第二新卒の転職事情は?成功のコツや自己PRのポイントも詳しく解説

第二新卒の転職事情は?成功のコツや自己PRのポイントも詳しく解説

第二新卒として転職活動をしている人の中には、短期間で前職を退社している過去がネックとなるのでは?と不安に思う人も多いかもしれません。

しかし、企業側の第二新卒の採用意欲は高まっているのが現状です。

第二新卒のニーズが高い理由を理解しておくと、転職が成功しやすくなります!

この記事では、第二新卒が転職する際の注意成功のコツなどを詳しく解説していきます。

この記事でわかること
  • 第二新卒とは
  • 第二新卒の転職事情
  • 第二新卒の転職で注意する点

第二新卒の転職でおすすめの転職エージェントも紹介するため、第二新卒のうちに転職をしたいと考えている人は、ぜひ参考にしてみてください。

第二新卒とは?

第二新卒とは?

第二新卒は、新卒で入社した後、早期退職をした職歴3年未満の求職者のことを指します。

第二新卒の定義は企業によっても異なりますが、共通するのは短期間であっても社会人経験があるという点です。

第二新卒は社会人経験が一度もない新卒と、社会人の中間的なポジションとなります。

第二新卒の転職事情

第二新卒の転職事情

マイナビ転職の調査によると、現在求人を行っている半数以上の企業が、第二新卒を積極採用したいと考えています。

その理由のひとつに、近年新卒採用時の企業による優秀な学生の奪い合いが激化しており、予定人数の新卒採用ができない企業が多くなっていることが挙げられます。

 多くの企業が第二新卒を含む若手の採用数を増やしている現状です。

また、新卒採用者は3年以内に退社してしまうケースが多く、企業内では常に第二新卒層の人材不足が起きています。

こうした状況をふまえ、不足した若手の人材確保のため、企業の規模、業種や職種を問わず、第二新卒の求人は増加しています。

多くの若者が、より良い環境やスキルアップを求めて転職する時代なんですね!

※https://tenshoku.mynavi.jp/knowhow/nisotsu#section01

第二新卒の転職者に企業が求めること

では、実際に企業が期待している第二新卒のポテンシャルは、どういったものでしょうか。ここでは転職を有利にすすめるために、企業が第二新卒に求めるポイントをご紹介します。

企業が第二新卒に求めるもの
  1. 入社意欲
  2. 柔軟性
  3. すぐに働くことができるか
  4. 将来に期待ができるか

1.入社意欲

第二新卒の転職者に企業が求めること

第二新卒採用では、職歴ではなく「熱意」や「入社意欲の高さ」などの志望動機や人物面を重視する企業が多くなります。

これは、新卒時から数年しか経過していないため、仕事の経験が少ないことを加味しての配慮です。

 中途採用市場では、スキルや前職での実績重視の採用が多いのが基本です。

しかし、第二新卒の採用の場面では、スキルや実績などのハードルを低めに設定している企業が多いでしょう。ハードルが低い第二新卒の間に、キャリアチェンジに挑戦するのもおすすめです。

第二新卒は新卒採用の時に入社が困難だった業界や企業へエントリーするチャンスでもあります!

2.柔軟性

第二新卒は、社会経験が少ないかわりに、柔軟で適応能力が高いことが魅力です。

新卒並みの柔軟性、吸収力がありながら、ビジネスマナーの基礎的な部分は身につけているため、新卒よりも育成期間や研修コストが少なくて済みます。

企業にとって時間やコストのカットができる第二新卒の採用は、大きなメリットがあるといえそうです。

3.すぐに働くことができるか

第二新卒の転職者に企業が求めること

新卒採用の場合入社日は4月頃と決まっているため、4月入社までの期間が待ちきれないという企業もあります。

第二新卒は採用してすぐに入社できる条件が整っているため、内定から入社までのタイムロスがないことがメリットです。

 キャリアがある中途採用者だと引継ぎなどが多く、入社までに時間を要することもあります。

そのため、すぐにでも人材確保をしたい企業は、キャリアのある人材よりも、入社までの期間が短い第二新卒を選ぶことがあります。

内定から入社までの期間を企業の都合にあわせてくれる第二新卒者は、重宝されるでしょう。

4.将来に期待ができるか

第二新卒は、学歴や経験よりも「将来的に成長できそうか」という基準で採用が行われます。

即戦力というよりも、入社後に育成することで、会社にとって貴重な戦力となり得る第二新卒者を企業は求めています。

 若い人材育成は企業の将来を左右する重要なポイントです。

それだけに、第二新卒には現時点の能力ではなく、5年後、10年後何ができるか伸びしろに期待されるでしょう。

第二新卒を新卒の延長線上に考え、大事に育てようとしてくれる企業が多いようですね。

第二新卒で転職する際の注意点

第二新卒で転職する際の注意点

基本的には転職市場でニーズの高い第二新卒ですが、前職を退社してから半年以上経過している場合は注意が必要です。

 第二新卒としての転職期間中は、履歴書に記載ができません。

そのため、転職活動が長引くとそれに応じて職歴に空白ができ、転職後の企業から不審に思われてしまいます。

半年もの間に何をしていたのか問われた際、「転職活動」とこたえると、半年かかっても転職先が決まらない理由について追及されるでしょう。

企業からの印象が悪くならないよう、3カ月、長くても半年以内の転職がおすすめです!

【第二新卒】志望動機・面接・自己PRのポイント

第二新卒での転職は、新卒時やキャリア採用時と違う独自のアピール方法が必要です。

その際、志望動機や自己PR、面接対策は必須といえます。ここでは、それぞれのポイントを紹介します。

志望動機

【第二新卒】志望動機・面接・自己PRのポイント

第二新卒の志望動機は、「前職での経験を活かしてどのように貢献していきたいか」を意識して作成する必要があります。

志望動機のポイント
  • 前職を批判しない内容にする
  • すぐに辞めないと思われる理由にする
  • 前職との接点を押さえる

前職に対するネガティブな退職理由を志望動機にすると、悪印象を与えてしまいます。退職理由は前向きな印象を与えるようにしましょう。

また、応募する職種の経験があるかないかでも志望動機の組み立て方は異なります。同業種、同職種の場合は前職での経験やスキルを活かした転職をアピールしやすいでしょう。

 異業種、異職種の場合は今できること以上に成長意欲が重要です。

面接

第二新卒の面接ではよく聞かれる質問がいくつかあります。事前に回答を準備しておくことで、返事に詰まることなく好印象を与えることが可能です。

第二新卒の面接でよく聞かれる質問
  • 新卒時の就職活動事情
  • 仕事をするうえで大切にしていること
  • 前の仕事で辛かった仕事は?
  • あなたの現状の課題(短所)は?

第二新卒での転職は、新卒時の就活事情や学生時代のこともよく聞かれるようです。また、仕事に対する気持ちやしんどいと感じる事案も聞かれます。

前職を短期間で退職している場合、企業側としても採用したもののまた早期退職されては困るため、気になるポイントです。

 ネガティブにならないよう気をつけながら嘘をつかずに誠実に述べることが重要です。

また、同業他社にはないその企業独自のスタイルに魅力を感じていることが説明できるよう、競合となる企業の研究も忘れないようにしましょう。

第二新卒の面接では、仕事に対する姿勢や熱意、人柄が重視されることを意識して、前向きに捉える姿勢を見せると良いでしょう。

自己PR

【第二新卒】志望動機・面接・自己PRのポイント

企業が第二新卒に期待している理由を理解しておけば、より効果的に自己アピールの組立ができます。

前述した企業が第二新卒に求めていることを念頭に置いて、以下の2点を意識した自己PRを行いましょう。

第二新卒の自己PRポイント
  • 具体的な将来設計
  • マッチング率の高さ

前職での経験をふまえ、転職後にどのような貢献ができるか、具体的な将来設計を自己PRに組み込みましょう。

また、第二新卒に対して企業が抱く「早期退職への不安」を払拭できるよう、企業とのマッチングをアピールするような自己PRを行うのがおすすめです。

企業が求めている人物像、事業の方向性を把握し、それに沿った人材であることをアピールしましょう。

第二新卒での転職を成功させるコツ

第二新卒での転職を成功させるためのコツは以下の4つです。

転職を成功させるコツ
  1. 退職理由をネガティブにしない
  2. 転職までのスケジュールを事前に立てる
  3. 転職したい職種の資格を取得する
  4. 転職エージェントを活用する

1.退職理由をネガティブにしない

第二新卒での転職を成功させるコツ

転職を検討するということは、当然その理由の中にネガティブな感情も含まれると思います。

しかし、転職先の企業からすれば「イヤなことにも向かっていける精神的に強い人材」が欲しいはずです。

 ネガティブな転職理由はマイナスになってもプラスに働くことはないでしょう。

実際に、企業側に問題があり新卒で入った会社を早期退職する場合も少なくありません。その場合も、退職理由にネガティブなものを採用するのはタブーです。

ネガティブをポジティブに変換できるようにしたいですね!

2.転職までのスケジュールを事前に立てる

転職活動は、長期化すればするほど理想が高くなったり判断の軸がブレたりして、どこがゴールなのか分からなくなってしまいます

そこで、自分の中で明確なゴールを決めて、そのためのスケジュールを事前に立てておくことをおすすめします。

何月までに転職をする、○○の業界への転職をする、など日付や結果をゴールに持ってくると良いですよ。

3.転職したい職種の資格を取得

第二新卒での転職を成功させるコツ

転職したい職種が決まっている人は、その職種に関連のある資格取得をおすすめします。

第二新卒で資格保持者であれば、新人でも即戦力となる知識やスキルを持っていること、またそのための努力ができる人間性であることがアピールできます。

おすすめの資格例
  • マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)

  • 日商簿記検定

  • TOEIC

  • 秘書技能検定

履歴書に応募企業が求める種類の資格が記載されていれば、面接時に話題になるほか、採用担当者の目に留まる可能性も高くなるでしょう。

また、業種や職種によって使える資格は異なります。

自分の目指す職種で必要とされる資格を見極めて勉強をスタートさせましょう。

4.転職エージェントを利用

第二新卒での転職を成功させるコツ

第二新卒は就職活動の経験があるとはいえ、若くして再度就職に失敗したくないという思いから、転職先となる業界や職種、企業の絞り込みに悩む人も少なくありません。

そこで、転職のプロである、専門のキャリアアドバイザーから無料サポートを受けられる、転職エージェントを活用するのがおすすめです。

転職エージェントのメリット
  • 自分に合う求人を探してくれる
  • 書類の添削や面接対策を行ってくれる
  • 転職イベントやセミナーを開催
  • 無料でサポートを受けられる

転職エージェントによって受けられるサービスに差はありますが、いずれも求職者を手厚いサポートでフォローしてくれます。

面接が苦手な人には模擬面接を、仕事を探すのが苦手な人には仕事さがしを…。と、一人ひとりに合ったサポートが魅力です。

ほとんどの転職エージェントが無料で利用できるため、登録だけでもしておくのがおすすめですよ。

第二新卒の転職でエージェントを利用するメリット

即日退職における注意点

ここでは、第二新卒で転職エージェントを利用するメリットを紹介します。

第二新卒で転職エージェントを利用するメリット
  • 無料かつ経歴不問でも利用できる
  • 数万件を超える非公開求人にアクセスできる
  • 複数の転職エージェントに登録することで、自分を客観視できる
  • 推薦状を書いてくれる
  • 不採用の理由をフィードバックしてくれる

それぞれ、具体的に解説しますね。

無料かつ経歴不問でも利用できる

転職エージェントは無料で利用ができます。ユーザーが利用料を払うことも、後から請求されることもありません。

 また、第二新卒に特化した転職エージェントがあるので、早期退職して経歴に自信がない方でも気軽に利用できます。

第二新卒では、転職が初めてという方は少なくありません。転職エージェントは手厚い転職サポートが無料で受けられるので、初めての方でも安心して利用できます。

数万件を超える非公開求人にアクセスできる

転職エージェントを利用することで、数万件を超える非公開求人にアクセスできます。非公開求人とは、企業のホームページや他の転職サイトで取り扱っていない求人のことです。

そのため、「どのような非公開求人があるのか」は転職エージェントに登録しない限り閲覧できません。また、非公開求人は好条件の案件が多いのも特徴のひとつです。

転職エージェントに登録するだけで非公開求人にアクセスできるので、自分の希望に合った転職先を探しやすくなるでしょう。

複数の転職エージェントに登録することで、自分を客観視できる

一般的に転職エージェントは2〜3社を利用するとよいと言われています。なぜなら、1社だけでは、あなたの市場価値を正確に把握できない可能性があるからです。

 複数の転職エージェントを利用することで、タイプの異なるアドバイザーから有益な情報をもらえるので自分を客観視できます。

推薦状を書いてくれる

即日退職をする人

アドバイザーは応募の際に、推薦状を送っています。推薦状とは、求職者の性格や経歴、所有資格、社風へのマッチ度合いなど、履歴書や職務経歴書では分かりにくい補足情報のようなものです。

アドバイザーは書類選考の段階から推薦状によりあなたの強みや魅力を伝えてくれます

この推薦状により、転職エージェントを利用するのとしないのでは書類選考通過率に30%もの違いが出ると言われています。

「推薦状を確認させてください」とアドバイザーに伝えることで、推薦状の内容を確認できます。応募前に必ず確認するようにしましょう。

不採用の理由をフィードバックしてくれる

転職活動にあたり、面接でうまくいかないこともあるでしょう。転職エージェントを利用すれば、不採用の理由を包み隠さずフィードバックしてくれます。

このフィードバックによって、自身の弱みを知り、次の面接に活かすことができます。

フィードバックはもちろんのこと、面接の前日には人事担当者の雰囲気や頻出質問についてアドバイスがもらえます。

第二新卒におすすめの転職エージェント3選

ハタラクティブ

ハタラクティブ

おすすめポイント
  • 第二新卒など20代の若手にの求人に強い
  • 未経験に特化した転職サポート
  • 性格や得意に合わせた求人紹介

ハタラクティブは、未経験業界への転職ノウハウが充実している、第二新卒向けの転職エージェントです。企業ごとの転職サポートにより、内定率は80.4%と高い水準となっています。

 ハタラクティブのサポートで内定を獲得した人の86%が大企業に内定しています。

大企業でなくても、研修や教育体制が整った会社の求人を多く保有しているため、未経験の業界や職種にもチャレンジできます。

まだやりたい仕事が明確ではなくても、性格や強みを見極めた求人を紹介してもらえるため、応募企業選びに時間をとられる心配がありません。

第二新卒に限らずフリーターからの転職もできるため、卒業後就職しなかった人にもおすすめです。

運営会社 レバレジーズ株式会社
主なサービス(機能)
  • 求人紹介
  • 書類添削、面接対策
  • 交渉代行
公開求人数※2021年9月28日時点 非公開
対応エリア 首都圏

出典:https://hataractive.jp/

就職Shop

就職Shop

おすすめポイント
  • 未経験歓迎の登録企業数10,000社突破
  • 利用者数延べ10万人以上
  • 利用者の9割が第二新卒などの20代

就職Shopは、求人紹介会社大手のリクルートが運営する、対面型の転職エージェントです。

経験や資格などでふるいにかける書類選考がないため、経歴に不安をもつ第二新卒の人も安心して転職活動をスタートできます。

 掲載求人は100%直接訪問し、労働環境、職場の雰囲気などを取材しているため、信頼度が高いのも魅力です。

また、就職Shopで転職成功した4人に3人は正社員未経験です。若いうちのキャリアチェンジを狙う第二新卒にフィットした転職エージェントといえるでしょう。

就職Shopは自己アピールすることがないと、不安に思う求職者に寄り添い、強みを引き出し、自信を持って転職活動が行えるようサポートを行っています。

若い世代の利用が多いため、求人を出す企業の理解もありますよ!

運営会社 株式会社リクルート
主なサービス(機能)
  • 求人紹介
  • 対面カウンセリング
  • 書類添削、面接対策
公開求人数※2021年9月28日時点 非公開
対応エリア 首都圏

出典:https://www.ss-shop.jp/

DYM就職

DYM転職

おすすめポイント
  • 第二新卒の大手優良企業正社員採用に強い
  • 研修など社員教育が充実した求人が多い
  • 求職者の内面と希望に沿った求人紹介

DYM転職は第二新卒、既卒、フリーター、ニートなどの転職支援に強い転職エージェントで、利用者からも高い満足度を得ています。

 企業との強いパイプを持っているため、採用担当者や企業の社長と直接交渉することも可能です。

また、上場企業やトップベンチャー企業などから求職者の適正を重視した求人を紹介してくれます。

学歴や経歴よりも企業とのマッチングを重視してくれるため、早期退社を防ぐことができます!

運営会社 株式会社DYM
主なサービス(機能)
  • 求人紹介
  • 書類添削・面接対策
  • 交渉代行
公開求人数※2021年9月28日時点 59件
対応エリア 全国

出典:https://www.dshu.jp/

よくある質問

第二新卒の基準とは?
第二新卒とは、新卒で入社後、3年未満に早期退職をした求職者のことを言います。第二新卒の定義は企業によって異なりますが、共通するのは「短期間であっても社会人経験がある」という点です。
第二新卒の転職事情は?
マイナビ転職の調査によると、現在求人を行っている半数以上の企業が第二新卒を積極的に採用したいと考えているようです。その理由は、新卒採用時の優秀な学生の奪い合いが激化していることにあります。とはいえ、新卒者は3年以内に退職してしまうことが多いため、第二新卒世代の人材が不足しています。このような事情があり、第二新卒は増加しています。
第二新卒に企業が求めることは?
企業は第二新卒に「入社意欲」「柔軟性」「すぐに働くことができるか」「将来に期待ができるか」の4点を求めています。すでに入社経験のある第二新卒は研修コストがカットできるとともに、ポテンシャルも期待できるので企業側にはメリットが大きいと言えます。
第二新卒で転職する際の注意点は?
前職を退職してから半年以上経過している場合は注意が必要です。なぜなら、経歴に空白ができてしまい半年もの間に何をしていたのかと不審に思われるからです。企業からの印象が悪くならないように、半年以内に転職することをおすすめします。
第二新卒の転職を成功させるポイントは?
「退職理由をネガティブにしない」「転職エージェントを利用する」が挙げられます。ネガティブな退職理由は評価されません。ネガティブな理由で辞めたとしても、ポジティブな目標に変換するようにしましょう。また、第二新卒のほとんどの方は初めての転職活動だと思います。転職エージェントを利用することで、手厚い転職サポートを受けられるので、心強いパートナーとなるでしょう。
第二新卒におすすめの転職エージェントは?
「ハタラクティブ」「就職Shop」「DYM就職」がおすすめです。これらは第二新卒に特化した転職エージェントサービスです。取り扱い求人が豊富なのはもちろんのこと、書類添削や面接対策などの転職サポートも充実しています。
第二新卒が転職エージェントを利用するメリットは?
転職エージェントを利用する最大のメリットは、、数万件を超える非公開求人にアクセスできる点です。非公開求人とは、企業のホームページや他の転職サイトで取り扱っていない求人のことです。そのため、「どのような非公開求人があるのか」は転職エージェントに登録しない限り閲覧できません。また、非公開求人は好条件の案件が多いのも特徴のひとつです。

まとめ

今回は、第二新卒の転職についてご紹介しました。転職市場において第二新卒は需要が高く、その勢いは今後も続くと予想されます。

ただし、やり方を間違えると第二新卒の採用率の高い、「退職から3カ月~半年」という期間はあっという間に過ぎてしまいます。

転職エージェントに登録することで、さまざまな無料サポートが受けられます。

第二新卒の売り手市場のうちに希望職種への内定を勝ち取るためには、応募企業選び、企業研究、書類作成、面接対策などのコツをおさえた転職活動が重要です。

自分の転職スタイルに合う転職エージェントに登録して、第二新卒での転職活動を成功させてくださいね。

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事