ソフトバンクの転職難易度や口コミ・評判を調査!成功のコツも解説

ソフトバンクの転職難易度や口コミ・評判を調査!成功のコツも解説

ソフトバンクは大手キャリアとして知名度が高く、スマートフォンやタブレットなどの契約数は2021年度37,923千件(※)となっています。

大手ということもあり、キャリアアップという観点からもソフトバンクに転職したいと考える人は少なくありません。

そこで今回は、ソフトバンクの転職難易度口コミ・評判などを調査します。

この記事でわかること
  • ソフトバンクの基本情報
  • ソフトバンクの転職難易度
  • ソフトバンクの口コミ・評判
  • おすすめの転職エージェント・転職サイト

転職に成功するコツ面接でよく聞かれる内容も紹介するため、ぜひ参考にしてみてください。

ソフトバンクへの転職を成功させるコツも解説するため、あわせてチェックしておきましょう。

(※出典:https://www.softbank.jp/corp/ir/financials/kpi/)

転職の前に基本情報を確認!ソフトバンクの企業情報

ソフトバンクの企業情報

会社名 ソフトバンク株式会社
創立 1986年(昭和61年)12月9日
資本金(2021年3月末時点) 204,309百万円(2021年3月31日現在)
主な事業内容 移動通信サービスの提供/携帯端末の販売/固定通信サービスの提供/インターネット接続サービスの提供
従業員数
  • 単体:18,173人(2021年3月31日現在)
  • 連結:47,313人(2021年3月31日現在)

出典:https://www.softbank.jp/

主な事業

ソフトバンクの主な事業として、以下が挙げられます。

主な事業
移動通信サービスの提供/携帯端末の販売/固定通信サービスの提供/インターネット接続サービスの提供

なかでも、携帯端末の販売はソフトバンクを代表する事業であり、今やスマートフォンやタブレットなど多くの利用者に愛用されています。

また、通信サービスの提供にも力を入れており、5G回線への取り組みは注目を集めています。2021年8月時点で、都市部を中心に5G対応エリアは拡大中です。

年収

ソフトバンクの企業情報

2020年度の有価証券報告書によると、社員の平均年収は827万円(※)となります。日本の平均年収に比べて高く、高年収と言える金額です。

※https://cdn.softbank.jp/corp/set/data/ir/documents/security_reports/pdf/sbkk_fy2020_security_reports.pdf?20210708

福利厚生

ソフトバンクでは「社員の幸せ」に重きを置いており、企業が社員に対してできることを問い続けていることから、充実した福利厚生の内容となっています。

主な福利厚生
休暇制度/新卒住宅補助/社員持株会/財形貯蓄/確定拠出年金制度/確定給付年金選択拠出制度/転勤社宅/ベネフィット・ワン

休暇制度については、年次有給休暇をはじめ有効期間を過ぎた年次有給休暇を積み立てることが可能な「積立年休」などがあります。

また、ソフトバンクはベネフィット・ワンが提供する福利厚生サービス「ベネフィット・ステーション」に加入しており、託児所、ベビーシッターなどのサービスを利用可能です。

充実した福利厚生は、仕事へのモチベーションにもつながります。

ソフトバンクの転職難易度

ソフトバンクの転職難易度

ソフトバンクへの転職について、結論から言うと難易度は高い部類になると言えるでしょう。その理由としては、大手企業で安定して働けるということから人気があるため、採用倍率が高く競争が激しいことが予測されるためです。

 知名度の高さや福利厚生が充実しており安心して働ける点は、転職者にとって魅力です。

転職者に対して求めるスキルが高いという点からも、簡単に転職できる企業とは言えないでしょう。

ソフトバンクへの転職における評判

ソフトバンクへの転職における評判

ソフトバンクで働いている・働いた経験がある人の口コミをもとに、転職における評判を調査していきます。リアルな意見は、ぜひ参考にしてみてください。

良い口コミ

良い口コミには、以下のようなものがあります。

良い口コミ
  • 自社の動きがニュースになるなど話題性があるため働き甲斐がある
  • 女性が働きやすい環境で子供がいるため時短の人が多い
  • リモートワークが可能で働きやすい

日本でもトップクラスの有名企業ということもあり、自社の動きがニュースになるためやりがいを感じられるという声があります。

また、女性にとって働きやすい環境が整っており、子どもがいながらでも時短・フルタイムで勤務する社員が多いようです。

部署によってリモートワークが可能なことも、良い点として挙げられています。

イマイチな口コミ

イマイチな口コミには、以下のようなものがあります。

イマイチな口コミ
  • 給付型の退職金がない
  • 部署を跨いでの異動は難しい

退職金制度がなく確定拠出年金のみとなる点は、他社と比較して見劣りするという声があります。

また、部署異動をすると2年は動けないため、業務内容等が自分に合っていないにしても耐え忍ぶことになるようです。

ソフトバンクの転職面接でよく聞かれること

ソフトバンクの転職面接でよく聞かれること

転職活動において、自分を最大限アピールするためには面接での応対は極めて重要です。そのためにも、事前によく聞かれる内容について把握しておきましょう。

面接でよくある質問
  • 志望動機
  • ソフトバンクで実現したいこと
  • ソフトバンクバリューの何に共感したか
  • これまでの実績のなかから数字で示せるものとは

あくまで一例にしか過ぎませんが、特殊な質問はない印象を受けます。ソフトバンクに対する想いを聞かれるため、企業が求める人物像を理解しておくことが大事です。

ソフトバンクへの転職を成功させるコツ

ソフトバンクへの転職を成功させるコツ

1.希望職種で求められるスキルを身に付ける

ソフトバンクには多くの職種があるため、転職を希望する職種で求められるスキルを理解し、身に付けておくことが重要です。

 技術職については、業務内容を細かく分けて募集する傾向にあるため、必要なスキルも細分化されていると理解しておきましょう。

即戦力であることは転職において強みになるため、希望職種で求められる能力が不足している場合は磨いておくことが内定獲得の秘訣と言っても過言ではありません。

ソフトバンクの主な職種
営業/コンサルティング/エンジニア/ディレクター・デザイナー/財務・経理/人事・総務

上記以外にも職種はあるため、応募の際にチェックしておきましょう。

2.非公開求人に応募する

非公開求人は一般に公開されていない情報であるため、激しい競争を回避できることに繋がります。

非公開求人は転職サイト・転職エージェントにて紹介してもらえる場合があり、今まで出会えていなかった仕事が見つかる可能性がある点も魅力です。

ソフトバンクは大手企業であるため、非公開求人として扱われている可能性もあります。

ソフトバンクの転職で使える志望動機例文

ソフトバンクの転職で使える志望動機例文

転職活動をする上で志望動機は重要視されるポイントです。ここでは、ソフトバンクの転職で使える志望動機例文について解説します。

ソフトバンクの転職で使える志望動機例文①

ソフトバンクの商品に関する思いを伝えた上で、どのように活躍していきたいのかを記載するのがポイントです。

例文

私は人々の幸せのために事業展開をしている貴社の一員として働きたいと思い、志望いたしました。 私は貴社のスマートフォンを使っており、大切な家族や友人と離れていてもつながっていることに安心感や幸せを得ています。しかし、普段はスマートフォンを生活必需品であると感じ、日常的には有難さを意識していません。そんな中、貴社の「情報革命で人々を幸せにしたい」という理念を知り、改めてデジタル情報革命した現在に感謝し、感動を覚えました私も「デジタル革命を通じて、世界の人々を幸せにする」貴社の一員として活躍していきたいと思っています。

なぜ理念に共感したのか具体的に記載しましょう。

ソフトバンクの転職で使える志望動機例文②

ソフトバンクの転職で使える志望動機例文

自身がこれまで感じてきた思いを伝えた上で、どのように活躍する人材になりたいのかを記載するのがポイントです。

例文
私は、「情報革命」を掲げて、常に挑戦をし続ける貴社の一員として働きたいと思い、志望いたしました。
私は、学生時代に約1年間インドに留学していた経験があります。インドのIT環境は日本よりも発展していて驚嘆しました
これまで日本で過ごしてきた中では日本のIT企業が世界に後れを取っていると気づかなかったため、非常にショックを受けました。
日本が世界を追い越すためには、IT企業を発展させる必要があると感じています。
貴社に入社しましたら、日本のIT技術を世界に発信する一員として活躍していきたいと思っています。

エピソードを交えて記載し、志望理由に説得力を持たせましょう。

ソフトバンクの転職で使える自己PR例文

ソフトバンクの転職で使える自己PR例文

転職活動における自己PRは、自分をアピールできる大切な場です。ここでは、ソフトバンクの転職で使える自己PR例文を希望する職種に分けて解説します。

ソフトバンクの営業職へ転職を希望する自己PR例文

ソフトバンクの営業職へ転職を希望する自己PR例文について解説します。前職の営業経験をどのように活かしていけるのかを記載するのがポイントです。

例文
私の強みは、スピード感を持って物事に挑戦できるところです。前職では、オフィス機器の営業を約5年間行ってきました。
営業は、新規顧客を開拓するスタイルでしたので、初回の商談でどれだけ顧客の信頼を得られるのかに注力してきました。
短い期間で信頼を得るために、顧客の質問にスピーディーに回答してきた結果、営業実績を前年比120%を達成できました
貴社では、これまで培ってきたスピード感のある挑戦力を活かし、新たなことへの先駆者として活躍していきたいと思っています。

営業実績は数値を用いて記載しましょう。

ソフトバンクのSEへ転職を希望する自己PR例文

ソフトバンクのSEへ転職を希望する自己PR例文

ソフトバンクのSE(システムエンジニア)への転職を希望する自己PR例文を紹介します。前職の経験をどのように活かせるのかを記載するのがポイントです。

例文
私の強みは、探求心の強さでです。私は前職で、社内のシステムエンジニアとして約3年間勤務してきました。
業務では、「どのようにしたら社員が効率的に仕事ができるのか」を常に考えてきました。
業務全体を詳細に分析を行い、改善点を上げたことで、最小限の費用で残業時間を4割減できました
これまで培ってきた探求心を活かし、情報技術によって人々の生活を変える貴社の一員として働きたいと思っています。

どのような結果が出せたのか具体的に記載しましょう。

ソフトバンクのコンサルタントへ転職を希望する自己PR例文

ソフトバンクのコンサルタントへ転職を希望する自己PR例文

ソフトバンクのコンサルタントへ転職を希望する自己PR例文について解説します。前職のコンサルタント経験を伝えた後、どのように活かせるのかを記載するのがポイントです。

例文
私の強みは、傾聴力があるところです。前職では、IT企業にてコンサルタントとして約3年間勤めてきました。
業務では、顧客のITリテラシーや組織体制をヒアリングし、顧客の状況に合わせた最適な提案をすることに注力してきました。
顧客の意向をヒアリングするだけでなく、状況もしっかり聞き出すことによって、成約率85%を達成できました
貴社では、これまで培ってきた傾聴力を活かし、AIやIoTを活用したサービスの企画や改善を行っていきたいと思います。

成約率は具体的な数値を用いて記載しましょう。

ソフトバンクへの転職方法

ソフトバンクへの転職方法

1.キャリア登録をする

ソフトバンクの採用ページにてキャリア登録をすることで、募集等の情報を受け取れます。

 自身のキャリアを登録すると人事担当や部門担当者が確認し、合致するポジションがあれば選考について連絡をしてくれるサービスです。

なお、キャリア登録はPC版サイトからのみエントリーできます。スマートフォンからはエントリーできないため注意しましょう。

2.転職サイトを利用する

ソフトバンクへの転職方法

転職サイトに掲載されている求人への募集が可能なほか、登録することで企業からオファーを受けられるサービスを提供するサイトもあります。

転職する側だけでなく企業からもアクションを起こせる仕組みであるため、内定獲得のチャンスが広がると言えるでしょう。

3.転職エージェントを利用する

転職エージェントを利用することで、転職のプロからのアドバイスを受けながら内定獲得へ目指せます。

 一人ひとりに最適な求人を紹介することはもちろん、応募書類の書き方や面接アドバイスなど、トータル的にサポートしてくれる点が特徴です。

各転職エージェントによって非公開求人を保有していることも少なくないため、「ここでしか出会えない仕事」と巡り合える可能性もあります。

キャリアアドバイザーがリアルな企業情報を共有してくれるため、求人情報だけでは知り得ない点も把握できます。

年収アップを目指すならまずは適正年収を調べてみよう

年収をアップさせたいときには、まず自分の市場価値を知るために、自分の適正年収を調べましょう。適正年収が今の年収よりも高ければ、転職で年収アップをさせることができるでしょう。
dodaの年収査定サービスでは、無料会員登録後、簡単な項目に答えるだけで、自分の適正年収がわかります。


dodaの会員186万人のビッグデータを分析し、適正年収を教えてくれるので、かなり正確な数字だと言えるでしょう。
dodaの年収査定では以下の項目が表示されます。


dodaの年収査定でわかること
  • あなたの適正年収
  • 今の年収からいくらアップするか
  • あなたの適正年収と同じ条件の求人

表示される診断結果のサンプルは以下になっています。査定時間はおよそ3分なので、スキマ時間に利用可能です。

年収査定

また、今の年収との差は以下のような形で表示されます。dodaは転職エージェント・サイトのサービスも展開していますので、査定後すぐに求人探しを始めることができます。

年収査定

自分の今の年収に不満を感じている方も多いのではないでしょうか。そんな方はぜひ一度自分の適正年収を調べてみましょう。年収アップの近道になりますよ。

 

ソフトバンクを目指す人におすすめ転職エージェント5選

リクルートエージェント

リクルートエージェント

運営会社 株式会社リクルート
主なサービス(機能)
  • 求人紹介
  • 非公開求人の提供
  • 面談の実施
  • 面接対策
  • 志望企業への推薦
公開求人数※2021年8月25日時点 124,155件
対応エリア 全国

出典:https://www.r-agent.com/

非公開求人を含めると30万件以上の求人を保有

2021年8月25日時点で、公開求人は124,155件・非公開求人は186,135件です。それぞれを合わせると30万件以上となる多くの求人を保有しているため、理想の仕事を見つけやすいでしょう。

 ソフトバンク求人はIRスタッフや業務コンサルタント、新規事業・サービス企画などの募集があります。

自分の求める職種・条件に合致している求人を見つけ、積極的に応募をしてみましょう。

転職のプロがトータル的にサポートしてくれる

ソフトバンクを目指す人におすすめ転職エージェント5選

業界に精通したキャリアアドバイザーが、転職者の希望やスキルに合わせて求人を厳選し紹介してくれます。

求人紹介だけでなく提出する書類の添削や面接対策をはじめ、キャリアアドバイザーが独自に分析した業界・企業情報も提供してくれる点が特徴です。

他では知り得ないソフトバンクの情報を収集し、内定獲得に近づく転職活動となる期待が持てます。

doda

doda

運営会社 パーソルキャリア株式会社
主なサービス(機能)
  • 非公開求人の紹介
  • 専門スタッフによるプロ目線での求人紹介
  • 面接のスケジュール調整
  • 書類・面接手続きのサポート
  • スカウトサービス
公開求人数※2021年8月25日時点 94,045件
対応エリア 全国

出典:https://doda.jp/

プロの視点で転職活動をサポート

転職のプロが活動をサポートしてくれるため、はじめて取り組む人でも安心です。求人の紹介はもちろん、書類の書き方や面接対策などトータル的にサポートしてくれます。

 面接の日程調整など、企業とのやり取りはdodaが代行してくれる点も魅力です。

きちんとキャリアカウンセリングをしてから仕事を紹介してくれるため、ソフトバンクのどういった職種に就きたいかなど、希望を遠慮なく伝えましょう。

スカウトを利用して効率良く転職活動ができる

ソフトバンクを目指す人におすすめ転職エージェント5選

スカウト機能は、登録することで企業側からオファーを受け取れるサービスです。自分で探していると気づかない意外な求人が見つかる可能性があります。

登録情報は企業・人材紹介会社に公開されないため、働きながらの転職活動が可能です。

書類選考なく面接が受けられる「面接確約オファー」が届く場合もあります。

パソナキャリア

パソナキャリア

運営会社 株式会社パソナ
主なサービス(機能)
  • 求人紹介
  • 応募書類の書き方伝授
  • 模擬面接の実施
  • 企業との日程調整や交渉
  • 企業からの面接オファー
  • スカウトサービス
公開求人数※2021年8月25日時点 36,740件
拠点 全国

出典:https://www.pasonacareer.jp/

オリコン顧客満足度4年連続1位を獲得

パソナキャリアは、2019年~2022年の4年連続でオリコン顧客満足度調査「転職エージェント」にて1位(※)を獲得しています。

他社にはないマッチング力とサポート体制が高く評価されており、経験豊富なキャリアアドバイザーが、職務経歴や希望条件に合った求人を紹介してくれるでしょう。

(※出典:https://career.oricon.co.jp/rank_shoukai/)

約70%が非公開求人

ソフトバンクを目指す人におすすめ転職エージェント5選

パソナキャリアの求人情報は約70%が非公開となるため、求人誌やサイトには載っていません。自分に合った最適な求人が、公開されていないところに隠れている可能性があるのです。

他では見たことがないソフトバンクの求人を保有しているケースもゼロではないため、新たな仕事と出会える可能性があります。

JACリクルートメント

JACリクルートメント

運営会社 株式会社 ジェイエイシーリクルートメント
主なサービス(機能)
  • 求人紹介
  • スカウト・求人オファー
  • レジュメ添削
  • 面接対策
  • 個別転職面談
  • ビジネスセミナーの実施
公開求人数※2021年8月25日時点 11,470件
対応エリア 全国

出典:https://www.jac-recruitment.jp/

約43万人の転職支援実績

サービス開始から約43万人(※公式サイトによる)もの転職支援実績があり、蓄積された豊富なノウハウを活かした転職サポートが特徴です。

応募書類の添削や面接対策、さらには個別転職面談など、内定獲得へ向けて二人三脚で歩んでくれるでしょう。

総勢約800名のコンサルタントが転職をサポート

ソフトバンクを目指す人におすすめ転職エージェント5選

総勢約800名のコンサルタントが在籍しており、それぞれが業界・職種に精通したプロフェッショナルです。経験や能力について正しく理解し、最適な求人を紹介してくれます。

企業に直接訪問し、風土・文化・事業戦略などを把握して他では知り得ない情報を伝えてくれる点が特徴です。

レバテックキャリア

レバテックキャリア

運営会社 レバテック株式会社
主なサービス(機能)
  • 求人紹介
  • キャリア相談
  • 書類添削
  • 面接対策
  • 年収交渉
  • 入社日調整
公開求人数※2021年8月25日時点 14,185件
対応エリア 全国

出典:https://career.levtech.jp/

求人紹介から入社日調整まで全面的にサポート

ソフトバンクを目指す人におすすめ転職エージェント5選

キャリアアドバイザーは求人紹介をはじめ、書類添削や企業に合わせた面接対策などを徹底的にサポートしてくれます。

 転職者の強みが伝わる職務経歴書の書き方をアドバイスしてくれるため、プロ目線の意見を取り入れつつ作成可能です。

さらには転職先との年収交渉や入社日調整など、全面的にサポートしてくれる点は安心感に繋がります。

転職ノウハウから成功事例を学べる

レバテックキャリアを利用して転職に成功した人の事例が掲載されているため、どのようなサポートを受けながら内定獲得へと進んでいけたかを把握できます。

また、エンジニアに特化している特徴を活かし、エンジニア・クリエイター転職に最適な応募書類等の書き方アドバイスもあるためチェックしておきましょう。

ソフトバンクを目指す人におすすめ転職サイト3選

リクナビNEXT

リクナビNEXT

運営会社 株式会社リクルート
公開求人数※2021年8月25日時点 52,888件
得意分野・特徴
  • 転職成功ノウハウ
  • 女性の転職
  • 在宅勤務特集
  • 限定公開求人を検索
主な機能
  • 求人検索
  • オファー
  • 気になるリスト
  • グッドポイント診断
  • アプリの提供
対応エリア 全国

出典:https://next.rikunabi.com/

「オファーを待つ」機能で可能性を広げられる

ソフトバンクを目指す人におすすめ転職サイト3選

リクナビNEXTでは、2万件以上のオファー利用企業や400社以上の転職エージェントから、掲載求人のみならず非公開求人のオファーを受け取れます。

 「オファーを待つ」を利用することで、企業側から求人を見て欲しいという誘いが届くため効率良く転職活動ができるのです。

オファーでしか知り得ない求人もあるため、他では応募できないソフトバンクの仕事に出会える可能性もゼロではありません。

「気になるリスト」でスマートに転職活動ができる

「気になるリスト」を利用すると、企業側は自社に興味を持ってくれている転職者がいることを把握できます。

そして、気になるリストに登録されている転職者のなかに求める人材像に合致する人がいれば、面接確約のオファーが出せるのです。

書類選考なしで面接を受けられるため、内定獲得へ大きく近づきます。

type

type

運営会社 株式会社キャリアデザインセンター
公開求人数※2021年8月25日時点 2,560件
得意分野・特徴
  • 上場企業求人を保有
  • エンジニア求人
  • 転職ノウハウ
主な機能
  • スカウト
  • AI求人提案
対応エリア 全国

出典:https://type.jp/

企業の人事担当者からスカウトが届く

ソフトバンクを目指す人におすすめ転職サイト3選

スカウト機能を利用すると企業の人事担当者から誘いが届くため、選考の通過率が高くなります。

 一般公開されていないシークレット求人からスカウトが届く場合もあり、新たな可能性を引き出すきっかけにもなるのです。

企業からのアプローチも活用しつつ、効率良く転職活動を実施しましょう。

AIによる求人提案が利用可能

会員登録をすることで、AIコンシェルによる求人提案が受けられます。仕事探しを手伝ってくれるため、ぜひ活用してみましょう。

最適な仕事をAIが判断し提案してくれるため、自分では見つけられない新たな求人との出会いも期待できます。

Green

Green

運営会社 株式会社アトラエ
公開求人数※2021年8月25日時点 22,949件
得意分野・特徴
  • IT・Web業界
  • スタートアップ・ベンチャー企業
  • 未経験からのステップアップ
  • 首都圏
主な機能
  • 求人検索
  • スカウト機能
  • レコメンド機能
対応エリア 全国

出典:https://www.green-japan.com/

人事担当者からの直接スカウトを受けられる

ソフトバンクを目指す人におすすめ転職サイト3選

Greenでは人事担当者からの直接スカウトを受けることができ、60%以上(※公式サイトによる)の人が声掛けをきっかけに内定へと至っています。

ヘッドハンターや人材紹介を介さず企業に直接連絡できる点も特徴で、転職におけるやり取りが非常にスムーズです。

面接前にカジュアルに会える

「気になる」で企業への興味を示しておくと、面接前にカジュアルに会って面談できます。気になる点を質問できる機会にもなるため、気軽に相談をしてみましょう。

お互いが興味を示しマッチングしているため、内定となる可能性も期待できるでしょう。

よくある質問

ソフトバンクを目指す人におすすめの転職エージェントは?
リクルートエージェントがおすすめです。どの転職エージェントも経験豊富なキャリアアドバイザーが在籍しており最適な提案・サポートをしてくれるため、内定獲得へ向けて心強いパートナーとなってくれるでしょう。エンジニアとしてソフトバンクに転職を希望する場合は、業界に特化しているレバテックキャリアも要チェックです。
ソフトバンクを目指す人におすすめの転職サイトは?
リクナビNEXTがおすすめです。オファー機能があるため、仮に面接の誘いが届いた場合は内定を勝ち取れる可能性に期待が持てるでしょう。
ソフトバンクの転職難易度は?
転職難易度は高いと予想できます。その理由は、人気企業であるため採用倍率が高く、競争が激しいからです。転職者に対して求めるスキルが高いという点からも、簡単に転職できる企業とはないと推測できます。
ソフトバンクの平均年収や福利厚生は?
2020年度の有価証券報告書によると、社員の平均年収は827万円です。また、福利厚生については休暇制度・新卒住宅補助・社員持株会・財形貯蓄・確定拠出年金制度など、非常に充実しています。「社員の幸せ」に重きを置いている点が、福利厚生の手厚さに繋がっていると言えるでしょう。
ソフトバンクの転職における評判は?
知名度の高い有名企業ということもあり、自社の動きがニュースになる点はやりがいに繋がるという口コミがあります。また、女性が働きやすい環境が整っている点も高評価です。しかし、退職金制度がなく確定拠出年金のみなため他社と比較して見劣りすること、部署異動をすると2年は動けないという点はイマイチな口コミとして挙げられています。
ソフトバンクの転職面接でよく聞かれることは?
志望動機やソフトバンクに入って実現したいこと、ソフトバンクバリューの何に共感したかなどを聞かれることが多いようです。あくまで一例ですが、特殊な質問はない印象を受けます。
ソフトバンクへの転職を成功させるコツや方法とは?
希望職種で求められるスキルを身に付けること、非公開求人に応募することなどがあります。なかでも、技術職については業務内容を細かく分けて募集する傾向にあるため、必要なスキルも細分化されていると理解しておきましょう。そして、非公開求人に応募することで、激しい競争を回避できることに繋がります。

まとめ

この記事では、ソフトバンクの転職難易度や口コミによる評判、転職に成功するコツなどを解説しました。

転職難易度は高いと推測できるため、希望職種で求められるスキルを身につけることが内定獲得に重要です。

また、ソフトバンクへの転職を成功させるためには、求められるスキルを身につけるだけでなく転職エージェントや転職サイトも上手く活用していきましょう。

記事内で紹介した転職サービスはいずれも無料で利用できるため、自分に合ったものを見つけてみてください。

こちらの記事も合わせて読みたい
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事