイトの方が断然多いので、薬剤師に絞った転職なら特化型がいいでしょう。

求人内容情報の質

パソコンを操作する人

求人内容情報の質もチェックしておきたいポイントです。求人票に記載されている内容だけでは、職場の基本情報はわかっても、求職者が本当に知りたい情報まではわかりません。

求人票でチェックしたいポイント
  • 職場の雰囲気
  • 残業について
  • 有給について
  • 定着率/離職率
  • 年齢層

職場の雰囲気、どんな人を求めているのか、採用で見られるポイントなどの情報を提供してくれると、安心材料になるでしょう。

内定に近づく情報を得られるだけでなく、職場選びの助けにもなるため、ひいては入職してからのミスマッチを防ぐことにもつながります。

企業担当者から情報を提供してもらえることも。内定後のミスマッチを防ぐため、詳しい情報があると安心です。

アドバイザーの質

転職エージェントを利用する場合は、担当してくれるアドバイザーの質も重要です。

質の高いアドバイザーの特徴
  • 的確な情報を提供してくれる
  • スキルや経験を正しく判断してくれる
  • 業界の専門的な知識がある
  • レスポンスが早い

求人紹介から応募書類の添削、面接対策と、転職活動におけるすべての工程をサポートしてくれるため、長い付き合いになることもあります。

ただし、アドバイザーの質だけではなく相性の問題でもあるため、利用してみないとわからないところでもあるでしょう。

相性がいいと感じるアドバイザーに出会えたら、その転職エージェントを重点的に利用するのがおすすめです。

薬剤師向け転職サイトを利用するメリット

ハイタッチ

薬剤師の転職を目指す上で、転職サイトを利用すると以下のようなメリットが得られます。

薬剤師向け転職サイトを利用するメリット
  • 求人探しの労力を減らすことができる

  • 非公開求人にアクセスすることができる

  • 書類の添削や面接対策をしてもらえる

  • 条件や年収の交渉を代行してくれる

  • 無料で利用できる

それぞれ、みていきましょう。

求人探しの労力を減らすことができる

パソコンを操作する人

転職サイトを利用することで、求人探しの労力を減らすことができます。

 なぜなら、転職サイトの担当エージェントがあなたの希望に合った求人探しや面接の日程調整を行ってくれるからです。

転職活動は「とにかく忙しい」と感じる方が少なくありません。特に、仕事をしながらの転職活動となると、うまく時間が取れずにおざなりになる可能性があります。

転職サイトを使うことで、仕事を続けながらでも円滑に転職活動を行うことができます。

転職サイトを使うと、担当エージェントと二人三脚で転職活動を進められるため負担を軽減できます。

非公開求人にアクセスすることができる

転職サイトを利用することで、非公開求人にアクセスできるメリットがあります。

転職サイトには公開求人と非公開求人があり、公開求人は誰でも閲覧することができますが、非公開求人はその転職サイトに登録しないと閲覧することができません。

非公開求人は、公開求人よりも年収や待遇が良いのが特徴です。

なぜなら、公開求人にしてしまうと応募が殺到してしまうため、企業側も採用コストを減らすために非公開求人として掲載するのです。

 転職サイトを利用することで、非公開求人を閲覧できるため、薬剤師の幅広い求人を選ぶことができます。

書類の添削や面接対策をしてもらえる

話し合う女性

 転職サイトを利用することで担当エージェントから書類添削や面接対策など、採用される確率を上げるための必要なサービスを受けられます。

これにより、初めて転職活動する方でも安心できるでしょう。また、担当エージェントは紹介先の薬局や病院と強い繋がりを持っているため、内情や雰囲気を知っています。

その情報をもとに適切なアドバイスをしてくれるので、転職した後に「思っていた雰囲気と違うな」となるような事態を防ぐことに繋がります。

転職サイトでは面接前に人事担当者の注目点や過去の合格点の傾向などを把握した上で面接対策をしてくれるため、安心して本番に臨めますよ。

条件や年収の交渉を代行してくれる

転職サイトは件や年収の交渉を代行してくれます。

ひとりで転職活動を行う場合、自分から企業に対して「もっと年収を上げてくれませんか?」とは、言いにくいですよね。

たとえ、年収交渉をしたとしても企業側に悪い印象を与える可能性があります。

転職サイトを利用することで、こちらが企業にアピールすることなく担当エージェントが年収交渉を代行してくれます。

 年収交渉を考えているならば、担当エージェントの面談の際に自分の強みをしっかりと伝えておくことがポイントです。

無料で利用できる

お金

 転職サイトの一番のメリットは、上記のようなサービスを無料で利用できることでしょう。

転職サイトは企業に求人を紹介して内定が決まったら、企業側から報酬をもらう仕組みになっています。よって、転職者に費用が発生することはありません。

企業側もお金をかけて転職サイトに掲載しているため、採用熱も高いと言えます。

薬剤師の転職を失敗しないためのポイント

ポイント

希望条件は明確にする

転職活動を進めるうえで決めておきたいことは、転職先への希望条件です。

まずは、勤務地や雇用形態、給与、勤務時間、福利厚生など、ひとつひとつの項目についての希望を挙げておきます。

 すべての希望が叶う勤務先は難しいため、どの項目を優先するのか、優先順位を決めておきましょう。

希望を明確にしておくことで、求人探しの軸ができ、スムーズに転職活動を進めることができるはずです。

希望条件を明確にした転職活動により、転職後のミスマッチを防ぐことにもつながります。

前向きな退職理由を用意する

薬局

面接の際には、転職に踏み切った理由を質問されるケースも多いでしょう。

 退職理由はネガティブなこともあるかもしれませんが、そのまま伝えてしまうとマイナスの印象を与えてしまうこともあります。

どんな理由であれ、言い換えることでポジティブな印象にもできるはず。前向きな退職理由を用意しておきましょう。

思い浮かばない場合は、転職エージェントのアドバイザーに相談してみるのもひとつの方法です。

転職サービスを最大限利用する

転職サイトや転職エージェントは、基本的にすべて無料で利用できるサービスです。転職活動に慣れているという場合を除き、転職活動に疑問や不安がある人も少なくないでしょう。

 転職サイトや転職エージェントを最大限を活用することが、スムーズに転職活動を進めるポイントです。

利用するサイトにより、保有している求人は異なります。複数の転職サイトを活用して、希望に合った求人を探すのがおすすめです。

自分ひとりで転職活動を進めるのは難しいもの。サポートが欲しい場合は、迷わず転職エージェントに登録しましょう。

よくある質問

薬剤師におすすめの総合型転職エージェントは?
「リクルートエージェント」「マイナビエージェント「doda」がおすすめです。大手転職エージェントということもあり、求人数が豊富で転職サポートも充実しています。
薬剤師におすすめの特化型転職エージェントは?
「薬キャリAGENT」「マイナビ薬剤師」「ファルマスタッフ」などがおすすめです。特化型は薬剤師専任のアドバイザーが常駐しており、適切なアドバイスを受けながら転職活動ができます。
薬剤師に人気の公開数が多い転職サイトTOP3は?
1位はリクルートエージェントで公開求人数168,327件、2位はdodaで125,558件、3位はマイナビ薬剤師で56,899件です(2022年2月25日時点)。
薬剤師向けの転職サイトの選び方は?
「保有求人の豊富さ」「求人内容の質」「アドバイザーの質」で選ぶとよいでしょう。本記事で紹介している転職サイトはこの3つのポイントを満たしています。
薬剤師への転職にて転職サイトを利用するメリットとは?
「転職活動の労力を軽減できる」「非公開求人に応募することができる」といったメリットが挙げられます。転職サイトを利用することで働きながらでもスムーズに転職活動をすることができます。
薬剤師の転職を失敗しないためのポイントは?
希望条件は明確にするようにしましょう。希望を明確にしておくことで求人探しに迷走することがなくなり、希望の転職が叶いやすくなります。
薬剤師未経験でも転職は可能なのか?
薬剤師は人気がある職種なので、未経験からの転職は難しいと言えるでしょう。とはいえ、未経験OKの求人も存在するので、チャレンジする価値はあります。

まとめ

今回は、薬剤師におすすめの転職サイトと保有求人数の多いランキングを紹介しました。転職サイトにより、それぞれ保有求人もサービス内容も異なります。

薬剤師として転職を検討しているなら、薬剤師求人の多い特化型の転職サイトがいいでしょう。

不安の多い転職活動を転職のプロにサポートしてもらいながら、効率的に進めていくのがベストです。今回紹介した転職サイトの中から、気になるサービスを活用してみてはいかがでしょうか。

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事