未経験でWEBデザイナーになるには?おすすめ転職エージェントも紹介

未経験でWEBデザイナーになるには?おすすめ転職エージェントも紹介

今やネットを駆使して働く時代と言っても過言ではなく、その影響もありWEBデザイナーという職業は人気を集めていますし、求人も多くあります。

年々WEBデザイナーの需要は高まり、注目の仕事になっていることからも未経験でも目指す人は多いようです。

しかし、未経験でもWEBデザイナーになれるのか気になる方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、未経験からWEBデザイナーを目指すために必要なスキルなどを解説します。

この記事でわかること
  • WEBデザイナーの仕事内容
  • 未経験からWEBデザイナーを目指す方法
  • デザインスクールの選び方

おすすめの転職エージェントも紹介するため、ぜひ参考にしてみてくださいね。

WEBデザイナーとは?基本情報を確認!

まずは、WEBデザイナーとはどのような職業なのか、仕事内容や働き方について見ていきましょう。

WEBデザイナーの仕事内容

WEBデザイナーとは

WEBデザイナーの主な仕事内容は、WEBサイトのデザインを担当することです。ただし、デザインと言ってもその内容は幅広いです。

WEBデザイナーの主な仕事内容
  • クライアントからの要望をヒアリングする
  • 伺った要望を実現するためのデザインを設計する
  • いかに使いやすいWEBサイトにするかを考える
  • WEBサイトのコーディングをする

WEBデザイナーはサイトをデザインするという本質はもちろん、いかにクライアントの要望通りのものを設計するかが重要です。

コミュニケーション能力も求められることが予想されますね。

WEBデザイナーの働き方

WEBデザイナーとは

WEBデザイナーは依頼者の要望を実現すべく、ヒアリングをしてサイトを設計していきます。WEBデザイナーの働き方には主に以下の3種類があります。

主な働き方
  • 自社サイトの運営会社
  • WEB・広告制作会社
  • フリーランス

自社サイトの運営会社や制作会社に勤務してWEBデザインの依頼を受けるほか、会社には所属せずにフリーランスとして個人で仕事を受注する働き方もあります。

自分がどんなWEBデザイナーになりたいのか明確にしておくことも大切ですね。

未経験からWEBデザイナーになるには?

結論から言うと、WEBデザイナーは未経験からでもなれる職業です。

理由の一つとしては、特に資格は必要ないことが挙げられます。職業によっては資格必須の場合もありますが、WEBデザイナーは特にありません。

つまり、未経験でも知識やスキルがあれば内定を獲得できる可能性があります。

WEBデザイナーに必要なスキル

未経験からWEBデザイナーになるには

未経験からWEBデザイナーを目指す場合は、求人に応募する前に基本的なスキルを身につけておくことが大切です。

例えば、WEBデザイナーには主に以下のようなスキルが求められます。

求められるスキルの例
  • 色彩感覚・レイアウトなど基本的なデザインスキル
  • 画像編集スキル
  • プログラミング言語に関する知識
  • SEOやマーケティングに関する知識

事前にスキルを身につけておけば、転職活動時にもアピールポイントとなるでしょう。

初心者向けの書籍も販売されているため、独学でもスキルを習得できますよ。

未経験なら転職エージェントの利用もおすすめ

未経験からWEBデザイナーになるには

求人でも未経験を歓迎しているものは多数あります。しかし、いくら未経験でも転職可能とはいえ、やはり未開拓の地へ足を踏み入れることは勇気がいるでしょう。

 転職活動に不安を感じている人は、業界に精通したプロにサポートしてもらえる転職エージェントを活用するのがおすすめです。

転職エージェントはWEBデザイナー業界に詳しいプロがアドバイスをしてくれるため、未経験の方にとっては心強い存在となるでしょう。

応募書類の添削や面接対策など、さまざまなサポートを受けられますよ。

WEBデザイナー未経験ならデザインスクールもおすすめ

未経験の方はデザインスクールもおすすめ

先ほども解説したように、WEBデザイナーになる上で資格は必要ありません。

しかし、未経験の人がWEBデザイナーになるためには、企業から興味を引ける人材でなければならないでしょう。

知識や技術は独学でも習得できますが、一人で勉強するのが不安な方はWEBデザインスクールに通うのもおすすめです。

WEBデザインスクールとは

未経験の方はデザインスクールもおすすめ

Adobe PhotoshopやIllustratorなどWEBデザイナーに必要なツールを扱うスキルを磨いたり、WEBデザインに必要なHTMLやCSSが学べたりする学校です。

主なデザインスクールには、以下のようなものがあります。

主なWEBデザインスクール
  • テックキャンプ
  • テックアカデミー
  • デジタルハリウッドSTUDIO
  • KENスクール
現役のWEBデザイナーから直接指導してもらえるスクールもあり、学ぶための環境がしっかり整っています。

中には、気軽にチャットで質問できるスクールもありますよ。

WEBデザインスクールの選び方

未経験の方はデザインスクールもおすすめ

WEBデザインスクールを選ぶ際は、転職を見据えてしっかりと受講目的を決めることが重要です。WEBデザイナーへの転職を考えている場合は、転職サポートが含まれているスクールを選ぶのも一つでしょう。

WEBデザイナーへの転職を支援してもらえると心強いですね。

ただし、転職サポートのあるスクールは費用が高い傾向にあります。よって、転職エージェントに登録することを見越してノウハウを学べるところを選ぶ方が良いでしょう。

WEBデザイナーの転職事情をご紹介

前記の通り、WEBデザイナーの需要は高まり続け、未経験枠の採用が増えています。そのため、WEBデザイナーは転職しやすい職種と言えるでしょう。

とはいえ、人気の職種であるため、ライバルは少なくありません。そんな中で、未経験でもWEBデザイナーに転職しやすい人は以下の条件を満たす人です。

未経験でもWEBデザイナーに転職できる人
  • 最低限のデザインの知識がある
  • ポートフォリオを作成している
  • 転職エージェントに登録している

それぞれ、解説しますね。

最低限のデザインの知識がある

未経験者でも最低限のWEBデザインの知識は身につけておくべきです。具体的にはIllustratorやPhotoshopなどのグラフィックデザインの使い方は抑えておきましょう。

 WEBデザインの基本であるHTMLやCSSなどのマークアップ言語も習得しておくことをおすすめします。

最低限のデザインの知識があることで、未経験だとしても大きなアピールに繋がります。

HTMLやCSSは簡単な言語です。数週間勉強すれば、基本的なことはマスターできます。

ポートフォリオを作成している

未経験からWEBデザイナーになりたければ、ポートフォリオの作成は必須です。未経験者は実績がないため、面接官からすると技術に関する判断基準がありません。

ポートフォリオを用意することで、技術力や感性、作品を作り上げる実装力の証明に繋がります。質の良いポートフォリオが作成できると、未経験だとしても待遇の良い企業に転職することは可能です。

 WEBデザイナーは感性と技術力が求められます。実績のない未経験者はポートフォリオが最適なアピール材料です。そのため、ポートフォリオ作成にはしっかりと時間を割きましょう。

転職エージェントに登録している

未経験からWEBデザイナーに転職を目指すなら、転職エージェントに登録しましょう。転職エージェントには非公開求人が多く、転職サイトには存在しないお宝求人があります。

 WEBデザイナーへの転職となるとデザインの勉強やポートフォリオの作成に時間が取られてしまいます。そんな中で、日々の仕事をしながら転職活動をすることは、大変です。

転職エージェントを活用すれば、日程調整を丸投げできるため、ポートフォリオの作成に集中できます。

未経験からWEBデザイナーへ転職するポイントはポートフォリオの質です。手間のかかる日程調整は転職エージェントに丸投げしましょう。

WEBデザイナーの年収相場はどれくらい?

ここでは、WEBデザイナーの年収相場と年収を上げるための方法をご紹介します。dodaの2020年の調査によると、WEBデザイナーの平均年収は363万円(※)でした。

全国平均が409万円なので、それよりも40万円ほど低い年収になっています。

この結果から、WEBデザイナーは高い年収が期待できません。とはいえ、仕事をする上で、年収は高いほうがモチベーションになりますよね。

ここでは、WEBデザイナーとして、年収をアップさせる方法をご紹介します。

WEBデザイナーとして年収をアップさせる方法
  • 経験を積み、スキルの幅を広げる
  • できるだけ上流工程の仕事に携わる
  • 年収の高い企業に転職する

ひとつずつ、見ていきましょう。

※参照:doda | WEBデザイナーの年収はどれくらい?

経験を積み、スキルの幅を広げる

WEBデザイナーとして年収アップを目指すには、ひたすら経験を積み、スキルの幅を広げることが大事です。そのため、まずはWEBデザイナーになり、開発経験を積んでいきましょう。

スキルに関しても、HTMLやCSSだけではなく、同じフロントサイドのJavaScriptが習得できると、デザインに磨きがかかるのと同時に業務の幅が広がり、年収アップに繋がります。

 HTMLやCSSはできて当たり前です。JavaScriptやPHPを使えるようになると、開発エンジニアと協業しやすくなり、希少価値の高い人材になれますよ。

できるだけ上流工程の仕事に携わる

ある程度の開発経験とスキルに自信がついたら、上流工程の仕事に携わることで、年収アップに繋がります。

 どの職種でも当てはまることですが、下流工程の仕事ばかりをしていても、年収を大幅に上げることは期待できません。

年収を上げるためには、上流工程の仕事に携わることが大事です。WEBデザイナーの職種だと、WEBプロデューサーやWEBディレクターが上流のポジションに該当します。

これらのポジションは、デザインセンスはもちろんのこと、コミュニケーション能力やマネジメント能力が求められます。

年収アップを考えるなら、上流工程の仕事に携われるように、努力することが大事です。

年収の高い企業に転職する

年収アップを目指すなら、会社ごと変えてしまうのも手です。いくら経験や技術力があっても、その会社で決められている年収が低ければ、どうしよもありません。

 WEBデザイナーは需要が高いこともあり、求人の数も多いです。経験とスキルが十分に備わっているならば、キャリア採用で年収を上げることは可能でしょう。

また、WEBデザイナーは副業との相性が良いです。ある程度の実績があれば、クラウドソーシングを使って、仕事を受注することは難しくありません。

本業で得られたスキルや経験を副業で活かすのは賢い選択です。収入アップを目指すなら、WEBデザイナーとして副業で稼ぐことも念頭に置きましょう。

WEBデザイナーの転職でエージェントを利用するメリット

WEBデザイナーを目指している人が効率的に転職するためには転職エージェントを利用することをおすすめします。

ここでは、WEBデザイナーになるために転職エージェントを利用するメリットを解説します。

WEBデザイナー転職でエージェントを利用するメリット
  1. 自分の市場価値が分かる
  2. 非公開求人の閲覧・応募が可能
  3. 履歴書や職務経歴書のアドバイスがもらえる
  4. ポートフォリオの作成に時間が割ける
  5. 面接の日程調整をしてくれる
  6. 企業の情報を事前に知れる
  7. 面接の対策ができる
  8. 年収交渉を代行してくれる

ひとつずつ、みていきましょう。

1.自分の市場価値が分かる

転職エージェントを利用することで、自分の市場価値が分かります。なぜなら、担当アドバイザーとの面談にて、自分がどのレベルの求人まで応募可能なのか把握できるからです。

 会社によってWEBデザインの求められるスキルは異なり、それを理解していないと的外れの求人に応募してしまい、非効率な転職活動になりかねません。

そのため、自分の市場価値が分からない人は転職エージェントを利用し、自分の持つスキルがどのレベルの求人まで応募可能なのか目星をつけるとよいでしょう。

転職サイトの求人情報だけでは、その求人が自分のスキルや希望に合っているのか判断がつかないことが多いです。

2. 非公開求人の閲覧・応募が可能

転職エージェントを利用することで、非公開求人へアクセスすることができます。非公開求人とはその名のとおりで、一般に公開されていない特別な求人のことです。

非公開求人は条件や待遇の質が良いのが特徴です。

各エージェントによって、取り扱っている非公開求人は異なります。そのため、複数の転職エージェントに登録しておくと、非公開求人の母数が増えるのです。

 非公開求人は条件や待遇の質が良いことが多いです。

3. 履歴書や職務経歴書のアドバイスがもらえる

転職エージェントを利用すると履歴書や職務経歴書において、担当アドバイザーから書類作成のアドバイスをもらうことができます。

書類選考の合格率は、履歴書や職務経歴書の完成度で決まると言っても過言ではありません。そのため、客観的な意見を取り入れて、書類の内容を充実させるのがよいでしょう。

担当アドバイザーから助言をもらうことで、ひとりよがりな内容になることを防げます。

4. ポートフォリオの作成に時間が割ける

未経験からWEBデザイナーに転職するにはポートフォリオの作成は必須です。転職エージェントを利用すると転職活動の省力化に繋がるため、ポートフォリオの作成に時間を割くことができます。

ポートフォリオを充実させることで、内定率アップにも繋がってくるでしょう。

 未経験でもポートフォリオの質が高ければ、良い求人の内定をもらえますよ。

5. 面接の日程調整をしてくれる

転職エージェントは、面接の日程調整を代行してくれます。企業との日程調整は仕事で忙しかったり、複数の企業に応募していたりすると面倒なものです。

エージェントを利用することで、面倒な日程調整を全て丸投げすることができます。

急な変更がある場合もエージェントが間に入って調整してくれます。

6. 企業の情報を事前に知れる

転職後に入社前のイメージと違い、辞めていく人は少なくありません。転職エージェントは企業の社風やムードを知っており、希望者には事前にその企業の内部情報を教えてくれます。

よって、エージェント利用することで、転職後のミスマッチを防ぐことに繋がるのです。

 エージェントでは、求人情報には掲載されていない情報を知ることができます。

7. 面接の対策ができる

転職エージェントは企業とのパイプが強いです。そのため、面接官の人柄頻繁に出る質問を把握しています。よって、転職エージェントを利用することで、面接の対策を立てやすくなります。

想定される質問を把握できるので、自分のスキルや経験からその企業にあった自己PRができるでしょう。

8. 年収交渉を代行してくれる

転職エージェントは、内定後の年収交渉を代行してくれます。普通の転職活動だと、年収や勤務時間など企業と直接交渉しなければいけません。

これから入社する企業に対して、交渉するのは気が引けますよね。

転職エージェントでは、年収交渉を代行してくれるので、企業に不快感を与えずに済みます。

WEBデザイナー向け転職エージェントの選び方

ここでは、WEBデザイナー向けの転職エージェントの選び方を紹介します。WEBデザイナー向けの転職エージェントの選定基準は以下のとおりです。

WEBデザイナー向けの転職エージェント選定基準

①WEBデザイナー向けの求人数

-求人の選択肢は幅広いか

②求人の質

-求人の質が十分か

③キャリアアドバイザーの能力・人柄

-キャリアアドバイザーのサポート力や提案力は十分か

④転職成功実績

-これまでの転職成功実績は十分か

⑤口コミや評判の良さ

-実際の利用者から高い評価を得ているか

これらの5つのポイントでWEBデザイナー向けの転職エージェントを選びましょう。

本記事では、これらの選定基準を満たした転職エージェントを紹介します。

【デザイナー向け】おすすめの転職エージェント7選

デザイナーの転職には転職エージェントの利用がおすすめです。まずは比較表でイチオシの転職エージェントを確認しましょう。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

おすすめポイント
  • 経験豊富なキャリアアドバイザーが求人を紹介してくれる
  • 自分のアピールポイントをアドバイスしてくれる
  • 業界最大級の非公開求人を保有している

WEB業界に精通したキャリアアドバイザーが在籍しており、転職者の希望やスキルをもとに、最適な求人を紹介してくれます。

未経験でもチャレンジできる求人を保有しているため、キャリアチェンジにも最適です。

対面もしくは電話にて、求職者の希望を伺いベストな案内・サポートをしてくれます。

また、なかなか自分では見いだせないアピールポイントをプロならではの目線で模索し、企業側へのアピールに繋げてくれます。

リクルートエージェントは業界最大級の非公開求人を保有しています。今まで出会えなかった仕事を見つけられる可能性もあるでしょう。

公開求人数※2021年6月29日現在 116,509件
WEBデザイナーの求人数※2021年6月29日現在 352件
サービス内容
  • 求人紹介
  • キャリアアドバイザーのサポート
  • 非公開求人の提供
  • 面談の実施
  • 面接対策
  • 志望企業への推薦
運営会社 株式会社リクルート

出典:https://www.r-agent.com/ ※公式サイト

doda

doda

おすすめポイント
  • 豊富な非公開求人を扱う
  • 専門スタッフがプロの視点でサポート
  • 企業からオファーが届く

dodaは豊富な求人数を誇り、中には非公開求人もあるため新たな仕事との出会いも期待できます。

毎週月曜日・木曜日は10,000件前後の求人が届くことも魅力です。

WEBデザイナーの業界に詳しい専門スタッフによる、プロの視点でのサービスは心強く、求職者に寄り添ったサポートを実施してくれます。

また、企業からオファーが届く「スカウトサービス」も提供しています。スカウトを受けると、面接確約オファーが可能です。

公開求人数※2021年6月29日現在 86,522件
WEBデザイナーの求人数※2021年6月29日現在 452件
サービス内容
  • 非公開求人の紹介
  • 専門スタッフによるプロ目線での求人紹介
  • 面接のスケジュール調整
  • 書類・面接手続きのサポート
  • スカウトサービス
運営会社 パーソルキャリア株式会社

出典:https://doda.jp/

レバテックキャリア

レバテックキャリア

おすすめポイント
  • 高年収の非公開求人を保有
  • 書類の添削や面接対策などを実施
  • 年収交渉や入社日調整もサポート

未経験でもチャレンジできるWEBデザイナー求人を保有しています。また、高年収となるものは非公開求人として扱っている場合もあるため、登録することで興味深い出会いがあるかもしれません。

公開・非公開ともに、未経験でも年収500万円以上が狙える求人を多数扱っています。

またキャリアアドバイザーによる書類の添削や面接対策など、未経験者が企業に十分アピールするための要素をプロの視点で提案してくれます。

年収交渉や入社日調整もサポートしてくれるため、転職活動に慣れていない、不安を抱えている人に最適です。

公開求人数※2021年6月29日現在 11,186件
WEBデザイナーの求人数※2021年6月29日現在 425件
主なサービス内容
  • 最適な求人紹介
  • 面接の日程調整
  • 面接対策
  • 書類の添削
  • 電話・オンライン面談
  • 自分の市場価値調査
運営会社 レバテック株式会社

出典:https://career.levtech.jp/

パソナキャリア

パソナキャリア

おすすめポイント
  • オリコン顧客満足度調査転職エージェント4年連続第1位
  • WEB業界に精通したキャリアアドバイザーが在籍
  • 客観的な視点から経験・希望にマッチした求人を提案

パソナキャリアの強みは、マッチング力とサポート体制にあります。オリコン顧客満足度調査転職エージェント4年連続第1位を獲得しており、評価も極めて高いです。

利用開始時のカウンセリングを大切にしており、利用者のことをしっかり理解した上で厳選した求人を紹介してくれますよ。

WEB業界に精通したキャリアアドバイザーが在籍しており、適切な求人とのマッチングの他、応募書類添削や模擬面接対策も実施してくれます。

公開求人数※2021年6月29日現在 35,249件
WEBデザイナーの求人数※2021年6月29日現在 178件
サービス内容
  • 求人紹介
  • 応募書類の書き方伝授
  • 模擬面接の実施
  • 企業との日程調整や交渉
  • スカウトサービス
運営会社 株式会社パソナ

出典:https://www.pasonacareer.jp/ ※公式サイト

ワークポート

ワークポート

おすすめポイント
  • 専任のコンシェルジュによるサポートが受けられる
  • 業界・業種のスペシャリストが自身の可能性を見出し提案してくれる
  • 転職相談サービスは完全無料

リクナビNEXTの「GOOD AGENT RANKING~2020年度下半期~」にて、転職決定人数部門第1位に輝いた実績があります。

専任のコンシェルジュによる手厚いサポートにより、数ある情報のなかから最適な価値ある求人を提案してくれます。

業界・業種のスペシャリストが、自身の可能性をプロ目線で見出してくれるため、効率的に転職活動を進めることが可能です。

完全無料で転職相談を実施しており、第一志望を優先に寄り添ったサービスを提供してくれます。

公開求人数※2021年6月29日現在 40,427件
WEBデザイナーの求人数※2021年6月29日現在 364件
主なサービス内容
  • 求人紹介
  • カウンセリングの実施
  • 面接日程や入社時期の調整
  • 年収交渉
運営会社 株式会社ワークポート

出典:https://www.workport.co.jp/ ※公式サイト

マイナビクリエイター

マイナビクリエイター

おすすめポイント
  • WEB関連を専門に転職支援を実施
  • WEB業界の転職に必要なノウハウを惜しみなく提供
  • 転職相談会といった各種イベントを開催中

在籍しているキャリアアドバイザーは、WEB・ゲーム関連の転職を専門にしているプロ集団です。

これは転職支援サービス業界の中でも珍しく、未経験からWEBデザイナーになる上で大変心強い存在と言えるでしょう。

また、WEB業界への転職に必要なノウハウを惜しみなく提供してくれるため、希望通りの活動を進められる可能性が高いです。

そして、転職相談会といった各種イベントも随時開催しており、企業主導でオンラインによる説明会を実施しているためチェックしておきましょう。

公開求人数※2021年6月29日現在 3,462件
WEBデザイナーの求人数※2021年6月29日現在 226件
主なサービス内容
  • 求人紹介
  • カウンセリングの実施
  • 面接対策
  • キャリアプランの提案
運営会社 株式会社マイナビワークス

出典:https://mynavi-creator.jp/

Geekly

Geekly

おすすめポイント
  • 非公開求人数は10,000件以上
  • WEB業界に特化している
  • マッチングを探求して最適な求人を紹介してくれる

Geeklyは、WEB・IT・ゲーム業界に特化している転職エージェントです。在籍しているキャリアアドバイザーも業界のことを熟知しており、その提案力は折り紙付きと言えるでしょう。

職種の専門知識やノウハウを活かし、希望条件やスキルを理解したうえで最適な求人をマッチングし紹介してくれます。

非公開求人が10,000件以上あるため、他では見たことがない仕事と出会える可能性にも期待できるでしょう。

公開求人数※2021年6月29日現在 10,417件
WEBデザイナーの求人数※2021年6月29日現在 192件
主なサービス内容
  • 求人紹介
  • 企業への推薦
  • 給与交渉
  • 入社日の調整
  • 入社後のフォロー
運営会社 株式会社GEEKLY(ギークリー)

出典:https://www.geekly.co.jp/

よくある質問

おすすめの転職エージェントは?
リクルートエージェントがおすすめです。WEB業界に精通したキャリアアドバイザーが、希望やスキルに合った求人を紹介してくれます。業界最大級の非公開求人も扱っているため、他では出会えない好条件の仕事が見つかるかもしれません。
WEBデザイナーとはどんな仕事?
WEBデザイナーの主な仕事は、WEBサイトのデザインを担当することです。クライアントからの要望をしっかりとキャッチし、実現するための設計をします。また、いかに使いやすいサイトにするかも考えなければいけません。
WEBデザイナーになる上で資格は必要?
特に資格は必要ありません。なかには資格がなければチャレンジできない仕事も多々ありますが、その点でWEBデザイナーは比較的入り込みやすい職業と言えます。もちろんスキルは求められるため、戦力になるための学習は必要です。
WEBデザイナーは未経験でもなれる?
はい、未経験でも転職できます。その理由としては、特に資格が必要ないこと、そして将来性のある仕事であるため企業としても人材確保に積極的であることが挙げられるでしょう。未経験歓迎のWEBデザイナー求人も多数掲載されているため、ぜひチェックしてみてはいかがでしょうか。
WEBデザイナー求人に強い転職エージェントの選び方は?
求人数の多さはもちろん、いかにWEB業界に詳しいキャリアアドバイザーが在籍しているかは極めて重要です。転職エージェントによってはWEB業界を専門にしている場合があるため、未経験での転職を考えている人は、より専門的に意見を提案してもらえるエージェントを選ぶ方が良いでしょう。
WEBデザイナーになる上で転職エージェントを利用するメリットは?
自分だけでは出会えなかった、最適な求人をプロ目線でマッチングし提案してもらえることです。また、転職エージェントによっては企業側からのスカウトといったサービスも提供されており、自分の市場価値を知るきっかけにもなります。
WEBデザイナー未経験なため不安な場合は何をすべき?
WEBデザイナーに必要なスキルや知識を学べる、WEBデザインスクールに通ってみてはいかがでしょうか。現役のWEBデザイナーから直接指導してもらえるスクールがあります。いくら未経験でも転職可能とはいえ、能力を有しているに越したことはありません。

まとめ

この記事では、未経験からWEBデザイナーへの転職に必要なスキルや、おすすめの転職エージェントについて解説しました。

WEBデザイナーは未経験でもなれる職業です。しかし、スキルや知識を有しておいた方が転職では有利に働く可能性があります。

よって、独学でデザインプログラミング言語の知識を身につけたりデザインスクールに通ったりと、WEBデザイナーになるための勉強を検討してみましょう。

また、転職活動をする上で、転職エージェントの活用は重要です。WEBデザイナー業界を専門に扱っている転職エージェントがあるため、未経験の人はぜひチェックしてみてください。

こちらの記事も合わせて読みたい
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事