技術職の転職が難しい理由とおすすめの転職エージェント5選

技術職に強いおすすめ転職エージェント!転職の難易度は高い?

転職をする人は年々増加傾向にあります。今や転職を考える人は珍しくないのです。しかし、技術系の職種の転職は難しくて出来ないのではないかと悩んではいませんか?

異業種・未経験からの技術職への転職に興味を持っている人もいるでしょう。しかし悩んでいる人がいても、技術職の転職に関する情報は見つけづらいです。なぜ技術職の転職は難しいと考える人が多いのでしょう。

その理由や技術職の転職におすすめの転職エージェントを徹底解説していきます。
気になる技術職の転職事情や平均年収なども見ていきましょう。

技術職への転職は難しい?できない?

OK NG?

よく技術職の転職は他の職種の転職に比べて難しいと言われます。このように考える人がたくさんいるのはなぜなのでしょうか。その理由は2つあります。

技術職の転職が難しい理由2つ
  • 求人の数が限られているという点
  • 求人倍率が業種によって大きく変わるという点

まず、求人の数が限られているという点です。これは専門範囲が狭いことに起因しています。次に、求人倍率が業種によって大きく変わるという点です。

 例えば、IT・通信系の技術職、いわゆるシステムエンジニアと言われる職種は人気なため高倍率で、反対に化学・食品系の技術職は低倍率になりがちです。

そのため、技術系の職種でも何系の技術職に就きたいかによって倍率に大きな差があります。

 求人数が限られている、求人倍率が業種によって異なるという理由で技術職の転職は難しい、出来ないのではないかと言われてしまっています。

しかし、技術職への転職はコツさえ押さえれば不可能ではないということです。

技術職の転職事情・平均年収

パソコンを操作する人

転職したい職種の転職事情や平均年収を把握しておくことは、今後の転職活動に大きく役立ちます。

技術職の転職事情

技術職に転職したい人は多いでしょう。なぜならメリットが多いからです。

技術職に転職するメリット
  • 平均年収がたかい
  • コツコツ自分のペースで仕事ができる
  • 専門的なスキルが身につく
  • 人と積極的に関わる機会が少ない

技術職の業種は、IT・通信製造業土木・建築の3つに分かれます。3種類の中はさらに細かく分かれています。このように、技術職の中にも様々な種類が存在します。

それ故技術職の転職においては、自分の望む技術系の職種の募集がなかなか見つからずマッチしづらいという現状があります。

マッチしたとしても人気の業種の求人はかなり倍率が高くなってしまいます。一般の職種では、他の職種に転職しようとしてもある程度応用がきくことが多いです。

これではそう簡単に自分の希望の業種に転職することは出来ないことがわかりますよね。そのため技術職で転職するにはコツがいります。

技術職の平均年収【転職の参考に】

タブレットを操作する人

電気・電子・機械 444万円
IT・通信 438万円
建築・土木 415万円
化学・食品 390万円

先程お話した通り、一口に技術職と言っても業種は様々です。そのため細かく業種によって異なりますが、技術職の平均年収は、390万~444万円になります。

 技術系の中でも電気・電子・機械が最高の444万円となっています。次いでIT・通信系の438万円、建築・土木の415万円、化学・食品の390万円という順番です。

電気・電子・機械の技術系職種16職種の中で、2021年から2022年にかけて平均年収がアップしたのは半分の8職種で、そのうち最も増加額が高かったのは、「プロジェクトマネジメント」という結果になりました。

IT・通信の技術系の職種の年収第一位は「プロジェクトマネージャー」です。2021年に比べて年収がアップしています。

建築・土木の技術系の職種の全体的な年収は2021年に比べ下降傾向にありますが、その中でも大工や製図は年収アップしました。

化学・食品の技術系の職種の全体的な年収は同じく下降傾向にありますが、トップの「非臨床研究」は昨年に比べ年収が大幅にアップしました。

出典:平均年収ランキング(165職種別の平均年収/生涯賃金)【最新版】

技術職の転職で失敗しないコツ

スーツ姿の女性

技術職の転職には一般の職種から転職するより少しコツが必要になります。ここから転職で失敗しない秘訣を紹介していきます。

普段からスキルを磨いておく

これに関しては普段からの努力が大事になるのですが、転職を考えるにもまず第一に専門技術を磨くことです。

どの職種でも新卒と違い、ポテンシャルではなくスキルを見られますが、専門的なスキルを求められる技術職では特に大事になります。転職では何が出来るかをアピールしなければならないです。

そのため仕事内容を聞かれたときも、何をしていたかだけでなく、その業務を通じて何を身に着けたかに重点を置いて答えると良いでしょう。

また専門技術を磨けば磨くほど転職しやすくなります。そのことを意識して経験を積むということも良いでしょう。そうすれば自分の強みもわかりやすくなります。

転職活動をする上で自身の強みを言語化出来ることは必要な能力です。

転職サイトなどで情報収集をする

パソコンを操作する人

転職活動でどの職種でも共通して大事なことは、情報収集を怠らないことです。転職サイトを活用したり、積極的に様々な企業のホームページを調べたりしてみましょう。

まずは、転職サイトに登録して、多い転職理由や、求人情報を見ることで自分のビジョンが見えてくるかもしれません。

 転職する意志がはっきりとは決まっていなくてもまず情報収集をしてみるのは一つの手です。

求人情報には必須・歓迎スキルが書いてあるので求められているスキルを把握しておいてスキルを磨いて準備するというのも良いでしょう。

この時同業他社と比較しながら見てみると、それぞれの企業の特徴や強み・弱みが見えてきやすいです。

転職エージェントを利用する

ハイタッチ

確実なのは転職エージェントを利用する方法です。

転職エージェントとは、一人ひとりにキャリアアドバイザーが付き、自分に会った企業の紹介から提出書類の添削、面接対策まで無料で行ってくれるサービスです。

 手厚いサポートを完全無料でというのがポイントです。

転職を迷っている状態でも、転職エージェントに登録すれば、自分専任のキャリアアドバイザーに相談に乗ってもらうことが出来ます。話している内に自分のビジョンが整理されてきたなんてこともあるでしょう。

転職したい意志が固まっている場合は、求職者のスキルや強みを見つけてくれ、希望条件に合った求人を見繕ってもらうことが出来ます。求人に載っていない企業の内部情報まで教えてくれることもあります。

以上のように転職エージェントは転職したい人にとってかなり役立つサービスと言えるでしょう。

異業種、未経験から技術職に転職するには

手でOKマークを作るスーツ姿の女性

異業種、未経験から技術職に転職したいと考えている人は段々増えてきています。リモートワークが普及してきている今だからこそ、融通のききやすいエンジニアなどに転職したいと考えている人は多いはずです。

しかし、「未経験からスキルが必要そうな技術職になれるの?」と不安に思う人もいるでしょう。事実、中途採用は多くの場合、即戦力として使えそうな人を採用したがります。

 未経験から技術職に転職できるのかと悩んだときでも、ぜひ確認していただきたいのは「未経験歓迎と書いてある求人」です。

未経験歓迎の求人は少しずつ増えてきています。なので心配せずに求人を探したり、転職エージェントに相談したりしましょう。

待遇の良い求人は経験者優遇であることも少なくないので、プログラミングスクールに通うなど挑戦する姿勢でいることも大事でしょう。

技術職の転職におすすめのエージェント5選

自分に合った転職エージェントと共に転職活動に取り組むと、転職が早く上手くいく確率が高くなります。転職エージェントはそれぞれ異なる強みや特徴を持っています。

1つだけ利用するのではなく、複数のエージェントを併用していくと良いでしょう。

複数を同時に利用すると、自分に合ったエージェントを見つけやすいです。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

おすすめポイント
  • 非公開求人数業界トップクラス
  • 全国幅広く対応しているので地方の求人も多く存在
  • 各業界に精通した質の高いキャリアアドバイザーが在籍

リクルートエージェントは、株式会社リクルートが運営する大手転職エージェントになります。保有求人数は業界最大級で、公開求人より非公開求人の数の方が多くなっています。

 このように求人数が公開、非公開関わらず多い点が強みで、様々な求人に出会いやすいと言えます。

また、各業界に精通した質の高いキャリアアドバイザーが在籍しており、一対一でとことん相談に乗ってくれます。

希望する条件を満たした求人を見繕ってもらうことが出来ます。

たくさんの求人の中から自分に合った求人を見つけたいという人にぴったりです。
運営会社 株式会社リクルート
公開求人数※2022年4月1日時点 約129,160件
非公開求人数 約141,860件
対応エリア 全国

リクルートエージェント公式サイト

doda

doda

おすすめポイント
  • 転職エージェントも転職サイトとしての機能も充実
  • 保有求人数業界最大級
  • 転職オンライン予備校が実施されている

dodaは、大企業だけではなく、優良企業の求人もたくさん紹介してもらえる転職エージェントになります。転職エージェントだけでなく、転職サイトとしての役割もあります。

またエンジニア志望には嬉しいdodaエンジニアITというコーナーもあります。

 セミナーが開催される転職オンライン予備校も毎月実施されているのが特徴です。

転職サイトとしての役割もあるため、まずは自分で求人を探したり、各種分析ツールを利用して転職するかどうかを考えてみるのも良いでしょう。

つまり、まだ転職に迷っている人にもおすすめです。
運営会社 パーソルキャリア株式会社
公開求人数※2022年4月1日時点 約122,770件
非公開求人数 求人全体の80〜90%
対応エリア 全国

doda公式サイト

JAC Recruitment

jac recruitment

おすすめポイント
  • ハイクラスやグローバルな求人の取り扱いが豊富
  • 企業ごとに担当がついている
  • 30代から50代の管理職、技術職、専門職の転職に強い

JACリクルートメントは、東証プライム市場上場のJACが運営しており、国内大手企業や外資系企業などハイクラスやグローバルな求人を多数取り扱っています。

企業ごとに担当がついているのでその企業の内情まで詳しく説明してくれるでしょう。企業の内情を知れるということはこちら側の強みになります。是非積極的に活用して情報を得て、転職活動の材料にしましょう。

JACリクルートメントは、30代から50代の管理職、技術職、専門職の転職におすすめです。
運営会社 株式会社ジェーエーシーリクルートメント
公開求人数※2022年4月1日時点 約4600件
非公開求人数 求人全体の約60%
対応エリア 全国(拠点は東京、京都)

JACリクルートメント公式サイト

ワークポート

ワークポート

おすすめポイント
  • 全ての技術系の職種に対応
  • 転職決定人数No.1
  • IT・WEB業界に強い

ワークポートは、IT・WEB業界に強い転職エージェントになります。リクナビネクストで行われた調査で転職決定人数No.1を獲得しています。

ITに特化した求人が多数存在するのでIT業界で転職を考えている人におすすめのエージェントです。

ワークポートも一人ひとりに専門のキャリアアドバイザーがつき、面接練習から自分に合った求人の紹介までしてくれます。

 丁寧なカウンセリングが特徴の為、じっくり話を聞いてほしい人や、初めて転職する人も安心して使うことが出来ます。

運営会社 株式会社ワークポート
公開求人数※2022年4月7日時点 約52,600件
非公開求人数 求人全体の70~95%
対応エリア 全国

ワークポート公式サイト

メイテックネクスト

おすすめポイント
  • エンジニアの転職に特化している
  • エンジニアの求人数No.1
  • 専門技術の知識や業界について詳しいコンサルタントが在籍

エンジニア専門の転職エージェントです。メイテックネクストは、製造系エンジニアの転職実績No.1を謳っています。メイテックネクストの独占求人も多数存在するのでここでしか出会えない求人もあります。

 エンジニアだけに特化しているため、業種が絞り込めている人は求人を見つけやすいというメリットがあります。

専門技術の知識や業界について詳しいコンサルタントが転職をサポートしてくれるのが特徴です。

分野別にコンサルタントが分かれているのでそれぞれの専門分野に詳しいコンサルタントに相談することが出来ます。
運営会社 株式会社メイテックネクスト
公開求人数※2022年4月7日時点 10,000件以上
非公開求人数 求人全体の約80%
対応エリア 全国(名古屋、大阪、福岡に支社あり)

メイテックネクスト公式サイト

よくある質問

技術職への転職は難しくて出来ないのでは?
専門範囲が狭く、求人数が限られている点と、求人倍率が業種によって大きく変わるという点から技術職の転職は難しいと言われがちです。しかしコツや注意点さえ押さえれば、技術職への転職も不可能ではないです。
技術職の転職事情は?
技術職と一口に言っても、さらに細かくたくさんの業種に分かれます。そのため自分の望む技術系の職種の募集がなかなか見つからずマッチしづらいという現状があります。
技術職の平均年収は?
業種によって異なりますが、技術職の平均年収は、390万~444万円になります。技術系の中でも電気・電子・機械が最高の444万円となっていて、IT・通信系の438万円、建築・土木の415万円、化学・食品の390万円という順番です。
技術職の転職で失敗しない秘訣は?
まず普段からスキルをみがいておくことです。それから転職サイト等で情報収集をすること、最後に転職エージェントを利用することです。
異業種、未経験から技術職に転職出来るの?
やはり経験者は多少優遇されがちですが、求人の中には未経験歓迎と書いてあるものも存在します。最近は転職エージェントでも未経験から技術職への転職実績がある場合があります。
技術職の転職におすすめの転職エージェントは?
大手であれば、リクルートエージェント、dodaがおすすめです。他にはそれぞれ異なる特徴があるJACリクルートメント、ワークポート、メイテックネクストがおすすめです。エンジニアに特化したエージェントもあります。

まとめ

いかがだったでしょうか?技術職の転職が難しい理由や、技術職の転職におすすめの転職エージェント5選についてご紹介しました。

転職市場をよく把握し、1人で転職活動をせず、エージェントなど誰かに頼ることも必要になります。

転職エージェントはその特徴に合わせ使い分けることが重要です。

この記事に書いてあったことを参考に転職活動に取り組んでみてください。

こちらの記事も合わせて読みたい

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事