転職エージェントとの面談内容は?当日の流れや準備するものも解説

転職エージェントとの面談内容は?当日の流れや準備するものも解説

転職する際には、転職エージェントの利用を検討するひとも多いでしょう。転職エージェントでは、転職活をが効率よく進めるために面談を実施しています。

初めて転職する方でも、安心して仕事を探せるのが魅力の1つです。

しかし、エージェントの利用を考えている人の中には「面談の際の服装は?」「面談で聞かれる内容は?」「事前に準備するものは?」と不安に感じる人もいるのではないでしょうか。

そこで本記事では気になる面談の内容面談時の服装事前に準備するものなどを詳しく紹介します。

この記事でわかること
  • 転職エージェントとの面談内容
  • 面談時の服装
  • 面談前に準備しておくこと
  • 面談時の注意点

さらに、アドバイザーへの印象を良くするポイントや転職エージェントの選び方も解説します。転職時に活用したいおすすめの転職エージェントも紹介するため、ぜひ参考にしてみてください。

転職エージェントとの面談の流れ

パソコン

転職エージェントとの面談における最大の目的は、転職者と転職エージェントがお互いの理解を深めることです。

 初めの面談で意思疎通がどれだけできるかによって、今後紹介してもらえる求人の質が変わります。さらにサポート面でも精度が高まると言えるでしょう。

転職エージェントとの面談は、転職成功への第一歩と言えます。そこで、まずは面談の流れをしっかりと押さえておくことが大切です。

転職エージェントとの面談の流れは以下の通りです。

面談の主な流れ
  1. 自己紹介
  2. これまでの経歴・業務内容の確認
  3. 転職理由・理想のキャリアの共有
  4. 転職先に希望する条件の確認
  5. 求人紹介

1.自己紹介

まずは、お互いに自己紹介をします。転職エージェント側からは、そのエージェントの特徴やサポート内容などの説明があります。

 担当アドバイザーの信頼度を確認するために、今までの実績や強みのある業界・職種など、事前に気になることを聞いておきましょう。

さらに、転職エージェントは転職に関するタイムリーな情報を掴んでいます。転職市場全体の求人数の状況なども教えてくれるでしょう。

2.経歴・業務内容の確認

転職エージェントとの面談の流れ

事前に提出した職務経歴書をもとに、担当のアドバイザーが転職者の経歴を掘り下げます。どんな仕事を担い、どんな実績を挙げてきたかなど具体的に経験・キャリアを棚卸します。

 担当アドバイザーとのやりとりによって、自分では気づかなかった強みやアピールポイントが浮き彫りになることもあります。

さらに経験・キャリアを棚卸することによって、どんなことにやりがいを感じるのか、本当にやりたいことはなんなのかも浮き彫りになると言えます。

自身の現状を整理できる絶好の機会と言えるでしょう。

3.転職理由・理想のキャリアの共有

転職理由・理想のキャリアの共有は転職活動においてとても大切です。そのため転職エージェントによっては、この過程を1番はじめに行うところもあります。

 転職を考えるに至った理由や、前・現職場での悩みを聞きながら、転職先に求める条件や価値観などを一緒に洗い出してくれます。

さらには描いているライフプラン、理想のキャリアビジョンも見据えて、どんな転職先がいいのかを一緒に考えてくれます。

転職したい業種や職種が決まっていない場合でも、一緒にあなたに向いている仕事を考えてくれますよ。

4.希望条件の確認

談笑

具体的な希望条件を確認します。

確認する主な希望条件の例
  • 年収
  • 役職
  • 勤務時間
  • 福利厚生
  • 年間休日
  • 通勤時間
  • ワークスタイル

以上の希望条件を主に担当スタッフと一緒に確認します。しかし、希望条件が詳細になりすぎると紹介できる求人が少なくなってしまいます。

 そのため転職エージェントは、希望条件に対して「どれくらい妥協できるのか」「絶対に譲ることのできない条件は何か」という優先順位を一緒に考えてくれます。

求人を豊富に紹介してもらいたいのであれば、どの条件でもある程度の妥協範囲を作ると良いでしょう。

5.求人紹介

以上の情報提供を終えた上で、求人紹介に移ります。転職エージェントによって、紹介する求人の数は異なります

条件をゆるく捉えて、豊富な求人をまとめて紹介するエージェントもあれば、ピンポイントで条件に合致している求人を1〜2件紹介するエージェントもあります。

 「なぜその求人を紹介したのか」の説明は必ず受けましょう。そのやりとりがないと、ミスマッチな求人を紹介をされ続けてしまう可能性もあります。

どの点は自分も納得できて、どの点は納得できないのかを1件1件洗い出しましょう。担当アドバイザーと自分の相性を高めるためにも重要と言えます。

最終的に求人に応募するかを決めるのは、転職者自身です。納得いく答えをもらえたところに応募しましょう。

転職エージェントとの面談時の服装

女性

転職エージェントとの面談時の服装は、基本自です。私服でも、スーツでも構いません。

選考に進んだ場合の面接時の服装や、身だしなみについてのアドバイスが欲しい人はスーツで行くと良いでしょう。

 注意点としては、あまりにもカジュアルすぎる過ぎる服装は控えましょう。担当アドバイザーの転職者に対する第一印象は、服装や身だしなみで決まることもあります。

初回の面談時に、担当アドバイザーから良い印象を持ってもらうことで、紹介してもらえる求人やサポートがより充実する可能性もあります。

転職エージェントとの面談前に準備しておくこと

転職エージェントとの面談前に準備しておくこと

転職エージェントとの面談前に準備しておくと良いものは3つあります。

事前に準備しておく3つのもの
  • 履歴書
  • 職務経歴書
  • 筆記用具(メモ帳・ペン)

基本的には、以上の3つを持っていきましょう。転職エージェントによっては、事前に当日必要なものの連絡があるかもしれません。

前・現職がクリエイティブ系の職種であれば、今までの実績をまとめたポートフォリオも持って行くと良いでしょう。

 転職先に希望する条件を事前に考えておくことは大切です。面談時間には限りがあるので、どんな求人を紹介して欲しいのか明確に伝えられるようにしておきましょう。

前・現職の名刺を持って行く必要はありません。転職エージェントの担当アドバイザーの名刺をもらったら、名前を伝えて挨拶するだけで十分です。

事前準備をしっかりしておくことで、担当アドバイザーに「転職について真剣に向き合っている」と示すことができます。

念入りな事前準備によって、信頼関係を築きやすくなると言えますね。

転職エージェントとの面談方法・面談時間

男性

面談方法

主な面談の場所は以下の通りです。

主な面談場所
  • オフィス内の面談スペース
  • オフィス内の打ち合わせスペース
  • 出張面談

基本的には、オフィス内の面談スペースか打ち合わせスペースで行います。時間やアクセスの都合で面談会場に行けない場合は、出張面談をしてくれるエージェントもあります。

さらに電話面談・WEB面談を行なっているエージェントもあります。

面談時間

男性

面談に対応してくれる時間は、転職エージェントによって異なりますが、遅くても20時くらいまでに済むケースが多いようです。

土日祝日は、対応してくれるエージェントもあればそうでないエージェントもあります。

 面談の所要時間に関しては、1〜2時間程度と言えます。希望すれば30分程度で早く終えることもできます。

ですが、面談はその後の転職サポートに大きく関わってきますので、多めに時間を見積もっておくのが良いでしょう。

1回の面談で足りない場合には、2回に面談を分けてくれる場合もあります。遠慮なく担当者に相談しましょう。

面談以外には?転職エージェントのサービス内容

転職サイトのスカウト

転職エージェントは、面談以外にも多くのサービスを提供します。ここでは、面談以外の転職エージェントのサービス内容を紹介します。

面談以外の転職エージェントのサービス内容
  • 非公開求人の紹介
  • 応募書類作成のアドバイス・添削
  • 面接対策
  • 企業との日程調整や年収交渉
  • 内定後のサポート

ひとつずつ、みていきましょう。

非公開求人の紹介

転職エージェントを利用することで、非公開求人の紹介が受けられます。非公開求人とは自社のホームページや他の転職サイトに掲載されていない求人のことです。

 非公開求人は、「年収が高い」「幹部クラスの求人を募集している」のような好条件の案件が多いです。

企業が求人情報を非公開にする理由としては、広く応募をかけて人材を集めるのではなく、適正人材をピンポイントで集めて採用コストを下げたいという思惑によるものです。

非公開求人を紹介してもらえるということは、あなたのスキルが企業にマッチしていることに繋がるので、最適な転職先を選ぶことができます。

非公開求人の存在により、出会える求人の数も増えるでしょう。

応募書類作成のアドバイス・添削

転職エージェントを利用することで、企業への応募書類作成のアドバイスや添削が受けられます。応募書類を自分ひとりで作成すると、ひとりよがりな内容になりかねません。

転職のプロに添削をしてもらうことにより、採用担当者の心に響く応募書類になります。そのため、転職エージェントを利用するだけで書類選考の通過率は高まると言えるでしょう。

書類作成が不安な方こそ、転職エージェントを利用しましょう。自

面接対策

転職エージェントを利用すると、面接対策も受けられるので面接通過率がアップします。転職エージェントで実施する具体的な面接対策は以下のとおりです。

転職エージェントが実施する面接対策
  • 企業ごとに「どのような質問がさせるか」を事前に教えてくれる
  • 企業ごとに「どんな人材を求めているのか」を事前に教えてくれる
  • 模擬面接で客観的なフィードバックをしてくれる

転職エージェントでは、上記のような面接対策ができるので、本番もあまり緊張せずに臨むことができるでしょう。

企業との日程調整や年収交渉

転職エージェントは企業との日程調整や年収交渉を代行してくれます。働きながらの転職活動となると、細かいスケジュール調整は大変です。

 特に、複数社に応募している場合は、それぞれの企業と並行して連絡を取らなければいけません。仕事で忙しい場合は、ダブルブッキングや連絡自体を忘れてしまうリスクがあります。

転職エージェントでは年収交渉も代行してくれます。これから入社する企業に年収交渉をするのは気が重く、断念する方もいるでしょう。

転職エージェントはあなたの要望をしっかりと企業に伝えてくれます。転職エージェントを利用するだけで、安全かつ効率的な転職活動が実現できます。

転職活動の煩雑なやり取りを丸投げできるのは、大きな魅力と言えるでしょう。

内定後のサポート

転職エージェントは、内定後のサポートも充実しています。具体的には「円満退社をするためのアドバイス」や「入社日の調整」などです。

内定を獲得したら、退職交渉や退職関連の手続き等で忙しくなります。そんな中でもサポートをしてもらえるので安心です。

退職交渉はトラブルが発生しやすいので注意しましょう。

転職エージェントとの面談で印象を良くするポイント

女性

担当アドバイザーのアドバイザーが、どこまで親身になってくれるかで転職活動の進み方は変わってくると言えます。

そこで、ここでは担当アドバイザーへの印象を良くするいくつかのポイントを紹介します。

印象を良くするためのポイント
  • 笑顔で元気に挨拶する
  • フラットなコミュニケーションをとる
  • 本音で話す
  • 気になることは質問する

担当アドバイザーといっても、1人の人間ですのでそれぞれの転職者に対してどれくらい重きを置くかが変わってくる可能性があります。

 フラットに気兼ねなく話せる関係になることが大切です。お互いが本音で話せて信頼できれば、些細なことでも連絡し合えるようになるでしょう。

重きを置いてもらうには、「この人のことは手厚くサポートしたい」と思ってもらえる努力をしましょう。

アドバイザーを求人紹介業者のように扱ったり、過度にサービスを要求したりしないように気をつけましょう。

転職エージェントでの面談の注意点

コーヒー

転職エージェントでの面談時に注意するべきポイントを、いくつか紹介します。

面談時の注意点
  • 他の転職エージェントの批判をしない
  • 本音で話す
  • 遅刻する際は事前に連絡する
  • スキルや経歴に嘘をつかない

他の転職エージェントの批判をしない

複数の転職エージェントを掛け持ちしている場合、様々な不満が出てくるかもしれません。例えば、「レスポンスが遅い」「条件に合った求人を紹介してもらえない」などです。

 しかし、他のエージェントの不満を言ってしまうと、不満ばかり言いそうな人と思われて、不信感を抱かれてしまう可能性があります。

そのため「他のエージェントでは担当者との相性が合わなかったので、御社に登録しました」くらいの言い方に留めておきましょう。

本音で話す

対話

転職エージェントの面談は、選考に影響を及ぼすことはありません。自分をいかに良く魅せれるかではなく、いかに自分自身を知ってもらえるかが大切です。

 本音を話さないことによって、その後に紹介してもらえる求人とのミスマッチが起きてしまいます。本音で話してくれることで、理想的な求人を紹介することが可能になります。

中には、初対面で本音を打ち明けることに抵抗があるという人もいるかもしれませんが、話しやすい雰囲気を作ってくれるところが多いとため、安心して話してみましょう

遅刻する際は事前に連絡する

電話

面談に遅刻する際は事前に連絡しましょう。

 アドバイザーは、1人で複数人の転職者を抱えているため、面談の時間は貴重です。連絡をしないと迷惑がかかりますので注意しましょう。

さらに、連絡なしに遅刻するような転職者には信用をなくし、適切な求人を紹介しづらくなってしまうかもしれません。

基本的なビジネスルールは守りましょう。

スキルや経歴に嘘をつかない

少しでも良い求人を紹介してもらおうとして、スキルや経歴に嘘をつくのはやめましょう。

 嘘の経歴やスキルで内定をもらっても、内定取り消しになってしまうだけでなく、転職エージェントや内定をもらった企業に多大な迷惑をかけてしまうことになります。

転職を成功させるには、嘘をつかずに自分自身をさらけ出すことが大切です。そうすれば担当アドバイザーも親身になって、一緒により良い転職を目指してくれるでしょう。

転職エージェントの選び方

転職エージェントの選び方

転職エージェントに登録するのが初めての人は、どの転職エージェントが自分に合っているのか判断するのは難しいでしょう。

 転職エージェントによってサービス内容やサポート体制、得意な分野も違います。さらに担当アドバイザーの特徴や強みも違ってきます。

よって、実際に担当アドバイザーと面談をしてみたり、サービス内容を利用してみてから選択肢を絞っていくことをおすすめします。

自分なりの判断基準を定めて、自分にぴったりな転職エージェントを利用しましょう。

転職するなら使いたい!おすすめの転職エージェント3選

リクルートエージェント

リクルートエージェント

おすすめポイント
  • 完全無料で利用できる
  • 土日・平日夜も面談可能
  • 独自の書類作成・面接対策サービスがある
  • 幅広い業種・職種に対応している

リクルートエージェントの非公開求人数は業界最大級で、さらに幅広い業種・職種の豊富な求人が揃っています。面談でのサポートが手厚く、土日・平日夜も面談可能です。

 一般的には公開されていない非公開求人の数は、10万件以上に及びます。リクルートエージェントの非公開求人数は業界最大級です。

業界大手なこともあり対企業への交渉力が高いです。過去に一度落ちたことのある求人にも、もう一度挑戦できる可能性があります。

独自の「職務経歴書エディター」「面接力向上セミナー」というサービスも展開しています。

公開求人数※2021年10月14日時点 130,943件
主なサービス内容
  • エージェントサービス
  • 担当者面談
  • 職務経歴書エディター
  • 面接力向上セミナー
利用可能地域 全国
運営会社 株式会社リクルート

出典:https://www.r-agent.com/

doda

doda

おすすめポイント
  • 完全無料で利用できる
  • 業種別・職種別の専門サイトがある
  • 非公開求人が充実している
  • 土曜日も面談可能

dodaは業界最大級の求人数を抱える転職エージェントです。キャリアカウンセリングは、平日だけでなく土曜日にも予約できます

 dodaには業種別・職種別の専門サイトがあるので、転職の方向性が決まっている人におすすめできます。

スカウト機能では、一般には公開されていない非公開求人からオファーが来る可能性もあります。スキルやキャリアによっては好条件のスカウトが届くかもしれません。

他では出会えない求人が見つかるチャンスですね。

公開求人数※2021年10月14日時点  102,652
主なサービス内容
  • エージェントサービス
  • スカウト
  • 転職ノウハウ
  • 転職Q&A
利用可能地域 全国
運営会社 パーソルキャリア株式会社

出典:https://doda.jp/

マイナビエージェント

マイナビエージェント

おすすめポイント
  • 完全無料で利用できる
  • WEB面談を推奨している
  • 職種ごとに分野が分かれている
  • 書類対策・面接対策が充実している

初回の面談がしっかりしていて、前職での悩みから転職するに至った経緯までしっかりと聞いてくれると高い評判です。ここからも、ミスマッチのない求人提案に努めてくれることがわかります。

現在はマイナビエージェントではWEB面談を推奨しています。

 各業界に精通したプロフェッショナル力の高いアドバイザーが豊富にいます。専門性の高い求人を数多く揃えているため、職種を絞って探したい人にもおすすめです。

マイナビエージェントでは、徹底したサポート体制が整っています。書類対策・面接対策にも注力しています。

求職者の都合に合わせて夜間や⼟曜(9:30〜17:30)の相談も受け付けているそうですよ

公開求人数※2021年10月14日時点 30,190件
主なサービス内容
  • エージェントサービス
  • 担当者面談
  • 書類対策・面接対策
  • 求人紹介
利用可能地域 全国
運営会社 株式会社マイナビ

出典:https://mynavi-agent.jp/

よくある質問

転職エージェントの面談の流れは?
「①自己紹介」「②これまでの経歴・業務内容の確認」「③転職理由・理想のキャリアの共有」「④転職先に希望する条件の確認」「⑤求人紹介」の流れで進みます。
転職エージェントとの面談の前に準備しておくことは?
「履歴書」「職務経歴書」「筆記用具」を用意しておきましょう。面談時間には限りがあるので、どんな求人を紹介してほしいのかをしっかりと伝えることが大切です。転職エージェントによっては用意するものも変わるので、事前に確認しておくことをおすすめします。
転職エージェントと面談する時の服装は?
面談時の服装は自由です。しかし、面談での印象は重要であるため、カジュアルすぎる格好は控えましょう。
転職エージェントとの面談方法や面談時間は?
面談方法には「対面での面談」「出張面談」「電話・WEB面談」があります。面談時間は1時間〜2時間を目安にするとよいでしょう。
転職エージェントとの面談で印象を良くする方法は?
「笑顔で挨拶する」「本音で話す」「気になることは質問する」などが挙げられます。理想の転職を叶えるためには、アドバイザーをやる気にさせる必要があります。最初の印象が悪いと他の求職者を優先される可能性があるので注意しましょう。
転職エージェントとの面談での注意点は?
「スキルや経歴に嘘をつかない」「遅刻する際は事前に連絡する」「他のエージェントを批判しない」などが挙げられます。基本的なビジネスマナーは守るようにしましょう。
おすすめの転職エージェントは?
「リクルートエージェント」「doda」「マイナビエージェント」がおすすめです。大手転職エージェントであるため、求人数が豊富で転職サポートも充実しています。

まとめ

本記事では、面談時の服装や面談の内容、事前に準備するものを紹介。さらにはアドバイザーに良い印象を持ってもらえるコツを紹介しました。

面談では、いかに本音で話せるかが大事と言えます。最低限のビジネスマナーに気を配りつつも、ラフにコミュニケーションを取ることを心がけてみてください。

そうすることで、担当アドバイザーと二人三脚でスムーズで理想的な転職活動を行うことができるでしょう。

最後に紹介したエージェントはすべて完全無料で利用できますので、ぜひ参考にしてみてください。

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事