アクセンチュアの平均年収を調査!口コミ・評判や競合他社との比較も紹介

アクセンチュアの平均年収を調査!口コミ・評判や競合他社との比較も紹介

アクセンチュアは経営コンサルタントを行う企業で、デジタルやクラウドおよび、セキュリティ領域において卓越した能力で世界をリードするプロフェッショナルサービス企業です。

大企業なので、年収が気になる人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、気になるアクセンチュアの平均年収について、社員全体や職種別に分けて徹底調査します。

この記事でわかること
  • アクセンチュアの基本情報
  • アクセンチュアの平均年収
  • アクセンチュアの口コミ・評判

気になる競合他社との年収比較もしますので、ぜひ参考にしてみてください。

アクセンチュアの企業情報

アクセンチュア

会社名 アクセンチュア株式会社
創立 1995年12月(創業1962年事務所開設)
資本金 3億5千万円
主な事業内容 ストラテジー/コンサルティング/デジタル/テクノロジー/オペレーションズ
従業員数(2021年6月1日時点) 約16,000人

出典:https://www.accenture.com/jp-ja

主な事業内容

アクセンチュアの事業内容は以下となります。

主な事業
ストラテジー/コンサルティング/テクノロジー/オペレーションズ

ここでは、それぞれの事業について紹介していきましょう。

ストラテジー&コンサルティング

アクセンチュアの企業情報

経営戦略や各業界のエキスパート、企業部門担当者、BIのエキスパート・デザイナーなど、さまざまなスキルを持つ専門家たちによって、依頼者独自の変革の道筋をともに推進する事業です。

企業の競争力を高め成長を支援し、改革を統合的なアプローチで実現します。

主な取り組み
戦略コンサルティング/業界コンサルティング/企業部門コンサルティング/人間中心のデザイン/AIとデータによる企業改革/インダストリーX

業界コンサルティングでは、航空宇宙や自動車、ライフサイエンスなど幅広い業界における深い知見や特化したソリューションを活かして企業価値向上に取り組んでいるのが特徴です。

テクノロジー

アクセンチュアの企業情報

アクセンチュアは幅広い業界知識を有し、依頼者が適切なテクノロジーを活用して複雑かつ重大な課題に対応できるよう支援します。

 主な支援は、クラウドへの迅速な移行やテクノロジー・プラットフォームの価値の最大化、アプライド・インテリジェンスによるデータの有効活用などです。

価値を継続して創出できるよう、企業全体の変革を加速させることがアクセンチュアの重要な役割となります。

オペレーションズ

デジタルの力をフル活用し、テクノロジー・業務プロセス・人材のすべてを継続的に変革することで、大きく進化させたオペレーティングモデルを可能にする役割を担います。

アクセンチュアは、145,000人のテクノロジー・業務プロセス・各産業に精通したスペシャリスト・世界最先端のマシン・インテリジェンス・テクノロジーを保有している点が特徴です。

福利厚生

アクセンチュアの企業情報

アクセンチュアには、以下の福利厚生制度が用意されています。安心して働くうえで重要なため、ぜひチェックしておきましょう。

確定搬出年金制度
  • 社員の給与5%を毎年搬出
  • 希望により前払い退職金として受け取り可能
健康サポート
  • 年1回の健康診断受診
  • 常駐医師によるカウンセリング支援
母体保護休暇
  • 妊娠中の体調悪化時に80時間までの休息
  • 定期受診等で月1回まで通院のための特別有給休暇を取得可能
育児コンシェルジェ 育児全般に関する問い合わせに対応
休暇・手当

【休暇】年次有給休暇/私傷病休暇/結婚・出産・忌引休暇/リフレッシュ休暇/ボランティア休暇

【手当】時間外勤務手当/深夜勤務手当/出張手当/住宅手当/交通費支給

このように、ライフステージに応じた働き方ができるよう、さまざまな制度が整備されています。

社員の出産や育児などへのサポートは非常に手厚く、働きやすさを感じられる内容ですね。

アクセンチュアの給与制度

アクセンチュアの給与制度

アクセンチュアで働く社員の平均年収は、およそ868万円(※)となります。アクセンチュアには有価証券報告書がないため、openworkの情報にはなりますが、目安として参考にしてみてください。

openwork

アクセンチュアの給与は年俸制

アクセンチュアは年俸制となっており、1年間の年収を12ヶ月で割った分が毎月支給される仕組みです。実力がきちんと反映される点は、高年収を狙える理由と言えます。

 前年度の成績が給与に反映されるため、頑張りはしっかりと評価してくれるでしょう。スポーツ選手が良い成績を残すと、翌年の年俸がアップするイメージです。

勤務している年数や年齢を問うことなく、若い世代でも高年収を狙える点は魅力と言えます。

実力主義の企業では、年俸制を導入している例は少なくありません。

アクセンチュアの新卒平均年収

アクセンチュアの新卒平均年収

openworkによると、アクセンチュアで働く社員の年収範囲は300万円~4,500万円(※)とされています。この数値から、新卒社員の年収はだいたい300万円前後と推測できるでしょう。

アクセンチュアは年俸制であることから、新卒での年収にそれほどインパクトがないとしても、頑張り次第では若くして高年収を獲得できる逸材になれるチャンスがあります。

長く勤めることによって年収アップも期待できるかもしれません。

openwork

【職種別】アクセンチュアの平均年収

【職種別】アクセンチュアの平均年収

アクセンチュアで働く社員の職種別平均年収について、openworkの情報をもとに以下で紹介します。

出典:openwork

エンジニア・SE

エンジニア・SEの平均年収は約616万円です。最高で年収1,500万円の社員もいることから、上を目指す意欲が湧く職種と言えます。

アクセンチュアでは、ソリューションエンジニアとして高いIT開発専門性に基づき、IT戦略やビジネスグランドデザインをシステム仕様へ落とし込み、多種多様な技術要素と組み合わせて構築します。

コンサルタント

【職種別】アクセンチュアの平均年収

コンサルタントとして働く社員の平均年収は約902万円です。複数ある職種のなかでも、平均の数値は高い部類となります。

 openworkによると、コンサルタントの平均年収は400万円~4,300万円と、非常に幅広い数値です。

ビジネスコンサルタントは、依頼者となる企業や公的機関の複雑化するビジネス課題に対し、変革のリーダーとして先端テクノロジーを活用してプロジェクトを推進・実行します。

デジタルコンサルタントは、クラウド・ビッグデータ・IoTなど、さまざまな先端デジタルテクノロジーの専門家として最適なソリューションを追求・実装することが主な業務です。

テクノロジー

【職種別】アクセンチュアの平均年収

テクノロジーの平均年収は約922万円です。テクノロジーコンサルティング本部に属し、国内外の先端テクノロジーを活用したITビジネス基盤の実現を支援することが主な仕事です。

中立的立場で依頼者ごとのニーズに即した最適なITソリューションを組み合わせ、テクノロジー戦略策定から導入・運用までをワンストップで提供します。

アナリスト

アナリストの平均年収は約569万円です。新卒で入社した社員は、まずアナリストとしてさまざまなプロジェクトに関わっていくことになります。

能力次第でコンサルタントに昇格でき、早ければ3年以内に年収アップが図れるとの情報もあります。

マネージャー

マネージャーの平均年収は約1,060万円です。平均で1,000万円を超える高い数値となっており、高年収を狙いたい場合は要チェックとなる職種と言えます。

 プロジェクトのリーダーとして成果に対し責任を負う分、報酬は高く設定されています。

また、マネージャー職からは年に1回賞与が支給されるとのことで、高年収がより狙いやすいでしょう。

アクセンチュアで働く人の年収に対する口コミ・評判

アクセンチュアで働く人の年収に対する口コミ・評判

実際にアクセンチュアで働く人の声は、ネット上の情報よりもリアルなため収集すべきと言えます。ここからは、社員の年収に対する良い口コミ・イマイチな口コミを見ていきましょう。

良い口コミ

アクセンチュアの良い口コミ
  • 相対評価となるため、自分と同じレイヤーにライバルがいなければ昇格しやすく昇給が狙える
  • キャリアカウンセラーが付き、ミーティングにより年収が決まるためプレゼン力が高いと有利
  • 中途で入ってきた場合は、前職での年収が引き継がれる
  • 仕事量に見合った給与は十分もらえている

ライバルが少ないほど昇給を狙いやすいことから、場合によっては高年収が期待できます。一人ひとりにキャリアカウンセラーが付き、うまくプレゼンすると年収アップが見込めやすいとのことです。

中途入社は前職の年収が引き継がれることから、転職をしてより上を目指しやすい環境と言えるでしょう。

イマイチな口コミ

アクセンチュアのイマイチな口コミ
  • 基本給や手当は高いが、賞与(インセンティブ)はあまり出ない
  • 昇給は基本的に年1回しかないため仕事のモチベーションを維持しづらい
  • 評価がきちんとされる分、実力主義な点はプレッシャーでもある

基本給が高い設定である分、賞与(インセンティブ)はあまり出ない点を指摘する声があります。

基本的に昇給は1年に1度の評価で決まるため、次の年収アップとなるチャンスまでのモチベーション維持が難しいようです。

アクセンチュアと競合他社の年収を比較!

アクセンチュアと競合他社の年収を比較!

アクセンチュアの平均年収は業界的にどうなのかを知るため、競合他社との年収比較をしてみましょう。以下表にまとめているため、チェックしておいてください。

会社名 平均年収
アクセンチュア 約868万円(※1)
マッキンゼー・アンド・カンパニー 約1,216万円(※2)
IBM 約910万円(※3)
デロイト・トーマツ・コンサルティング 約923万円(※4)
KPMGコンサルティング 約884万円(※5)

競合他社と比較すると、アクセンチュアの平均年収は少し低めという印象を受けます。

※1~5:出典一覧
※1https://www.vorkers.com/company_answer.php?m_id=a0910000000G33n&q_no=2
※2https://www.vorkers.com/company_answer.php?m_id=a0910000000GAHs&q_no=2
※3https://www.vorkers.com/company_answer.php?m_id=a0910000000G1yx&q_no=2
※4https://www.vorkers.com/company.php?m_id=a0910000000G8f2
※5https://www.vorkers.com/company.php?m_id=a0C1000000pNcww

アクセンチュアの年収が下がるって本当?

アクセンチュアの年収が下がるって本当?

アクセンチュアの年収が下がるという噂がある理由として、ホワイト企業化していることが要因です。

 残業時間が縮まり、残業代の支給が減っていることが挙げられるでしょう。

もちろん働く部署や繁忙期など時期により残業代が多くなる場合はありますが、働き方改革により労働時間の改善が実施されたのです。これにより、長時間の残業が原則禁止となっています。

働く時間が減ることでプライベートと両立しやすくなったものの、残業手当を求める社員からすると収入が減り困るとの声もあるようです。

より働きやすくなったという点ではメリットだとも言えますね。

年収アップの近道!年収査定を受けてみよう

年収をアップさせたいときには、まず自分の市場価値を知るために、自分の適正年収を調べましょう。適正年収が今の年収よりも高ければ、転職で年収アップをさせることができるでしょう。
dodaの年収査定サービスでは、無料会員登録後、簡単な項目に答えるだけで、自分の適正年収がわかります。


dodaの会員186万人のビッグデータを分析し、適正年収を教えてくれるので、かなり正確な数字だと言えるでしょう。
dodaの年収査定では以下の項目が表示されます。


dodaの年収査定でわかること
  • あなたの適正年収
  • 今の年収からいくらアップするか
  • あなたの適正年収と同じ条件の求人

表示される診断結果のサンプルは以下になっています。査定時間はおよそ3分なので、スキマ時間に利用可能です。

年収査定

また、今の年収との差は以下のような形で表示されます。dodaは転職エージェント・サイトのサービスも展開していますので、査定後すぐに求人探しを始めることができます。

年収査定

自分の今の年収に不満を感じている方も多いのではないでしょうか。そんな方はぜひ一度自分の適正年収を調べてみましょう。年収アップの近道になりますよ。

 

アクセンチュアへの転職を目指す方におすすめ転職エージェント3選

リクルートエージェント

リクルートエージェント

            おすすめポイント
            • 公開求人数・非公開求人数ともに業界最大級
            • 様々な職種・業種を取り扱っているので、希望の転職先に出会える可能性が高い!
            • 求職者の年収相場などを提示してくれるキャリア査定サービスを利用できる!
            • 完全無料

            リクルートエージェントは公開求人数は116,339件、非公開求人数は174,516件業界最大級の求人を持つ転職エージェントです。

             保有している求人数が多いので、取り扱っている職種・業種の種類も多いです。希望する職種・業種が見つからないといった心配はまずないでしょう。

            全国の求人を取り扱っていますので、日本のどこからでも利用可能です!

            また、自分のスキルではどの程度の年収の求人を目指せばいいのかわからない...という人にはキャリア査定サービスがおすすめです。

            あなたの今までの職歴などから、おすすめの転職市場・適正年収・キャリアプランを診断してくれます。
            ※2021年6月30日現在
            運営会社 株式会社リクルートキャリア
            主なサービス(機能)
            • エージェントサービス
            • 職務経歴書エディター
            • 面接力向上セミナー
            • 担当者面談
            公開求人数※2021年6月30日時点 116,339件
            拠点 全国対応可

            丸の内/北海道/東北/横浜/静岡/中部/関西/京都/神戸/岡山/広島/九州

            マイナビエージェント

            マイナビエージェント

            おすすめポイント
            • 第二新卒など20代向けの求人が豊富!
            • サポート体制が手厚く、面倒見の良さが評価されている!
            • 非公開求人は10万件以上!自分にぴったりの求人を紹介してもらえる!
            • 完全無料

            マイナビエージェントは20代や第二新卒の転職実績が豊富な転職エージェントになります。もちろん20代だけではなく30代以上の年代の方も利用することができますよ。

             転職成功に向けてキャリアアドバイザーから手厚いサポートを受けることができます。初めての転職をする方に特におすすめです。

            公開求人数は2万件以上、非公開求人数はなんと10万件以上保有しています。キャリアアドバイザーとの面談を通してあなたにぴったりの求人を紹介してくれるでしょう。

            初めて転職をする方、未経験業種への転職に挑戦したい方はマイナビエージェントがおすすめです。
            運営会社 株式会社マイナビ
            主なサービス(機能)
            • エージェントサービス
            • 履歴書添削サービス
            • 面接対策
            • サポート期間は無期限
            公開求人数※2021年6月30日時点 27,390件
            拠点 全国対応可

            京橋/新宿/神奈川/北海道/宮城/名古屋/京都/大阪/兵庫/福岡

            ビズリーチ

            ビズリーチ

            おすすめポイント
            • 3分の1以上の求人が年収1,000万円超え
            • 企業からのスカウトの中には面談が確約されたものも!
            • 経験豊富なヘッドハンターからアドバイスをもらえる!

            ビズリーチは、即戦力を求める求人が多い点が特徴です。管理職や専門職、次世代リーダー、グローバル人材などの即戦力・ハイクラス人材に特化しています。

            企業や求人のレベルも他のエージェントと比べて高めと言えるでしょう。

            年収1000万円以上の求人も多く保有しているため、年収アップも期待できるでしょう。有料会員になれば、全てのスカウトや求人の閲覧ができます。

            運営会社 株式会社ビズリーチ
            主なサービス(機能)
            • エージェントサービス
            • タレント・ハイクラス会員制度
            • ヘッドハンター
            • スカウト
            公開求人数 72,762件※2022年4月1日時点
            拠点 東京/首都圏拠点(渋谷)/関西/名古屋/福岡

            よくある質問

            アクセンチュアへの転職におすすめの転職エージェントは?
            求人数が豊富なリクルートエージェントやdoda、マイナビエージェントがおすすめです。転職エージェントを利用すると業界を熟知したキャリアアドバイザーがサポートしてくれるため、内定獲得に向けて有意義な活動が送れるでしょう。
            アクセンチュアで働く社員の平均年収は?
            アクセンチュアで働く社員の平均年収は、およそ868万円です。なお、アクセンチュアでは有価証券報告書がないため、アクセンチュアには有価証券報告書がないためopenworkの情報になります。
            アクセンチュアの給与制度は?
            アクセンチュアの給与は年俸制となっており、1年間の年収を12ヶ月で割ったものが毎月支給される仕組みです。最近では年俸制を採用する企業も多く、実力主義となることから若くして高年収を狙いやすい環境となります。アクセンチュアでは前年度の成績が給与に反映され、頑張りはしっかりと評価してくれるとのことです。勤務している年数や年齢を問うことなく、若い世代でも高年収を狙える点は魅力と言えるでしょう。
            アクセンチュア社員の職種別平均年収は?
            各職種の平均年収について、エンジニア・SEは約616万円、コンサルタントは約902万円、テクノロジーは約922万円、アナリストは約569万円、マネージャーは約1,060万円となります。あくまでopenworkの情報であり平均値であるため変動はあるものの、職種によっては高年収を狙えるでしょう。
            アクセンチュアで働く人の年収に対する口コミ・評判は?
            良い口コミとしては、「相対評価となるため、自分と同じレイヤーにライバルがいなければ昇格しやすく昇給が狙える」・「仕事量に見合った給与は十分もらえている」といった声があります。一人ひとりにキャリアカウンセラーが付き、ミーティングによって年収が決まるためきちんとアピールすることが重要です。一方で、イマイチな口コミとしては「基本給や手当は良いものの賞与があまり出ない」、「昇給が基本的に年1回となるため、仕事のモチベーションを維持しづらい」といった声があります。
            アクセンチュアは競合他社の平均年収と比較して低い?高い?
            競合他社と比較したところ、アクセンチュアの平均年収は低めの設定と言えます。参考として他社の平均年収を挙げていくと、マッキンゼー・アンド・カンパニーが約1,216万円・IBMが約910万円・デロイト・トーマツ・コンサルティングが約923万円です。
            アクセンチュアの年収が下がるって本当?
            年収が下がる要因として、残業が少なくなっているホワイト企業化が挙げられます。以前に比べて残業時間が厳しく制限され手当てが少なくなったことにより、年収に影響を与えているようです。勤務時間が減りプライベートとの両立がしやすくなったものの、収入が減ることに対しては社員からは困っているとの声も挙がっているようです。

            まとめ

            この記事では、アクセンチュアの平均年収について解説しました。

            平均年収は約868万円となっており、外資系の経営コンサルタント企業らしい高い数字を誇ります。働く社員からは、仕事量に見合った給与は十分もらえていると満足度の高い声が寄せられています。

            なお、アクセンチュアの給与制度は年俸制となり、1年間の年収を12ヶ月で割ったものが毎月支給される仕組みです。

            アクセンチュアへの転職を目指す場合は、ぜひ転職エージェントを活用してみてください。

            記事内で紹介した転職エージェントはいずれも無料で利用できるため、上手く活用しながら転職成功を実現させましょう!

            ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
            ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
            ・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
            ・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
            ・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
            おすすめの記事