広報への転職は未経験も可能?おすすめ転職エージェント・サイトも紹介

広報への転職は未経験も可能?おすすめ転職エージェント・サイトも紹介

広報は自分が勤務する会社と社会を繋げる重要な役割を担っており、やりがいを感じられる仕事であるため転職を希望する人も少なくありません。

表舞台に立つ機会も多く、華やかなイメージを抱いている人もいるかもしれませんね。

そこで今回は、広報の主な仕事内容や、おすすめの転職エージェント・サイトを厳選して紹介します。

この記事でわかること
  • 広報の主な仕事内容
  • 広報への転職で求められるスキル
  • おすすめの転職サービス

広報への転職を目指している人は、ぜひ参考にしてみてください。

広報の主な仕事内容

広報の主な仕事内容

広報には社内と社外の2種類があります。

相手は異なりますが、どちらも自社の情報を発信するという意味では同じです。

要は、相手に対して自社の取り組みやニュースを知ってもらうことで、コミュニケーションを通じて関係を構築することを担います。では、広報の主な仕事内容を見ていきましょう。

主な仕事内容
  1. プレスリリース配信
  2. 取材
  3. SNS等の配信
  4. イベント企画

①プレスリリース配信

企業情報やサービスなどをメディアに発信することです。各社のホームページには「プレスリリース」というタブがあり、主なニュースを掲載しています。

作成から配信までを担当しており、広報の代表的な業務です。公式発表となり発信した情報は各メディアが取り上げるため、自社のブランディングに関係してきます。

プレスリリースで発信した情報がメディアに取り上げられるよう、良きタイミングで提供していくことが重要です。

②取材

プレスリリースを発信すると、各メディアから取材の申し出がある場合があります。その際に、対応することも広報の重要な業務の一つです。

新聞やネットメディア、あるいはテレビなどさまざまな相手からの取材が考えられます。

相手に対してきちんと伝えられるよう、アピールポイントを整理することが重要です。

③SNS等の配信

広報の主な仕事内容

自社ホームページの管理も広報の業務になります。最近ではSNSの発展もあるため、それらを活用して情報発信することも必要です。

自社の取り組みやサービスを知ってもらうために、配信できるサービスをうまく活用していくことが求められます。

 時代のトレンドとも言える発信ツールを活用することで、自社を社会にアピール可能です。

④イベント企画

商品やサービスなどを社会に知ってもらうため、イベントを企画することも広報の仕事内容の一つです。

イベントに誰を招待するか、社外とのやり取りが必要となります。

人と関わりを持ち社外との調整をしていくことも広報の重要な役割となるため、企画だけでなくイベント成功のための段取りもしなければいけません。

広報は未経験でも転職可能?中途採用は多い?

広報は未経験でも転職可能?中途採用は多い?

広報未経験者でも、転職できない訳ではありません。しかし、自社内のさまざまな部署を経験して見識を深めてから配属されるケースが少なくないことを知っておきましょう。

 未経験で広報へ転職するには、PR会社やメディア関連などで近しい業務経験を積んでいた方が即戦力として認識してもらいやすくなります。

ある程度の経験があれば企業が求める人材に合致する可能性が高いことから、新卒採用よりも中途採用の方が多い傾向にある業界です。

広報におすすめの転職エージェント4選

doda

doda

日本最大級の転職エージェントで、広報への知識を有する専門スタッフが転職をサポートしてくれます。希望を踏まえた上でプロ目線による求人紹介が特徴です。

 面接日の調整や職務経歴書・履歴書の添削など、幅広いサービスを完全無料で受けられます。

スカウトサービスを利用すると企業から直接オファーを受けることができ、書類選考なく面接確約となる場合もあります。

チャットで気軽に転職相談ができるため、使い勝手の良さも見逃せないポイントです。
運営会社 パーソルキャリア株式会社
主なサービス(機能)
  • 非公開求人の紹介
  • 専門スタッフによるプロ目線での求人紹介
  • 面接のスケジュール調整
  • 書類・面接手続きのサポート
  • スカウトサービス
公開求人数※2021年7月14日時点 88,965件
広報公開求人数※2021年7月14日時点 263件
対応エリア 全国

出典:https://doda.jp/

リクルートエージェント

リクルートエージェント

さまざまな業界を熟知したキャリアアドバイザーによる、手厚いサポートを受けられる転職エージェントです。求職者の希望に沿った、最適な仕事を紹介してくれます。

 応募書類の添削や模擬面接など、幅広い転職サポートを提供しているのが特徴です。

キャリアアドバイザーが独自に分析した業界や企業の情報も提供してくれるため、内定獲得に向けてしっかりと準備ができるでしょう。

非公開求人も10万件以上扱っているため、知らなかった仕事を見つけられる可能性があります。
運営会社 株式会社リクルート
主なサービス(機能)
  • 求人紹介
  • 非公開求人の提供
  • 面談の実施
  • 面接対策
  • 志望企業への推薦
公開求人数※2021年7月14日時点 118,277件
広報公開求人数※2021年7月14日時点 152件
対応エリア 全国

出典:https://www.r-agent.com/

パソナキャリア

パソナキャリア

2019年~2022年のオリコン顧客満足度調査「転職エージェント」にて、4年連続お客様満足度ナンバーワンに輝いています。

 広報の求人も300件以上扱っており、そのなかから専任のアドバイザーが求職者に最適な仕事を提案してくれます。

模擬面接やマンツーマンでの書類添削、企業との調整や交渉など、転職をトータル的にサポートしてくれるため、経験がなく慣れていない人でも安心です。

非公開求人も多数扱っているため、パソナキャリアでしか出会えない仕事も見つけられます。
運営会社 株式会社パソナ
主なサービス(機能)
  • 求人紹介
  • 応募書類の書き方伝授
  • 模擬面接の実施
  • 企業との日程調整や交渉
  • 企業からの面接オファー
  • スカウトサービス
公開求人数※2021年7月14日時点 35,647件
広報公開求人数※2021年7月14日時点 313件
対応エリア 全国

出典:https://www.pasonacareer.jp/
※出典:https://career.oricon.co.jp/rank_shoukai/

JACリクルートメント

JACリクルートメント

1988年からの累計転職支援実績が約43万人となる、転職のエキスパートです。広報について詳しいコンサルタントから、厳選した求人を紹介してもらえる点が特徴となります。

 コンサルタントは企業と直接コンタクトを取り、WEB上では知り得ない社風や社内の雰囲気といった情報も収集し伝えてくれます。

書類選考や面接の進捗状況などの問い合わせに対して、原則24時間以内を基本として速やかに対応してくれる点も、求職者にとっては信頼感に繋がるでしょう。

入社後のフォローもしてくれるため、提供するサービスは非常に幅広いです。
運営会社 株式会社ジェイエイシーリクルートメント
主なサービス(機能)
  • 求人紹介
  • スカウト
  • 面接対策
公開求人数※2021年7月14日時点 11,256件
広報公開求人数※2021年7月14日時点 226件
対応エリア 全国

出典:https://www.jac-recruitment.jp/

広報におすすめの転職サイト4選

リクナビNEXT

リクナビNEXT

広報の求人は約850件と豊富に保有しているため、理想に近い仕事・企業に出会える可能性が期待できます。

 独自の高精度AIが求職者の好みを分析し、最適な求人を選び抜いて紹介してくれます。

「オファーを待つ」「気になる」をすることで、企業からの誘いや打診が届くこともあり転職活動がより充実するでしょう。

未経験者歓迎求人も多数扱っているため、ぜひチェックしておきましょう。
運営会社 株式会社リクルート
公開求人数※2021年7月14日時点 50,941件
広報公開求人数※2021年7月14日時点 859件
得意分野・特徴
  • 転職成功ノウハウ
  • 女性の転職
  • 在宅勤務特集
  • 限定公開求人を検索
主な機能
  • 求人検索
  • オファー
  • 気になるリスト
  • グッドポイント診断
  • アプリの提供
対応エリア 全国

出典:https://next.rikunabi.com/?leadtc=top_logo

マイナビ転職

マイナビ転職

求職者の希望条件や経験、スキルなどを登録することで、興味を持った企業から直接応募のオファーが届くため新たな発見があるかもしれません。

 採用担当者の視点からWEB履歴書を個別に添削し、求職者の強みを表現する作成方法を提案してくれます。

転職活動における不安や不明点を解消できる、無料の転職セミナーも開催しているため不慣れな人でも安心です。

マイナビ転職にしか載っていない求人は多くあるため、他では出会えない仕事をチェックできます。
運営会社 株式会社マイナビ
公開求人数※2021年7月14日時点 14,259件
広報の公開求人数※2021年7月14日時点 75件
得意分野・特徴
  • 転職ノウハウ
  • 転職フェア
  • 大手・優良企業の求人特集
主な機能
  • スカウトサービス
  • WEBセミナー
  • 適性診断
対応エリア 全国

出典:https://tenshoku.mynavi.jp/

エン転職

エン転職

2018年~2021年のオリコン顧客満足度調査「転職サイト」にて、利用者満足度4年連続1位に輝いている実績があります。

 求人情報だけでなく会社の口コミも掲載することで、生の声を通じてリアルな姿を知れる点は大きな特徴です。

エン転職だけに掲載されている求人も多数あるため、登録したからこそ出会える広報の仕事もあるでしょう。

無料で企業の面接情報を届けてくれるため、内定獲得へ向けた事前対策が可能です。
運営会社 エン・ジャパン株式会社
公開求人数※2021年7月14日時点 5,866件
広報公開求人数※2021年7月14日時点 152件
得意分野・特徴
  • 詳細な求人情報の提供
  • 無料で応募企業の面接情報を提供
機能
  • 転職ノウハウ
  • 転職Q&A

出典:https://employment.en-japan.com/
※出典:https://career.oricon.co.jp/rank-job-change/

Green

Green

Greenではほとんどの企業が写真を多数掲載しているため、求人票では分からない社内の雰囲気もリサーチできます。

 人事担当者から直接スカウトを受けられるため、内定獲得の確率も自然と高まるでしょう。

ヘッドハンターや人材紹介を介すことなく企業に直接連絡ができるため、転職活動をスムーズに進められます。

面接前に企業の人と会うことができ、想いを伝えられる機会がある点も特徴です。
運営会社 株式会社アトラエ
公開求人数※2021年7月14日時点 21,527件
広報公開求人数※2021年7月14日時点 148件
得意分野・特徴
  • IT・Web業界
  • スタートアップ・ベンチャー企業
  • 未経験からのステップアップ
  • 首都圏
機能
  • 求人検索
  • スカウト機能
  • レコメンド機能
対応エリア 全国

出典:https://www.green-japan.com/

広報への転職で求められるスキル

最後に、後方への転職で求められるスキルを紹介します。転職前に身につけられるものもあるため、即戦力として活躍するためにもぜひチェックしておきましょう。

求められるスキル
  1. 文章力
  2. プレゼン能力
  3. 情報収集能力

①文章力

広報への転職で求められるスキル

プレスリリースやSNS等での発信など、広報は自社の情報をきちんと社会に伝えることが重要な役割です。

そのため、誰にでもわかりやすい文章を作成できる能力は求められるでしょう。

分かりやすさだけでなく、自社の強みを言葉で表現するスキル、情報発信する相手に対して有益性を感じてもらうなど、魅力的な文章を作れることも必要です。

②プレゼン能力

文字だけでなく、社外や社内の人に対して言葉を発して情報開示をするプレゼン能力も求められます。

文字だけでなく表情や話し方に想いを乗せて自社をアピールすることも、広報の大事な業務内容です。

 その場で質問に答えるなどディスカッションができることもプレゼンの魅力となるため、場の特性を活かせる能力は必須と言えるでしょう。

相手が何を知りたいかをきちんとキャッチし、わかりやすく伝える能力を有していると興味を持ってもらいやすくなります。つまりは、コミュニケーション能力も必要です。

③情報収集能力

広報への転職で求められるスキル

広報にとって社会の情報を収集することは極めて重要となります。自社にとって有益なもの、改善すべきものを見極められる的確な情報収集能力は求められるでしょう。

収集した情報を自社にどう活かせるか、情報を発信するうえで時代に沿った最適な手段は何かなど、さまざまな角度からの収集力は必要です。

ニーズに応えられるよう価値ある情報にするため、明確なビジョンを持ったうえで収集する力も大切ですね。

広報の平均年収を解説

働くうえで、年収は仕事で得ることのできる報酬のひとつです。よって、年収は自分の成長やモチベーションを保つ要素として、重要な要素になります。

そこで、本章では広報の平均年収を紹介します。

まず、広報の平均年収(全体)は476万円です。内訳としては、男性が567万円女性が437万円となっています。

また、年代別では、以下のような平均年収です。

年代 平均年収
20代 374万円
30代 483万円
40代 606万円
50代~ 723万円

年齢が上がると役職が就くため、平均年収も増えてきます。また、40代から平均年収が500万円を超えてくるようです。

 2020年の平均年収は409万円でした。広報の平均年収は476万円のため、年収が高い職種と言えるでしょう。

出典:https://doda.jp/guide/heikin/syokusyu/#anc_job_02

広報で平均年収を上げるためには?

前述の通り、広報の平均年収は全体の平均年収よりも高いです。とはいえ、自分の気持ちを高める上では、年収を上げる努力は重ねていきたいですよね。

年収は高いに越したことはありません。

広報で平均年収を上げるポイントは以下の3つです。

ポイント
  • 仕事に活きる資格を取得する

  • マネジメント職を担う

  • 条件の良い会社へ転職する

広報の仕事に活きる資格を取得すれば、仕事の幅も広がり、会社によっては、手当が支給されます。中でも「PRプランナー」を取得しておくと、多くのメリットが享受できるでしょう。

 リーダーや部長などのマネジメント職を担うと、基本給だけでなく、ボーナスも大幅にアップします。

広報で年収アップを狙っている方は、責任が増えることを理解した上で、マネジメント職を目指しましょう。

さらに、マネジメント職の経験があると、転職にも有利になります。今の会社に不満がある場合は、条件の良い会社に転職するという戦略を立てることも可能です。

 広報で年収アップを目指すなら、資格の取得やマネジメント職を経験し、自分のスキルを高めていくことが必須です。

広報への転職を成功させるコツ

広報は、人気職種でありながら求人数が少ないため、競争率の高い職種と言えます。そのため、未経験から転職するのは難しいです。

しかし、全くの異業種からチャレンジし、転職を成功させている人もいます。自身の強みを理解し、転職活動を進めていくことが大事です。

ここでは、広報への転職を成功させるコツを紹介します。

広報への転職を成功させるコツ
  • 広報へ転職しやすい職種や経験を理解する

  • 業界知識を強みにする

  • 転職エージェントを利用する

それぞれ、解説しますね。

広報へ転職しやすい職種や経験を理解する

まずは、広報への転職がしやすい職種や経験を理解しておきましょう。

広報へ転職しやすい職種
  • 営業
  • マーケティング

営業マーケティングは広報への転職がしやすいと言われています。

どちらも、「傾聴力・プレゼン力・情報収集能力」が求められる職種のため、広報との相性がよいのです。

広報へ転職しやすい経験
  • メディアでの経験
  • ライターとしての経験
  • 専門業務の経験

メディアでの経験や、ライターとしての経験があると、未経験でも広報に転職できる可能性があります。また、専門知識があり、業界全体の最新動向や専門用語、競合企業の情報に詳しい人は広報でも重宝されます。

広報の転職事情としては、業界に詳しい営業経験者の採用が目立ちます。

業界の知識を強みにする

前述の通り、業界の知識が豊富だと、広報へ転職できる可能性が上がります。なぜなら、PRには業界の専門的な知識が必要になるからです。

 広報に所属している方で、発信力はあっても、業界の専門知識や経験が浅い人は少なくありません。浅い知識をPRしても、お客さんの心に響かない場合があります。

専門知識が豊富なスペシャリストが広報にいると、伝える情報に深みが増して、より多くのお客さんを惹きつけられるでしょう。

そのため、業界の専門的な知識が豊富であることは、広報転職において大きな武器になります。

専門知識がある人がPRのスキルを身につけると、代えの効かない存在になりますよ。

転職エージェントを利用する

広報へ転職したいなら、転職エージェントを利用するとよいです。転職エージェントに登録すれば、応募書類の添削や面接対策など手厚いサポートが無料で受けられます。

 面接の日程調整や内定後の年収交渉もしてくれて、内定後のサポートにも抜かりがありません。そのため、転職活動における負担を減らすことができるのです。

特に、未経験からの転職となると、不安が多いことでしょう。転職エージェントは企業ごとにどのような人材を求めているかを把握しています。

よって、転職エージェントを利用するだけで、自身のキャリアと親和性のある企業を紹介してくれますよ。広報転職を狙うなら、転職エージェントを利用しましょう。

本記事では、広報の転職に強い転職エージェントを紹介しています。

よくある質問

広報におすすめの転職エージェントは?
パソナキャリアがおすすめです。オリコン顧客満足度調査「転職エージェント」にて4年連続お客様満足度ナンバーワンを獲得した実績もあるため、転職が初めての人でも安心して利用できるでしょう。
広報におすすめの転職サイトは?
リクナビNEXTがおすすめです。転職サイトでもサポートを受けられるもの、企業からオファーが届くサービスを提供しているものなどがあるため、一人での活動が不安な人は大いに活用しましょう。
広報の主な仕事内容は?
企業により異なる場合もありますが、主にプレスリリースの配信や取材への対応、イベント企画などがあります。最近では時代の特徴を踏まえ、情報発信をSNSで実施しているためTwitter等の管理も業務内容と考えておきましょう。
広報は未経験でも転職できる?
未経験でも転職可能ですが、その場合は広報に通ずるPR会社やメディア関連の仕事を経験していることが求められる傾向にあります。即戦力を欲している企業が少なくないため、事前に未経験でも募集している求人がどれだけあるかをチェックしておきましょう。
広報への転職で求められるスキルは?
プレスリリースやSNS等で情報発信をするため、文章力は求められます。文字だけでなく、取材を通して社外の人に魅力を伝えられるようプレゼン能力も必要です。
広報への転職で活かせる資格は?
基本的に広報として働くうえで資格は必要ありません。しかし、PRプランナー資格認定制度を持っておくと、広報に必要な最低限の知識を有しているとアピールできるため転職では有利に働く場合があります。
転職エージェントを使うメリットは?
業界に精通しているアドバイザーから、希望に沿った最適な求人を紹介してもらえることです。求人票だけではわからない情報を提供してくれる、面接対策や書類添削をしてくれるなど、トータル的にサポートを受けられる点もメリットとなります。

まとめ

この記事では、広報の主な仕事内容やおすすめの転職エージェント・サイトの紹介、必要なスキルなどを解説しました。

広報への転職は、業界に精通したキャリアアドバイザーからアドバイスを受けながら活動できる転職エージェントやサイトの活用をおすすめします。

転職成功率を高めるには、確かな情報を発信する文章力やプレゼン力といったスキルが必要です。

未経験でも転職は可能ですが、その場合は広報に通ずるPR会社やメディア関連の仕事経験が求められる傾向にあると理解しておきましょう。

こちらの記事も合わせて読みたい
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事