リクルート求人広告代理店 株式会社yell(エール)のトップ

求人募集に関するご相談・お問い合わせはこちら

お問い合わせ0120-951-231受付 平日9:00~18:00

プロが教える採用ノウハウCOLUMN

注目度の高いソーシャルリクルーティング。メリット・始め方を徹底解説

注目度の高いソーシャルリクルーティング。メリット・始め方を徹底解説

  • シェア
  • ツイート
  • G+ Share
  • はてなブックマーク

2018.02.08

昨今、InstagramやFacebookなど、SNSを活用して採用活動を行うソーシャルリクルーティングを行う企業が増えてきました。

「インスタ映え」「フォトジェニック」という言葉まで出てきた時代です。世の中的にもSNSは急成長中のマーケットであり、ユーザー同士の重要なコミュニケーションツールとしてまだまだ伸びる分野でしょう。

このSNSを用いたソーシャルリクルーティング。ただ“流行っているから”という理由だけではなく、活用されているのには理由があります。
それは企業・求職者の双方にとって資質の部分を見ることができるということ。ひいては、ミスマッチの軽減・早期退職の軽減などにもつながる、というメリットがあるんです。

ではいざ、「やってみよう!」と思い立って企業用アカウントを取得しても、プライベートであまりSNSを利用しない担当の方や、友だちの投稿を見る専門の方は「何を投稿すれば良いの?」と悩んでしまうこともありますよね。

今回はイチから始められる、ソーシャルリクルーティングについてご紹介します。

1.なぜソーシャルリクルーティングが注目されているのか?

1-1:これまでの採用の流れを振り返ると…

まず、これまでの採用までの流れを思い起こしてみましょう。

図

こうして振り返ってみると、1~3時間の面接と、数枚の履歴書・職務経歴書だけで、内定を出す・出さないと判断をしているのが、今の時代の基本的な採用フローです。
(もちろん企業様ごとで様々な工夫をされていると思いますが、いったん置いておきます。)

一方で求職者も、求人情報や企業のホームページなど、ひと通り企業研究は行ってはいるものの、表向きの情報が多く、社内や社員の雰囲気を知る機会はほとんどありません。
新卒採用であればインターンシップ制度を活用することで、現場の仕事が体験できる場もありますが、中途採用ではそういった機会も滅多にないでしょう。

企業にとっての採用活動、求職者にとっての就職活動とは、とても限られた時間と情報の中で、互いを知る判断材料があまりにも少ないのが現状といえるのではないでしょうか。
つまり現代の採用における流れの中で、お互いの資質の部分まで見抜くことは非常に困難なのです。
「内定辞退」「早期退職」「ミスマッチ」などよく耳にするようなことも、少なからずこういった採用事情が背景にあると感じています。

1-2:ソーシャルリクルーティングのメリットとは?

ソーシャルリクルーティングの一番のメリットは、双方の“リアル”な情報をいつでも知ることができる点にあります。
中でもInstagramは、写真(画像)の添付ないと投稿できない仕組みのため、互いの嗜好や興味のあることなどが、イメージを通じて知ることができます。

企業は求職者の交友関係や趣味、投稿文の書き方や言葉の選び方など確認ことができ、
求職者は求人広告やホームページには載っていない、会議の様子や、ちょっとしたランチのひとコマ、社内イベントの雰囲気など、会社全体の雰囲気をより明確に知ることができます。

互いに、“資質”の部分を知ることができるため、応募への後押し効果や、ミスマッチの軽減・早期退職軽減・離職率低下といった効果があると言われており、ソーシャルリクルーティングがますます注目を浴びているのです。

また、SNSの利用料は基本無料のため、広告費がかからず、導入ハードルも低く手軽に始めることができるのも、嬉しいポイントです。

2. ソーシャルリクルーティングの運用には大変な一面も…

メリットたくさんのソーシャルリクルーティング。
しかし、アカウントを作っていくつか投稿をすれば成果があがる、というものではありません。

◆短期間では結果は出ない。
SNSは認知してもらい、自社のアカウントのフォロワーが増えていくことで効果を発揮しますが、まずここに時間がかなりかかります。
どのくらいで効果が出始める、というのも会社のネームバリューや運用次第ではありますが、1年以上は継続的に運用をし続けないと目に見えた成果は出ません。

◆投稿をし続けなければいけない苦しみも。
SNSは最新情報を発信する場でもあります。古い投稿は埋もれがちになり、目にとまる機会が少なくなるので、なるべく短い期間で投稿できる体制があると良いでしょう。

しかし、何かしらの“ネタ”がないと投稿はできません。
そのため、常に社内にアンテナをはって面白いことやイベントに意識を向ける必要がありますが、意識し続けて投稿ネタを探し続けることは、実はけっこうハードなので、周りの協力を仰ぎながら運用することをおすすめします。

◆認知してもらうために他のアカウントもフォローが必要。
フォロワーを増やすことで効果を発揮するSNS。
しかし、投稿を続けてれば順調にフォロワーが増えるのかというと、そうではありません。
よほど拡散(「バズる」とも言います)がされた時を除き、投稿すること以外にもこちらからフォローをしにいくアクションが必要になります。
フォローされると、相手も見に来てくれる機会ができ、興味を持っていただくことでフォローを返してくれます。

採用で利用している企業のアカウントや、採用ターゲットに近い年齢や属性の方のアカウントを中心にまずは探してみましょう。
ハッシュタグを使うと簡単に同じテーマで投稿しているユーザーの検索ができるので、投稿する際も、検索する際も積極的に活用してください。

ハッシュタグとは?

投稿内のタグとして使われており、「#」から始まるキーワードのことです。投稿内容に関連することを「#」を付けておきましょう!ハッシュタグはいくつでも付けることが出来るので、1つの投稿に対して、5~10くらいを目安に付けるように意識してみてください。

– ハッシュタグ例 –
#採用 #新卒採用 #中途採用 #東京求人 #未経験者歓迎 #女性活躍中 #就活生と繋がりたい

◆炎上リスクがある。
「そんなつもりではなかった」と思って投稿していても世間の目は厳しいもの。
何かしらがきっかけで批判やバッシングを受ける可能性もあります。
脅かすわけではありませんが、企業アカウントだからといって「炎上は絶対にない」と言いきることはできません。

SNSは不特定多数に向けた発信ツールです。
言葉使い、写真のテイストなどは細心の注意を払いながら、節度のある内容で投稿するようにしましょう。

3. 求職者が知りたい!見たい!と思う投稿ネタとは?

求人広告やホームページに載っているようなことではなく、SNSでは少し“遊び”もいれつつ、フランクで少し砕けたテイストのほうが求職者にとっても親近感がわきやすく、身近な印象を与えることができます。

◆仕事中・会議中のシーン
実際に入社をしたら、当然現場でお仕事をするわけなのでどういった環境・メンバーとお仕事をするのかは事前に見ておきたい求職者が多いです。
会議中や打ち合わせ中のひとコマ、他部署同士での連携・交流の場などあれば、ぜひ投稿用に1枚写真を撮っておきましょう。

◆社内イベント・社員旅行・部活
イベント関連が盛んにある企業様であれば、社員同士で撮影もたくさんしていることが多いので、写真提供を社員のみなさまに呼びかけてみましょう。
楽しい雰囲気が伝わるように意識してみてください。

◆プライベートのワンカット
求職者にとっては「仕事とプライベートの両立」を気にされている方が多いので、ひとつ投稿テーマとしては良いでしょう。
休みを利用して社員同士でどこかへ遊びに行ったり、ゴルフやテーマパークなどに行った際にはSNS用に写真を数枚撮ってもらえるようにお願いしてみてください。
しかし、写真を用意する社員の方はお休みを利用しているので、写真の依頼は無理強いせずに、「もし撮れたら…」くらいのライトな感じでお願いするように社員の方にも配慮することが大切です。

◆人事ならでは目線のアドバイス
日々、求職者とのやり取りや面接を担当している人事担当だからこそ、気になることってありませんか?人事が気になるちょっとしたことも、投稿ネタのひとつに組み込むことができます。
「面接で好感度が高かったポイント」「履歴書・職務経歴書の誤字脱字は意外と細かくチェックしています…!」など、アドバイス視点の投稿などは求職者にとっても興味のあるテーマです。
求職者にとって、気付きとなるような発信ができると良いでしょう。

4.まとめ

ソーシャルリクルーティングは最初から完璧な状態でスタートする必要はありません。求人広告のように掲載期間が決まっているものではありませんし、継続することでコツもだんだんつかめてくるはずなので、まずは焦らずにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

とにかく大事なのは継続すること。
社員の方に写真提供の協力を呼びかけておくと、バリエーションが沢山あるアカウントに育っていくので、協力を仰いでおくと良いでしょう。

当社でもInstagramのアカウントがあります!


株式会社yell 採用アカウント(Instagram)
https://www.instagram.com/yell_saiyo/


当社では全社員に協力してもらいながら、都度写真を提供してもらい、写真選定した上で投稿をしています。
盛り上がっている感じ、伝わっていますでしょうか?(笑)
ぜひ当社アカウントのフォローもお待ちしています!

人気のノウハウ記事

執筆者プロフィール制作ディレクターY

求人広告ライターおよびディレクター。中途採用領域を中心に、新卒採用、アルバイト採用など幅広い求人広告制作を担当。

執筆者プロフィールマーケッターV

求人広告の営業を経て、現在はWebマーケティングに従事。集客・プロモーションやサイト管理、求人広告の反響データ分析などを担当。

株式会社yellへのお問い合わせ

求人広告のご掲載を検討中の方は、お気軽にご相談ください。

0120-951-231電話受付 平日9:00~18:00

 お問い合わせ

個人情報保護方針TOPへ

お問合せは、お電話・メールにて受け付けております。