リクルート求人広告代理店 株式会社yell(エール)のトップ

求人募集に関するご相談・お問い合わせはこちら

お問い合わせ0120-951-231受付 平日9:00~18:00

プロが教える採用ノウハウCOLUMN

求人募集に応募が来ない理由は?やってしまいがちな5つの原因と対策

求人に応募が来ない理由は?やってしまいがちな4つの原因とは

  • シェア
  • ツイート
  • G+ Share
  • はてなブックマーク

2019.06.28

お金をかけて求人募集を出しても、応募は来ないし応募者の質もイマイチ…。
連絡が取れない、メールの返信はなし…

採用難の続く近年、お悩みの方も多いはずです。

今回は求人募集で応募が来ない企業が、やってしまいがちな“ 応募を減らす5つの原因”とその対策についてご紹介します

※面接の来社率が悪いなどでお悩みの方は「【バックレを防止するには?】応募者が面接をドタキャンする理由と対策」こちらをご覧ください。

1.そもそも応募者は求人募集のどこを見ている?

そもそも応募者は求人募集のどこを見ている?

応募が来ない原因や理由は、応募者が求人のどこに注目しているのかを知ることで対策を行うことが可能です。

まずは、応募者の気持ちを理解してみましょう。

【1】正社員が求人募集で重視していること

まずは、正社員が求人募集のどこに注目しているのか確認してみましょう。

転職希望者のホンネ調査 2015

参考:エン・ジャパン「転職希望者のホンネ調査 2015

正社員で仕事探しをしている方のアンケートを見ると、転職の際重視していることで最も多かったのが『仕事内容』で71%、続いて『年収』が62%、『労働時間・休日数』が43%と続きます。
中途採用では多くの方が、仕事内容を重視しているという事がわかります。

【2】アルバイト・パートが求人募集で重視していること

続いてはアルバイト・パートで仕事探しをしている方の調査結果です。

アルバイト探しの重視ポイント

参考:エン・ジャパン「アルバイト探しの重視ポイント

アルバイト・パートの方が求人募集で注目している部分として最も多かったのが『短期・長期などの勤務期間』59%、続いて『勤務地』53%、『時給などの給与額』45%と条件面を特に重視している傾向があります
また、条件面を重視する傾向が強いのは若年層を対象とした新卒採用でも当てはまる部分があります。

※アルバイト・パート採用全般については「アルバイト採用の基本!求人募集、面接、定着までの流れを解説」こちらでも解説しています。

このように、正社員とアルバイト・パートでも求人で注目をしていることが異なっているということが分かります。

さらに、雇用形態だけではなく業種や業界によっても応募者が重視していることは異なります。

つまり、“応募してほしいターゲットに合わせて、求人募集で打ち出すポイントや内容を調整していかなければいけない”ということがお分かりいただけたのではないでしょうか。

2.求人募集で応募が来ない!やってしまいがちな5つの原因

求人募集で応募が来ない!やってしまいがちな5つの原因

今回のメインテーマである応募数を減らしてしまう”やってしまいがちな5つの原因”について解説していきます。

この5つの原因は雇用形態や業種に限らず重視しなければいけないポイントです。
自社の求人も振り返りながらご覧ください。

【1】【原因1】全体的に「仕事情報」の内容が薄い

前述のデータの通り、正社員が仕事を探す際に最も重視するポイントは「仕事内容」です。つまり、求人募集では仕事内容をわかりやすく、丁寧に記載するということが重要だということです。

しかし、求人募集がうまくいかないという企業の多くは

  • 「求人情報が薄すぎる」
  • 「簡易的でわかりにくい」

という事がよくあります。

企業としてはなるべく求職者目線に立ち、なるべく細かく仕事内容を掲載するように心がけたいところです。

例

上記は、仕事内容を記載する際の例です。
△の例でも、仕事内容がわからないことはありませんが、十分とは言えません。

やはり、〇の例のように自分が入社をしたら『誰に、何をどうするのか?』といったイメージがわいてくるような状態が好ましいといえます。

【2】【原因2】求職者に求めるスキル・条件の要望がありすぎる

「せっかくお金をかけて求人募集をするし、要望通りの人材を採用したい!」と思うのは当然のことです。
しかし、あれも!これも!と求めるスキル・条件を書いていくと応募するためのハードルは上がり応募は少なくなってしまいます。

転職活動にしても、アルバイト・パートの応募にしても、応募者は期待と不安を持ち求人募集を見ているはずです。
もし応募さえしてくれたら入社につながる人材が、スキルや条件に不安を感じ応募していないとしたらもったいないですよね。

一度自社の求人も見返してみて、採用したいターゲット以上を求める記載になっていないか確認してみましょう。

【3】【原因3】競合他社よりも、募集条件が劣っている

転職活動でも、アルバイト探しでも求職者は複数社応募して選考を受けることがほとんどです。

リクナビNEXT」を運営するリクルートキャリアの調査では、転職者の平均応募数は7.5社となっています。また、とある調査によるとアルバイト・パートでも半数以上の方は複数社に同時応募しているとされています。

仕事内容がどんなに魅力的でも、競合と比べて給与が低い、福利厚生が良くないなど条件面が劣ると、せっかくの良い人材も簡単に他社へ流れてしまいます。

また、条件が見劣りしてれば既存社員の離職原因にもなってしまいます。

給与や条件の見直しは社内調整も大変ですが、競合調査を実施し給与や待遇面で見直せるところがないか探してみましょう。

また、どうしても見直すことが難しいという場合はリクルートが提供する媒体「はたらいく」がおすすめです。

はたらいく」は、地元志向が強い、会社の雰囲気を重視して会社を選びたいというユーザーが多い媒体です。そのため、条件面以外の魅力で応募者を集めることが可能となります。

リクルート求人広告代理店 株式会社yell(エール)』では「はたらいく」の取り扱いを行っております。ご興味のある方は一度お問い合わせください。

【4】【原因4】ホームページが古い・更新の停滞が続いている

意外と落とし穴なのが自社のホームページ。

実は求職者の約8割が、応募前にホームページや採用サイトをチェックして応募する・しないの判断材料にしています。
求人サイトはあくまできっかけで、会社のことや事業内容、業界の立ち位置などを知るために、検索エンジンから社名を検索しホームページを見にいくのです。

そのため企業のホームページのデザインが古くなっていたり、スマートフォン最適化されていなかったりすると

  • 会社のホームページにかけるお金がないくらい経営が苦しいのではないか。
  • 古臭い体質、時代遅れの会社ではないか。

といったネガティブな印象につながり、応募を躊躇させるネガティブ要素となっている可能性があります。

“採用のためだけ”ではなく、会社の資産として見直しを検討してみてはいかがでしょうか。

【5】【原因5】募集内容にあった求人媒体を利用できていない!

「いつも使っているから」
「以前、たくさん応募があったから」

このような理由で求人媒体を選んではいないでしょうか。

ご存知の通り、求人媒体にはWEB、雑誌、新聞など様々なものがあり、それぞれに強みをもっています。
強みとは「閲覧する応募者の違い」です。

求人広告には、若者がよく利用するメディア、主婦がよく利用するメディアというように得意な層が異なります。

例えば、一口に正社員向けの媒体と言っても

  • 第二新卒から45歳以上まで幅広いユーザーが利用している「リクナビNEXT
  • 地元志向、中小企業志向が強い求職者向けに設計されている「はたらいく
  • 女性向けの求人を中心に取り扱う「とらばーゆ
  • 建築土木、ドライバー、警備などいわゆる現場系の求職者が多い「タウンワーク社員

というように、様々なものがあります。

また、アルバイト・パート向けの媒体としても

などがあります。※リクルート系の媒体のみ記載

応募が来ない企業に多いのが、

「前回、○○を使ったら反応が良かったので今回もそれを使おう」
「以前求人をした際に、○○が反応悪かったので使いたくない」

といった、過去の実績や思い込みで媒体を決めてしまっているケースです。

やはり、応募を集めるためには求人毎に戦略を考え、その要望を実現してくれるような媒体を選ぶことが重要です。

人手不足が続いているという企業には、上記のような5つの特徴があります。

3.求人募集を成功させるために今すぐできる3つの対策について!

求人募集を成功させるために今すぐできる3つの対策について!

ここまでで求職者が求人募集で注目しているポイント、応募が来ない理由について解説をしてきました。

ここからは、求人募集を成功させるために、今すぐできる対策についてご紹介します。

【1】応募者目線で求人広告を見直す

まず紹介したいのが『応募者目線で求人広告を見直す』方法です。

応募が来ない5つの原因でも紹介した
「仕事内容の薄さ」
「競合他社との条件の差」
といったポイントはやはり応募者目線で求人広告を見直すことでしか見つけることはできません。

求人広告を見直す際は、

  • 5W1Hに沿って仕事内容が記載されているか
  • 給与、勤務時間、福利厚生などが競合他社の原稿と比較して劣っていないか
  • 競合他社の求人で検索した際にどのような媒体に掲載しているか

といった点に注目するとよいでしょう。

5W1Hに沿って仕事内容が記載されているか

情報を伝達する時は5W1Hに整理すると伝わりやすいといわれていますが、求人募集でも同じことが言えます

例えば、求人広告の営業職の募集の場合、

  • いつ(When)→勤務時間
  • どこで(Where)→就業場所または営業フィールド
  • だれが(Who)→1名なのかチームなのか
  • なにを(What)→商材(具体的に取り扱うもの)
  • なぜ(Why)→人材不足に困るお客様のお手伝いをするため
  • どのように(How)→テレアポ、飛び込み、紹介などの手法

このように、5W1Hに当てはめると仕事の概要をスムーズに理解することができます。
また、 “どのくらい”という意味を持つHow manyを追加し、

どれくらい(how many)→一日電話20件~30件ほどかけます。

このように、具体的な業務の量について紹介するとより伝わりやすくなります。
まずは、このような観点で仕事内容を見直してみましょう。

給与、勤務時間、福利厚生などが競合他社の原稿と比較して劣っていないか

続いては給与、勤務時間などの条件を競合他社と比較する方法です。

注目している競合他社があればその求人、そういった競合他社がない場合、同じ地域にある同業他社の求人広告を参考にするとよいでしょう。

比較する際は、前述の「そもそも応募者は求人募集のどこを見ている?」の内容を参考にしていただくと効果的です。

競合他社の求人で検索した際にどのような媒体に掲載しているか

最後は、競合他社や同じ地域の同業他社がどのような媒体に掲載しているのかを調べる方法です。

先ほども述べた通り、求人媒体にはそれぞれ得意としている求職者層や業界職種があります。

GoogleやYahoo!などの検索エンジンを利用して
「〇〇(競合他社名) バイト 募集」
などと検索してみましょう。

競合他社や同業他社が掲載している媒体がわかります。

もし、今使っている媒体に同業他社が多い場合、敢えて他の媒体を検討してみるというのも良いでしょう。また、自社とは違う媒体の方が多いという場合は、同じ媒体を使ってみるのも効果改善につながるかもしれません。

以上のような項目に沿って、求人広告を見直し改善点を探ってみましょう!

【2】求人募集の方法を見直す

求人広告ではなく、求人方法そのものを見直すことも対策の一つです。

求人募集の方法として、最も一般的なのは求人広告を利用した方法です。

とはいえ「リクナビNEXT」のような定番サイトから、地元採用・中小企業の採用に強い「はたらいく」といった個性的な採用サイトまで様々なものがありますので、これまで検討したことがなかった媒体を利用してみるというのも良いでしょう。

その他にも、人材紹介、人材派遣、自社サイトなど昔ながらの方法もあります。

さらに、近年ではコミュニケーションアプリ「LINE」や、Instagram、Facebook、Twitterなどのソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)を利用した方法もあります。
SNSを使った採用手法はアルバイトや、新卒など比較的年齢の低い採用ターゲットに有効な採用手法です。

※ソーシャルリクルーティングについては、「SNSで求人掲載!ソーシャルリクルーティングの始め方と事例4選」でも詳しく解説しています。

いくら工夫をしても応募が集まらないという場合は、ターゲットとなる層が違う方法で仕事探しをしている可能性もありますので、求人募集そのものを見直すことも対策の一つです。

【3】求人媒体の代理店に相談する

ここまで、求人募集を成功させるための対策について紹介してきました。

しかし、兼任で採用担当を行っている方が多い中、すべての対策に取り組むというのも簡単ではありません。

このような時に、検討していただきたいのが求人媒体の代理店をうまく活用する方法です。実は、求人広告の代理店をうまく活用すれば、費用をかけずに採用課題を見つけることが可能になります。

求人広告代理店を上手に活用するコツは、

「問い合わせの段階で、できるだけ具体的に情報を伝える」
「採用活動の方向性についての提案をもらう」

という2点です。

求人広告代理店の営業担当は、特に顧客からの要望がなければ媒体の案内を中心に行います。しかし、採用の方向性が決まっていない段階で媒体の案内を聞いても意味がありません。

そのため、まずはエリア、募集内容、今使っている媒体等を伝えた上で、採用の方向性についての提案を求めてみましょう。

問合せを受けた代理店も、新規のクライアントであれば気合を入れて提案を練ってくるはずです。

また、現在すでに代理店の担当営業がいるという事であれば、担当営業としっかりコミュニケーションをとり、媒体提案、原稿提案の前に採用活動の方向性を提案してもらってみましょう。

求人募集にかける時間が限られている中で、使えるものを使うというのも立派な対策です。

ここまでで、今すぐできる対策についてご紹介しました。
お読みいただいてわかる通り、画期的なアイデアや求人票の書き方などはなく、やるべき事をコツコツとやるという事しかありません。

原因を分析し改善していくことが人材を確保するための唯一の方法なのです。

4.最短で求人募集を成功させるなら!根本的な改善を検討しよう!

最短で求人募集を成功させるなら!根本的な改善を検討しよう!

ここまでで、求人募集を成功させるための対策について紹介しました。

しかし、
「具体的な施策を考える時間が取れない!」
「担当の営業(代理店)はアテにならない!」

という方も多いのではないでしょうか。

そういった方は求人活動を根本的に改善することをおすすめします。

実は企業の採用力は以下のような方程式で表すことが可能です。

「会社力」 × 「労働環境・待遇」 × 「採用活動」 = 「採用力」

「会社力」
→会社の規模、認知度・イメージ、ブランド力
→短期的な変更は困難
「労働環境・待遇」
→給与、勤務地、成長性
→短期的な変更は困難
「採用活動」
→媒体選定、露出時期、コンテンツ、受付対応など
→短期的な変更が可能

上記の方程式を見ていただくと、会社のブランド力、労働環境・待遇の部分では、中小企業は圧倒的に不利になります。
そうなると、多くの中小企業は「採用活動」をいかにして見直すか、が最短で採用活動を成功させるカギといえます。

では、具体的に何をすればよいかというと、求人募集の具体的な成功法について知っている求人広告代理店を探す、という事です

前述のとおり、求人の成功には専門的な知識が必要となります。
しかし、それらの知識は一朝一夕で身に着けることができません。

となれば、いくつかの求人広告代理店に相談し採用の見直しを行う、提案をしてもらうという事が重要となります。

リクルート求人広告代理店 株式会社yell(エール)』なら、全国に6拠点を持ち職種、業種に問わず様々な採用実績があります。また、新卒からアルバイト・パートまで幅広く取り扱っています。
まずは、問い合わせボタンよりお気軽にご相談ください!

5.対策のまとめ

今回の記事では、求人募集で応募が来ないとお悩みの求人担当者の為に、応募が来ない原因と対策についてご紹介いたしました。

求人募集は景気や競合他社の求人募集状況に大きく左右されるだけではなく、採用ターゲットにマッチした求人媒体の選定、求職者にとって魅力的に感じられる求人広告を作成するなど非常に専門的な知識が求められます。

求人募集を成功させるためには、求人募集の内容の見直し、競合調査だけではなく、適切な代理店をパートナーとして選定していくことも非常に重要なポイントとなります。

採用活動でお困りでしたら、お気軽に『リクルート求人広告代理店 株式会社yell(エール)』までご相談ください。

人気のノウハウ記事

タウンワークの裏技公開中!

全国共通割引券/つど割プラン

求人広告の掲載・資料請求・
見積り・お問合せはこちら

リクルート求人広告代理店
株式会社yellへの問い合わせ

0120-951-231電話受付 平日9:00~18:00

入力1分で簡単!お問い合わせフォーム

個人情報保護方針TOPへ

求人広告の掲載、資料請求、見積もりはこちら

リクルート求人広告代理店 株式会社yellへの問い合わせ