26歳の転職は遅い?メリット・デメリットや成功のポイントも詳しく解説

26歳の転職は遅い?メリット・デメリットや成功のポイントも詳しく解説

26歳は、一般的に見ると社会人5年目にあたる年齢です。社会人経験もそれなりに積み上げ、今後のキャリアについて考えているという人も少なくないでしょう。

転職を考えるなら、まずは26歳の転職市場における位置づけを理解しておく必要があります。

この記事では、「26歳での転職は、どんなタイミングなのだろうか」「未経験の仕事に挑戦したい」という人に向けて、26歳の転職事情を解説していきます。

この記事でわかること
  • 転職市場における26歳
  • 26歳で転職するメリット・デメリット
  • 26歳で転職を成功させるポイント

26歳におすすめの転職エージェントも紹介するため、26歳で転職を考えているならぜひこの記事を参考にしてみてください。

26歳での転職はあり?なし?

OK、NGと書かれたブロック

まず結論から言うと、26歳は転職に適したタイミングです。

転職市場の年齢別階級
  • 22~25歳:第二新卒
  • 26~29歳:準第二新卒
  • 30歳以降:即戦力

26歳は第二新卒を抜け出た、準第二新卒に当てはまる年齢です。基本的には採用後育成することを前提としたポテンシャル採用ですが、実務経験も評価の対象となります。

20代前半では経験不足で判断しにくいものの、26歳ともなると仕事の全体像が見えてくるでしょう。

 26歳は今後のキャリアを決めるちょうどいいタイミング。

社会人として働いた経験をもとに、今の会社でキャリアアップを目指すのか、それとも新天地に進むべきか、キャリアの方向性を定めることができます。女性であれば、結婚や出産もより身近になるでしょう。

キャリアと合わせて、将来的なライフプランを踏まえた転職を検討することもできます。

26歳で転職するメリット

GOODと書かれたブロック

メリット①ポテンシャルと実務経験の両方をアピールできる

26歳はまだまだ若く、柔軟性もある年齢だと判断されることに加え、経験という武器も備えています。

 経歴や採用面接に加え、将来の伸びしろといったポテンシャルを含めて検討してもらえるため、実務経験が浅くても可能性は十分!

さらに、入社後3年程度の実務経験があることで、即戦力としてアピールすることもできます。若さと社会人経験のバランスが取れている、これが26歳という年齢の特徴です。

26歳はポテンシャルと実務経験の両方のアピールポイントが使える年齢!これは転職に有利な武器です。

メリット②公務員への転職も可能

スーツを着た男性

26歳であれば、民間企業だけでなく、公務員という選択肢もあります。公務員に転職するためには、まず公務員試験に合格しなければなりません。

 自治体や職種によっても異なりますが、公務員試験を受験できる年齢の上限は決まっています。

26歳であれば、まだまだ公務員試験を受験できる年齢です。新卒採用を目指す大学生と同じ試験を受けることになり、面接で社会人経験をアピールすることもできるでしょう。

福利厚生が充実しており、安定した給与体系を求めるなら、公務員を検討するのもおすすめです。

メリット③未経験職種にもまだチャレンジ可能

実務経験が浅くてもポテンシャル採用が通じる26歳は、未経験職種へのチャレンジも可能な年齢です。

 26歳での未経験職種であれば、若手の人材として教育してもらうことができるでしょう。

30歳が近づくにつれ、未経験でチャレンジできる職種が限られたり、難易度が上がってしまうため、26歳は未経験職種に挑戦するラストチャンスと言えるでしょう。

未経験職種の転職を考えているなら、決断は早いに越したことはありません。

メリット④26歳の転職市場での価値は高い

仕事をする人

社会人経験の浅い第二新卒と比較した場合、26歳は社会人としてのマナーなど基本的な知識が身に付いていると判断されます。

研修のコストが省けるというメリットがあり、第二新卒よりも評価が高くなるでしょう。

 第二新卒よりもワンランク上、これが、転職市場から見る26歳の特徴です。

また、30代以上である程度年齢を重ねキャリアを積んでいる場合、自分のスタイルができてしまっていることも多く、社風ややりかたになじまないと内定に結びつきません。

その点26歳は30代と比べてまだまだ若く、社風になじむ柔軟性があると判断されます。将来性があるという点でも、転職市場での価値は高いでしょう。

社会人としての基礎があり、なおかつ将来性にも期待ができる26歳は、企業にとってちょうどいい年齢です。

メリット⑤自分の適正やキャリアの方向性を検討しやすい

26歳での転職では、入社後3年程度の実務経験があることでこれまでの経験を踏まえて自分に何が向いているのか判断しやすくなります

 入社2〜3年ほどでは、自分の適性に関してあまり掴むことが難しいですが、26歳となると新たに自分を別の視点で見つめ直すことができるでしょう。

自分の適性をつかまないまま転職をしても、問題は解決せずに転職を繰り返してしまう可能性もあります。

自分の理想の働き方に近づくためにも、ある程度の経験が必要となってきますね!

26歳で転職するデメリット

BADと書かれたブロック

デメリット①年収が下がる可能性がある

まだ経験の浅い26歳は、新卒の初任給と同じくらいの給与設定になることが多いようです。そのため、転職してすぐに給与アップを目指すのは難しいでしょう。

 給与は絶対に下げたくないと考えているなら、転職せずキャリアアップを目指すのもひとつの方法です。

現在大企業や外資系に勤めていて転職を考えているなら、年収ダウンは当然のこととして受け入れる必要があります。

デメリット②経験が浅いと判断される可能性がある

仕事をする人

第二新卒と比較すると評価の高い傾向にある26歳ですが、中途採用枠のキャリアのある人と比較すると、まだ経験が浅いと判断されることもあるでしょう。

 能力・経験を重視し即戦力を求める企業の場合、転職はよっぽどのスキルが認められないと、内定獲得は難しいかもしれません。

年齢のメリットを活用するためにも内定につなげるためにも、研修制度が充実しているなど、若さや今後の伸びしろを重視する業界や企業を選ぶことが、転職成功のカギです。

今の職場でもう少しキャリアを積んでからの転職が有利になる可能性もなきにしもあらずです。

26歳で転職する際の注意点

パソコンを操作する人

職種を変えるには覚悟も必要

職種を変えるのであれば、「職種の変更は1度だけ」という意識を持つことも大切です。未経験転職を繰り返すと、動機が明確でない限り、キャリアに一貫性がないと思われてしまいます。

今後も職種を変える場合、「すぐやめるクセがある」と判断されてしまう要因になってしまうでしょう。

違う職種に挑戦するからには、この職種で頑張るという覚悟も必要です。

異業種でもこれまでの実績が求められる

ミーティングをする人

異業種への転職であっても、これまでに身に付けたスキルや経験は、何らかの形で仕事に活かすことができるはずです。

 26歳はある程度の経験も求められる年齢のため、ポテンシャルのみをアピールするのは避けておきましょう。

スキルや経験を補うように成長性やモチベーションをアピールするのは大事ですが、ポテンシャル採用が通用するのは、基本的に第二新卒のみと考えておきましょう。

若さと熱意だけを武器にするのではなく、経験とスキル、モチベーションの両方をアピールしてください。

26歳の転職を成功させる5つのポイント

いくつかのデメリットや注意点はあるものの、26歳は転職に有利なタイミングです。しかし、そこに甘んじていては、転職に失敗してしまうでしょう。

そこで、ここからは転職を成功させるための5つのポイントについて解説します。

ポイントを押さえながら、転職実現を目指して進めていきましょう。

ポイント①転職エージェントを活用する

話し合う男性

転職活動はひとりで進めることももちろんできますが、成功率を高めるためには、転職のプロに相談するのがおすすめです。

 26歳で転職活動に慣れている人は少数のはず。転職のプロが求人紹介や応募書類の添削、面接対策と、すべての工程をサポートしてくれます。

転職サイトに掲載していない非公開求人を紹介してくれるのも、転職エージェントの魅力のひとつ。非公開求人には応募が殺到するような条件がいい求人もあり、思わぬ出会いもあるかもしれません。

さらに転職エージェントは企業との年収交渉の代行を行ってくれます。自分では言い出しにくい条件交渉ができるため、自分の希望年収での就職がしやすくなります。

担当との相性も転職活動に影響することや、保有求人の違いなどから、転職エージェントは複数登録するのがおすすめです。

ポイント②今の仕事で身に付いたスキルや経験を言語化する

ペンとノート

これまでに培った経験やスキルも評価対象となるのが、26歳の転職の特徴です。

これまでに携わった仕事でどんな経験をしてどんなスキルを身に付けたのか、しっかり言語化していくことから始めましょう。

 ここで重要なことは、成果ではなく努力した過程をアピールすることです。

過去を振り返りどんな経験やスキルがあるか、具体的にピックアップし、伝えたいポイントを選定しておくのがおすすめです。

企業のニーズに合ったスキルや経験を、自分の強みとしてしっかりアピールできるようにしておきましょう。

ポイント③転職理由を明確にする

転職理由を明確にし、面接できちんと伝えられるように準備しておくことも大切です。

長く勤務してくれる人を採用したいという企業もあるため、ぼんやりした転職理由では、面接官も不安を覚えてしまいます。

 ネガティブな転職理由は、ネガティブな印象を植えつけてしまう可能性があるため、転職理由はできるだけポジティブになるよう意識してみてください。

もちろん、実際にはネガティブな理由も少なくないでしょう。しかし、伝え方を変えるだけでポジティブな印象にできるはず。

また、転職回数が多いと不利にもなりますが、転職理由が明確であれば問題がないケースも少なくありません。

転職理由が曖昧では内定につながりません。転職するに値すると判断してもらえるような転職の理由を伝えられるようにしておきましょう。

ポイント④自己分析と企業研究をしっかりと行う

散らかった机

自分の性格によっても仕事の向き不向きは変わるため、自分に合う仕事を選ぶためにも、自己分析は必須です。

また、企業の採用担当者に自分を理解してもらうためには、まず自分のことが分かっていないことには始まりません。

 気持ちよく仕事できる環境を見つけるという目的のためにも、自己分析は大切な工程です。

合わせて、企業研究にも力を入れておきましょう。企業研究することで、「働いてみたい」、「なじめそう」という思うことができれば、入社後のミスマッチを軽減することができます。

企業研究で見るべきポイント
  • 事業内容
  • 主力商品・サービス
  • 企業理念
  • 独自性
  • 社風
  • 必要なスキル

企業研究を通して企業が求める人材についての理解につながり、アピールすべきポイントが明確になります。

ポイント⑤長期的なキャリアビジョンを考えておく

カレンダー

26歳は今後の結婚など、ライフイベントを踏まえたキャリアプランを立てておきたい年齢です。避けておくべきは、「何となく」で転職してしまうことです。

 キャリアプランを立てて置き、それに合わせて転職先を探すのがいいでしょう。

まずは転職して叶えたいことをピックアップしていきましょう。そのあと優先事項をつけることで、働き方の希望が見えてくるかもしれません。

転職活動=働き方や生き方を決めることでもあります。自分の今後を考えることが、転職先探しにつながるはず。

26歳の転職の流れ

50代で転職エージェントを利用する人

26歳は社会人としてのマナーや基本的に知識が身に付いており、ポテンシャルもあるため市場価値が高く、転職に適した年齢と言えるでしょう。

良い転職を実現するためには転職の全体像を把握して計画的に転職活動を進めることが大切です。ここでは、26歳の転職の流れについて紹介します。

転職全体のスケジュール

①転職準備(1ヶ月〜2ヶ月)

②転職活動(1ヶ月〜2ヶ月)

③入社準備(1ヶ月半〜2ヶ月)

転職準備(1ヶ月〜2ヶ月)

転職準備期間は、転職活動を行う前にどのように転職活動を進めるのか、転職の目的やスケジュールを決める期間です。

具体的に取り組むべきことは以下のとおりです。

転職準備期間に取り組むべきこと
  • 転職の目的とキャリアプランを考える
  • 自己分析やキャリアの棚卸しをする
  • 情報収集をする
  • 転職サイト・転職エージェントの選定
  • 転職計画を立てる

など

    この期間は1ヶ月~2ヶ月くらいを計画しておくとよいでしょう。26歳は市場価値が高い年齢であることから選択肢が多くなるため、迷いが生じやすいです。

    自己分析や情報収集をしっかり行った上で、今転職することが賢明なのか判断しましょう。

    転職活動中に目的がぶれることのないように、この期間で転職の軸を設定することが大切です。

    転職活動(1ヶ月〜2ヶ月)

    50代で転職エージェントを利用する人

    転職活動期間は、書類の作成や企業への応募、面接を行う期間です。この期間は一般的に1ヶ月~2ヶ月と言われています。

    履歴書・職務経歴書を作成し、転職サイトもしくは転職エージェントを利用して希望する企業に応募をします。

     履歴書・職務経歴書は書類選考を通すうえで重要な書類となるため、内容や誤字脱字に気をつけながら作成しましょう。

    書類選考が通ると、面接に進みます。面接では志望動機や退職理由を聞かれることが多く、どちらも前向きな理由を答えることが大切です。

    転職エージェントでは書類添削や面接力向上セミナーなどのサービスを無料で受けられため、不安な方は利用することをおすすめします。

    書類の作成や面接が不安な方は転職エージェントを利用するとよいでしょう。

    入社準備(1ヶ月半〜2ヶ月)

    最終面接に合格すると、内定をもらいます。内定をもらってから入社するまでの流れは以下のとおりです。

    ①内定連絡・条件確認

    ②内定承諾

    ③入社日の決定

    ④退職交渉・退職日の決定

    ⑤退職届提出

    ⑥引き継ぎ

    ⑦社内外への挨拶

    内定の連絡を受けたら、待遇や年収等の条件を確認し、受諾するかどうか判断します。

     内定をもらうと気分が浮ついてしまいすぐに承諾したくなるものですが、内容をしっかりと確認することをおすすめします。

    業務の引き継ぎ等があるため、この期間は1ヶ月半~2ヶ月と言われています。転職エージェントを利用すると待遇や年収交渉を代行してくれます。

    企業と直接やり取りしたくないという方は転職エージェントを利用するとよいでしょう。

    26歳の転職におすすめの転職エージェント5選

    リクルートエージェント

    リクルートエージェント

    おすすめポイント
    • 業界最大級の保有求人数
    • キャリアアドバイザーが希望やスキルに合った求人を紹介
    • 独自の転職サポートが充実

    リクルートエージェントは、株式会社リクルートが運営する転職エージェントです。公開求人数もさることながら、それを上回る非公開求人数を保有しています。

     求人を提案してくれるのは、業界に精通した経験豊富なキャリアアドバイザー。転職のプロが徹底的にサポートしてくれます。

    応募書類の添削や面接対策はもちろん、リクルートが持つ独自の業界・企業情報を提供してもらえるなど、転職サポートも充実しており、転職が初めてでも安心です。

    保有求人数は転職エージェントの強み!ここでしか出会えない求人もたくさんあるでしょう。

    運営会社 株式会社リクルート
    主なサービス(機能)
    • 求人検索
    • エージェントサービス
    • 転職サポートツール
    公開求人数※2022年2月14日時点 165,866件
    対応エリア 全国

    出典:リクルートエージェント

    マイナビエージェント

    マイナビエージェント

    おすすめポイント
    • キャリアアドバイザーは業界ごとの専任制
    • 企業担当アドバイザーも転職をサポート
    • 徹底した情報収集としっかりしたヒアリングでマッチング力を強化

    マイナビエージェントのキャリアアドバイザーは、業界ごとの専任制になっているため、業界の転職事情に詳しいのが特徴です。

    さらに企業への営業を行うリクルーティングアドバイザーが、企業の要望や社内の雰囲気など、求人票にはない情報を提供してくれます。

     企業と求職者両方へのしっかりとしたヒアリングが、マイナビエージェントのマッチング力の理由です。

    面接対策には特に力を入れており、模擬面接ではさまざまな角度からのアドバイスをもらうことができます。

    面談場所は全国各地にあり、直接模擬面接を受けることもできますよ。

    運営会社 株式会社マイナビ
    主なサービス(機能)
    • 求人検索
    • エージェントサービス
    • 転職サポートツール
    公開求人数※2022年2月14日時点 34,587件
    対応エリア 全国

    出典:マイナビエージェント

    doda

    doda

    おすすめポイント
    • 転職サイトと転職エージェント両方の機能を持つ
    • 業界最大級の保有求人数
    • 転職サポートツールが充実

    dodaは、転職サイトと転職エージェントどちらの使い方もできる転職サービスです。

    保有求人もたくさんありますが、転職エージェントを利用すればさらに非公開求人を含む保有求人から、希望に合った求人を提案してもらうこともできます。

     キャリアアドバイザーと採用プロジェクト担当が、それぞれの立場から転職をサポートしてくれます。

    「キャリアタイプ診断」や転職エピソードなど、転職サポートツールも充実しているので、転職しようかどうか悩んでいる人にもおすすめです。

    doda転職オンライン予備校も毎月開催!転職セミナーや個別相談会に参加してみるのもいいでしょう。

    運営会社 パーソルキャリア株式会社
    主なサービス(機能)
    • 求人検索
    • エージェントサービス
    • 転職サポートツール
    公開求人数※2022年2月14日時点 124,123件
    対応エリア 全国

    出典:doda

    就職Shop

    就職Shop

    おすすめポイント
    • 20代向け、対面型の転職支援サービス
    • 未経験歓迎や若手育成に実績にある求人を厳選
    • 書類選考なしで面接に進むことができる

    就職Shopは株式会社リクルートが運営する、対面型の転職支援サービスです。保有している求人は未経験歓迎や若手育成に実績のある企業が中心となっています。

     保有求人はすべて直接訪問して取材したものだけ!求人票では分からない企業の情報もチェックすることができます。

    就職Shopから応募した場合、書類選考なしで面接に進むことができるのもうれしいポイントです。

    就職Shopがあるのは首都圏と関西の駅近ロケーションです。利用しやすい店舗を選びましょう。

    運営会社 株式会社リクルート
    主なサービス(機能)
    • エージェントサービス
    • 転職サポートツール
    登録企業※2022年2月14日時点 10,000社
    対応エリア 首都圏

    出典:就職Shop

    DYM就職

    DYM転職

    おすすめポイント
    • 第二新卒・既卒・フリーター・ニートに強い転職エージェント
    • 研修が充実した求人を多数保有
    • 書類選考なしで面接できる企業もある

    DYM就職は、第二新卒・既卒・フリーター・ニートの転職支援に強い転職エージェントです。

    転職のプロであるエージェントが、求人の提案から面接のセッティングなど、転職が成功するまでしっかりサポートしてくれます。

     研修制度が充実した求人を厳選しているため、未経験業種への転職を考えている人に最適です。

    内定が決まったあとも入社までしっかりフォローしてくれます。在職中の会社の退職手続きについても相談できますよ。

    運営会社 株式会社DYM
    主なサービス(機能)
    • 求人検索
    • エージェントサービス
    • 転職サポートツール
    求人数※2022年2月14日時点
    対応エリア 全国

    出典:DYM転職

    よくある質問

    26歳におすすめの転職エージェントは?
    20代向けの求人を多く取り扱っている転職エージェントがよいでしょう。特に「リクルートエージェント」「doda」「マイナビエージェント」は求人数が多い上に、手厚いサポートも受けられるためおすすめです。
    26歳での転職は第二新卒になるのか?
    26歳は「準第二新卒」に当てはまる年齢です。基本的にはポテンシャル採用ですが、これまでの実務経験も評価の対象になります。
    26歳で転職するメリットは?
    「ポテンシャルと実務経験の両方をアピールできる」「未経験分野への挑戦も可能」などのメリットが挙げられます。26歳はまだまだ若く柔軟性のある年齢だと判断されることが多いです。
    26歳で転職するデメリットは?
    「経験が浅いと判断される可能性がある」「年収が下がる可能性がある」ことが挙げられます。もし、年収を下げたくないと考えるならば転職せずに今の職場で経験を積むのもひとつの方法です。
    26歳で転職する注意点は?
    職種を変えるなら覚悟が必要になります。今後、未経験転職を続けてしまうとキャリアに一貫性がないと判断され、転職しようとしても採用されにくくなります。挑戦するからには、この職種で頑張るという意識を持つようにしましょう。
    26歳の転職を成功させるポイントは?
    転職理由を言語化できるようにしましょう。面接の際に必ず聞かれるのが「転職理由」です。もし、転職理由がネガティブな場合は、ポジティブな理由に変換するようにしましょう。
    20代の転職回数は何回まで大丈夫なのか?
    20代の転職は転職回数が1回でも多いほど不利になります。なぜなら、採用担当者に「またすぐに辞めるのではないか」という印象を与えてしまうからです。なるべく転職を繰り返さないためにも、転職準備はしっかりと行っておきましょう。

    まとめ

    今回は、26歳の転職事情やおすすめの転職エージェントをご紹介しました。ある程度の経験と実績があり、成長性も高い26歳は、転職市場でも価値が高く、求人も多いでしょう。

    未経験職種にもまだチャレンジできる年齢のため、働いてみたい職種があるなら挑戦するラストチャンスです。ポイントを押さえた転職活動が、成功を左右します。

    20代の転職に強い転職エージェントを活用すれば、不安の多い転職活動も進めやすくなるでしょう。

    記事内では26歳の転職におすすめの転職エージェントも紹介したため、スキルとポテンシャルの両方を武器に希望の転職を成功させてください。

    ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
    ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
    ・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
    ・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
    ・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
    おすすめの記事