プルデンシャルの平均年収は?残業代やボーナス事情、口コミも紹介

プルデンシャルの平均年収は?残業代やボーナス事情、口コミも紹介

転職する際に、どれだけ稼げるかを知りたい人は少なくありません。やはり、仕事をするうえでやりがいや働きやすさは重要ですが、生きるためにお金は必要だからです。

特に、知名度の高い企業に転職した際の年収が気になる人は多いでしょう。

そこで今回は、プルデンシャル生命保険株式会社の平均年収を調査し、あわせて実際に働く社員の良い口コミ・イマイチな口コミから評判も紹介します。

この記事でわかること
  • プルデンシャルの平均年収・ボーナス事情
  • プルデンシャルの職種別の平均年収
  • 年収に関する口コミ・評判

また、競合他社との年収比較などにも触れていくため、ぜひ参考にしてみてください。

プルデンシャルの基本情報

プルデンシャル

会社名 プルデンシャル生命保険株式会社
設立 1987年10月
資本金 290億円
主な事業内容 生命保険業及びそれに付随する業務
連結従業員数(2020年度末) 6,780人
本社 〒100-0014
東京都千代田区永田町2-13-10プルデンシャルタワー

出典:https://www.prudential.co.jp/

主な事業内容

プルデンシャルでは、生命保険業およびそれに付随する業務を基本的な事業内容としています。なかでも、日本で最初に提供した以下サービスは、プルデンシャルだからこそ実現したものです。

提供サービス
  • リビング・ニーズ特約
  • 保険金即日支払サービス
  • 骨髄ドナー給付「ドナー・ニーズ・ベネフィット」

※https://www.prudential.co.jp/company/philosophy/first.html

リビング・ニーズ特約

プルデンシャルの基本情報

被保険者が余命6ヶ月以内と判断される場合、存命中に死亡保険金の一部または全部を支払いするサービスです。特約保険料は無料で、病気やけがの種類を問わず請求できます。

家族との貴重な思い出を作りたい、満足のいく治療を受けたいなど、思いを叶えるために開発されたサービスです。

保険金即日支払サービス

万が一の事態が生じたとき、死亡診断書のコピーと簡単な請求書のみで保険金の一部をすぐに支払いするサービスになります。支払いは最短即日対応で、上限は1,500万円です。

 医療費の精算やお葬式代など、多額の費用が必要となるシーンは少なくありません。その際、負担を少しでも軽くするために誕生したサービスになります。

家族の死という悲しみのなかで、支えとなってくれる内容は大変心強いでしょう。

骨髄ドナー給付「ドナー・ニーズ・ベネフィット」

プルデンシャルの基本情報

骨髄等を提供するため、手術を受けられたドナーに付加されている解約払戻金抑制型入院保険等の各種医療保険・入院保険・無解約払戻型入院特約等から、疾病入院一時金を支払うサービスです。

白血病などの血液難病に苦しむ人を一人でも救いたいという思いから生まれたもので、骨髄ドナーとなる人たちの負担を経済的な側面から軽減してくれます。

福利厚生

プルデンシャルの基本情報

就職・転職先を決める際に、給与面や仕事内容などとともに働きやすさを重視する人は少なくありません。そのため、どのような福利厚生制度が用意されているかは重要になります。

主な福利厚生
年次有給休暇/育児・介護休業制度/ドナー休暇/バースデー休暇/社会保険(健康保険・厚生年金保険・雇用保険・労災保険)/契約保養所/契約スポーツ施設/財産形成貯蓄/住宅資金借入利子補給/永年勤続表彰/退職金制度/育児支援制度など

大企業ということもあり、プルデンシャルの充実した福利厚生制度が見て取れます。休暇制度もきちんと整備されているため、子育てが絡む女性でも安心して働けるでしょう。

プルデンシャルの平均年収

札束

プルデンシャル社員の平均年収については有価証券報告書での公表がされていないため、今回はopenworkをもとに調査します。

プルデンシャルの平均年収は、1,182万円と発表されています。なお、年収幅は288万円~1億円と幅広いのが特徴です。(※1)

 最高額が1億円となっていることから、高年収を獲得できる企業であることがわかります。あくまでopenworkの情報ですが、ぜひ参考として把握しておきましょう。

国税庁によると、日本の平均年収は男性567万円・女性280万円の全体で461万円となります。プルデンシャルの平均年収は、約2.5倍といったところです。

また、従事員5,000人以上の事業所の平均年収は男性756万円・女性283万円の全体で606万円で、資本金10億円以上の株式会社は男性731万円・女性321万円の全体で629万円となります。(※2)

プルデンシャルが該当するいずれにおいても、平均年収は大きく上回っている結果です。

※1openwork
※2:国税庁HP

プルデンシャルの年収の仕組みとは

お金

プルデンシャルの平均年収は非常に高く、安定して収入を得られる企業となります。では、年収の仕組みはどうなっているのでしょうか。

営業支援・企画系職種 基本給+リタイアメントプランニング手当
システム系職種 固定給制・基本給+リタイアメントプランニング手当
ファイナンシャル系職種 基本給+リタイアメントプランニング手当
生命保険契約管理系職種 基本給+リタイアメントプランニング手当
業務・管理系職種 基本給+リタイアメントプランニング手当

なお、リタイアメントプランニング手当は規定によりリタイアメントプランニング掛金とすることも可能です。

営業社員については、基本報酬に対して完全歩合制との情報もあります。

職種別|プルデンシャルの平均年収

紙幣

ここからは、職種別の平均年収について見ていきます。なお、プルデンシャルでは有価証券報告書での公表がありません。そのため、openworkからの情報を参考にしています。

出典:openwork

営業

営業社員の平均年収は、1,196万円です。年収幅は300万円~3,500万円で、かなりの高年収が狙えます。

 営業社員は基本報酬に対して完全歩合制と言われているため、成果をあげるほど高年収獲得が期待できるのです。

実力主義は、外資系の保険会社に多い傾向があります。成績を着実に積み重ねる自信がある人にとっては、安定して暮らすには十分な給与を得られるため大変魅力を感じられるでしょう。

ライフプランナー

スーツ

ライフプランナーの年収は1,046万円で、年収幅は300万円~5,300万円と非常に幅広くなっています。

ライフプランナーの使命は、一人ひとりの方に最適な生命保険を提供することです。生命保険への加入をゴールでなくスタートと考え、加入者とその家族に寄り添い支えます。

 一生涯に渡るライフプランを聞き、ニーズに合った保障プランを設計して提案することが重要な業務です。

その人に合ったプランが上がるまでは加入を勧めない点も、寄り添ったサービス提供の一環となります。

顧客と直接触れ合える点も、ライフプランナーという仕事の魅力と言えます。

事務

オフィス

事務職の年収は785万円で、年収幅は500万円~1,300万円です。プルデンシャルのなかでは比較的年収が低い部類となりますが、それでも日本の平均年収は大きく上回っています。

 業務内容は、営業事務の場合ライフプランナーより受け付けた保険申込書等に関するチェック業務やシステム入力・送付業務などです。

また、支社内におけるコンプライアンスの推進・トレーニング・管理のサポート業務なども担い、場合によっては派遣スタッフの教育など多岐に渡ります。

管理職

管理職の年収は3,087万円で、年収幅は870万円~1億円となっています。各職種のなかでも、平均年収が高く、また年収幅も広いのが特徴です。

管理職として営業拠点に常駐し、コンプライアンスオフィサー業務や事務管理・人材育成、支社経営サポートをすることが仕事内容となります。

社会人経験7年以上など、求められる知識・経験はレベルが高いものがあります。

プルデンシャルの残業代・ボーナス事情

パソコン作業

毎月の給与だけでなく、ボーナスや残業代なども収入面に大きく関わってくるため、事前に情報収集しておくべき内容です。

職種により異なる場合もありますが、プルデンシャルの採用情報では固定給と別に残業代はきちんと支給されると案内されています。

 openworkの口コミによると1分単位で支給されることから、働いた分はきちんと給与に反映してくれるため安心です。

また、ボーナスについてはプルデンシャルの採用情報にある待遇面にて、年4回支給と案内されています。

プルデンシャルの平均年収に関する口コミ・評判

両腕

実際に働いている社員は、平均年収についてどういった印象を抱いているのでしょうか。ここからは、社員の口コミ・評判について、良いものとイマイチなものをそれぞれ紹介します。

良い口コミ

良い口コミ
  • 完全歩合制なので、年齢に関係なく満足のいく金額が稼げる
  • 成績がすべてとなるためやりがいがある
  • 契約金により社長杯に入賞などがあるため頑張れる
  • 昇給制度は明確に基準があるためわかりやすい

    プルデンシャルは完全歩合制となるため、年功序列の企業と違い年齢に関係なく稼げる点が高評価を獲得しています。若い社員でも高年収を獲得できるチャンスがある点は魅力的です。

     年功序列ではなく実力主義となるため、仕事に対するやりがい・意欲が湧く部分も評価されています。

    昇給制度は明確に基準が敷かれているため、わかりやすいと社員からは高評価です。

    成果をあげると表彰されることも、社員のやる気に繋がっています。

    イマイチな口コミ

    イマイチな口コミ
    • 契約を取れなければ給与が心配
    • 良くも悪くも実力主義
    • 実績を残さなければ最低賃金法で補償される人材もいる

      このように、プルデンシャルは良くも悪くも実力主義であるとの意見が見られました。成果をあげればかなりの金額を稼げますが、逆に成果をあげれなければ給与が心配です。

      多く稼げる理由にはリスクも伴っていることを理解しなければいけません。実績を残せない社員は最低賃金法で補償されるなど、苦しい状況に陥る可能性があります。

      賞与も前年の数字で大きく左右されるため、実力主義の悪い部分も気にしておくべきです。

      プルデンシャルと競合他社の平均年収を比較

      夜景

      プルデンシャルの平均年収は高いか否か、同業となる競合他社と比較していきます。就職・転職の際に役立つ情報となるため、ぜひ参考にしてみてください。

      プルデンシャル生命(※1) 11,820,000円
      ソニー生命(※2) 9,676,000円
      メットライフ生命(※3) 7,870,000円
      ジブラルタ生命(※4) 6,630,000円
      マニュライフ生命(※5) 7,570,000円

      競合他社の平均年収と比較したところ、プルデンシャルは唯一平均が1,000万円台に乗っている企業です。あくまで平均ではありますが、同じ業界内でも高年収を期待できることがわかります。

      各企業平均年収調査URL
      ※1:https://www.vorkers.com/company_answer.php?m_id=a0910000000Fqda&q_no=2
      ※2:https://www.sonyfg.co.jp/ja/financial_info/yuho/210629_01.pdf
      ※3:https://www.vorkers.com/company_answer.php?m_id=a0910000000Fqde&q_no=2
      ※4:https://www.vorkers.com/company_answer.php?m_id=a0910000000FqdX&q_no=2
      ※5:https://www.vorkers.com/company_answer.php?m_id=a0910000000HDGM&q_no=2

      年収アップを目指すなら適正年収を調べてみよう!

      年収をアップさせたいときには、まず自分の市場価値を知るために、自分の適正年収を調べましょう。適正年収が今の年収よりも高ければ、転職で年収アップをさせることができるでしょう。
      dodaの年収査定サービスでは、無料会員登録後、簡単な項目に答えるだけで、自分の適正年収がわかります。


      dodaの会員186万人のビッグデータを分析し、適正年収を教えてくれるので、かなり正確な数字だと言えるでしょう。
      dodaの年収査定では以下の項目が表示されます。


      dodaの年収査定でわかること
      • あなたの適正年収
      • 今の年収からいくらアップするか
      • あなたの適正年収と同じ条件の求人

      表示される診断結果のサンプルは以下になっています。査定時間はおよそ3分なので、スキマ時間に利用可能です。

      年収査定

      また、今の年収との差は以下のような形で表示されます。dodaは転職エージェント・サイトのサービスも展開していますので、査定後すぐに求人探しを始めることができます。

      年収査定

      自分の今の年収に不満を感じている方も多いのではないでしょうか。そんな方はぜひ一度自分の適正年収を調べてみましょう。年収アップの近道になりますよ。

       

      プルデンシャルを目指す人におすすめの転職エージェント3選

      リクルートエージェント

      リクルートエージェント

                おすすめポイント
                • 公開求人数・非公開求人数ともに業界最大級
                • 様々な職種・業種を取り扱っているので、希望の転職先に出会える可能性が高い!
                • 求職者の年収相場などを提示してくれるキャリア査定サービスを利用できる!
                • 完全無料

                リクルートエージェントは公開求人数は116,339件、非公開求人数は174,516件業界最大級の求人を持つ転職エージェントです。

                 保有している求人数が多いので、取り扱っている職種・業種の種類も多いです。希望する職種・業種が見つからないといった心配はまずないでしょう。

                全国の求人を取り扱っていますので、日本のどこからでも利用可能です!

                また、自分のスキルではどの程度の年収の求人を目指せばいいのかわからない...という人にはキャリア査定サービスがおすすめです。

                あなたの今までの職歴などから、おすすめの転職市場・適正年収・キャリアプランを診断してくれます。
                ※2021年6月30日現在
                運営会社 株式会社リクルートキャリア
                主なサービス(機能)
                • エージェントサービス
                • 職務経歴書エディター
                • 面接力向上セミナー
                • 担当者面談
                公開求人数※2021年6月30日時点 116,339件
                拠点 全国対応可

                丸の内/北海道/東北/横浜/静岡/中部/関西/京都/神戸/岡山/広島/九州

                マイナビエージェント

                マイナビエージェント

                おすすめポイント
                • 第二新卒など20代向けの求人が豊富!
                • サポート体制が手厚く、面倒見の良さが評価されている!
                • 非公開求人は10万件以上!自分にぴったりの求人を紹介してもらえる!
                • 完全無料

                マイナビエージェントは20代や第二新卒の転職実績が豊富な転職エージェントになります。もちろん20代だけではなく30代以上の年代の方も利用することができますよ。

                 転職成功に向けてキャリアアドバイザーから手厚いサポートを受けることができます。初めての転職をする方に特におすすめです。

                公開求人数は2万件以上、非公開求人数はなんと10万件以上保有しています。キャリアアドバイザーとの面談を通してあなたにぴったりの求人を紹介してくれるでしょう。

                初めて転職をする方、未経験業種への転職に挑戦したい方はマイナビエージェントがおすすめです。
                運営会社 株式会社マイナビ
                主なサービス(機能)
                • エージェントサービス
                • 履歴書添削サービス
                • 面接対策
                • サポート期間は無期限
                公開求人数※2021年6月30日時点 27,390件
                拠点 全国対応可

                京橋/新宿/神奈川/北海道/宮城/名古屋/京都/大阪/兵庫/福岡

                ビズリーチ

                ビズリーチ

                おすすめポイント
                • 3分の1以上の求人が年収1,000万円超え
                • 企業からのスカウトの中には面談が確約されたものも!
                • 経験豊富なヘッドハンターからアドバイスをもらえる!

                ビズリーチは、即戦力を求める求人が多い点が特徴です。管理職や専門職、次世代リーダー、グローバル人材などの即戦力・ハイクラス人材に特化しています。

                企業や求人のレベルも他のエージェントと比べて高めと言えるでしょう。

                年収1000万円以上の求人も多く保有しているため、年収アップも期待できるでしょう。有料会員になれば、全てのスカウトや求人の閲覧ができます。

                運営会社 株式会社ビズリーチ
                主なサービス(機能)
                • エージェントサービス
                • タレント・ハイクラス会員制度
                • ヘッドハンター
                • スカウト
                公開求人数 72,762件※2022年4月1日時点
                拠点 東京/首都圏拠点(渋谷)/関西/名古屋/福岡

                よくある質問

                プルデンシャルへの転職におすすめの転職エージェントは?
                大手となる転職エージェントである、リクルートエージェントやマイナビエージェント、dodaなどは要チェックです。無料で登録・利用できるため、ぜひチェックしてみてください。
                プルデンシャルの平均年収は?
                プルデンシャルの平均年収は、openworkにて1,182万円(※1)と発表されています。年収幅は288万円~1億円となり、最高額は驚愕の金額です。日本の平均年収が国税庁によると461万円(※2)と発表されているため、約2.5倍にあたります。
                ※1openwork ※2:国税庁HP
                プルデンシャルの年収の仕組みは?
                職種により年収の仕組みは異なっており、営業支援・企画系職種やファイナンシャル系職種、生命保険契約管理系職種などは基本給に加えてリタイアメントプランニング手当が出ます。システム系職種は固定給制と、基本給に加えてリタイアメントプランニング手当が出るとされているため、募集要項などでチェックしておくことがおすすめです。
                プルデンシャルの職種別平均年収は?
                openworkによる情報では、営業職で1,196万円、ライフプランナーで1,046万円、事務職で785万円、管理職で3,087万円となります。職種により年収幅も異なり、なかには最高1億円もあるため高年収が期待できるでしょう。
                出典:openwork
                プルデンシャルはきちんと残業代やボーナスが出る?
                プルデンシャルの募集要項によると、固定給等とは別にきちんとボーナスは支給されます。なお、年4回支給されると案内されているため、比較的安定してもらえる点が特徴です。残業代については、口コミにて1分単位で支給されると言われており、働いた分はきちんと給料に反映してくれる点も安心できるでしょう。
                プルデンシャルの年収に対して社員はどういった印象を抱いている?
                良い口コミとしては、「完全歩合制なので、年齢に関係なく満足のいく金額が稼げる」、「成績がすべてとなるためやりがいがある」など、成果をあげるだけ給与に反映される点は高評価です。しかし、一方で実力主義が故に「契約を取れなければ給与が心配」、「実績を残さなければ最低賃金法で補償される人材もいる」といった口コミもあります。歩合制は良い部分と悪い部分があるため、事前に社員のリアルな意見は覚えておくべきです。
                プルデンシャルの平均年収は同業他社と比較して高い?
                同業となる企業と比較すると、プルデンシャルは非常に高い水準であることがわかります。ソニー生命やメットライフ生命などは、平均年収が約780万円~960万円といった金額です。これでも十分高水準ですが、プルデンシャルは1,000万円を超えていることから一線を画しているといった印象を受けます。

                まとめ

                この記事ではプルデンシャルの平均年収を調査し、あわせて実際に働く社員の良い口コミ・イマイチな口コミなどから評判も紹介しました。

                平均年収は1,182万円と非常に高く、稼げる企業と言えます。働いている社員からも実力主義となるため、成果が給与に反映されることからやりがいを感じられるという声が多いです。

                良くも悪くも外資系の保険会社らしい実力主義となるため、成績をあげる自信がある人にとってはかなりの収入が期待できます。歩合制を希望する人にはおすすめです。

                賞与・残業代もきちんと出るため、安定して暮らせるだけ稼げる企業と言えます。

                年収アップを目指して転職を検討する場合は、転職エージェントを活用するのが良いでしょう。記事内で紹介した転職エージェントは無料で利用できるため、ぜひチェックしてみてください。

                ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
                ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
                ・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
                ・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
                ・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
                おすすめの記事