トヨタの平均年収を徹底調査!口コミ・評判や競合他社との比較も紹介

トヨタの平均年収を徹底調査!口コミ・評判や競合他社との比較も紹介

トヨタ自動車株式会社は、数ある日本企業のなかでも知名度が高く、就職・転職先として注目されています。

そこで気になるのは、働く社員の平均年収ではないでしょうか。

そこで今回は、トヨタで働く社員の平均年収を徹底調査します。

この記事でわかること
  • トヨタの平均年収
  • トヨタ社員の平均年収に対する口コミ・評判
  • トヨタの平均年収の推移

競合他社との平均年収比較や、整備士やエンジニアなど職種別の平均年収も紹介するため、ぜひ参考にしてみてください。

年収アップを目指したい人におすすめの転職エージェントも紹介しますよ。

トヨタの企業情報

トヨタの企業情報

会社名 トヨタ自動車株式会社
創立 1937年(昭和12年)8月28日
資本金(2021年3月末時点) 6,354億円
主な事業内容 自動車の生産・販売
従業員数(2021年3月末時点) 71,373人(連結366,283人)

出典:https://global.toyota/jp/company/profile/overview/

事業内容

トヨタの主な事業内容は、自動車の生産・販売です。国内だけでなく海外でも名前は知られており、日本が世界に誇る自動車メーカーといっても過言ではありません。

 2021年7月の販売実績は、国内で139,807台・海外で718,762台となります。グローバル販売は858,569台となり、海外販売とともに過去最高を記録しています。

また、生産実績についてはグローバル生産が773,135台・国内生産が309,138台・海外生産が463,997台です。

トヨタは世界のさまざまな地域に研究・開発・生産の拠点を構えており、変化し続けるニーズに対応しながら各地域に最適なクルマづくりに取り組んでいます。

海外での知名度も高く、世界中で愛用されていることが分かりますね。

出典:https://global.toyota/jp/company/profile/production-sales-figures/202107.html

福利厚生

トヨタの企業情報

トヨタでは、選択型福利厚生制度「ウェルチョイス」を採用しています。

ウェルチョイスの特徴
  • 従業員が自分にとって必要なものを選択するため会社の補助を有効に活用できる
  • あらかじめ与えられたポイントの範囲内で会社の補助を受けるため年齢や勤務地に関係なく公平
  • 将来の新しいニーズに対応しやすい制度
  • 多様化する個別のニーズに対応できるようメニューラインアップが充実
  • 選択をキーワードとした従業員の自己責任と自助努力をより重視する制度

わかりやすく言うと、従業員が多種多様な福利厚生メニューのなかから、必要なものを選択してあらかじめ付与されたポイント内で補助を受けられる制度です。

では、ウェルチョイスとはどういったものか、主な内容をピックアップするためチェックしておきましょう。

保険・共済会 団体自動車保険・団体火災保険・ハッピーライフ・マイホーム共済会など
育児 事業所内託児施設
自動車関連 車両購入資金貸付制度など
慶弔 結婚・出産祝金・育児休業給付制度・災害見舞金など
子女教育 教育ローン提供サービスなど

その他、さまざまな内容が提供されており、日本を代表する企業という印象を受ける充実度です。

【高卒・整備士など】トヨタの平均年収

【高卒・整備士など】トヨタの平均年収

トヨタで働く社員の平均年収は、有価証券報告書によると2021年3月31日時点で平均8,583,267円(※1)となります。

なお、国税庁による発表では日本の平均年収は461万円(※2)となるため、トヨタの年収は日本全体の平均に比べておよそ2倍です。

日本全体の平均年収と比べても、トヨタは高年収であることが分かりますね。

※1トヨタ有価証券報告書
※2国税庁

高卒社員・院卒社員

openworkによると、トヨタ社員の年収範囲は276万円~2,400万円となります。これらから、高卒社員は最も低い276万円前後・院卒社員は300万円前後と推測できるでしょう。

有価証券報告書には社員全体の平均年収しか記載されておらず、あくまでopenworkの口コミ情報となるため目安として捉えておいてください。

なお、以下職種別の平均年収は下記URLを参考元としています。

参考:openwork

技術

【高卒・整備士など】トヨタの平均年収

技術職の平均年収は、およそ737万円となります。高い技術で高精度な製品を世に送り出し、未来のモビリティ社会を実現することが主な業務内容です。

 高品質な製品を安く迅速に作り出すトヨタ式の生産ライン、そのモノづくり現場最前線をリードする職種となります。

新たな工法を実現して、憧れた車を形にするといった未来に繋がる職種です。

営業

営業職の平均年収は、およそ712万円となります。トヨタの車やサービスを売ることが主な仕事内容です。

国内営業では販売店とともに、新しい未来を創造しモビリティサービスカンパニーへ進化することや「トヨタの母国・日本」から実現することが使命です。

入社1年目から担当車種のプロモーション企画や販売店ごとの販売台数管理・調整などを担当します。

事務

【高卒・整備士など】トヨタの平均年収

事務職の平均年収は、およそ845万円です。総務・人事・広報など会社を支える管理部門となる業務を担当します。事務職は勤務地に限定がなく、グローバルな点も特徴です。

生産技術・開発

生産技術・開発職の平均年収は、およそ720万円~721万円となります。

生産技術は、工場で使われる生産設備を設計・製造する、工場に設置した生産設備が思い通りに動くようプログラミングをすることなどが主な業務です。

開発職は、設計図面をもとにテスト用の車両やその部品を作ったり、テスト用の車両や部品を実際に走らせたり衝撃を与えつなど、さまざまなテストを実施します。

トヨタの平均年収推移を調査

トヨタの平均年収推移を調査

トヨタで働く社員の平均年収の推移について、有価証券報告書をもとに以下で紹介します。

年度 平均年齢 平均勤続年数 平均年間給与
2021年3月期(※1) 40.0歳 16.2年 8,583,267円
2020年3月期(※2) 39.6歳 15.8年 8,658,711円
2019年3月期(※3) 39.4歳 15.7年 8,515,525円
2018年3月期(※4) 39.2歳 15.5歳 8,319,473円
2017年3月期(※5) 39.0歳 15.4年 8,523,317円

2017年からの平均年収推移を調査したところ、大きな変化はなく850万円前後をキープしているため安定していると言えるでしょう。

5年間の推移を見ても大きな変化は見られませんね。
参考資料:トヨタ有価証券報告書
※1https://global.toyota/pages/global_toyota/ir/library/securities-report/archives/archives_2021_03.pdf
※2https://global.toyota/pages/global_toyota/ir/library/securities-report/archives/archives_2020_03.pdf
※3https://global.toyota/pages/global_toyota/ir/library/securities-report/archives/archives_2019_03.pdf
※4https://global.toyota/pages/global_toyota/ir/library/securities-report/archives/archives_2018_03.pdf
※5https://global.toyota/pages/global_toyota/ir/library/securities-report/archives/archives_2017_03.pdf

トヨタ社員の年収に対する口コミ・評判

トヨタ社員の年収に対する口コミ・評判

トヨタは日本を代表する大企業の一つです。そのため、就職・転職先として注目している人も少なくありません。

そこで気になるのは、やはり実際に働く人のリアルな声ではないでしょうか。ここからは、ネット上の情報だけではわからない、働く社員の年収に対する口コミ・評判を紹介します。

良い口コミ

トヨタの良い口コミ・評判
  • 基本給が高くボーナスも多い
  • 年収も高めの数字でホワイト企業と言える
  • 給与制度は整備されており日本の企業を見渡しても高いところにある印象
  • 頑張っている人に報いる制度で評価にメリハリがある

実際に働く社員からは、年収に対して良い口コミが多くあります。「基本給が高くボーナスも多いためホワイト企業と言える」といった、勤務先として非常に魅力的な口コミが印象的です。

また、きちんと頑張りを評価してくれる制度を取っている点は、働きがいにも繋がるでしょう。賞与については、年間5ヶ月以上分を貰えることが多いとのことです。

頑張りはきちんと評価され年収に反映される点は、働く社員の満足度に繋がっている印象を受けます。

イマイチな口コミ

トヨタ社員の年収に対する口コミ・評判

トヨタのイマイチな口コミ・評判
  • 給与制度は基本的に年功序列
  • 幹部職になるのは非常に狭き門となるため上を目指しにくい
  • 若い内はあまり満足のいく給与ではない

    基本的に給与制度は年功序列とのことで、若い内はなかなか昇給が難しいとの声があります。しかし、最近ではきちんと成果を評価するという制度に変わりつつあるとのことです。

    年収1,000万円を超える幹部職になるには非常に狭き門となるため、なかなか上を目指しにくいとの声も寄せられています。

    口コミを参考にすると、キャリアアップを図るにはなかなか思い描くようにいかない印象です。

    トヨタの年収は低い?競合他社と平均年収を比較

    トヨタの年収は低い?競合他社と平均年収を比較

    自動車の開発や製造、販売を主な事業とする競合他社と年収を比較すると、トヨタはどれくらいの位置にいるのでしょうか。

    競合他社を複数ピックアップし、平均年収を比較しやすいよう以下表にまとめています。

    トヨタ(※1) 8,583,267円
    ホンダ(※2) 7,989,000円
    日産(※3) 7,965,467円
    スバル(※4) 6,513,152円
    三菱(※5) 6,520,000円
    いすず(※6) 7,764,000円
    スズキ(※7) 6,652,343円

    競合他社と平均年収を比較したところ、トヨタは最も高い数字となります。この結果は、自動車業界のトップランナーといっても過言ではない企業だけある印象です。

    競合他社を含めた有価証券報告書URL
    ※1https://global.toyota/pages/global_toyota/ir/library/securities-report/archives/archives_2021_03.pdf
    ※2https://www.honda.co.jp/content/dam/site/www/investors/cq_img/library/report/FY202103_yuho_j.pdf
    ※3https://www.nissan-global.com/JP/DOCUMENT/PDF/FR/2020/fr2020.pdf
    ※4https://www.subaru.co.jp/ir/library/pdf/ms/ms_90.pdf
    ※5https://www.mitsubishi-motors.com/content/dam/com/ir_jp/pdf/yuka/2021/yuka20210624.pdf
    ※6https://www.isuzu.co.jp/investor/yuuka/pdf/h32.pdf
    ※7https://www.suzuki.co.jp/ir/library/valuablesecurities/pdf/2021_3.pdf

    年収アップの近道!年収査定を受けてみよう

    年収をアップさせたいときには、まず自分の市場価値を知るために、自分の適正年収を調べましょう。適正年収が今の年収よりも高ければ、転職で年収アップをさせることができるでしょう。
    dodaの年収査定サービスでは、無料会員登録後、簡単な項目に答えるだけで、自分の適正年収がわかります。


    dodaの会員186万人のビッグデータを分析し、適正年収を教えてくれるので、かなり正確な数字だと言えるでしょう。
    dodaの年収査定では以下の項目が表示されます。


    dodaの年収査定でわかること
    • あなたの適正年収
    • 今の年収からいくらアップするか
    • あなたの適正年収と同じ条件の求人

    表示される診断結果のサンプルは以下になっています。査定時間はおよそ3分なので、スキマ時間に利用可能です。

    年収査定

    また、今の年収との差は以下のような形で表示されます。dodaは転職エージェント・サイトのサービスも展開していますので、査定後すぐに求人探しを始めることができます。

    年収査定

    自分の今の年収に不満を感じている方も多いのではないでしょうか。そんな方はぜひ一度自分の適正年収を調べてみましょう。年収アップの近道になりますよ。

     

    トヨタへの転職を目指す人におすすめの転職エージェント3選

    リクルートエージェント

    リクルートエージェント

              おすすめポイント
              • 公開求人数・非公開求人数ともに業界最大級
              • 様々な職種・業種を取り扱っているので、希望の転職先に出会える可能性が高い!
              • 求職者の年収相場などを提示してくれるキャリア査定サービスを利用できる!
              • 完全無料

              リクルートエージェントは公開求人数は116,339件、非公開求人数は174,516件業界最大級の求人を持つ転職エージェントです。

               保有している求人数が多いので、取り扱っている職種・業種の種類も多いです。希望する職種・業種が見つからないといった心配はまずないでしょう。

              全国の求人を取り扱っていますので、日本のどこからでも利用可能です!

              また、自分のスキルではどの程度の年収の求人を目指せばいいのかわからない...という人にはキャリア査定サービスがおすすめです。

              あなたの今までの職歴などから、おすすめの転職市場・適正年収・キャリアプランを診断してくれます。
              ※2021年6月30日現在
              運営会社 株式会社リクルートキャリア
              主なサービス(機能)
              • エージェントサービス
              • 職務経歴書エディター
              • 面接力向上セミナー
              • 担当者面談
              公開求人数※2021年6月30日時点 116,339件
              拠点 全国対応可

              丸の内/北海道/東北/横浜/静岡/中部/関西/京都/神戸/岡山/広島/九州

              マイナビエージェント

              マイナビエージェント

              おすすめポイント
              • 第二新卒など20代向けの求人が豊富!
              • サポート体制が手厚く、面倒見の良さが評価されている!
              • 非公開求人は10万件以上!自分にぴったりの求人を紹介してもらえる!
              • 完全無料

              マイナビエージェントは20代や第二新卒の転職実績が豊富な転職エージェントになります。もちろん20代だけではなく30代以上の年代の方も利用することができますよ。

               転職成功に向けてキャリアアドバイザーから手厚いサポートを受けることができます。初めての転職をする方に特におすすめです。

              公開求人数は2万件以上、非公開求人数はなんと10万件以上保有しています。キャリアアドバイザーとの面談を通してあなたにぴったりの求人を紹介してくれるでしょう。

              初めて転職をする方、未経験業種への転職に挑戦したい方はマイナビエージェントがおすすめです。
              運営会社 株式会社マイナビ
              主なサービス(機能)
              • エージェントサービス
              • 履歴書添削サービス
              • 面接対策
              • サポート期間は無期限
              公開求人数※2021年6月30日時点 27,390件
              拠点 全国対応可

              京橋/新宿/神奈川/北海道/宮城/名古屋/京都/大阪/兵庫/福岡

              ビズリーチ

              ビズリーチ

              おすすめポイント
              • 3分の1以上の求人が年収1,000万円超え
              • 企業からのスカウトの中には面談が確約されたものも!
              • 経験豊富なヘッドハンターからアドバイスをもらえる!

              ビズリーチは、即戦力を求める求人が多い点が特徴です。管理職や専門職、次世代リーダー、グローバル人材などの即戦力・ハイクラス人材に特化しています。

              企業や求人のレベルも他のエージェントと比べて高めと言えるでしょう。

              年収1000万円以上の求人も多く保有しているため、年収アップも期待できるでしょう。有料会員になれば、全てのスカウトや求人の閲覧ができます。

              運営会社 株式会社ビズリーチ
              主なサービス(機能)
              • エージェントサービス
              • タレント・ハイクラス会員制度
              • ヘッドハンター
              • スカウト
              公開求人数 72,762件※2022年4月1日時点
              拠点 東京/首都圏拠点(渋谷)/関西/名古屋/福岡

              よくある質問

              トヨタへの転職におすすめの転職エージェントは?
              リクルートエージェントやdoda、マイナビエージェントといった大手転職エージェントの活用をおすすめします。トヨタのなかでも業務内容はさまざまなため、進みたい道となる職種を得意とする転職エージェントを選ぶことが重要になります。
              トヨタ社員の平均年収は?
              有価証券報告書によると、2021年3月31日時点で平均8,583,267円です。なお、有価証券報告書にて発表はされていないためopenworkの情報になりますが、高卒社員や院卒社員の平均年収は、300万円前後と推測できます。
              トヨタ社員の職種別の平均年収は?
              openworkの情報によると、技術職で約737万円、営業職で約712万円、事務職で約845万円、生産技術で約720万円、開発で約721万円となります。
              トヨタの平均年収推移は?
              2017年3月期から2021年3月期の有価証券報告書に記載されている平均年収を比較すると、およそ850万円台をキープしておりあまり変動していない印象です。2018年3月期は830万円台に落ち込んでいますが、翌年2019年3月期には850万円台に戻っています。
              トヨタ社員の年収に対する口コミ・評判は?
              良い口コミとしては、「基本給が高くボーナスも多い」・「年収も高めの数字でホワイト企業と言える」・「給与制度は整備されており日本の企業を見渡しても高いところにある」といった声が寄せられており、非常に満足度の高い印象です。一方で、イマイチな口コミとしては「給与制度は基本的に年功序列」・「若い内はあまり満足のいく給与ではない」などがあります。しかし、最近では年功序列の風習が弱まり、きちんと成果を評価するという制度に変わりつつあるとのことです。
              トヨタの年収は競合他社と比較して高い?低い?
              ホンダや日産など、自動車の開発・販売を主な事業とする競合他社と有価証券報告書に記載されている平均年収を比較したところ、トヨタは最も高い数字となっています。業界的にも平均年収が高く、自動車業界に興味がある人にとっては勤務先として大変魅力を感じられるでしょう。
              トヨタの福利厚生は?
              トヨタでは、選択型福利厚生制度「ウェルチョイス」を採用しています。これは、従業員が多種多様な福利厚生メニューのなかから、必要なものを選択してあらかじめ付与されたポイント内で補助を受けられる制度です。主な内容としては団体自動車保険や団体火災保険、車両購入資金貸付制度、教育ローン提供サービスといったものがあります。

              まとめ

              この記事では、トヨタで働く社員の平均年収や競合他社との平均年収比較、実際に勤務する社員の年収に対する口コミ・評判などを紹介しました。

              トヨタの平均年収は、2021年3月31日時点で平均8,583,267円です。競合他社と比較しても高く、実際に働く社員からの口コミでは満足度の高い印象を受けます。

              自動車業界に進みたいと考えている人は、業務内容とともに平均年収についてもチェックしておきましょう。

              また、トヨタへの転職を目指す場合は転職エージェントの利用がおすすめです。転職エージェントを活用すると、自分に合った求人紹介を受けられるだけでなく、応募書類の添削や面接対策などのサポートも受けられます。

              記事内で紹介した転職エージェントはいずれも無料で利用できるため、ぜひチェックしてみてくださいね。

              ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
              ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
              ・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
              ・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
              ・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
              おすすめの記事