ホンダ(本田技研工業)の平均年収は?口コミやボーナス事情も紹介

ホンダ(本田技研工業)の平均年収は?口コミやボーナス事情も紹介

ホンダは四輪車・二輪車をはじめ、日本だけに留まらず海外も含めて製品を供給している大企業です。

そのため、平均年収も安定していることから転職を希望する人は少なくありません。

そこで今回は、ホンダの平均年収はどれくらいなのか、学歴や職種別なども含めて徹底解説していきます。

この記事でわかること
  • ホンダの基本情報
  • ホンダの平均年収
  • 【職種・学歴別】ホンダの平均年収
  • ホンダの残業代・ボーナス事情

また、ホンダの平均年収に対する口コミ・評判や、ホンダの競合他社と平均年収を比較するためあわせて要チェックです。

ホンダ(本田技研工業)の基本情報

ホンダ公式

会社名 本田技研工業株式会社
本社所在地 〒107-8556
東京都港区南青山2-1-1
設立年月日 1948年(昭和23年)9月
資本金 860億円(2021年3月31日現在)
主な事業内容 二輪事業/四輪事業/ライフクリエーション事業/航空機および航空機エンジン/ロボティクス
従業員数 連結:211,374名/単独:35,781名(2021年3月31日現在)

出典:本田技研工業株式会社公式

主な事業内容

ホンダの主な事業内容は、以下となります。ホンダで働くうえでどのような業務に取り組むか知っておくことは重要です。中身について、見ていきましょう。

主な事業内容
  • 二輪事業
  • 四輪事業
  • ライフクリエーション
  • 航空機および航空機エンジン
  • ロボティクス

二輪事業

二輪はホンダの事業のなかでも原点と言えるもので、需要のあるところで生産するという理念を掲げています。

さまざまな国や地域に根付いたものづくりを実践し、その数は今までで4億台以上もの二輪車を人々に届けているのです。日本でもホンダのバイクを目にすることは少なくありません。

 主な二輪車には、スーパーカブ・ジョルノ・PCXなどが挙げられます。250CC以下の街乗りしやすいものから401CC以上の本格派まで、豊富なラインナップです。

また、世界的に関心が高まっている環境問題も意識した二輪車作りにもこだわっており、電動二輪車の販売ラインナップを充実させている点も近年の特徴となります。

世界中の人々のニーズに応えながら、二輪市場の新たな可能性を切り開き続けているのです。

四輪事業

自動車

ホンダの四輪事業は1963年にスタートしており、年間500万台以上を世界で販売するまでに成長しています。

主なホンダの車
  • ステップワゴン
  • フリード
  • N-BOX
  • シビック
  • フィット

気軽に乗れる軽自動車をはじめ、まさに日本の自動車業界において欠かせない企業です。安心・ストレスフリーで、一人ひとりの自由な行動を支援することをモットーに掲げています。

 エネルギーで繋がる社会を目指した電気自動車も販売しており、2050年カーボンニュートラルの実現を目指し取り組んでいます。

安全運転支援システムの性能向上にも取り組み、自動運転技術の研究開発にも積極的です。

ライフクリエーション

ホンダ公式

ホンダでは汎用エンジンをはじめ、耕うん機・発電機・除雪機・芝刈機・ポンプ・船外機など、多彩な商品をパワープロダクツ事業として提供してきた経緯があります。

2019年4月からは、パワープロダクツ事業にモバイルバッテリーなどの将来に向けた新事業を加え、新たにライフクリエーション事業へと領域を広げているのです。

航空機および航空機エンジン

ホンダの航空機および航空機エンジンの開発は、1986年の基礎技術を研究する和光センター設立時からのテーマとなります。

 2004年にはゼネラル・エレクトリック社とのエンジン共同開発・事業化を目的としたGE Hondaエアロ エンジンズ、およびエンジンの製造を行うホンダエアロインクを設立しています。

さらに、2006年にHondaJetの開発・製造・販売を行うホンダエアクラフトカンパニーを設立するなど日々成長しているのです。

ロボティクス

ホンダ公式

ホンダでは「これからも、ひとに寄り添うロボティクス」を掲げており、ロボットは人の為に何ができるか・どんな未来を描けば良いかを叶えるために事業を展開しています。

 主な研究テーマとしては、移動・掴む・伝える・姿やカタチ・考えるを実施しており、人から学んだ研究技術に取り組んでいるのです。

主なホンダロボティクスの技術から生まれた製品は以下となります。

主なプロダクツ
  • ASIMO
  • UNI-CUB
  • Honda歩行アシスト
  • 体重支持型歩行アシスト
  • 高所調査用ロボット

「技術は人のために」という創業以来の企業精神のもと、新しい価値の創造や技術の進化に挑戦しています。

将来に向けたロボットの研究開発と、そこから生まれるロボティクス技術の実用化に向けて積極的に取り組んでいるのです。

福利厚生

ホンダの車

ホンダでは、社員が仕事とプライベートをともに充実できるよう、働きやすい環境づくりに取り組んでいます。

主な福利厚生制度
独身寮、転勤社宅、社内研修、語学資格取得支援、健康診断、厚生制度、育児・介護サポート、長期休暇、年次有給休暇

1970年に隔週5日制、1972年に完全週5日制を導入するなど、業界に先駆けて労働時間の短縮に積極的に取り組んでいます。

 ホンダの福利厚生制度は「自助努力と相互扶助」を原則とし、安心して生活でき仕事に集中できる環境づくりを目的にしているのです。

育児・介護サポートなど、女性が働きやすい環境づくりを提供している点も魅力と言えます。

ホンダ(本田技研工業)の平均年収

紙幣を広げる人

ホンダの平均年収を有価証券報告書から調査したところ、2021年3月31日時点で7,989,000円※1)す。

あと少しで800万円に届く金額ということもあり、比較的安定した収入を得られることがわかります。

なお、日本の平均年収は国税庁の発表で461万円(※2)とされているため、大きく上回っている点からもさすがは大企業といった印象です。

男女別で見ても男性567万円・女性280万円となっており、ホンダの平均年収はいずれと比較しても大きく上回っています。

※1:本田技研工業株式会社有価証券報告書
※2:国税庁ホームページ

【院卒・高卒】ホンダ(本田技研工業)の学歴による平均年収

お金とペン

企業に勤めるうえで、学歴により収入面は変わってくる場合があり、ホンダも例外ではありません。院卒・高卒で平均年収は若干変わってきます。

 有価証券報告書では学歴による年収の変動は記載されていないため、openworkでの調査をもとに紹介すると年収幅は280万円からとなっています。

つまり、高卒での平均年収は280万円前後といったことが推測できるでしょう。院卒は高卒よりも年収が高めに設定されているケースが多いため、300万円を若干超える程度と予想できます。

出典:openwork

ホンダ(本田技研工業)の職種別平均年収

紙幣を広げる人

ホンダに勤務することで、安定した収入を得られることは会社としての平均年収から把握できます。ここで気になるのは、職種によりどれだけ平均年収が変わってくるかです。

ホンダの有価証券報告書には職種別の年収が記載されていないため、ここからは、openworkの情報をもとに各職種の平均年収を見ていきます。

出典:openwork

営業

営業として働く社員の平均年収は、およそ682万円となります。営業は成果によって収入面が変動することから、年収幅は400万円~1,600万円と非常に幅広いです。

 ホンダの営業職は、国内・海外・カスタマーサービスと幅広く展開しています。

国内営業は、二輪・四輪・ライフクリエーションそれぞれの分野で、製品の市場開拓や商品企画、さらには販売施策の立案・実行や販売会社の経営・人材育成の支援などを担っています。

海外営業は北米・南米・欧州・アフリカ・中近東・アジア・大洋州・中国など全世界に及び、それぞれの地域や市場の特性を踏まえ、最適な営業戦略を立案・展開している点が特徴です。

カスタマーサービスは、利用者の満足に繋がるすべての領域に関わることが業務です。

研究開発

ホンダのバイク

研究開発として働く社員の平均年収は、およそ686万円となります。

研究開発では、主に二輪・四輪・ライフクリエーション・航空機・航空機エンジン・基礎技術などの研究そして開発に取り組んでいます。

 自動運転・先進運転支援システムの研究開発や四輪パワーユニット開発、四輪電子制御システム開発などを担当し、まさにホンダのものづくりの中核を担う仕事です。

年収幅は410万円~1,100万円であり、1,000万円超えが狙える高年収な職種となります。

管理

管理として働く社員の平均年収は、およそ686万円です。年収幅は400万円~1,180万円となっており、こちらも高年収が期待できます。

管理職の主な分野
  • IT
  • 経理・財務・税務
  • 人事・総務
  • 広報
  • 法務
  • 知的財産

例えばITの場合、情報と技術を駆使して、ビジネスイノベーションを創出し、企業競争力を高め続けることがミッションです。

人事・総務では、「技術より、まず人間が尊重されなければならない」という、創業者本田宗一郎の想いを社内で脈々と受け継がれています。

企画

スーツ姿の男性

企画として働く社員の平均年収は、およそ778万円です。年収幅は500万円~1,200万円となっており、各職種のなかでも高い水準となります。

経営企画・事業企画などがあり、主な業務は新規事業企画・サービス企画・次世代DXサービス企画などです。

事務

事務職社員の平均年収は、およそ571万円となります。年収幅は400万円~980万円となっており、各職種のなかでは唯一1,000万円を割っていますがそれでも社会的に見て高年収の部類です。

ホンダ(本田技研工業)で働く社員の平均年収に対する口コミ・評判

パソコンを操作する人

良い口コミ

ホンダの良い口コミ
  • 年次が上がるにつれてスキル・給与アップができる環境
  • 徐々に実力主義に移行しつつある
  • 基本的に賞与は5ヶ月を割ったことはない
  • 上司がきちんと評価してくれる

    勤続年数が長いほど、スキルや給与アップに繋がる環境が整っている、かつ年功序列から徐々に実力主義へと移行しつつあるなど、働きがいを感じている社員の声があります。

     賞与についても5ヶ月を割ったことがないなど、安定して受け取れる点は社員にとって非常に安心です。

    また、部署による場合もゼロではありませんが、上司がきちんと評価してくれるため昇給チャンスがある点も高評価に繋がっています。

    イマイチな口コミ

    パソコンを操作する人

    ホンダのイマイチな口コミ
    • 年功序列が色濃いため若手のチャンスが少ない印象
    • 管理職志望がない社員は頭打ちが早い
    • 全国の事業所で給与体制は一律なため不公平を感じている

      徐々に実力主義に移行しつつあるとはいえ、まだまだ年功序列の色は濃いとの声が寄せられています。若手社員にとっては、これからの変化には期待したいところです。

       管理職を志望しない社員にとっては頭打ちが早いため、給与アップに繋がりにくくなる点もイマイチな声として挙げられています。

      また、ホンダは全国に事業所があり、都市部と地方で給与体制は一律とのことです。

      そのため、地方は物価が安いため暮らしやすい、一方で都市部はなぜ地方と同じなのかという不満を抱えている社員の声があります。

      ホンダ(本田技研工業)の残業代やボーナス事情とは

      パソコンを操作する人

      口コミでは残業はあっても月30時間ほどで、時間は厳しく管理されているため働いた分はきちんと貰えるとの声が寄せられています。

       賞与についても業績が振るわない場合でも5ヶ月を割ったことがないという口コミがあり、きちんと支払われる点は安心です。

      なお、賞与は年2回あり評価により決定されます。賞与の割合は一般的に高いとの声もあるため、その結果が高年収に繋がっている印象です。

      ホンダ(本田技研工業)の平均年収は低い?競合他社と比較

      ホンダの飛行機

      同じ自動車業界の企業と平均年収を比較すると、ホンダはどの位置となるのでしょうか。

      以下表に競合他社の有価証券報告書から調査した平均年収をまとめているため、参考にしてみてください。

      ホンダ(※1) 7,989,000円
      トヨタ(※2) 8,583,267円
      日産(※3) 7,965,467円
      マツダ(※4) 6,288,000円

      トヨタが平均年収800万円超えと、上記4社では最も高くなっています。ホンダはトヨタに次いで2番目に高い結果です。

      職種によってはトヨタを超える平均年収も期待できるため、同じ業界のなかでも高収入を獲得できる可能性があると言えます。

      ホンダ(本田技研工業)を目指す人におすすめの転職エージェント3選

      リクルートエージェント

      リクルートエージェント

                おすすめポイント
                • 公開求人数・非公開求人数ともに業界最大級
                • 様々な職種・業種を取り扱っているので、希望の転職先に出会える可能性が高い!
                • 求職者の年収相場などを提示してくれるキャリア査定サービスを利用できる!
                • 完全無料

                リクルートエージェントは公開求人数は116,339件、非公開求人数は174,516件業界最大級の求人を持つ転職エージェントです。

                 保有している求人数が多いので、取り扱っている職種・業種の種類も多いです。希望する職種・業種が見つからないといった心配はまずないでしょう。

                全国の求人を取り扱っていますので、日本のどこからでも利用可能です!

                また、自分のスキルではどの程度の年収の求人を目指せばいいのかわからない...という人にはキャリア査定サービスがおすすめです。

                あなたの今までの職歴などから、おすすめの転職市場・適正年収・キャリアプランを診断してくれます。
                ※2021年6月30日現在
                運営会社 株式会社リクルートキャリア
                主なサービス(機能)
                • エージェントサービス
                • 職務経歴書エディター
                • 面接力向上セミナー
                • 担当者面談
                公開求人数※2021年6月30日時点 116,339件
                拠点 全国対応可

                丸の内/北海道/東北/横浜/静岡/中部/関西/京都/神戸/岡山/広島/九州

                マイナビエージェント

                マイナビエージェント

                おすすめポイント
                • 第二新卒など20代向けの求人が豊富!
                • サポート体制が手厚く、面倒見の良さが評価されている!
                • 非公開求人は10万件以上!自分にぴったりの求人を紹介してもらえる!
                • 完全無料

                マイナビエージェントは20代や第二新卒の転職実績が豊富な転職エージェントになります。もちろん20代だけではなく30代以上の年代の方も利用することができますよ。

                 転職成功に向けてキャリアアドバイザーから手厚いサポートを受けることができます。初めての転職をする方に特におすすめです。

                公開求人数は2万件以上、非公開求人数はなんと10万件以上保有しています。キャリアアドバイザーとの面談を通してあなたにぴったりの求人を紹介してくれるでしょう。

                初めて転職をする方、未経験業種への転職に挑戦したい方はマイナビエージェントがおすすめです。
                運営会社 株式会社マイナビ
                主なサービス(機能)
                • エージェントサービス
                • 履歴書添削サービス
                • 面接対策
                • サポート期間は無期限
                公開求人数※2021年6月30日時点 27,390件
                拠点 全国対応可

                京橋/新宿/神奈川/北海道/宮城/名古屋/京都/大阪/兵庫/福岡

                ビズリーチ

                ビズリーチ

                おすすめポイント
                • 3分の1以上の求人が年収1,000万円超え
                • 企業からのスカウトの中には面談が確約されたものも!
                • 経験豊富なヘッドハンターからアドバイスをもらえる!

                ビズリーチは、即戦力を求める求人が多い点が特徴です。管理職や専門職、次世代リーダー、グローバル人材などの即戦力・ハイクラス人材に特化しています。

                企業や求人のレベルも他のエージェントと比べて高めと言えるでしょう。

                年収1000万円以上の求人も多く保有しているため、年収アップも期待できるでしょう。有料会員になれば、全てのスカウトや求人の閲覧ができます。

                運営会社 株式会社ビズリーチ
                主なサービス(機能)
                • エージェントサービス
                • タレント・ハイクラス会員制度
                • ヘッドハンター
                • スカウト
                公開求人数 72,762件※2022年4月1日時点
                拠点 東京/首都圏拠点(渋谷)/関西/名古屋/福岡

                よくある質問

                ホンダを目指す人におすすめの転職エージェントは?

                リクルートエージェント、doda、マイナビエージェントがおすすめです。いずれも大手転職エージェントで求人も豊富なため、自分に合った仕事を見つけやすいでしょう。無料で登録・利用できるため、ぜひチェックしてみてください。

                ホンダの平均年収は?
                有価証券報告書から調査したところ、2021年3月31日時点で7,989,000円です。僅かに800万円には届きませんが、日本の平均年収461万円と比較しても大きく上回っていることがわかります。
                ホンダの学歴による平均年収は?
                有価証券報告書で公表されていないためわかりませんが、openworkでの年収幅は280万円からとなるため、高卒で280万円前後、院卒で300万円前後ではないかと推測できます。
                出典:openwork
                ホンダの職種別平均年収は?
                営業社員の平均年収がおよそ682万円、研究開発と管理として働く社員の平均年収がおよそ686万円、企画社員の平均年収がおよそ778万円、事務職社員の平均年収がおよそ571万円です。
                出典:openwork
                ホンダの平均年収に対する良い口コミ・評判は?
                「年次が上がるにつれてスキル・給与アップができる環境」「徐々に実力主義に移行しつつある」「基本的に賞与は5ヶ月を割ったことはない」「上司がきちんと評価してくれる」などが挙げられています。徐々に年功序列が薄れつつある点は、社員から仕事へのやりがいに繋がると高評価です。
                ホンダの平均年収に対するイマイチな口コミ・評判は?
                イマイチな口コミには、「年功序列が色濃いため若手のチャンスが少ない印象」「管理職志望がない社員は頭打ちが早い」「全国の事業所で給与体制は一律なため不公平を感じている」などがあります。実力主義に移行しつつあるとはいえ、まだまだ年功序列が色濃いという声は気になるところです。
                ホンダの残業代やボーナス事情は?
                口コミでは残業はあっても月30時間ほどで、時間は厳しく管理されているため働いた分はきちんと貰えるとの声が寄せられています。賞与は年2回支給され、評価により金額は決定されるとのことです。賞与の割合は一般的に高いとの声もあります。
                ホンダの平均年収は競合他社と比較して高い?低い?
                同じ自動車業界のトヨタ・日産・マツダの3社と比較したところ、トヨタに次いで2番目に高い結果です。有価証券報告書には会社全体の平均が記載されているため、職種によってはトヨタを上回る可能性も期待できます。

                まとめ

                この記事では、ホンダの平均年収を学歴や職種別なども含めて徹底解説し、競合他社との平均年収比較も紹介しました。

                日本の平均年収を大きく上回っていることから、ホンダで勤めると安定した収入を得られることがわかります。職種によって平均年収は差があるため、事前にチェックしておきましょう。

                競合他社と比較しても高い部類に入るため、転職先としてもおすすめです。

                ホンダへの転職を目指す場合は、転職エージェントを活用してみましょう。

                記事内で紹介した転職エージェントはいずれも無料で利用できるため、ぜひ自分に合ったサービスを見つけてみてください。

                ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
                ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
                ・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
                ・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
                ・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
                おすすめの記事